04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

葛・豆腐(豆腐百珍から~湯やっこ~)

2012.06.05 08:00|ダイエット
昨日の記事にコメントして下さった方(最後の方)でお名前のご記入をお忘れの方がいらっしゃいますが、もし意図的でなければ、お名前もしくはURLを頂くとこちらからも伺うことができますのでお知らせいただくと幸いでございます。

レシピブロガーさんならご存知の方も多いと思いますが、豆腐百珍という江戸時代に発行された豆腐の料理本があります。現代版もいくつかあり、僕も「とんぼの本」のを持ってます。易しいものから難しいものまであり、ランク付けされていますが、その中の最上級クラス「絶品」からのツクレポですね。湯豆腐だから簡単なんですがね、とても簡単です。料理にかける手間と美味しさは別であるというのは江戸時代から発見され認められていたことなのですね。いつもの料理始めたばかりの旧友に向けての記事です。最初の工程だけがオリジナルにはないです。
豆腐押し(5/20)

1.豆腐をタオルでくるみ、押しをして水を出す。

ほぼ半分になります。別にハウスさんに気を使ったわけではないですが、瓶を脇においてみました。こんな厚さに。当時(江戸時代)のお豆腐は今より濃かったかなぁと思い、ちょっと押してみました。市販の安いお豆腐を使ったのでね。美味しいお豆腐使ってる方はこの工程はいらないかと思います。

吉野葛(5/24)

今回のレシピの材料は豆腐と葛だけ。あとは薬味。片栗粉ではなく葛です。葛の方が美味しそうに感じるのはきっと本当に美味しいからだと、信じてます。高級だからというわけではないはず、きっと!!「片栗粉(ばれいしょデンプン)」でも同じく美味しいよ!って知ってる方、是非ナイショにしておいてください。あはははは。高級な粉を使っている!!という気分も大事な調味料!!あははははは。
葛豆腐(5/20)

2.鍋に葛とお水を入れよく溶かし、透明になってきたら1を一口大に切ったものを入れ、沸騰させないように茹でる。

ちょっと写真はブクブクいっちゃいました。ピント合わせてる間にちょっと油断!!
良い子は真似しないでね!

アップ葛豆腐(5/20)

3.浮いてきたらすくって好みの薬味で食べる。


「もしかして、二日間ハンバーグのこと考えていたせいで、手抜きの記事にしてないか?」って思ったあなた!!ブログにかける手間と記事の良し悪しは別です、あははははは。でも、いつもの湯豆腐がちょっと違った味わい、クズと豆腐というたった2つの食材の組み合わせだけで食べさせる、「静かに美味しさを楽しむ」素敵なお料理だと思います。暖かくなってきましたが、梅雨がくるともう一度肌寒くなりますよね。そんな時の一品にご検討下さい。


緊急追記:
先ほどコメントで「吉野葛は高いですね」というコメントを頂きましたが、その通り!!僕も高いと思います!!実は学生の時、お金が無いときにこのお料理を試したときは、くず粉を粉々にして直接豆腐にまぶし小さいお鍋で楽しんでました。あと余った葛湯ですが、お豆腐のお味噌汁に少し加えて延ばしてちょっとトロミがあるお味噌汁にしてみたり、ベッコウアンの材料にしてたりします。まぁ、みんなは使えませんけど。ほほほ。それから朝の段階では私がこのお料理の名前を間違えてました。湯やっこが正しい名前です。訂正してお詫びいたします。

スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

コメント:

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
‘豆腐百珍’…初めて知りました。
豆腐を、吉野葛で!!
シンプルで完結されていてい、
これは、葛でなければ江戸食文化が
再現できない…と、思いました。
ドラマ‘仁’に出てくる揚げだし豆腐に、
江戸の代表を感じていたので、興味津々で読みました。
豆腐自身が舞台の主役で、とても、おいしそう♪♪♪。
p。s。
じゃが芋のすり流しは、高校時代にTVで池波志乃さんが
具なしお味噌汁を少し煮立てて、じゃが芋を直接!
鍋へ摩り下ろしてトロミをつけていたのを観てから、
家のロングセラー汁になっています。
茗荷、大葉、葱、スプラウトなどで、楽しんでいます。

美味しそう!1

主夫太郎さん、おはようございます♪
葛豆腐、とっても美味しそう!!!
全然、手抜きのお料理ではありませんよ~
かなり手塩掛けられて作られた一品だと思いま~す☆
吉野葛使用だなんて、素晴らしいアイデアですね!
まだ使った事がありませんので、とても勉強になりました~
本日も、素敵なレシピ、どうもありがとうこざいました~☆

No title

こんにちは~~

お久しぶりです。
これ 凄い!! メチャ興味あります。
吉野葛 正直 高価なものですよね。
この量はかなり使いますね。
吉野葛はよく使いますが 本当に高いのにすぐに減ります。
たかがお豆腐ですが 高級料理です。
絶対に試してみたい一品です。
かなり感動しています。

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> ‘豆腐百珍’…初めて知りました。
> 豆腐を、吉野葛で!!
> シンプルで完結されていてい、
> これは、葛でなければ江戸食文化が
> 再現できない…と、思いました。

やはり先人の知恵というのは凄いものです。世界各国の食材が手に入る時代ですが、
まだまだ先人に学ぶことはおおいですよね。

> ドラマ‘仁’に出てくる揚げだし豆腐に、
> 江戸の代表を感じていたので、興味津々で読みました。
> 豆腐自身が舞台の主役で、とても、おいしそう♪♪♪。

おお、”仁”見てましたか!僕も見てました。そしてあのドラマをお慕い申しておりました。
んーーブルーレイが欲しいです。この湯豆腐が出てたらもっとよかったのに~

> p。s。
> じゃが芋のすり流しは、高校時代にTVで池波志乃さんが
> 具なしお味噌汁を少し煮立てて、じゃが芋を直接!
> 鍋へ摩り下ろしてトロミをつけていたのを観てから、
> 家のロングセラー汁になっています。
> 茗荷、大葉、葱、スプラウトなどで、楽しんでいます。

直接ですか。池波さんという由緒正しいところのお嬢さんのレシピとは!
これは早速試したいです。

Re: 美味しそう!1

まひまひゆかりんさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、おはようございます♪
> 葛豆腐、とっても美味しそう!!!

本当は「湯やっこ」という名前のお料理らしいです。
ウル覚えで記事を書いてしまいました。訂正してお詫び申し上げます。

> かなり手塩掛けられて作られた一品だと思いま~す☆
> 吉野葛使用だなんて、素晴らしいアイデアですね!

江戸の人達が考える工夫はまだまだ勉強するところがあると思います。
古典を色々見てみたいですね。

Re: No title

manngoさん コメントありがとうございます。

> お久しぶりです。
> これ 凄い!! メチャ興味あります。
> 吉野葛 正直 高価なものですよね。
> この量はかなり使いますね。

そうですね。思い切ってつかいました。コメント頂き緊急追記もしましたが、
少しだけ違うものが出来上がります。やはり葛のヴェールを上品にまとったお豆腐は
僅かな違いなのですが良いものです。

> たかがお豆腐ですが 高級料理です。
> 絶対に試してみたい一品です。
> かなり感動しています。

先人の工夫には感動しますよね。
今ほど食材の無い時代、今よりもわずかな味の違いを楽しめた彼らは
ある意味我々より幸せだったかもしれません。

No title

主夫太郎さん、こんにちは
こんなシンプルな料理が一番美味しい。
主夫太郎さんのお料理には、いつも説得力があります。

江戸時代の食文化は、かなりハイレベルなのですね。
少し前にみたTVで、初鰹を食べるために大変な努力をした話がありました。
今のように保存剤、凝固剤などないころは、こうして自然の食材を上手に活用して、美味しい料理を作っていたのだと。
これは、是非いただいてみたいです。

No title

主夫太郎さん♪こんにちは~^^
こちら、今日は冷えてます…そんな時!この葛豆腐はいいですね><
葛粉を入れて豆腐を茹でるとは!
初めてしりました。ありがとうございます!
私も葛粉、大好きなんです♪
奈良に嫁いだので、葛粉について勉強しました(笑)奈良公園・東大寺近くの葛料理店「天極堂」オススメですよ^^

No title

このお料理シンプルだけどとっても惹かれます。
葛粉は高いので普段なかなか買えないのですが、やっぱり
葛粉を使うと美味しいですよね~
普段はもっぱら片栗粉な私。
高級なものを使っている!という気分も大事な調味料って
いうのわかります。
葛湯でとろみのあるみそ汁も美味しそうだなあ。

No title

どの程度の濃度なんだろう?
やっぱりツルンと入りますか?
薬味たっぷりでいただきたいものです^-^

No title

こんにちは(*^ー^)ノ

豆腐と葛の食感気になりますね!
どんなんかすごく食べてみたいですo(≧▽≦)o

私ごとですが…
葛はたんぱく低いし、体を温めるし、
腎臓病にはとても良い食材です♪♪
しかもコレステロールの低下作用もあるみたいですよ♪♪
確かにコストは高いですが…
体に良い物を食べたいですよね(*^-^*)

No title

こんにちは。
葛粉で湯豆腐!?
揚げ出しのあんに葛を使うことはあるけど
これは思いつかなかったな。
シンプルでいて、高級料理。おまけに体にも安心ですね!!

主夫太郎さん、かなりの贅沢嗜好ですな!
いや、いい意味でですよ~(笑)

No title

こんばんわ~♪

ひと手間かけた湯豆腐♪
とても体に優しくて
体の内側から元気になりそうです♪
薬味たっぷりで食べたいなっ^^v

ポチっ!!おうえーん*

Re: No title

masakohimeさん コメント有難うございます。

> 江戸時代の食文化は、かなりハイレベルなのですね。

今とは比べ物にならないものの、やはり「余裕」が庶民までもてるようになった、
初めての時代だったのではないでしょうか。余裕は文化を生みますからねぇ。

> 少し前にみたTVで、初鰹を食べるために大変な努力をした話がありました。

船の上で買い付けたりと大変な騒ぎだったようですが食べることにエネルギー補充以上の意味を持たせることが
できるというのは本当に幸せですよね。
豆腐百珍にしても、食事というものに執念をもやし、記録を残すだけで大変な時代だったのでしょうが、
今はコンピューターのお蔭で記録はキッチリと大量に残せる時代になりました。
こういう時代においては記録を生きたものにするかどうかはそれを使うかどうかですよね。
過去の記録が僕のブログによってふたたび生きたデータとして何人かの皆様の目に触れたとしたら、
それはとても嬉しいことですし、ロマンも感じますねぇ。

No title

こんばんは^^
これはまた!!
なんとも贅沢♪
でも絶対に美味しいと思います^^
葛は美味しいし、身体にもいいし、それなりの価値はありますね♪

Re: No title

あやんさん コメントありがとうございます。

> 葛粉を入れて豆腐を茹でるとは!
> 初めてしりました。ありがとうございます!

僕は大学生のとき初めて作ってみたのですが、なんて地味なんだろうと思いました。
一方で僕は絶対思いつかないなぁと思います。

> 私も葛粉、大好きなんです♪
> 奈良に嫁いだので、葛粉について勉強しました(笑)
> 奈良公園・東大寺近くの葛料理店「天極堂」オススメですよ^^

関西にいるうちにこのお店行ってみたいです。
HPみました。「極」という最高級のくず粉が1kg7200円というのは案外お得かもしれません。
100gごとに買うともっと高いくず粉はいっぱいありますからねぇ。

ところで「奈良の花嫁」だったのですねぇ.....
んーー面白いボケが浮かびませんが、あはははは。

Re: No title

suzuさん コメント有難うございます。

> このお料理シンプルだけどとっても惹かれます。

僕も学生時代に惹かれちゃいました。

> 葛粉は高いので普段なかなか買えないのですが、やっぱり
> 葛粉を使うと美味しいですよね~
> 普段はもっぱら片栗粉な私。

僕もそうですよ、もちろん(笑)。

> 高級なものを使っている!という気分も大事な調味料って
> いうのわかります。

そうなんですよ。高価な石を身に着けるのと変わらないことですよね。
もっとも宝石なんか持ってないですけど。んーー適当なコメントになっちゃいましたが、
とにかく気分は大事ですよね。

Re: No title

ひまあゆさん コメントありがとうございます。

> どの程度の濃度なんだろう?
> やっぱりツルンと入りますか?
> 薬味たっぷりでいただきたいものです^-^

ブログの方でもお返事しましたが、緩いあんってかんじでした。
ここは薬味をお好きにつかって頂きたいです。
最初は何もなく食べてみるってのが通っぽくていいですけどね、
ほら、最初はお蕎麦に汁つけないで食べる人みたいに。
まぁ、よくわかりませんけどねぇ。

Re: No title

みやびさん コメントありがとうございます。

> 豆腐と葛の食感気になりますね!
> どんなんかすごく食べてみたいですo(≧▽≦)o

直ぐできますよね。お野菜なんかも用意しておくと楽しいです。
お豆腐の後頂くのですが、水菜みたいなものの他に、
案外ベビーコーンがお気に入りなんですよ。使ってみて下さい。
南瓜なんかも合うとおもいますけども。

> 私ごとですが…
> 葛はたんぱく低いし、体を温めるし、
> 腎臓病にはとても良い食材です♪♪
> しかもコレステロールの低下作用もあるみたいですよ♪♪

おお、そんなにいいものなのですか。豆腐はタンパク質が多いのだけれども
豆腐をすくなくして、野菜を多くすればいいですかね。

> 確かにコストは高いですが…
> 体に良い物を食べたいですよね(*^-^*)

素材や時間をある程度贅沢に使うのはおうちごはんの特権ですよね。
あぁ、あれもう一度食べたい!なんて言われると、
作る方としては更に元が取れる気がしちゃいます。

Re: No title

jun*さん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、かなりの贅沢嗜好ですな!
> いや、いい意味でですよ~(笑)

あははは。僕贅沢ですよ、ばれました?あはははは。
だって贅沢って楽しいじゃないですか、あはははは。

Re: No title

マムチさん、コメントありがとうございます。

> ひと手間かけた湯豆腐♪
> とても体に優しくて
> 体の内側から元気になりそうです♪
> 薬味たっぷりで食べたいなっ^^v
>
> ポチっ!!おうえーん*

ありがとうございます。応援して頂くだけで、明日もお料理をしっかりしようと思います。

Re: No title

ゆんさん コメントありがとうございます。

> こんばんは^^
> これはまた!!
> なんとも贅沢♪
> でも絶対に美味しいと思います^^
> 葛は美味しいし、身体にもいいし、それなりの価値はありますね♪

江戸の粋ですよねー。たまには丁髷してみてもいいなぁって食べて思いました。

No title

こんばんは。
豆腐百珍...知りませんでした^^;
吉野葛を入れて茹でるのですね〜。
ということは、いつまでも冷めないという
効果もあるのかしら??

このお料理を主夫太郎さんが学生時代にも
されたというのが、びっくりです@@
昔からお料理されるのお好きだったのですね^^

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> 豆腐百珍...知りませんでした^^;
> 吉野葛を入れて茹でるのですね〜。

現代版の本も出てます。
随分皆さん興味があるみたいですから、
いずれもう一品くらいツクレポしようかなぁって思います。

> ということは、いつまでも冷めないという
> 効果もあるのかしら??

浮いてきたらすぐ食べるというのがコツだそうで、
流石に「絶品」とランクされるだけあって食べる方にもそれなりのことを求められるるようです(作法)。
まぁ、それもあるいみ調味料なわけで、おっしゃる通り湯豆腐として提供するときには、
そういう効果があると思います。

> このお料理を主夫太郎さんが学生時代にも
> されたというのが、びっくりです@@
> 昔からお料理されるのお好きだったのですね^^

そうですねぇ。たべることしか考えてなかったせいか、
学生時代はこのうえないアホでした。あはははは。
非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【葛・豆腐(豆腐百珍から~湯やっこ~)】

昨日の記事にコメントして下さった方(最後の方)でお名前のご記入をお忘れの方がいらっしゃいますが、もし意図的でなければ、お名前もしくはURLを頂くとこちらからも伺うことができま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。