05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

始めての牛頬肉煮込み

2013.08.13 08:00|肉料理
ボンジュ~ル、マダム・モトジョシコウセイ
ジュブドレアーレマダムのハート!!

あははははははは。今日はハイテンションです。それもそのはず、初めての牛の頬肉を扱うんですよ!
みなさんはフランス料理っていうと何を最初に思い出しますかね。僕は牛頬肉の煮込みと舌平目です。舌平目は以前料理したことがあったのですが、牛の頬肉は扱ったことがありませんでした。たまたま池袋の東武デパートを歩いていたら、牛頬肉があった!しかも二つ売っていたので、ちょっと高いけど買ってしまいました。

本当はドミグラスソースを作って心行くまで手を入れたかったのだけど、習作ということもあり、ここはちょっと半分手を抜くお料理にします。


え?フレンチで手抜き?もったいない!!

って思うかもしれないけど、大変だからねぇ。主夫太郎もたまにはやすみたいのよ(笑)

牛頬肉2013719

これが今日の真打です。牛の頬肉。筋の部分がこのままだと固くてたべられないので煮込みにします。実は薄く切ってカツレツにするのもおいしそうだなって思ってます。豚の頬肉のカツは美味しいですからねぇ。


頬煮込み野菜2013719

煮込みに使う野菜はこちら。セロリ、ニンニク、人参、玉ねぎ、ごぼうです。あんまり野菜の種類を使わないのは自信がないから(笑)




下準備:牛の頬肉を赤ワイン、玉ねぎに3日ほど漬ける

まぁ、下準備っていうより、たまたま見つけちゃったからさ、色々こころの準備が整わないでしょう。だからワインに漬けこむことにしたのよ(笑)そうしたら次の日も次の日も心の準備ができなくて、そんで3日漬けちゃったわけ。だだから本当は一日でいいかもしれない。

つけ汁で2013719

0.牛頬肉を漬けた玉ねぎ、ワインは圧力釜にいれておく。


つけ汁も捨てませんよ。ワインは加熱するときは一気に加熱しちゃいます、僕は。


野菜いためて2013719

1.野菜を炒め、温めた0に入れて煮る。

まぁ、ここも少し手抜きといえば手抜きなのかなぁ。オーブンで焼きこんで旨みを凝縮したほうがいいのだろうか。まぁ、いいよねぇ。こんなのでも


このあとお肉の調理です。

肉焼いて2013719

2.牛頬肉を取り出し、炒めて、ぐつぐつした1に入れる。

漬けこんだお肉が接していたから、そこにはワインが染み込まなかったみたいね。まぁ、こんなのも愛嬌ですよ。愛嬌!主夫太郎は実はみなさんが想像してるより実はかわいいってカミさんも言ってます、心のなかで、多分、あはははははは。


煮込み中20137193.月桂樹、粒胡椒を入れ砂糖をいれ、お肉が煮汁から出るようならワインをたし、お砂糖がとけて均一になるまで煮たら味を確認する。

4.15分圧力をかけて蓋が取れるようになるまで放置する



5.味見をして塩で味をととのえる。

ここではもうお肉以外は十分に火が通っているのでとりだしちゃいます。

6.ごぼうと人参とお肉をとりだす。

ここが手抜きの始まりなんですねぇ。お肉も取り出してしまいますが、もう少しお肉には火を入れます。だけど、野菜のくずが鍋にのこっているので、こいつらをトロミにしてしまいますよ。

フープロで2013719

7.とろけた玉ねぎを別に取り出しフードプロセッサーにかける

8.圧力鍋に7とお肉を入れて再び10分から15分ほど圧力をかけ自然に冷ます。


小麦粉を使ってないので圧力鍋を使っても焦げません。ここが手抜きのいいところですねぇ。


この時点でお肉はトロトロよん。まぁ、合計30分も圧力かければそれはねぇ(笑)本来だったら何時間もコトコト煮込むのかもしれないけど、文明の利器ですよねぇ。重たい蓋のお鍋だと思えばそんなに時短・手抜き料理には見えないですわん。
これで頬肉煮込みの本体はできあがりです。あとは食べるときの調理ですね。なんだったらこのままタッパにいれて冷蔵庫で2日くらいは持ちますから、パーティーなんかするときに当日忙しくないようにあらかじめ作っておけるんですな。


牛頬仕上げ2013719

9.取り出しておいたゴボウと人参、(生の)エリンギ、煮汁とバターと牛頬肉をフライパンにいれて炒め、ソースにちょうど良いトロミがでるまで火を入れる。

完成頬肉2013719

やっと完成!


頬肉断面2013719

こちらは切ったところ。筋がゼラチン質に変身してます。

今回はドミグラスソースを作らずに、煮た玉ねぎをフードプロセッサーでソース状にするという横着をしました。今度はちゃんとしたソースを作って、ツヤのいい煮込みにしたいなぁ。まぁ、夏にこんなものつくるのもなんだけど、ワイン飲みたいときがあるからねぇ。皆さんもあえて煮込み料理を作ってみるのは如何?

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

新玉の季節~春を愛する主夫太郎~

2013.04.16 08:00|肉料理
春を愛する人は心清き人~♪
ト~ム・クル~ウズの様な~♪
貴女の愛する主夫太郎~♪(字余り)


あはははははは。春ですね~。主夫太郎の頭の中にも何匹か蝶が飛んでます、あははははははは。

さてさて、新玉ねぎの時期になりましたが新玉ねぎといったら何をしても美味しいですね。塩と酢とちょっとの油と一緒にミキサーにかけるだけで美味しいドレッシング、ソースになるのだから凄い食材です。何をしても美味しいですから何もしない方がいい。薄く切ってちょっと水のなかで揉んだら塩・胡椒をかけて食べる、というのが一番の主夫太郎の手抜き料理かな。

こんな簡単で美味しいものですが、玉ねぎってのは犬には与えてはいけないそうで(昔は犬にやってましたけどねぇ、知らなかったから)これはどうも人間の特権らしいです。ん~これだけで来世は犬に生まれたくないくらいです。まぁ、人間以外に生まれ変わるなら花がいいかな、綺麗な花!ん~ロマンティストでしょう?
でも英語を習い始めたころ、ロマンティストってロマンティって形容詞の最上級だと思っていたんです。
ロマンティ、ロマンティー、ロマンティスト!あははははははは。

さて、今日は男の料理らしくすごくシンプルですよ。でも我が家のお得意料理。材料は塩・胡椒の他に...

たまにんハム2013326

新玉ねぎニンニクハム(ベーコン)です。

ハムは主夫太郎の読者さんならご存知の、イベリコ・ベジョーダの生ハムです!あはははははは。もう十回くらい自慢してますが、自慢しないと元取れないから、またしちゃいました。大抵自慢をしてる人ってむかつくとおもうんだけど、ディープな主夫太郎の読者様はこのハムをどうやって維持しているか、お友達と幸せを共有しているか知ってますから自慢したい僕の心を分かってくれてます、多分(参考までに初めてのイベリコハム記事、コメント一人しかくれてない時期だなぁイベリコベジョーダの解体)そういえば、レシピブロガーさんは我家にこのハムを食べに来た人はいないなぁ、来季いかが~?

ちなみに独身のころは普通のベーコン使ってまして、もちろんそれで美味しいです。

ハムにん炒め2013326

1.ハムとニンニクを油で炒める。

まぁ、レシピってほどじゃないけど。みてみてみて!イベリコハムは炒めても赤いまま!白くならないのよん!
まぁ、だから何だって?あははははは。でも、クイズ番組に出演したとき「イベリコハムは炒めても変色しない、YesかNoか?」という問題には即答できます、あはははははは。

カミさんにはナイショなんだけど、この瞬間が一番香りがいいんだよね。食べる時はこの炒める瞬間よりは香は弱い。

玉葱煮込み2013326

2.水と玉ねぎをいれ塩で味を調え、20分くらいゆっくり煮る(玉葱の大きさにもよる)


丸ごと玉ねぎ煮込み2013326

3.胡椒を振ってだす。

今回使う胡椒は主夫太郎おすすめで、masakohimeさんきりまりママさんにも大好評いただいている

(ポチリで飛びます)です。これがめちゃくちゃいい感じだしてますよ~

たったこれだけです。固形ブイヨンとかはいらないですよ。最初に書いたように玉ねぎとお塩だけで美味しいのだからこれ以上のことはしないです。お好みで玉ねぎの中心が少し硬くてもいいかな。これとパンとワインがあれば、あまり外出しなかった運動不足の日曜日のディナーには十分(笑)もちろんみなさんこういうものを作っていると思いますが、今日はこんなシンプルなレシピを載せたい気分!だってお空が高いから!


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

もくもく猪3品

2013.04.02 08:00|肉料理
こんにちは全日本煙たがられる男No.1の!
主夫太郎で~す!

次回はカミさんのブログジャックなので僕は楽できま~す。ん~主夫太郎は休日頂きます。
先日は主夫太郎の親戚が販売している生胡椒(ポチリで飛びます)にご意見くださいましてありがとうございました!実際主夫太郎はうつしていませんでしたが、ヒラメのうま味引出マリネ一か月ステーキ~我が家で一番時間がかかる料理~(両方ともぽちりで飛びます)もこの生胡椒で頂いていたのですが、どちらの記事もこのころは読者がすくなく(面白くなかったのだと思いますが)登場させるのはなんとなく気がひけてました。どちらの記事もまだ主夫太郎が真面目なころの記事!未読な方は是非上の記事もご参考にして生胡椒使ってみてくださいね~。

=======================

さて、以前一度だけ挑戦した燻製モクモクされたラムちゃん、だっちゃ。(ぽちりで飛びます)東京にきてからもやりたかったのだけど、草むしり程度のことで文句を言われるような社員寮だから、煙なんか出してたら大変。付っきりで、何か聞かれたら煙の説明ができるようにしておかないといけない!もしくは凄く寒くて人が外にでない!って日を選んでやるしかありません。ん~不便だ。この点は大阪の方がよかったです。

それでも人生果敢に生きたい主夫太郎!燻製の準備も着々としてました。最近よく僕のブログに出てくるyumiさんのご主人が強烈に美味しそうな燻製をつくるのでそれも羨ましかったんです。

以前の記事では段ボールを工作して燻製の箱作ってたんだけど、ホームセンターにスモークチップを買いにいったら...


いぶし処い2013319

ななななななんと980円くらい(1000円弱)でそれらしきもの売ってる!しかも網とかつるす棒とかもついてる!ちゃんと空気の取り入れ口もある!ってんであっと言う間に購入を決定しました!しかしまぁ、こんなものが商品であってしかもこんな安いってことは需要があるんですねぇ。干し網もそうだけど驚きですなぁ。主夫太郎の読者様の干し網保持率も凄いけど、燻製器の保持率ももしかして高い?ん~まだまだヒヨッコ主夫なのでこんなもので有頂天ですがね。ベテラン主婦の方々は持ってらっしゃるかしらん。

いぶし処ろ2013319

しかもこの名前!スモークハウス「燻家(いぶしや)」ん~名前がかっこいい!こういう名前を付けれれる才能を持てば僕もコピーライターでやって行けるのだろうか?そういや、コピーライターって最近聞きませんなぁ。糸井重里以来聞いてないかも。

猪塩漬け2013319

毎度のことながら燻すのはイノシシ。塩水とたまたまあったレモングラスにつけること3週間。ついに日の目をみることに。

結局鞘堂2013319

燻だしたのはいいけど、人目を忍んで寒い日に作ったものだから、燻製器のなかの温度が上がらない。そもそも薄い段ボールでできているのでただでさえ温度が上がらなさそうなのに。せめてもう少し段ボールが厚ければ....ってことで結局家にある段ボールの中に入れる事に。なんか鞘堂みたいですねぇ。鞘堂といえば中尊寺金色堂がすぐイメージされますね。松尾芭蕉も俳句作ってますねぇ。
五月雨を 集めてはやし 光堂

ん~東北の五月の雨は沢山降って金色堂を流してしまい、その流れる様子を俳句にしたんでしたっけ?地元の人達の唖然とした顔が浮かびますねぇ、あははははは。なんだか違うような気もするけどねぇ。ウル覚えってのはいかんですよ。


できあがった燻製ではなく、燻製をつかった3品をどうぞ!

猪キャベツ2013319

薄く切って塩を振ったキャベツの上にのせてタジン鍋で優しく火を通しました!
ん~シンプルだけど美味しいですよん。ビールのめちゃうねぇ~

猪の燻製レタス炒め2013319

薄く切ってレタスといためちゃった。味はもちろんお塩だけ。
まぁ、こんなくらいシンプルなお料理が主夫太郎の真骨頂。材料に手をかけて調理に手を掛けないのが好き。

猪なのはなゴボウ2013319

ゴボウのササガキと燻製とカキ菜?の炒めものです。こういうの、口の中一杯に頬張るのがいいのよ。

本当は3つの記事にしてもよかったんだけど、だんだん季節外れになってきそうだったので3品載せちゃいました。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

牛のスープの行く末は....

2013.03.28 08:00|肉料理
なんだかまた寒くなったりしてやりにくい季節がつづきますが、
みなさんお元気?

前回の記事主夫太郎の牛蜜時。(ポチリで飛びます)の続編です。読者のみなさん、なんで牛のスープなんて取ったんだろうと思ったかもしれませんね。時間をかけて汁を取ったってそのあとどうするのよ!ってのがあると思うんですよ。まぁ、気付いているけど、あえて何だろうって言って下さった方もいるとはおもいますけどね。あははははははは。まぁ、なんだろうって思う方もそうでない方も読んでね~。


ドミグラスバター2013227

1.バターを50グラムフライパンに入れて溶かす。

もうこれだけでわかっちゃうかな。バターって太るってイメージありますけど、きっとイメージどおりなんでしょうねだって美味しいもの!あはははは。いいのいいの今日は。だって頑張って牛のスープとったんだもの。

ドミグラス焦がし2013227

2.良く振った薄力粉を溶かしたバターに入れてゆっくりと炒める。
まぁ、ここまでくればもうお分かりだと思います。そう!自家製のドミグラスソースです。デミグラスソースっていうのかもしれないけど、なんとなく言葉の響きとして「ドミグラス」の方が好き。カレーじゃなくてカリーってくらいの軽いコダワリでしかないですけどね。でも、本当に手さぐりでした。バターを炒めるときすこし焦がさないといけないんだけど、この焦がし具合がよくわからない。小麦粉とバターを焦って焦がすとおいしくないって聞いたし。ほぼ焦がすって感覚はいらないみたいですね。ほんのちょっとだけ色がついた状態で....

3.牛のスープを少しづつ加えながらゆっくりまぜる。

ってやれば自然に色がついてくるみたいです。気に入らなければスープの水分を飛ばしながら色をつければいいみたいですな。


ドミグラス煮込み

どうどう!いい感じでしょう!!!自家製ドミグラスソースは流石に初めてだから緊張したな。そりゃもう少しバター落としてツヤだしてもいいと思うし、ワインとか入れればきっともう少し深い色になるけど、いいのよこれで、だってさぁ、ドミグラスソース売るわけじゃないんだから。ってことで、牛スープからとったコダワリのドミグラスソースのできあがり!めでたしめでたし!

それでは皆さんお元気で~!

ってそんなはずない!実はこのドミグラスソースでさえ前フリなのだ!

何につかうかというとね~♡

猪ワイン漬け2013227

4.一週間赤ワインとニンニク、塩に付けたイノシシ肉を用意する。


あははは、何と言ってもイノシシが5キロあったからねぇ(ポチリで飛びます棚からぼたもち、実家からイノシシ)。ワインに漬けて熟成するの待ってたってより、お料理を先送りしてました(笑)イノシシでスープとってもよかったのだろうけど、それは流石にもったいない。ってわけで安い牛つかったのよ、おほほほほほ。


猪野菜と炒め2013227

5.少しのニンニクとすりおろしショウガ、適当な大きさに切ったイノシシと玉ねぎ、人参を炒め最初はお砂糖だけで味を付けお酒で煮込む。
まぁ、煮込みをつくるってだけなんだけどさ。レシピ書きだしたからこの部分も書いておかないとねぇ。

6.少し柔らかくなったら塩をふり肉がそこそこ柔らかくなるまで煮る。
ん~お醤油入れたいのをじっと我慢!唐辛子も強烈なニンニクもタップリの生姜もガマンです。薄味の塩イノシシを作っておくってかんじかな。

猪塩煮込み2013227
どうどう!結構ワイルドだろう?ん~2年位たったらこの「ワイルドだろ~」ってなんのことか分からないんだろうなぁ。おい!未来の俺!俺らしくないが、時代の波、ちょっとおさまって来た波に乗ってみたぞ~!他人のギャグのパクリだぜ~↗あははははははははは。

7. 6を冷まして冷蔵庫で一日保存する。

まぁ、ゆっくりなじませないとね。ってより実はここまでで疲れちゃったのよ。あははははは。この日の夕飯はこんなこともあろうかと(宇宙戦艦ヤマトの真田さん並の先読み能力だ!)、別に簡単なものを作っておきました。

猪煮込み後炒め2013227

8. 6の肉と人参を新たにニンニク、玉ねぎシメジと軽くいため、6の煮汁を足す。

ここで新たにへなへなになった具だとた料理って気がしないから具をたしました。そんでもってついに感動の一瞬です!

猪煮込みドミグラス足し2013227

いえ~い、努力の結晶がフライパンで一緒になるよ~(涙)
9.赤ワインを加えて少し煮込んだあとドミグラスソースを足し馴染むまで煮込む(30分くらい)。
ドミグラスソースももちろんタッパにいれて冷蔵庫にいれてあったからこんな風に固まってますけどね。これがフライパンにいれるといい感じにとけてきて、トロミもでます。ここで少し色が濃くなりますよん!

猪のシチュウ2013227


どうどう!お料理真剣にやり出してから一年くらいの主夫が1からシチューつくっちゃったよん!しかもイノシシ!これ、久しぶりに凄く気に行ったお料理なんです。時間をとってもかけたし!恥ずかしがらずにはっきり言います! 
誰か褒めて~!

あははははははははは。
味は満足でした。最近うすっぺらいものに「深い」ってレッテル貼るのが流行っている気がするので、深い味とは言わないですよ!敢えていうと主夫太郎らしくないウマすぎるお料理でしたね。ん~たまにはいいのよ!旨みが強いお料理でも!今度イノシシのいいところが入ったらまた作ろうかな。ワインに漬けることから考えると一週間以上かかった。凄い満足感です。グラハム・カー(世界の料理ショー)だったらブロガーさんの手を引いて食卓にご招待したい!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

主夫太郎の牛蜜時。

2013.03.26 08:00|肉料理
独身に戻る瞬間を密かに楽しんでいる元女子高生のみなさ~ん!
お元気ですか~?


主夫太郎のカミさんはどういうわけか今時「宿直」があるんです。会社の名前だけ聞くと「え!そんな会社に宿直あんの?」って思うんですがあるんですよ。主夫太郎、そのときこそ羽根を伸ばして一日中遊んで、夜はネオン街にくりだし、ケバケバ茶髪厚化粧ギャルと飲み明かす.....なんてハズないですよ。なんか世の中にはそういうお店があって繁盛してるらしいですね。全くもってそんなところに行く勇気がありません。そもそも美人と言われる人が美人に見えないし、どうして初対面の人間とお酒を飲んで緊張してお金を払うのか....ん~ご苦労なことですなぁ。人見知りの僕にはさっぱり訳が分かりません。お金もらっても嫌だ。よく男の鑑だ!なんて言われますが、さっぱり現代人と価値を共有できないだけです。結局は僕は起業できないんだろうなぁ、だって世の中の嗜好が全く分らない、あはははははは。やっぱり一人で黙々と何かに集中するほうが好きな主夫太郎。みなさんは一人のときはどんなことしてますかね?

さぁ、今日はそんなカミさん不在で時間がある日、夕飯も作らなくていい、そんな日のお話です。

=========================================================

カミさんがいない日に買い物に行ったらこんなものが売ってました。

牛肉買ってだよ2013217


まぁ、牛肉ですよ。「こんなものが売ってました!」なんていうほど珍しいものではないです。
だけど、これ一パックで323円。二パック買っても646円.....ぜ~~~んぶダメになっても、パチンコするよりも、飲みに行くよりも断然安いじゃないの!カミさんもいないわけだし....そうだ!これでいままでやりたかったことやってみるぞ!!何かというと、牛のスープとるんですよ!牛のスープ!ん~贅沢だ!固形スープ買えば本当にいくらでもないのだけど、とにかく僕は固形スープを使うのが下手で下手で仕方ないから一度牛のスープを取ってみたかった。でも時間がかかるし、かかり切りになると夕飯つくるのがおろそかになる。

でも今日はカミさんが宿直!

あははははは。やるぞ~~~~!あはははははは。もう最初からこんなテンションでした。

コンソメ野菜2013217

そんでもって野菜も用意!玉葱、ニンニク、人参、セロリ、トマト。こんなもんでいいだろうな。

焼いちゃって2013217

1.牛肉を軽く焼く。

ん~塩胡椒振ってこのまま食べてもいいなぁって思いますけどね。ここは我慢!だって今日はスープを取るんだもの。

野菜いためて2013217

2.玉葱、人参、セロリ、を炒める。

ん~これだって塩胡椒でたべてもいいぞ!でもじっと我慢。スープとるんだからね。あははははは。

スープ取りはじめ2013217

3.1と2と水を鍋にいれ、塩・胡椒を軽く振り、ニンニク、トマトをいれ、ベイリーフを入れて沸騰させないようにしてゆっくり煮る。

不思議と塩を振らないといい味が出ない気がするんですよね。僅かでいいのでお塩ふります。まぁ、もしかしたら、味音痴だから塩がないと美味しく感じないのかもしれないけどねぇ。でも塩って何かの役目をしている気がします。

ちょっといい感じ2013217

4.さらに煮る。

アクはこまめにとります。まぁ、もちろんテレビ見ながらでもなんでもいいんですけどね。コツをつかむと結構他の事もできます。火の加減さえ気をつければ。

結構煮詰めて2013217


5.結構煮る.....

半分以下になりました。蓋はあけたまま煮込みますが、不思議といい匂いがちゃんとついていて飛んでないんですなぁ。このあたりになると凄く楽しくなってきますねぇ。鼻歌も飛び出します。あ~あお~いさんみゃ~く~♪ってねぇ。このころだと結構夜遅くなってるので変なテンション!!

絞って2013217

6.お肉を取り出し、野菜を絞って漉す。


牛のスープとりました2013217

ってことでスープとりました。卵白使って漉してもいいんですが、今回はこれをこのまま使いますが、それはこの次の記事で.....気が付くと草木も眠る夜中でした。今後蜂蜜で甘くしたりするのかなぁと想像しながらでしたね。文字通り牛蜜時のお料理でした、あはははははははは。

*抜け殻になった牛肉はほぐして焼きそばの具にしちゃいました!案外美味しかったですねぇ。対して美味しくないだろうって一人のお昼ご飯にしたので、写真はなしです。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。