08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鴨をお料理!!

2013.11.21 08:00|獲物・収穫系
は~い!元女子高生のみなさ~ん
今日はいよいよ鴨をお料理します。

またまた、女性には厳しい映像があるために、フルバージョンは「続きを読む」を押してご覧ください。
今回は鴨のローストの断面をお見せして終わり。
鴨の断面20131111

いいでしょう?この皮の薄さが天然物!って感じしませんか?養殖されてる鴨だと間違いなくこの皮が厚く、切れ込みを入れないと焼けません。美味しかったですよ。続きを読まない方はこれにてバイならだけども、その前に、前回に続いて同じなんだけどお知らせ。

shoko♪さん(ポチリで飛びます)が焼柿作って下さいましたよ。本当に焼柿おいしんだから!!是非この時期やってみてね~。皮ごと食べられますよ!!

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
は~い!勇気のある
ジャンヌダルクのような、
美人女子高生のみなさ~ん。
こっちはフルバージョンですよ~~~。

さてさて、鳩は自分の弾があたったものを頂きましたが、鴨は分け前にあずかり、というよりご厚意により3羽頂きました。こちらはそのうちの一羽です。腸は大抵の場合その場で抜いてしまいます。代わりにキッチンペーパーが入ってますよ。ただそれ以外の臓器は全て入ってます。色々なやり方があって、腸をつけたまま熟成する人もいるようですが、流石に香りがきつすぎるという気もしますねぇ。

さて、お肉の熟成についてですが、やっぱり死んだばかりのころはお肉が固いのだと思います。牛や豚も冷凍庫にいれられたりして熟成の期間はあると思います。僕の場合は一羽目は一週間で食べてみたのですが、考えてみるとちょっと早かった気もします。2週間目くらいが凄く味が乗っていた気がしますが、それも個体によるのだとは思います。
これ鴨です20131111

この鴨、羽根をつけたまま、冷蔵庫で熟成させました。いい香りがしてきてましたよ。なんかホアグラみたいな香り。まぁ、鴨だから当たり前か、あはははははは。もちろんこのままでは食べられませんから、毛をむしります。鶏などは一度熱湯に瞬間つけて毛を抜きますが、折角の天然の鴨なので、僕はこのまま一生懸命に羽根をむしりました。ちょっとしたコツがあるようで鴨の脂を利用して指でさするようにすると細かい毛も抜けやすいようです(ラシャッスのシェフに教えてもらいました)。
鴨だよんだよん20131111

で、こんな感じです。すぐに被弾したところを確認します。っていっても確認するまでもなく毛をむしるとわかりますけどね。首、肩、わき腹といったところです。


こんなの食べてました20131111

自分で解体するとこんなことまでわかりますよ。これは鴨が食べていたもの、菱の実です。おい!こんなもの呑み込むのかよ!!って思うほど尖っていますが、こういうのを食べてよい脂を付けてくれるんですね。アイヌ語で「ペカンペ」というそうです。




タップリ砂肝20131111

こちらは砂肝です。中に細かな石が入っていて食べたものをすりすりして砕くのがよくわかります。お米なんかもでてきたりして食べているものがわかるというのはいいことですね。鳩なんかだとそばを食べてたりしますよ。



鴨胸肉など20131111

まぁ、普通にロゼに焼き上げました。おいしそう!!って思ったあなたは、この血の滴るようなお肉が美味しいと知っているのでしょうね。たまりません。赤ワインが欲しくなります。

鴨の断面20131111

さらに違う鴨を味わったときの断面。捌きかたを変えたらこんな風に横長においしく仕上がりました!!もうボツネタの方がおいしそう!!なんていわせないぜ!!あははははははは。

弾も入ってます!20131111

見えますかね、手前にぽつりとあるもの。これはジビエの証!!!散弾の弾です!
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

初猟(驚)
いつもいろんな事 挑戦する主夫太郎さん
ましてや鴨まで。
驚きの連続!!!!
新鮮な・・鴨を食べた事がないので
こ~~んなロゼ色のを食べれちゃうんですねー
皮の厚みまで変わってくるんですね( ..)φメモメモ

色んな料理が出てくるんだー
付け合せのじゃがいもも美味しそう~^^
次回をまた楽しみに♪

No title

主夫太郎さん 凄すぎます~
鴨・・・毛むしって
ジビエーーーッツ!
玉入ってるし本物@@
鴨大好きなので
食べたいー
鴨スモークして~

主夫やめて
ジビエレストランやってよ^^

砂肝の 意思?
石の変換ミスだよね^^
うん十年前~元女子高生より 

No title

砂肝の意思?!
これでも、なんとなく意味が通じている気がするのが面白い~~(笑)。

羽むしるの、どれくらい時間かかりました?
とれた羽は捨てるしかないのかしら?
集めたら枕くらいできないかしらね~??
出来る限り、使い尽くしたい私です・・。

焼き柿!
私も昨日、買ってきて、これ作ろうと思っていたところです。
皮のほうが美味しい、、
これをどうしても実感したい!!!

No title

主夫太郎さんこんばんは〜
ちゃんと鴨も捕れたんですね!凄い!
こうやって自分で一から処理するのもなかなか〜
羽をむしって〜なんて今の一般家庭ではないですもんね!
焼き上がった所はまさに美味しそう!

最高に嬉しい食事になったのでは??

ボツメニューもいいけどこれはもうグルメの食材ですから最高に美味しそうです!

ジャンヌのんたダルクです。携帯では続きを読む、という機能がないので、全ての方がジャンヌになれてるかも!?

鴨、そんなに熟成させるんですね!豚や牛も?知らなかった!新鮮命は魚だけなんですね。

毛をむしるのなかなか楽しそう、、するっと毛が抜けるあのかんじ。もと女子高生の方々はみなさん知ってるかも^_^

そしてお料理、お見事でございます。このロゼ色。ほんと美味しそう。赤ワインですよねー^ ^

No title

こんばんは~

勇気をもって飛んできました~
昔、鶏を裁くのを何度が見たことがあるので、
リアルによみがえってきました。
ジューシーなこの赤身の肉は、同じ鳥でも、鶏とはまったく別物なんですね
こんなに長く肉を熟成させるものとは、初めて知りました
このお肉にありつくには
しばらくは冷蔵庫を開けるたびに、鴨が羽をつけたまま入っている事を
覚悟しなくてはならないですね

No title

ひぃ~~~~~~
だけどやっぱり見ちゃった!
昨日家族とも一緒に見て、すごいよね~なんつって。
で、私はまだ毛のついている鴨の画像にひぃ~~~ってなってたけど、長女なんか普通に見て進んでいって、料理されたところの写真で『あぁ~~~~おいしそ~~~~食べたい~~~』って言ってた。(長女も鴨肉が大好き!)
しかも心から言ってたから、長女は私みたいなガラスのハートじゃないことがわかったよ。
食べたものが出てくるのなんかおもしろいですね。
生態系を身をもって知る。深いですね。

弾ってこんなにちっちゃいんだね!
私は普通の銃の弾想像してだけど、あんなでかい弾あたったら食べられるお肉が全部吹き飛んじゃうか。

怖いもの見たさで見ちゃったけど、見てよかったわ♪

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

ロゼ色の鴨肉にただ見とれてるはるさんです。
「肉類の熟成」と言うのはとても興味深いです。
寝かせる期間、1週間でもビックリなのに
2週間も!?だなんて‥奥が深いものなんですね。

菱の実が食料なんですか‥
あのトゲトゲが平気だなんて‥丸呑みしちゃうのかな。
栄養価が高い実をたくさん食べて美味しくなってるんでしょうね。

散弾の玉、リアル~(^^)

Re: No title

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> いつもいろんな事 挑戦する主夫太郎さん
> ましてや鴨まで。
> 驚きの連続!!!!
> 新鮮な・・鴨を食べた事がないので
> こ~~んなロゼ色のを食べれちゃうんですねー
> 皮の厚みまで変わってくるんですね( ..)φメモメモ

天然と養殖は、お魚以上にちがいますよ!
「食べることは生きること」っておもいながらここ何年かは生きることにしました。
もちろん嘘をはらんでますけどね。
命を頂きながら生きる人間というのを真剣に考えようと思ってます。


> 色んな料理が出てくるんだー
> 付け合せのじゃがいもも美味しそう~^^
> 次回をまた楽しみに♪

次回は鴨とかでてきませんからご安心を!

Re: No title

はるこさん コメントありがとうございます。

> 鴨・・・毛むしって
> ジビエーーーッツ!
> 玉入ってるし本物@@
> 鴨大好きなので
> 食べたいー
> 鴨スモークして~
> 主夫やめて
> ジビエレストランやってよ^^

レストランは全然儲かりそうもないのでだめですね。

> 砂肝の 意思?
> 石の変換ミスだよね^^
> うん十年前~元女子高生より 

すみません。石です。
内臓までみると、命って本当に尊いなっておもいます。

No title

こんばんは!

出来上がりは、とっても美味しそう!

やっぱり、リアルだなあ。。

冷蔵庫で、熟成、、、
ドア開けるといつも、あるのね。。

考えてみると凄いね。
鹿でいっぱいだったり、鴨がいたりと。。

肉の熟成って、見極めが、プロでも至難の技だって言うから、
研究のしがいありってとこでしょう。。。
頑張ってね。。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> 砂肝の意思?!
> これでも、なんとなく意味が通じている気がするのが面白い~~(笑)。

まぁ、砂肝も消化するつもりで頑張ってますよ(笑)

> 羽むしるの、どれくらい時間かかりました?
> とれた羽は捨てるしかないのかしら?
> 集めたら枕くらいできないかしらね~??
> 出来る限り、使い尽くしたい私です・・。

大きな羽根はちょっとした飾りになるとおもいますが、
所謂産毛はやっぱり捨ててしまいますね。
上手に消毒できればたしかに何かにつかえるのでしょうが、
枕にするほどとれませんよ(笑)
羽根抜きは一時間かかっちゃいましたが、プロは15分でできちゃうそうです。
ん~~その領域にはまだまだです。

> 焼き柿!
> 私も昨日、買ってきて、これ作ろうと思っていたところです。
> 皮のほうが美味しい、、
> これをどうしても実感したい!!!

是非是非食べて見て下さいね~。

Re: No title

すみれさん コメントありがとうございます。

> ちゃんと鴨も捕れたんですね!凄い!
> こうやって自分で一から処理するのもなかなか〜
> 羽をむしって〜なんて今の一般家庭ではないですもんね!
> 焼き上がった所はまさに美味しそう!

ありがとうございます。羽根をむしるの大変なんですけどね。
でも自分で剥いた甲斐はありますよ。

> 最高に嬉しい食事になったのでは??
> ボツメニューもいいけどこれはもうグルメの食材ですから最高に美味しそうです!

ボツネタはやっぱりボツネタですよね~。
でも人気があるのはボツネタなのは変わりそうもないです。

Re: タイトルなし

のんたさん コメントありがとうございます。

> ジャンヌのんたダルクです。携帯では続きを読む、という機能がないので、
> 全ての方がジャンヌになれてるかも!?

ん~そうなのですか。まぁ、ジャンヌになりたい人には良い機能ですね。

> 鴨、そんなに熟成させるんですね!豚や牛も?知らなかった!新鮮命は魚だけなんですね。

そうですね。魚はともかくお肉はどうしても熟成が必要だそうです。

> 毛をむしるのなかなか楽しそう、、するっと毛が抜けるあのかんじ。
> もと女子高生の方々はみなさん知ってるかも^_^

毛をむしるのがなかなか大変なんですよ。
お湯通すと簡単なんですけど、折角の天然の脂なので火をとおしません。

> そしてお料理、お見事でございます。このロゼ色。ほんと美味しそう。赤ワインですよねー^ ^

赤ワインですよね~。
かみしめて赤ワイン。すごく美味しいですよ。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 勇気をもって飛んできました~
> 昔、鶏を裁くのを何度が見たことがあるので、
> リアルによみがえってきました。

いかがでしょうかね。
これからあと何羽か僕捌く予定です。

> ジューシーなこの赤身の肉は、同じ鳥でも、鶏とはまったく別物なんですね

やはり長く旅するとりなので、身が赤いですよね。
血がとっても美味しいですよ。

> こんなに長く肉を熟成させるものとは、初めて知りました
> このお肉にありつくには
> しばらくは冷蔵庫を開けるたびに、鴨が羽をつけたまま入っている事を
> 覚悟しなくてはならないですね

新聞紙にくるんで野菜庫に入ってます。
一週間くらいから食べていいと思いますが
まぁ、たまに開けてみるのが楽しみですよ。

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> ひぃ~~~~~~
> だけどやっぱり見ちゃった!

まぁ、大抵の人はそうなります。

> 昨日家族とも一緒に見て、すごいよね~なんつって。
> で、私はまだ毛のついている鴨の画像にひぃ~~~ってなってたけど、
> 長女なんか普通に見て進んでいって、料理されたところの写真で
>『あぁ~~~~おいしそ~~~~食べたい~~~』って言ってた。(長女も鴨肉が大好き!)
> しかも心から言ってたから、長女は私みたいなガラスのハートじゃないことがわかったよ。

あら、ご息女はもう、グルメなんですね。
僕は鴨肉を食べたのは大学生になってからです(笑)
羽根むしってお料理する勇気が湧いたら連絡頂戴ね。
鴨、yuri家のためにとっておきますからね。

> 食べたものが出てくるのなんかおもしろいですね。
> 生態系を身をもって知る。深いですね。

まぁ、本来こういうものを頂いていると知るのは
よいことだとおもいますよ。

> 弾ってこんなにちっちゃいんだね!
> 私は普通の銃の弾想像してだけど、あんなでかい弾あたったら食べられるお肉が全部吹き飛んじゃうか。

ライフルの弾でも思ったよりかなり小さいんですよ。
大体想像してる弾が鳥にあたったら確かに全部吹き飛んじゃいますね。

> 怖いもの見たさで見ちゃったけど、見てよかったわ♪

次回のは見ても大丈夫なものばかりよん!

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> ロゼ色の鴨肉にただ見とれてるはるさんです。
> 「肉類の熟成」と言うのはとても興味深いです。
> 寝かせる期間、1週間でもビックリなのに
> 2週間も!?だなんて‥奥が深いものなんですね。

タンパク質がアミノ酸にかわるのが重要ですよね。
おさかなももちろん上手に寝かせると美味しくなりますよね。
僕は鯛とかなら3日ほど寝かせることもありますよ。

> 菱の実が食料なんですか‥
> あのトゲトゲが平気だなんて‥丸呑みしちゃうのかな。
> 栄養価が高い実をたくさん食べて美味しくなってるんでしょうね。

菱の実ときいてピンとくるなんてさすがはるさん!
あれを呑み込んでいるんですよ!
驚きました。

> 散弾の玉、リアル~(^^)

でしょう?こんなの沢山飛ばしてます!

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。


> こんばんは!
> 出来上がりは、とっても美味しそう!

だからこれだけ見ればいいようにしておいたのに(笑)

> やっぱり、リアルだなあ。。

みちゃったのね....


> 冷蔵庫で、熟成、、、
> ドア開けるといつも、あるのね。。
> 考えてみると凄いね。
> 鹿でいっぱいだったり、鴨がいたりと。。

まぁ、お肉を大量に仕入れたので、タンパク質は結構ストックありますよ。
ちょっとは家計に助けになるかというと、経費が掛かりすぎですよね~(笑)

> 肉の熟成って、見極めが、プロでも至難の技だって言うから、
> 研究のしがいありってとこでしょう。。。
> 頑張ってね。。

二日に一遍くらい匂いかいでます。
そろそろ一羽食べてみようと思ってます。

No title

こんばんは。
鴨のロースト、とっても奇麗な色で美味しそうですね!!
ホント、赤ワインといただきたいです。
...怖いもの見たさ?でつづきも見て来ました〜。
捌くのは、さすがに一般主婦?ではなかなか真似できませんね^^;
うちは父が仕留めて来たのを祖母がやっていました。
今でも覚えています。。。
なのにどうやって食べたか記憶がないのは不思議です。
天然の鴨を食べられるってよく考えるとすっごく贅沢ですよね^^v

...焼き柿のご紹介を2回にもわたり、ありがとうございました♪

No title

こんばんは。
またまた、遅くなりました><

羽をむしる前の、そのままの姿が冷蔵庫の中にあるのは、無理です…
見えないようにして欲しい~羽をむしるのも、出来ない…
でも、でもこのお肉の美味しそうなこと!
天然の鴨なんて食べたことがなくて、いつも皮の下に厚い脂肪があるものだけ!
肉の色が、また綺麗!こんな長く熟成させても、血液の色は鮮やかなのですね。
鉄砲で捕まえるのも無理だし、処理もしたくないけれど、肉は食べたい、わがままですね^0^
ボツネタはボツネタで美味しそうですが、これはさすがシェフ太郎さんの力作だけありますね。恐れ入りました^^

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> 鴨のロースト、とっても奇麗な色で美味しそうですね!!
> ホント、赤ワインといただきたいです。

鴨はやっぱり赤ワインです。

> ...怖いもの見たさ?でつづきも見て来ました〜。
> 捌くのは、さすがに一般主婦?ではなかなか真似できませんね^^;

ブロガーさんで僕の鴨もらってくださった方がいて、
挑戦するそうですよ。あんがい気楽にできるもんだと思います。

> うちは父が仕留めて来たのを祖母がやっていました。
> 今でも覚えています。。。
> なのにどうやって食べたか記憶がないのは不思議です。
> 天然の鴨を食べられるってよく考えるとすっごく贅沢ですよね^^v

凄く贅沢ですよ。
鉄砲撃つひと捌く人料理する人がそろってはじめてできることですからね。
記憶がないのは残念です。
飼育された鴨のお肉でもいいので、最初は調理に慣れることからはじめれば、
自然に解体したくなるものだと思いますよ。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 羽をむしる前の、そのままの姿が冷蔵庫の中にあるのは、無理です…
> 見えないようにして欲しい~羽をむしるのも、出来ない…

まぁ、これができるようにならないとジビエはたべられませんね。
冷蔵庫にあるのは死体ではなく、命の形だと思っています。

> でも、でもこのお肉の美味しそうなこと!
> 天然の鴨なんて食べたことがなくて、いつも皮の下に厚い脂肪があるものだけ!
> 肉の色が、また綺麗!こんな長く熟成させても、血液の色は鮮やかなのですね。

そうですね。天然の鴨の肉の味は格別ですよ。
匂いを抑えた熟成をすると本当においしいです。

> 鉄砲で捕まえるのも無理だし、処理もしたくないけれど、肉は食べたい、わがままですね^0^
> ボツネタはボツネタで美味しそうですが、これはさすがシェフ太郎さんの力作だけありますね。
> 恐れ入りました^^

まぁ、わがままでいいんじゃないですかね。
天然の資源を調整しながら自然と付き合いながら食べられればいいですよね。
ボツネタはやっぱりこういう記事には敵わないと思いますよ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。