05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

スープとりましたよ!鹿のスープ。

2013.11.30 08:00|肉料理
は~い!元女子高生のみなさ~ん!
今日は穏やかな記事ですよん!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まぁ、最近の主夫太郎は物騒でしたからね。鴨に鉄砲持ち出したり、鹿の足を解体したりとそれはそれは普通の人がやることではなかったです。ここは反省しておだやかな~な気持ちにさせようとおもいました。まずは出来上がりのお写真から見て下さいませ!!
ネギ鹿スープ20131102


上品の色のスープにロマネスコ、ネギにレンコンといった皆様よくご存じの食材ですね。記事のタイトルからも分かる通り、これは鹿のスープです。お上品なスープにはもちろんお上品な調理法があって、真剣な態度でお料理するものの、そのなかには一種の優雅さもあります。その優雅さとは....



アン



ドゥ




トロヮ










シャキーーーーーーーーン



糸ノコ20131102

のこぎり!



あははははははははは。そりゃそうだ。だって主夫太郎の家には鹿の足が届いて、先ずどこからスープを取るって、骨からだよね。一応のこぎりで切って骨の髄までってわけさ。


骨やっつけ20131102

よいしょ!!!!って切るしかないよね。これレシピブログだからさぁ、一応レシピみたいの書いてみるつもりだったけど、

材料:鹿の足の骨、セロリ、にんじん、ニンニクその他のクズ野菜

手順
1.鹿の骨を切って水から鍋に入れて煮出して、一度捨てる。
2.その後もう一度水を張り、鹿の足、野菜をいれて沸騰させない様にして長く煮込む。

って書いてみたって誰が真似すんのよ?

あはははははは。最近カミさんともよく話すのだけど、結局僕のブログはお料理ブログではないってこと。まぁ、楽しさ中心に書いてゆこうと思います。まぁ、たまにはシリアスなものも書いて、そのギャップで元女子高生を口説いちゃおうかな。は~い!そこの彼女ぉ~。僕と一緒に海苔たべない?あははははは。

鹿スープ20131102

というわけで手順通りにやると、最初はこんな感じで、

スープ取れた20131102

時間がたつとこんな感じ。ちゃんと骨の髄まで出てますよ。

このスープを使って冒頭の写真のスープをつくりましたが、まぁ、鹿らしさもちょっとあるけど、スープとしては優しいものが出来上がりましたね。これは鹿のお料理の元になるスープということで冷凍保存中。
いらないひき肉なんかともう一度スープを取ってもう少し強烈なスープをつくるつもりです。

なんで最初からそうしないかって

全然処理が間に合わなかったのよ(笑)これでさらに時間をかけてスープを取ってたら、普段の食事を一つのコンロで作らなきゃなくなるでしょう?ただでさえお肉だらけの冷蔵庫。順次処理して冷凍庫に移動させてました。



スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

コメント:

アンドゥトワ☆

これぞ正しく骨の髄!!
出汁が存分に感じられそうですね。

で・・・キッチンにノコギリ!!!(笑)

レシピの前の解体作業が、何とも驚きの光景です (◎o◎)ォォ~!!
どんなお味がするのかしら~(*^o^*)
興味津々ですが、難易度が高過ぎて、私には真似できませ~んっ!!

No title

主夫太郎さんおはよー!!
きれいなスープだね!!
澄んでる~♪
れんこんがごろっとしてるところも、ねぎがとろっとしてるところもおいしそう!

のこぎりでかっ!!
こののこぎりを使って作った料理がこんなに上品だなんて、なんかおもしろいね♪
ギャップがすごいわ!

これだけじゃなくてさらに加えてスープをとろうってーのがさすが主夫太郎さん!!

ウケる~~~~
なんで海苔??
焼き海苔をバリバリ食べるのが好きなうちの娘たちならホイホイついてっちゃうよー
元女子高生じゃないけどねー
主夫太郎さん、今日も楽しい一日を♪

No title

すごい鹿の足2本の解体ですか。私には出来そうもないかも。

鹿肉といえば、一度凍らせたものを刺身で食べたことがあるけど、あれは美味しかった。
外国ではステーキを珍重するそうですが、どんな味なんだろう。

スープに続いて肉料理がどういう風に出てくるか楽しみです。

しかし、料理だけじゃなくて解体というのは本当にすごい。

No title

こんにちは。
鹿の骨を切るために!こののこぎり!
優しいスープ(主夫太郎さんの優しい口調)の下には、こんな厳しい現実(どんな下心が!)があるのですね。
「骨の髄まで愛してくれてありがとう!主夫太郎さん」って鹿が言っているのかも。
この野菜が、美味しそうなこと!勿論美肌効果満点スープをたっぷり含んでいるのですよね~☆
ご夫婦お二人で、つるつるお肌ですよね。
うらやましい~^0^

No title

こんばんは~

贅沢の極みのようなスープ
澄んだスープが仕事の丁寧さを物語っていますね
何とも美味しそうなんですが、鹿というものを食べたことが無いので
味のイメージが浮かんできません。

のこぎりはこの料理用に準備したのかしら~
骨の真ん中って骨じゃないんですね。
人間ももうなのかしら
・・・なんて料理に関係無事までいろいろ
観察させていただきました~

こんばんわ

鹿のスープ、美味しそうですね。

私は鹿のお肉食べてみたいです。

骨からスープをとるなんてエライです。私には困難です(汗)。

ロマネスコも食べてみたいです。

Re: アンドゥトワ☆

snowさん コメントありがとうございました。

> これぞ正しく骨の髄!!
> 出汁が存分に感じられそうですね。

ん~出し切りましたよ!残ったのは本当に骨の髄までなくなった骨のみでした。

> で・・・キッチンにノコギリ!!!(笑)

今年初めてつかいました。
来年まで使わない気もしますが、
でも買わないわけにはいかなかったんですよね~。

> レシピの前の解体作業が、何とも驚きの光景です (◎o◎)ォォ~!!
> どんなお味がするのかしら~(*^o^*)
> 興味津々ですが、難易度が高過ぎて、私には真似できませ~んっ!!

難易度は高くないのですが、まぁ、材料がないですよね。
鹿の足、冷凍してないのが一本!
って無理な話ですよね~。

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> きれいなスープだね!!
> 澄んでる~♪
> れんこんがごろっとしてるところも、ねぎがとろっとしてるところもおいしそう!

ダシは鹿だけど、具は野菜にしました。
美味しいですよ。

> のこぎりでかっ!!
> こののこぎりを使って作った料理がこんなに上品だなんて、なんかおもしろいね♪
> ギャップがすごいわ!

流石に骨切るから仕方かなったですねぇ。
ん~もう少しスマートな料理器具があるのかな。
ムシューホネワリみたいなフランス料理の器具みたいの。


> ウケる~~~~
> なんで海苔??
> 焼き海苔をバリバリ食べるのが好きなうちの娘たちならホイホイついてっちゃうよー
> 元女子高生じゃないけどねー

あらそう?ロリコンじゃないからご息女は口説かないけど、
海苔をたべるのはお誘いするわん、あははははは。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> すごい鹿の足2本の解体ですか。私には出来そうもないかも。

いや、家に足がくればできるもんですよ。
というよりできないわけには行かなくなります。

> 鹿肉といえば、一度凍らせたものを刺身で食べたことがあるけど、あれは美味しかった。
> 外国ではステーキを珍重するそうですが、どんな味なんだろう。

鹿は少しだけいい香りのする美味しいお肉ですよ。
脂分がないのでとってもヘルシーです。

> スープに続いて肉料理がどういう風に出てくるか楽しみです。
> しかし、料理だけじゃなくて解体というのは本当にすごい。

徐々に普通の料理になってゆきますが、まずは変わりどころからご紹介しますね。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 鹿の骨を切るために!こののこぎり!
> 優しいスープ(主夫太郎さんの優しい口調)の下には、こんな厳しい現実(どんな下心が!)があるのですね。

「美しいものを仕上げるのには厳しい仕事と強い心が必要」
という教訓を今後は「主夫太郎の鹿汁(しかじる)」っていうことにしましょう。
ん~まさかこのブログから格言が生まれるとは。

> 「骨の髄まで愛してくれてありがとう!主夫太郎さん」って鹿が言っているのかも。

まぁ、本音は「もう少し生きていたかった」でしょうが、頂いた命は使いきりたいものですよね。

> この野菜が、美味しそうなこと!勿論美肌効果満点スープをたっぷり含んでいるのですよね~☆
> ご夫婦お二人で、つるつるお肌ですよね。
> うらやましい~^0^

鹿さえ食べればみんな美肌ですよ!
さ、鹿食べましょう!!

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。


> 贅沢の極みのようなスープ
> 澄んだスープが仕事の丁寧さを物語っていますね
> 何とも美味しそうなんですが、鹿というものを食べたことが無いので
> 味のイメージが浮かんできません。

まぁ、そうですね。申し訳ないのですが、今後のブログは結構鹿が続きます。
ん~つまんなかったらすみません。
でもぜひ、いつか鹿を食べて見て下さい。
お肌にすごくいいのですよ。

> のこぎりはこの料理用に準備したのかしら~
> 骨の真ん中って骨じゃないんですね。
> 人間ももうなのかしら
> ・・・なんて料理に関係無事までいろいろ
> 観察させていただきました~

のこぎりはこのために買いました。
骨の髄とはよくいったもので、人間の骨も多分中は空洞ですよね。
その方が多分強いのだと思います。

Re: タイトルなし

ストロベリーアンドラズベリー さん コメントありがとうございます。


> 鹿のスープ、美味しそうですね。
> 私は鹿のお肉食べてみたいです。

流石に狩猟ものは難しいですが、養殖でよかったらネットで売ってますね。
ちょっとお高いけども、高級和牛ほどではないです。

> 骨からスープをとるなんてエライです。私には困難です(汗)。
> ロマネスコも食べてみたいです。

ロマネスコは日本各地でつくるようになったので、今値段が大分さがってきて、ブロッコリー並になりつつありますね。スーパーでも扱いだしてるのでお口にする日もきっとすぐだとおもいますよ!

No title

おはよう!

本当に、美味しそうなクリアなスープですね。
上等のコンソメの味わいなのでしょうね。。

今もあるのかな。。資生堂パーラーの瓶入りのコンソメスープを思い出しました。
実家の父が大好きで、美味しかったなあって。。
冷蔵庫に入れて冷やすと、ぷるんぷるんのジェルになるの。

きっと鹿スープも、ジェルになるよね。。
コラーゲンたっぷりだものね。
鹿スープは、スープもお肌もプルンプルンね\(^o^)/

今日は常備菜作りなのね。
常備菜って作るの楽しいよね。
時間制限も、作る順番も、盛り付けも考えなくて良いから、、、。

今週も、今月もよろしくお願いします。

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

スゴイですね~!
まさに骨の髄まで味わい尽くす。
のこぎりまで登場するなんて、まさに男の領域ですね。

以前、大腿骨と格闘したときはお肉を取り出すだけで
一杯一杯!
骨はそのまま捨てちゃったのが悔やまれるわ~。

美しく澄んだスープ。
主張しすぎない、優しい味なんでしょうね。

こんにちは!
前回の記事の鹿の足、やはりキッチンで見ると大きいですね〜!(◎_◎;)
私は、豚の後ろ足の骨は、スープとったことあります。豚ならギリギリ寸胴鍋に入りましたからね。でも、切ったほうが、骨の髄までスープをとれますね〜。私もノコギリ買おうかな?
スープとるの楽しいですよね〜。
(^-^)/

No title

こんばんわ~♪

わぁ、澄んだスープのホッとする写真・・
って、、画面をスクロールさせていったら
ノコギリの写真が!!(笑)
その立派なノコギリがお家にある事自体が凄いです!!

でも、、美味しいのでしょうね~♪♪
ゴクっ♪

でたー!

おだやか、と、信じて読み進めたら、の、こ、ぎ、りー!!

でも、よかった。こんな大きな骨がゴミ袋から見えたら近所の方もびっくりするんじゃないかなーと余計な心配をしてましたから(^◇^)

かつ、冬でよかったですね^ ^

まるどりなんか小指の爪みたいなもんだわ。毎日たべちゃお。

いつも楽しい記事をありがとうございます^ ^

応援!

No title

こんばんは。
これは、確かにノコギリがいりますよね!
包丁だと間違いなく歯が欠けちゃいそうですもの。。。

それにしても贅沢なスープですよね〜。
これはとても真似できません!
いいお出汁が出て、さぞかし美味しかったことと思います^^v

うちも時々お料理ブログじゃなく、無理矢理小ネタのメニューを
くっつけてお料理ブログ風←にしてますが...(笑)
いいんですよね。自分の日記だから書きたいことを書けば^^

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> 本当に、美味しそうなクリアなスープですね。
> 上等のコンソメの味わいなのでしょうね。。

もうすこし力強さが欲しかったのだけど、
いかんせん時間がありませんでした。
凄い鹿肉と骨の山でねぇ...
まぁ、今度はもう少し手際よくやろうとおもいます。

> 今もあるのかな。。資生堂パーラーの瓶入りのコンソメスープを思い出しました。
> 実家の父が大好きで、美味しかったなあって。。
> 冷蔵庫に入れて冷やすと、ぷるんぷるんのジェルになるの。

コンソメは自分でとると面白いですよ。
本当に濃くとると常温でも結構トロミがでます。
資生堂パーラー、よい響きですよね。
久しぶりに銀座を散歩したくなっちゃいますよ。

> きっと鹿スープも、ジェルになるよね。。
> コラーゲンたっぷりだものね。
> 鹿スープは、スープもお肌もプルンプルンね\(^o^)/

そうそう!ただ、ここ2日、寝不足がたたって。。。
また鹿食べなきゃ!!

> 今日は常備菜作りなのね。
> 常備菜って作るの楽しいよね。
> 時間制限も、作る順番も、盛り付けも考えなくて良いから、、、。
> 今週も、今月もよろしくお願いします。

常備菜作りは二日目にはいりました(笑)
昨日はそんなにすすまなかったので今日は一気に色々つくります!

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> スゴイですね~!
> まさに骨の髄まで味わい尽くす。
> のこぎりまで登場するなんて、まさに男の領域ですね。

まさか、大工道具のコーナーで調理器具を買うとは思いませんでした。

> 以前、大腿骨と格闘したときはお肉を取り出すだけで
> 一杯一杯!
> 骨はそのまま捨てちゃったのが悔やまれるわ~。

まぁ、お肉だけでも十分ですよね。鹿なら。

> 美しく澄んだスープ。
> 主張しすぎない、優しい味なんでしょうね。

冬に向けてはもう少し強くとっておきたかったけど、
まぁ、来年の課題ですね。

Re: タイトルなし

yumiさん コメントありがとうございます。

> 前回の記事の鹿の足、やはりキッチンで見ると大きいですね〜!(◎_◎;)
> 私は、豚の後ろ足の骨は、スープとったことあります。豚ならギリギリ寸胴鍋に入りましたからね。
> でも、切ったほうが、骨の髄までスープをとれますね〜。私もノコギリ買おうかな?

豚や牛の骨が手に入る状態ならのこぎりはあった方がいいですね。
やっぱり素人だから何時間もかけて濃厚なものを取らなくてもいいとおもうのだけど、
あっさりゆっくりとるのでものこぎりは欲しいところです。

> スープとるの楽しいですよね〜。
> (^-^)/

楽しいですねぇ。本当は暖房器具の熱でスープとれると
家計にも優しいのですけどね~。

Re: No title

マムチさん コメントありがとうございます。

> わぁ、澄んだスープのホッとする写真・・
> って、、画面をスクロールさせていったら
> ノコギリの写真が!!(笑)
> その立派なノコギリがお家にある事自体が凄いです!!

ホームセンターで買いましたが、
骨がいつも家にあるのなから買ってもいいかなぁって思いました。

> でも、、美味しいのでしょうね~♪♪
> ゴクっ♪

まだまだ研究中ですが、自分でスープとるの楽しいですよね。

Re: でたー!

のんたさん コメントありがとうございます。

> でも、よかった。こんな大きな骨がゴミ袋から見えたら近所の方もびっくりするんじゃないかなーと
> 余計な心配をしてましたから(^◇^)

実際僕もそう思いました。
角とか来たら本当に捨てられませんよ。

> かつ、冬でよかったですね^ ^

そうそう。もっともハンティングの季節は冬だけなので大丈夫。

> まるどりなんか小指の爪みたいなもんだわ。毎日たべちゃお。

鳥は鳥で大変ですよね。繊細だし。
毎日食べればきっとお肌つるつるよ!


Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> これは、確かにノコギリがいりますよね!
> 包丁だと間違いなく歯が欠けちゃいそうですもの。。。

文字通り歯がたちません。
のこぎりでも大変でしたよ。

> それにしても贅沢なスープですよね〜。
> これはとても真似できません!
> いいお出汁が出て、さぞかし美味しかったことと思います^^v

真似できないレシピを乗せてる時点で
レシピブロガーとしてはだめですよね(笑)
でももう吹っ切れました!

> うちも時々お料理ブログじゃなく、無理矢理小ネタのメニューを
> くっつけてお料理ブログ風←にしてますが...(笑)
> いいんですよね。自分の日記だから書きたいことを書けば^^

そうそう、自分の日記ですからね。
僕は怪獣君のお話すきですよ!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。