08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ジュブトレジビ~(年末年始の主夫太郎1)

2013.01.08 08:00|雑文
今頃、順調ならば台湾からの帰途にあるはずです。ということで新年一発目の記事をアップして皆様にご覧いただいたのにお礼に皆様のところにお邪魔するの、またまた遅れます。すみません。許してくださいね。

さぁ、新年一発目のネタは、今年の主夫太郎の決意を表すような記事から行きましょう!
ちょっと女性にはキツイ映像もあると思うので、そのような映像は「続きを読む」を押すと見られます。決して気持ち悪くさせようとしているわけではありませんがお料理の性質上全てをみせるとすると仕方ないところもありますので、このような形にさせて頂きました。

=================================

ブロガーさんとの年末年始のご挨拶のなかで「主夫太郎さんのおせちはジビエでしょうか」というのがあって、

ん? そうですよ

って記事です。まぁ、正確にはおせちではないのでしょうが、年末から年始にかけてジビエ頂きました。

ジビエというのは狩猟で取られたお肉のことです。鳩やウサギといった日本では珍しい食材をジビエだと思ってらっしゃる方もいますが、鳩やウサギでも飼育されているものが多く、主夫太郎も去年紹介した食材でジビエなのは鹿と猪くらいで、さらに言うと狩猟している瞬間はみてません。今回は何と!目の前で取れたものをお料理したという記事!まぁ、まだまだ習作ということで大したお料理にはなってませんがご容赦下さいね。

去年のクリスマスくらいに、ある人の猟を見学させて頂きました。そもそも鉄砲ってものをみたのも初めてでしたから、全く未知の世界に興奮でもなく冷静でもなくよく分からない心持ち。バン!と鳴る鉄砲もびっくりです。

もちろんはしゃいでばかりはいられません。食べるために命を頂くという行為を目の前にすると、やはりうわっついた気持ちばかりではいられませんね。本当に綺麗な心で頂きたいと思います。


さて、そんな中、急にこんなこと言われます。

「主夫太郎さん、ムクドリ食べます?」

「え?えぇ、じゃぁ、はい、食べます」

「そんじゃぁ」

って言ったかと思ったら車をとめて、バン!


びっくり!状況が全く呑みこめず、よくわからないままお返事。僕のために取って下さいました。
ん~僕の生返事がムクドリの命を頂くことになりましたが、もちろん取って下さった方にもムクドリの命にも感謝し頂くことにしました。

ムクドリの中のトカゲ20131
これがムクドリ?いやいや、これトカゲですよ、だれがどう見ても。いくら主夫太郎でもまだトカゲは食べません。これムクドリの胃袋から出てきたトカゲなんですよ。尻尾が切れてますが、尻尾も胃袋から出てきました。トカゲの尻尾きりって言いますが、尻尾切っても逃げ切れないときはあるんですね。トカゲも大変。おなか一杯になったところを撃たれるムクドリも大変。命を頂くことの意味、しっかり受け止められますね。ということで本当にジビエですよ、このムクドリ。ムクドリとトカゲが一緒に写っている写真は「続きを読む」でどうぞ。



ムクドリにローズマリー20131

1.ムクドリの内臓を取り、ローズマリーを入れてフライパンで焼き目をつける。

まぁ、たべたことがない鳥は普通に焼いてみるのがいいでしょうねぇ。冬眠にちかい我家のローズマリーにも活躍してもらうことにしました。他になにかやるには知識が足りな過ぎるし。鳥の丸焼きって感じですな。捌いて焼くには小さいとりですし。

ムクドリに包丁20131

胸から包丁をいれて二つに分けて頂きました。もちろん赤い状態でいただきましたが、そのあたりキツイとおっしゃるかたもいると思うので、それも「続きを読む」でどうぞ。

こんな感じで始まりましたが、幅広くお食事を考えてゆくつもりですので主夫太郎のブログを今年もよろしくお願いいたします。





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
「続きを読む」を押した、勇気のある方、これから先は自己責任ですよ。
けっして主夫太郎のせいではありません。

ということで、こんな映像から。

ムクドリとトカゲ20131

本文に写っていたトカゲってムクドリからみるとこんな大きさです。かなり大きいですよね。食べる方も命がけで食べてるのかなぁって思うくらい大きい。実際胃袋から飛び出ている大きさで消化するまでは随分かかるのだろうと思います。まぁ、この鳥からしたらごちそうだったでしょうね。


ジビエというのは熟成が必要です。バン!と撃ってから冷蔵庫で5日ほどお肉を熟成させます。蛋白質がアミノ酸にかわって旨みに変わることはお魚と同様です。この他、内臓の香が肉に染みわたること、死後硬直したお肉が再び柔らかくなることなどが理由に挙げられるようです。狩りで取った鳥をそのまま貰うと、「羽根をむしる」というひと手間が必要になりますが、これ、ムクドリの場合、ひと手間ってほど簡単ではなかったです。上の写真は大分丁寧に羽根をとったところです。このあと直火であぶって産毛を焼きますが、この様子からみるとそんなに神経質に毛をむしらなくてもよかったかもしれません。

ムクドリ捌き20131

肉の内側はこんな感じで赤いままに仕上げましたが、ちゃんと火が通ってます。十分寝かせたあとでも、お肉は温かいですね。小さいからすぐ冷めちゃうので、切ってからすぐ食べてもらいましたが、とくに臭くもなく、滋味深い味でした。塩で十分な感じ。3人で頂いたので、ムクドリ特有って程の味を感じるまで沢山たべられませんでしたが命を頂くという行為の深さを十分感じましたね。

スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

こんにちわ~♪

ムクドリさん・・・
写真はとても衝撃的ですが
美味しく食べてあげる事が、食の礼儀ですものね^^
それにしても、、
胃袋から出てきたトカゲにビックリしました!!!(笑)

No title

おけましておめでとうございます☆
今年もお邪魔させて下さいネ!!

びっくりしましたーー!!
私、トカゲ好きなんですけど、これがお腹から突然出てきたら
大きな声を上げてしまいそうです""

ムクドリのお肉って、すごく赤いんですね~
食べたことないので食べてみたいです(居酒屋でスズメは食べた事あるけども)

“命をいただく”これを言葉にしたのが「いただきます」
食事は大切な儀式ですよね。
毎食ごとにその心掛けを大切にしてゆきたいと改めて思いました☆

No title

こんばんは^^
これはなかなか経験できないですよね~~
ムクドリってこんな大きなトカゲ食べちゃうんですね^^
日頃の食事では命をいただいているってあまり意識することもありませんが、
コレはホント命をいただくって概念になりますね~~
ホントすごい。。。。。

No title

台湾、いいなぁ、一度行ってみたい!
ムクドリ、かなり小さいですね。
以前猟が趣味の義兄から同じぐらいの鳥を4羽もらったことがありますが、ムクドリはヨーロッパにはいないらしいので、なんだったのかしら?
羽つきの4話の鳥の亡骸を目の前にして、呆然と立ちすくむ私の姿に呆れ、義兄夫妻が全部調理してくれましたが、小さくて食べるところがほとんどなかった(笑)
ムクドリとトカゲの大きさを比較すると、人間が大きな野うさぎを丸ごと飲み込むぐらい大変そう。

No title

おぉぉぉ~
おぉぉぉ~
おぉぉぉ~
終始
おぉぉぉ~でした。
衝撃ですね~
命の重みを再認識させてもらいました。
丁寧に調理し、大切にいただく
素晴らしいですね

No title

こんにちは~。
ぎゃー、トカゲちゃんが・・・。
それにしても、こんなに大きいトカゲを食べる、しかも飲み込むんですよね~。
へー、凄いなあ~。。
ほんとに食べた直後に狩られてしまったのですね。ムクドリさん。。

「命を頂く」という言葉、私も意識してよく使います。
自然と感謝の気持ちが湧いてきますよね。^^

おめでとうご・・

午後の睡魔が襲ってきてた私

一気に目が覚めました。

ありがとう主婦太郎さんよ

ムクドリとトカゲちゃん、どちらも命

命を奪った命を奪って食べる我々

感謝ですよね


大草原の小さな家の続編ではカラス撃って食べてましたね~。


今年もどうぞよろしくお願いしますです(*^。^*)

応援☆☆

No title

主夫太郎さん、お帰りなさい。
早速のジビエ。
小さなムクドリから、あんなにも大きなトカゲ!
私なら窒息死するでしょう。1日どのくらい食べなくてはいけないのかしらなどと思いながら読み進みました。
羽をむしる!一番辛そうです。
元の形が全く残っていない肉を食べると、あまり感じない「命を頂く」と言う気持ち。こうして頂くことを感じることの大切さを感じます。
でも、やはり駄目です、きっと。昔、昔、我が家の猫ちゃんがスズメを捕ってきて、とても自慢げに見せにきました!触ることも出来なかったです…
でも、やはり「頂ます」を忘れずに!
ローズマリーの香りを使ったのは、とても素敵なアイデアだったと思います。

No title

こんにちは~
とかげ~っと思いましたら、そういう事だったんですね...
でも、なかなか触れないので、主夫太郎さんが作ってくだされば、食べてみたいなあ~ふふふ...
こちらこそ、今年もどうかよろしくお願いしま~す☆

No title

こんばんは(^^♪
とても貴重な経験をされたんですね。
どの画も初めて見るものばかりです。
コチラでジビエといえば“鹿肉”が有名です。
なかなか入手しにくいです。
今年もよろしくお願いしますm(__)m

No title

口に手を当てて
その隙間から声が漏れました
 
 しゅ ふ た ろう さん~ ~ わわわわわ

最初はトカゲにローズマリーを詰め込んでいるのかと
思いましたが むく鳥って そうか小さい鳥だった・・

小さい頃鶏肉を潰すのを見ていたので
どうもターキーの頭の部分が無い事が気になって
あの料理は作る気ににはなれない・・・と言うか作れないですが
ミニターキーですか??

今年も主夫太郎さんのブログは目が離せません

Re: No title

マムチさん コメント有難うございます。

> ムクドリさん・・・
> 写真はとても衝撃的ですが
> 美味しく食べてあげる事が、食の礼儀ですものね^^

そうですね。やはり「頂く」ということば、しっかり自分の物にするのが
今年の目標です。


> それにしても、、
> 胃袋から出てきたトカゲにビックリしました!!!(笑)

映像で見ただけでもびっくりですよね。
僕は実際みたのでもっとびっくりで、手が止まってしまいましたよ。
でも、命の連鎖で地球が成り立っていることが理解できました。

Re: No title

chibee-rappe さんコメンとありがとうございます。

一時、ブログを閉めたのでしょうか。
ちょっとchibee-rappeさんのブログが見当たりませんが。

> おけましておめでとうございます☆
> 今年もお邪魔させて下さいネ!!

こちらこそよろしくお願いいたします。

> 私、トカゲ好きなんですけど、これがお腹から突然出てきたら
> 大きな声を上げてしまいそうです""

あはははは。僕は絶叫でした!

> ムクドリのお肉って、すごく赤いんですね~
> 食べたことないので食べてみたいです(居酒屋でスズメは食べた事あるけども)

かなり滋味深いですね。僅かな香がしますが、
肉の旨みの方が目立ちます。

> “命をいただく”これを言葉にしたのが「いただきます」
> 食事は大切な儀式ですよね。
> 毎食ごとにその心掛けを大切にしてゆきたいと改めて思いました☆

今年はこれをテーマにしようと思ってます。
そう、命のつながり。大事ですよね。
大抵のものを大事にしない現代。せめて命はと思います。

Re: No title

ゆんさん コメントありがとうございます。

> これはなかなか経験できないですよね~~
> ムクドリってこんな大きなトカゲ食べちゃうんですね^^
> 日頃の食事では命をいただいているってあまり意識することもありませんが、
> コレはホント命をいただくって概念になりますね~~
> ホントすごい。。。。。

やはり命は野菜であろうが動物であろうが頂いていますよね。
ときには奪われたりしますけども現代では一方的に人間が奪う側です。
しっかりと意識すること。これが今年の目標です。

No title

主夫太郎さん、こんばんは。
とっ、トカゲですか!!
ムクドリ&トカゲに、すごく驚き
偉大な自然界。。。を感じました。
ジビエde新年!!
UPごとに、主夫太郎さんのジビエへの
熱意を感じています。
免許をとられてスタートの年、
ますます本格的になるのですね。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 台湾、いいなぁ、一度行ってみたい!

楽しかったですよ!美味しい物もありましたし、異文化は楽しいです。

> ムクドリ、かなり小さいですね。
> 以前猟が趣味の義兄から同じぐらいの鳥を4羽もらったことがありますが、
> ムクドリはヨーロッパにはいないらしいので、なんだったのかしら?

ん~~実に聞いてみる価値があります。もし禁猟前のヤマシギだったら、
歴史を語る資格があるくらいですねぇ。

> 羽つきの4話の鳥の亡骸を目の前にして、呆然と立ちすくむ私の姿に呆れ、
> 義兄夫妻が全部調理してくれましたが、小さくて食べるところがほとんどなかった(笑)

あら、4羽いて食べるところがほとんどなかったとは.....

> ムクドリとトカゲの大きさを比較すると、人間が大きな野うさぎを丸ごと飲み込むぐらい大変そう。

そうですねぇ。野生の魚も鳥も結構無理していきるために呑みこんでます。
人間は贅沢ですよねぇ。

Re: No title

あずもんさん コメント有難うございます。

> おぉぉぉ~
> おぉぉぉ~
> おぉぉぉ~
> 終始
> おぉぉぉ~でした。

これは随分驚いて頂いたご様子。
ブログを書いた甲斐がありました(笑)


> 衝撃ですね~
> 命の重みを再認識させてもらいました。
> 丁寧に調理し、大切にいただく
> 素晴らしいですね

全てを頂くってことを目標にしました。
ブログに載せられないところも食べてます(笑)

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> ぎゃー、トカゲちゃんが・・・。
> それにしても、こんなに大きいトカゲを食べる、しかも飲み込むんですよね~。
> へー、凄いなあ~。。
> ほんとに食べた直後に狩られてしまったのですね。ムクドリさん。。

ん~~幸せの絶頂からどん底へ。
ムク鳥に何が起こったのか?
まぁ、撃たれたんですが。

> 「命を頂く」という言葉、私も意識してよく使います。
> 自然と感謝の気持ちが湧いてきますよね。^^

そうですよね。食べる事は楽しみですが感謝しなければならないことでもありますね。
僕は特に一つの神様を信じているわけではありませんが、
自然と感謝の気持ちが湧きます。生きているのではなく生かされているということにも感謝です。

Re: おめでとうご・・

のんたさん コメントありがとうございます。

> 午後の睡魔が襲ってきてた私
>
> 一気に目が覚めました。

あれ、平和な午後をすみません(笑)

> ありがとう主婦太郎さんよ
>
> ムクドリとトカゲちゃん、どちらも命
>
> 命を奪った命を奪って食べる我々
>
> 感謝ですよね

そうですね。光合成ができない我々は命を貰うしかありません。

> 大草原の小さな家の続編ではカラス撃って食べてましたね~。


東京にすみながらアメリカのような生活をしてるわけではないのですけどね、
でもそうそう、大草原の小さな家のネタ、今後出てきます。
お楽しみにね。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

昨日帰国しました。

> 早速のジビエ。
> 小さなムクドリから、あんなにも大きなトカゲ!
> 私なら窒息死するでしょう。1日どのくらい食べなくてはいけないのかしらなどと思いながら読み進みました。

カワセミも大分沢山魚を食べますが、ムクドリはどうでしょうねぇ。
解体した感じでは胃袋からはみ出ていたので、どこか別のところに貯めなければ、もう一杯なのかと...

> 羽をむしる!一番辛そうです。

つらいです(笑)

> 元の形が全く残っていない肉を食べると、あまり感じない「命を頂く」と言う気持ち。
> こうして頂くことを感じることの大切さを感じます。
> でも、やはり駄目です、きっと。昔、昔、我が家の猫ちゃんがスズメを捕ってきて、
> とても自慢げに見せにきました!触ることも出来なかったです…

無理する必要はないですよね。
僕がmasakohimeさんの変わりになって命の大切さをつたえられるなら、十分ではないかと。
文章で色々なことを伝えるのも、これも人間ですからねぇ。

> ローズマリーの香りを使ったのは、とても素敵なアイデアだったと思います。

本当はローズマリーでなく、そのままの香でと思っていたのですが、
トカゲを見てちょっとできなくなりました(笑)

Re: No title

まひまひゆかりんさん コメント有難うございます。

> とかげ~っと思いましたら、そういう事だったんですね...
> でも、なかなか触れないので、主夫太郎さんが作ってくだされば、食べてみたいなあ~ふふふ...
> こちらこそ、今年もどうかよろしくお願いしま~す☆

よろしくお願いいたします。千葉の方に行くことがあれば、
どなたか交えて幕張でオフ会でもと思います。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> とても貴重な経験をされたんですね。
> どの画も初めて見るものばかりです。
> コチラでジビエといえば“鹿肉”が有名です。
> なかなか入手しにくいです。
> 今年もよろしくお願いしますm(__)m

よろしくお願いいたします。
実際鹿は多くて困ってるはずなんですがねぇ。
もっと一般に流れたらとてもいいと思うのですが。
凄く美味しいですよ、ジビエって。

Re: No title

きゃりあおばさん コメント有難うございます。

> 口に手を当てて
> その隙間から声が漏れました
>  
>  しゅ ふ た ろう さん~ ~ わわわわわ
>
> 最初はトカゲにローズマリーを詰め込んでいるのかと
> 思いましたが むく鳥って そうか小さい鳥だった・・

ずいぶんビックリしたご様子。
まぁ、そうですよね~。
こういう記事は連投しませんから、是非また来てください(笑)


> 小さい頃鶏肉を潰すのを見ていたので
> どうもターキーの頭の部分が無い事が気になって
> あの料理は作る気ににはなれない・・・と言うか作れないですが
> ミニターキーですか??
>
> 今年も主夫太郎さんのブログは目が離せません

ターキーみたいな料理方かもしれませんね。
ただ、シンプルに塩だけでした。
最近は頭が無い方が帰って不気味です。

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> とっ、トカゲですか!!
> ムクドリ&トカゲに、すごく驚き
> 偉大な自然界。。。を感じました。

自然ってすごいですよね。それぞれの営みが他の営みと関連してます。

> ジビエde新年!!
> UPごとに、主夫太郎さんのジビエへの
> 熱意を感じています。
> 免許をとられてスタートの年、
> ますます本格的になるのですね。

命を頂き隈なく使う。それが今年の目標です。

No title

こんばんは。
お帰りなさ〜い。
台湾レポも楽しみにしていますね^^

...で、かなりの衝撃映像でした(笑)
普段、私たちって切り身になった状態のものを
食べることが多いですものね〜。
命を分けてもらって食べているってことを
再確認ですよね。
これはなかなか一般の主婦では紹介できないと
思いますので貴重な記事だと思います。。。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> こんばんは。
> お帰りなさ〜い。
> 台湾レポも楽しみにしていますね^^

是非是非!鋭意執筆中です!

> ...で、かなりの衝撃映像でした(笑)

いや~連投すると読者が離れるので、少しづつのアップになります。

> 普段、私たちって切り身になった状態のものを
> 食べることが多いですものね〜。
> 命を分けてもらって食べているってことを
> 再確認ですよね。

そうなんですね。本当にごめんねという感じと
有難うが入り混じります。

> これはなかなか一般の主婦では紹介できないと
> 思いますので貴重な記事だと思います。。。

まぁ、あまり評判がよくない場合はもう少しソフトにしようと思ってます(笑)
遠慮なくコメントくださいねぇ~

No title

主夫太郎さん、お帰りなさい!
日本にはいらっしゃらなかったのですね。。

ムクドリの胃袋からすると
トカゲ、大きい!!
さしずめ、私だと、大きいサンマを丸呑み?
いや、、そんなものではないですね。
ホント、ムクドリ君、命がけのお食事だったのね。。

頂きます!
命を頂きます!

美味しく頂けることに感謝して
ありがたくいただかなくては!!

Re: No title

きりまりママさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、お帰りなさい!
> 日本にはいらっしゃらなかったのですね。。

台湾に行ってました。面白かったので旅行記を書いてます。

> 頂きます!
> 命を頂きます!
>
> 美味しく頂けることに感謝して
> ありがたくいただかなくては!!

そうですね。命がけでトカゲを飲み込んだムクドリ君を
いただいてしまったのでせめて感謝しないといけませんよね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。