05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

故宮博物院!

2013.01.26 08:00|台湾
*本日はちょっとドタバタするため、皆さんの所への訪問が遅れます。すみませんねぇ。

は~い、全国の元女子高生のみなさ~ん!お元気?


台湾旅行、2日目の始まり始まりです。今回の旅行で僕が一番ゆきたかった故宮博物院の記事。ん~~気合が入ります!!

純文学作品、乞金和歌集はたった一人の方しか反応してくれなかったところみると、皆さん文化に興味がないのかもしれませんが、故宮博物院は本当に凄いから是非是非台湾行ったら訪問してくださいね!

====================================================

何が気合が入るって、故宮博物院のオープンが8時半なので8時にはホテルを出た。食べ放題の朝食も抜きだ。食べないというより食べたくない。気持ちがそれくらい高揚している。もちろんタクシーで門に横付けをして颯爽とその門の足元に立つ。その颯爽さは個人により受け止め方がちがうと思うので敢えて写真は載せないけども、門の写真は載せようと思う。

故宮博物院門から

凄い!凄いぞ!と心の中で素直に思う。台湾の故宮博物院の成り立ちを考えると興奮せざるを得ない。実に簡単にいうと、蒋介石率いる中華民国が中国本土から台湾に逃げ去るときに中国の博物館から良い物だけを選んでカッパラッテカッサラッテきて作った博物館。まさに中国4000年の至宝の更なる選抜チーム!展示品の入れ替えが3か月に一度なので全てみるまでには200年かかるとのこと(ウィキペディアによると)。200年って数字はまた中国らしい数字ではあるが、とにかく凄いらしい。

収蔵品は例えばこんなもの。豚の角煮を模してつくった石の置物。

肉 形 石

肉石アップ

豚の皮の毛穴なども細かく細工されていて、いい感じで着色されている。なんで石でこんなもの作ろうとおもったかは別として凄い!まぁ、豚の角煮に見えたんだろうね、石を見たときに。

さて、入り口の続き.....
故宮博物院建物

門をくぐって博物館まで近寄るとやっぱり迫力に圧倒されるな!この日は天気もよく青空に建物が映える。

故宮博物院アプローチ

で、振り返ると、こんな長~いアプローチ。いいでしょう!あなたのお宅の門から玄関まではこのくらいあるでしょうか?向かいには不粋な住宅ビルがあるけど、まぁ、許してやろうか。僕は心が広いから。


おいおい!どうでもいいからもうそろそろ博物館の中のお宝を見せろよ!

と思うかた。実は......



撮 影 禁 止


なんです。なんてブログに合わない題材だ!カミさんが以前行ったころは撮影できたそうなのだけれども、全くもってダメ!ん~~どういう理由で禁止になったかはしらないけども本当に残念無念。

他に有名なのは緑の翡翠を使った白菜の彫り物などもありますね。キリギリスまで付いてて凄い。

一番びっくりしたのはオリーブの種を削って使った彫刻。オリーブの種を削って、扉が本当に開閉する船作ってる。中に人が居て凄い細かい。作ったことも凄いが作ろうと思ったことも凄い。

象牙の彫刻とかも凄いし、ん~~なんとも写真でもってお伝え出来ないのが残念で仕方がありません。興味ある方は是非是非ネットで検索してね!
え?じゃぁどうして肉形石の写真が撮れたかって?実はねぇ.....






肉石ペン

あはははははははは。肉形石のレプリカがついてるペン(300円)を買ってきて、デジカメの解像度を上げてアップで撮影!なんとかそれっぽく撮ってみました!!あはははははは。まぁ、気付いてる方多かったと思うのですが、きっと優しさで僕の洒落を許して下さったのだと思います。まぁ、ネットで検索すると写真のっているんで、色々見て下さい!本物は当然もっと綺麗です。

そういや、東京タワーにゆくと東京タワーがくっついたボールペンとか売っていてどんな奴が買うのかと思っていたけど、僕みたいな奴が買うんでしょうな。あはははは。


しかし、ここからが主夫太郎は違う!!!


どうにかして読者の皆さんに故宮博物院の内部の写真を違法でもいいからおみせしたい。逮捕覚悟で携帯で写真を撮ってきました。いいですか!ナイショですよ。国際指名手配されたらインターポールのとっつあんから世界の果てまで逃げなきゃいけないですからね!
ってことで、どうぞ!!





故宮博物院内

故宮博物院の中のトイレ。男子用の便器の前にこれが貼ってありました。

「私に近づきなさい」

って便器が言ってます......ん~~シュールだ。中国4000千年のシュールさ。ん~~このシュールな警告に写真を必死で撮ったので、チャックを閉め忘れるところだった。


~三希堂(サンシータン)レポート~

故宮博物院の最上階には三希堂という皇帝の書斎の名前が付いたカフェがあります。カフェと言っても本格的なお料理もあり、お食事がしっかりとれます。以前横浜中華街に同じ名前の台湾茶のお店があったのですが(今もあるのかなぁ)まさかその名前が皇帝の書斎の名前だとは...恥ずかしながら台湾のガイドブックで初めて知りました。

故宮博物院に8時半についてあまりにも気合を入れて見物しました。物凄く広いところをしっかり見てやろうと思うのですが、収蔵品が多いだけあって、同じ様なものが大きな部屋一つを占拠してたりします。鼎(かなえ)という青銅器がひたすら展示している部屋などでは、全く馴染のない青銅器を上から下から横からと見てみると流石に疲れる。全然面白くないし。だって鼎なんて使ったことないし、多分一生使わない。

気合が空回りして50分ほど、朝食も食べてこないし、力が出てこない。時計を見ると10時前。流石にこんな時間に三希堂は空いてないだろうけど、一応行ってみようということで行ってみたらなんと営業中!

三希堂内部

博物館は混んでいるのに、全くもって人がいない。実にガラ~んとしている。まぁ、そりゃそうだ!博物院は開館したばかりだしねぇ。ここに来る方がむしろおかしい。ってんでハリキッテ注文!!

三希堂で台湾茶

もちろん台湾茶も頂いちゃうよ!ん~お湯のポットがタイガーなのはちょっと複雑。せめて英語のロゴではなく「虎瓶」って書いて欲しかったが、まぁいいや。できれば鉄瓶が雰囲気でるけど、そりゃ贅沢だよな。


牛肉麺

お勧めは?って聞いたら牛肉の麺だっていうから頼んだらガッツリこんなのが来た。ちょっとお値段は高め、1000円くらいだったと思うけど、タップリのお肉と良い香りと美味しいスープだったから満足!日本のラーメンとは違うむしろうどんのような感じの麺。素朴で美味しい。

精進仏跳牆


こちらは「精進仏跳牆」

仏跳牆は仏様(僧侶や仏像)が跳んでやってくるくらい美味しい!といわれているスープ。本来は干したホタテやアワビなどの乾物を使ってつくる高級スープなんだけども、こちらは「精進」だからそれは入ってないはず。干しシイタケとかが入っているのだと思う。お肉ではなく里芋が入っており、薬膳スープな感じ。

しかし、国立博物館に宮廷料理を出すレストランを併設してるとは。故宮博物院の敷地内に別の建物ではもっと高級なお食事を出すレストランがあるのだけども、そこは予約が必要。でも全然ここで満足。今度行くときの楽しみにしようと思っている。




スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

コメント:

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
台湾観光☆故宮博物院、
アプローチが壮大な景色が広がる中庭に驚きです。
本場で台湾茶を、楽しまれたのですね。
精進仏跳牆…初めて出会いました。
アワビや帆立などの海の幸から、
クリアー感のあるスープをひいた極上スープなのですね。
お肌が美しくなれそう♪…と、思いました。

No title

主婦太郎さん、おはようございます。

ちゃんと文化的なところもいらしたんですね~

私が写真旅行で行ったときは、食べる、買う、エステ、食べる、買う 遊ぶ 遊ぶ

こんな感じだったので、こんな国宝があるなんて知りませんでした。。ありがとうございます。

角煮マンが食べたくなりました。


そしてこのトイレ・・・ こわすぎなメッセージですね~。



追伸
ほんと、いまどきの小学生の会話、ついていくの大変です。テレビなくて正解だな、と思うこともしばしば。。十分友達からお下劣なこと習って来て家で再現してくれてます。

よい一日を♪

No title

こんにちは~
肉形石のレプリカがついてるペン、これはかなりウケちゃいました~ふふふ...
300円だったら、やはり、記念に買いますね♪
そして、食べ物編ですが、本当、見た感じ、うどんのようで~す!
麺類が大好きなのもあり、とても食べてみたいなあ~
きゃあ~、最後のトイレの看板、面白すぎですよ~~
笑いが止まりません!!!
台湾のご紹介、どうもありがとうございました~☆

No title

なんだ~!
レプリカ、しかもボールペンのお尻についてるやつだったのですね~!
肉形石、見入っちゃいましたよ~(笑)。
今、写真撮れないんですね。
って、それが普通ですよね。
私が行った20年前は写真撮影OKでした。

トイレ、、、
「一歩前に」、同じことを言っているのに、なぜでしょうね~。
笑える。
日本語って複雑ですね~。^^

宮廷料理のスープ、美味しそう♪
身体にとっても良さそうですね。
ところで、食事のあと、博物院全部まわったのかしらん?

お久しぶりです

台湾旅行に行かれてらしたのですね~
私はもう20年ほど前に行きましたわん
(年齢を計算しないように!!!)

やっぱり旅は美味しいものですよね~
そして相変わらずのおもしろい主婦太郎さん節に笑いを頂きました
ありがとう

No title

主夫太郎さん、こんばんは。
故宮博物院は私も行きましたが、忙しくてこんなにゆっくり見たり食べたりは出来ませんでした。
同じ国に観光に行ったとは思えない程です。
この写真、鉛筆の上のレプリカ!!
カタログをコピーしたのかと思ってしまいました^^

トイレの張り紙が、すっごく面白い~♪
こればかりは、男性の方に入らないと見られない!
食事テーブルの上に、「料理を食べられないほど沢山もって来て、食べ散らかしたら、罰金!」のメッセージは読みましたけれど。

主夫太郎さんの旅行目線、楽しいですね。


Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> 台湾観光☆故宮博物院、
> アプローチが壮大な景色が広がる中庭に驚きです。

紫禁城がモデルだったと思います。贅沢な土地の使い方ですよね。
日本の美術館もこのくらいの余裕を持って欲しい。

> 本場で台湾茶を、楽しまれたのですね。
> 精進仏跳牆…初めて出会いました。
> アワビや帆立などの海の幸から、
> クリアー感のあるスープをひいた極上スープなのですね。
> お肌が美しくなれそう♪…と、思いました。


お肌への効果は期待できますよ!
美容の国、台湾、はやいところ再訪したいと思ってます。

Re: No title

のんたさん コメントありがとうございます。

> ちゃんと文化的なところもいらしたんですね~

実はこっそり知性派に転向しようと思っているところです。

> 私が写真旅行で行ったときは、食べる、買う、エステ、食べる、買う 遊ぶ 遊ぶ
> こんな感じだったので、こんな国宝があるなんて知りませんでした。。ありがとうございます。

旅行の目的はハッキリしていたほうがいいですからね。
円高のうちに「買う」をしたかったのですが、円高終わってしまいそうです....

> 角煮マンが食べたくなりました。

そうそう、博物院の出口で売ってたら、みんな買っちゃうとおもうんですけど、
そこは国立の博物院!そんなセコイ商売はしないようです。

> そしてこのトイレ・・・ こわすぎなメッセージですね~。

英語でも同じないようですから、台湾ではこういうんでしょうね(笑)

> ほんと、いまどきの小学生の会話、ついていくの大変です。テレビなくて正解だな、と思うこともしばしば。。十分友達からお下劣なこと習って来て家で再現してくれてます。
>

テレビというのは良くも悪くも大衆娯楽ですからねぇ。ニュースでさえ報道の責任とか国民の知る権利とか勝手なことを言って下品なことしてますから。
最近は評判のよいドラマを何年かに一回、あとスポーツみるくらいですねぇ。
テレビみないと立派な大人になれると思いますよ。多分。

Re: No title

まひまひゆかりんさん コメントありがとうございます。

> 肉形石のレプリカがついてるペン、これはかなりウケちゃいました~ふふふ...
> 300円だったら、やはり、記念に買いますね♪

かっちゃいました(笑)


> そして、食べ物編ですが、本当、見た感じ、うどんのようで~す!
> 麺類が大好きなのもあり、とても食べてみたいなあ~

さっぱりしておいしいです。牛肉でスープとるってのもなかなかしないですから
真似してみたいですね。

> きゃあ~、最後のトイレの看板、面白すぎですよ~~
> 笑いが止まりません!!!

日本語が通じる国として有名ですが、本当ですかねぇ?って思っちゃう張り紙でした。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> レプリカ、しかもボールペンのお尻についてるやつだったのですね~!
> 肉形石、見入っちゃいましたよ~(笑)。

ありゃ、騙しちゃいましたか?すみません(笑)

> 今、写真撮れないんですね。
> って、それが普通ですよね。
> 私が行った20年前は写真撮影OKでした。

ん~やはり撮りたかったですねぇ。
色々凄い物がありましたから。

> トイレ、、、
> 「一歩前に」、同じことを言っているのに、なぜでしょうね~。
> 笑える。
> 日本語って複雑ですね~。^^

どういう人がこれを訳したのかさっぱりわかりませんが、
面白いですよねぇ。

> 宮廷料理のスープ、美味しそう♪
> 身体にとっても良さそうですね。
> ところで、食事のあと、博物院全部まわったのかしらん?

ええ、頑張ってまわりました。別館にはいかなかったのですが。
流石に「書」などはみてもわからないので、ビジュアル的に楽しそうなものを中心に。
教養があれば何日あってもたりないでしょうねぇ。
教養なくてよかったです。

Re: お久しぶりです

槙さん コメントありがとうございます。

お久しぶりです!
> 台湾旅行に行かれてらしたのですね~
> 私はもう20年ほど前に行きましたわん
> (年齢を計算しないように!!!)

20年前は写真撮影が可能だったそうで、それは羨ましいです。

> やっぱり旅は美味しいものですよね~
> そして相変わらずのおもしろい主婦太郎さん節に笑いを頂きました


ありがとうございます。本来ダンディーなブログを目指していたのですが、
今は面白派になっているようです。今後もよろしくお願いいたします。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 故宮博物院は私も行きましたが、忙しくてこんなにゆっくり見たり食べたりは出来ませんでした。
> 同じ国に観光に行ったとは思えない程です。

あれ、ここもゆっくりされなかったのですね。
ん~~~是非是非今度はゆっくり行ってください。
なかなか奥深そうな国でしたよ。

> この写真、鉛筆の上のレプリカ!!
> カタログをコピーしたのかと思ってしまいました^^

いや~頑張って撮影しました(笑)

> トイレの張り紙が、すっごく面白い~♪
> こればかりは、男性の方に入らないと見られない!

そうですね。そういう意味では女性は普通見られない台湾の一面ですねぇ。

> 食事テーブルの上に、「料理を食べられないほど沢山もって来て、食べ散らかしたら、罰金!」
> のメッセージは読みましたけれど。

あははははははは。これもダイレクトな表現ですねぇ。なにもしてないのに怒られてる感じ。


> 主夫太郎さんの旅行目線、楽しいですね。

ありがとうございます。楽しんでいただければと思います。

No title

主夫太郎さん こんにちは~

広いね~
ここを見学するには若さと体力のある内に行かないと
いけませんね。
まさか動く歩道とかかないんですよね~

角煮の造形
こんなものが博物館に並んでいるんですよね
面白いというか理解できないというか・・・
トイレのメッセージの方が理解できますね

宮廷料理 深そうですね~

No title

どんなに食べ物優先旅行でも、ここだけは行ってみたいですね。
問から玄関までのアプローチだけは張り合えるかもしれない(笑)
展示品の画像、色々見てきました。
肉形石に関しては、唯一人間の手が加わってない展示品って書かれてました。
ってことは豚の角煮そっくりさんな石がそのへんにゴロンと転がってたってことかな。
それに台座を付けて飾っちゃうところが中国らしい。
世の中にはお米に絵に字を書いちゃったり、オリーブの種を芸術作品にしちゃったり、器用な人がいるもんですねぇ。
私は多分アボカドの種に絵を描くのも無理だと思う。
『私に近づきなさい』、我が家にはどうも的を絞りきれない困ったちゃんがいて、掃除が大変なので、これを便器に貼りたいけど、多分顔を近づけて終わってしまうと思う(爆)
やっぱり蠅のシールで我慢しようかな。
精進じゃない仏跳牆は目玉が飛び出ちゃうような値段なんでしょうね。

Re: No title

きゃりあおばさん こんにちは

> 広いね~
> ここを見学するには若さと体力のある内に行かないと
> いけませんね。
> まさか動く歩道とかかないんですよね~

動く歩道ないですよ。
エスカレーターもないです。
まぁ、仕方ないですねぇ。

> 角煮の造形
> こんなものが博物館に並んでいるんですよね
> 面白いというか理解できないというか・・・

まぁ、実際みると圧倒されちゃいますよ。
家にあったら嬉しいです。

> トイレのメッセージの方が理解できますね

日本人スタッフがいないことは確実ですねぇ(笑)

> 宮廷料理 深そうですね~

美味しいです。そのうち違うお店のものを紹介できたらと思います。

Re: No title

タヌ子さん コメント有難うございます。
> どんなに食べ物優先旅行でも、ここだけは行ってみたいですね。
> 問から玄関までのアプローチだけは張り合えるかもしれない(笑)

おお!そうなんですか!ん~テニスコートもお持ちのようですし、
ん~貴族な方なのでしょうか。

> 展示品の画像、色々見てきました。
> 肉形石に関しては、唯一人間の手が加わってない展示品って書かれてました。
> ってことは豚の角煮そっくりさんな石がそのへんにゴロンと転がってたってことかな。
> それに台座を付けて飾っちゃうところが中国らしい。

確か毛穴は掘ったと解説があったと記憶してますが。
まぁ、それにしても凄いですけどね。
角煮を飾り物にしようとおもった発想が凄いですよね。
日本でいえば鯵の開きを芸術品にしようと思うようなもの。


> 世の中にはお米に絵に字を書いちゃったり、オリーブの種を芸術作品にしちゃったり、
> 器用な人がいるもんですねぇ。
> 私は多分アボカドの種に絵を描くのも無理だと思う。

アボガドは丸すぎて滑りそうですねぇ。まぁ、器用さという意味では僕も全くだめです。
感心するだけでしたねぇ。

> 『私に近づきなさい』、我が家にはどうも的を絞りきれない困ったちゃんがいて、
> 掃除が大変なので、これを便器に貼りたいけど、多分顔を近づけて終わってしまうと思う(爆)
> やっぱり蠅のシールで我慢しようかな。

まぁ、何かしらお手洗いに工夫するのがいいでしょうね。
アレに射撃用のスコープつけるわけにはいかないですからねぇ。普段不便ですから。
ハエのシールはヨーロッパに行ったときビックリした覚えがあります。
どうしてもあれを落としたくなりますからねぇ。

> 精進じゃない仏跳牆は目玉が飛び出ちゃうような値段なんでしょうね。

これも後々登場します。お楽しみに!

No title

肉形石とか緑の翡翠を使った白菜の彫り物とかオリーブの種を削って
使った彫刻とか面白そう~
台湾に行くことがあったら是非行ってみたいなあと思います。
肉形石のレプリカがついてるペンでレポする所が楽しい♪
そして私に近づきなさいにも笑ってしまいました~
何か翻訳ソフトで変換すると変な文になる感じ!
料理はやっぱり興味をそそられます。
干しあわびや帆立を使ったスープの再現はちょっと難しいけど
干ししいたけと里芋なら気軽に作れそうですね♪

Re: No title

suzuさん コメント有難うございます。

> 肉形石とか緑の翡翠を使った白菜の彫り物とかオリーブの種を削って
> 使った彫刻とか面白そう~
> 台湾に行くことがあったら是非行ってみたいなあと思います。

是非是非、人間の可能性の凄さに感動しますよ!

> そして私に近づきなさいにも笑ってしまいました~
> 何か翻訳ソフトで変換すると変な文になる感じ!

どういうわけでしょうねぇ。翻訳ソフトそのままって
普通は怖くて採用できませんよね。


> 料理はやっぱり興味をそそられます。
> 干しあわびや帆立を使ったスープの再現はちょっと難しいけど
> 干ししいたけと里芋なら気軽に作れそうですね♪

そうそう、精進ってのがいいですよね。
なんとかならないかなぁって思ってます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。