03 | 2017/03 | 04
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ハタハタ干しちゃいいました(主夫はこんなこともできます)

2012.03.21 08:30|魚・貝料理
ハタハタを干しちゃいました。

暇があると暇がないときには思いつかなかったものがやたらと思いついてしまいますが今回もそういうお馬鹿な思いつきの一つですねぇ。洗濯もしたかったのですが、そちらは一日先送り。洗濯と一緒にできませんからねぇ。記事の後半は干したお魚を使ってお料理を一品ご紹介します。

学生時代に梅干しを作ったことがあるので、あの手間を考えれば全く簡単な工程ですが、大阪という都会に住んでいながらやってみようと思うのが馬鹿でいいでしょ!?最近思うんですけど、僕みたいな馬鹿は家に籠る仕事がいいと思います。誰にも迷惑かけないから。「主夫は天職」かどうかは知りませんが、ハタハタを干してるときにそう信じようとおもいました!

ハタハタ値段(3/18)業務スーパー高槻店で購入したのですが、30匹近くいて380円。ハタハタってこんなに安いんですねぇ。もっともそんなに大きくはないです。小さいものから大きいものまでバラバラに入っているのですがそれにしても安く感じました。卵は抱いてないようですし干物にしてくれ!と僕を見てたような...。

ハタハタ開き(3/18)ってことで哀れ!開かれたハタハタ。最初はよく開き方が分からなかったのですが、2匹くらいいじるとわかりますね。僕はエラは取ってしまいました。本当はどうするのかは知りません。まぁ、いいですよね。

開いたものに塩をふらなければなりませんが、分量が分からないので手に塩をまぶしてハタハタたちを一匹づつまんべんなく触ることにしました。

「しょっぱ過ぎたら塩抜きをして、塩が足りなければまた塩水につけて干せばいい」

という適当さ!この日はかなりテンションが高かったんです。
ハタハタ干し(3/18)

それで干します。ふ~。2時間くらい干して、しばらく家にいれて、また、夜風にさらして水分を抜こうと思いました。お日様にあんまり長くあてると強く発酵してしまう気がしましたからね。洗濯ばさみ使って干すので、この日の洗濯はお休み。干してるあいだ、昼寝でもしようか、と思ったら

「か~~か~~」

というカラスの声が聞こえてきました。あ!見張ってないと食べられちゃうじゃん!ということで窓際でカラスに取られない様に見張り 魚と一緒に日にあたってこっちも干物になっちゃった気分でした。


さてさて、後日、冷蔵庫で寝かしたあと一つ焼いて食べてみたのですが、すこしだけ塩が強いのと脂がそれほど乗ってなかったのでダシをとり、お吸い物にすることにしました。茹でたジャガイモはあらかじめ用意しておきましょう。また、今回はシイタケの煮つけをお袋が送ってくれたのでそれを使いました。シメジやエリンギならすぐ火も通るし美味しいし華やかだと思います。


ハタハタダシとり11.昆布とハタハタの干物の頭の部分をぬるま湯にいれて20分ほど待つ。

ハタハタの頭はなにもダシがでないですが、ヒレの付根に少しお肉があるので、勿体ないのでダシを取ることにしました。

2.芽キャベツを入れてゆっくり温めてゆく。


ハタハタダシとり23.芽キャベツに6割がた火が通ったら、頭を取り出し、茹でたジャガイモ、ネギ、干物の身の部分、シイタケをいれ、火を通す。

僕はカミさんが帰ってくるまでに時間があったので、8割がた火を通したところで一旦火をとめて寝かせました。
じっくりと品のいい味と香りがでますよ。

4.薄口しょうゆを隠し味程度に加え出来上がり。
ハタハタ汁


ハタハタさえいれば簡単に出来る料理で、レシピといえるようなものではないのですけどね。干物を作る過程から合わせて努力賞でも下さいな。

スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。