07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

北欧日記~ベルゲンに到着~

2013.07.04 08:00|北欧旅行
は~い!元女子高生のみなさ~ん!
帰ってきた主夫太郎です~!寂しかった?あははははははは。

ふんじゃぁ、北欧旅行記はじまるよん!旅行記だから長文になるけどゆるしてね~。お忙しい方は写真だけでもご覧になって行って頂戴。今回は台湾旅行記のときとは文章のテイストを変えて、落ち着いた北欧の旅情を演出するつもりでいます!いつまで続くかなぁ....
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この旅行の計画が立ち上がるずっと以前からカミさんは

「白夜をみたい!」

と言っていた。あんまり見たい見たいというから

「君はそういうけど、白夜ってのはなかなか日が落ちない現象だからオーロラと違ってすごく特別に感動する自然現象ではないと思うよ。なんだったら日本にいたって午後の3時くらいになったらお酒を沢山のんで、家の時計を全部夜の11時ごろに合わせて、白夜だなぁーって思うことにすればいいんじゃないか?そんで日が暮れる前に酔っぱらって寝ちゃって次の朝遅く起きれば白夜を見たのと同じことになると思うよ」

などとからかったら怒ったのなんの。そんなものは白夜ではない!とムキになって下唇をかみしめて、目に一杯涙を浮かべる始末だった。だから連れて行ってくれるナウい君の旅行計画が白夜の時期で行き先が北欧というのは僕にとって本当にありがたいことだった。

夏至に近い6月21日の金曜日に成田のホテルに泊まり、22日のお昼前にコペンハーゲンに飛ぶ。さらにそこから飛行機を乗り換えてベルゲンというノルウェーの街に向かうのが第一旅程だった。カミさんの希望通り白夜も見られそうだ。もっとも北欧に降り立ち白夜を満喫する前に、飛行機で昼間に日本を飛び立ち、西に向かうならば、ずっとおひさまが追いかけてきて明るいわけだからこれも夏至だろうが冬至だろうが白夜体験といえば白夜体験。ただ、白夜を楽しみにしていたカミさんにはちょっと言えなかった。

合計13時間ほどのエコノミークラスのフライトだが往復二人分で25万円ほどという文字通りエコノミーな旅。精密機械のような頭脳明晰なナウい君が探してくるのだからこれが最安なのは間違いない。僕等昭和生まれの人間にとっては飛行機とパソコンの価格崩壊は驚きなのだが、今の若い人はもともとそんなものだからこの値段はなんとも思わない、むしろ高いと思うかもしれないな。

金曜日、カミさんは休みをとらなかったのでホテルまで僕がスーツケースを2個持って行き夜中にホテルで合流した。カミさんの合流が遅く、僕がカップラーメンを買っておいて二人で部屋で食べた。僕はカップラーメンをあまり好きではないので、二人でたべるのは何年ぶりだろうか。まぁ、日本で発明された食品ということで日本とさよならするにはよいだろうとも思えたが、流石にエネルギー以外の何物とも思えず、ビールをガブガブと飲んで次の日に備えた。

お寿司20130701

翌朝早く成田空港に向かった。日本出国の前に何をたべようかと思ったのだがベタだけどもお寿司を食べることにした。お寿司もそんなに普段食べないんだけどソウルフードといえばソウルフード。前日のカップラーメンとのギャップを楽しみ、呑み込むように完食。ちゃんと記念に写真も撮った。

日本を離れるときはいつもセンチメンタルになってしまう。文字通りセンチメンタルジャーニーだが、松本伊代とは無関係だ。何故そうなるかといえば、外国というのは自分が何かに不退転の態度で挑戦するときに行くような、そんなイメージがあるからだろうと自分では分析している。例えばアタックナンバーワンの主人公や、エースをねらえ!の主人公(岡ひろみ)などのイメージ。「岡!エースをねらえ!!」と、宗像仁コーチの遺言でもあるあの名セリフが、タラップを登るとき聞こえてきて欲しいと思うが大抵は行列の先にやっとたどりついた飛行機では、スッチーの笑顔が僕のセンチメンタルな気持ちを木端微塵に吹っ飛ばして僕も客なのに愛想笑いで返して間の抜けた出発になる。今回もそうになるに違いないとお寿司を食べながら思っていた。

時間になり、搭乗ゲートでナウい君、ナウい君のご両親と合流して旅がいよいよ本格的に始まった。エコノミークラスというのは座っているというより、「二つのおしり(おしりは一つだけどね、所謂、助さんと格さん)で立ちっぱなし」という感じで本当に体がおかしくなるが、お酒をシコタマのんで寝てしまった。いつかは長旅はビジネスで飛んでみたい。

気付くとコペンハーゲンに到着。コペンハーゲンの飛行機の乗り換えの間に、ハーゲンダッツを買って食べ、そこで「コペンハーゲンダッツ」というダジャレ的写真を撮ろうと思っていたが、実際はそんな暇はなくギリギリの乗り換えだった。コペンハーゲンではスウェーデンからやってきたナウい君の奥様(日本人)と無事合流して6人でベルゲンへフライト。

ベルゲン空港には18時10分ほどに到着したが、白夜だけあって明るい。バスに乗ってホテルに着いてもまだ明るい。下の写真は多分午後9時過ぎに撮った写真だがまだこんな感じで明るい、まぁいつまでたっても明るい。カミさんは時計をみながら「ねぇ、こんな時間なのにこんなに明るいよ~、白夜だね~」と大喜びなので、そんなに喜ぶのならと僕もうれしくなった。


ベルゲン港の町並み20130701


ナウい君のご両親はご母堂が70歳、ご尊父様が75歳ということで13時間以上のフライトでお疲れ。我々若夫婦(っていっても40がらまり)で港に散歩しながらのディナーということになった。港町であるベルゲンの港には、お決まりの出店が出ていてこんな風にロブスターなんかを焼いている。
ろぶさたー焼き20130701


世界共通のじゅ~~~って感じ。ここで夕食のチョイスを任されたが、そんなこと言われても困る!まぁ、いいや!ってことでワンプレートを4人分頼むことに。
ベルゲン夕食20130701A


外すことのできないのはノルウェーサーモンのグリル。流石にサーモンは美味だ。食べながら、そういや日本人は「シャケ」と「サーモン」って微妙なニュアンスで使い分けてるなぁと感心。それからどうでもいいと言えばどうでもいいが、サーモンって遠山左衛門尉(とうやまさえもんのじょう→サーモンの上?)、つまり「遠山の金さん」を思い出すが、これは僕だけなのだろうか。せっかくだから日本国民にアンケートを取りたいものだ。

ナウい夫人の話によると、スウェーデンではシャケの皮は食べないらしい。ん~何年シャケ食べてるかしらないが、皮のうまさを知らないとは気の毒な民族だ。まぁ、渋皮が食べられるって知らずにいて、栗の渋皮煮が美味しいと最近気づいた僕が言うのもなんだけどもねぇ。

ベルゲン夕食20130701B

海産物の串焼き(エビ、サーモン、タラ、イカだったかな)。これが竹の串なのは驚いた。昔からなのか、日本に学んだのか。まぁそんなことはともかく港町満喫だ!

ベルゲン夕食20130701C

ロブスターの半身。一匹頼むと一万円くらいで高い!これは半分だから5千円くらいだったかな。身は引きしまっていて、しっかり焼くのが(多分)北欧風だ。

ベルゲン夕食20130701D

クジラのステーキ。ノルウェーは捕鯨国!日本を離れると見えてくることもある。本当にクジラを食べる民族がいるということだ。僕はクジラは好きだが本当に少ないのなら捕らない方がいいと思う。でも、「クジラは頭がいいから食べてはいけない」などという理由を聞くと、頭が悪いものは食べていいのかと反論したくなる。「頭がいいものは食べちゃだめで、頭が悪いものは食べていいなら、俺たちアホ庶民は頭のいいエリート官僚の食い物にされていいのか!」と無茶な理屈が出来上がるが、現実は結構そんな状態な部分もあるから.....あれ?俺何言いたいかわからなくなっちゃったよ。あははははは、呑気だねぇ。とにかく今後もクジラは食べたいし、これも美味しかったです。

北欧は物価が高い。このプレート4つで一万円近かったような....正確なところは忘れちゃったけど、というか忘れたい。

ベルゲンデザート20130701

帰りにスーパーに寄り、ナウい夫人に北欧の美味しいものを聞く。お土産を買うにはまだ早いから買えなかった。そこで久しぶりにヨーロッパの青りんごを発見した!これをホテルに持って帰ってきてかじったときの写真が上の写真だけども、今みてもよだれがでる。日本でもこのリンゴ山ほど売らないかなぁ。

楽しい旅行の幕開けだが、流石に旅程もディナーもヘビーだった。体力が続くかどうか...頑張れ主夫太郎!!!って感じで旅はまだまだ続きます。次回はなんと!僕にけちょんけちょんに言われていたカミさんが白夜と共に名誉挽回!合わせてフロム鉄道の旅です。




スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

待ってましたの旅行記!
ちょっとした小説を読んでいるような感じで引き込まれてしまいました!!
夜にカップラーメン、出発前にお寿司を食べて。
それもなんだかすてきな思い出になりそうですね♪
白夜って一度体験してみたい!
確かになんてことなく終わるんだろうけど、私もそう言われたらぶーたれるかもw
でもその会話にも仲の良さがにじみでていますよ♪
で、ロブスターやらえびが大好きな私はロブスターの写真に釘付けになりました!
どのプレートもボリューム満点で大食いの私にはたまりませんっ!!
鯨って食べたことないなぁ…
また続編楽しみにしています!

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
おかえりなさいませ。
出発前のお寿司!!穴子がいいな…と、思いました。
コッペンのシーフード!!
サーモンの厚み…とても、おいしそう!!
カメラの前で焼きあがったログスター、
こちらも外せないですね。
お洒落な建物に、白夜。。。昼間のような明るさに驚きです。
旅の始まりから、最高の始まりですね。

No title

うきゃ♪愉しい旅行の始まり始まり~~♪

エコノミーの飛行機は聞いてるだけで辛そうーー

私は今だに日本から出た事がないので
むちゃむちゃワクワクしてきたよ~^m^
タダで行った気になれそう❤

サーモンと鮭の使い分け
確かに塩で焼いたら鮭 バターでソテーしたらサーモングリル^^
刺身・握りなどは銀鮭・桜鱒などと固有名詞が入り
カルパッチョになればサーモン♪
洋風になればサーモンね(笑)

美味しそうなロブスター!!だけど高いんですね・・・
お財布 直ぐ軽くなっちゃいますね(ーー;)

クジラは増えてるらしい~と聞きますが
黒い団体さんのおかげ?なのか・・・
反対に小魚が激減で生態系が変わりつつあるとか
乱獲は賛成しないけど、黒い団体さんはどうかと・・・
主夫太郎さんと一緒で
適度に食べたいものです!(^^)!

おおーー念願の青林檎ですねーーー!!
光り輝いてる。青林檎って美味しいですよね~
私もほしいーーー
抽選で当たるとか??(*≧m≦*)ププッ

続き楽しみにしてま~す!!
今回は長々となっちゃってごめんなさい(^^ゞ

No title

「大喜びなので、そんなに喜ぶのならと僕もうれしくなった。」
きゃーそんなこと夫思ってくれないわ~
素敵☆
古臭ーい表現ですが、美味しそうなものを目の前にするとそろばんはじいちゃう自分が情けない。。。

建物もうっとりしちゃう建物ばかり~
鉄チャン妻としては、鉄道旅話も楽しみにしてます。

No title

主夫太郎ちゃん、こんにちは!

旅行記、はじまりましたね。。

白夜、体験できて良かったね。
そんで、、オーロラと違ってすごく特別に感動する自然現象ではないと思う、、なんて言っちゃったの?ここまではかろうじてセーフ(ーー;)
でも、、日本にいたって、、、、、、のところは、アウトね(笑)
奥様~~心中お察し申し上げます!!

やっぱり、北欧って物価、半端なくお高いね。
シーフード、豊富なのは、嬉しいね!
クジラまで、普通に食べられるのっては驚きです。
頭のよしあしで食べる食べない!っていうのは、それこそ頭悪い!!

次回も楽しみにしています!!

No title

こんにちは。
往復お2人で25万なんて羨ましい〜〜♪
東京発は行き先も便数もよりどりみどりで価格競争も
あっていいなぁ〜といつも思ってるのですよ!!

北欧と言えば、やっぱり海のものが美味しそうですね。
でも、物価が高いのにびっくり@@
出店でこのお値段は日本以上??
...鯨と言えば、子供の頃の給食で鯨の竜田揚げが
大人気で、私も大好物でした。←年代バレるわね^^;

白夜にはしゃぐ奥様が可愛いらしい〜♪

No title

現在21時15分ですが、フランスもまだまだ昼間のように明るいです!
最初は感動したけれど、慣れてしまうとど~ってことないですよね。
お祭りで花火や焚き火を見るのに、23時まで外にいなければならないのが逆に辛い。
空港っていう場所がセンチメンタルにさせるんでしょうね。
私も搭乗を待っている間は、妙にセンチメンタルになりますが、その前の腹ごしらえは全く別で、春の帰国では午前中から五右衛門で和風スパを元気に食べてました(記事にしようと思って写真を撮ったのに忘れた)。
北欧、物価高いですねぇ。
パリではロブスターの半身は20€しませんよ(おまけにワイン付きだったし)。
私もヨーロッパのサーモンの皮は食べません。
私にとってのサーモンと鮭の違いは、サーモンは脂が乗りまくった暑い切り身で、鮭はちょっと赤みがかった塩鮭って感じかな。
因みに遠山の金さんは頭の片隅にも浮かびません。
りんごは日本の物が世界一美味しいと思っていたのに、ノルウェーの林檎はその上を行くんですね。
ノルウェーの林檎、フランスにも入ってこないかな。

No title

おはようございます!

北欧の旅、見てるだけで楽しい!

ロブスターは世界どこでも高いんですね! クジラが北欧で食べられているとは知りませんでした。確かにあの辺りはクジラがおおそうですもんね。 昔行ったときは冬で。。。白夜の反対でした。お昼食べたら暗くなってくるの。。 心が寒々しました。だから白夜の現地レポ楽しみにしてます! 私の北欧のイメージを変えてくださいな!


コペンハーゲンダッツ、やってほしかったなー。残念!また次回お願いします(#^.^#)


素敵な一日を~♪


No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

白夜‥なんとなく心惹かれる響きですね‥
いつまでも沈まぬ太陽‥体験してみたいです。

でも、数日の滞在なら良いけれど、昼と夜を普通に過ごしている身には
ずっと過ごすのは厳しいかもしれませんね。

ノルウェイサーモン、さすが本場、ふっくらと美味しそうですね。
皮を食べる習慣がないなんて‥
ここでの養殖は抗生物質の投与もしていないし、なにより良い水質の中で
育っている‥と聞いたことがあります。
一番美味しいところなのに、もったいないなあ~!

コペンハーゲンダッツ‥見たかった‥(^_^;)

ヨーロッパの青りんご、そんなに美味しいんだあ。
初めて知りました。

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> 待ってましたの旅行記!
> ちょっとした小説を読んでいるような感じで引き込まれてしまいました!!

ありがとうございます。ちょっと気取ってみました。

> 夜にカップラーメン、出発前にお寿司を食べて。
> それもなんだかすてきな思い出になりそうですね♪

こういうことをしておかないと、やっぱり日本を離れる感じになりませんからね。

> 白夜って一度体験してみたい!
> 確かになんてことなく終わるんだろうけど、私もそう言われたらぶーたれるかもw
> でもその会話にも仲の良さがにじみでていますよ♪

白夜は一度体験してもいいかもしれません。
白夜でなくてもパリで9時まで明るいのもびっくりしましたけどね。

> で、ロブスターやらえびが大好きな私はロブスターの写真に釘付けになりました!
> どのプレートもボリューム満点で大食いの私にはたまりませんっ!!
> 鯨って食べたことないなぁ…
> また続編楽しみにしています!

クジラはなかなかですよ。お魚は美味しいけど、
日本人の方が美味しい食べ方を知っているかもしれませんよ。
続編も鋭意執筆中です。

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、おはようございます。
> おかえりなさいませ。
> 出発前のお寿司!!穴子がいいな…と、思いました。

そうそう、僕もこの写真みてアナゴがおいしそうだと思いました。
思うことが同じですねぇ。

> コッペンのシーフード!!
> サーモンの厚み…とても、おいしそう!!
> カメラの前で焼きあがったログスター、
> こちらも外せないですね。

魚自体はおいしいですが、調理は日本人の方が美味しく調理するような気もします。
まぁ、美味しかったですけどね。

> お洒落な建物に、白夜。。。昼間のような明るさに驚きです。
> 旅の始まりから、最高の始まりですね。

このあともかなり楽しかったです。続編もお楽しみに。

Re: No title

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> エコノミーの飛行機は聞いてるだけで辛そうーー

これは痛いですよ。調子悪くなります。
エコノミーって安くすましてる分、健康を売ってる感じです。
まぁ、仕方ないですけどね。

> 私は今だに日本から出た事がないので
> むちゃむちゃワクワクしてきたよ~^m^
> タダで行った気になれそう❤

なるべく迫力の写真を載せたいのですが、なかなか上手に撮れないです。
あとは文章で臨場感をと思います。

> サーモンと鮭の使い分け
> 確かに塩で焼いたら鮭 バターでソテーしたらサーモングリル^^
> 刺身・握りなどは銀鮭・桜鱒などと固有名詞が入り
> カルパッチョになればサーモン♪
> 洋風になればサーモンね(笑)

この使い分けが凄いところですよね。
まぁ、大抵洋風はサーモンって感じですが。

> 美味しそうなロブスター!!だけど高いんですね・・・
> お財布 直ぐ軽くなっちゃいますね(ーー;)

ということでクレジットカードでお財布以外のところが軽くなりました。

> クジラは増えてるらしい~と聞きますが
> 黒い団体さんのおかげ?なのか・・・
> 反対に小魚が激減で生態系が変わりつつあるとか
> 乱獲は賛成しないけど、黒い団体さんはどうかと・・・
> 主夫太郎さんと一緒で
> 適度に食べたいものです!(^^)!

そうそう、もともと安いお肉だったわけですからね。
乱獲でなければ普通に食べたいものです。

> おおーー念願の青林檎ですねーーー!!
> 光り輝いてる。青林檎って美味しいですよね~
> 私もほしいーーー
> 抽選で当たるとか??(*≧m≦*)ププッ
>
> 続き楽しみにしてま~す!!
> 今回は長々となっちゃってごめんなさい(^^ゞ


青りんごは素敵ですよ。日本でもつくればいいのにと思います。
僕の文章もかなり長々となります。よろしかったらお付き合いくださいませ。

Re: No title

よーこっぺさん コメントありがとうございます。

> 「大喜びなので、そんなに喜ぶのならと僕もうれしくなった。」
> きゃーそんなこと夫思ってくれないわ~
> 素敵☆

あら、初めてカミさんの味方ではなく僕の味方が現れました。
今後はよーこっぺさんのブログでは僕は常によーこっぺさんの味方です!!

> 古臭ーい表現ですが、美味しそうなものを目の前にするとそろばんはじいちゃう自分が情けない。。。

僕もそうですよ!

> 建物もうっとりしちゃう建物ばかり~
> 鉄チャン妻としては、鉄道旅話も楽しみにしてます。

フロム鉄道素敵でしたよ。旦那様もこうご期待!!

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎ちゃん、こんにちは!
> 旅行記、はじまりましたね。。

ひと月くらいかけてレポするつもりです。

> 白夜、体験できて良かったね。
> そんで、、オーロラと違ってすごく特別に感動する自然現象ではないと思う、、
> なんて言っちゃったの?ここまではかろうじてセーフ(ーー;)
> でも、、日本にいたって、、、、、、のところは、アウトね(笑)
> 奥様~~心中お察し申し上げます!!

ってことで北欧に行くことになったのよん。んん~藪をつついてノルウェー旅行。

> やっぱり、北欧って物価、半端なくお高いね。
> シーフード、豊富なのは、嬉しいね!
> クジラまで、普通に食べられるのっては驚きです。

ああ、本当に安ければうれしいのにと思います。
とっても豊富ですからねぇ。クジラは美味しいよ。

> 頭のよしあしで食べる食べない!っていうのは、それこそ頭悪い!!

そうそう!これが言いたかったのよ。

> 次回も楽しみにしています!!

乞うご期待!

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。


> 往復お2人で25万なんて羨ましい〜〜♪
> 東京発は行き先も便数もよりどりみどりで価格競争も
> あっていいなぁ〜といつも思ってるのですよ!!

やはり東京というのはそういうところがすばらしいですよね。
時代もありますが、海外は近くなりましたよね。

> 北欧と言えば、やっぱり海のものが美味しそうですね。
> でも、物価が高いのにびっくり@@
> 出店でこのお値段は日本以上??

日本の倍と思っていいですよ。平均年収も高いですけどね。
流石にもっと円高にならないと行けないですかねぇ。

> ...鯨と言えば、子供の頃の給食で鯨の竜田揚げが
> 大人気で、私も大好物でした。←年代バレるわね^^;
>
> 白夜にはしゃぐ奥様が可愛いらしい〜♪


クジラはもっと安く食べたいです。白夜、もう一度登場にますよ。

No title

主夫太郎さん、
こんにちは~♫
いよいよ旅レポ、はじまりましたね~。
ワクワク。^^
エコノミーで13時間以上ですか、、、。
辛そうです。。

白夜、いいですね~。
ボストンに行ったとき、夜8時過ぎても明るかったのが不思議な感じでしたが、
北欧の白夜は、そんなに遅くまで明るいのですね!!
論理的にわかっていても不思議~~~。

北欧の物価、高いとは聞いていましたが、本当に高いんですね~!
ロブスターやサーモンなんて、当地では安そうなイメージなんですけどね。

サーモンの皮食べないのはもったいない!
あそこが美味しいのに~。(栄養もたっぷりですしね。)
サーモンと鮭・・・、
お寿司屋さんでサーモンと書いてあると、
ちょっとイラっとします・・・。(笑)

クジラのステーキ!
小学生のとき、給食でクジラの立田揚げを食べた世代ですから、
私も大好きです。
私も、数が少なくて保護しなければいけないのなら、
食べなくても全然かまいませんが、
感情的に問題視するのは反対ですね~。
人間はありとあらゆる命を頂いて生きているのにね。

続き、楽しみにしてま~す♫

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 現在21時15分ですが、フランスもまだまだ昼間のように明るいです!
> 最初は感動したけれど、慣れてしまうとど~ってことないですよね。

そうですね。レストランなんかもフランス行ったとき8時からというのはとても驚きました。
日本だと食べ終わるころですしね。

> お祭りで花火や焚き火を見るのに、23時まで外にいなければならないのが逆に辛い。

ん~たしかにこれはつらい。

> 空港っていう場所がセンチメンタルにさせるんでしょうね。
> 私も搭乗を待っている間は、妙にセンチメンタルになりますが、
> その前の腹ごしらえは全く別で、春の帰国では午前中から五右衛門で和風スパを元気に食べてました
> (記事にしようと思って写真を撮ったのに忘れた)。

やはり空港ではみんなそうなるのですね。
最近は羽田でさえ空港の中がおしゃれになり、凄く楽しいです。
食べ物も所謂やっつけレストランだけでなく本当においしいものが入ってますよね。


> 北欧、物価高いですねぇ。
> パリではロブスターの半身は20€しませんよ(おまけにワイン付きだったし)。

こんどパリに行ったら沢山食べます。
来年はフランスの予定ですしね。

> 私もヨーロッパのサーモンの皮は食べません。
> 私にとってのサーモンと鮭の違いは、サーモンは脂が乗りまくった暑い切り身で、
> 鮭はちょっと赤みがかった塩鮭って感じかな。

たしかに、サーモンってトロサーモンを思い出しますねぇ。
皮もないし。鮭ってやっぱり和風なのね。

> 因みに遠山の金さんは頭の片隅にも浮かびません。

これは残念です。

> りんごは日本の物が世界一美味しいと思っていたのに、ノルウェーの林檎はその上を行くんですね。
> ノルウェーの林檎、フランスにも入ってこないかな。

あれ、フランスでもあの青いリンゴ売ってたと思います。
多分最初に食べた青いリンゴってフランスじゃなかったかな。
小さくて黄色いのは柔らかくてきらいでした。

果物も日本は美味しいですよね。最近は甘すぎる気もしますが、
蜜の入ったリンゴは僕も大好きですよ。

Re: No title

のんたさん コメントありがとうございます。

> 北欧の旅、見てるだけで楽しい!

ありがとうございます!

> ロブスターは世界どこでも高いんですね! クジラが北欧で食べられているとは知りませんでした。

特別北欧は物価がたかいですね。ノルウェーは捕鯨国なのでクジラは食べられますが、
ベルゲン以外ではみませんでした。港がないとダメみたいですね。

> 昔行ったときは冬で。。。白夜の反対でした。お昼食べたら暗くなってくるの。。 心が寒々しました。
> だから白夜の現地レポ楽しみにしてます! 私の北欧のイメージを変えてくださいな!

とっても涼しいのですが、日が長いってのが不思議でしたよ。
でもいい感じで夜が過ごせていいです。

> コペンハーゲンダッツ、やってほしかったなー。残念!また次回お願いします(#^.^#)

これはリベンジですねぇ。是非やりたいです!

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 白夜‥なんとなく心惹かれる響きですね‥
> いつまでも沈まぬ太陽‥体験してみたいです。

これが行ってみると楽しいのですが、
寝るタイミングが難しいですよ。ずっと明るいですから。

> でも、数日の滞在なら良いけれど、昼と夜を普通に過ごしている身には
> ずっと過ごすのは厳しいかもしれませんね。

体内時計はちょっと狂いますねぇ。
常に時計をみて行動してました。

> ノルウェイサーモン、さすが本場、ふっくらと美味しそうですね。
> 皮を食べる習慣がないなんて‥
> ここでの養殖は抗生物質の投与もしていないし、なにより良い水質の中で
> 育っている‥と聞いたことがあります。
> 一番美味しいところなのに、もったいないなあ~!

そうそう、もったいないですよね。
わざわざ捨てちゃうなんて残念。日本人の方が魚の扱いは上手ですよ。

> コペンハーゲンダッツ‥見たかった‥(^_^;)

これは次回の北欧旅行です!

> ヨーロッパの青りんご、そんなに美味しいんだあ。
> 初めて知りました。

小ぶりなんですけどね。あれ、、日本にあってもいいのになぁって思います。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、
> こんにちは~♫
> いよいよ旅レポ、はじまりましたね~。
> ワクワク。^^
> エコノミーで13時間以上ですか、、、。
> 辛そうです。。

これはつらいですよ!yumiさんみたいにビジネス乗りたい!
ん~~せめて通路側の席だったらよかったのに。

> 白夜、いいですね~。
> ボストンに行ったとき、夜8時過ぎても明るかったのが不思議な感じでしたが、
> 北欧の白夜は、そんなに遅くまで明るいのですね!!
> 論理的にわかっていても不思議~~~。


そうそう、不思議なんですよ。
時計みながらの生活も不思議です。
寝るタイミングが時計なんですよ。

> 北欧の物価、高いとは聞いていましたが、本当に高いんですね~!
> ロブスターやサーモンなんて、当地では安そうなイメージなんですけどね。

多分日本の方が安いですね。
凄く高級料理でした。紙の皿でしたけどね(笑)

> サーモンの皮食べないのはもったいない!
> あそこが美味しいのに~。(栄養もたっぷりですしね。)
> サーモンと鮭・・・、
> お寿司屋さんでサーモンと書いてあると、
> ちょっとイラっとします・・・。(笑)

あははは。確かに寿司やでサーモンは寂しい言い方です。
江戸前って言ってるなら鮭にして欲しいですねぇ。

> クジラのステーキ!
> 小学生のとき、給食でクジラの立田揚げを食べた世代ですから、
> 私も大好きです。
> 私も、数が少なくて保護しなければいけないのなら、
> 食べなくても全然かまいませんが、
> 感情的に問題視するのは反対ですね~。
> 人間はありとあらゆる命を頂いて生きているのにね。

そうですねぇ。しかもクジラだけ保護しても仕方ないとおもいますし。
そのうち亀とクジラしかいなくなっちゃうんじゃないかっていう保護の偏り具合が
僕は好きになれませんなぁ。

> 続き、楽しみにしてま~す♫

鋭意執筆中です!

No title

主夫太郎さん、こんにちは!
エコノミー、私でもきついですからね…身動きとれないで13時間。お疲れ様です。でもその後にはこんな素敵な景色と料理。
サーモンの分厚いこと!皮を食べないのですか~もったいないな。カリカリに焼くすっごく美味しいのに!
yuriちゃんは鯨食べたことがない!そうですね、今の人たちは鯨食べたことがないかも知れない。日本でも高い食材になってしまったので、いつの間にか食べなくなってしまいました。その鯨をノルウェーで♪
>「頭がいいものは食べちゃだめで、頭が悪いものは食べていいなら、俺たちアホ庶民は頭のいいエリート官僚の食い物にされていいのか!」
主夫太郎さんらしい言葉、「確かに」と納得。


Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> エコノミー、私でもきついですからね…身動きとれないで13時間。
> お疲れ様です。でもその後にはこんな素敵な景色と料理。

海外旅行というのは少しくらいの苦労をしても行くべきですねぇ。
でも今度は船でゆっくり行きたい(笑)

> サーモンの分厚いこと!皮を食べないのですか~もったいないな。カリカリに焼くすっごく美味しいのに!

それは日本人ならきっと思うのですがどうしても食べる気がないそうなんです。
不思議ですねぇ。多分バナナの皮くらいにしか思ってないんですよ。

> yuriちゃんは鯨食べたことがない!そうですね、今の人たちは鯨食べたことがないかも知れない。
> 日本でも高い食材になってしまったので、いつの間にか食べなくなってしまいました。
> その鯨をノルウェーで♪

僕が学生時代にも既に高級品でしたね。
渋谷のクジラやで竜田揚げを食べたのを思い出します。
デパートなどでは今もいくらか売ってますがやっぱり高いですよねぇ。

>「頭がいいものは食べちゃだめで、頭が悪いものは食べていいなら、
> 俺たちアホ庶民は頭のいいエリート官僚の食い物にされていいのか!」
> 主夫太郎さんらしい言葉、「確かに」と納得。

まぁ、食べられないように逃げまくろうと思います(笑)

内容の違うワンプレート

無意識に「私だったらこれかな?」と選んでしまいますね^^
私だったら竹串に刺したシーフードかな^m^(未だ言うか!)
うちの夫も魚の皮を食べないんですけど、勿体ないですよね。
私が夫の分も食べて、コラーゲン蓄えます。

高齢になって海外旅行へ行く方を見ると、心強く思いますね。
私も未だ未だ行けるなぁと、先の楽しみを想像して。
捕鯨を反対してる団体が言うのは、聞いていた腹が立ってきます。
数が減ったからやめましょう、なら納得できるのですが
理由がいつも変なんです。後付けだからでしょうね。
何が何でも反対だ!と言うところが胡散臭い、と思ってしまう。

Re: 内容の違うワンプレート

ちーこさん 今日二つめのコメントありがとうございます。

> 無意識に「私だったらこれかな?」と選んでしまいますね^^
> 私だったら竹串に刺したシーフードかな^m^(未だ言うか!)

最初に選んだのが私たちもこれでした。やっぱり串焼きは楽しいですよ。

> うちの夫も魚の皮を食べないんですけど、勿体ないですよね。
> 私が夫の分も食べて、コラーゲン蓄えます。

あら、ご主人は魚の皮を食べずにちーこさんが生野菜が苦手。
やはり二人の好みが合わないとなるほど作る方は大変。
もっとも魚の皮は焼いておいていただいちゃえばいいんですからねぇ。
コラーゲン独り占めでいいと思いますよ。

> 高齢になって海外旅行へ行く方を見ると、心強く思いますね。
> 私も未だ未だ行けるなぁと、先の楽しみを想像して。

是非是非!実は海外旅行が日本人にとって身近になったのはつい最近ですよね。
いつまでこんな豊かな日本が続くか分かりませんから、
よい経験ができる間に僕は沢山旅行しようと思います。
ちーこさんも是非是非旅行されて旅レポしてくださいな。

> 捕鯨を反対してる団体が言うのは、聞いていた腹が立ってきます。
> 数が減ったからやめましょう、なら納得できるのですが
> 理由がいつも変なんです。後付けだからでしょうね。
> 何が何でも反対だ!と言うところが胡散臭い、と思ってしまう。

まぁ、胡散臭いですよね。そもそもクジラが沢山増えすぎて害がでてきたら、
絶対あいつら戦艦の大砲でクジラ吹っ飛ばすような発想しかない奴らですから
本当は言うことなんて聞く必要はないんですけどね。
一時期やりすぎたツケがこんなに尾を引いているのでしょう。
この点は反省ですよね。しかしまぁ、クジラ食わない学者どもが、
自分の仕事を守るだけの組織、国際捕鯨委員会はいらないもんですよ。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。