03 | 2017/03 | 04
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鮎釣り(季節外れだけども)

2013.10.22 08:00|獲物・収穫系
は~い!元女子高生のみなさ~ん
秋が深まりますねぇ~

と、秋が深まるのに夏のお話です。まったくもって季節がずれながらブログはアップされるのですが、これはノロマな主夫太郎には仕方のないことなのですよ。しかも今回は生まれて初めてやった鮎釣りのお話。川に入ることもあり写真を撮る余裕が全然ない!!ということで、今回はなんとか頑張ってイラストで説明することにしました。ん~絵心はないものの、持ち前の理系らしい発想で、なんとかお伝えするだけの、絵ではなく「図」がやっとこ書けたのでなんとか記事にすることにしました。スケッチブックに書いて、色鉛筆で色をつけ、スキャナーで取り込んだので、ちょっと歪んでたりしてますが、お見苦しいところはご容赦下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


僕が釣りをするなんて思ってもみなかったのだけども、父親の趣味が鮎釣りで、そろそろ父親のことも理解しようと思うようになった。自分で食糧を調達するという楽しみもあるし、いつも口にする魚というものが普段どんなところで何をしているのかというのも興味があった。

なんといっても父親が何十年も鮎釣りをしていて、教師としてこれ以上安上がりで、話を聞きやすい人間もいないし、いままで40年も父親の趣味に微塵も興味を持たなかったというのもなんとなく悪い気もしていた。鮎釣りに夢中になる父親は奇異にみえたが、「変な人間だ」という一方的な一言でかたずけてしまっていたのは、鮎釣りをしたこともない人間が下す結論としては少々失礼であろうとも思う。

鮎釣りをしたいと言ったら父親は随分と喜んでくれた。実家の近くの吾妻川でちょっと竿を振るつもりだったが、「沢山釣れないとつまらないから」という意見で富山県の神通川まで遠征することになった。父親の知り合いの車に乗って夜に家を出て、朝から河に入って釣るというハードなスケジュールだが、なかなかワクワクした。子供のころから、それほど遠足というのは好きではなかったのだが(授業がないという一点ではうれしかったが)今回はかなりワクワクしたのは、なぜだろう。父親との旅行というのは小学校2年以来でもあるから、そんなことも手伝ったのかもしれない。

まぁ、旅行記なんて大して面白くないだろうから、今回は鮎の友釣りが如何なるものかを紹介しようと思う。
案外良くできた仕組みなのは本当に驚いた。

Scan0004改造B


気のせいかyumiさんの旦那様に顔が似てしまったイラストで鮎釣りの装備を紹介。

全く知らなかったのだが、鮎の竿ってのはけた違いに高い。僕は父親から貸してもらったのだが20万円ほどの竿だ!鮎が一匹150円で売ってたりするが、単純計算で1333匹釣って始めて元が取れる。ということでこの時点で鮎を釣ることで食卓を楽しくすることはできても、家計を助けることはできないとわかる。そもそも僕は40年生きているが多分1000匹も鮎を食べていないだろう。まぁ、どんな理由をつけても道楽に過ぎない。父親の竿は30万円ほどでもっと高価だ。

竿の他に仕掛けにもお金はかかるし、漁協に「川ごと」にお金を収めなければならない.....
その他、旅費に宿泊代、獲った魚を送る宅急便代と大変だけども、なんといっても身がしまった、天然アユを食べられるというのは何事にも変えられない、と思っている....

さらに凄いことに、鮎釣りは川に入ってするのだけども、間違って足をとられて流されてしまったときには、この高い鮎の竿を手放さないと助かる確率が減る。なんでも川で流されて亡くなる人の中には少なからず竿を握ったまま亡くなっているそうで、その気持ちも分からないではない。
しかし、一匹150円から300円くらいの魚を釣りにゆくのに、ちょいとコケると20万円とおさらばするなんて、こりゃまぁ、凄い娯楽だとは思った。

この他、上のイラストに描いたような装備が必要だが、値段はピンからキリまでで竿以外だったら5万円もあれば一応の恰好がつくと思う。ズボンなんかをオーダーメードにすると何万ってなってこれは大変。

Scan0003だ


僕がする釣りは「鮎の友釣り」という奴だ。上のイラストでは上側に描かれた鮎が「おとり」だ。人間の手下となる鮎。鼻のところに、牛とおなじように鼻輪(ハナカンという)がついていて、その先に糸がついていて竿とつながっている。さらにハナカンに別の糸がついていて、お尻のヒレのあたりに一か所固定されて、そのさきに、針(イラストは三本イカリというものだが)がついている。

下側に描かれている鮎が天然にいる鮎で、おとりの鮎が自分の縄張りに入ってくると腹をたてて戦いを挑んでくる。もちろん奴らが戦うとなると道具なんかないから、肉弾戦になるわけだ。そんでもって、この野郎!!と体当たりをするうちに、三本イカリに刺さってしまって吊り上げられるという算段になっている。

畜生!!!って釣られた鮎は思うかもしれないが、釣られたばかりの鮎は元気だから、今度は釣られた鮎がハナカンを着けられて「おとり」となり人間の手下として他の鮎を誘うということになる。「おい!俺に近づくな!!」という仲間思いの鮎がいないか、会話をする能力がないかどっちかの理由で、鮎はまたまた針にかかるわけ。まぁ、これを繰り返して鮎を沢山釣るのが友釣りだ。

鮎にハナカンをつけて、針をつけて河で泳がせる。

鮎がつれたら、おとりを交換して同じことをする


というだけなのだけども、これがまたやたらと面白い。父親に随分丁寧に教えてもらったので、それほどの失敗もなかったせいかもしれないがとにかく面白かった。父親と違って僕は鮎を食べるから猶更たのしかった。

あまり釣れないと「おとりの鮎」が泳ぐのにつかれてしまって、お腹を上にして浮いて来たりする。
そんなときは仕方なくおとりを取り替えるのだが、このとき新しいおとりを「舟(最初のイラスト参照)」から取り出すときに逃げ出されたりしてしまってそのときはかなり悔しい。

Scan0005改


他の魚のように合わせる必要は全くない。何にしろ勝手に喧嘩を初めて「喧嘩両成敗」って感じで吊り上げてしまうのだから、自由に戦ってくれればいいわけ。
だけども、吊り上げるときはなかなか大変だ。なんといってもリールがあって巻き上げるのとはちがって、竿の操作だけで吊り上げる。竿の長さは9メートル(長いものだと12メートル)だから、小さな魚が2匹ぶら下がっているだけでかなり重たい。まぁ、一応重たくて四苦八苦しているところをイラストにしてみた感じ。


今週はこの釣りで釣った鮎をお料理したお話などなどアップしようと思います。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
 
スポンサーサイト

コメント:

No title

主夫太郎さんこんにちは♪
あ!楽しみにしてたイラストだ!!
やっぱり主夫太郎さんイラストお上手!!
鮎とか美術の授業みたいよ!!
うちの地元は、鮎釣りする人も多くて、昔父がよく釣ってきて、魚をくねくねってさした塩焼にして食べてたなぁ。
川魚の中でも身がいっぱいだしふっくらしてるし大好き!

主夫太郎さんのパパさんは鮎釣りが趣味なのね!!
うちの夫も食べられる魚を釣ってきてほしいわ。
鮎釣り自体やったことないんだけど、友釣りってちゃんとおとりじゃない方がかかった時、わかる?あきらかにあたりがある感じ??
もともとあたりがあるっていうか乗ってる状態だから、そこにさらにもう1匹かかった時っていうのはどんな感じなのだろう。
ちょっとおもしろそうだけど、鮎釣りはなかなか重労働よね。
川に入って体力使いそう!
鮎は食べる専門がいいかな♪
イラストの記事、楽しかったです!!

No title

こんにちは。
イラスト、お上手ですね~☆
鮎も、登場人物もとても上手く描いています!でもモデルが主夫太郎さんでないことだけは、分かりますよ(爆笑)!
私の父は釣り馬鹿で(川釣りのみ)、子供のころは多摩川やもう少し上流まで行っていました。女の子(そのころは)は煩くて釣りの邪魔になるので摘みをして待っていました。兄はその影響で、やはり釣り馬鹿!定年退職後、東京をさっさと引き払い、熊本の山奥に移住して「晴耕雨読」。と思ったら、雨の日でも畑仕事はあるらしく、雨読ばかり出来ないと言っていました。
そんな環境もあり、お父上様の鮎釣りのかける情熱は分かる気がします。趣味を満喫して、家族にお土産まで持って帰るのですから、良い趣味です。
多摩川では鮎釣りは出来ないので、「友釣り」の説明はとても面白かったです。
ルアー釣りとかなり似ていますね。
イラストの釣りあげた姿には、大分余裕が感じられます(笑)
そして何より、釣りが楽しかったことが文面から良く伝わってきました。
天然鮎のお料理、楽しみにしていますよん^0^

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

鮎釣り、カッコイイですね~!
師匠がお父様、とっても心強い釣行になりましたね。

鮎釣り用の竿って高いのね‥20万‥。
船釣りも初期の設備投資や、竿・リールなどなどかかりますけど、
竿1本がこんなにお高いなんて驚きました。
主人が欲しそうにしてる竿は2~5万、可愛いもんだと思えます。
(が、そう簡単には買いませんよ‥(^^))

この長竿、慣れないと鮎を取り込むのは難しそうですね。
わたしなんて2メーターちょいの竿でもブランブランしちゃうもの。

鮎の仕掛け、的確な説明でとってもわかりやすいです。
オトリの魚に鼻カンをつけて背中にも針を掛けて孫針で魚を釣るのは
ヒラメ釣りと同じ感じです。孫バリは3本フックじゃないけど。

ジャケット、渓流釣り用はポッケがいっぱいありますよね。
これ、非常時のアイテムとしても有効なのよ。
通帳や印鑑、携帯ラジオ、懐中電灯、軍手なんかを入れておいて
いざという時は着用するの。
意外と収納力があって、両手が開くから他の荷物が持てるしオススメです。



No title

主夫太郎ちゃん、こんばんは!

夕べから、PCの調子悪くて、固まる!消える!
ついでにFBもブロックされる!
むかっとして、PC壊しそうになりました^^;

おーー、イラスト、やっぱりお上手!
几帳面さがここにも出ているのね(^^)

鮎釣り、川内川にも沢山いて、盛んでしたが、こんな仕組みだったのね。よーくわかりました。
鮎って闘争心の強い魚なのね。。
うーーん、顔に出ているかも。。

それにしても、指導者が素晴らしいと
初体験の主夫太郎ちゃんも、素晴らしい釣果が上がるのね\(^o^)/
親孝行できましたね!自分も楽しくて最高ね(^^)

小さい頃は、毎年、天然物の鮎、食べていましたが、遠い昔の思い出です。
なんだか、ほのぼのした気持ちです。

No title

主夫太郎さんはやっぱり器用。
鮎に釣り姿上手!!
いつも釣ってる感じ~
お父様が好きなんですね。
きっと感慨深いでしょうねお父様♪
子供と楽しめるのは嬉しいもんですもんね(^^♪

そうそう鮎釣り竿は高いですよねー
職人さんが一本一本削りだし作るので
いいのになると100万とかするのもあるみたいですね(驚)

今度は主夫太郎さんの料理を楽しみに来ますねー!(^^)!

No title

主夫太郎さんこんばんは。
鮎釣りをお父様と一緒に。
楽しい夏の思い出ですね。

義父もアユ釣りとハゼ釣りはします。っていってもアユ釣りはもう何年もしていないらしい。
道具が倉庫に眠ってます。
運が良ければ義父のお友達が釣った鮎を我が家にも分けてもらえる事がある・・・
あ〜今年はそんな事無かったな〜
やっぱり天然の物は美味しいですよね。

そう、こっちに引っ越して来て間もない頃、主人と散歩していたら用水路で網を持っているおじさん発見!話を聞くと川から用水路に流れて来た鮎を捕まえる所だと。
見たらホントに鮎が泳いでましたよ。しかも3匹くらい。これは捕まえるのも簡単だろうしとってもラッキーですよね。
ま、釣りの楽しさを知らない私ならではの考えですが。苦笑

絵もお上手でよくわかりました〜

No title

お久しぶりですー^^
絵めっちゃ上手ですね!!
こんな感じのタッチで描けるの羨ましいです><
(私が書くとキャラクター四コマみたいになってしまうので…)
もうすぐ就活で関東に行くことも多くなると思うので
その時はまた、いろんなお話させてくださいね^^

No title

こんばんは~

主夫太郎さん
ネットで元女子高生づりだけじゃなくて
本当に釣りを体験されたのですね
まずイラストのうまさに驚きました。
本当に多才なんですね~ 

庄内は川あり海ありなので、ものすごく釣り人口が多いらしいです
男が集まれば釣りの話、あちこちから聞こえてきます
あちらこちらで川釣りの人をみかけますが
イラストのようにかっこいい人はあんまりで、
胸までの長靴に農協の帽子なんて恰好が多いかも~
鮭なんかもそろそろじゃないのかな~

No title

こんにちは。
主夫太郎さん、こんなに上手なイラストを描かれて
絵心がないと言われたらダメですよ〜。
本当の絵心がない絵をお見せしましょうか!(笑)

お父様、主夫太郎さんと一緒に鮎釣りが出来て嬉しかったでしょうね♪
喜ばれたお姿が目に浮かびます^^
...鮎用の釣り竿はそんなに高いのですか@@

前にもお話しましたが私は鮎が大好きで、
河原で焼いて食べたり、やな(観光用)でつかみ取りした
子供の頃の楽しい思い出がそうさせているのかな〜と??
主夫太郎さんの鮎料理、楽しみにしています♪

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございました。

> あ!楽しみにしてたイラストだ!!
> やっぱり主夫太郎さんイラストお上手!!
> 鮎とか美術の授業みたいよ!!

うれしいな!こんなに褒めてもらえるなんて!!

> うちの地元は、鮎釣りする人も多くて、昔父がよく釣ってきて、
> 魚をくねくねってさした塩焼にして食べてたなぁ。
> 川魚の中でも身がいっぱいだしふっくらしてるし大好き!

そうそう!!クネクネ焼きね(笑)
鮎釣りは大すきなひとが多いけど、そのなかで食べる人ってすくないから、
上手くやればもらえますよ。

> 主夫太郎さんのパパさんは鮎釣りが趣味なのね!!
> うちの夫も食べられる魚を釣ってきてほしいわ。

食べられるお魚を獲りにゆきましょうよ!!
もっともかなりお金がかかりますけどね。

> 鮎釣り自体やったことないんだけど、友釣りってちゃんとおとりじゃない方がかかった時、
> わかる?あきらかにあたりがある感じ??

ちょっと重くなりますね。最初はわかりませんでした。

> もともとあたりがあるっていうか乗ってる状態だから、
> そこにさらにもう1匹かかった時っていうのはどんな感じなのだろう。

ハナカンに引かれながら気持ちよく泳いでいるので
逃げようとはしないのよ。だからすごく竿は軽いんです。

> ちょっとおもしろそうだけど、鮎釣りはなかなか重労働よね。
> 川に入って体力使いそう!
> 鮎は食べる専門がいいかな♪
> イラストの記事、楽しかったです!!

僕が沢山釣って差し上げたいわん!!

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。


> イラスト、お上手ですね~☆
> 鮎も、登場人物もとても上手く描いています!
> でもモデルが主夫太郎さんでないことだけは、分かりますよ(爆笑)!

なかなか自分の顔を描くのは勇気がいりますよ。

> 私の父は釣り馬鹿で(川釣りのみ)、子供のころは多摩川やもう少し上流まで行っていました。

おお!渓流釣りでしょうか。あれはあれでかなり難しいです。
ん~凄い。

> 女の子(そのころは)は煩くて釣りの邪魔になるので摘みをして待っていました。

確かにそうなるとは思います(笑)僕も自分のことで必死!!
周りをみる余裕はありませんでした。

> 兄はその影響で、やはり釣り馬鹿!定年退職後、東京をさっさと引き払い、
> 熊本の山奥に移住して「晴耕雨読」。と思ったら、
> 雨の日でも畑仕事はあるらしく、雨読ばかり出来ないと言っていました。

ん~~仙人のような仕事ってのはこの世の中にはないってことでしょうかね。
雨のなかの農作業は大変そうだなぁ。

> そんな環境もあり、お父上様の鮎釣りのかける情熱は分かる気がします。
> 趣味を満喫して、家族にお土産まで持って帰るのですから、良い趣味です。

お土産はいいですよね。そのうち、30も40も釣るようになりたいです。

> 多摩川では鮎釣りは出来ないので、「友釣り」の説明はとても面白かったです。
> ルアー釣りとかなり似ていますね。

生きたルアーって感じですね。
ルアーとちがって本物ですから、臨場感は凄いはず(笑)

> イラストの釣りあげた姿には、大分余裕が感じられます(笑)
> そして何より、釣りが楽しかったことが文面から良く伝わってきました。
> 天然鮎のお料理、楽しみにしていますよん^0^

お料理は大したことはないのですが、
素材そのものを生かそうと思ってお料理しました。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 鮎釣り、カッコイイですね~!
> 師匠がお父様、とっても心強い釣行になりましたね。

これは随分と助かりました。
来年も是非釣りたいですね~。

> 鮎釣り用の竿って高いのね‥20万‥。
> 船釣りも初期の設備投資や、竿・リールなどなどかかりますけど、
> 竿1本がこんなにお高いなんて驚きました。

鮎だけは格段に高いそうです。
ちなみにキャスティングすると割れてしまうそうで。
なんとも繊細なものだそうです。

> 主人が欲しそうにしてる竿は2~5万、可愛いもんだと思えます。
> (が、そう簡単には買いませんよ‥(^^))

舟もってるわけですから、それ以上の贅沢はありませんよ(笑)

> この長竿、慣れないと鮎を取り込むのは難しそうですね。
> わたしなんて2メーターちょいの竿でもブランブランしちゃうもの。

四苦八苦でした。
なれるまでに何年かかるかわかりませんが、ものにしたいですねぇ。

> 鮎の仕掛け、的確な説明でとってもわかりやすいです。
> オトリの魚に鼻カンをつけて背中にも針を掛けて孫針で魚を釣るのは
> ヒラメ釣りと同じ感じです。孫バリは3本フックじゃないけど。

あら、ヒラメもおとりを使うんですか!!
ん~こういうことも知らないので少しづつ勉強したいですねぇ。

> ジャケット、渓流釣り用はポッケがいっぱいありますよね。
> これ、非常時のアイテムとしても有効なのよ。
> 通帳や印鑑、携帯ラジオ、懐中電灯、軍手なんかを入れておいて
> いざという時は着用するの。
> 意外と収納力があって、両手が開くから他の荷物が持てるしオススメです。

通帳や印鑑?ん~そのあたりは分からないですが、
ポケットはいくらあってもいいですね。
両手があくのは重要ですね。バランスが取れるってのはとても大事でした。

No title

絵心ないなんてとんでもない。イラストとっても上手で
雰囲気も伝わって来ますよ~
私もこういう才能が欲しかったなあといつも思います。
鮎釣りいいですね~自分で作った野菜とか獲ったもので
料理と言うのもまた贅沢なもの。
どんな料理になるのか楽しみです。
でも竿が20万ってお金がないとこういう趣味をしたくても
できないのかなあ~
これを機に時々お父様と釣りを楽しまれるのもいいかも
しれませんね!

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> 夕べから、PCの調子悪くて、固まる!消える!
> ついでにFBもブロックされる!
> むかっとして、PC壊しそうになりました^^;

まぁ、PCのせいじゃないから、冷静にね(笑)

> おーー、イラスト、やっぱりお上手!
> 几帳面さがここにも出ているのね(^^)

そうそう、几帳面なのさ!あははははは。

> 鮎釣り、川内川にも沢山いて、盛んでしたが、こんな仕組みだったのね。よーくわかりました。
> 鮎って闘争心の強い魚なのね。。
> うーーん、顔に出ているかも。。

鼻の曲がり具合が意思の強さを表してますよね。
凄い喧嘩っぱやいのよ。僕みたい。

> それにしても、指導者が素晴らしいと
> 初体験の主夫太郎ちゃんも、素晴らしい釣果が上がるのね\(^o^)/
> 親孝行できましたね!自分も楽しくて最高ね(^^)

来年も行こうと思ってます。
もっと沢山釣って食卓を豊かにしようと思います。

> 小さい頃は、毎年、天然物の鮎、食べていましたが、遠い昔の思い出です。
> なんだか、ほのぼのした気持ちです。

小さい頃していた贅沢はどうしても価値がわからないから、
贅沢だとは思いませんよね。
ん~あの頃にもどって、質素だけど贅沢な美味しいものたべてお酒でも飲みたい。

Re: No title

やちゃmruさん コメントありがとうございます。

> 鮎に釣り姿上手!!
> いつも釣ってる感じ~
> お父様が好きなんですね。
> きっと感慨深いでしょうねお父様♪
> 子供と楽しめるのは嬉しいもんですもんね(^^♪

来年も鮎釣りに行こうとは思ってます。
今度はゆっくり時間をかけて行きたいですねぇ。

> そうそう鮎釣り竿は高いですよねー
> 職人さんが一本一本削りだし作るので
> いいのになると100万とかするのもあるみたいですね(驚)

さすがにそういう竿を飾っておくだけで使えませんね。
刀みたいなものですわ。

> 今度は主夫太郎さんの料理を楽しみに来ますねー!(^^)!

大したことないのですけどね。
まぁ、そのまま食べるのが一番美味しいから。

Re: No title

すみれさん コメントありがとうございます。

> 鮎釣りをお父様と一緒に。
> 楽しい夏の思い出ですね。

もっと早くはじめればよかったと思います。
なかなか難しいですねぇ。
来年はもっと釣りたいです。

> 義父もアユ釣りとハゼ釣りはします。っていってもアユ釣りはもう何年もしていないらしい。
> 道具が倉庫に眠ってます。

あら、それならすみれさん、教えてもらって釣りましょうよ。
ハゼだったら天麩羅にいいし!!素晴らしい環境になってるじゃないですか!!

> 運が良ければ義父のお友達が釣った鮎を我が家にも分けてもらえる事がある・・・
> あ〜今年はそんな事無かったな〜
> やっぱり天然の物は美味しいですよね。

おいしいですね。やっぱり身が締まってます。

> そう、こっちに引っ越して来て間もない頃、
> 主人と散歩していたら用水路で網を持っているおじさん発見!
> 話を聞くと川から用水路に流れて来た鮎を捕まえる所だと。
> 見たらホントに鮎が泳いでましたよ。しかも3匹くらい。
> これは捕まえるのも簡単だろうしとってもラッキーですよね。
> ま、釣りの楽しさを知らない私ならではの考えですが。苦笑

いやいや、これはラッキーですよ。
だって漁協にお金払わなくていいし!!
ん~こんな用水路が僕にも欲しいですよ。

> 絵もお上手でよくわかりました〜

そのうちまたイラストでも使おうと思います!

Re: No title

ヒカルさん こんにちは

> お久しぶりですー^^

お元気?色々大変だと思うけど頑張ってくださいよ!

> 絵めっちゃ上手ですね!!
> こんな感じのタッチで描けるの羨ましいです><
> (私が書くとキャラクター四コマみたいになってしまうので…)

PC上で描けるツールもあると思うのだけど、
なかなか値段もするだろうし、手先から伝わる感覚も違うだろうから
今はこんな感じにしてます。
絵は味がでますからね。個人的に楽しむのだから自分の味を大切にしようと思ってます。

> もうすぐ就活で関東に行くことも多くなると思うので
> その時はまた、いろんなお話させてくださいね^^

あっという間ですよね。もう就活ですか。
時間があったらお声掛けくださいね。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん
> ネットで元女子高生づりだけじゃなくて
> 本当に釣りを体験されたのですね

元女子高生は撒いた餌は食べてくれますが、
針がついている餌には一向にかかりません(笑)

> まずイラストのうまさに驚きました。
> 本当に多才なんですね~ 

いやいや、中途半端ですが、まぁ、伝えることくらいはできるみたいでよかったです。

> 庄内は川あり海ありなので、ものすごく釣り人口が多いらしいです
> 男が集まれば釣りの話、あちこちから聞こえてきます

釣りの話をし出したらみんな止まらないですね。
まだ僕はそこまでいかないですね。
来年あたりもっと夢中になっているのでしょうか。

> あちらこちらで川釣りの人をみかけますが
> イラストのようにかっこいい人はあんまりで、
> 胸までの長靴に農協の帽子なんて恰好が多いかも~
> 鮭なんかもそろそろじゃないのかな~

まぁ、釣り人もだんだん高齢化でしょうからね。
ってことで僕は永遠の新人なんではないでしょうか(笑)

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、こんなに上手なイラストを描かれて
> 絵心がないと言われたらダメですよ〜。
> 本当の絵心がない絵をお見せしましょうか!(笑)

まぁ、東京芸大はちょっと無理そうですからね。
でも自分で楽しむ程度にはなってます。
最近描いてないのでちょっと手間取りました(笑)

> お父様、主夫太郎さんと一緒に鮎釣りが出来て嬉しかったでしょうね♪
> 喜ばれたお姿が目に浮かびます^^
> ...鮎用の釣り竿はそんなに高いのですか@@

来年も行くつもりです。
竿は高いので来年も父に借りるつもりですけどね。

> 前にもお話しましたが私は鮎が大好きで、
> 河原で焼いて食べたり、やな(観光用)でつかみ取りした
> 子供の頃の楽しい思い出がそうさせているのかな〜と??
> 主夫太郎さんの鮎料理、楽しみにしています♪

鮎好きな人おおいですよね。
鮎料理大したことはないのですが、
シンプルにお料理しました。

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> 絵心ないなんてとんでもない。イラストとっても上手で
> 雰囲気も伝わって来ますよ~
> 私もこういう才能が欲しかったなあといつも思います。

ありがとうございます。
いや~自分で楽しむ程度の絵を描くていどですが、
久しぶりでしたのでちょっと手間取りました。

> 鮎釣りいいですね~自分で作った野菜とか獲ったもので
> 料理と言うのもまた贅沢なもの。
> どんな料理になるのか楽しみです。

シンプル過ぎてちょっと恥ずかしいくらいのお料理です。

> でも竿が20万ってお金がないとこういう趣味をしたくても
> できないのかなあ~

まぁ、安い竿もあるようですが、やっぱり釣りにはお金がかかるみたいですね。
僕もこれが道楽だとわかるまでには大分かかりました。

> これを機に時々お父様と釣りを楽しまれるのもいいかも
> しれませんね!

来年も行くつもりです。
なんとか沢山釣れるようになりたいと思います。

主夫太郎さんって才能の宝庫ですね。
絵心ありありですよ。
自作の挿絵入りの本を出版して頂きたい。
猟、釣り、キノコ狩りが趣味の義兄が主夫太郎さんの存在を知ったら、フランスで一年ぐらい拘留されそう(笑)
釣りはスポーツだと言われるけれど、鮎の友釣りはまさに体力勝負なんですね。
これは是非義兄にも体験させてあげたいけど、予算的に難しそう。

Re: タイトルなし

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんって才能の宝庫ですね。
> 絵心ありありですよ。
> 自作の挿絵入りの本を出版して頂きたい。

こんなこと言われたことありませんよ(笑)

> 猟、釣り、キノコ狩りが趣味の義兄が主夫太郎さんの存在を知ったら、
> フランスで一年ぐらい拘留されそう(笑)

フランスで猟に釣りにキノコ狩りなんて楽しいだろうな。
是非是非拘留して欲しい。まぁ、交流のほうが適切かな。

> 釣りはスポーツだと言われるけれど、鮎の友釣りはまさに体力勝負なんですね。
> これは是非義兄にも体験させてあげたいけど、予算的に難しそう。

竿ももう少し安いものもあるようですが、
なんだかんだ言ってお金はかかります。
鮎釣って元はとれませんが、あの楽しさは是非味わって欲しいとおもいますね。

No title

主夫太郎さん、こんにちは~♪
あはははは~、確かに夫に似ている~~!
こんな出で立ちでいつも釣りしています。
足りないのは、首に巻いているタオルくらいでしょうか?

本当にイラスト、お上手ですね~。
友釣りの説明もイラスト付きだととっても分かり易いです。
ルアーはやったことありますが、鮎の友釣りは未体験です。
でもしんどそう!!
10メートルの竿をヒョンヒョンさせるのは大変でしょうね。
竿はピンキリですけど、
やはり良いもののほうが良いんでしょうね~~。^^
お金はかかりますけど、ま、趣味ですからね。
一度行くだけで2~3万かかってガソリン代もかかって、
何のお土産もないゴルフと比べると、断然家計に優しい趣味ですよ!!

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> あはははは~、確かに夫に似ている~~!
> こんな出で立ちでいつも釣りしています。
> 足りないのは、首に巻いているタオルくらいでしょうか?

なんか描きはじめたら、御主人に似てきちゃって、
思い切ってそのまま最後まで使わせて頂きました。

> 本当にイラスト、お上手ですね~。
> 友釣りの説明もイラスト付きだととっても分かり易いです。
> ルアーはやったことありますが、鮎の友釣りは未体験です。
> でもしんどそう!!

友釣りというのは、究極のルアーですからねぇ。
あれ以上ほんものに近いものは用意できませんから。
友釣りでも釣れないこともあるのに、ルアーで釣るなんて想像できないです(笑)

> 10メートルの竿をヒョンヒョンさせるのは大変でしょうね。
> 竿はピンキリですけど、
> やはり良いもののほうが良いんでしょうね~~。^^
> お金はかかりますけど、ま、趣味ですからね。

そうそう、食糧調達だと思うと腹が立ちますがね。
趣味ですから。

> 一度行くだけで2~3万かかってガソリン代もかかって、
> 何のお土産もないゴルフと比べると、断然家計に優しい趣味ですよ!!

まぁ、確かにゴルフは全てが吹っ飛ぶ消費活動ですね。
ストレスが解消されるならそれでいいとはおもいますけどね(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。