05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

さようならノルウェー

2013.08.08 08:00|北欧旅行
口移しにメルヘン下さい~♪
夢見がちな気持ちを下さい~♪

メルヘンのかけらをお送りします!

今回はガイランゲルで泊まったホテル、ホテルユニオンでのディナーのお話です。ノルウェーのお話は終わりにしたつもりだったけど、せっかくお料理ブログでもあるからディナーのことは書いておこうとおもい、間の抜けたタイミングだけども書いておこうと思いました。旅行はコペンハーゲンに向かいちょっと観光するのですが、そのお話はまた、ちょっと時間がたってからレポートします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホテルユニオン2013724

前にも書きましたが、ノルウェーの物価は高い!もちろんホテルも高いです。このホテルもたしか一泊3万円くらいです。ここはカミさんが旅行の計画段階でここに泊まりたい!ということで組み込んでもらった贅沢ホテルです。日本でいうと2万円くらいはしそうなホテルでした。ちゃんと贅沢にロビーのスペースもとってあります。この照明は、デンマークの照明機器ブランド、ルイス-ポールセンのアーティチョークという照明器具らしい(カミさん談)。そういわれてみればどことなく品があるような気もします。

さて、ナウい家はお父さんお母さんがかなりお疲れだったらしく、ここでは食事を別にとることにして、僕らはホテルのレストランにゆくことにしました。なんでも食べ放題のビュッフェもあるらしいのだけど、団体様が沢山いてうるさそうだったのでビュッフェはやめました。

チーズを含めたコースですが、ノルウェーで食べた中で一番美味しいレストランでした。
アミューズ2013724

こちらのアミューズは魚のかまぼこみたいな感じのものです。注目すべきはこの器!聞いてみると、フィヨルドのあの切り立った崖の石だそうです。まぁ、拾ってきたものといえばそれまでだけど、なかなかいい雰囲気だったですなぁ。観光客にはたまらなかったですよん。

バカラパプリカスープ2013724

こちらは干し鱈のパプリカスープです。干し鱈はベルゲンでも食べたけどもここはほんの少しだけ出て来ただけだった(ベルゲンでの贅沢)。びっくりしたのは徳利にスープを入れてきて目の前で皿にそそいでくれる。へ~徳利がノルウェーにもあるのか!ってのが先行してあんまりこのスープの味を覚えていないのが残念。
マックロウ2013724

「魚料理はサーモンですか?」

ってきいたら。なんとまたまた答えはノーだった。なんていう魚か聞いてみたら、

「マックロウです。サーモンではないのですが....マックロウとしかいいようがないです」

とのこと。これがまたねぇ、サーモンとか鱒の味なのよ。ん~サーモンへのこだわりが凄いだろうと解釈しておきます。まぁ、サーモンとクジラの間の魚っていわれるよりは気持ちがいいですがねぇ(もくもくレンタカーと自己責任階段)こんな高級レストランでも皮は食べない。ん~~~~~わからん!!トリュフが2枚も乗ってるけど、そんなら皮を焼いて持ってきてよ!ん~ノルウェー人がわからない~~~。

チーズ2013724

こちらはチーズです。もちろんノルウェー産のチーズもあり、これは美味でした。乳製品はものすごく美味しいのですよ。これは凄く特筆すべきことだと思います。

どうも、これだけ高級のホテルでもなかなかワインの品ぞろえは多くない。ワインに限らず酒類はとても高いもので、メイドさんもワインの勉強が大変らしい。

ワインを注文したとき「シャトーというのはフランス語で城という意味です」なんて随分当たり前な説明をしていたことからもワインの勉強がそれほどポピュラーなことではないのだと思った。まぁ、日本で2万円程度の食事をする人間がワインを頼んだときこんな説明しだしたら失笑もの(ガラの悪い関西人なら「誰に向かって口きいとんじゃ、ワレ!なめとんのかワレ!しっとるヤンケ!城ヤンケ!ワインヤンケ!ヤンケ!ヤンケ~!」って言いそう)だが国の事情を考えるとなるほどとも思える。

「お魚を頼むのだけど白と赤どっちがいい?」(まぁ、お話を弾ませようと思ってした会話なんだけども)なんて聞いてもさっぱり通じない。マリアージュという概念もまだないのかもしれないなぁと思った。(まぁ、サッカーで言えば殆ど足元へのセンタリングだけどねぇ、魚に白が無難でいいだろうし)

それでも、北欧の人達はホテルの人はもちろんだけど、みんな丁寧で優しくて親切で熱心だった。最後にサーブしてくれたメイドさんとカミさんとのツーショットの写真を撮ったのだけども、まぁ、それはここに載せずに思い出にしておこうと思う。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌日
ラウマ鉄道2013724

ラウマ鉄道にのりこんでオスローに行きオスローに宿泊。
ボンバルディア2013724

さらに翌日オスローからコペンハーゲンに飛行機でむかいました。この飛行機、あのボンバルディア機だけど、無地着陸しました。しかし、プロペラ機ってやっぱちょっと緊張するねぇ。



スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

こんにちは♪

そうですね、私は時と場合によってはひたすら黙ってることもはじけることもできるそんなタイプです、といきなり前回の記事のリコメに返事させていただいたりして(#^.^#)

オフ会参加は夢ですが、子供が大きくなるまで出られないので後10年の我慢かな~と思います。。っ長いですね。。もうすぐ9歳の上の子を妊娠した日か飲み会に行ってないんですよ。唯一行ってるのはママ友持ち寄りの会、子供付くらいですね。 まあそれまでに行き過ぎてた、という話もありますが。 みなさんの楽しい話を読むのが隠居の身の楽しみです(#^.^#)

さてノルウェーのチーズ、とてもおいしそうですね。そしてその周りの飾りの花がすばらしい。北欧~♪という感じですね!

本当に素敵な思い出ができましたね~!


応援です\(^o^)/


No title

主夫太郎さんこんばんは。
いいなぁ〜
北欧!というかヨーロッパにまた行きたい!!!
子連れでは厳しいっす!

ワインに関して詳しくないってやっぱりフランスやイタリアではないからですかね?

ホテルのロビーの照明、言われればアーティーチョークに見える!
奥様インテリアに詳しいのですか??


お料理、品があって美味しそうです。

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

グレードの高いホテルでの宿泊、良い記念になりますね。
奥様のコーディネート、素敵です。

レストランでのお食事。
どれも洗練された盛り付けで美味しそうですけど‥
やはり、フィヨルドの切り立った崖の石は感動モノですね。
ひと目見た瞬間‥恋?に落ちたようなワクワク感がありました。
人が創った素晴らしい芸術作品より魅力的ですね。

マックロウとかサーモンと鯨の間とか‥気になりますね。
いつか、その謎が解けたら、正体、教えて下さいね。

。(*^▽^*)/

石プレート凄い!!!
それにチーズとあわせる云うのがまたまた圧巻な感じ^m^

凄くインパクトあるコース料理で
どんな味なのか食べてみたいなーー
そのうち 北欧料理を主夫太郎さん風アレンジ料理なんか
お目見えするのかな~??(^^ゞ


プロペラ機はドキドキしますよね~~~
無事着くのかーーって(笑)


素敵なホテル行った夢見よう~~❤


No title

こんばんは。
ほんと、アーティチョークみたいな形ですね♪
むか〜し、ルイス-ポールセンの照明、一目惚れして使っていましたよ〜。
一般的な形のですけど。
デンマークのブランドだったのですね。知りませんでした^^;

わ〜、厚いトリュフものった高級で美味しそうなコース料理ですね!
皮付きだともっと良かったですけどね^^;
チーズの食べ比べ?も楽しそう♪
...石の器がすっごくおシャレ!!私も拾ってきたいわ(笑)

最近、やたら列車事故も多いので><ご無事で良かったです^^

No title

こんばんは~

やはりこのような旅行記はいいですね
行けそうもないものにとっては、ダダで行ったような気分になれます~
テレビで芸能人がレポートしているのよりも
ずっと身近に感じてワクワクものです

自然の石のお皿 なんておしゃれなんだろう
料理が生花に見えてきて、日本人の和の雰囲気と似ていて
心惹かれますね。 
道端の石を見る目が違ってきそうです~(笑)
チーズの盛り合わせ 
花びらをあしらって、これまた魅力的
いつか 味わってみたいものです

これがプロペラ機なんですね
何かの爬虫類のような形なんですねぇ

No title

主夫太郎ちゃん、おはよう!

奥様アレンジのホテル、素敵ね(*^_^*)
照明、確かにアーティチョークの形だ!!

フィヨルドのあの切り立った崖の石を器に使うなんて、
西洋の文化にもそんな感覚があったのですね。
ちょっと意外かな。。
徳利にスープを入れてきて目の前でお皿に注いでくれるとか、
もしかして東洋人のプロデューサーがいるとか。。

プロペラ機、やっぱりドキドキですね。。
よく空飛ぶなあ!

ご無事で何よりでした(^0^)/


Re: No title

のんたさん コメントありがとうございます。

> そうですね、私は時と場合によってはひたすら黙ってることもはじけることもできるそんなタイプです、
> といきなり前回の記事のリコメに返事させていただいたりして(#^.^#)

ん~~器用な方ですねぇ。まぁ、常に冷静でいられるのでしょう。素敵な能力です。

> オフ会参加は夢ですが、子供が大きくなるまで出られないので
> 後10年の我慢かな~と思います。。っ長いですね。。

10年は長いですねぇ。まぁ、何かしらのチャンスはきっとあるとは思いますけどね。
気があるところには力があるものですから。

> もうすぐ9歳の上の子を妊娠した日か飲み会に行ってないんですよ。
> 唯一行ってるのはママ友持ち寄りの会、子供付くらいですね。 

お酒は楽しむものだから必要がなければ飲まなくてもいいですものねぇ。
お子さん関係の方が勉強になるでしょうから。
今はそちらの会の方がいいですよね。

> まあそれまでに行き過ぎてた、という話もありますが。 

あれ、こっちは全然想像できないなぁ。まぁ、それだけ素敵なママぶりってことでしょうが。

> みなさんの楽しい話を読むのが隠居の身の楽しみです(#^.^#)

隠居は僕だけだと思ってました。

> さてノルウェーのチーズ、とてもおいしそうですね。そしてその周りの飾りの花がすばらしい。
> 北欧~♪という感じですね!

北欧って感じの飾り付けでしたかね。楽しいレストランでした。

Re: No title

すみれさん コメントありがとうございます。

> いいなぁ〜
> 北欧!というかヨーロッパにまた行きたい!!!
> 子連れでは厳しいっす!

ん~~子供は飛行機と宿泊先のこと考えるだけでなかなか厳しいですねぇ。
小学校高学年くらいになると大丈夫かな。
美術館とかに興味がでてくるあたり。

> ワインに関して詳しくないってやっぱりフランスやイタリアではないからですかね?

お酒の値段が高く、普通のスーパーでもあまり種類もないです。
そんな環境だから日本のように銘柄にこだわるってのもあまりないみたいですよ。

> ホテルのロビーの照明、言われればアーティーチョークに見える!
> 奥様インテリアに詳しいのですか??

いや、たまたまガイドブックで同じものをみつけていたらしいですよ。
いいなぁとは思いますが、我が家にこんなものぶら下げたら大変ですから
見てるだけでしたねぇ。

> お料理、品があって美味しそうです。

何年か後の家族旅行の際は是非是非ガイランゲルへ!!

No title

主夫太郎さんおはよ~!!
お♪旅行記♪♪

なんだかゴージャスなホテル!
チーズの出し方からしてオシャレ!!
ノルウェーなのにサーモンじゃないんだ。
食べる人、出す人によってはサーモンになるのかな。
日本でししゃもとして出回っている多くが本物のしゃしゃもではない、みたいな。
どっちでもいいからおいしそう♪

写真もとってもキレイでそのままレストランのHPなんかに載っててもおかしくないような写真!
ステキです~~
メルヘンのかけら、いただきました~!

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> グレードの高いホテルでの宿泊、良い記念になりますね。
> 奥様のコーディネート、素敵です。

コーディネートというほどではなく、「ここ、ここがいい!!」って言った程度で
あとはナウい君任せです。

> レストランでのお食事。
> どれも洗練された盛り付けで美味しそうですけど‥
> やはり、フィヨルドの切り立った崖の石は感動モノですね。
> ひと目見た瞬間‥恋?に落ちたようなワクワク感がありました。
> 人が創った素晴らしい芸術作品より魅力的ですね。

こういうものを上手に使えるようになったらかなり楽しいとおもうのですけどね。
石でも木でも。持家があれば色々楽しめるのになぁ。

> マックロウとかサーモンと鯨の間とか‥気になりますね。
> いつか、その謎が解けたら、正体、教えて下さいね。

そうですねぇ。多分どこにでもいる魚なのだけど、名前が違うだけだとおもうんですよ。
案外ヒメマスとかそんなのかもしれませんねぇ。
クジラとサーモンの間ってのはどうしても謎のままだとは思いますが。

Re: 。(*^▽^*)/

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 石プレート凄い!!!
> それにチーズとあわせる云うのがまたまた圧巻な感じ^m^
> 凄くインパクトあるコース料理で
> どんな味なのか食べてみたいなーー

見せ方は工夫しているけれども、
ひとつひとつはかなりスタンダードなお料理でしたね。
ただ、それは陳腐という意味ではなく、
かなり食べ応えがあって安心という意味。
満足のお料理でした。

> そのうち 北欧料理を主夫太郎さん風アレンジ料理なんか
> お目見えするのかな~??(^^ゞ

一つか二つ考えているのですがね。
うまくゆけばいいと思ってます。

> プロペラ機はドキドキしますよね~~~
> 無事着くのかーーって(笑)

ん~考えてみるとプロペラ機の方が安心といえば安心なんですけどねぇ。
なんか緊張しました。

> 素敵なホテル行った夢見よう~~❤

日本でもこんなホテルに泊まりたいですなぁ。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> ほんと、アーティチョークみたいな形ですね♪
> むか〜し、ルイス-ポールセンの照明、一目惚れして使っていましたよ〜。
> 一般的な形のですけど。
> デンマークのブランドだったのですね。知りませんでした^^;

僕はまったくこういうおしゃれカンケイなものは無知でして。
こういうのを機会に少しづつ知ってゆけばいいと思います。
ただ、やっぱりブランドって高いですねぇ(笑)

> わ〜、厚いトリュフものった高級で美味しそうなコース料理ですね!
> 皮付きだともっと良かったですけどね^^;
> チーズの食べ比べ?も楽しそう♪
> ...石の器がすっごくおシャレ!!私も拾ってきたいわ(笑)

結構石の器は重そうでした。まぁ、綺麗な意思だったし、肌も細かかったから、
確かに天然のお皿という感じでしたね。

> 最近、やたら列車事故も多いので><ご無事で良かったです^^

なんだかねぇ。日本の安全性ってのも少し危ういけど、
まだまだ安心。プロペラ機はさすがにビビったけど、
ジェット機よりは歴史が長いので本来は安心のはず...ですけどね~。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> やはりこのような旅行記はいいですね
> 行けそうもないものにとっては、ダダで行ったような気分になれます~
> テレビで芸能人がレポートしているのよりも
> ずっと身近に感じてワクワクものです

まぁ、芸能人は最近妙に騒ぎますからねぇ。
あれ、むしろ行きたくなくなりますよ。
それに最近不景気なせいかチープなものを大げさに取り上げてなおさらです。

> 自然の石のお皿 なんておしゃれなんだろう
> 料理が生花に見えてきて、日本人の和の雰囲気と似ていて
> 心惹かれますね。 
> 道端の石を見る目が違ってきそうです~(笑)

これは驚きましたね。
こういう心があれば凄くお料理楽しめるとおもうんですが。
都会の真ん中ではちょっと無理かな。
でも、その気になっていればチャンスもあるから心にとどめておこうと思います。

> チーズの盛り合わせ 
> 花びらをあしらって、これまた魅力的
> いつか 味わってみたいものです

北欧のチーズってのはそれほど多くは入ってきてませんよね。
美味しかったです。

> これがプロペラ機なんですね
> 何かの爬虫類のような形なんですねぇ

僕も何度も乗ったことはないのですがやっぱりプロペラの飛行機はなぜか不安ですねぇ。
ジェット機も同じくらい怖いはずなのにねぇ。

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> 奥様アレンジのホテル、素敵ね(*^_^*)
> 照明、確かにアーティチョークの形だ!!

こういうセンスでおうちがコーディネートできればなぁって思うけども、
予算が足りなくなるね。センスは予算とリンクするのですかねぇ。
まぁ、ちょうどいいけどね。あはははははは。

> フィヨルドのあの切り立った崖の石を器に使うなんて、
> 西洋の文化にもそんな感覚があったのですね。
> ちょっと意外かな。。
> 徳利にスープを入れてきて目の前でお皿に注いでくれるとか、
> もしかして東洋人のプロデューサーがいるとか。。

その可能性は十分にあるとはおもうな。
でももしそうなら鮭の皮は焼いて欲しいですよ(笑)

> プロペラ機、やっぱりドキドキですね。。
> よく空飛ぶなあ!
>
> ご無事で何よりでした(^0^)/

昔はこんなので戦争してたりしてたんだから、かなり勇敢だったよね。
僕は乗り込むだけで十字切って神様にお願いしてました。
仏教徒だけどね、郷に入っては郷に従うことにしました(笑)

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> なんだかゴージャスなホテル!
> チーズの出し方からしてオシャレ!!
> ノルウェーなのにサーモンじゃないんだ。
> 食べる人、出す人によってはサーモンになるのかな。
> 日本でししゃもとして出回っている多くが本物のしゃしゃもではない、みたいな。
> どっちでもいいからおいしそう♪

本当にどっちでもいいくらい同じ味なのよ。
ノルウェー人の繊細な舌ではすべて瞬時に味の差がわかるのかもしれないけど、
ここまで火をいれるとあとは柔らかさの差くらいしか感じないですね。

> 写真もとってもキレイでそのままレストランのHPなんかに載っててもおかしくないような写真!
> ステキです~~
> メルヘンのかけら、いただきました~!

今後はデンマークのお話になります。
デンデンデンマークはうってかわって都市観光です。

No title

こんにちは!
素敵なホテルですね~。
重厚なインテリアに、アーティチョークの照明!
う~、カッコいいです~。

ディナーもさすが、一流ホテルですね。
とっても美味しそう♪
石のお皿!こういうの気分が上がりますよね。^^
サーモン、、、
日本でもブリとかマグロとか、色々名前が違う魚ありますもんね。
それだけ、昔から生活に密着している食材なのでしょうね、きっと。

ワインの話は意外ですね~。
ヨーロッパなのに!!

プロペラ機、怖い~~。

No title

主夫太郎さん、こんにちは!
照明器具のブランド、知らなかったけれど確かにアーティチョークの形♪
ゴージャスな素敵なホテルですね。せっかく旅行に行くならこんな素敵なホテルで、ちょっと気取ってみたい。
暇なわけでもないけれど、ちょっと気になって、マックロウを調べてしまいました!英語だけれど、Mackerel=鯖!このお皿に乗っている写真を見る限り鯖ではないですよね~このMackerelの前にKINGがつくとサワラ!これも違いますね~
PIKEが前つくと、秋刀魚!全然違う!!!
つまりMackerelは魚偏?どんな魚にもなれる!
「これはなんと言われようが、魚です!」って言われたのかな~(爆笑)

チーズが美味しいのは最高ですね♪ワインはやはり外国産でしょうか。まあ飲めればどこの国のワインかは、全くこだわりのない私ですから^^
旅行の食事、本当に大切ですね^0^

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> 素敵なホテルですね~。
> 重厚なインテリアに、アーティチョークの照明!
> う~、カッコいいです~。

ん~やっぱりこういうインテリアのおうち欲しいですよね。
でも、この照明どうやって掃除するんですかねぇ。
主夫としては考えどころです。

> ディナーもさすが、一流ホテルですね。
> とっても美味しそう♪
> 石のお皿!こういうの気分が上がりますよね。^^

がりがりいわない、すごく滑らかなお皿(石)でしたよ。
ん~~なんだかこんなのが普通に落ちてれば皿なんか買わないのだけど、
きっと一生懸命探すのだと思います。

> サーモン、、、
> 日本でもブリとかマグロとか、色々名前が違う魚ありますもんね。
> それだけ、昔から生活に密着している食材なのでしょうね、きっと。

そうですね。味というよりも、大きさや取れる場所やらで何かしらのこだわりがあると思います。
ちゃんと予習して、メモもしておくんだったと後悔してます。

> ワインの話は意外ですね~。
> ヨーロッパなのに!!

お国の事情ですね。お酒が高ければお酒の勉強もできなくなる。
そりゃそうですよね。

> プロペラ機、怖い~~。

ブロブロって音がなんとなく恐いですね。いつか止まっちゃうような、
無理してるようなで(笑)

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 照明器具のブランド、知らなかったけれど確かにアーティチョークの形♪
> ゴージャスな素敵なホテルですね。せっかく旅行に行くならこんな素敵なホテルで、
> ちょっと気取ってみたい。

全部の宿泊を豪華にする必要はないけども、一度くらいはいいとおもいました。
一番いいフィヨルドですしね。

> 暇なわけでもないけれど、ちょっと気になって、マックロウを調べてしまいました!
> 英語だけれど、Mackerel=鯖!このお皿に乗っている写真を見る限り鯖ではないですよね~
> このMackerelの前にKINGがつくとサワラ!これも違いますね~
> PIKEが前つくと、秋刀魚!全然違う!!!
> つまりMackerelは魚偏?どんな魚にもなれる!
> 「これはなんと言われようが、魚です!」って言われたのかな~(爆笑)

お忙しいところありがとうございます!
これは大学のレポートならA+がもらえそうな素晴らしいレポートですねぇ。
ん~~ってなるとサーモンではない、他の魚です!って言われたんですかねぇ。
なんだかサーモンってノルウェー人にとったらすごく特別なものなんでしょうかね。

> チーズが美味しいのは最高ですね♪ワインはやはり外国産でしょうか。
> まあ飲めればどこの国のワインかは、全くこだわりのない私ですから^^
> 旅行の食事、本当に大切ですね^0^

今回はボルドーの白でした。
ノルウェーのワインというのは旅行中聞いたことがありませんでした。
考えてみると葡萄の栽培が寒すぎてできないかもしれません。
葡萄もできなければワインもできないってわけでしょうが、
チーズが沢山あるのに国産ワインがないのは残念ですねぇ。

マックロウ

こんにちは!
マックロウ、マッカレルというサバのことかと思いましたが、
ですが、身の色を見ると鱒のようですね。

パプリカスープの濃い感じがいいですね。
そこまで濃いのは思いつかないですし、お色もオレンジのパプリカのパウダーでしょうか。

北欧と言うのは物価が高いので、すべてが贅沢な感じ。
一口一口、かみしめt食べたいですね。
アジアの安物お料理を食べているのとは違って、背筋も伸びそうです。
素敵なお料理を味わってみたいですね。

Re: マックロウ

いくみさん コメントありがとうございます。

> マックロウ、マッカレルというサバのことかと思いましたが、
> ですが、身の色を見ると鱒のようですね。

ん~結局なんだったのですかねぇ。
マックロウでしかなくなってしまいましたが、
鱒を食べたと思うことにします。

> パプリカスープの濃い感じがいいですね。
> そこまで濃いのは思いつかないですし、お色もオレンジのパプリカのパウダーでしょうか。

パプリカの匂いが随分したのを覚えているのですが、
パウダーかどうかまではちょっとわからないです。
でも凄くなめらかでした。

> 北欧と言うのは物価が高いので、すべてが贅沢な感じ。
> 一口一口、かみしめt食べたいですね。
> アジアの安物お料理を食べているのとは違って、背筋も伸びそうです。
> 素敵なお料理を味わってみたいですね。

結構大味なところがありますが、どれも丁寧で、しかも妙に飾り立てしてなくて
好感が持てます。これを食べろ!っていう料理が素敵だと思いました。

No title

ペンキ塗りに専念してたので、出遅れました。
私はホテルに長時間滞在するのでない限り、宿泊費を抑えてその分外食に費やすタイプなので、高級ホテルには無縁の生活です。
高級な物に慣れてないせいか、高級ホテルに滞在すると逆に落ち着かない(笑)
私もマックロウでサバを連想しましたが、鱒っぽいですね。
でも、きっと海のお魚なんでしょうね。
確かに葡萄が栽培できない国では、ワインが普通の飲み物として、一般家庭まで浸透するのは難しいでしょうね。
バイキングっていつもアルコールを飲んでたイメージがあるのだけど、あれは蒸留酒だったのかな?

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> ペンキ塗りに専念してたので、出遅れました。

お、おうちのメンテナンスでしょうか?たのしいですねぇ。

> 私はホテルに長時間滞在するのでない限り、宿泊費を抑えてその分外食に費やすタイプなので、
> 高級ホテルには無縁の生活です。

僕もそうです。ご飯にお金かえるのたのしいですからね。
でも田舎だとレストランにあてがあるとは限らないので、今回はこのホテルにしました。

> 高級な物に慣れてないせいか、高級ホテルに滞在すると逆に落ち着かない(笑)

これはきっと慣れでしかないでしょうね。
ただ僕もついつい一時間あたり幾ら払ってるのだろうとか考えて落ち着かない(笑)

> 私もマックロウでサバを連想しましたが、鱒っぽいですね。
> でも、きっと海のお魚なんでしょうね。

そうですね。今度訪れるときまでの宿題ということで。

> 確かに葡萄が栽培できない国では、ワインが普通の飲み物として、
> 一般家庭まで浸透するのは難しいでしょうね。
> バイキングっていつもアルコールを飲んでたイメージがあるのだけど、あれは蒸留酒だったのかな?

冬に家に引きこもることが多く、お酒を飲んでることが多かったから
税金あげて国民をアル中から救ってるという分析をナウい夫人がしてましたよ。
蒸留酒ってのは余計アル中になりそう。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。