03 | 2017/03 | 04
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鴨猟のお話

2013.11.16 08:00|獲物・収穫系
主夫太郎は今年から猟をやり始めました。もちろん右も左も分からない状態ですから、猟をするというより、猟体験をさせてもらってるという段階です。まぁ、主体性が生まれてからでしょうかね、なにかを「やっている」というのは。とはいえ、なにか新しい一歩ではあるので、記録をしておこうと思います。

さて、今回は鴨の猟です。北海道は10月1日に鴨猟が解禁になるのですがその10月1日に合わせて北海道にゆき、函館から車で2時間強のところ、今金というところで猟をしました。

今回の猟は、といっても単独で猟をすることなど、僕の場合ないのですが、チームでやる猟です。
鴨もあんな小さな脳みそでも色々なことを考えていて必死で生きているので、人間も必死に知恵を絞らないと捕まえられないそうです。10人程度のチームで猟をするのですが、鴨がた~くさんいても一回の発砲チャンスで落ちるのは数羽程度なんてこともよくあり、まぁ、やっぱり難しいものなのですね。釣堀で釣りをするという感覚ではありません。

僕なんぞは連れて行ってもらう身分なので、詳しいことは分からないのですが、お話を聞く限り、作戦というのはこんな感じです。
北海道では、田んぼの灌漑用にため池を作っています。もちろんため池というのは、水が無い時に水を田んぼに供給するものですから、田んぼよりはちょっと高い位置に作ってあります。そこに鴨が羽根を休めているわけ。

猟場20131105

そこに、そ~っとベテランハンターさんが忍び足で行って、呑気に泳いでいる鴨を脅かします。
すると上の絵のように、鴨が飛び出て、下の田んぼのあたりにいる人が鴨を撃つという仕組みになってます。

鴨脅かす人20131105

鴨を脅かす人は、ベテランですし、良いタイミングで脅かさなければなりませんから、幾ら初心者の僕が見学したいと思ってもそれはできません。ということで、上の絵は想像図(笑)こんな感じで鴨をびっくりさせるのだと思います。もちろん鴨が飛ぶ方向も考慮するそうで、まだまだ初めての僕には想像さえつかない世界が広がってます。
実際の池はもっと雑木林の中にあって草も高く、こんな人間が丸見えの状況ではないと思いますが、一応わかりやすいイラストにしてみました。

こんな風に書くと、随分と簡単に鴨が獲れるような気がするかもしれませんがそうではなかったです。そもそも、鴨だって頭が悪くありませんから、鉄砲の音を聞けば、高く飛びます。ん~~不思議ですねぇ。鉄砲の弾は見えませんからどうやって自分達が落とされるか想像さえできないはずなのに人間をみると、なぜか急上昇したりするそうですよ。

人間が撃つ鉄砲というのは、鴨を撃つ場合は散弾銃と呼ばれるものです。文字通り、弾が散ってゆく弾丸をつかいます。
散弾銃解説20131105

鴨撃ち用の弾というのは、鳩などの小さい鳥をうつのとは違ってもう少し大きいたま(3号)です。上の図は散弾銃の概念図ですね。引き金を引くと、およそ初速400メートル毎秒(マッハ1.17)の銃弾が飛び出します。銃弾と言っても小さな小さな粒粒の鉛弾がまとまって飛び出ます(Wikipediaの表によると直径3.56㎜程度だそうで、僕の使った弾はおよそ一回の発砲で130発の弾が飛んで行く様です。ただ、実際鴨の体から出てくる弾は直径が3㎜くらいしかありません、ちょっとここは謎)。

超音速の弾を130発もいっぺんに撃つなんてそれはそれは残酷な武器だと思うかもしれませんが、一回引き金を引くだけで鴨が何羽もバラバラと落ちるものではありません。上の絵を見てもらえばわかるのですが、弾が遠くに飛べば飛ぶほど広がりは大きくなる一方、弾の数が変わるわけではないので、弾丸が広範囲に撒かれて密度が下がります。まぁ、平たくいうと弾の間を鴨がすり抜ける可能性も高くなるわけです。もちろん威力も下がりますね。
更に、「40メートル先で70センチの円に弾丸が広がる」なんていうと随分適当に撃ってもよさそうですが、40メートル先の70cmの円盤をみれば、それはそれは小さくみえますよ。つまり弾が広がろうが狙うときはちゃんと狙わないとあたりません(まぁ、狙っても当たらないことの方が僕は多かったですが)。


飛行鴨20131105

ふんでもって驚かされて飛んできた鴨をこんな風に真剣に狙って撃ちます。これがまた、当たらないのなんの。
結局僕が今回あてたのは鴨は一羽。間違えてあたった鳩一羽だけでした。最初の猟にしてはいいかなぁということでしたが、本当はもっと獲りたいとは思います。今後の課題ですねぇ。



命を大切に頂くというのはとても僕にとっても大きなテーマです。
端から端まで命を頂くのは大切で、猟をすると猶更思いますが、猟で命が無駄にならないかというとそうでもないのは残念なことです。魚釣りももちろん途中で糸が切れたり、網にうまく入らなくて残念な結果になることがありますが、鴨猟でも同じです。
逃走鴨0131105

半矢といって鴨が死なずに地上に落ちると、鴨は慌てて走って逃げます。こうなると、人間が見失うことが多く、命を無駄にしないためにも......


ルネ上司A20131105

ルネ上司登場!!!

ルネ上司B20131105

速い!速すぎて、
ぶれちゃってますが、
上司かっこいい!!


僕なんて何にしろ下っ端ですから使ってもらおうと、「僕を犬と呼んで下さい!」なんて言いたいところですが、猟に関して犬のように働ける人間はいません。まぁ、つまり僕はいつになってもルネ上司に頭が上がらないということです。
ん~上司のカッコよさを動画で伝えたいのですが、そんな撮影の余裕もなく....ラシャッスのHPで探して下さい(ラシャッスのHPへ)また、ルネ上司のお母さんのブログも是非是非(ルネ上司の母上様のブログへポチリ)!!


スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

コメント:

No title

鴨猟、体験ですか。
一度やってみたいです。

知り合いに猪の罠猟をしている人がいたので挑戦してみたい気がするのですが、解体をしなければいけないと聞いて断念。

鰤とかの魚なら平気ですが、イノシシはちょっと無理かな。鴨の解体は。。。大丈夫ですか。

No title

主夫太郎さんこんばんは〜
いや〜猟のお話も面白いですね。

やっぱり動いている物を撃ち落とすのはなかなか大変だと思います。

半矢だと足の速いルネ上司が大活躍してくれるんですね〜

No title

こんばんは。
北海道へは鴨猟に行かれてたのですね!
ご自分で仕留めた鴨で料理をする...って
一般の主婦ではやっぱり考えられないことなので
すごいわ〜と感心してしまいます@@

私もかなり小さい子供の頃、父の鴨猟について行ったことが
1,2度?あるのですが、どういう風にして食べたかは
全く記憶にありません^^;
主夫太郎さん家では、今後どんなお料理になって
色々登場してくるのか楽しみです♪

No title

主夫太郎さんおはよー!!
主夫太郎さんのイラスト大好き★
学生の頃数学の他に美術も得意だった??
すごく上手!
写生会とかでこういう上手な友達、必ず一人くらいいた!!

鴨猟すごいなぁ!!
私には勇気がないなぁ…
まず撃つのが怖い。
そして仕留めてしまっても近づけないかも…
私はやっぱり食べる専門で♪♪

この「!」がいい★

またイラストの記事も楽しみにしてます!!
今日もいい天気♪
楽しい日曜日を!!

No title

こんにちは。
狩猟のお話、イラストでとても分かりやすいですね。
自然の中で生きている鴨にしてみたら、「人間=危険」なんでしょうね。そこは都会の鴨(人間=えさをくれる人)とは大分違う^^
皆が構えている方向に、飛び出させて下から一斉に撃つ!
散弾の飛び方も、よく分かります。
自分で捕った獲物を、自分で処理して、食らう!
カッコ良いです^0^

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

先日の「今金」は、カモ猟でしたか‥
てっきり鹿を撃ちにいらしたのかと思ってました。

カモ猟の様子、イラストでとってもわかりやすく
このような世界もあるんだと勉強になりました。

本日は海釣り‥いよいよ主夫太郎さんも自給自足生活に
本格的に突入されたご様子‥。
春の山菜、秋のキノコ、人生広がりますよね\(^o^)/

No title

主夫太郎さん、こんにちは!
絵、お上手ですね!!
こういう説明は、絵のほうが分かり易いですね。
とっても良く理解出来ました。

それにしても凄い!
空を飛んでいる鳥を鉄砲で撃って当たるなんて・・・、
当たる、じゃなくて当てるですね。
ラシャッスさんのHP(シェフのブログも)も拝見しましたが、
ネックショットですか?
もう神業ですね!!!
日本にもこんな人たちがいらっしゃるんですね~。
まるで別世界です。

すごいー

太郎さん、イラスト上手ですね!

狩猟は色んなテレビドラマを思い出すと同時になんとなく、かわいそうな気がするのが正直な気持ち。。といいながら鶏だの豚だの、うまいうまい言いながら食べてるんですけどね、私も^ ^

でも鴨猟ってこうやってするんですねー。何度も読んで勉強しちゃいました。

鴨鍋好きなんですよね。。。。この辺では売ってないし。。

うん、やっぱり羨ましいような気がしてきました^_^

素敵なサンデーを♪

No title

今回もイラストつき~
主夫太郎さんのイラストすごくみている人にもわかりやすく
いい雰囲気。ああ、私にもこういう絵心が欲しい!
鴨猟で北海道とはうらやましい。
これからますます主夫太郎さんの行動範囲も広がりますね。
自分で仕留めたものをまた素敵な料理にされるのですから
何か奥が深いなあと思います。

No title

主夫太郎ちゃん、こんにちは!

お久しぶりです!!
最近、主夫太郎ちゃんのブログ、更新についていけない私です。。
FB情報にて、お、今〇〇ね。お帰り!行ってらっしゃい!!と油断してます^^;

イラスト、上手ね。。
説明するには、絵のほうが良いね。
わかりやすいです。

ルネ上司様、可愛いけど、俊敏にして賢い子なのね。
お会いしてみたいわあ。

仕留めた鴨、吊るして、うーーんと熟成させてるの?
この見極め、難しそうね。。

今週もヨロシクお願いします!

No title

こんばんわ~♪

おぉ、、とうとう猟りまで挑戦するとは・・
主夫太郎さん、たくましいですね~^^
それにしてもイラストお上手ですね♪
器用な人は料理を作っても、絵を書いても上手いのでしょうね!!
素晴らしい♪

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 鴨猟、体験ですか。
> 一度やってみたいです。

鉄砲か網の免許を取らないとだめですねぇ。
見るだけならできるかもしれませんが、結構危ないかもしれません。


> 知り合いに猪の罠猟をしている人がいたので挑戦してみたい気がするのですが、
> 解体をしなければいけないと聞いて断念。
> 鰤とかの魚なら平気ですが、イノシシはちょっと無理かな。鴨の解体は。。。大丈夫ですか。

もちろん無理をしてまですることはないとおもいますよ。
ただ、解体すると、命に本当に感謝したいと思うようになりました。
人間が避けて通ることが難しい、命を奪うということ。
これを抜きで鉄砲を撃って楽しむことは僕にはいまのところできないですねぇ。

Re: No title

すみれさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんこんばんは〜
> いや〜猟のお話も面白いですね。
> やっぱり動いている物を撃ち落とすのはなかなか大変だと思います。

大変ですよ。すごく。自分の弾がどこを飛んでるか分からないですからねぇ。

> 半矢だと足の速いルネ上司が大活躍してくれるんですね〜

上司の足と鼻は素晴らしいです。ん~上司にはいつも感謝してますよ。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> 北海道へは鴨猟に行かれてたのですね!
> ご自分で仕留めた鴨で料理をする...って
> 一般の主婦ではやっぱり考えられないことなので
> すごいわ〜と感心してしまいます@@

まぁ、道楽といえば道楽ですが、
カミさんに感謝しつつ、食卓を楽しいものにしようと思ってます。

> 私もかなり小さい子供の頃、父の鴨猟について行ったことが
> 1,2度?あるのですが、どういう風にして食べたかは
> 全く記憶にありません^^;

えええええ!!父上はハンターだったのですか?
ん~こんなところでハンターを知るとは。

> 主夫太郎さん家では、今後どんなお料理になって
> 色々登場してくるのか楽しみです♪

普通のものしかつくりませんが、
それはそれは楽しいものでした。
乞うご期待!!

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんのイラスト大好き★
> 学生の頃数学の他に美術も得意だった??
> すごく上手!
> 写生会とかでこういう上手な友達、必ず一人くらいいた!!

いや~、僕自身は結構絵が好きだったのだけど、
あまり褒められたことはないですねぇ。
ただ、中学生の美術の時間は、先生と喧嘩しない限り5でしたよ。

> 鴨猟すごいなぁ!!
> 私には勇気がないなぁ…
> まず撃つのが怖い。
> そして仕留めてしまっても近づけないかも…
> 私はやっぱり食べる専門で♪♪

まぁ、それでいいと思いますよ。
本当に全部自給自足なんてしてられませんからねぇ。

> この「!」がいい★
> またイラストの記事も楽しみにしてます!!

ありがとうございます。少し増やしてみますかね。
結構絵を描くのは楽しいです。時間がかかりますけどね。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 狩猟のお話、イラストでとても分かりやすいですね。

ありがとうございます!!

> 自然の中で生きている鴨にしてみたら、「人間=危険」なんでしょうね。
> そこは都会の鴨(人間=えさをくれる人)とは大分違う^^

都会の鴨はちっとも逃げません。ん~~不思議。

> 皆が構えている方向に、飛び出させて下から一斉に撃つ!
> 散弾の飛び方も、よく分かります。
> 自分で捕った獲物を、自分で処理して、食らう!
> カッコ良いです^0^

実際こんな方法で撃たない限り、
そうそう多く取れないのではないかとも思います。
色々な猟の形があると思うのですが、
駆け出しのハンターにはまだまだ知らないことばかり。
頑張って勉強してゆきたいと思います。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 先日の「今金」は、カモ猟でしたか‥
> てっきり鹿を撃ちにいらしたのかと思ってました。

鴨猟の解禁が10月1日で、今金は沢山ため池があるので、
皆さん鴨を撃つみたいです。

> カモ猟の様子、イラストでとってもわかりやすく
> このような世界もあるんだと勉強になりました。

僕も見るもの見るものが新しくて驚いてばかりです。
今後も勉強ですね。

> 本日は海釣り‥いよいよ主夫太郎さんも自給自足生活に
> 本格的に突入されたご様子‥。
> 春の山菜、秋のキノコ、人生広がりますよね\(^o^)/

広がりすぎて収束させないと大変なことになるかもしれませんが、
なんとか頑張りたいと思ってます。
釣り!楽しかったですよ。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> 絵、お上手ですね!!
> こういう説明は、絵のほうが分かり易いですね。
> とっても良く理解出来ました。

ありがとうございます。
絵で描かないと写真がないのでわかりづらいかなぁって思って描きました。

> それにしても凄い!
> 空を飛んでいる鳥を鉄砲で撃って当たるなんて・・・、
> 当たる、じゃなくて当てるですね。
> ラシャッスさんのHP(シェフのブログも)も拝見しましたが、
> ネックショットですか?
> もう神業ですね!!!

シェフは流石に神業に見えますね。
ん~いったい自分がああになるのかどうか。
精進ですよね。

> 日本にもこんな人たちがいらっしゃるんですね~。
> まるで別世界です。

ハンターは減っているそうです。
ん~~どんどんハンターが減ると困るとおもうのですがねぇ。
農家もハンターも減ると日本は困りますよ、きっと。

Re: すごいー

のんたさん コメントありがとうございます。

> 太郎さん、イラスト上手ですね!

ありがとうございます!!

> 狩猟は色んなテレビドラマを思い出すと同時になんとなく、かわいそうな気がするのが正直な気持ち。。
> といいながら鶏だの豚だの、うまいうまい言いながら食べてるんですけどね、私も^ ^

まぁ、かわいそうではありますね。
でも人間が生きるということは命を奪うということなんですよね。

> でも鴨猟ってこうやってするんですねー。何度も読んで勉強しちゃいました。
> 鴨鍋好きなんですよね。。。。この辺では売ってないし。。

主夫太郎の鴨は如何?
まぁ、売るほど取れませんがね(笑)

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> 今回もイラストつき~
> 主夫太郎さんのイラストすごくみている人にもわかりやすく
> いい雰囲気。ああ、私にもこういう絵心が欲しい!

絵は少し練習すると楽しく描けますよ。
是非是非趣味の一つに!

> 鴨猟で北海道とはうらやましい。
> これからますます主夫太郎さんの行動範囲も広がりますね。
> 自分で仕留めたものをまた素敵な料理にされるのですから
> 何か奥が深いなあと思います。

奥が深いというより、食べること生きることの原点に戻りたいと思ってます。
もっとも鉄砲だって文明の成果ですから、どこまで戻るかはやっぱり自分の好き勝手なところなんですが、
食べるということで命を頂いていると思えるのは素晴らしい体験だと思ってます。


Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> お久しぶりです!!
> 最近、主夫太郎ちゃんのブログ、更新についていけない私です。。
> FB情報にて、お、今〇〇ね。お帰り!行ってらっしゃい!!と油断してます^^;

まぁ、そんなにブログにこだわらなくても、
そこそこ元気だとお互い分かればいいですよね。
気が向いたときに来てくださいな。

> イラスト、上手ね。。
> 説明するには、絵のほうが良いね。
> わかりやすいです。

ありがとうございます!

> ルネ上司様、可愛いけど、俊敏にして賢い子なのね。
> お会いしてみたいわあ。

可愛いけどダンディな主夫太郎にも、もっと会ってください。

> 仕留めた鴨、吊るして、うーーんと熟成させてるの?
> この見極め、難しそうね。。

冷蔵庫で熟成よん。いい感じに柔らかくなるころ頂こうと思います。

Re: No title

マムチさん コメントありがとうございます。

> おぉ、、とうとう猟りまで挑戦するとは・・
> 主夫太郎さん、たくましいですね~^^

もっとモテてもいいとおもいますよね~(笑)

> それにしてもイラストお上手ですね♪
> 器用な人は料理を作っても、絵を書いても上手いのでしょうね!!
> 素晴らしい♪

ありがとうございます。
絵心が盛り付けでも発揮できたらと思ってます。

No title

こんばんは~

コメント出遅れました
ど素人私でも、理解できるわかりやすい絵
上手ですね~
釣りに猟 、最近の主夫太郎さんは
ワイルドに楽しんでいらっしゃいますね~

シェフ太郎さんはかなり繊細な感じの料理を作られますが
このギャップがいいですね~

絵の上手さも加わって
ますます魅力全快です☆☆☆


Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> コメント出遅れました
> ど素人私でも、理解できるわかりやすい絵
> 上手ですね~
> 釣りに猟 、最近の主夫太郎さんは
> ワイルドに楽しんでいらっしゃいますね~

もともとワイルドな人間でもなかったのですが、
行きがかり上そうなってます(笑)

> シェフ太郎さんはかなり繊細な感じの料理を作られますが
> このギャップがいいですね~

そうですか?照れちゃうなぁ。

> 絵の上手さも加わって
> ますます魅力全快です☆☆☆

ありがとうございます。もう少し絵の記事もふやしますかね~。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。