06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鹿でハンバーグ

2013.12.05 08:00|獲物・収穫系
は~い!小鹿のような美脚の
元女子高生のみなさ~ん!!
鹿はもう飽きた?
でもねぇ、まだ続くよ!!
あはははははは。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


鹿の足をさばいているとわかるのですが、ステーキに適したところばかりではありません。
そりゃ切れ端みたいのもでてきます。そんなものは仕方がないので、薄くして焼いて食べたりしますが、なんといっても今回のお料理は主夫太郎のおすすめ!!!ハンバーグですよ!切れ端はミンチにしてしまえばみな同じですからね。ってことで

鹿のひき肉20131103


ミンチにしました。そうそう、ミンチってなんでカツになるとメンチになるんですかね。メンチと似た言葉でメッチェン(少女)ってことばもありますが、あれはカタイお肉よりも柔らかいミンチのお肉を少女が好んでたべたから、ではなくドイツ語のmädchenが語源です。あはははははは。


鹿ハン材料20131103


主夫太郎のハンバーグはパン粉をいれませんよ。主夫太郎のハンバーグといえば、ハンバーグの基礎研究!!ブログの左側のコラムのなかから「内容別に分類」でハンバーグを見てもらえばレシピがあります。小麦粉とイーストをつかってふくらまして焼き固めます。玉ねぎは甘くなるまで炒めますよん。

焼く前20131103


焼く前に膨らませますが、これもレシピにのってます。イーストの御蔭でふっくらです。もっともハンバーグが柔らかくなるのでひっくり返すときに注意しないといけません。まぁ、考えてみると大した工夫ではなかったけど一生懸命考えていたときは楽しかったなぁ。


オーブンへ20131103


焼き色が付いたらオーブンへ。片面5分から6分くらいですね。鹿のお肉は冷めるとあまり美味しくないので、すぐたべちゃいます。塩コショウだけでも、何かかけてもいいですよ。

鹿ハンバーグ20131103


この肉汁が一切外にでないハンバーグって美味しいとおもうんだけどなぁ。鹿はとくに脂もありませんしね。いい感じのロゼ(ハンバーグだからちょっとウェルダン気味)でこれは結構お気に入りの焼き具合になりました。

鹿肉ってマイナーですが、主夫太郎の広報活動によりメジャーになって欲しいものです。そういえば、僕は全然見ないのだけど、来年の大河ドラマはなんでも主人公が吉田松陰の妹という超マイナーキャラだそうです。こうやってマイナーなものに光を当てるのは僕はすきですねぇ。個人的には大河ドラマの主人公なんてもっとマイナーだっていいですよ。徳川家宣とか。何代将軍かしらないけどさ、あはははははは。

さぁ、そんな徳川家宣並にマイナーな鹿肉、前回のお料理より馴染みやすいかな?美を追求する元女子高生のみなさん!あの美貌で王妃までに登りつめたクレオパトラも鹿の肉を沢山食べていたかどうかは主夫太郎はしりません。相変わらず中身のない情報で悪いね、あははははははは。






スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

コメント:

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

ハンバーグ!!
パン粉じゃなくて小麦粉とイーストを使ってふっくらさせるなんて
もうビックリです。
すっごい研究の成果だわ~!

鹿肉のレシピ‥
最近売りだされた、“雪もみじ”という商品があるんです。
鹿肉をほうじ茶でじっくり煮込んで柔らかくして佃煮にしたそう。
札幌のお茶屋さんが開発したんですって(^^)

鉄分が豊富な鹿肉‥確かにマイナーな存在ですけど
着実に裾野は広がっているみたいです。

No title

こんばんは~

なに!! イースト
この聞いた事もない情報はなんだ。。。。
という事で分類のハンバーグに飛んできました
凄い発想ですね~

確かにふっくらしてますね
赤身の肉がギュッと詰まって、ヘルシーっぽい感じ
肉の中にも当然鹿油が入っているでしょうから
綺麗になれるハンバーグって
またまたわしづかみだわね~

No title

主夫太郎さんおはよー!
あー私、肉の脂苦手だからこういうギュッとしたハンバーグ絶対好み!!
食べたことがないのよ。鹿肉。
クセはあるの??
何かに似てる??って質問攻めでごめんねーあははははは~

主夫太郎さんのハンバーグはイーストを使うんだね。初めて聞いた。
ちょっと過去のやつ見てお勉強してみよう。

今日もいいお天気!
朝焼けがキレイだったよー
今日も一日がんばろー!

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> パン粉じゃなくて小麦粉とイーストを使ってふっくらさせるなんて
> もうビックリです。
> すっごい研究の成果だわ~!

あの時はお料理ブログを意気込んでいて一生懸命頑張ってました。
ちょっと浮いてましたけどね。

> 鹿肉のレシピ‥
> 最近売りだされた、“雪もみじ”という商品があるんです。
> 鹿肉をほうじ茶でじっくり煮込んで柔らかくして佃煮にしたそう。
> 札幌のお茶屋さんが開発したんですって(^^)

おうおうおうおおおおおおお!!
これはなんと素晴らしいお話。
佃煮にするかどうかはともかくほうじ茶と合うってのは凄い情報です。
ありがとうございます。

> 鉄分が豊富な鹿肉‥確かにマイナーな存在ですけど
> 着実に裾野は広がっているみたいです。

素晴らしいです!!!
主夫太郎、大ブームが来る前に鹿肉料理の専門家にでもなろうかな。
テレビで引っ張りだこ!!あはははは。
まぁ、そんな風にはならないでしょうけど。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> なに!! イースト
> この聞いた事もない情報はなんだ。。。。
> という事で分類のハンバーグに飛んできました
> 凄い発想ですね~

あら、ブログの初期だったからきゃりあさんいなかったみたいですね。
主夫太郎の自信作です!!

> 確かにふっくらしてますね
> 赤身の肉がギュッと詰まって、ヘルシーっぽい感じ
> 肉の中にも当然鹿油が入っているでしょうから
> 綺麗になれるハンバーグって
> またまたわしづかみだわね~

わしづかみですか?
嬉しいですね~。ん~モテる男はつらいなぁ、あははははは。

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> あー私、肉の脂苦手だからこういうギュッとしたハンバーグ絶対好み!!
> 食べたことがないのよ。鹿肉。
> クセはあるの??
> 何かに似てる??って質問攻めでごめんねーあははははは~

狩猟物だからものによるんですけどね。
美味しいお肉が手にはいったら送るわ~~~

> 主夫太郎さんのハンバーグはイーストを使うんだね。初めて聞いた。
> ちょっと過去のやつ見てお勉強してみよう。

主夫太郎自信作なんですよ!!
よかったら読んでくださいね~。

No title

こんばんは。
鹿のハンバーグ!これだけで相当なインパクトですが、このハンバーグの作り方がびっくり!!!
イーストと小麦粉ですか。パン粉を入れるのは、肉汁が流れ出ないように吸わせるためなのですが、それが流れ出ないなんて~
この時のブログを読むと、「レシピブログ」しています!
すっごく研究熱心で、かなり役立つと思う情報が♪

最近読んだ冊子に、今鳥獣被害が問題になっていて、その一番の解決方法は食べることだと書いてありました。いのししは流通の経路が出来ているのですが、鹿は市場に出回ることが少ない。これを解決することが必要だと。
主夫太郎さん、是非その道のパイオニアになってください^0^

No title

こんばんは。
こうやってみると、鹿はほんとうに赤身で
脂が少ないのがわかりますね。
これなら、大きいハンバーグをお腹一杯食べても
安心です^^
しかも、お肌までツルツルに!?

前回のハンバーグ研究、見直してみて思い出しました〜。
そうそう、主夫太郎さんのお料理はいつも科学実験みたいで
面白〜いと思っていたのでした♪
ふふふ、今もですけどね^^

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 鹿のハンバーグ!これだけで相当なインパクトですが、このハンバーグの作り方がびっくり!!!
> イーストと小麦粉ですか。パン粉を入れるのは、肉汁が流れ出ないように吸わせるためなのですが、
> それが流れ出ないなんて~
> この時のブログを読むと、「レシピブログ」しています!
> すっごく研究熱心で、かなり役立つと思う情報が♪

当時からmasakohimeさんはご覧になっていただいてましたが、
やっぱりあんまりにも突拍子もない料理法だったからびっくりしたのではないかと思います。
あのまま研究を続けてみてもおもしろかったかなぁって思ってます。

> 最近読んだ冊子に、今鳥獣被害が問題になっていて、その一番の解決方法は食べることだと書いてありました。いのししは流通の経路が出来ているのですが、鹿は市場に出回ることが少ない。
> これを解決することが必要だと。
> 主夫太郎さん、是非その道のパイオニアになってください^0^

そうなったらいいですねぇ。
北海道の鹿は今年あたり激減したと思いますが、
また増えてきたら美味しい調理法と共に世にでて欲しいです。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> こうやってみると、鹿はほんとうに赤身で
> 脂が少ないのがわかりますね。
> これなら、大きいハンバーグをお腹一杯食べても
> 安心です^^
> しかも、お肌までツルツルに!?

そうですよ!大きなハンバーグをガブリとたべて、
お肌もつるつる。ん~みんな鹿を食べたくなると思います。

> 前回のハンバーグ研究、見直してみて思い出しました〜。
> そうそう、主夫太郎さんのお料理はいつも科学実験みたいで
> 面白〜いと思っていたのでした♪
> ふふふ、今もですけどね^^

見直してくださいましたか!
僕、この研究好きだったので今度同じようなことをやってみたいと思ってます。
あとはお題だけなんですがね~。

鹿のハンバーグ

こんばんわ♪。
鹿のお肉でハンバーグ、美味しそうです。
私も鹿のお肉食べてみたいです。

主夫太郎さんのハンバーグは、パン粉でなく、小麦粉とイーストをつなぎに入れられるのですね。

私は、パン作れないからイーストとは、無縁ですが、今度ハンバーグ作るとき、やってみようかと思います。

いいアイデアです、

Re: 鹿のハンバーグ

ストロベリーアンドラズベリーさん こんにちは

> こんばんわ♪。
> 鹿のお肉でハンバーグ、美味しそうです。
> 私も鹿のお肉食べてみたいです。

なかなか手にはいらないですよね、街では。
ネットでは手にはいりますがなかなか勇気が必要ですから、
最初は田舎のレストランとかで見つける方がいいかもしれません。

> 主夫太郎さんのハンバーグは、パン粉でなく、小麦粉とイーストをつなぎに入れられるのですね。
> 私は、パン作れないからイーストとは、無縁ですが、今度ハンバーグ作るとき、やってみようかと思います。
> いいアイデアです、

ありがとうございます。是非是非やって見て下さい。おすすめです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。