04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

オムライスの基礎研究1(オムライスとは何か)

2014.01.14 06:38|オムライスの基礎研究
は~い!ヒカルちゃん!!
オムライスの基礎研究
はじまりはじまりだよ~~!!

でも今日の写真はタブレットでとったから
ちょっとぼろいのよ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

主夫太郎の読者さんなら知ってると思うけども、ヒカルちゃんはブログ開始当初から僕を応援してくださり、ハンバーグの基礎研究(ブログの左のコラムのなかの「内容別に分類」の中の「ハンバーグ」参照)のお題を下さった才色兼備の大学院生です。そのヒカルちゃんが最終回に向けてなにか研究したいと主夫太郎がFBでつぶやいたとき「オムライス」と言って下さいました。他に色々な方から色々魅力的なお題を頂いたのだけども、まずハンバーグのお題を下さったヒカルちゃんに敬意を表してオムライスの研究から始めようと思った次第。

ハンバーグのときも思ったのは

「ここまで完成している食べ物をどう研究するべきだろう?」

ということ。「オムライスというのは研究するべきことがあるのだろうか?」というのが一番の悩みどころでした。まぁ、その悩みは今も続いているわけだけども。

思い出してみるとハンバーグのときも闇雲にレシピを作りだして散々悩んだ結果ぶつかった課題は

「僕はハンバーグが何かを知らない」

ということでした。理系ならば一番最初に考えなければいけない「定義」をすっ飛ばして随分と時間を消費した苦い経験でしたね。主夫太郎の以前の仕事はあんな内容の仕事でもなかなか理系頭は必要なところで「定義が一番大事だ」と思っていながら、いざ実生活になるとまったく違った行動をとっていたのは実に恥ずかしことだったと思います。

そこで今回はオムライスの定義を自分なりにするべくオムライスのお手本みたいな物を食べにゆくことにしました(カミさんと)。で、選んだのが


(ぽちりでウィキに飛びます)。オムライスに大正から昭和初期のあの「モダン」という言葉が似合う時代に思いを馳せる人も多いのではないでしょうか。まさに僕もそんなイメージで、所謂庶民的な洋食屋も浮かんだのだけどもこのお店にしました。

ところで、本当はよくはしらないものの、大正、昭和初期といったモダンな感じに憧れるってのは何ででしょうかね。大学の卒業式なんて未だにハイカラさんの恰好してますよ。僕も銀座でスーツをこしらえて資生堂パーラーでお昼を食べて、文明堂でカステラを食べて日傘をさしたご婦人とブラブラしたあと、天麩羅でも食べてタクシーでおうちに帰ってゆく、そんな生活をしてみたいものです、あははははははは。

オムライスだけ食べても仕方ないから一応その他の物も頼んだので、今日はレストランレポートも兼ねてということになります。

資生堂パーラーサラダ

こちらはシーザーサラダです。ギャルソンが目の前で大きな木のボウルで作ってくれます。ニンニクをクラッシュしてボウルに塗り付け、塩コショウ、卵黄、ビネガー、アンチョビ、オイルなどを混ぜてゆき最後味見をしてくれます。そこにカリカリベーコンとクルトンとロメインレタスをあえて、皿に盛ってからチーズを削ってくれます。洋食屋さんというにはカッコよすぎますが、こんな驚きのサービスを明治・大正・昭和初期の人達はわくわくしながら楽しんだのでしょうか(まぁ、当初からあるサービスではないでしょうが)。二人前で3000円とちょっと高めなんだけどいい感じですよ。


資生堂パーラークロケット

こちらは名物のクロケット、まぁ、お肉が入ったクリームコロッケですね。これは一人分を半分に分けてもらったものですが随分とワガママを言ってしまいました。まぁ、洋食屋さんの範疇は超えてますね。レストランだけども伝統的なメニューも出しているって感じです。

資生堂パーラーオムライス

実はオムライスもカミさんと半分こです。こんなことまでしてくださるんですね~。で、このオムライス、街のオムライスと違って

コゲってものが一切ない綺麗な肌をしたオムレツ

に包まれています。ん~~すごいなぁ。本当にオムレツにチキンライスを包んでいますねぇ。もちろんお値段も一流、オムライス二人で一つでしたが2400円です。

資生堂パーラーあまおうパフェ

気分を良くした主夫太郎、1700円のあまおうパフェを頂きました。こちらも美味しいですよ!!ん~名前通りパーフェクトなデザートです。カミさんの実家はとちおとめを作ってますが、是非、資生堂パーラーでこんな企画を組んでもらいたいと思います。

資生堂パーラ-プリン

かみさんが頼んだのはこの懐かしいプリン。今のプリンと言えばふわふわのトロトロですが、こちらは昔懐かしいしっかりした固めのプリンです。カラメルと生クリームがなんとなく今となっては懐かしい。美味しいと思われるものはもちろん時代によって変化しますよね。こういう懐かしいものもしっかり残してもらっているのは実にうれしい限りです。


さて、オムライスについて考察をしてゆきましょう。

まず最初に宣言ですが、

タンポポオムライスの様な「フワトロの卵を乗せる」のはやめます

資生堂パーラーで食べたオムライスはとても凄い「ワザ」が詰まっていた気がします。チキンライスをオムレツで綺麗に包むという意味では、これはそうそう素人が到達できるものではなさそうですが目指すお手本があるというのはいいですね。ということで、

1.オムレツでご飯を包む

というスタイルは崩さないことにしました。となると僕がこの点で研究しなければならない課題は

オムレツをどうに焼くか
(卵の個数は他に何をいれるかなど)


になります。
さて、そうなるとこのオムレツで包むのは何にするのかという問題が出ますが、ここはやはり

2.ケチャップベースのチキンライス

ということにしましょう。もちろんこれをチャーハンに変えたり、鶏肉を鴨肉にかえるなんてこともできますが、まぁ、それだと「オムライスの基礎研究」というよりは「変わりオムライスの研究」になってしまい、研究の方向が発散してしまいます。

チキンライスを包む練習というのは白いご飯でもできますが、やはり中身がきまらないと何となく落ち着いてオムレツの研究も包む練習もできません。ということで最初に「チキンライスの研究」から始めようと思います。

ん~言ってはみたものの、こりゃ大変そうだな。ケチャップはもう買ってあるんですが、何にしろ本当に何年かぶりにケチャップを買いました。チキンライスの前にケチャップを一生懸命考えないと....

前途多難だけど、乞うご期待!!
って期待におしつぶされそうです、
あははははははは。



スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

オムライスって本当に完成された子供から大人まで楽しめる
飽きの来ない料理ですよね。
バリエーションの幅はあるけど、私はやっぱりオーソドックスな
タイプのオムライスが好きです。
このお題を主夫太郎さんがどんな感じにしていくのかすごく
楽しみです。
資生堂パーラーさんのオムライス、本当に美しい肌~こんな
オムレツが焼けるようになりたい!
お値段もいいけどやっぱりそれなりの美味しさなんだろうなあ。
遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

No title

お久しぶりです。ヒカルです。
記事の一番上に私の名前があり,ページを開いた瞬間
思わず飲んでいたコーヒーを吹き出してしまいそうになりました。
(間一髪のところで回避いたしました。)
オムライスの研究を最初に実施して頂けるということで
本当に心から感謝感激でございます。
これから、どのような研究内容になるのか楽しみです。
私も、学会に向けて負けてられないですね。笑

また、のぞかせて頂きます。
それでは、失礼いたします。

No title

主夫太郎さんこんばんは。
オムライスの研究兼ねて資生堂パーラー。
良い所をチョイスですね。
お値段も一流、オムライス1人前2400円って〜!

それは半分にしてくれないと!

私もトロトロ卵のオムライスよりこちらの正統派なオムライスが良いです!
いや〜これからが楽しみですね!

No title

こんばんは~

オムレツ一つ上げても、分析をしてみるといろんな事が見えてきますね~
お手本とすべき、資生堂パーラー、昭和の時代には憧れのパーラーでしたね。
名前は有名でしたが、きっとべらぼうに高いんだろうな~という恐れと、上流階級の方のお店な敷居が高い感じで、近づけなかったです~

やはりきれいなオムレツですね~
手入れに命を懸けている程、丁寧に扱われているフライパンが使われているんでしょうね~ってそっちの方が気になりました。
自分で作ると、腕はさておき、それ以前にフライパンにへばりついた卵が無残にライスを包むどころではなくなりますし、それを避け様とすると、食べるときには忘れてしまいたい程のバターが入りそうです。

主夫太郎さんのオムレツ、これからどんな配分で卵を溶くか、その成功率の%は?ケチャップに入れるものは?
まさにテーマにするにはとても興味深いことがたくさんありますね~

No title

こんばんは。
いよいよオムライスの研究が始まるのですね^^
オムライスってとっても奥が深そうです〜。
個人的には大好きで、夫が夕飯いらない日によく
作ります。息子も好きだし(笑)
でも、手首でトントンして巻くのは出来ません><

で、研究前にプロのオムライスを食べに行かれたのですね!
滑らかできめの細かい美しいオムライスだこと。
で、お値段にもびっくり@@
さてさて、主夫太郎さんはどんなオムライスを作られるのしら??
楽しみにしていますね〜(^^)/

No title

こんばんは!

オムライスの研究ですね\(^o^)/
最近ハヤリのトロトロではなく、
美しいお肌のオムレツ包ですね。。
こっちのほうが、ごまかしがきかないよね。

で、卵もだけど、チキンライス、美味しく作るのって難しいよね。
その辺のとこ、楽しみにしています。
(私は、時間のある時は、チキライスは、炊き込み派です。)

資生堂パーラーのオムレツ見たら、食べたくなりました。
オムライス、美味しいよね。。

主夫太郎ちゃんは、卵専用のフライパン、お買い上げかな。

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> オムライスって本当に完成された子供から大人まで楽しめる
> 飽きの来ない料理ですよね。
> バリエーションの幅はあるけど、私はやっぱりオーソドックスな
> タイプのオムライスが好きです。

これほど完成されたものもないでしょうね。
ケチャップライスに卵ですから全く逃げることができないです。
オーソドックスなオムライスはやっぱりオムレツをどうに焼くかがとても難しいですね。
まずは練習です。

> 資生堂パーラーさんのオムライス、本当に美しい肌~こんな
> オムレツが焼けるようになりたい!
> お値段もいいけどやっぱりそれなりの美味しさなんだろうなあ。
> 遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

今年もよろしくお願いいたします。
資生堂パーラーのオムライス、本当に「標準」を守り続けています。
これはこれで真似までできないものの何か形にならないかって思ってます。

Re: No title

ヒカルちゃん こんにちは!コメントありがとうございます。

> 記事の一番上に私の名前があり,ページを開いた瞬間
> 思わず飲んでいたコーヒーを吹き出してしまいそうになりました。
> (間一髪のところで回避いたしました。)

あれ?そう?かなり真面目なエールですよ、あははははは。
この場で申し訳ないですが、研究課題をありがとうございました。
なんとかうまくやってみたいと思います。

> これから、どのような研究内容になるのか楽しみです。
> 私も、学会に向けて負けてられないですね。笑

学会発表が控えているのですか。
ちょっと緊張するけれども、まずは研究者としてデンって構えた方がいいですよね。
ピヨピヨしてるとちょっかい出す奴いますからねぇ~。
是非是非頑張ってください。

Re: No title

すみれさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんこんばんは。
> オムライスの研究兼ねて資生堂パーラー。
> 良い所をチョイスですね。
> お値段も一流、オムライス1人前2400円って〜!
> それは半分にしてくれないと!


2400円のオムライスを食べる自分に結構酔ってましたよ(笑)
でも洋食って幅があるけど、たまにはこういうものもいいと思います。

> 私もトロトロ卵のオムライスよりこちらの正統派なオムライスが良いです!
> いや〜これからが楽しみですね!

ありがとうございます。色々考えないと。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> オムレツ一つ上げても、分析をしてみるといろんな事が見えてきますね~
> お手本とすべき、資生堂パーラー、昭和の時代には憧れのパーラーでしたね。
> 名前は有名でしたが、きっとべらぼうに高いんだろうな~という恐れと、
> 上流階級の方のお店な敷居が高い感じで、近づけなかったです~

たしかに上流階級のお店なんでしょうが、
やはり一度くらいはそんなおしゃれなところで美味しいものを食べてみたいものです。
上流階級の体験料としてはそこそこ楽しめるのではないかとおもいますね。
素敵なレストランでしたよ。

> やはりきれいなオムレツですね~
> 手入れに命を懸けている程、丁寧に扱われているフライパンが使われているんでしょうね~
> ってそっちの方が気になりました。

まぁ、こういうお店はちゃんと手入れしてるんでしょうね。
僕なんかフライパンの外側なんていつも手入れが行き届かず、
黒くなってます。

> 自分で作ると、腕はさておき、それ以前にフライパンにへばりついた卵が
> 無残にライスを包むどころではなくなりますし、それを避け様とすると、
> 食べるときには忘れてしまいたい程のバターが入りそうです。

温度の問題が大きいでしょうね。
低すぎるとくっつくし、高すぎると焦げる。
まぁ、これはうまくいってもブログには書きにくいですが、
なんとか上手にはなろうと思います。

> 主夫太郎さんのオムレツ、これからどんな配分で卵を溶くか、
> その成功率の%は?ケチャップに入れるものは?
> まさにテーマにするにはとても興味深いことがたくさんありますね~

これは悩みどころですね。
まぁ、卵は一個10円程度ですから実験は比較的沢山できるとおもいます。
ただ、食べるのが大変だからあんまり失敗したくないです。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> いよいよオムライスの研究が始まるのですね^^
> オムライスってとっても奥が深そうです〜。
> 個人的には大好きで、夫が夕飯いらない日によく
> 作ります。息子も好きだし(笑)
> でも、手首でトントンして巻くのは出来ません><

手首でトントンは練習すればいいのだけども。

> で、研究前にプロのオムライスを食べに行かれたのですね!
> 滑らかできめの細かい美しいオムライスだこと。
> で、お値段にもびっくり@@

まぁ、授業料だと思います(笑)
この滑らかななオムレツの肌、何なのでしょうねぇ。
ん~~考えると夜も眠れません。

> さてさて、主夫太郎さんはどんなオムライスを作られるのしら??
> 楽しみにしていますね〜(^^)/

色々実験してますが、太らない様にしてます。

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> オムライスの研究ですね\(^o^)/
> 最近ハヤリのトロトロではなく、
> 美しいお肌のオムレツ包ですね。。
> こっちのほうが、ごまかしがきかないよね。

ごまかしは確かに全くきかないですね。
フワトロのやつは親子丼で食べればいい気もしますから、
ここは昔ながらのオムレツにすることにしました。

> で、卵もだけど、チキンライス、美味しく作るのって難しいよね。
> その辺のとこ、楽しみにしています。
> (私は、時間のある時は、チキライスは、炊き込み派です。)

そうそう、どうしても炒めると油が多めになるのよ。
炊きこむとしたらどんな固さにしようかと考えたりしてます。

> 資生堂パーラーのオムレツ見たら、食べたくなりました。
> オムライス、美味しいよね。。
> 主夫太郎ちゃんは、卵専用のフライパン、お買い上げかな。

27センチだとどうしても大きいのよ。
20センチのフライパンで卵3つかなぁ。
もちろんフワフワさせるだけなら卵を多くしたりもできるけど、
4つも食べるのはきついしねぇ。
かんがえどころです。

No title

オムライス、良いテーマですね。
私も研究してみたいけれど、炭水化物をなるべく控えるようにしているので、頻繁に作るのは無理そう(コレステロール値も高いから、卵の食べ過ぎもNG)。
京都でなぜかオムライス専門店に入ったのだけど、やっぱりオムライスはアレンジ物ではなく、ケチャップ味のチキンライスが一番だという結論に達しました。
それにしても資生堂パーラーのオムレツ、美しいですね。
私はまず第一に、ここまで綺麗に卵を混ぜること自体不可能だと思う。
主夫太郎さんのこだわりのオムライス、楽しみです。

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

“オムライス”‥これはまた究極の研究テーマを選ばれたんですね。
オムレツの完成度、チキンライスの美しさもさることながら
上にかけるケチャップソースの加減も難しい。
あえて、困難に立ち向かって高みを目指す姿‥素敵ですねえ\(^o^)/

資生堂パーラー、歴史の重みが画からヒシと伝わってきます。
盛り付け‥過不足なく主役を生かす演出の仕方は一流ならではですね。
オムライスの美しい肌にはノックアウトされちゃいました。

これからどのように旅が進んでいくのか
とても楽しみ、ワクワクしてます。   

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 私も研究してみたいけれど、炭水化物をなるべく控えるようにしているので、
> 頻繁に作るのは無理そう(コレステロール値も高いから、卵の食べ過ぎもNG)。

まぁ、この点は僕も一緒なんですけどね。
なんとか思考実験を多めにして乗り越えたいです。

> 京都でなぜかオムライス専門店に入ったのだけど、
> やっぱりオムライスはアレンジ物ではなく、
> ケチャップ味のチキンライスが一番だという結論に達しました。

そうですねぇ。オムライスを食べた、というときに中身が
チャーハンやらでは何か違うっておもいます。
それに、一応「基礎研究」をうたっているのでこの縛りをなくすわけには
いきませんでした。

> それにしても資生堂パーラーのオムレツ、美しいですね。
> 私はまず第一に、ここまで綺麗に卵を混ぜること自体不可能だと思う。

これ、不思議なくらい綺麗なんですよ。
ん~弱火でやるのだろうけど、ちっとも仕組みがわかりません。


Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> “オムライス”‥これはまた究極の研究テーマを選ばれたんですね。
> オムレツの完成度、チキンライスの美しさもさることながら
> 上にかけるケチャップソースの加減も難しい。
> あえて、困難に立ち向かって高みを目指す姿‥素敵ですねえ\(^o^)/

まぁ、本当はお手上げしたいところですが、
なんとも諦めるのも悔しくてねぇ。
僕なりのオムライスを考えようかと思ってます。

> 資生堂パーラー、歴史の重みが画からヒシと伝わってきます。
> 盛り付け‥過不足なく主役を生かす演出の仕方は一流ならではですね。
> オムライスの美しい肌にはノックアウトされちゃいました。

なんだか完璧すぎて口の出しようがないんです。
まぁ、これを再現するだけでも凄いとはおもうのですが、
再現するほど味を覚えてないので、ここはヒントをもらった程度にしようかと思います。

ん~~~難しいですねぇ。

こんばんわ♪。
私は、ふわとろタイプ、卵できれいに巻くタイプ、どちらのオムライスも大好きです。

家で作るときは私は、卵がうまく巻けないから、チキンライスの上にふわとろ卵をのせて作っていました。

No title

すっごく綺麗なオムライス!!!
つるりん肌卵に頬ずりしちゃいたくなりそう~~
お値段も一流に驚き(*゚Д゚*)ェ...

苺パフェも・・・。
きゃー一度でいいから食べてみたい(^o^)

オムライス講義に超~ご期待♪
食べたくなっちゃった(๑≧౪≦)♪

No title

オムライス好きな私としては見逃せないテーマです。

たんぽぽオムライスは衝撃でした。

そのあと、「ランチの女王」という番組でオムレツに卵を使いすぎるから、タンポポタイプはダメだしされていました。

しばらく食べていないから無性に食べたくなります。

Re: タイトルなし

ストロベリーアンドラズベリーさん コメントありがとうございます。

> 私は、ふわとろタイプ、卵できれいに巻くタイプ、どちらのオムライスも大好きです。

もちろんどちらも美味しいですよね、

> 家で作るときは私は、卵がうまく巻けないから、チキンライスの上にふわとろ卵をのせて作っていました。

実は慣れると多分どちらもそれほど難しくないのだとおもってます。
なんとかコツをつかみたいと思います。

Re: No title

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> すっごく綺麗なオムライス!!!
> つるりん肌卵に頬ずりしちゃいたくなりそう~~
> お値段も一流に驚き(*゚Д゚*)ェ...

お値段は一流ですね。
しかし、いたってスタンダードなんですよ、
変化球でないって感じです。
まぁ、それも凄いですけどね。

> 苺パフェも・・・。
> きゃー一度でいいから食べてみたい(^o^)
> オムライス講義に超~ご期待♪
> 食べたくなっちゃった(๑≧౪≦)♪

なんとかすすめたいと思ってます。

Re: No title

あんこ1961さん コメントありがとうございます。

> オムライス好きな私としては見逃せないテーマです。
> たんぽぽオムライスは衝撃でした。

これは僕もそうです。
ビックリしましたよね。包まないってのも衝撃でした。

> そのあと、「ランチの女王」という番組でオムレツに卵を使いすぎるから、
> タンポポタイプはダメだしされていました。

どちらにしても3つ使うと思います。
卵食べ過ぎはよくないけど、
公共の電波で否定するようなことではないですよね~。

No title

こんにちは。
今回も一番最後になりましたね。一番最初(多分)に読んだのですが…

オムライス研究、面白く読んでいます!
特別好きなわけでもないのですが、究極のオムライスがなんだか気分を盛り上げて、ワクワクしています。
ケチャップ、やっぱりケチャップですかね、デミグラスでなく。チキンライスは、卵の焼き方は!これからどのような理論で究極に近づいていくのか。
って、思いながら、これシリーズ化したら面白そうだわ~。
コロッケや餃子など、「俺の究極」何か楽しそうではないですか^0^

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> オムライス研究、面白く読んでいます!
> 特別好きなわけでもないのですが、究極のオムライスがなんだか気分を盛り上げて、ワクワクしています。

まぁ、特別な味がするものではないですよね。
だからかなり難しいです。資生堂パーラーのオムライスもすごく変わっているわけではないです。
もっともそんなに変わっていてはいけない食べ物なのでしょうね。

> ケチャップ、やっぱりケチャップですかね、デミグラスでなく。
> チキンライスは、卵の焼き方は!これからどのような理論で究極に近づいていくのか。

理論ってほどのものがあるわけではないですが、
なるべく食べたいものを実現するべく頑張ろうと思います。


> って、思いながら、これシリーズ化したら面白そうだわ~。
> コロッケや餃子など、「俺の究極」何か楽しそうではないですか^0^

皆さんそれを目指してお料理ブログをやっていると思いますが、
あんまり思いつきだけだとすぐアイデアが枯渇しちゃいますからね。
考えるのもときには重要だとおもってます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。