10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

一か月ステーキ~我が家で一番時間がかかる料理~

2012.05.22 08:00|肉料理
母親や友人と料理のお話をすることはあっても、専門的にお料理の勉強をしたことのない僕にとっては、ちょっとテレビでみたものとか、小耳にはさんだものをお料理してみるというのはいつも何かしらの実験・冒険です。今回ご紹介するのは、流石にやって見るまでは怖かった、やってみたあとでもちょっと怖い、今までの常識を覆す料理でした。ステーキなんですけどね。

我家で一番時間がかかる料理はステーキです。
そんな馬鹿な!とお思いでしょうが、これ本当で調理時間はおよそ1か月
まぁ、1か月も肉を焼いているわけはないんですが。こんなセリフ聞いたことありません?

「お肉もお魚も腐る寸前が一番美味しい」

そうかもしれないし、そうでないかもしれないけど、まぁ、そう言っておくと食通っぽいから同意しておいた、なんて経験ありませんか?僕ありますよ(笑)。腐る寸前なんて知らないのにねぇ。だって腐らせないと腐る寸前なんて分からないじゃない!僕お肉腐らせたことないもん!

そんな事を思ってた矢先にテレビを見ていたとき、お肉を1か月も熟成をさせているステーキ屋さんがあって、そんじゃ僕もやってみよう!ということでやってみました。それ以来、ステーキ肉を買ったその日に食べたことは一度もありません。ちなみに売っているお肉もある程度熟成されているので、おうちで熟成させるときは少し実験をしてみることをお勧めします。

肉のタッパ(4/24)今回はかたまりのハネシタ1kg位を買ってきて、親指の第一関節くらいの厚さに切りました。分厚いステーキ美味しいですから、これはカタマリでないとできません。ハネシタは高級部位ですが、何にしろ1か月かけて料理するんだし、贅沢させて頂きます。それに業務スーパー高槻店ではハネシタは100グラム590円。何とかなります!沸騰したお湯で洗った月桂樹、ニンニクをオリーブ油でお肉とつけ込みます。冷蔵庫で1か月。

肉とトキ色平茸(4/24)1か月ブリに救出されたお肉。鮮やかな赤色は褪せて茶色に。お肉の奥は以前パスタにも使ったトキ色平茸(3種の茸のパスタとトリュフオイルパスタ)。
僕のキッチンではこの厚さのハネシタは常温にしっかりと戻した後、塩・胡椒を振り、表と裏を2分づつ焼きます。僕は短気なのですぐお肉をひっくりかえして、失敗を繰り返していたのですが、お肉の厚さとガスの強さを決めて今の時間をはじき出しました。タイマーで測って焼いてます。


肉休め(4/24)お肉は焼きたてが美味しいというのは、今はもう信じてません。僕はお肉を焼いた後必ず休ませます。
予想ですが、肉汁がじゅわっとでるのはお肉の中身が沸騰してるからだと思います。すると切ったとたんに旨みが流れ出す。そこで沸騰した肉汁を冷ましお肉に肉汁を再吸収させてやる過程が「お肉を休ませる」ことだと思います。室温よりちょっと高くしたオーブンで10分弱休ませます(フタあけたまま)。


ハネシタステーキ(4/24)

出来上がり!!トキ色平茸と合わせて赤い一皿になりました。

肉アップ(4/24)

そんでアップです。もうアツアツのお肉ではないんですよ。むしろぬるい。でも美味しいです。是非是非お勧め調理法です(くどいですがお肉は常温にもどしてくださいね)。

焼き加減に関して言えば、
ステーキはお刺身

です。
スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

コメント:

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
うわぁ!断片の火の通りが均等で、
焼き色部分とレア部分が美しいスクエアを創り出してる!!
1ヶ月熟成させた肉を、火加減と焼き時間を導き出された
‘美’がここにあり…と、感じました。
すごい!!芸術ですね!!
焼いた直後にオーブンで寝かせると、
肉汁が肉の中で程よくキープ♪してくれるのですね。
焼いて、テンションがあがったまま
テーブルに運んで食べたい気持ちを、
グッ♪と抑えて待つのも大事なのですね。
とても、おいしそう♪♪♪。

美味しそう!

主夫太郎さん、おはようございます♪
わわわ...
こちらのステーキ、かなり美味しそう!!!
息子とパパが大好きなのもあり、たまに焼くのですが、熟成させた事はないので、試したみたいっ...
トキ色平茸、こちらも、まだ見かけた事ないです...
キノコ好きなのもあり、探してみますね♪
本日も、とっても素敵なレシピ、どうもありがとうございました~☆

No title

1ヶ月もじっくり熟成するんですね~
私、待ちきれなくて食べちゃいそう。
でもこの1ヶ月が大事なんですよね。
すごくキレイな焼き上がりでとっても美味しそう。
私も食べてみたいです。
私も時々ささやかな実験&冒険していますよ~
主夫太郎さんの実験&冒険からは素敵な料理が
たくさん生まれそうですね♪

No title

主夫太郎さん、こんにちは!
ステーキは一番難しい!と思っていました。
焼き加減も難しい!
1月かけて、肉を熟成させて、常温に戻して焼く、10分弱は休ませる。
火は強火ですか?2分焼くのですから、あまり強くはないですね…
このステーキを食べられる、奥様が羨ましいぃ!そんなことは言っていられないので、自分で何とかしなくては!!
「焼いた後、休ませる」、確かにシェフは焼いた肉をホイルに包んでしばらく置いてから切っています!!いつも慌てて夕食を作っていると、「焼けた!食べて!」と、なっております。今度から最後に焼くのではなく、休憩時間を計算(一番苦手な分野ですが)して、焼いてみます。

No title

えーっ!1ヶ月も熟成させるのですか?ちょっと怖~い ^^;
確かに腐らなければ美味しいって言いますよね~

テレビでお肉やベーコンなど熟成する番組を
見た事ありますけど家では無理です。
きっと食べられてます。。。

綺麗なピンク色で、とっても美味しそうです♪ (^u^)
お肉の厚さとガスの強さを決めて時間をはじき出すなんて研究熱心ですね~
素敵なレシピは研究の賜物なんですね★

No title

すごすぎー・・・
いやはや・・・こんなキレイなステーキ出されたら
他じゃ食べれませんね~(笑)
我家が一番美味い。コレ、ピッタリです
腐る直前。熟成マックスですもんね~
しかし、肉や魚はなかなか勇気いりますね。
素晴らしいですっ

No title

すごーぃ o(≧▽≦)o
こんなのおうちで作っちゃうなんて!!
テレビで見たのを実践するのもスゴイです!!
1ヶ月間大切に熟成させて…食べるのが待ち遠しいですよね!
しかもめっちゃツヤツヤしてて美味しそうo(≧▽≦)o
食べるのもったいないけど、ペッロっといっちゃいそうです☆


No title

塩はしないでも大丈夫なんですか?
オリーブオイルってすごいですね~!

この晩はワインが進んだんでしょうね~?
何か嬉しいお祝いでしたか?

No title

こんばんは^^
1か月も熟成させるんですね!!
びっくり!!
まるでお料理実験みたい!!
いや~~ほんとにびっくりです!!

No title

こんばんは。

すご〜い、1ヶ月も熟成させたお肉なのですね@@
腐る寸前が美味しいのは果物だけと思っていましたが
お肉と、魚もなのですか?!

ホント、何とも絶妙な焼き加減で美味しそうですね♪
さすが研究の成果だけありますね!!
我家は、お祝いごとくらいしか牛ステーキ肉は
登場しないので、かなりの勇気がいります^^;

No title

お味を試してみたいですね。
でも、これをやろうとすると、また夫に文句を言われそうです(笑)
先日、長男と私のレアステーキをバイ菌いっぱいみたいに言ってましたから・・・。
馬耳東風です。
それで今、主夫太郎さんの
「ステーキは刺身です」のページを見せてやりました。あははは。

でも作るのは、冷蔵庫の温度も暑い国ではすごく高いので、ここでは大変かも・・。
しょっちゅうお水を飲むためにあけたり。。。

しかし、1か月置いた味、期待感が高まりますね~。

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> すごい!!芸術ですね!!

あはははは。素直に嬉しいです。

> 焼いて、テンションがあがったまま
> テーブルに運んで食べたい気持ちを、
> グッ♪と抑えて待つのも大事なのですね。

これを我慢するのが最初は大変でしたが、
今は待つのも調理だとおもうことにしました。

Re: 美味しそう!

まひまひゆかりん コメント有難うございます。

> こちらのステーキ、かなり美味しそう!!!
> 息子とパパが大好きなのもあり、たまに焼くのですが、熟成させた事はないので、試したみたいっ...

是非是非。一か月でなくても2週間でも少し違いますよ

> トキ色平茸、こちらも、まだ見かけた事ないです...
> キノコ好きなのもあり、探してみますね♪

そろそろ有名になってきて出回るかもしれませんね。
可愛くて綺麗なキノコです。こちらも是非。

Re: No title

suzuさん コメント有難うございます。

> 私、待ちきれなくて食べちゃいそう。

そうですね。最初は僕も2週間でした(笑)

> 私も時々ささやかな実験&冒険していますよ~

家事がルーティンになるのは一番やる気がなくなっちゃいますからね。
冒険しないと!!といつも思ってます。在宅冒険家っていう仕事ですねぇ、あははは。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 1月かけて、肉を熟成させて、常温に戻して焼く、10分弱は休ませる。
> 火は強火ですか?2分焼くのですから、あまり強くはないですね…

そうですね。最初はフライパンをしっかり温めておきますが、少ししたら中火から弱火。
ひっくり返すちょっと前にまた最初の温度に戻すために、強火という感じです。

> 「焼いた後、休ませる」、確かにシェフは焼いた肉をホイルに包んでしばらく置いてから切っています!!
> いつも慌てて夕食を作っていると、「焼けた!食べて!」と、なっております。
> 今度から最後に焼くのではなく、休憩時間を計算(一番苦手な分野ですが)して、焼いてみます。

家族をじらすのも食事を作る側の楽しみですよ(笑)。

Re: No title

Aliceさん コメントありがとうございます。

> テレビでお肉やベーコンなど熟成する番組を
> 見た事ありますけど家では無理です。
> きっと食べられてます。。。

僕は熟成させているタッパに日付をいれてます。そうしないと忘れちゃうし、たしかに食べちゃいます。
今日のお肉はひと月前のお肉よ!ってあとで種明かしするのも楽しいですよ。

Re: No title

あずもんさん コメントありがとうございます。

> いやはや・・・こんなキレイなステーキ出されたら
> 他じゃ食べれませんね~(笑)

いやいや、勉強です!!ってか僕もたまには焼いてもらいたい(笑)
でも確かに熟成度というのに少しこだわるようになりますよ。

> しかし、肉や魚はなかなか勇気いりますね。

そうですね、最初は2週間くらいから始めました。勇気も最初からMAXはムリですよね。

Re: No title

みやびさん コメントありがとうございます。

> こんなのおうちで作っちゃうなんて!!
> テレビで見たのを実践するのもスゴイです!!

政治などの討論番組や芸能ニュース以外はテレビを結構信じてますね(笑)

> 食べるのもったいないけど、ペッロっといっちゃいそうです☆

これ自慢料理なんですよ。本当にペロッていっちゃいます。
でもお客さんには出せませんねぇ。何かあったら「1か月前のお肉出した」って言い訳できませんから(笑)

Re: No title

ひまあゆさん、コメントありがとうございます。

> 塩はしないでも大丈夫なんですか?

焼く前に塩と胡椒をしてます、細かいことをいうと表面のオリーブオイルを拭い去り、
うすく塩胡椒します10分くらい寝かすといい感じです。

> この晩はワインが進んだんでしょうね~?
> 何か嬉しいお祝いでしたか?

このステーキにワインは外せませんね。
お祝いというのではないのですが、作り方からもわかるように、ステーキは多くてもひと月に一回
(正確にはお肉がなくなるまで、3回くらいかな)、
実際は3か月に一回くらいなので、あえていうとステーキ記念日ですかねぇ(笑)

Re: No title

ゆんさん コメントありがとうございます。

> まるでお料理実験みたい!!
> いや~~ほんとにびっくりです!!

最初は自分でもびっくりしましたよ。大丈夫かなって(笑)

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> 我家は、お祝いごとくらいしか牛ステーキ肉は
> 登場しないので、かなりの勇気がいります^^;

「牛ステーキが食卓に来た記念」というお祝いにすると好きなときにお祝いでステーキが食べられます(笑)
といっても、僕も職があり、実験はじめたばかりのころは頻繁に食べてましたが最近は主夫になったこともあり、
本当にたまにです。1か月とはいわなくても2~3週間でもちがうので是非是非お試しください。

Re: No title

いくみさん、こちらにもコメントありがとうございます。

> 先日、長男と私のレアステーキをバイ菌いっぱいみたいに言ってましたから・・・。
> 馬耳東風です。

んーー。残念ではありますが、美味しいものは作ったひとがたべればいいんです(笑)
ばいきんマン呼ばわりされるなら、こちらはステーキ頂いて、アンパン(マン)でもたべてもらいましょう!
あははははは。

> それで今、主夫太郎さんの
> 「ステーキは刺身です」のページを見せてやりました。あははは。

是非改心して欲しいものです(笑)


> でも作るのは、冷蔵庫の温度も暑い国ではすごく高いので、ここでは大変かも・・。
> しょっちゅうお水を飲むためにあけたり。。。

たしかにその国にあった料理方がありますからね。無理する必要はないと思います。
オリーブオイルで空気を遮断してますから、それほど痛みは激しくないでしょうが、
もしかしたら1週間くらいでよいかもしれませんね。
非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【一か月ステーキ~我が家で一番時間がかかる料理~】

母親や友人と料理のお話をすることはあっても、専門的にお料理の勉強をしたことのない僕にとっては、ちょっとテレビでみたものとか、小耳にはさんだものをお料理してみるというのは...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。