07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

箱根に~ラリック美術館~

2013.10.15 08:00|雑文
カミさんが小田原に泊まりで3日ほど出張だったとき、僕もなんとなく家事が嫌になっていて、というよりカミさんがいないのに家事やるなんてバカらしくて、一緒に小田原に宿泊することにしました。まぁ、カミさんの会社では出張の宿泊代は一定であって、シングルでもセミダブルでも同じだから転がり込むことにしたので宿泊費がタダってのもかなりの魅力でした。

出張が終わって帰る途中、箱根をドライブすることにしたのですが、そこで出会った美術館がこの

箱根ラリック美術館
(ポチリで飛びます)

です。全くの無学でしてね、ラリックって人を知らなかったのですが、ガラス作家らしいです。
美術館の中は撮影禁止なので写真は撮れなかったのですが、撮影ができるところでラリックの作品があったので写真を撮ってきました。

自動車の先に付けるエンブレムみたいなものなんですが、カーマスコットっていうそうです。夜に自動車が走るときはこのマスコットが光るらしいですよ。

ラリック2013924

考える人ではなく、ナルシスだそうです。この美術館の作成に携わったマネージャーみたいな方にたまたまお話を伺えて色々教えていただきましたが、オーナーは凄いお金持ちだそうです。ん~なんでもクラッシックカーの収集家なんだけど、そのとき、車の先についているこのガラス細工からラリックを知って、それからラリックの作品を集めだしたそうで、集まったから、美術館を作ったらしいです。ん~~~~~お金持ちってのはスケールが違います。趣味のたった一部分から美術館作っちゃうわけですからねぇ。

ラリック12013924

もう一つ、カーマスコット。ビーナスかなぁ。ちょっと忘れてしまいましたが、凄く綺麗でしたよ。
ん~この自動車は動態保存されているそうです。あああああ~お金持ちになりたい....

さて、この美術館のもう一つの売りが、オリエント急行の車両でお茶が飲めることです。

なんでも前出のマネージャーの方のお話によると、ラリックに興味を持ったオーナーが、オリエント急行の車両にラリックの作品が使われていることを知りスイスでこの車両を探して即購入!
またまた、マネージャーさんのお話によると車両を購入した時点では、ラリック美術館オープン前なんだけども、そのときは美術館の図面が出来上がっていたらしいのです。オーナーの鶴の一声で、急遽、オリエント急行の車両を展示することになって図面を引き直して大慌て。
箱根の山に車両を持ち上げることを日通と相談し、一年だっけなぁ、とにかく長い間相談してやっとこの美術館に設置することができたそうです。運ぶのは大変だったらしいのですが、そんな話も後ほど。

とにかく見てもらいましょう!

オリエント車両2013924

じゃじゃ~ん!これが1928年から走っていたオリエント急行の車両です。
どうです!皆さんの灰色の脳細胞が活発になってきましたか?

ファーストクラスだぞ2013924

ファーストクラスのサロンだそうです。


入場するには2013924

ここは当日レストラン入口で受付をして切符を発行してもらい、決まった時刻から45分ほど、解説を聞きながらお茶を飲みます。なかなかしゃれていて、昔の切符を切るはさみを入れてもらえます。これはもう今は珍しくなった鉄道の切符のはさみ。ギリギリ僕くらいの世代までですかね。これがはさみだとわかるのは。自動改札になってから見なくなりましたよね~。



車両入口2013924

車両に入ると、こんな感じの入り口。狭いでしょう?個室がこの狭い通路の右側にあります。

鏡面加工22013924

これがラリックの作品です。鏡面加工というそうですが、ガラスの裏には銀が貼ってあるそうです。表面はすこしざらざらしてます。オレンジのランプの光を反射するとこんな感じになりますが、


鏡面加工12013924

外の自然光が当たるとこんな感じで光ります。作品の味わいも時間によって変わるという趣向ですね。

サロン内のランプ2013924

ランプもおしゃれですね。モチーフは分かってないそうですが可愛いですね。


サロン全体2013924


サロン全体はこんな感じなのですがね、よく見ると椅子がとても大きくて、通路を通らないくらいなんです。
実はねぇ、この椅子は部品をこのサロンカーに運び込んで、この車両のなかで組み立てられたものだそうですよ。ん~凄い。スイスからこの車両を運ぶときも、この車両のなかに椅子を残したまま運んだそうです。大変な作業だったみたい。

カフェで一服2013924

ご機嫌でお茶する二人、僕とカミさんです。僕はポアロのつもり、カミさんはミス・レモンのつもり。まぁ、オリエント急行殺人事件ではミス・レモンは登場しませんがね。

オリエントのカフェ2013924

お茶(コーヒー)も2杯か3杯くらい飲めるたっぷりなポットで提供されます。美味しいのよ、これが!!

呼び鈴2013924

流石サロンカー!呼び鈴もありますよ。これ押すとギャルソンがやって来たのでしょうね。セレブのみ押せたボタンですが、今は押してもだれもきません。

アガサの個室?2013924

こちらがアガサ・クリスティーがオリエント急行殺人事件の構想を練ったかもしれない???個室です。
こんな車両でヨーロッパを走り抜けてみたいものです。まぁ、動いてなかったので、かなり落ち着いてお茶をいただきましたけどね。

皆さんも箱根に行った際には是非是非お立ち寄りくださいね~。
スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

コメント:

No title

アガサクリスティ、懐かしい。

中、高校時代に夢中になって読みました。

ポワロ気分になれるのはいいですね。

No title

きゃーーーコメントがご無沙汰になってました~~(。・人・`。))

仲良しな主夫太郎さん夫婦。
セレブな旅行に変身し。素敵!!
やっぱり主夫太郎さんはロマンティストだわ

主夫太郎さん きっと夢見ちゃいそう~~
アガサ仕立ての夢を期待しておきます^m^

美術館大好き~
何時間でもいられる癒しの空間!!
たま~にふらりと行きたくなるんですよね❤

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

オリエント急行‥アガサ・クリスティ‥
ミステリィ愛好者にはたまりませんね~☆

海外から運んできたものを当地で組み立てる‥
とてつもない財力を持った方がいらしたんですね。

レストラン入り口で切符を切る‥
細かいディテールにもこだわっているなんてスゴイですね。

“ラリック”‥存じ上げなかったのですが‥
ガラスの柔らかさを活かした作品、素敵ですね。

No title

こんばんは~

今日、九州で豪華なななつ星が走って
日本にもオリエント急行みたいの走るようになったんだと思っていたところです。
オリエント急行で頭に浮かぶのは豪華よりも殺人で
その内装やらはピンと来ていませんでしたが
こうしてみると本当に豪華な造りだったんですね

箱根、ゆっくりと美術館めぐりしてみたいです

No title

主夫太郎さん、
こんにちは!
まだ帰って来られないのかしら??

ラリック美術館~、
随分前ですが、私も行ったことあります!
綺麗ですよね~~。
今はそうでもないのですが、
若いころ(大学生の頃かな~?)、アールヌーボー、アールデコが好きで、
よく美術館巡りしてました。
クリムトとか、ミュシャとか。
今でもウィリアムモリスのデザインは大好きです~♪

ただ、、、
オリエント急行の記憶が全くない・・・。
美術館のほうは良く覚えているのですけどねぇ。。。
とっても素敵な内装なのに!!
セレブ感がたまりませんね。
お花をひっくり返したようなランプ、可愛い~~
あと、カーマスコットも!
欲しい~~~♪(笑)

No title

こんにちは。
あれ~しばらく更新なしって…。今日前の記事のコメントを書く予定だったのに!(って、遅いですね~)読んだ後、「後でコメね~」はもうやめなくては!
即書く。
この美術館の近くを通っていましたが、入ったことがなかったです!
今度箱根に行ったら、お茶してみますね~
ガラス大好きなんです。
それにしても、想像できないほどのお金持ちって、趣味でこんなことができるのですね。ちょっとそのおすそ分けでしょうか(それなら入場料も安くして!)でも、維持費も相当なものですね。
主夫太郎さんのポアロは、イメージぴったりですよ~♪
奥様は、その回に必ず登場するヒロイン。そのヒロインから、状況を聞いているポアロという設定の写真^0^

No title

こんにちは。
ふ〜、そんなとてつもないお金持ちさんがいるのですね。
世の中には。。。ため息出ます。
オリエント急行の車両でお茶がいただけるのですか!
素敵〜〜☆
HP拝見してきましたが、お茶と言っても3人だと結構な
お値段に...@@ 怪獣置いて行きたいです(笑)
...オリエント急行憧れますよね♪いつか...って。
主夫太郎さんご夫妻なら実現されそうな感じだわ♪
むか〜〜〜し、夫とカナダのカジュアルな←^^;
寝台列車に乗ったことがあるのですが、ガタゴト揺れて
全然眠れなかったことが...^^;

No title

主夫太郎さんこんばんは♪

なんと!!!!!
コメントしたつもりでいたのにしてなかった!!!!
オリエント急行なんてすてき★
子供の頃オリエント急行殺人事件を読んだなぁって思い出しました。
思い出したのは読んだ記憶だけだから、今になって主夫太郎さんの記事みたらまた読んでみたくなったわ★

お茶する二人♪もなんか似合うなぁ。おしゃれ♪
ケーキもおいしそうだしコーヒーもおかわり分まであってリッチ★
こういうところでは時間をより大切に過ごしたいですよね。
主夫太郎さんはそういう時間の使い方がお上手よね!!

台風で大変だったね…
さすがにもう帰ってこれたかな??お疲れでしょう。
ゆっくり休んでねー!

No title

素敵なひと時でしたね♪
うん。うん。ついて行けるなら、ついていくべき~♪
宿泊浮いたのはラッキーでしたね~(笑)

ゆったりと珈琲をいただく、幸せな時間。
時間がスローに感じれそうな空間ですね

No title

フランスの硝子工芸家というと、すぐに浮かぶのがエミール・ガレ。どちらかというと宝飾品の硝子細工がメインのように思われているラリックも、結構大きな作品も残していたんですね。
私が持っている唯一のラリックは指輪です(笑)
オリエント急行の車両、船に積んで運んだんですよね。
世の中には桁違いのお金持ちがいるもんですね。
でも、彼のお陰で古き良き時代の雰囲気を体感できるのだから、ありがたい事です。
カーマスコット、トラックの後ろを走ってて、落ちてきた砂利が当たって壊れたら泣くに泣けませんね。
こういうところが貧乏人の発想なんだろうなぁ(笑)

No title

主夫太郎ちゃん、こんばんは!

ご無沙汰しています。。
やっとお帰りでしたね。。
大きな台風でしたものね。。

オリエント急行が、こんなに近くにあるんですね。
知らなかった。。

いつもいつも、仲の良いご夫婦で
見ていて楽しいです(^^)

キノコ狩りの成果も素晴らしかったのね。
恐いように美しいキノコ!あるんだ。。
ちょっと感動!

黄色いリゾット、いけてます!
美味しそう♪♪♪

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> アガサクリスティ、懐かしい。
> 中、高校時代に夢中になって読みました。
> ポワロ気分になれるのはいいですね。

灰色の脳細胞が活性化しましたが、
もとの頭が悪いのでただ単にはしゃいでました。

Re: No title

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 仲良しな主夫太郎さん夫婦。
> セレブな旅行に変身し。素敵!!
> やっぱり主夫太郎さんはロマンティストだわ
> 主夫太郎さん きっと夢見ちゃいそう~~
> アガサ仕立ての夢を期待しておきます^m^

ああいう頭の切れのいい人として、
僕が夢に出て来たことはないので、
たまには私立探偵になって活躍してみたいものです。


> 美術館大好き~
> 何時間でもいられる癒しの空間!!
> たま~にふらりと行きたくなるんですよね❤


僕は一人でいてもいいですねぇ。
大抵カミさんとですが(笑)
この美術館凄くおすすめですよ。
是非是非箱根にいらした際にはお立ち寄りください。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> オリエント急行‥アガサ・クリスティ‥
> ミステリィ愛好者にはたまりませんね~☆

カミさんはミスレモンがすきですし、
ということで僕はポアロ役です。

> レストラン入り口で切符を切る‥
> 細かいディテールにもこだわっているなんてスゴイですね。

これはなかなかテンションが上がります。
入る前から大興奮でした。

> “ラリック”‥存じ上げなかったのですが‥
> ガラスの柔らかさを活かした作品、素敵ですね。

僕も全くしりませんでしたが、
こういう機会に見聞を広げるのはいいことですよね。
本当にいい感じの美術館でした。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 今日、九州で豪華なななつ星が走って
> 日本にもオリエント急行みたいの走るようになったんだと思っていたところです。

そうですね。デラックススイートとかでウン十万とかだそうでして...
ん~庶民にはとてもとても無理なお話です。

> オリエント急行で頭に浮かぶのは豪華よりも殺人で
> その内装やらはピンと来ていませんでしたが
> こうしてみると本当に豪華な造りだったんですね

ここで起きるミステリーはちょっと怖いですよね~。
とにかく豪華な内装でした!

> 箱根、ゆっくりと美術館めぐりしてみたいです

僕ももう一度美術館に行ってみたいと思ってます。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。


> まだ帰って来られないのかしら??

二日遅れて木曜日に帰ってきました。
台風は大変でしたよ!!

> ラリック美術館~、
> 随分前ですが、私も行ったことあります!
> 綺麗ですよね~~。

凄いところでしたね。
また行きたいと思ってます。

> 今はそうでもないのですが、
> 若いころ(大学生の頃かな~?)、アールヌーボー、アールデコが好きで、
> よく美術館巡りしてました。
> クリムトとか、ミュシャとか。
> 今でもウィリアムモリスのデザインは大好きです~♪

鉛ガラスの重厚感はいいですよね。
手に入るものでもないのですが、
こういうものが似合うお部屋を将来作ってみたいと思いますよ。
まぁ、まずは予算ですけどね。

> ただ、、、
> オリエント急行の記憶が全くない・・・。
> 美術館のほうは良く覚えているのですけどねぇ。。。
> とっても素敵な内装なのに!!
> セレブ感がたまりませんね。
> お花をひっくり返したようなランプ、可愛い~~
> あと、カーマスコットも!
> 欲しい~~~♪(笑)

あれ!このオリエント急行の車両は凄いですよ!
是非是非行って下さい。
カーマスコット欲しいですけど、
まぁ、それに見合う車が欲しいですねぇ。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> この美術館の近くを通っていましたが、入ったことがなかったです!
> 今度箱根に行ったら、お茶してみますね~
> ガラス大好きなんです。

それなら是非是非行って見て下さい。
オリエント急行の中で45分ですけど、ゆっくりお茶がのめますよ!
美術館も素敵です。

> それにしても、想像できないほどのお金持ちって、趣味でこんなことができるのですね。
> ちょっとそのおすそ分けでしょうか(それなら入場料も安くして!)
> でも、維持費も相当なものですね。

まぁ、維持費を計算せずにこんなことができるのが本当のお金持ちなんでしょうけどね(笑)

> 主夫太郎さんのポアロは、イメージぴったりですよ~♪
> 奥様は、その回に必ず登場するヒロイン。そのヒロインから、状況を聞いているポアロという設定の写真^0^

まぁ、そうなると結末はカミさんが犯人って感じですかね(笑)

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> ふ〜、そんなとてつもないお金持ちさんがいるのですね。
> 世の中には。。。ため息出ます。
> オリエント急行の車両でお茶がいただけるのですか!
> 素敵〜〜☆
> HP拝見してきましたが、お茶と言っても3人だと結構な
> お値段に...@@ 怪獣置いて行きたいです(笑)

まぁ、お値段は張りますが、実際のオリエント急行にのると思えば安いものですよ(笑)
怪獣君にはアガサ・クリスティーが読めるようになったら連れて行ってあげましょう!

> ...オリエント急行憧れますよね♪いつか...って。
> 主夫太郎さんご夫妻なら実現されそうな感じだわ♪
> むか〜〜〜し、夫とカナダのカジュアルな←^^;
> 寝台列車に乗ったことがあるのですが、ガタゴト揺れて
> 全然眠れなかったことが...^^;

オリエント急行は今はもう走っていなくて、
車両が良い状態で保存されてるのは、ここを含めて2つとか3つだそうです。
ん~走っているとき乗ってみたかったですねぇ。
カナダの大自然をはしる寝台列車!眠れなくても素敵じゃないですか。
まぁ、僕の年だと流石にきついですけどねぇ(笑)

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> オリエント急行なんてすてき★
> 子供の頃オリエント急行殺人事件を読んだなぁって思い出しました。
> 思い出したのは読んだ記憶だけだから、今になって主夫太郎さんの記事みたらまた読んでみたくなったわ★

オリエント急行殺人事件は珍しく、
ポアロが犯人を.....って言わない方がいいですねぇ。
是非また読んで下さいな!

> お茶する二人♪もなんか似合うなぁ。おしゃれ♪
> ケーキもおいしそうだしコーヒーもおかわり分まであってリッチ★
> こういうところでは時間をより大切に過ごしたいですよね。
> 主夫太郎さんはそういう時間の使い方がお上手よね!!

ここにいたらあっという間です!
全部で45分しかいられないんだけど、
人が多くなければ凄くいい感じ。
揺れないから、実際のオリエント急行より快適ですしね。

> 台風で大変だったね…
> さすがにもう帰ってこれたかな??お疲れでしょう。
> ゆっくり休んでねー!

ありがとうございます。
体調管理をしっかりして、
来週は釣りに行きます。

Re: No title

あずもんさん コメントありがとうございます。

> 素敵なひと時でしたね♪
> うん。うん。ついて行けるなら、ついていくべき~♪
> 宿泊浮いたのはラッキーでしたね~(笑)

そうですよね。宿泊費浮くし、家事をしなくていいし、
それはそれは楽しかったですよ。

> ゆったりと珈琲をいただく、幸せな時間。
> 時間がスローに感じれそうな空間ですね

こんな空間、僕も欲しいなぁっておもいました。
まぁ、欲しいだけなんですけどね。実際行動には起こせません。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> フランスの硝子工芸家というと、すぐに浮かぶのがエミール・ガレ。

まぁ、あの重厚な鉛ガラスの工芸品は惹かれますよね。

> どちらかというと宝飾品の硝子細工がメインのように思われているラリックも、
> 結構大きな作品も残していたんですね。

香水のボトルなどもデザインしたそうですが、大作も結構あるようで
魅了されてしまいました。

> 私が持っている唯一のラリックは指輪です(笑)

なんと!ラリックの作品を持っているのですか。
ん~(笑)マークの意味はよくわかりませんが、いいなぁ。

> オリエント急行の車両、船に積んで運んだんですよね。
> 世の中には桁違いのお金持ちがいるもんですね。
> でも、彼のお陰で古き良き時代の雰囲気を体感できるのだから、ありがたい事です。

お金持ちはやはりこうやって社会に還元して欲しいものですよね。
まぁ、我々は還元される一方でいいと思います。

> カーマスコット、トラックの後ろを走ってて、落ちてきた砂利が当たって壊れたら泣くに泣けませんね。
> こういうところが貧乏人の発想なんだろうなぁ(笑)

まぁ、お金持ちもそこそこ小さい人間だったそうで、
目的地までついたら盗まれないように、カーマスコットを抜いてキャップをしたそうです。
そりゃそうですかね(笑)

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> ご無沙汰しています。。
> やっとお帰りでしたね。。
> 大きな台風でしたものね。。

全くもって大変でしたが、
その分、猟ができてよかったです。

> オリエント急行が、こんなに近くにあるんですね。
> 知らなかった。。

是非行って見て下さい!
僕ももう一度行くつもりです。

> いつもいつも、仲の良いご夫婦で
> 見ていて楽しいです(^^)

二人しかいませんから喧嘩してもつまらんですからねぇ(笑)

> キノコ狩りの成果も素晴らしかったのね。
> 恐いように美しいキノコ!あるんだ。。
> ちょっと感動!
> 黄色いリゾット、いけてます!
> 美味しそう♪♪♪

でしょ?
今度は自分で採れるようになったらおすそ分けしますわん!

こんばんわ^^

主夫太郎さん、こんばんわ^^
オリエンタル急行の車内は、こんなに豪華なんですね。
電車の旅は今まで自分が行くことを想像できませんでしたが、
こうして見せて頂くと、一気にその気になりますね。

オリエンタル急行で旅をしたら素敵でしょうねぇ~^^
車内でお茶、私もしてみたくなりました。

九州も新しい豪華列車?が走るのですよね。
何だか興味がでてきました。

Re: こんばんわ^^

ちーこさん コメントありがとうございます。

> オリエンタル急行の車内は、こんなに豪華なんですね。
> 電車の旅は今まで自分が行くことを想像できませんでしたが、
> こうして見せて頂くと、一気にその気になりますね。

なかなか豪華な内装ですよね。
時間をかけて旅がしたくなります。

> オリエンタル急行で旅をしたら素敵でしょうねぇ~^^
> 車内でお茶、私もしてみたくなりました。

できればディナーも頂きたいところですが、
こちらはもう再現しようがないのかなぁ。
再現できるなら再現して欲しいですねぇ。

> 九州も新しい豪華列車?が走るのですよね。
> 何だか興味がでてきました。

一杯お金貯めて乗ってみたいですねぇ。
デラックススイート!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。