07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

うどんかラーメンか~主夫になって初めての大手抜き~

2013.02.07 08:00|麺類
は~い!全国の元女子高生のみなさ~ん!人生思い通りですか?

この世をば我が世とぞおもう餅好きの、牡蠣たら子など梨と和えれば

ちびっ子の諸君!ちゃんと有名な短歌は覚えようね~
さて、今日は久しぶりにレシピの記事でも書かなきゃって思って書きました。ちょっと前の出来事です。

============================================

この日は珍しくご飯をつくるのがとても億劫だった。ってなると麺類が簡単。簡単なのはいいけど、やる気がないので、麺類って決まっても自分で何を作るのか決めるのは面倒だ!じゃぁカミさんに聞いちゃえ!ってのが今回のお料理。

もちろん

「今日は何つくるか面倒で決められないから、君が決めてよ」

なんて言ったらもちろんカミさんは機嫌を悪くするだろう。ってことで、
「うどん」と「ラーメン」どっちでも作れるようにしておいて、

今日は君のお好みで決めようと思ってどっちでもいいように用意してあるんだ。どっちか決めてくれれば君がお風呂に入っている間に作っておくからどうする?和?中華?

なんて言ってみると、なるほど帰宅早々ご機嫌になって考え出して、「和」と結論。

まぁ、そんなんで作りだしました。何が食べたいって言ってくれるだけでやる気もアップしますからね。
もちろんどっちか選ばせるためには下ごしらえが必要だけども、ここは主夫太郎のウルトラ手抜き戦術だけあって下ごしらえも簡単!

うどんラーメン汁の素2012

1.昆布、煮干し、干しシイタケでダシを取る

あはははははははは。これならうどんの汁にもラーメンのスープにもなるでしょう?

下ごしらえはこれだけで、この日はカミさんが「和」を選んだので....

稲庭うどん袋2012

稲庭うどんを茹でて肉うどんにします。肉うどんといえば和に聞こえますよね~、カツオ入ってなくても。

肉投入後汁2012

2.豚のバラ肉を入れアクをとり、醤油で味をつけ生姜で香りをつける
これ中華と言われたら中華麺をつかい、
2(中). 豚のバラ肉をいれアクをとり、黒酢、醤油で味を付け胡麻油とニンニクで香を付ける。


付け合せ小松菜オクラ揚げ2012

付け合せは小松菜と油揚げの炒め物と茹でたオクラです。中華が希望だったらオクラも一緒に豆板醤で炒めるつもりでした。
熱盛肉うどん2012

ということで、薬味もいれてうどんを頂きました。薬味はネギ。中華を希望されたら玉ねぎのみじん切りをいれましたね。炭水化物は太っちゃうけどね。まぁ、仕方ないか。でもねぇ、本当はスープ半分にして和も中華も一緒に作れたんだけどねぇ。流石にめんどくさかった。

しかし、記事にしてみて改めて思うけどピリッとしない間抜けな記事だねぇ。ここまで手抜きな夕飯を作ったのは本当に最初で、できれば最後にしたい。どうしても作れないときは外食にしてたんだけど、外食さえ億劫だった。全国の元女子高生のみなさんはこんなときどうしてるんでしょうかね~。反省を込めて記事にしておいてもいいかな。あはははははははは。

スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

コメント:

No title

毎日億劫に思ってる残念な奴です(私)

私だったら付け合わせ作らないもんっ!偉いっ!!!
見習わなくちゃ(汗)

No title

「餅好きの」でクスリと笑みが。
発音は同じところが良いですね
(イントネーションと、平仮名表記だと「ず」なのか「づ」なのかは違うけれど、音は一緒なのが良いー)

肉うどん美味しそう。
疲れてご帰宅された奥様の胃に心に、じわーり染みたことでしょうね。
ラストの写真も良い構図~。

えーーーーーと

女子高生ではありませんがコメントいいですか~?(苦笑)

手抜き料理研究家の私からしましたら
これは全然手抜きではありませぬ
まだまだですな(なぜか上から物言い)

美味しそうな稲庭つけうどん
奥様の胃袋もハートもきちんとつかんでらっしゃる!
ふふふっ、おぬしも悪よの~~(爆)



No title

こんにちわ~♪

前コメのかおるさんの言う通り!!(笑)
全然手抜きじゃないですよ~!!!!
どっちかと言うと
愛情たっぷりですやーーーん♪
ちゃ~んと奥さまのハートをつかんでいらっしゃる(笑)
うちの旦那にも教えてあげたいです!!(笑)

ポチっ!!おうえーん*

No title

こんにちは!
みなさん、おっしゃるように全く手抜きではありませんよーー。
お出しちゃーーんととる、手抜きって聞いたことございませぬ。。

この鴨南蛮風稲庭うどん、美味しそうですねえ。。
奥様、幸せですね♡♡

場合によっては、和風でも中華でもOKなように準備されていたなんて、
臨機応変メニューですよ。。あははははは(´▽`)

No title

なるほど。。。

「今日はあなたの気分に合わせたご飯にするわ、消化がいいように麺類よ。和と中華、どっちの気分?」

って聞けばいいんですねーーーーー!!!


今まで

「ちょっとお、私も疲れてんのよ~。ラーメンでいい? は?うどんがいいの? もう面倒くさいわね」って言ってました!


学びました!

応援☆☆

No title

こんにちは~
全然、手抜きじゃないですよ!
しっかりとだしを取られていて、つけ汁、とっても美味しかったでしょうね~☆
食べたいで~す!
副菜の「小松菜と油揚げの炒め物」に茹でオクラと、とても栄養たっぷりな献立、素晴らしいと思いま~す!
主夫太郎さんの愛をとっても感じま~す!
今日もごちでした~☆

No title

牡蠣とたらこを梨で和える???
これただの語呂合わせですか?
それとも本気・・・なわけないですよね。。。
道長さん、びっくりしてますよ(笑)。

皆さんおっしゃっていますが、
ホント、全然手抜きじゃないですよ~。
私が普段うどんを作るときは、いつもヒガシマルのうどんスープを使います。
余談ですが、西日本出身者が東京に出てきて、まず衝撃を受けたのが、
うどんのスープが真っ黒だったこと!
私が大学生だった当時は、まだヒガシマルの商品が東京で買えなかった時代だったので、
実家に電話して即送ってもらいました。
それ以来、ず~っとヒガシマルのスープを、我が家では切らしたことがありません。^^
ちなみにうどんは、もちろん讃岐うどんです。
うどんの話になると、どこ出身かとか、地方色が濃くなりますよね~。

話がそれましたが、
なので、出汁からスープを作って、、、というのは感動です!
全然、反省することないですよ~。
ご立派です!!

No title

億劫になることしばしば。
そして休みの昼食、家で食べる時は必ず麺類の我が家。
しかも野菜と肉をササーッと炒めてのせるだけ。
億劫というわりにかなり手の込んでいるうどん。
これは立派な料理です!
付け合わせまであるんだから申し分ありませんね。
主夫太郎さんの作るラーメンも見てみたい♪

No title

主夫太郎さん こんばんは~

まだまだ甘いですね
ここまで手をかけたのは手抜きとは言えませんね~

奥様にお伺いをして 好きなもの作ってあげる
・・これは私の為に作ってくれたのねっと思ってもらえるので
正解ですね。
私はよく 何食べたい~と主人に聞きますが
希望を言っても出てこないんだろ!!と返答

だいたい面倒くさいような献立言わないでよ・・と反撃したくなります

円満にはホームドラマの主人公になって
やさしいせりふが大切なんだと主夫太郎さんのブログを見て
感じています 

No title

主夫太郎さん、こんばんは。
本当に億劫な時は、外食するのも面倒です。
片付けが残るのは仕方ないと、とりあえず作るのですね^^
稲庭うどん、細くてもしっかりしたこしのある麺が美味しいですね。
最近は、感情で思わずきつい言い方をしてしまっていることを反省。
疲れているとつい、声を荒げています…
「何が食べたいの!」って。

人生は、思い通りに行かないことの方が多いと感じる
半世紀前の元女子高生より。

No title

なにが食べたいって言ってもらえると楽ですよね。
我が家ではいつも、『なんでも』『どっちでも』という答えしか返ってきません。
これが手抜きなら、私の手抜きはどうなるんだろう?
最近どうしても夜はスープが食べたいので、連日ちょっとずつ具と味付けを変えて同じようなスープばかり。
洋風はチキンブイヨン、中華は味覇、和の出汁の素が頼りです。
主夫太郎さんはちゃんと出汁とってるから手抜きじゃありませんよ。
最近豆腐の炒め物ばかり作ってるから、次回は油揚げにしよう。

Re: No title

よーこっぺさん コメントありがとうございます

> 毎日億劫に思ってる残念な奴です(私)

たまにはダーリンに甘えて外でディナーにしてもらいましょう!

> 私だったら付け合わせ作らないもんっ!偉いっ!!!
> 見習わなくちゃ(汗)

そうですかねぇ(笑)女性って案外あれもこれもとつくりますから、尊敬しちゃいますけどねぇ。

Re: No title

葉っぱさん コメントありがとうございます。

> 「餅好きの」でクスリと笑みが。
> 発音は同じところが良いですね
> (イントネーションと、平仮名表記だと「ず」なのか「づ」なのかは違うけれど、音は一緒なのが良いー)

こういうところに触れて頂けるとブログをやっていてよかったなぁと思います。
オヤジギャグですけどねぇ。やはり教養があるオヤジギャグを今後も創出したいです、あははははは。

> 肉うどん美味しそう。
> 疲れてご帰宅された奥様の胃に心に、じわーり染みたことでしょうね。
> ラストの写真も良い構図~。

写真は只今勉強中ですが、構図って重要ですね。これからもがんばります。

Re: えーーーーーと

槙さん コメントありがとうございます。

> 女子高生ではありませんがコメントいいですか~?(苦笑)

ん?女子高生ではなく「元」女子高生に呼びかけてますよ!
ちょっと年上好みです。あははははは。

> 手抜き料理研究家の私からしましたら
> これは全然手抜きではありませぬ
> まだまだですな(なぜか上から物言い)

ありゃそうですか。放っておけばほとんど出来上がるものですから、
凄い手抜きだと思ったのですが。ん~何事も修行ですね。

> 奥様の胃袋もハートもきちんとつかんでらっしゃる!
> ふふふっ、おぬしも悪よの~~(爆)

いやいやお槙様こそ、ふぉっふぉっふぉ。

Re: No title

マムチさん コメントありがとうございます。

> 前コメのかおるさんの言う通り!!(笑)
> 全然手抜きじゃないですよ~!!!!
> どっちかと言うと
> 愛情たっぷりですやーーーん♪

あれ、ありがとうございます。
美味しく手抜きというのは難しいのですが、
今回全力で手を抜いたつもりです。
まだまだのようですね。これから頑張ります。

> ちゃ~んと奥さまのハートをつかんでいらっしゃる(笑)
> うちの旦那にも教えてあげたいです!!(笑)

ありゃ、全国の元男子高生にも呼びかけなくちゃならなそうですねぇ~(笑)

Re: No title

きりまりママさん コメントありがとうございます。

> みなさん、おっしゃるように全く手抜きではありませんよーー。
> お出しちゃーーんととる、手抜きって聞いたことございませぬ。。

まぁ、この程度なら放っておくだけですからねぇ。
カツオやらお野菜でとるのとは段違いで簡単です。

> この鴨南蛮風稲庭うどん、美味しそうですねえ。。
> 奥様、幸せですね♡♡

今度は手打ちうどんつくりたいって思ってますが、うまくいかないんですよ、これが。

> 場合によっては、和風でも中華でもOKなように準備されていたなんて、
> 臨機応変メニューですよ。。あははははは(´▽`)

おお!しまった!臨機応変してしまいましたねぇ。ん~~草むしりの悪夢が...
あははははははは。

Re: No title

のんたさん コメントありがとうございます。


> なるほど。。。
>
> 「今日はあなたの気分に合わせたご飯にするわ、消化がいいように麺類よ。和と中華、どっちの気分?」
>
> って聞けばいいんですねーーーーー!!!


そうそう、そうです。
口先も調理器具道の宗家、口先斎主夫太郎左衛門時宗が今後もご指導してしんぜよう、
あははははははは。


> 今まで
> 「ちょっとお、私も疲れてんのよ~。ラーメンでいい? は?うどんがいいの? もう面倒くさいわね」
> って言ってました!

まぁ、それはそれで言い方次第で男はキュンとくる気もしますよ。たぶん、あははははは。

Re: No title

まひまひゆかりんさん コメントありがとうございます。

> 全然、手抜きじゃないですよ!
> しっかりとだしを取られていて、つけ汁、とっても美味しかったでしょうね~☆
> 食べたいで~す!

ありがとうございます。ん~簡単なだしですからだれでもできますけどね~。

> 副菜の「小松菜と油揚げの炒め物」に茹でオクラと、とても栄養たっぷりな献立、素晴らしいと思いま~す!
> 主夫太郎さんの愛をとっても感じま~す!
> 今日もごちでした~☆

そうですか、あははははは。
惚気てるつもりもないですが。お野菜は沢山取ってもらおうと思ってます。

Re: No title

yumiさん コメントありがとうございます。

> 牡蠣とたらこを梨で和える???
> これただの語呂合わせですか?
> それとも本気・・・なわけないですよね。。。
> 道長さん、びっくりしてますよ(笑)。

あははははは。ん~~でもタラコと梨は相性がいいかなぁっと夢想中です。
道長さん、天狗になり過ぎたので、ちょっとからかってやりました。

> 皆さんおっしゃっていますが、
> ホント、全然手抜きじゃないですよ~。
> 私が普段うどんを作るときは、いつもヒガシマルのうどんスープを使います。

これ有名ですね。使ったことないのですが。
こんど買ってみようかな。

> 余談ですが、西日本出身者が東京に出てきて、まず衝撃を受けたのが、
> うどんのスープが真っ黒だったこと!

みんなそういいます。僕は関東の出身なので、このお醤油のおうどんすきです。
ただ、関西のおうどんも凄くすきで、僕としては別の食べ物として楽しんでますよ。
ザルうどんでも関西の人はあのお出しなのかしら?そういえば関西で食べる時っておうどんは
いつも暖かいうどんだったなぁ。

> 私が大学生だった当時は、まだヒガシマルの商品が東京で買えなかった時代だったので、
> 実家に電話して即送ってもらいました。
> それ以来、ず~っとヒガシマルのスープを、我が家では切らしたことがありません。^^
> ちなみにうどんは、もちろん讃岐うどんです。
> うどんの話になると、どこ出身かとか、地方色が濃くなりますよね~。

お気に入りのスープがあるのは素敵なことですね。
でも、慣れてみると美味しいとおもうので、色々食べてみてくださいな。
地元の粉を使うと分かるのですが、関東の粉には結構あの強い醤油があいます。
讃岐うどんなどとちがう粉の旨みがたのしめますよ。これ本当。

> 話がそれましたが、
> なので、出汁からスープを作って、、、というのは感動です!
> 全然、反省することないですよ~。
> ご立派です!!

ありがとうございます。今度は関西風のダシにも挑戦しようかなって思います。
薄口醤油美味しいですからねぇ。

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> 億劫になることしばしば。
> そして休みの昼食、家で食べる時は必ず麺類の我が家。
> しかも野菜と肉をササーッと炒めてのせるだけ。

まぁ、suzuさんのところはご息女が2人もいますからねぇ。
僕のところは暇だらけですから。

> 億劫というわりにかなり手の込んでいるうどん。
> これは立派な料理です!
> 付け合わせまであるんだから申し分ありませんね。
> 主夫太郎さんの作るラーメンも見てみたい♪

そうですか?ラーメンこんどは気張ってつくろうかな。
オウチでのラーメンすきなんですよ。

Re: No title

きゃりあおばさん コメントありがとうございます。

> まだまだ甘いですね
> ここまで手をかけたのは手抜きとは言えませんね~

みなさんそうおしゃってくださいますが、皆さんのブログでは
手を抜いたものみませんから、手を抜くってもっとひどいんですかねぇ(笑)


> 私はよく 何食べたい~と主人に聞きますが
> 希望を言っても出てこないんだろ!!と返答

ん~男ってやつは厨房にたったことないと、このあたりで会話をふくらませられないんですよね。
材料なにがあるの?なんて返してくれるだけでいいとおもうんですがねぇ。

> だいたい面倒くさいような献立言わないでよ・・と反撃したくなります

まぁ、これも凄い反撃ですねぇ(笑)

> 円満にはホームドラマの主人公になって
> やさしいせりふが大切なんだと主夫太郎さんのブログを見て
> 感じています 

はははは。まぁ、円満の一番簡単な方法は主従関係になることですけどね。
もちろん我家の主はカミさんです。ん~でも従って気楽でいいですよ。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 本当に億劫な時は、外食するのも面倒です。
> 片付けが残るのは仕方ないと、とりあえず作るのですね^^

そうですね。なんなら食べなくてもいい!って思うくらいのときありますよね。
まぁ、健康を考えるとそうもいえませんが。

> 稲庭うどん、細くてもしっかりしたこしのある麺が美味しいですね。

日本中、色々なうどんがあるから面白いと思います。
現在うどんを自家製麺する研究中。うまく行けばいいなぁって思います。

> 最近は、感情で思わずきつい言い方をしてしまっていることを反省。
> 疲れているとつい、声を荒げています…
> 「何が食べたいの!」って。

まぁ、僕もつかれると不機嫌になりますけどねぇ。
お互い我慢してるのかもしれませんが、はやりご飯はリクエストがあるだけで、
心が和みますから、この気分を悟って欲しいですよね。
我家は男女逆転してる分、うまくいってると思います。

> 人生は、思い通りに行かないことの方が多いと感じる
> 半世紀前の元女子高生より。

半世紀は大げさな。まぁ、でも僕も四半世紀前ですよ、高校生なんて。
ん~あの時は馬鹿だったなぁ、今でも十分馬鹿ですが、もっと馬鹿だった。
その分何もしらなくて幸せでしたねぇ(笑)

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> なにが食べたいって言ってもらえると楽ですよね。

そうそう。やはりつくる気合も変わります!

> 我が家ではいつも、『なんでも』『どっちでも』という答えしか返ってきません。

これが一番困る!

> これが手抜きなら、私の手抜きはどうなるんだろう?
> 最近どうしても夜はスープが食べたいので、連日ちょっとずつ具と味付けを変えて同じようなスープばかり。
> 洋風はチキンブイヨン、中華は味覇、和の出汁の素が頼りです。

スープはやはり心まであたたまりますからねぇ。ん~タヌ子家のお料理みてると、
全然だしの素なんか必要ない気がしますけど。うまさとおいしさは別ものだとおもいますがねぇ。

> 最近豆腐の炒め物ばかり作ってるから、次回は油揚げにしよう。

フランスでも油揚げや豆腐が手に入れば、ヘルシーなお食事ができますよね。
僕は最近油揚げがおおいので、お豆腐の比重を増やしてみようと思います。

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

牡蠣とたらこを梨で和えたことはありませんが‥
牡蠣の昆布締めをイヨカンの器に入れたことが
あります。↓良かったら見てやってください。
http://harubiyori24.blog48.fc2.com/blog-entry-177.html
イヨカンの器の作り方が爆笑を取りました。

お料理、全然手抜きじゃないですよ~!
おダシもきっちり取って‥スゴイです!
なにより感動したのは‥奥様に食べたい物を聞くときの
優しさ♪ 
夫婦も長年やってるとこういった心遣いを忘れてしまうのですよ~!
学ばさせていただきました(^^)

No title

こんばんは^^
お~~これが手抜きなら、私のお料理はすべて手抜き!
確かにそうなのですが、出汁までとって手抜きとは言いませんよ^^
奥様は倖せですね♪

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 牡蠣とたらこを梨で和えたことはありませんが‥
> 牡蠣の昆布締めをイヨカンの器に入れたことが
> あります。↓良かったら見てやってください。
> http://harubiyori24.blog48.fc2.com/blog-entry-177.html
> イヨカンの器の作り方が爆笑を取りました。

拝見しました。伊予かんのうつわが素敵ですね。
牡蠣の火入れがすばらしいです!これぷっくりさせる牡蠣を真似したい。

> お料理、全然手抜きじゃないですよ~!
> おダシもきっちり取って‥スゴイです!

いやいや、放っておけばいい乾物ばかりです。

> なにより感動したのは‥奥様に食べたい物を聞くときの
> 優しさ♪ 
> 夫婦も長年やってるとこういった心遣いを忘れてしまうのですよ~!
> 学ばさせていただきました(^^)

カミさんはそとで働いてますから状況がつかめないときは、なるべく聞きたいですよね。
メイルもありますが、考えて貰うのも一つの手かとおもいました。

Re: No title

ゆんさん コメントありがとうございます。

> お~~これが手抜きなら、私のお料理はすべて手抜き!

いやいや、マクロビは大変そうじゃないですか。

> 確かにそうなのですが、出汁までとって手抜きとは言いませんよ^^
> 奥様は倖せですね♪

カミさんに今度聞いてみますねぇ、幸せかどうか。
ん~~なんていいますかねぇ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。