07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

六本木・ラシャス(ギロッポンでジビエを頂く)

2012.11.08 08:00|レストラン
主夫を始めて半年以上たちました。最初のころこそ、我慢できずに無駄使いしたり失敗をして、お金を多目に使ってしまうこともあったのですが、僕は基本は倹約家。預けられた予算の中で、ちゃんと貯蓄もして、僕のお小遣いも捻出してます。まぁ、ブログの記事のネタのため、いや!生活をゆたかにするため、お友達を招いたり、会話を弾ませるために高級食材を買うこともありますが、実は年間の贅沢予算は決まっていてこれはカミさんからの出資なんです。楽しいことはカミさんに考えてもらうと、お仕事のストレス発散にもなりますからねぇ。

さて、今回は、ごくごくたま~にしか行けないのですが、そんな贅沢予算の使い道のうちの一つ、六本木のレストラン、ラシャス(ポチリで飛びます)のご紹介です。以前のキノコ狩りの記事(ポチリで飛びます麗しの富士山へ)でお世話になったシェフです。実は我々の結婚式の2次会でお世話になったお店でした。ん~~~~~~、あれからお世話になってます、僕はお客のはずなのに随分とお世話に...理由は後程、はい。

先ずは次のお写真でこれからの季節に感じたい、暖かい雰囲気を味わってもらいましょうかねぇ。
燭台

もちろん厨房やお手洗いにはライト入ってますが、カウンター以外の客席は燭台にのったローソクが照明です。シャンパンの雰囲気がいいでしょう?そういえば、レ・ミゼラブル(ああ、無情)でジャン=バルジャンが教会から盗んだのは銀の燭台。小学生のころは「食台」(テーブルみたいなものと当時は想像)を盗んだのだと思ってました。教室に給食台って台がありましたからねぇ。「ジャン=バルジャンが盗んだのではなく、私が彼にあげたのです」って神父さん言ってたけど、給食台あげるって随分無理な事いうなぁって当時は思ってました。今考えると、それほど無理はないですねぇ。
ラシャス内部

お店はダンディーなシェフとプリティーなソムリエールの二人で切り盛りしているのでそれほど大きくはないです。この写真、雰囲気がなかなか出てると思います。

このお店の特徴
なんといってもこのお店の特徴を述べとかなければなりませんね。このお店はシェフとソムリエールが食材、お肉を仕入れてきます。「仕入れる」の意味ですが、この二人、実はハンターなんです。基本はシェフ・ソムリエール自ら仕留めるお肉などがメニューに日替わりで、アラカルトで並びます。つまりジビエがいつも食べられるんですよ!!


ハンターって日本語でいうとマタギっていうんですかねぇ。なんかマタギっていうと藁であんだ蓑(みの)を着ていて、ちょっとしゃがれた声で「お前さんよぉ~、山を甘くみちゃいけねぇぜ」なんて言いながらキセルをふかしている無骨なイメージがあるかもしれませんねぇ。そんでいざ狩りになると、普通の人からは想像もできない脚力で崖を登り、獣の足跡を見ながら山を越え、干し肉をかじりつつ常人の100倍の集中力で常に遠くの空や森を鋭い目で見ている。と思いきや電光石火で引き金を引き、気が付くと銃口を上に向けて残心をとっている.....そんなイメージじゃないでしょうか?しかも、あんまりお風呂にも入らず、歯も磨かず....いやいや、そんな古い偏ったイメージを持ってこのお店に訪れてはいけませんよ。ここのシェフはフランスで料理の修行を積んだ、まさに見た目はムッシュ!お風呂も入ってますし、歯も磨いてます(多分、いや間違いなく(笑))!!ソムリエールはとても明るくキュートなのに凛とした女性で、てきぱきとお仕事しててもとってもフレンドリー。ってことで、ご紹介!!!










シェフ?2012A

シェフ(イメージ)


です。あはははははは。ジョークですよジョーク!!!!お店には剥製が飾ってあり、冬には暖炉に火がはいります。まぁ、とにかくお料理みてもらいましょうかね。今回の写真は2回訪問分のなかから気に入った写真を使ってみました。

ブーダン2012

豚さんの血を使ったパテです。どうです?おしゃれでしょ?安心して下さい。すっごく素敵なフランス料理のお店です。ソースには富士山で採った茸、カノシタダケを使ってます。もちろんこの茸もシェフが取ってきたものです。
自家製ハム

こちらはシェフが仕留めた猪のハムです。3年物だったとおもうのですが。すごいでしょ?もちろん写真に写ってるのはカミさんです。ん~~こういう隠れ家的な高級なフレンチに愛人を連れてくる悪い人間のもつカッコよさにも憧れますが、今のところ僕が連れて来てもらっているのでカミさんにはナイショで夢想してます。ふふ。

熊2012

こちらは熊のお肉のパイ包み焼き!!これは確かシェフのお友達が仕留めた熊さんだったと思います。そういえば「もりのくまさん」って童謡で、くまさんはどうして最初女の子に「逃げなさい」っていったのでしょうか。まぁ、それよりあの歌で僕が小さいころに疑問に思ったのは「歌うことがお礼になるのか?」ってことですよ。歳をとってきたので、かわいい(勘違い)女の子の特権だと気付きました「あらくまさん♪ありがとう♪お礼に♪歌いましょう♪」「あらお嬢さんタカピー♪お礼が歌なんて~♪」って替え歌、もう25年くら歌ってますが....流行らないかなぁ、あははははは。

蝦夷ライチョウ

さて、今日のメインの紹介はソムリエールさんが取ってきた蝦夷ライチョウです。なかなか食べることができない狩猟鳥です。骨までバリバリと頂きまして、ほとんどなにも残さず食べちゃうくらい美味しかったです。ソムリエールさんは狩りを始めて5年目だそうで、今回北海道で2羽とったそうですが物凄い幸運のようです。その幸運を頂きまして、人生好転させたいという虫のいい主夫太郎です。



さてさて、ここでご報告ですが。以前なにか勉強をしたいとブログで書いたことがあったのですが、狩猟免許を取ってみました。ん~~~~お勉強って向いてないんだけども(笑).......

免許2012


このお店の影響ですね。とってもお世話になっている理由はこれなんです。ただ、この免許だけでは狩りはできません。銃の所持許可が必要なのですが、これがまだまだでなさそう.......ここで色々「狩猟」を批判したい方々もいると思うんです。ただ、僕は動物を殺すことを楽しむつもりはありません。もし猟をするなら食べ物の獲得のためだと思います。釣りと同じでしょうね。不必要な殺生もせず、とった動物をちゃんと無駄なく処理できる能力を持たなければいけないので、実際はまだまだ先のことだと思ってます。このブログでは仮に僕が狩りをしても、その動物の写真を載せることはないです。お料理の写真を載せることはあるかもしれませんが、これは女性読者が多いのでみなさんとのお約束.....というか取れる気がぜんぜんしない。ペーパードライバーと同じになりそう....
スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:おすすめ情報
ジャンル:日記

コメント:

No title

La Chasse、趣味と実益を兼ねた素敵なお店ですね。
猟については賛否両論あるけれど、果たして自然の中で自由に暮らしてきた動物を殺すことが、食べるためだけに飼育している動物を殺すことより罪深いかと問われたら、逆のような気もします。
猟は古代から人間が行ってきた生活のための営みで、食用の家畜を育てることは逆に自然に反したことですよね。
家畜、家禽類の味に慣れてしまった我々にとって、ジビエは癖が強すぎて食べ辛いと感じることもありますが、運動不足で脂肪分をしっかり蓄えた家畜のお肉に比べるとヘルシーですよね。
早く主夫太郎さんが撃ち止めたお肉が美味しいお料理に変身した記事を拝見したくてウズウズ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

主夫太郎さん、こんにちは。
主夫暦がまだ半年だったのですね。そんな風には見えない、落ち着きぶりと貫禄を見せていいます。

ジビエ料理のレストラン!行ったことがないので、何から何までじっくり読みながら、見ながら観察しました。
雰囲気がとても素敵ですね。ろうそくの火は柔らかで、揺れる影がまた何ともいえない。剥製は怖いので駄目です…。
野菜やキノコも限りなく、自然のものを使うのでしょうね。
「命を頂く」のですから、「頂きます」と感謝を込めて言わなくては。

No title

こんにちは~
とっても素敵なお店のご紹介して頂き、どうもありがとうございました!!!
どれも、初めて見るお料理ばかりで、どんな味なのか、とても興味あります...
でも、なかなか行けないですが...
主夫歴、半年なんですね♪
とっても、頑張られていらっしゃると思います...
これからも、主夫太郎さんのお料理、とても楽しみにしてま~す!
先程は、お祝いコメント頂き、どうもありがとうございました~☆

No title

主夫歴半年とは思えない腕前~いったいどこまで進歩しちゃうの
でしょう??これからも楽しみですね!
ジビエ料理が食べられるレストラン、初めてです。
熊の肉ってどんな感じ?と思いながら興味津々。
豚の血のパテもそう言われなければパクッと食べられるけど
まだ未体験なのでちょっと勇気がいるかも?
免許取得おめでとうございます。いつかこのシェフたちと狩りに
行く日が来るかもしれませんね!

半年と思えない

ひょっとして先輩主夫?とおもってました^^
しっかりやりくりされてさすがです。やっぱり先輩?

ジビエはとても興味があるのですが、お皿から足がでてるのは・・ホホホ
でてきたらびっくりしそうですね(^O^)

レストランは渋く落ち付いた雰囲気で素敵でした。キャンドルって良いですね。

No title

こんばんは^^
とても素敵なお店ですね♪
雰囲気も良さそうだし
お料理も珍しいし♪
ココでしか味わえないものを堪能できそうですね♪
狩猟免許!?
すごいもの取っちゃいましたね!!

No title

こんばんは~
素敵なお店ですね
キャンドルの明かりの中で頂く料理に
雰囲気で酔えそうです
マタギの世界の近くで育ってまして・・・
子供の頃近所のおじいさんは熊の皮の防寒着をきていたし
親戚のおじさんは熊の肉を持ってきてくれたし
囲んでいたお鍋はキジ汁とか・・・
全然お洒落じゃ無かったですが、かなりジャンクな肉を食べさせられて
いたような感じですね
今は見かける事も出来なくなりましたが・・・

夜も更けているのにPCに向かって
フフフ フフフと 一人笑っています
他人がみたらかなり不気味かも・・・

No title

こんばんは。

とても落ち着いた素敵なお店ですね。
ジビエのお店なんて珍しいです〜??
私は行ったことがありません。
クマのメニューまで出てくるのですね@@

主夫太郎さん狩猟免許も取られたのですか!
すご〜い。
うちは昔、父が鴨?を撃ってました^^;
子供の頃ついていった覚えがあります。
で、祖母が家でそれを捌いていて、ヒエ〜って><

No title

主夫太郎さん、こんばんは!

主夫歴半年??もうベテランの貫禄!スゴイなあ。

ジビエをいただけるお店、しかも、ご自身で仕留める!ってのがスゴイ!!
雰囲気も、童話にでてきそうな、素敵な不思議な感じがします。
豚の血のお料理って、大昔、アメリカの中華で頂いたことがあります。。ドキドキしながら食べたのは覚えていますが、味は記憶にありません。。

いつか、主夫太郎さんも、ジビエ料理デビューでしょうか?

ポチポチ♪

おはようございます♪

あら~、ハンターさんだったのですね~。


アメリカではみんな鹿とかとって食べてましたよ。趣味というより、生活の一部のような。

私はキャンディキャンディのアンソニーがキツネ狩りで死んだので、狩りと聞くと「乗馬には気を付けて!」と言いなくなります。

くれぐれもお気をつけて!

Re: No title

masakohimeさん コメント有難うございます。

> 主夫暦がまだ半年だったのですね。そんな風には見えない、落ち着きぶりと貫禄を見せていいます。

ありがとうございます。精一杯やってはいるんですがまだまだ至らないところだらけなんですけどね。
皆さんのブログで勉強させて頂いてます。

> ジビエ料理のレストラン!行ったことがないので、何から何までじっくり読みながら、
> 見ながら観察しました。
> 雰囲気がとても素敵ですね。ろうそくの火は柔らかで、揺れる影がまた何ともいえない。
> 剥製は怖いので駄目です…。

剥製はみなくてもいい席があります(笑)
我家で取り入れる点があるとすると蝋燭ですかねぇ。
もちろん借家なんで使う場所考えなきゃいけないんですけどね。

> 野菜やキノコも限りなく、自然のものを使うのでしょうね。
> 「命を頂く」のですから、「頂きます」と感謝を込めて言わなくては。

本当ですよね。仕方なく捨てる時ももちろんありますけど、
僕たちは命を頂くということで生きてるんですよね。
僕が生きることで、この世の中が良くなることもないので、まさに生かしてもらってますから、
感謝を忘れるようなことがあってはいけないと思ってます。

Re: No title

まひまひゆかりんさん コメント有難うございます。

> とっても素敵なお店のご紹介して頂き、どうもありがとうございました!!!
> どれも、初めて見るお料理ばかりで、どんな味なのか、とても興味あります...
> でも、なかなか行けないですが...

そうですねぇ。僕もなかなか行けないのですが、
刺激を頂くという点では少ない回数でも有り難い限りです。

> 主夫歴、半年なんですね♪
> とっても、頑張られていらっしゃると思います...
> これからも、主夫太郎さんのお料理、とても楽しみにしてま~す!


ありがとうございます。
頑張らないといけないですねぇ。働く人にとっては自宅はお城なので、
綺麗にしてくつろげるところをと日々考えてますが、なかなか至らずってところなんです。

Re: No title

suzuさん コメント有難うございます。

> 主夫歴半年とは思えない腕前~いったいどこまで進歩しちゃうの
> でしょう??これからも楽しみですね!

有難うございます。色々な方向で進化したいんですけどねぇ、
せめて主婦のみなさまの末席に加えて頂ければと思います。

> ジビエ料理が食べられるレストラン、初めてです。
> 熊の肉ってどんな感じ?と思いながら興味津々。

皆さん臭くて、強烈なイメージがあると思うんですよね、ジビエって。
全然そんなことないんですよ。とっても柔らかい香りのする旨みのあるお料理です。

> 豚の血のパテもそう言われなければパクッと食べられるけど
> まだ未体験なのでちょっと勇気がいるかも?

勇気は必要ですね。新しい野菜でさえ勇気が必要な時もありますから(笑)

> 免許取得おめでとうございます。いつかこのシェフたちと狩りに
> 行く日が来るかもしれませんね!

ありがとうございます。新しく人生が変わればいいと思います。
賢くはないのですが勉強は結構すきなんですよ。なんとかしたいですねぇ。

Re: 半年と思えない

ちーこさん コメント有難うございます。

> ひょっとして先輩主夫?とおもってました^^
> しっかりやりくりされてさすがです。やっぱり先輩?

39歳の主夫歴7か月程のまだまだヒヨッコです。
なんとか2年以内に一人前の主婦になればって思ってますがどうなることやら....

> ジビエはとても興味があるのですが、お皿から足がでてるのは・・ホホホ
> でてきたらびっくりしそうですね(^O^)

まぁ、そうかもしれません。一方で醍醐味でもありますねぇ。
もし怖がらせてしまったら済みません。

> レストランは渋く落ち付いた雰囲気で素敵でした。キャンドルって良いですね。

このキャンドルをどうにか取り入れたたいのですが、なかなかおしゃれの感覚が生まれなくて....
ガンガンこっちの方面でも頑張りますよん。

Re: No title

ゆんさん コメント有難うございます。

> とても素敵なお店ですね♪
> 雰囲気も良さそうだし
> お料理も珍しいし♪
> ココでしか味わえないものを堪能できそうですね♪

本当に訪れるのが楽しいところです。
毎日いったら太っちゃいますけどねぇ。

> 狩猟免許!?
> すごいもの取っちゃいましたね!!

手に余りますね。まぁ、お勉強したって証しは嬉しいものです。

Re: No title

きゃりあおばさんさん コメント有難うございます。

> 素敵なお店ですね
> キャンドルの明かりの中で頂く料理に
> 雰囲気で酔えそうです

お酒のんでさらに酔っちゃいます。
ついつい飲んじゃいますねぇ。

> マタギの世界の近くで育ってまして・・・

そうなんですか!!!!!
これは素敵な食育を受けたはずです!!

> 子供の頃近所のおじいさんは熊の皮の防寒着をきていたし
> 親戚のおじさんは熊の肉を持ってきてくれたし
> 囲んでいたお鍋はキジ汁とか・・・

ん~~~~、今時なかなか見られない光景ですねぇ。
当時どう思っていたかは別としてかなり幸せな食生活でしたね。
経験というのは買ってできるものと出来ないものがありますが、
これは買えない経験です。素敵です。

> 全然お洒落じゃ無かったですが、かなりジャンクな肉を食べさせられて
> いたような感じですね
> 今は見かける事も出来なくなりましたが・・

多分これからかなり流行りますよ。間違いなく、ジビエ。

> 夜も更けているのにPCに向かって
> フフフ フフフと 一人笑っています

そういっていただけると記事にした甲斐があります。
有難うございました。

Re: No title

shoko♪さん コメント有難うございます。

> とても落ち着いた素敵なお店ですね。
> ジビエのお店なんて珍しいです〜??

オシャレでしかも狩猟ものがでてくるお店というのは珍しいと思います。

> 私は行ったことがありません。
> クマのメニューまで出てくるのですね@@

他にも色々ありますが、出るか出ないかは行ってみないと分からないんですよ。

> 主夫太郎さん狩猟免許も取られたのですか!
> すご〜い。
> うちは昔、父が鴨?を撃ってました^^;
> 子供の頃ついていった覚えがあります。
> で、祖母が家でそれを捌いていて、ヒエ〜って><

おおおおおおおおお!!!
そうなんですか。実は狩猟免許取ったなんて書いたら、殆どの人が理解してくれないと思ってたのですが、
身近に感じてくれる人がいるのは嬉しいなぁ。
鴨とか取れたら素敵ですねぇ。捌く練習しないといけないですよねぇ。
まだまだです.....


No title

主夫太郎さん、おはようございます。
キャンドルでお出迎え!!
とても雰囲気のある素敵なお店ですね。
シビエのパテからお食事が始まり、
富士の自然食材を取り入れた料理の数々!!
カノシタダケでソース、猪で自家製ハム、
熊肉のパイ包みetc。
どれも厳選されていて、おいしそう♪♪♪。

Re: No title

きりまりママさん コメント有難うございます。

> 主夫歴半年??もうベテランの貫禄!スゴイなあ。

ありがとうございます。まだまだなんですよねぇ。
もっとカミさんに生活を楽しんでもらおうと思っていますが、僕としては不満がのこります。

> ジビエをいただけるお店、しかも、ご自身で仕留める!ってのがスゴイ!!
> 雰囲気も、童話にでてきそうな、素敵な不思議な感じがします。

ですよね~。狩猟の季節はとっても人気のあるお店です。
毎週行けるくらいのお金持ちになりたいのですが、どうもそんな予兆さえありません。

> 豚の血のお料理って、大昔、アメリカの中華で頂いたことがあります。。
> ドキドキしながら食べたのは覚えていますが、味は記憶にありません。。

なれると普通の食べ物になりますよね。クリーミーに仕上げるのは流石にお店ならではですけどね。

> いつか、主夫太郎さんも、ジビエ料理デビューでしょうか?

頑張りたいと思ってます。来年は鴨食べたいですねぇ。

Re: おはようございます♪

のんたさん コメント有難うございます。

> あら~、ハンターさんだったのですね~。

いやいや免許取っただけです(笑)
もちろん積極的にスキルアップするつもりではいますけども。

> アメリカではみんな鹿とかとって食べてましたよ。趣味というより、生活の一部のような。

それも凄いですねぇ。みんな鹿をさばけたってことになりますからねぇ。


> 私はキャンディキャンディのアンソニーがキツネ狩りで死んだので、
> 狩りと聞くと「乗馬には気を付けて!」と言いなくなります。
> くれぐれもお気をつけて!

おお!主夫太郎のことを心配して下さってるんですね。
でも猟と事故を完全に切り離すことはできませんからねぇ。
もし僕になにかあったらきっとのんたさん泣いてくれますよねぇ、
でも、そんなとき、そんなとき、そんなとき、

そんな時こういうの、鏡を見つめて~♪
笑って~♪笑って~♪笑ってのんた~♪

って歌って僕のことを思い出して下さい。
あとウィリアム大叔父様によろしくお伝えください。

Re: No title

ぴよさん コメント有難うございます。

> キャンドルでお出迎え!!
> とても雰囲気のある素敵なお店ですね。
> シビエのパテからお食事が始まり、
> 富士の自然食材を取り入れた料理の数々!!
> カノシタダケでソース、猪で自家製ハム、
> 熊肉のパイ包みetc。
> どれも厳選されていて、おいしそう♪♪♪。

有難うございます。これ見たらダンディーなシェフも喜びますよ!
これから少しづつジビエが流行ると思ってます。どんどん家庭でも使ってゆくつもりでいます。

No title

こんにちは☆
いつもステキ料理を作られていて、
主夫半年とはほんと思えませんね!
これからも主夫太郎さんの、
ステキお料理楽しみにしています(*^-^*)ルンルン♪
落ち着いた雰囲気の素敵なお店ですね☆彡
私もこんな所で食事してみたいな~(*´Д`)=3

Re: No title

みやびさん コメント有難うございます。

> いつもステキ料理を作られていて、
> 主夫半年とはほんと思えませんね!
> これからも主夫太郎さんの、
> ステキお料理楽しみにしています(*^-^*)ルンルン♪

ありがとうございます。元気でちゃいますよ!!
うう~ん、調子に乗っちゃいます。

> 落ち着いた雰囲気の素敵なお店ですね☆彡
> 私もこんな所で食事してみたいな~(*´Д`)=3

蝋燭を我家にも導入したいと思ってます!
火災報知器が心配なんですけどね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。