05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

習作・羊羹はじめ~甘味の忘備録~

2013.04.18 08:00|スイーツ系
前回の記事はイチオシブログに選んで頂いたお蔭でアクセス数アップ!
とってもバブリーな気分を味わいました。凄いですねぇ。元女子高生の方々をはじめ多くの方がポチリとして下さったと思いますが感謝感激ですねぇ。前回は比較的シンプルなお料理でしたが、今日はもっとシンプルなんです。だって調味料を除いたら原材料は一つだけ。

今日は主夫太郎が無謀な挑戦をしたお話です。


=======================================

お酒に甘い物は合わない

なんていう、昭和の時代から続く悲しい主張は、このマリアージュやらコラボやらと外来語を持ち出してきてはなんでも寄せ合わせてはおしゃれに仕立てあげる平成の世の中にあっても根強く残っている気がします。馬鹿らし過ぎる。

水戸黄門に印籠が、ルパンにワルサーP38が、池中玄太に80キロが似合わないと言っているようなもんだ。

と、こんな啖呵切っても自分でスイーツがつくれないと仕方ない。日本酒に合うものをということで、今回は羊羹を作ってみることにしました。羊羹が日本酒に合うか?まぁ、僕が豆とお酒がすきなのよ、あははははは。ただ、小豆でつくってもよかったのだけども、花豆が沢山あったので、どうせつまみにもなる豆だし、花豆で羊羹でも作ろうと思ったんですよ。

でも重要なことがある。

僕は羊羹の作り方をしらない

そりゃそうだよ。だっておれ羊羹屋の息子じゃないもん。あははははは

ってことでむか~し見たテレビ番組のうす~い記憶とネットなぞを頼りに行き当たりバッタリで作ってみることにしました。

なにか美味しく出来るご意見あったら募集してます~~~~。

まぁ、羊羹ってのはこしあんを固めたもんだろうからまずはアンコ作りだ!

花豆皮分離

1.一晩花豆を水煮つけて、水をこまめにとりかえながら柔らかくなるまで煮る。

量にもよるんでしょうけどね。4回か5回くらい水をすてましたよ。しかしこの時点で夕飯の支度どうしようってくらい台所が色々と発散しだしてしまっている.....

2.皮をはずし実と分離させ、皮をもう一度火にかけて良く洗う。洗ったあとにのこる実は分離させておいた実と合わせる。

とにかく皮を取って、それ以外は綺麗に洗って無駄にしないってことですな。


花豆洗い1

3. 2でできた豆の実の部分を崩れるまで煮る。


この時点でちょっと失敗してたのかな。少し硬く似た方が厚い皮がペロッてむけると思ったけどねぇ、さいしょから柔らかくにて洗いまくればよかったと思う。


花豆漉す

4.完全に煮崩れた豆をこして、粗い豆の破片などを取り除く。

これが短気な主夫太郎には大変でした。もう少し煮ればよかったかなぁなんて再度思いましたね、反省は次に生かしたい。


花豆沈殿

5.4にタップリの水を含ませ沈殿させ(3時間以上)、上澄を捨てる。この作業を水が綺麗になるまでやる。

これも随分やりましたね。結局満足いかなくて日をまたぎました。ん~~だんだんこの頃から後悔しだしたんだけど、もう後戻りはできない。後戻りったてどこに戻るか分からない。あはははは。大馬鹿野郎もいいところです!とにかく一生懸命洗うのよ。変なものが浮いてくるし。たしかにこの作業は重要なようだなぁ。テレビで見たのだと思う、多分。

こんな水捨てます


がんばったよ!こんな程度の薄い色した水なら遠慮なくすてて、また水を混ぜてよく洗う。ん~どんどんなくなっちゃうという不安にかられながらもどんどん洗って捨てます。多分こんなことテレビでやっていたとおもうんですけどねぇ。遠い日の記憶です。

絞ってこしあん

6.手ぬぐい(さらし)で5をしぼりマメの中身だけをまとめる。

これ見て!ここだけでもいいから見て!

ん~まさにお豆の結晶、いや!主夫太郎の努力の結晶だよ~~!!

ここからいよいよアンコを炊いてゆきます。

アンコ炊く

7.砂糖や蜂蜜などを加えながら漉した豆を炊く


正直言うとここでも失敗した気がするなぁ。冷やしてからたべるのだから結構甘くしてよかったのだけど、どうしても味見していると砂糖少な目で上品にしてしまいました。結局甘味にコクがでませんでしたね。

羊羹練る

8.重さをはかり寒天水溶液をいれよくねり、型にいれる。


ここは納得いかなかったから分量は載せませんよ。これから研究しなきゃ。
たしかここでヤケドを恐れず羊羹を練っていた気がするんだけど、やはりヤケドを恐れて練り切れなかった。
次回頑張れ俺!

初めての羊羹
9.よく冷やす。


一応切り口を見せておきます。もちろんそこそこ食べられるものでしたよ。でもやっぱり花豆は粒子が大きいねぇ。今度は小豆でやりますよ。恐れずに。
なんだか水羊羹寄りの羊羹(汗)。

しかし売ってる羊羹ってのはこの手間考えるとめちゃくちゃ安いねぇ。お酒と一緒に僕は一さお食べられるけど、流石にそんな無茶はもうしない。だって花の40歳.....

~反省点をまとめて忘備録にします~

1.小豆でやろうと思う。

2.豆はさいしょからかなり柔らかく煮る。

3.砂糖や蜂蜜を恐れずいれて炊く。

4.寒天をいれてからもっと練る。寒天の量はもう少し多い方がいいかな。


ということで今年中にはそこそこまともな羊羹をつくりたいです。去年につづいてシフォンも頑張らなくちゃ!っておもってますけどね。



スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

花豆大好きです。(特に紫花豆~)
でもこれであんこ、羊羹を作ろうって発想はまったくなかったです。
そっか、やっぱり小豆の方がいいんですね。(口当たりもよさそうだし)
でも花豆バージョンも気になります。
一から手作りって手間ひまかかるけど、この工程も楽しかったり
しますね。40過ぎると羊羹は緑茶の方がいいかしら?
今年は羊羹、シフォン、その他いろいろなスイーツが
登場しそうですね~楽しみにしています。

No title


すごいですね~主夫太郎さん! 羊羹までつくったんですね!

そして本当によかった

私水羊羹は大好きなのに、ほんものの羊羹は甘すぎて好きじゃないんです!

だから甘さの足りない水羊羹は大好物! ありがとう主夫太郎さん!

応援です~~(*^-^)b

No title

主夫太郎ちゃん、こんにちは!

おーー、羊羹まで作っちゃおうって思うところが凄!
しかも花豆で。。

途中で後悔、、の場面、臨場感溢れてますね。
臨場感溢れすぎてて、爆笑でした。(*゚▽゚*)

味見していると砂糖少な目で上品に!→結局甘味にコクがでませんでした、、
ここわかります。甘さ控え目の和菓子ってやっぱり物足りないんですよね。
ギリギリまで甘味、控えるのって難しいです。
塩梅と一緒だね。

ポチポチ応援♪

No title

比較的簡単な芋羊羹と水羊羹は作ったことがあるけれど、普通の羊羹を作ろうと思ったことはなかったなぁ。
主夫太郎さんはいきなり花豆を使ってしまうところが凄い。
小豆だったら手間は半分ぐらいで済んだかも知れないのに(笑)
私も羊羹なら一棹食べられますよ。
それもTiger屋の思いっきり甘いOMOKAGE。
そんなこと自慢してどうするんだ…
フランスで羊羹を食べようと思うと、かなり高くつくから、主夫太郎さんに負けないよう、手間はかけても金はかけずをモットーに、羊羹修行頑張ります!

No title

こんばんは~

小豆が好きだとは聞いたけど、自分で羊羹まで作っちゃったんですね
すごいですね~
未知への探究をとことん楽しんでいるって感じ

・・・ところで私も羊羹作った事が無くて
主夫太郎さんのを見て へ~こうやって作るんだ~と感心!!
手間がかかるんですね~

豆の皮を剥く時点でギブアップしそうです

No title

主夫太郎さん  こんにちは(^^♪

羊羹ですか‥
甘いモノが苦手なわたくしには鬼門なのです。
昔、ただ一度上司に叱られたのも羊羹絡み‥
お客様にお出しした羊羹の厚さ。
「羊羹は厚く切ってこそ旨いんだ!」だって(^_^;)
(自分が好きじゃないので薄く切ったことは事実です)
仕事で叱られるならまだしも‥だわよ~プンプン!

それにしても、羊羹ってとてつもなく手間がかかるものなんですね。
恐れいりましたm(__)m

晒しで搾ってまとめた画、なぜか胸がキュンとしました(^^)

「白花豆のコロッケ」っていうのが学校給食のメニューに
あるんですよ。
試食会で頂く機会があったんですけど美味しかったです。

No title

こんにちは。
花豆で一から羊羹を作られたのですか@@
いや〜、すごく手間がかかっていてとてもマネ出来ません。
主夫太郎さんは作る工程をいつもすごく楽しまれていますよね*^^*

お砂糖、わかります!!
私も毎回スイーツ系を作る時は、その量の多さ驚き
つい控えてしまうのですが、やっぱり食べると甘みが
微妙に足りないのですよね〜^^;
市販のものってどのくらい入っているんだろう??と
ちょっと怖くなります@@

切り口も滑らかで美しいです♪

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
ふっくら花豆を、さらしあんにして
和デザートを作られたのですね。
煮込んだ花豆を潰して、水にさらした
さらしあん♪に、プチ感動しました!!
出来上がった羊羹に、大感動です!!
新緑に重ねて、とっておきのお茶を淹れて、
味わいながらいただくデザート♪を感じました。
とても、おいしそう♪♪♪。

No title

すごーーい
本当手間を惜しまないですね~トムさんは
綺麗にできてるすごいすごい
水羊羹好きな私としてはかなり好みかもです♪

家で手作り羊羹出てきたら自慢しちゃいますよ~
私もチャレンジしてみようかなーー(^^)v
トムさん見てると自分の主婦力うたがっちゃうなー(笑)

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございました。

> 花豆大好きです。(特に紫花豆~)
> でもこれであんこ、羊羹を作ろうって発想はまったくなかったです。

まぁ、僕も無かったんですけどね。
小豆より大きい豆だから扱いが簡単だろうなって思っただけなんですけどね(笑)

> そっか、やっぱり小豆の方がいいんですね。(口当たりもよさそうだし)

やはりみんな使うだけありますね、今後は小豆です(笑)

> 一から手作りって手間ひまかかるけど、この工程も楽しかったり
> しますね。40過ぎると羊羹は緑茶の方がいいかしら?
> 今年は羊羹、シフォン、その他いろいろなスイーツが
> 登場しそうですね~楽しみにしています。

手作りは本当にたのしいですよね。
夕飯の支度をあらかじめしておけばもう少し余裕をもってできたんですが。
今後は簡単でもいいので夕飯の支度をしてからにします。
緑茶羊羹!!考えてなかったです。今度挑戦しますね。

Re: No title

のんたさん コメントありがとうございます。

> すごいですね~主夫太郎さん! 羊羹までつくったんですね!

まぁ、これくらいは主夫ですから....なぁ~んてねぇ。
頑張りましたよ!そりゃ!

> そして本当によかった
> 私水羊羹は大好きなのに、ほんものの羊羹は甘すぎて好きじゃないんです!
> だから甘さの足りない水羊羹は大好物! ありがとう主夫太郎さん!

そうなんですかぁ。羊羹って美味しいと思うんですが、
苦手な人は苦手のようですねぇ。
自分で作ると愛情がちがいますよ。
水羊羹も美味しいですが、羊羹も是非。

No title

こんにちは~。

おお!
羊羹ですか!
凄いですね~。
羊羹を手作りしようなんて、考えたこともなかった・・・。
そして、主夫太郎さんの記事を読んで、改めて「一生、羊羹を手作りしないわ!」と思いました(笑)。
物凄く手間暇かかるんですね~。
確かに、この手間暇を考えると、羊羹安いですよね。
全てを手作業でやっている羊羹屋さんって、あんまりないと思うけど・・。
この、主夫太郎さんの手作り羊羹は、
手間暇が分かっているだけに、有り難~~~く頂けますね。^^
(って、食べるのは奥様と主夫太郎さんですよね。う~ん、味見したい!)

No title

時間があるときに、ゆっくりコメ書きにきます!

Re: No title

きりまりさん こんにちは

> 途中で後悔、、の場面、臨場感溢れてますね。
> 臨場感溢れすぎてて、爆笑でした。(*゚▽゚*)

それはよかった!そこが一番伝えたかったです。
このにっちもさっちも行かなくなる悲しさ....
でも前に進むしかない!!就活がうまくいってない学生さんみたいな心境でしたよ。

> 味見していると砂糖少な目で上品に!→結局甘味にコクがでませんでした、、
> ここわかります。甘さ控え目の和菓子ってやっぱり物足りないんですよね。
> ギリギリまで甘味、控えるのって難しいです。
> 塩梅と一緒だね。

そうそう、あの羊羹の美味しさって砂糖から出るコクなのね。
上品にするには控えなきゃいけないけど、ひかえすぎると味がボケる。
ん~さすがに豆、砂糖、寒天しか使わないお料理。
一筋縄ではいきません。もっと頑張らないといけないみたいよ。

まめだねー!

私もね、羊羹作った事あるよ~水羊羹だけど~
ついでに缶詰のゆであずきを買って粉かんてんで、ちょちょいのちょい!
普通のね~簡単なのね~
主婦太郎さんのように本格的につくろうなんて思った事もないわ(苦笑)
上の作り方はね、学校で習ったの
だからずーと夏の水羊羹はこれ
暑いもん、すぐにつくれる方がいいしぃ~
でもこれだけ頑張った主婦太郎さんをたたえます!「すばらしぃー」
…で、この日の晩ご飯はどうなったの?
まさか羊羹&ご飯ではないよね
さすがにうちの優しい夫も怒るな(笑)

でもーーーー!!!!
羊羹でビールは飲めません(きっぱり)

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 比較的簡単な芋羊羹と水羊羹は作ったことがあるけれど、
> 普通の羊羹を作ろうと思ったことはなかったなぁ。

水羊羹でも夏ならすずしくていいですよね。
でも水羊羹も羊羹も材料は同じですからあとは練りの問題ですよね。

> 主夫太郎さんはいきなり花豆を使ってしまうところが凄い。
> 小豆だったら手間は半分ぐらいで済んだかも知れないのに(笑)

これはやってみるとわかるんですよ。
あらゆる意味で小豆は優れています。
今後は絶対小豆ですねぇ。もちろん花豆の使い方もいろいろ考えられるとおもいますが。

> 私も羊羹なら一棹食べられますよ。
> それもTiger屋の思いっきり甘いOMOKAGE。
> そんなこと自慢してどうするんだ…

ん~そうですよね。と〇屋の羊羹を途中で止められる人間の方が凄いですよ。
板チョコのように手でもって食べられます。

> フランスで羊羹を食べようと思うと、かなり高くつくから、主夫太郎さんに負けないよう、
> 手間はかけても金はかけずをモットーに、羊羹修行頑張ります!

おお!競争ですね。楽しみにしてます。
僕も頑張ります。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 小豆が好きだとは聞いたけど、自分で羊羹まで作っちゃったんですね
> すごいですね~
> 未知への探究をとことん楽しんでいるって感じ

その分この日の夕飯はちょっと寂しいものになりました(笑)

> ・・・ところで私も羊羹作った事が無くて
> 主夫太郎さんのを見て へ~こうやって作るんだ~と感心!!
> 手間がかかるんですね~
>
> 豆の皮を剥く時点でギブアップしそうです

こしあんは買ってきて、ねるところだけ練習してもよさそうです。
先日母から送ってもらったアンコで作ってみたのですが、
もう少し寒天を使っても良さそうなのでもう少しだけ研究の日々がつづきますねぇ。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございました。

> 羊羹ですか‥
> 甘いモノが苦手なわたくしには鬼門なのです。

あら、そうなんですか。甘い物は幸せの一部ですけどねぇ。

> 昔、ただ一度上司に叱られたのも羊羹絡み‥
> お客様にお出しした羊羹の厚さ。
> 「羊羹は厚く切ってこそ旨いんだ!」だって(^_^;)
> (自分が好きじゃないので薄く切ったことは事実です)
> 仕事で叱られるならまだしも‥だわよ~プンプン!

羊羹は厚い方が美味しいですよ。
よく噛んでもいいしちょっと塊を残して喉ごしを楽しむのもいいですし、
お茶と口のなかで合わせてもいいし。
まぁ、羊羹の厚さでケチかどうかわかるという人もいるし、
会社の体面もあるのかもしれません(笑)

> それにしても、羊羹ってとてつもなく手間がかかるものなんですね。
> 恐れいりましたm(__)m
>
> 晒しで搾ってまとめた画、なぜか胸がキュンとしました(^^)

本当ですか!これはうれしい!
本当に綺麗な中身だけとれるんですよ。
これを甘くなくショッパイ方向でなにかつくれたらはるさん好みのお料理になるかなぁ。


> 「白花豆のコロッケ」っていうのが学校給食のメニューに
> あるんですよ。
> 試食会で頂く機会があったんですけど美味しかったです。

これですね、これ!花豆の皮をとってかなり滑らかなものにすれば
きっと美味しいコロッケになりますよ。
色々考えてみようかな。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。


> 花豆で一から羊羹を作られたのですか@@
> いや〜、すごく手間がかかっていてとてもマネ出来ません。
> 主夫太郎さんは作る工程をいつもすごく楽しまれていますよね*^^*

たのしいですね。理科の実験みたいで。
実際のお食事での冒険よりお菓子の冒険の方が楽ですね。
失敗しても出さなければいいから。

> お砂糖、わかります!!
> 私も毎回スイーツ系を作る時は、その量の多さ驚き
> つい控えてしまうのですが、やっぱり食べると甘みが
> 微妙に足りないのですよね〜^^;

お砂糖は難しいですよね。
役割は単なる甘さだけでないようです。

> 市販のものってどのくらい入っているんだろう??と
> ちょっと怖くなります@@

そうですねぇ。美味しさに代えて何かを失っている、
というか何かを引き受けているのでしょうかね。

> 切り口も滑らかで美しいです♪

ありがとうございます。さすがにここは手作りのこしあんだけありますねぇ~。

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。


> ふっくら花豆を、さらしあんにして
> 和デザートを作られたのですね。
> 煮込んだ花豆を潰して、水にさらした
> さらしあん♪に、プチ感動しました!!


ありがとうございます。
一番頑張ったところです。

> 出来上がった羊羹に、大感動です!!
> 新緑に重ねて、とっておきのお茶を淹れて、
> 味わいながらいただくデザート♪を感じました。
> とても、おいしそう♪♪♪。

ん~もう少し上手につくれたら、そうですねぇ、新茶の季節には間に合わせたいと思っています。

Re: No title

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 本当手間を惜しまないですね~トムさんは
> 綺麗にできてるすごいすごい
> 水羊羹好きな私としてはかなり好みかもです♪

あら、そうですか?ん~水羊羹だと思うとおいしかったのかなぁ(笑)

> 家で手作り羊羹出てきたら自慢しちゃいますよ~
> 私もチャレンジしてみようかなーー(^^)v
> トムさん見てると自分の主婦力うたがっちゃうなー(笑)

いやいや、僕はまだまだ中途半端なので色々なことに挑戦中です。
なんにしろそれほど頭もよくなく、器用でもないので、
数うちゃあたる方式で色々なものに手をだしてます。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> おお!
> 羊羹ですか!
> 凄いですね~。
> 羊羹を手作りしようなんて、考えたこともなかった・・・。

原材料はマメと砂糖と寒天だけなんですよ。
不思議ですね、だけどあんなに素敵なお菓子になるなんて。

> そして、主夫太郎さんの記事を読んで、改めて「一生、羊羹を手作りしないわ!」と思いました(笑)。
> 物凄く手間暇かかるんですね~。

こしあんをつくる部分だけですよ。
練るところはむしろタイミングの問題ですね~。

> 確かに、この手間暇を考えると、羊羹安いですよね。
> 全てを手作業でやっている羊羹屋さんって、あんまりないと思うけど・・。
> この、主夫太郎さんの手作り羊羹は、
> 手間暇が分かっているだけに、有り難~~~く頂けますね。^^
> (って、食べるのは奥様と主夫太郎さんですよね。う~ん、味見したい!)

上手にできたらお届けしたいわん!
分量やタイミングなどこれからが楽しみでいます。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 時間があるときに、ゆっくりコメ書きにきます!

是非是非お気遣いなくね。
ブログは生活を投影するものでしかありませんから。

Re: まめだねー!

槙さん コメントありがとうございます。

> 私もね、羊羹作った事あるよ~水羊羹だけど~
> ついでに缶詰のゆであずきを買って粉かんてんで、ちょちょいのちょい!
> 普通のね~簡単なのね~

僕はこれを作ったことなかったです。
いきなり頑張ってみました。

> 主婦太郎さんのように本格的につくろうなんて思った事もないわ(苦笑)

まぁ、羊羹というより8割くらいはこしあん作ってましたからね。

> 上の作り方はね、学校で習ったの
> だからずーと夏の水羊羹はこれ
> 暑いもん、すぐにつくれる方がいいしぃ~

水羊羹、夏にならないとちょっと残念な食べ物だと思ってます。
やはりどっしりとした羊羹が欲しいときもあります。


> でもこれだけ頑張った主婦太郎さんをたたえます!「すばらしぃー」
> …で、この日の晩ご飯はどうなったの?

あはははははは。麺類になりました!

> まさか羊羹&ご飯ではないよね
> さすがにうちの優しい夫も怒るな(笑)

最低お餅にしますよ、ご飯はないな(笑)

> でもーーーー!!!!
> 羊羹でビールは飲めません(きっぱり)

あら、残念。僕は羊羹でコニャックでも平気、
落雁にビールでもいいです(笑)
まぁ、お好みですからねぇ。
そのうち味覚も変化するかも?

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。