05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

主夫太郎サラダ記念日と旅行記序文

2013.07.02 08:00|家庭料理
帰国して2日目ですが、流石にノルウェーの記事を整理するのはまだまだです。時差ボケもありちょっとつらいのもあるんですけどね。今日は「続きを読む」を押すと旅行記序文が読めますが、この序文は今回の旅行の総括や反省を書いたもので全然面白くありません。面白くないというより、面白く書いていません。ただ、こうやって反省文でも載せておかないとまた自分が成長するチャンスを逃す気がしたのであえて書かせて頂こうと思います。もちろん旅行は素晴らしく楽しく、お世話になったナウい夫妻には感謝しても感謝しきれません。ふと、旅行で夜中目が覚めたとき思ったことなどを忘れずに書いておこうと思いました。楽しい旅行記は次回からということでご容赦ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バリバリのアホアホ理系だった主夫太郎は短歌や俳句なんてものとは全く縁がありませんでしたが、ブログで乞金和歌集の一部を発表してから、ちょっとは短歌でもと思うようになりました(ポチリで和歌の一部が読める記事に飛びます人参ムースでブリオッシュ~猪野郎主夫太郎~)この乞金和歌集「海ゆかば億あれば」は現在も鋭意執筆中で、

ももひきが古き軒端にすりきれて、なほ余ります!五億あるなら
東海の 小島の宿の スイートに われまねかれて 蟹を食べたい

なんて新作も収録予定です。もっともやはり過去の偉人の歌も勉強しようとネットでポチポチしていると、

「この味がいいね」と君が言ったから7月6日は(権利関係がややこしくなるので略)

なんていう素敵な短歌(俵万智)もあって刺激になりますね。そういやサラダってのはなかなか割に合わないメニューです。よっぽどでないと、当たり前すぎてブログのネタにならないし、そのくせ毎日作らなきゃならない。ん~~っておもってたら、Facebookのお友達が、

主夫太郎さんはサラダに何をかけるんですか?

ってコメントくれました。
あ、俺なにもかけてないや!そうか、サラダってドレッシングかけるものだけど、我が家ではもう、15年近くドレッシングなんて買ってない。考えてみると案外珍しいかもしれない。気付かせてくれた方にお礼の記事も兼ねて今回記事にしてみました。もちろんベテラン主婦の方は当たり前にしてるかもしれませんがそこはご容赦くださいね。

主夫太郎のサラダの作り方は色々あるように見えて全くおなじ、

「野菜から水を引き出して、それをドレッシングに」

ということです。もちろん野菜から水を出すには切って(傷をつけて)塩をふるしかないですよね。

胡瓜と玉ねぎ揉み2013610

1.キュウリを塩もみして水分を出した後、玉ねぎのスライスを加えてよく揉む

トマト加えて2013601

2.プチトマトを切って1にいれ、よく和える

ムキグレープフルーツ2013610

これピンクグレープフルーツです。ん~ピンクのつもりでなかったんだけどな(笑)切ったらピンクでした。まぁ、こんな日もありますよね。
混ぜ混ぜグレープ2013610

3.グレープフルーツを2に入れよく混ぜて一時間ほど冷蔵庫で寝かす。

バジルも足して2013610

4.バジルを足してお好みでオリーブ油、胡椒を和えて食卓へ

~~主夫太郎サラダコレクション~~

どれもお好みでオリーブオイル、胡椒を足します。酢を足すときもあります。


大根リンゴトマトバジル2013610

大根の塩もみ+トマト+リンゴ+バジル


マンゴーカブトマト2013610

カブ塩もみ+カブの葉の湯通し+マンゴー+トマト2種

グレープフルーツ玉ねぎたらこ2013610

グレープフルーツ+玉ねぎ+塩もみキュウリ+たらこ

イベリコパセリトマトサラダ2013610

イベリコベジョーダの生ハム+パクチー+トマト


どれもこれもドレッシングなんて使わなくてもつくれます。トマトのうまみがあれば結構やっていけますし、そこにフルーツがはいれば文句なし。トマトがなくてもハーブを沢山使ったりするとそれで満足もしますねぇ。お肉なんか入れば十分おいしすぎますからね。まぁ、ドレッシングなんてもともと野菜の中に入ってるんでしょうね。今の野菜は凄く美味しいですからね。昔はアクの強いお野菜をいかにして食べるかっていうテーマがあってドレッシングやマヨネーズをかけたのだと思いますが、今はもともと美味しい野菜をどう食べるか考えればいいほど、野菜の香りはちょうどよくて味は甘いです。凄い工夫はプロに任せて僕みたいな素人は何も考えないことにしたらこんなサラダを15年。そろそろ頭使おうかなぁ(笑)ちなみにシャキシャキしたレタスを食べたいときは上みたいなサラダを作っておいて、レタスの上に載せます。具タップリなドレッシングって感じですかね。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。


ノルウェー・デンマーク旅行記序文(内容は謝辞と私的メモで面白くない話)


謝辞
今回のノルウェー旅行は大学時代からの友人のナウい君(プライバシー保護のため仮名)の奥様がスウェーデンに留学していて、それを切っ掛けにナウい君がご両親と奥様を連れてノルウェーを旅行をするという企画に便乗させてもらうというものだった。家族旅行に我々夫婦が半ば無理を言って参加させてもらった感じになった(のではないかと思う)。ご両親を含め家族水入らずのところで申し訳なかったが大変楽しませて頂き、感謝しても感謝しきれない。奥様はスウェーデンからコペンハーゲンに飛び、そこでの合流だったのだが、お気遣い頂きスウェーデンのお土産も頂いた。お礼もかねて、少しづつブログで紹介できたらと思う。今回の旅行の行程の殆どはナウい君に立ててもらい、これも大変お世話になった。この点で多いに頼ってしまったうえ、ガイランゲルで一泊するというカミさんの希望もいれてもらった。とにかく何から何までお世話になりご迷惑もかけたということで、とにもかくにもナウい家の方々への謝辞からこの旅行記を始めようと思う。

反省
実はノルウェー語を少し勉強していった。ナウい君の話では「全く必要ないぜ」ということだったが僕の旅行の流儀なので仕方がない。文法は英語に似ており(初学者用の本だからそう書いてあるのか)それほど苦労はなかったが良い教材も探せず、聞き取りの練習ができなくて殆ど使い物にならない状態だった。前置詞やnot(ノルウェーではikke)などは旅行をするうえで大切なので結構覚えるようにしていったがこれは役にたつまではいかないが良かったと思う。
と、ここまでなら、普通の反省で終わるのだが、実際の旅行は全くもって状況が違った。コペンハーゲンのバス停で立ち話したおばあちゃんによると、デンマークでは(多分北欧の他の国でもそうだろうが)3歳から英語を学び出すらしい。
彼らは英語は殆ど母国語と変わらないように使える。フランスやイタリアを旅行したときは、お互い英語を母国語としないのでまったくもって聞き取りは困らなかったのだが、今回はものすごく聞き取りに苦労した。(その状況では当たり前な)疑問詞やbe動詞などはとても軽く発音して、大事な単語は強く発音するという、頭からすべて文章を理解しようとする僕にはアタフタするばかりだった。あまりにも流暢に話すので、聞き取らなきゃ!って思ったが、今から考えてみると少しの訛りもあり、それが僕をさらに混乱させたと思う。

仕事で英語を使わなくなって3年ほど経っていたのだが、自分を過信していたのもある。それに、仕事でアメリカに行ったときも、ある程度耳を慣らしてゆくことはしていたわけで、今回は全くなにもしていない状態であまりにもひどかった。さらに僕は日本語であっても女性の高音の声をあまり聞き取ることができない。カミさんに指摘されるまで全く忘れていたが、これを意識していれば、とくに若い女性に対しては、まずはYes、Noで答えてもらう質問などから会話を初めることもできたのではないかと思う(結局「クレジットカード」という単語は最後まで聞き取れなかった、カミさんがいてよかったと思う)。

北欧の教育事情をちゃんと把握し、ナウい夫人にちゃんと状況を確認しておけばよかったと思う。
やっと耳が慣れてきて聞き取れるようになったのが北欧を離れる2日ほど前で、現地の人(レストランなどで)とお話するのが楽しみな僕としてはこの部分は本当に失敗だったと思う。要するに目先の語学以外の予習をして行かなかった。旅行の意義が半分以下になったのではないかとちょっとへこんでしまっている。

また、英語なんかよりも思い知らされたのは僕の日本語力の低下だ。これに比べたら英語なんて些細なことだと言える。人とおしゃべりすることが少なくなり、おしゃべりする友達も多くいないため気付かなかったが、僕は頭の中身が減り、しかもかなり頭の回転が鈍くなっていて、その結果すごくおしゃべりが下手になっている。これがものすごくショックだった。声を出したいときに(日本語でも)声がでないし、そもそもおしゃべりする内容を作り出せない。以前は何か喋りだすと、一応瞬時にオチまで話を組み立てることができたが(うまくそこにもって行けるかは置いといて)これが全くだめだ。さらに会話の流れを引き継いで話しているつもりでもどうしても「段差」ができてしまう。引きこもりの専業主夫の宿命か、あがく方法があるのか、これは考えなければならないと思っている。


(観光地など以外で)良かった点
北欧という地が実際あるのだと実感できた点はとても素晴らしい経験だったことはいうまでもない。その他では初めて海外でレンタカーをした。これはかなり疲れたけれども、ロータリーなんかを体験できてよかった。一回車が壊れたけど(事故ではなく故障)、幸い営業所の近くだったので代車をもらえた。このあたりから英語も適当に聞き取る方針にかえて行ったが、このハプニングの御蔭で幾分は語学の力が上向きになって行ったのも良かったと思う。ナビは買って行こうと思ったがナウい君がグーグルのアプリを使うということで全く任せてしまった。次回はしっかり持ってゆこうと思う。スーパーなどでも買い物をしてみて、楽しかった。ナイフを持ってゆけばもっと良かったと思うが、なかなか国際線に乗ると思うとナイフという発想がなかった。今度はもって行こうと思う。ナウい君の趣味もあってハイキングを多くしたが、この点もなかなか良かったと思っている。普段の運動不足を実感したが体を動かす気持ちよさを本当に実感した。


総括
計画段階からナウい君に頼っていたが、その御蔭で僕が旅行前にしているいくらかのことをし忘れていた。ちょっとした歴史などを勉強したり、食べ物の名前をしっかり覚えたり予習をしてゆけばもっと有意義な旅行になったと思う。僕としては珍しいが、北欧の物価の高さにひるんでしまったのは失敗だった。物価が高いという思い込みのせいか、8千円と8万円を間違えて、Extraなレンタカーの保険を付けなかったのはビビりすぎていた証拠だろう。その他食事などでも結局また北欧に行くことを考えるとひるむ方が高くつくのだが、この当たり前の考えができなくなっているのは、普段から節約なんかを考えているからかもしれない。節約をなんのためにしているのか、ここはちゃんと意識しておくべきだったかなと思う。もっともこれは来年の旅行に役立てればいいことでへこむことでもないとは思う。

反省を含めたネガティブなことはここまでにして、次回からは楽しい旅行記のはじまりはじまり。もっともこれから文章かんがえるんだけどね。


スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

コメント:

おかえりなさい

主夫太郎さん、おかえりなさい。なかなかできない北欧への旅。時間が経つごとにますますよい思い出に変わっていくことでしょう。

語学やおしゃべりでへこむお気持ちよっくわかります。アメリカに住んでいた時は自らの選択で日本の方とはお付き合いせず、現地アメリカ人の友達と交流を深めるよう務めていましたが、そりゃあ最初は聞き取り、そして言いたいことが言えない、言えても発音で伝わらない。。毎晩落ち込みのあまりに眠れないくらいでした。。でも太郎さんの旅の終わり2日のように、朝がくるたび開き直り。くりかえしていくと、別に言葉通じなくても温かい気持ちでいればなんとかなる、という風に思えて来たり、また戻ったり。でもこちらの努力しようとする姿勢は相手に伝わるもので、日本でも頑張って日本語話そうとしている外国の方は応援したくなりますもんね!

何がいいたいか、というと


言葉じゃないのよ友情は

ということと

男性は優しい眼差しで寡黙な方がミステリアスでいいかも!あ、女性もね!

(=´∀`)人(´∀`=)

無事におかえりでよかったです!


No title

主夫太郎さん おかえりなさい\(^o^)/
楽しい思い出と貴重な経験を旅行カバンいっぱいに詰め込んで
戻られたんですね。

続きを読むに書いてあったこと‥
言語の部分は別ですが、国内旅行に通じることも多くて
ウン、ウンと思うことがたくさんありました。

主夫太郎さんのサラダ‥なるほど~!
主役はお野菜ですもんね。
たまに市販のものを買うことがあるんですけど
主賓の野菜より味を主張しているものが多いですもんね。
(‥そんな時はお肉の下味に使って消化しちゃいます)

主夫太郎さんの、食物に対するピュアな考え方‥
ハッとさせられました。


おかえりなさい。

お疲れ様でした。
でも心地い疲れですよね?
どこに行かれても常にいろいろ吸収して御自分の力に変えられてるお姿、尊敬です。
テレビの基礎英語を挫折した私とは比べものになりませんね(笑)

サラダ日和な毎日が続きますね。
昔はドレッシング、いろいろ買ってたけど今は本数絞りました。
でもドレッシングの味に頼らず、野菜のみずみずしさをもっと大切にしようと思いました。

No title

主夫太郎さんおかえりなさ~い!!
おもしろくない話でワクワクしちゃった私はおもしろくない人間?笑
いやいやでも旅行にも観光以外の目標をたてて、振り返って反省して、さすがです。
日本語力、私も低下していると実感します。
上手に組み立てて話ができない…
我が家の教育方針として、娘たちが強く希望しない限り塾には通わせずに(勉強する人は塾にいかなくても勉強する)塾に行ったらかかるであろう分のお金で年に1回旅行へ!1年前に計画を立てて1年間かけてその土地(国)の文化や歴史、海外なら言語などなどを勉強してから行く!という勝手な目標を立てています。
とは言っても、主夫太郎さんの体験を読むと、事前の準備よりも実際に行ってから学ぶことの方が多そうですね!!

長くなっちゃったけどサラダ。
究極のサラダですね!!
野菜本来の味を味わえる、贅沢なサラダ。
見習わないといけないな、と反省しました…
シャキシャキレタスの上にのせるっていうの、すごくおいしそう!
やってみます♪

とにかく無事帰国されてよかったです!
続編楽しみにしてます!!

No title

主夫太郎さん、おかえりなさい♪
わぁ、いいなぁぁ♪
海外に行ってたのですね~!!
すっごく羨ましいですよ~><
その頃私は・・ずっと病院のベッドでした(泣。。
でも、無事手術も終わったので、ホッと安心しています^^

海外のお土産話、楽しみにしています♪
ポチっ!!おうえーん*

No title

おかえりなさい。
サラダは当たり前のようにドレッシングを作ってました。
和風、中華風、洋風。
洋風の中でもフレンチ、イタリアン、ジャーマンなど、その日の気分で変えてましたが、確かに具から出る美味しさを完全に無視してたかも・・・って反省させられる記事でした。
私もグレープフルーツはサラダによく使いますが、主夫太郎さん、グレープフルーツの剥き方が上手い。
私はどうしても白い部分が残ってしまって、いつも二度手間です。
旅行に対する真面目な姿勢が主夫太郎さんらしくて素敵です。
私はまず英語を一から勉強し直さないと(汗)
フランス人がなんと言おうと、今や英語が世界共通後になってる事実は否めないですもんね。

No title

主夫太郎さん、お帰りなさい!

私も美味しい野菜の方にこだわりを持つため、
ドレッシングはかけません。
基本、塩胡椒、オリーブオイル(か、亜麻仁油)ですね。
たくさんのバリエーションの主夫太郎家のサラダ、参考になります。
たかがサラダ、されどサラダ!ですね。
今度から、私ももうちょっとサラダに力を入れようっと。^^

長年、英語に関わってきた私・・・。
強く思うのは、英語(じゃなくても他の言語でも。)が流暢に話せる、理解できる、ことよりも重要なのは、何を話すか、その内容、ということ。
そういう意味で、母国語で他者とのコミュニケイションが苦手な人は、どんなに英語が出来ても、コミュニケイション能力は???
言葉は道具。
何度も聞かされてきた言葉ですが、真実ですよね~。

子供の言語教育に少しだけ関わってきましたが、
言葉を教える、ことよりも、
心を耕す、ことが大切だと実感します。

ちょっと話がそれましたが(汗)、
常日頃から他者と会話をするって大事ですよね。
私も専業主婦歴がかなり長いので、気をつけなければ!と思います。

No title

すみません。
すぐ前の投稿、私です。
フレッツ光に変えたばかりなので、ミスばかり・・・。(涙)

お帰りなさい

久しぶり書きこみでごめんなさい
そして読み逃げでごめんなさい
いいな~海外旅行なんてもう何十年も行ってなーい!
飛行機はよく乗ってるんだけどねー(^^;

サラダコレクション、ライナップすてきですね
うちは服薬の関係でグレープフルーツがNG食材なので残念です
ほんの数年前まではピンクグレープフルーツが大好きだったので
写真見て思わず「あー」と思っちゃった
でも素材をいかす天然のドレッシングみたいでいいですね
美味しそうですわん☆

No title

主夫太郎ちゃん、お帰り!!

あっという間だったような長かったような。
みんな待ってましたよ(^-^)

いやあ、相変わらず真面目だこと(^0^)/
行ってみて、あーーって分かる事、思い出す事、いっぱいありますからね。
それもいいんじゃないかな。

日本語でお話上手な人、よくしゃべる人は、英会話も賑やかですよね。。
シャイな人は静かだしね。。

これこれ、引きこもりの専業主夫なんて自虐的にならないで!!
十分アクティブじゃない。。
又、ランチや飲み会で、しゃべりまくりましょう!!(^0^)/

旅行記、楽しみにしています!!

No title

お帰りなさい~

いろんなお土産をいっぱい抱え込んで
帰られた事でしょうか

いろんなものにがんじがらめでなかなか今の日常から
抜け出せないので海外旅行とても羨ましい~
英語もカタカナも苦手なので
海外は無理ですね~

野菜の美味しさを一番に引き出してくれるのは
やはり塩派です
それと最近はオリーブオイルかな~

No title

こんにちは、無事にお帰りなさ〜い♪
どんな旅だったのか、レポとっても楽しみにしています^^
いつも自虐的にアホアホ理系とか言われてますけど、お仕事で
英語使われてたなんて、ヒューヒューですよ(笑)
私は英語が苦手なんですけど、海外旅行は大好きです^^;

サラダもバリエーションが色々あって美味しそうですね♪
イベリコベジョーダの生ハム+パクチー+トマト...食べたい!!
我家も夫が市販のドレッシングは甘いと食べないので
手作りですが、怪獣先生がサラダにフルーツを入れると
怒るのですよ〜^^;
フルーツはフルーツで食べたい!!と。
複雑な味がまだわからない、まだまだお子ちゃまですね。。。

おかえりなさ~い

旅行記はまた今度でしょうか??
のんびり待ってますんで楽しみにしてますよ~~^m^

バジルのグレープフルーツサラダ馴染ませるために冷蔵庫
そうなんですよねー!!一手間が美味しさUP!!
色んなサラダ真似して作ってみます♪
今時期に「やったー!!」の 嬉しいレシピ❤

先ずは身体休めて充電して下さい(´0ノ`*)!!

No title

北欧なんてなかなか思い切らないと行けないからお友達に便乗して
旅行、うらやましい~
これからの旅行記楽しみにしています。
主夫太郎さんのサラダバリエーション豊富でおいしそう!
私もフルーツと合わせるの大好きです。
うちもドレッシングは滅多に買わず...子供も市販のものだと
ちょっと味が強いみたいでもっぱら手作り。
私と旦那はドレッシングなしでもOKな人間です。
パクチー好きの私としてはやっぱり最後のイベリコ豚の生ハムと
パクチーのサラダが気になります♪

No title

主夫太郎さん、お帰りなさい~♪
まず、サラダから。
確かに野菜の旨みを食べようと思ったら、ドレッシングはいらない。
昔は何種類ものドレッシングを買っていたように思います。でも結局飽きてしまう。自分でオリーブオイル、酢、塩、胡椒であとアレンジするのが一番美味しいのだと思ったのはここ数年です。
「野菜から水を引き出して、それをドレッシングに」
これが一番ですね。
どのサラダを見ても、組み合わせも彩りもすごく素敵です。

さて、旅の話。
大きな身体に真面目が沢山詰まっているのですね。
ちゃんと勉強して(言葉や歴史、風習など、何を勉強しなくてはいけないかもも含め)、旅をする。そして反省も総括も!
これでもう一度ノルウェーに行くことが出来ますね^^
勿論沢山の国に行きたいとは思いますが、2度目は違う側面を見つけることもありますから。この反省点を次回の目標にして。
今回は、全体が主夫太郎さんの塊のような(笑)。伝わってくるものが多かったです^0^

Re: おかえりなさい

のんたさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、おかえりなさい。なかなかできない北欧への旅。
> 時間が経つごとにますますよい思い出に変わっていくことでしょう。

ただいま思い出が発酵中です。

> 語学やおしゃべりでへこむお気持ちよっくわかります。
> アメリカに住んでいた時は自らの選択で日本の方とはお付き合いせず、

まぁ、自然がいいんですけどね。こういう選択も何かを得るためには必要です。

> 現地アメリカ人の友達と交流を深めるよう務めていましたが、
> そりゃあ最初は聞き取り、そして言いたいことが言えない、言えても発音で伝わらない。。
> 毎晩落ち込みのあまりに眠れないくらいでした。。

やはりそうですか。僕も自己嫌悪でしたねぇ。
こんなはずじゃなかったって思うと更にです。
でもできないのは現実ですからね反省から始めないと。

> 別に言葉通じなくても温かい気持ちでいればなんとかなる、という風に思えて来たり、また戻ったり。
> でもこちらの努力しようとする姿勢は相手に伝わるもので、
> 日本でも頑張って日本語話そうとしている外国の方は応援したくなりますもんね!

北欧にゆきましたから、黒い目と黒い髪、本当に助かりました。
みんな本当に優しかったです。

> 男性は優しい眼差しで寡黙な方がミステリアスでいいかも!あ、女性もね!

これ、僕は日本では実現できそうもないので、
何も言語が通じない国に旅行するときミステリアス路線に切り替えようと思います(笑)

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん おかえりなさい\(^o^)/
> 楽しい思い出と貴重な経験を旅行カバンいっぱいに詰め込んで
> 戻られたんですね。

ブログには書ききれないですけど、
色々なことがありました。

> 続きを読むに書いてあったこと‥
> 言語の部分は別ですが、国内旅行に通じることも多くて
> ウン、ウンと思うことがたくさんありました。

旅行ってのは物見遊山以外のものがあるといいですよね。
国外でも日本でも同じですよね。

> 主夫太郎さんのサラダ‥なるほど~!
> 主役はお野菜ですもんね。
> たまに市販のものを買うことがあるんですけど
> 主賓の野菜より味を主張しているものが多いですもんね。
> (‥そんな時はお肉の下味に使って消化しちゃいます)

市販のものはうますぎますよね。
一度かけるとどんどんかけちゃう。いけないなぁって思うこと沢山ありましたねぇ。
野菜自体が美味しいですからね。究極的には塩でもいいですよね。

Re: おかえりなさい。

よーこっぺさん コメントありがとうございます。

> お疲れ様でした。
> でも心地い疲れですよね?
> どこに行かれても常にいろいろ吸収して御自分の力に変えられてるお姿、尊敬です。
> テレビの基礎英語を挫折した私とは比べものになりませんね(笑)

まぁ、基礎英語は僕も眠くなって挫折しましたけども(笑)

> サラダ日和な毎日が続きますね。
> 昔はドレッシング、いろいろ買ってたけど今は本数絞りました。
> でもドレッシングの味に頼らず、野菜のみずみずしさをもっと大切にしようと思いました。

野菜は本当に丁寧に作られて丁寧に消費者に届けられてますからねぇ。
そのまま食べられるものばかりです。塩と胡椒と油でいいかなって思ってます。

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんおかえりなさ~い!!
> おもしろくない話でワクワクしちゃった私はおもしろくない人間?笑

ただいま帰りましたん。反省は本人だけしてればいいですからねぇ。
そういう意味でつまらなかったかなぁと。

> 日本語力、私も低下していると実感します。
> 上手に組み立てて話ができない…

昔はそこそこだったんですけどね。
ブログで文章を組み立てていれば鍛えられるかなぁって思ったのですが、
全然違うものみたいですねぇ。

> 我が家の教育方針として、娘たちが強く希望しない限り塾には通わせずに
>(勉強する人は塾にいかなくても勉強する)塾に行ったらかかるであろう分のお金で年に1回旅行へ!

これは素晴らしいです。僕は塾に行ったことがないのですがね、
その分沢山旅行ができたらそれはそれは素晴らしい勉強ができたと思ってます。

> 1年前に計画を立てて1年間かけてその土地(国)の文化や歴史、
> 海外なら言語などなどを勉強してから行く!という勝手な目標を立てています。
> とは言っても、主夫太郎さんの体験を読むと、
> 事前の準備よりも実際に行ってから学ぶことの方が多そうですね!!

こんにちは、さようならだけ現地語で言えるだけでも素晴らしい経験ですよね。
事前の勉強に縛られない方がいいなと思います。
このバランスは旅行の難しいところですなぁ。

> 長くなっちゃったけどサラダ。
> 究極のサラダですね!!
> 野菜本来の味を味わえる、贅沢なサラダ。
> 見習わないといけないな、と反省しました…
> シャキシャキレタスの上にのせるっていうの、すごくおいしそう!
> やってみます♪

これほど簡単な食べ物はないわけですからねぇ。
シンプルを究極に目指すってのがいいと思うようになってます。
もうすこしバリエーションが増えたらまた載せようかと思ってます。

Re: No title

マムチさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、おかえりなさい♪

ただいま帰りました!

> わぁ、いいなぁぁ♪
> 海外に行ってたのですね~!!
> すっごく羨ましいですよ~><
> その頃私は・・ずっと病院のベッドでした(泣。。
> でも、無事手術も終わったので、ホッと安心しています^^

ブログ拝見するともう少しですね、マムチさん。
体調万全になれば海外でもどこでもマムチさんなら飛んでゆくパワーがあると思います。
夢は世界ツアー!!「マムチの世界のレシピ」の取材でも楽しそうです。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> おかえりなさい。

ただいまです!

> サラダは当たり前のようにドレッシングを作ってました。
> 和風、中華風、洋風。
> 洋風の中でもフレンチ、イタリアン、ジャーマンなど、その日の気分で変えてましたが、
> 確かに具から出る美味しさを完全に無視してたかも・・・って反省させられる記事でした。

よく考えてみると漬物と同じ発想なんですよね。
油を浮かせる以外は浅漬け。野菜が日本は美味しいですから、今はこのスタイルが気に入ってます。

> 私もグレープフルーツはサラダによく使いますが、主夫太郎さん、グレープフルーツの剥き方が上手い。
> 私はどうしても白い部分が残ってしまって、いつも二度手間です。

ちょっと多めに剥きすぎて、一生懸命絞るときもあります(笑)

> 旅行に対する真面目な姿勢が主夫太郎さんらしくて素敵です。
> 私はまず英語を一から勉強し直さないと(汗)
> フランス人がなんと言おうと、今や英語が世界共通後になってる事実は否めないですもんね。

英語は仕方ないですね。でもフランス人の態度も好きですよ。
こちらがフランス語を勉強したら、最初くらいはフランス語で相手してほしいですからね。
最初から英語で話しかけるというのは無礼だと思いますが、
こんな考えも古くなるとしたら寂しいことだと思います。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、お帰りなさい!

ただいまです!

> 私も美味しい野菜の方にこだわりを持つため、
> ドレッシングはかけません。
> 基本、塩胡椒、オリーブオイル(か、亜麻仁油)ですね。
> たくさんのバリエーションの主夫太郎家のサラダ、参考になります。

おお!やはり同じ意見の人いていいです。
是非バリエーションを増やしたいですなぁ。

> たかがサラダ、されどサラダ!ですね。
> 今度から、私ももうちょっとサラダに力を入れようっと。^^

サラダ考え出すと野菜売り場を沢山往復しますよ。

> 長年、英語に関わってきた私・・・。
> 強く思うのは、英語(じゃなくても他の言語でも。)が流暢に話せる、理解できる、
> ことよりも重要なのは、何を話すか、その内容、ということ。
> そういう意味で、母国語で他者とのコミュニケイションが苦手な人は、
> どんなに英語が出来ても、コミュニケイション能力は???
> 言葉は道具。
> 何度も聞かされてきた言葉ですが、真実ですよね~。

そうですねぇ、中身がないと話すことがないんですよね。
旅行中も言いたいことが定まらないのにしゃべりだしたことが多くこれは失敗でした。
理解はできたほうがいいですがね。喋るほうは丁寧に喋れれば十分だと思ってます。
中学校時代の英語の先生は「アメリカではどんなバカでも英語をしゃべってる」って言ってました。
未だに素晴らしい言葉だったと思ってます。

> 子供の言語教育に少しだけ関わってきましたが、
> 言葉を教える、ことよりも、
> 心を耕す、ことが大切だと実感します。

そうですねぇ。文法が似ても似つかない日本語を母国語としているかぎり、
小手先の言語教育はもったいないと思います。
まぁ、時代は変わらないと思いますがねぇ。なんか今は違う方向に向かっているような...

> ちょっと話がそれましたが(汗)、
> 常日頃から他者と会話をするって大事ですよね。
> 私も専業主婦歴がかなり長いので、気をつけなければ!と思います。

なんとか新しい人間と会話するために、
よかったらワインでもご一緒しましょう(笑)

Re: お帰りなさい

槇さん コメントありがとうございます。

> 久しぶり書きこみでごめんなさい
> そして読み逃げでごめんなさい

まぁ、コメントは余裕のあるときでいいと思うのでお気になさらず。

> いいな~海外旅行なんてもう何十年も行ってなーい!
> 飛行機はよく乗ってるんだけどねー(^^;

おう、飛行機は沢山のるのですか!
僕は飛行機に乗るとなる海外なので、あんまり乗ってません。

> サラダコレクション、ライナップすてきですね
> うちは服薬の関係でグレープフルーツがNG食材なので残念です
> ほんの数年前まではピンクグレープフルーツが大好きだったので
> 写真見て思わず「あー」と思っちゃった
> でも素材をいかす天然のドレッシングみたいでいいですね
> 美味しそうですわん☆

あら、グレープフルーツがダメとなると、カリウム系がだめなんでしょうか?
酸味となるとあとは酢でしょうかね。
酸味はなんとか確保したいと思ってます。
ザウワークラウトみたいに乳酸が自然な酸味を出してくれるといいと思って、
ちょっと試行錯誤中です。

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎ちゃん、お帰り!!
> あっという間だったような長かったような。
> みんな待ってましたよ(^-^)

あら、うれしいわん!

> いやあ、相変わらず真面目だこと(^0^)/
> 行ってみて、あーーって分かる事、思い出す事、いっぱいありますからね。
> それもいいんじゃないかな。

つぎは反省を生かそうと思いますね。
来年はフランスの予定なんですけど、何度か行ってるのですが油断しないで準備しようと思います。

> 日本語でお話上手な人、よくしゃべる人は、英会話も賑やかですよね。。
> シャイな人は静かだしね。。

まぁ、言葉は表現方法でしかありませんからねぇ、
英語で急に性格が変わるとは思えません。


> これこれ、引きこもりの専業主夫なんて自虐的にならないで!!
> 十分アクティブじゃない。。
> 又、ランチや飲み会で、しゃべりまくりましょう!!(^0^)/

お!そんならまた楽しいこと企画しなきゃねぇ~。

> 旅行記、楽しみにしています!!

鋭意執筆中よん!色々なことがありましたからね。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> お帰りなさい~
> いろんなお土産をいっぱい抱え込んで
> 帰られた事でしょうか

物品はそうでもないのですが、色々な経験をさせてもらいました。

> いろんなものにがんじがらめでなかなか今の日常から
> 抜け出せないので海外旅行とても羨ましい~
> 英語もカタカナも苦手なので
> 海外は無理ですね~

いやいや、そんなことないと思いますよ。
是非是非飛び出てみるといいと思います。
フランスでもドイツでもアメリカでも今はとても近いですからねぇ。

> 野菜の美味しさを一番に引き出してくれるのは
> やはり塩派です
> それと最近はオリーブオイルかな~

オリーブオイルは美味しいですね。
色々な油を使うのも昔はすきでしたが、使い切る前にダメにしてしまうので、
今はオリーブオイルとごま油+何かくらいですねぇ。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> こんにちは、無事にお帰りなさ〜い♪
> どんな旅だったのか、レポとっても楽しみにしています^^

ただいま~鋭意執筆中です~。

> いつも自虐的にアホアホ理系とか言われてますけど、お仕事で
> 英語使われてたなんて、ヒューヒューですよ(笑)

まぁ、大した英語ではないんですがね。

> 私は英語が苦手なんですけど、海外旅行は大好きです^^;

そうそう、苦手でも行けばいいと思いますよ。
勉強すればいいんだから。

> サラダもバリエーションが色々あって美味しそうですね♪
> イベリコベジョーダの生ハム+パクチー+トマト...食べたい!!

これは飲む用のサラダです。来年作れるのかなぁ、心配。

> 我家も夫が市販のドレッシングは甘いと食べないので
> 手作りですが、怪獣先生がサラダにフルーツを入れると
> 怒るのですよ〜^^;
> フルーツはフルーツで食べたい!!と。
> 複雑な味がまだわからない、まだまだお子ちゃまですね。。。

おお!怪獣先生まだまだですか~。
でも酢のかわりにレモンというのがあるわけですから、
そういうの増やすと怪獣先生にもご理解いただけるかと。
市販のドレッシングは口に合わないとすべて捨てることになるので
それももったいないですよね。

Re: おかえりなさ~い

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 旅行記はまた今度でしょうか??
> のんびり待ってますんで楽しみにしてますよ~~^m^

鋭意執筆中です。とりあえず次の更新が初日のレポートですねぇ。

> バジルのグレープフルーツサラダ馴染ませるために冷蔵庫
> そうなんですよねー!!一手間が美味しさUP!!
> 色んなサラダ真似して作ってみます♪
> 今時期に「やったー!!」の 嬉しいレシピ❤

ありがとうございます。サラダのバリエーションはいつも頭を悩ましますから、
皆さんからも色々教えていただけると嬉しいですねぇ。

> 先ずは身体休めて充電して下さい(´0ノ`*)!!

ちょっと時差ボケで夜中に元気です。もう少しかかりそうです。

おかえりなさい

主夫太郎さん、
お疲れになられたことでしょうね。
帰って早々の記事。
流石です。
サラダドレッシングにオイルも入らないのですね。
撮ってもヘルシーです。
イベリコジョーダにパクチー、意外です。
サラダコレクション、素敵でしたよ。

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> 北欧なんてなかなか思い切らないと行けないからお友達に便乗して
> 旅行、うらやましい~
> これからの旅行記楽しみにしています。

鋭意執筆中ですねぇ~
でも大自然ってなかなか文章にしづらいですなぁ。

> 主夫太郎さんのサラダバリエーション豊富でおいしそう!
> 私もフルーツと合わせるの大好きです。
> うちもドレッシングは滅多に買わず...子供も市販のものだと
> ちょっと味が強いみたいでもっぱら手作り。
> 私と旦那はドレッシングなしでもOKな人間です。

やはりドレッシングを買わない方、結構いるんですねぇ。
優しい味に慣れると売ってるドレッシングはちょっときついですよね。
塩味とハーブがあれば大抵は大丈夫ですね。ちょっと苦いお野菜にはオイルを足すようにしてます。

> パクチー好きの私としてはやっぱり最後のイベリコ豚の生ハムと
> パクチーのサラダが気になります♪

いいでしょう!へへへ。
山ほどパクチーってのが好きなんですよ。
パクチーが安いときに沢山買うことにしてます。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、お帰りなさい~♪

ただいまかえりましたん!

> まず、サラダから。
> 確かに野菜の旨みを食べようと思ったら、ドレッシングはいらない。
> 昔は何種類ものドレッシングを買っていたように思います。
> でも結局飽きてしまう。

野菜が変わっても同じ味になってしまうのはもったいないなぁって思います。
もちろんおいしさはある程度保障されるので楽といえばらくなんですけどね。

> 自分でオリーブオイル、酢、塩、胡椒であとアレンジするのが一番美味しいのだと思ったのはここ数年です。
> 「野菜から水を引き出して、それをドレッシングに」
> これが一番ですね。
> どのサラダを見ても、組み合わせも彩りもすごく素敵です
>

ありがとうございます。マヨネーズとドレッシングに頼らないと、
お野菜自身を美味しくいただけますよね。まぁ、たまにあればいいなぁっておもいますけども。


> 大きな身体に真面目が沢山詰まっているのですね。
> ちゃんと勉強して(言葉や歴史、風習など、何を勉強しなくてはいけないかもも含め)、
> 旅をする。そして反省も総括も!
> これでもう一度ノルウェーに行くことが出来ますね^^

そうですね。もう一度行ってもう少し旅行をゆっくりと楽しもうと思います。
ノルウェー語はなかなか使わせてくれそうもないくらい、彼らにとったら英語は普通の言語なんです。
そこがちょっと残念。

> 勿論沢山の国に行きたいとは思いますが、2度目は違う側面を見つけることもありますから。
> この反省点を次回の目標にして。
> 今回は、全体が主夫太郎さんの塊のような(笑)。伝わってくるものが多かったです^0^

あら、ちょっと字が多かったですかね。
次回からは写真がたっぷりの旅行記になりますよん!

Re: おかえりなさい

いくみさん コメントありがとうございます

> お疲れになられたことでしょうね。
> 帰って早々の記事。
> 流石です。

時差ボケがまだなおらないです。
ちょっと歳とったのかなぁ。

> サラダドレッシングにオイルも入らないのですね。
> 撮ってもヘルシーです。

オイルが必要だなって思うときは葉物が少し苦いときですかね。
もちろんオイル自身が美味しいので気分で使うときもあります。

> イベリコジョーダにパクチー、意外です。
> サラダコレクション、素敵でしたよ。

ありがとうございます。
バリエーションふやしてどんどん美味しくいただきたいものです。
皆さんのサラダも楽しみにしてます~。

遅れて^^; お帰りなさい!

ノルウェーに行かれてたんですね。
かなり遅いですがお帰りなさい^^
これから旅行記楽しみに読ませて頂きます♪

実は私は生野菜が苦手でして、自分の苦手なものは
上手にならないもので、この歳まで来てしまいました^m^
夫はサラダ大好きなのにね^^;

3年前まで英語を使ってお仕事してたんですね。
仕事で得る物もあるけど、すり減らすことも多いです。
私もそろそろ充電が必要みたいです^^

Re: 遅れて^^; お帰りなさい!

ちーこさん コメントありがとうございます。

> ノルウェーに行かれてたんですね。
> かなり遅いですがお帰りなさい^^
> これから旅行記楽しみに読ませて頂きます♪

ありがとうございます。旅行記にはそうそうお料理が出てこないのですが、
是非お楽しみ頂けたらと思います。

> 実は私は生野菜が苦手でして、自分の苦手なものは
> 上手にならないもので、この歳まで来てしまいました^m^
> 夫はサラダ大好きなのにね^^;

あれま、生野菜がお嫌いですか。生野菜で必要な野菜を取るのは難しいのだけども
なかなか美味しいとおもうのですがねぇ。ん~やはり色々な好みの方がいますねぇ。

> 3年前まで英語を使ってお仕事してたんですね。
> 仕事で得る物もあるけど、すり減らすことも多いです。
> 私もそろそろ充電が必要みたいです^^

たしかに得ることも多いですが、すり減らすこともおおいですねぇ。
何にしろ充電ができるならした方がいいですね。
僕はメンタルは充電完了近いですが、そのぶん、経験や知識が全くもって空っぽになってきました。
どんどん詰め込む予定ではいるものの、詰め込んだだけで吐き出さないと身にならない。
ん~~バランスは難しいですねぇ。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。