03 | 2017/03 | 04
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

待て待てマテガイ

2013.04.30 08:00|魚・貝料理
は~い、全国の元女子高生のみなさ~ん!芸術の春ですよ~。

ん~芸術というのは主夫太郎から一番遠いものですねぇ。一時期は東京劇術大学に行きたかったんですけどねぇ。20秒くらいであきらめました。あははははははは。しかし、一流の主夫になるには、芸術ごときでビビッてはいけません!ということで「ラファエロ展」に行ってきました。国立西洋美術館です。
ラファエロ看板2013418

大公の聖母って作品が目玉で、看板にもなってます。これ気に入っちゃってポスターまで買ってきて、今トイレの扉(内側)に貼ってますが、この聖母も赤ちゃんもなんとなく下の方みてるでしょう。トイレにすわるとねぇ、なんか、じ~って見られてる気がするんですよ。なんか視線がエロイ、ってかラファエロイ。貼る場所間違えたなぁ。あはははははは。

さて、西洋美術館は上野にありますから、もちろんアメ横には行ってきました。
すると、やちゃmaruさんさんのところで見た、マテガイが売っていたので早速買ってきました。

マテガイ酒蒸し2013418

あはははは。これぞ男の料理!全然ブログネタにならないけど、豪快に酒蒸しです。試しに一本食べてみると...

じ ゃ り !!

んんん!砂抜きが不十分だった~~~~~~~。2本目もそうだからもうだめだ!!
まてよ!おい!まってくれ~マテガイ。ひ~~~~!!!
面倒だけど、切り裂いて肝のあたりから砂を出すことにしました。

マテガイ殻むき2013418

ふ~~~、随分小さくなりやがって!豪快な食卓になるはずだったのに、がぜん小さくなっちゃったぞ!
小6までウルトラマンタロウになりたいと思ってたのに主夫になっちゃた、石川町のアホみたいな感じだ。

マテガイコンニャク2013418

仕方ないから、煮汁もペーパータオルで濾してしっかり利用します。またまた登場のコンニャク!最近よくでるけどねぇ。もう飽きたよ!って人もいると思うけどさ。今回こそ使うまいと思ってたんだけど、無理やり登場だ!

マテガイ入れて2013418

十分味が染みて、もう少しで汁がなくなるってところでさっきのマテガイ登場!!しめじに見えるかもしれないけどマテガイです!

パクチーコンニャクマテガイ2013418

本当はイベリコハムと和えるだけでサラダになるなぁって思っていたパクチーを、火を止めてから入れました。もちろんこのパクチーも上野で購入!ん~最初の感じと全然ちがうぜ。よいしょって口一杯に放り込んでいただきます。マテ貝のあの長~い貝殻を外しながら食べるのが楽しみだったのに、あさりでもいいようなレシピになっちゃったよ、あははははははは。

*ラファエロ展、まだやってますよ!芸術というのはきっといいものです。ん~だって一人でいたいはずのトイレに貼っちゃいたいと思うくらいだからねぇ。さ、みなさんもレッツ・アート!(アートって動詞があるかよく知らないけど) そういえば、よく昔は教材とかで、「君もレッツ・チャレンジ!」っていうキャッチャフレーズ見た気がするけど、レッツって一緒にやるっていう意味だよねぇ。あれ、教材屋も国語とか算数とか勉強するのかねぇ、あははははは。

スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

コメント:

No title

私も先日あさりを買って、しっかり砂抜きしたつもりが、一部のあさりが頑固に砂キープ。
あのジャリっていう感覚は思いっきり不快ですよね。
以前一度だけ食べたマテ貝料理が美味しくなかったから、それ以降マテ貝を見かけても買うことがなかったのだけど、ノルマンディでは時々見かけるから、今度試してみようかな。
このラファエロの赤ちゃん、全てお見通しって感じの目ですよね。
彼に見られていたら、悪いことは絶対できない感じ。
唯一親しみを感じるのは、ダブダブな脇腹ぐらいかな(汗)

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

お気に入りのもの、トイレに飾りたくなるって
共感しちゃうな~(^^)
ただ、この場合‥微妙な“視線”が気になるかなあ‥

マテ貝、面白い形!
砂抜き、残念でしたね。
ここはパ~っと殻付きで華やかにしたかったですね。

前のページのタケノコ料理、素晴らしいですね。
海老の色が春らしい~♪
やはりしっかりと手間を掛けると仕上がりがキレイですね。
とっても美味しそう!

No title

待って待って~まだ砂が抜けてないわよーー(笑)
マテガイ自体初めて見ました。
細長いのね~
そして、ホント・・しめじみたい~
貝も色々ね。貝殻、色々集めるとアートになりそうですなー(笑)
殻・ファエロ・・・アハハ・・
温度差激しいんで、貝の栄養でパワーがつきそうですなー
貝パワーでGW後半も楽しみましょうか☆

No title

主夫太郎さん、こんにちは。
きゃ~もう次のアップに!前回の記事にもう一度コメントする予定だったのに!
マテ貝って、買った事も食べたこともないです~
主夫太郎さんの、食材の調達力には、毎回びっくりさせられます。
待望のマテ貝、「じゃり」は…。しかしそこでめげないのがさすがです!
開いて、砂を取り出して、汁も濾して!!
(私ならめげて他の食材を冷蔵庫のからみつける方を選択するかも。)
一瞬シメジ!と思ったら、違うのですか。良く似ていますね。
今度マテ貝に出会ったら、シメジと一緒に焼いてみたいな~
でも、こうして香采と一緒に美味しいお料理に変身したのですから、めでたしめでたしでしたね。

タケノコ料理、これすごいですね~
実はあの記事がアップされる直前に、あの本で見かけて、その時にすぐ作ろうと思っていました。
29日に作りましたが、記事になるのは先になりそうですが。
お楽しみに~^0^


まて貝~♪

食べた事有りません^^; 実は見たことも有りません。
貝を食べてジャリっとすると、飲み込めなくなってしまいますね。
それを肝を一つづつ取って煮汁も漉して、手作り蒟蒻で煮たって
すごい家庭料理ですね。和風の煮物と思ったら香菜!意外な感じが
主夫太郎さんっぽいです。私じゃ絶対思いつかない^^

貝の旨味が蒟蒻に沁み込んで、お酒の肴にもご飯にも合いそうですね。

No title

こんばんは。
あら〜、ジャリッは残念でしたね。。。
あの感触は嫌ですよね^^;
マテ貝は見た事はあるけれど、家で使ったことはないです@@
あさりよりあっさり系のお味でしょうか??
ふふふ、ホント殻がないとしめじにも見えますね(笑)
当初の予定とは違っても、最後にはちゃんとした
美味しそうな1品にしてしまうところがさすがです!!

トイレのポスターの2人に見つめられて
出る物も出なくならないようお気をつけて下さいね〜^^;

No title

主夫太郎ちゃん、こんばんは!

ありゃ残念!ジャリ!ね。。がっかり!
でもめげない、主夫太郎ちゃん、偉いね。
1個1個割って砂を除くなんて、執念すら感じます(^0^)/
すっごい凝り性でしょ。。

コンニャクとの組み合わせ、よりヘルシーでいい感じ!


小さい頃、マテ貝、食べたけどあまり覚えていません。
甘辛い調味料の味しか覚えてないなあ。
マテ貝といえば、採るのが最高面白かった、という思い出です。

本日FBにアップの主夫太郎ちゃんちの食卓!ホッとするとっても素敵な献立でしたねえ。
やっぱり皆さんに見せびらかしたい!!(^-^)

No title

貝のじゃりっはつらいですよね。。。何度憂き目にあったか。。
海水の濃度で暗くして、必死にやっても、じゃりっ。。。

うちの近所でまともに砂抜きしてくれる店は一キロ先の一軒だけです。

でもさすがマテ貝、肝を取ってもまだ存在が見える!

怪我の功名ですか、またまたおいしそうですよ!

奥様もきっとウルトラマンより主夫のほうがお好きなのでは?


そうそう、蒸すのは蒸し器なくても、あしつきの皿があればできますぞよ〜♪


応援☆

No title

こんばんは~


やちゃmaruさんのブログで初めてマテ貝を拝見した時
貝ということが理解できませんでしたが
こうして分解してもらうとわかり易いですが
やっぱり変な貝ですね~

貝の美味しさをこんにゃくが吸い込んで
パクチー入れたらアジアンって感じでしょうか
型にはまらない 先の見えない料理が
主夫太郎さんらしくて いいな~

No title

24本目まで食べたところもすごいですね
そして肝を一つづつ取られたところも~
食に対する情熱を感じます
そしてできたお料理がとってもおいしそう~
お酒進みますね

No title

マテガイ興味はあるんですけど、まだ食べたことがありません。
アメ横ならいろいろ食材が手に入りそうですね~
当初の予定とはまったく違う形のお料理になったマテガイだけど
どっても美味しそう。
たしかにマテガイと言われてみればしめじにも見える~
仕上げのパクチーがたまりませんね。
うちのパクチーまだまだフサフサなのですが、あさってからの
3泊4日の帰省でダメになりそうな予感...
なので今日明日中にある程度食べきろうかと思います♪

カリスマ主夫

主夫太郎さん、こんにちは。
マテ貝も砂が多いのですね。
形状的にも砂を吐きにくいとかということもあるのでしょうかね。
ひとつひとつ、剥くなんて普通の主婦には出来ないことです。
やっぱ主夫太郎さん、主婦に向いていますね。
カリスマ主夫めざしてがんばって下さい。
ラファエロ、タッチがやさしいですよね。
ラファエロイ、初めて聞きました(笑)
やっぱ、主夫太郎さん、面白い!
そしてその主夫太郎さんと結婚なさった奥様もすごいですね。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 私も先日あさりを買って、しっかり砂抜きしたつもりが、一部のあさりが頑固に砂キープ。
> あのジャリっていう感覚は思いっきり不快ですよね。

自分の短気さが悪く貝に文句を言っても仕方ない
ってところがさらに不快感を増しますね。

> 以前一度だけ食べたマテ貝料理が美味しくなかったから、
> それ以降マテ貝を見かけても買うことがなかったのだけど、
> ノルマンディでは時々見かけるから、今度試してみようかな。

フランスにもあるんですか。
シャンパン蒸とかでたべているのでしょうか。
フレンチにするという発想はなかったので今度はフレンチに挑戦しようと思います。

> このラファエロの赤ちゃん、全てお見通しって感じの目ですよね。
> 彼に見られていたら、悪いことは絶対できない感じ。

そう、お母さんよりある意味いやな視線ですよ。
悪くないのに反省したくなるかんじ。

> 唯一親しみを感じるのは、ダブダブな脇腹ぐらいかな(汗)

西洋の古典絵画は赤ちゃんに限らずみんな太ってますよね。
美の基準は変わるんでしょうな。100年後くらいは今のがりがりモデルは
流行ってないかもしれません、が、あと100年は生きられないのでダイエットに励みます。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> お気に入りのもの、トイレに飾りたくなるって
> 共感しちゃうな~(^^)
> ただ、この場合‥微妙な“視線”が気になるかなあ‥

かなり気になりますよ。別に悪いことしてないのですが、なんか後ろめたい。

> マテ貝、面白い形!
> 砂抜き、残念でしたね。
> ここはパ~っと殻付きで華やかにしたかったですね。

そうなんです!やはり殻から取って食べるのって醍醐味ですよね。
蒸しただけでも十分おいしかったのでとても残念。

> 前のページのタケノコ料理、素晴らしいですね。
> 海老の色が春らしい~♪
> やはりしっかりと手間を掛けると仕上がりがキレイですね。
> とっても美味しそう!

ありがとうございます。やっぱり江戸の人の知恵はまだまあ現代に生きてますね。
古い文献を読む能力があればいいのですが。
少しづつ真似をしてゆきたいですね。

Re: No title

あずもんさん コメントありがとうございます。

> 待って待って~まだ砂が抜けてないわよーー(笑)

お酒振って蒸したらもう待ってくれませんでした....

> マテガイ自体初めて見ました。

僕も自分で料理するのは初めてなので、見た記憶はあるのですが
最初は変な形に戸惑いました。

> 細長いのね~
> そして、ホント・・しめじみたい~

写真でみるとそうなりますねぇ。僕も写真みて驚きました。全然貝に見えない。

> 貝も色々ね。貝殻、色々集めるとアートになりそうですなー(笑)
> 殻・ファエロ・・・アハハ・・

あはははカラファエロですか。あはははは。

> 温度差激しいんで、貝の栄養でパワーがつきそうですなー
> 貝パワーでGW後半も楽しみましょうか☆

GWはパーティーあり~の大掃除あり~のでおうちの中で楽しみますが、
案外体力が必要です。一杯楽しみますよん!

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> マテ貝って、買った事も食べたこともないです~
> 主夫太郎さんの、食材の調達力には、毎回びっくりさせられます。

スーパーとかではマテガイはみたことがなかったですね。
アメ横ってのは冷凍品と旬のお魚が渾然となるところですから、色々あります。
でもだいぶ昔と変わりましたね。そのうちお魚屋さんはなくなっちゃうかもしれないって思うくらいですよ。
品も悪くなってますしねぇ。

> 待望のマテ貝、「じゃり」は…。しかしそこでめげないのがさすがです!
> 開いて、砂を取り出して、汁も濾して!!
> (私ならめげて他の食材を冷蔵庫のからみつける方を選択するかも。)

貝に負けるのはいやですしねぇ。初めての食材ですからあきらめないようにしました。

> 一瞬シメジ!と思ったら、違うのですか。良く似ていますね。
> 今度マテ貝に出会ったら、シメジと一緒に焼いてみたいな~

これは面白いかもしれませんね。
実際コンニャクよりキノコの方が旨みを吸ってくれるかもしれませんよ。

> でも、こうして香采と一緒に美味しいお料理に変身したのですから、めでたしめでたしでしたね。

いや~買ってきておいてよかったです。どうしても2度火を通すと貝の触感も香りも少し落ちますからねぇ。
香りで補いました。

> タケノコ料理、これすごいですね~
> 実はあの記事がアップされる直前に、あの本で見かけて、その時にすぐ作ろうと思っていました。
> 29日に作りましたが、記事になるのは先になりそうですが。
> お楽しみに~^0^

おお!やはりあのお料理は目をひきますよね!
記事になるの楽しみにしています~。

Re: まて貝~♪

ち~こさん コメントありがとうございます。

> 食べた事有りません^^; 実は見たことも有りません。

大阪では食べないってことはないと思いますが、
一般的な食材ではないと思うのでなかなか無いですかねぇ。

> 貝を食べてジャリっとすると、飲み込めなくなってしまいますね。
> それを肝を一つづつ取って煮汁も漉して、手作り蒟蒻で煮たって
> すごい家庭料理ですね。

まぁ、これくらいで捨てちゃうのはもったいないですからねぇ。

> 和風の煮物と思ったら香菜!意外な感じが
> 主夫太郎さんっぽいです。私じゃ絶対思いつかない^^

手元にたまたまあったから使ったのですが、なければコチュジャンかなんかで
辛くしていたかもしれません。でも初めての食材ではちょっとそれはもったいないと思いました。

> 貝の旨味が蒟蒻に沁み込んで、お酒の肴にもご飯にも合いそうですね。

紹興酒がいいかもしれませんね。即興で作ったお料理なので準備できませんでしたが
今度はちゃんと準備して、お酒をひっかけたいです。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> あら〜、ジャリッは残念でしたね。。。
> あの感触は嫌ですよね^^;

頑張っても砂は噛み切れませんからねぇ。
悔しいですがどうしようもないので考えるしかなかったですね。


> マテ貝は見た事はあるけれど、家で使ったことはないです@@
> あさりよりあっさり系のお味でしょうか??

そうですねあさりより格段に旨みがあるわけではないです。
本当は柔らかいところを楽しむべきだと思いますが、今回は失敗。

> ふふふ、ホント殻がないとしめじにも見えますね(笑)
> 当初の予定とは違っても、最後にはちゃんとした
> 美味しそうな1品にしてしまうところがさすがです!!

ん~まぁ、苦肉の策っていうか苦貝の策。
なんとかしないと主夫ですからねぇ。

> トイレのポスターの2人に見つめられて
> 出る物も出なくならないようお気をつけて下さいね〜^^;

そういえば、最近出るものの出が悪いような。
堂々と用を足せるよう精進します。

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。


> ありゃ残念!ジャリ!ね。。がっかり!
> でもめげない、主夫太郎ちゃん、偉いね。
> 1個1個割って砂を除くなんて、執念すら感じます(^0^)/
> すっごい凝り性でしょ。。

まぁ、凝り性っていうよりは執念ですね。
砂が入ったままだと食べられませんからねぇ。
ん~~種無しブドウもいいけど、砂なしマテガイを売ってほしい。

> コンニャクとの組み合わせ、よりヘルシーでいい感じ!

もうおわっちゃったのよ。ちょっと残念。


> 小さい頃、マテ貝、食べたけどあまり覚えていません。
> 甘辛い調味料の味しか覚えてないなあ。
> マテ貝といえば、採るのが最高面白かった、という思い出です。

おお!マテガイ採ったことあるんですか。ん~ぼくよりずっと狩人!
甘辛い調味料ってのは鉄板ですねぇ。今度思いっきり甘辛く煮て、常備菜にしようかな。

> 本日FBにアップの主夫太郎ちゃんちの食卓!ホッとするとっても素敵な献立でしたねえ。
> やっぱり皆さんに見せびらかしたい!!(^-^)

ん~二人だけのひ・み・つ、でもいいんじゃない?あははははは。
でもこれだけおだてられると実験的に出してみてもいいなぁって思います。
すこしづつ出してみようと思います。

Re: No title

のんたさん コメントありがとうございます。

> 貝のじゃりっはつらいですよね。。。何度憂き目にあったか。。
> 海水の濃度で暗くして、必死にやっても、じゃりっ。。。

まぁ、貝が「砂もってたい」って思ったらそれまでですからねぇ。
まぁ、そんな意志があるのかどうかしらないんだけど。

> うちの近所でまともに砂抜きしてくれる店は一キロ先の一軒だけです。

おお、でもそんなお店があるのね。砂をかむ思いをしたら一キロなら歩くかもしれません。
でもご息女かかえては大変ですからねぇ。

> でもさすがマテ貝、肝を取ってもまだ存在が見える!
> 怪我の功名ですか、またまたおいしそうですよ!

ありがとうございます。色々味をつけても楽しそうです。

> 奥様もきっとウルトラマンより主夫のほうがお好きなのでは?

いや~うちのカミさんならウルトラマンタロウを選択する気もします。
なんにしろ自慢できますからねぇ。
「うちの旦那ビームでるんだよ」
なんて自慢してるのが目に浮かびます。

> そうそう、蒸すのは蒸し器なくても、あしつきの皿があればできますぞよ〜♪

一応簡易的なものはもっているのですが、やっぱり蒸し器があると気分がちがいますよね。
今度中華パーティーするとき買ってみたいなぁって思います。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> やちゃmaruさんのブログで初めてマテ貝を拝見した時
> 貝ということが理解できませんでしたが
> こうして分解してもらうとわかり易いですが
> やっぱり変な貝ですね~

まったくですねぇ。ちいさなミル貝って感じでしょうか。
ミル貝は貝殻より大きくなっちゃってますけどね。

> 貝の美味しさをこんにゃくが吸い込んで
> パクチー入れたらアジアンって感じでしょうか
> 型にはまらない 先の見えない料理が
> 主夫太郎さんらしくて いいな~

確かに今見ると変な組み合わせですが、
あのとき買い物に行ったあとだとすごく普通に感じたんですよ。
ちょっと変わったところにお出かけってのはいいことだと思います。

Re: No title

yukoさん コメントありがとうございます。

> 24本目まで食べたところもすごいですね
> そして肝を一つづつ取られたところも~
> 食に対する情熱を感じます
> そしてできたお料理がとってもおいしそう~
> お酒進みますね

ありがとうございます。
yukoさんのように素敵な盛り付けができないうえ、
予定が狂うと情熱で突き進むしかない男の料理になっちゃいますね。
まぁ、お料理はこの点がむしろ楽しいかもしれません。
余裕をもって砂抜きをして、こんどは勝利の祝杯を挙げたいです。

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> マテガイ興味はあるんですけど、まだ食べたことがありません。
> アメ横ならいろいろ食材が手に入りそうですね~

suzuさんにアメ横のお店知ってもらって本当に助かってます。
小さなお子さん抱えてはなかなか上野までは大変かな。

> 当初の予定とはまったく違う形のお料理になったマテガイだけど
> どっても美味しそう。
> たしかにマテガイと言われてみればしめじにも見える~
> 仕上げのパクチーがたまりませんね。

なんか先っちょの茶色いところがそうみえちゃいますね。
パクチーは上野で買ったのでそのままつかっちゃいました。

> うちのパクチーまだまだフサフサなのですが、あさってからの
> 3泊4日の帰省でダメになりそうな予感...
> なので今日明日中にある程度食べきろうかと思います♪

パクチーはいくらあっても食べれちゃうくらいすきです。
お子さんはちょっと苦手でしょうかね。
3泊の旅行、沢山楽しんできてくださいね。

Re: カリスマ主夫

いくみさん コメントありがとうございます。

> マテ貝も砂が多いのですね。
> 形状的にも砂を吐きにくいとかということもあるのでしょうかね。

確かに長いですからね。ぴゅってするまでのストロークが長いのでしょうか。

> ひとつひとつ、剥くなんて普通の主婦には出来ないことです。
> やっぱ主夫太郎さん、主婦に向いていますね。
> カリスマ主夫めざしてがんばって下さい。

女に生まれたらすごくモテたかもしれません(笑)
しかし、カリスマってどうやってなるんでしょうねぇ。
な~んて言ってるあたりがカリスマになれないんでしょうが。
もっとも、主夫って母集団が少なさすぎる。

> ラファエロ、タッチがやさしいですよね。
> ラファエロイ、初めて聞きました(笑)
> やっぱ、主夫太郎さん、面白い!
> そしてその主夫太郎さんと結婚なさった奥様もすごいですね。

このあたり拾っていただけるとブログやっててよかったと思います。
カミさんですか、凄いですよね、僕が思うんだからそうなのだと思います。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。