05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

主夫太郎~実家とお日様の恵み~

2013.03.19 08:00|魚・貝料理
主夫太郎のことを愛してるみなさ~ん!お元気ですか?


いやいや、もう少しで3月が終わってしまいますね。花粉がなければ結構好きな月なので、とてもざんねん。桜も咲きかけているようで、主夫太郎はカミさんと一度は桜を見に行く予定でいます。雨でなければいいなぁ。実は主夫太郎、とても地味な性格なんです。ブログからは想像できないかもしれませんが、お祭りなど苦手で人ごみも嫌い。予定が立たないのも好きでないのでお花見は実は凄く苦手。一方カミさんはお祭りも人ごみも大好きでドンドンパフパフってのでテンション上がるらしいです。お弁当もって出かけられるのかよくわからないけど、天気がよかったらお散歩には出かけようと思ってます。


==========================================================

主夫太郎の実家は空っ風吹き荒れる群馬県。ん~群馬県って何もない気がしませんか?確かに海はないんだけども、それ以外色々なものがあるんですよ。果物も野菜もお肉も温泉もと、どちらかというと器用貧乏って言ってもいいですね。海がないので、その分川は豊か...と言いたいところですが、首都圏の水がめとなっておりダムは沢山あり、四万十川や長良川といった全国的に有名な清流があるというイメージはもしかしたらないのかもしれません。ちょっとそれは残念だけども、綺麗な山と水は財産といってもいいと思います。

主夫太郎の実家は色々な変遷がありますが、今は鮎の養殖業をやっています。
以前はウナギ、ドジョウ、鯉などと色々なものをやっていてそれぞれ、随分美味しいものを頂きました。
できれば大寒にウナギを食べ、初夏に鮎を食べ始め、氷でしめた鯉の洗いを食べ、秋に落ち鮎を頂きたいところだけども、まぁ、それは無理な話。鮎だけでも感謝してます。


ってわけで、去年、出来た鮎を送ってもらって冷凍して取っておきました。

鮎解凍2013217


じゃん!解凍しましたよん。まるまる太っているでしょう?あははははは。写真はボケたのではなく、鮎の体からでるぬめりです。捌いてみま~す。

鮎白子2013217


みてみて!鮎の白子です。ほとんど白子なんだねぇ、おなかの中!他の内臓がかわいそうなくらいです。


鮎卵2013217


じゃじゃ~~ん!そりゃメスだっていますよ!卵も登場です。やっぱりこんなに卵が入っているんですね!

白子と卵の塩漬け


っていうわけでさ、本来白子と卵は出会って一緒になるはずだったろうから、天国に行ってからだったけども主夫太郎が一緒にしてあげたわけ。ん~悲恋だねぇ、天国でかなう恋。 まるでロミオとジュリエットです。「おお~白子や白子!何故あなたは白子なの~」という声が聞こえてきそう!塩を強く振って発酵させます。まぁ、そんなに強く発酵させる必要もない。

で、なんで主夫太郎が夏もらった鮎を
冬まで冷凍してとってあったかというとね.....



鮎夜干2013217

ほら!鮎を干すためさ!!!あははははははは。
このあいだ干し網を持ってるというお話をしたら、なんと主夫太郎のブロともさんでは結構の割合で持ってる!
これで一夜干しを自分の手で作ってみたかったのよ!

実はこの一夜干しの鮎、過去に3度ほど登場してるんですよ。過ぎゆく夏を惜しんで(振り返らず行こう!なんて無理!!)鮎をフレンチみたいに鮎御飯と味噌汁の3本で~す、んがんん!


1.鮎をひらいて適当な濃度の塩水につける。

2.夜、日がくれてから干し出し、3時間程日があたったら取り込む。

ってだけなんだけど、鮎の味がすごく引き出せる。お魚の干物って素敵ですよね。川魚の干物ってなかなか見ないと思うけど、やっぱりお日様の力は偉大さ!


鮎一夜干し焼き2013217

今回は凄くシンプルに卵と白子の塩漬けをお腹に塗って焼いて頂きました!御飯でもお酒でも白ワインでも。
もちろん骨までたべられます。頭も丁寧にやけば頭までですよ。東京でも干せますよ!
天然の鮎じゃないと....なんて言ってるひともいるけど、余計な脂さえあちてしまえば養殖だって美味しいですよ!




スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

トム~こんにちは(笑)
私も人ゴミなどなど苦手な地味な性格なので(もう十分ご存じでしょ 笑)なんだか似たような匂いを感じてましたー(不快に思ったらごめんなさい)

鮎って埼玉じゃなかなか手に入らないです(泣)
と思って、四万温泉くらいに行ったら晩御飯に出て来るかなと思ってるんですけどね!
トムはなんでもちょちょいと出来ちゃうから尊敬です。

No title

主夫太郎ちゃん、おはようございます。

ご実家そうなのですか。
だから主夫太郎さん、食に対して優しいのね。。

鮎の干物は、とっても懐かしい味です。

実家では、川内川の鮎を開かないで丸ごと干して、
それを煮つけていました。
子供だった私には、大人の味でしたねえ。

私は鮎の天然物と養殖物の違い、言われなきゃわかりません。
父は、顔が違うって言っていました。

稚鮎の天ぷら、食べたいです♪♪

>春菊のポタージュの油は、サーモン焼いた時のオリーブオイルが、浮いちゃっているのです。わざわざ垂らしてはいません。(^0^)/

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
ご実家の自然に育まれた鮎を、
自家製で天然干しにされたのですね。
ふっくら♪ほこっ♪と身がほぐれて、
とても絶品♪を、焼きあがった鮎から感じました。
皮の恵、鮎…おいしそう♪♪♪です。

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

天国で結ばれる‥鮎の恋物語‥
なんて素敵なんでしょう!!

白子と卵を混ぜて軽く発酵させる‥これはスゴイ技です!
地元では昔からこのような食べ方をするんでしょうか?
よく「目からうろこが落ちる」などと言いますケド
まさにこのことを言うんですね。

こちらでは鮎はあまりメジャーではないのです。
主人の故郷が岐阜なんで、そこで食べたのが初めて。
塩焼きの美味しさに惚れ惚れ♪
以来、やみつきに‥ただ、お値段が‥
「時分へのご褒美」と言い訳しながら買ってきます。

干物‥そちらは夏は傷んじゃうからそれまで待たなくては
イケないんですね。
こちらは、真冬は凍ってしまうので干物は雪解けからが
ちょうどいいんですよ(^^)

贅沢!

超贅沢な食べ物!!!
この時期に鮎!しかも白子&卵のコラボ乗せなんてさー
こりゃもし私が主婦太郎さんの近所ならどろぼう猫になってたね
鮎の干物の代わりに我が家のえのきの干からびたのを置き土産にね~(笑)

実家が○○屋さんで~とかよく見かけますが
鮎の養殖屋さんも羨ましいー初めて出会いました
子持ち鮎、食べたい…
めっちゃ美味しそうぢゃわぁ~

No title

こんばんは~

ご実家が養殖屋さんなんですね
小さい頃からご実家で鮎のさばきを見て育って
いらっしゃるんでしょうね
普通の家庭で育った男性が2年でスパッと
この魚の見事な開きは作りませんよ~

塩水に漬けて日が沈んでから翌朝まで干すものなんですね
白子と卵と合体させて焼くのも
本場の隠れた幻の味見たいな感じですね
二つを合わせて「悲恋天国の味」なんて瓶詰め製品なんてどうでしょうかね
インパクトがあって手に取りそうですけど・・・

No title

トム!主夫太郎ちゃん!
色々な呼び名があって、いいですね~
鮎、すっごく綺麗に捌いて、干物!
川魚を干物に、確かにありです。骨が柔らかいので、焼いたら全部綺麗に食べられそうで嬉しいです。その上に白子と卵を乗せてしまうのは、さすがの発想ですね♪
確かに白ワイン、いけそうです^0^
今度魚屋で素敵な鮎ちゃんに出会ったら、干物にしてみましょう~

No title

ご実家、鮎の養殖業をなさっているのですか!
なんだかとっても意外~というか、想像外でした!!
まあ、主夫太郎さんのご実家は何をなさっているおウチだろう?
なんて、普段から考えていませんでしたけどね・・・。
それじゃまるで、ストーカー!!(笑)

さてさて、鮎の干物ですか。
川魚の干物は初めて見るかも。。
我が家でも、夫が鯵とかえぼ鯛とか色々干したことありますが、全部海のものでした。

へ~~、
白子と卵を塩漬けにしたものを干物に塗るのですか!!
面白い~~。
頂いてみたいです~~!

No title

こんにちは。
手作りの鮎の干物、美味しいでしょうね〜〜。
しかも、卵と白子の塩漬けを塗って焼くなんて
画像を見ながらでもお酒が進んじゃいそうです(笑)

主夫太郎さんのご実家は鮎の養殖をされていらしたのですね!!
前にもお話しましたが??、母が鮎の養殖業が盛んな静岡の浜松出身なので
私も子供の頃から鮎が大好きなのですよ〜〜。
鮎の養殖しているところで買って帰ったこともあります♪
こちらではすっかり高級魚になってしまいましたからね^^;

Re: No title

よーこっぺさん こんにちは!

> トム~こんにちは(笑)

は~い!トムだよ~

> 私も人ゴミなどなど苦手な地味な性格なので(もう十分ご存じでしょ 笑)
> なんだか似たような匂いを感じてましたー(不快に思ったらごめんなさい)

いやいや。全くです。クタビレますからねぇ。

> 鮎って埼玉じゃなかなか手に入らないです(泣)

そ、そうなんですか?川が結構あると思いますが。

> と思って、四万温泉くらいに行ったら晩御飯に出て来るかなと思ってるんですけどね!
> トムはなんでもちょちょいと出来ちゃうから尊敬です。

いやいや、ミッション・インポッシブルに挑戦するのがサダメなだけですよ。
よく失敗もしてます。

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎ちゃん、おはようございます。

は~い、ちゃんづけされて、ついつい可愛さ100倍になっちゃう主夫太郎ちゃんです。

> ご実家そうなのですか。
> だから主夫太郎さん、食に対して優しいのね。。

草でもお魚でも命ですからね。感謝はわすれませんよ。

> 鮎の干物は、とっても懐かしい味です。

これは驚きです!

> 実家では、川内川の鮎を開かないで丸ごと干して、
> それを煮つけていました。
> 子供だった私には、大人の味でしたねえ。

おお、内臓の苦味と身の旨みが凝縮されそうですね。
すごいなぁ。どんな味付けだったのでしょうか。

> 私は鮎の天然物と養殖物の違い、言われなきゃわかりません。
> 父は、顔が違うって言っていました。

顔くらいだったら全然いいですよね。味が同じなら。
鮎は養殖物だと余計な脂がべっとりと付いているときがあります。
運動不足なのでしょうかね。
それが綺麗に落ちて入れば養殖でももちろん美味しいですよ。

> 稚鮎の天ぷら、食べたいです♪♪

おお!これもご存じですね。僕大好きです。鮎のほのかな香りを楽しむなら、
稚鮎がいちばん。もちろん稚鮎は解禁前なので全て養殖。
食通だって養殖を有り難がって食べてるんですよ!

> >春菊のポタージュの油は、サーモン焼いた時のオリーブオイルが、浮いちゃっているのです。わざわざ垂らしてはいません。(^0^)/

おお!それでもいい感じの模様になってます。素敵でしたよ!

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、おはようございます。
> ご実家の自然に育まれた鮎を、
> 自家製で天然干しにされたのですね。

なかなか一夜干し、鮎のは売ってないんですよ。

> ふっくら♪ほこっ♪と身がほぐれて、
> とても絶品♪を、焼きあがった鮎から感じました。
> 皮の恵、鮎…おいしそう♪♪♪です。

おいしいですよ。もっと皆さんに知って欲しいですねぇ。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 天国で結ばれる‥鮎の恋物語‥
> なんて素敵なんでしょう!!

お話としては素敵ですが、やはり自分が関わるなら現世で恋は成就させたいですねぇ。
まぁ、人間なんてのは勝手な生き物なのでしょうか。

> 白子と卵を混ぜて軽く発酵させる‥これはスゴイ技です!
> 地元では昔からこのような食べ方をするんでしょうか?

実はうるか(内臓)まで混ぜて塩からにするのですが、
僕は苦いのを楽しむ必要はないと思っているので、白子と卵だけにしました。
十分鮎の味が感じられていいですよ。

> よく「目からうろこが落ちる」などと言いますケド
> まさにこのことを言うんですね。

海のお魚だと新鮮なうちに食べる事がおおいですものね。

> こちらでは鮎はあまりメジャーではないのです。
> 主人の故郷が岐阜なんで、そこで食べたのが初めて。

郡上八幡はよく行きます。岐阜も自然が豊かですよね~。

> 塩焼きの美味しさに惚れ惚れ♪
> 以来、やみつきに‥ただ、お値段が‥
> 「時分へのご褒美」と言い訳しながら買ってきます。

たしかにお値段は高いですね。
もう少し安くなって欲しい気もしますが、
鮎屋の息子としてはあんなくらいしてもいいと思います(笑)

> 干物‥そちらは夏は傷んじゃうからそれまで待たなくては
> イケないんですね。
> こちらは、真冬は凍ってしまうので干物は雪解けからが
> ちょうどいいんですよ(^^)

なるほどね~。干物の時期も北海道は違うのですか!
勉強になって楽しいです。

Re: 贅沢!

槙さん コメントありがとうございます。

> 超贅沢な食べ物!!!
> この時期に鮎!しかも白子&卵のコラボ乗せなんてさー
> こりゃもし私が主婦太郎さんの近所ならどろぼう猫になってたね
> 鮎の干物の代わりに我が家のえのきの干からびたのを置き土産にね~(笑)

あははははは。エノキじゃ割にあいませんよ。せめて天然舞茸かトリュフ(笑)

> 実家が○○屋さんで~とかよく見かけますが
> 鮎の養殖屋さんも羨ましいー初めて出会いました
> 子持ち鮎、食べたい…
> めっちゃ美味しそうぢゃわぁ~

そうでしょう?だから今回の記事は単なる自慢といえば自慢なのよ(笑)
でも、生産者から直接買う販路をゲットできたらいいですよね~。
そんなビジネス立ち上がるかしら...ああ、楽天か(笑)

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> ご実家が養殖屋さんなんですね
> 小さい頃からご実家で鮎のさばきを見て育って
> いらっしゃるんでしょうね
> 普通の家庭で育った男性が2年でスパッと
> この魚の見事な開きは作りませんよ~

いやいや、これが適当にやるとこんな感じになっちゃったんです(笑)
でも魚を捌くのはみてましたね。鮎はウロコがなくていいです。鯉は大変。

> 塩水に漬けて日が沈んでから翌朝まで干すものなんですね

あんまりお日様にあててしまうと臭くなってしまいますからねぇ。

> 白子と卵と合体させて焼くのも
> 本場の隠れた幻の味見たいな感じですね
> 二つを合わせて「悲恋天国の味」なんて瓶詰め製品なんてどうでしょうかね
> インパクトがあって手に取りそうですけど・・・

おお!これはどんなさかなの白子と卵でもできますよ!
「悲恋の塩辛」よくわからないけど、既に涙が出そうです。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> トム!主夫太郎ちゃん!
> 色々な呼び名があって、いいですね~

可愛くてかっこいい、そんなキャラに来世はなりたいですよ。
ブログ上ではその夢がかないつつある?そんな気がしまうs。


> 鮎、すっごく綺麗に捌いて、干物!
> 川魚を干物に、確かにありです。骨が柔らかいので、焼いたら全部綺麗に食べられそうで嬉しいです。

骨が柔らかいので包丁が本当に綺麗に入ります。
骨の方をなが~くゆっくり焼くと骨も食べられます。
カルシウム十分です。

> その上に白子と卵を乗せてしまうのは、さすがの発想ですね♪
> 確かに白ワイン、いけそうです^0^
> 今度魚屋で素敵な鮎ちゃんに出会ったら、干物にしてみましょう~

鮎やイワナなどは一夜干しすると味が凝縮すると思います。
内臓はおまけみたいなものですが、それでもいい感じです。
masakohimeさん網もってましたもんね。是非是非。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> ご実家、鮎の養殖業をなさっているのですか!
> なんだかとっても意外~というか、想像外でした!!
> まあ、主夫太郎さんのご実家は何をなさっているおウチだろう?
> なんて、普段から考えていませんでしたけどね・・・。
> それじゃまるで、ストーカー!!(笑)

あははははははは。確かに僕の実家がなんであれ、想像外ってのは変なお話ですね。
ん~ストーカーになってくれるんですか?大歓迎ですよ!そんなに好かれるのは。
むかしから卒業式には第二ボタンは3つくらい持ってゆくんですが、誰ももらってくれませんでした。

> さてさて、鮎の干物ですか。
> 川魚の干物は初めて見るかも。。
> 我が家でも、夫が鯵とかえぼ鯛とか色々干したことありますが、全部海のものでした。

川魚は繊維が繊細ですからね、むしろ海の魚よりも川の魚の方を干物にしたほうが、
美味しさが増すかもしれません。保存目的ではなく、調理目的で。

> へ~~、
> 白子と卵を塩漬けにしたものを干物に塗るのですか!!
> 面白い~~。
> 頂いてみたいです~~!

海の肴でもできますよね。オスメス揃えば。ん~魚が釣れればなぁ。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> 手作りの鮎の干物、美味しいでしょうね〜〜。
> しかも、卵と白子の塩漬けを塗って焼くなんて
> 画像を見ながらでもお酒が進んじゃいそうです(笑)

へへ、これはお酒がいいかもしれませんね。ビールでもいいけど日本酒!

> 主夫太郎さんのご実家は鮎の養殖をされていらしたのですね!!
> 前にもお話しましたが??、母が鮎の養殖業が盛んな静岡の浜松出身なので
> 私も子供の頃から鮎が大好きなのですよ〜〜。

おお!鮎好きですか。素敵な接点です!
しかし子供のときから鮎が好きなんてすごく贅沢(笑)

> 鮎の養殖しているところで買って帰ったこともあります♪
> こちらではすっかり高級魚になってしまいましたからね^^;

ん~鮎って高級魚ですよね。
実家には売るほどいるのに....
まぁ、沢山売れてくれると嬉しいのですがね。

こんにちは♪

ご無沙汰しちゃいましてすみません! トムさんと思うとうかつにコメントもできなくて。。。MIシリーズではどの撮影が一番は大変でしたか??
あ、似てるけどご本人じゃあないんでしたね!

確か主夫太郎さんはヨン様に似ていると思っていたので、ヨン様とトムの間くらいだと思って勇気もってコメントさせていただきますね~。

鮎を取っておいて、冬に干物にするというのはとっても計画的ですね! しかも冬の夜の三時間でできちゃうなんていいですね! まずは自分の実家に鮎を育てないか、と相談するところから始めてみたいと思います。

しかしきれいに開けるんですね~。さすがの技術です!

水銀は確かに昔体温計に入ってましたね~。割れると親が飛んできて、「触ったらいけない!」と言われた気が。。触ったらどうなるのかは不明のまま大きくなっちゃいました。

海産物が大好きな博多育ちなのですが、ややこしい世の中になってきましたね~

奥様のぶろぐジャック楽しみです~♪


応援させていただきます☆☆



Re: こんにちは♪

のんたさん コメントありがとうございます。

> ご無沙汰しちゃいましてすみません!

まぁ、気にせずに。自分のペースがいいですよ。

> トムさんと思うとうかつにコメントもできなくて。。。
> MIシリーズではどの撮影が一番は大変でしたか??
> あ、似てるけどご本人じゃあないんでしたね!

ミッション・インドカレーの撮影ですか?
ええ、カレーが辛すぎで苦労しました。
ラッシーのみすぎましたね。

> 確か主夫太郎さんはヨン様に似ていると思っていたので、
> ヨン様とトムの間くらいだと思って勇気もってコメントさせていただきますね~。

読者さんが好きだかだー!

> 鮎を取っておいて、冬に干物にするというのはとっても計画的ですね!
> しかも冬の夜の三時間でできちゃうなんていいですね!
> まずは自分の実家に鮎を育てないか、と相談するところから始めてみたいと思います。

あゆは買ってもいいとおもいますよ。
鮎だけじゃなくて川魚は結構おいしくいただけます。

> 水銀は確かに昔体温計に入ってましたね~。割れると親が飛んできて、「触ったらいけない!」と言われた気が。。触ったらどうなるのかは不明のまま大きくなっちゃいました。
>
> 海産物が大好きな博多育ちなのですが、ややこしい世の中になってきましたね~

しりもしませんでした。
やっぱりお子さんもつとちがいますね~!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。