03 | 2017/03 | 04
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鮎をフレンチみたいに

2012.08.07 08:00|魚・貝料理
オリンピックが盛り上がっているようです。僕も昨晩はなでしこみてました。それとカミさんが体操が好きなので夜遅くまで一緒に見てました。あの競技はストイックですねぇ。見ててとても気持ちがいいです。昔より点数なんかもはっきりしていて、見ている方もなかなか納得できる仕組みになるよう工夫されてますねぇ。僕はそもそもが体を動かすのが嫌いな文化系。文化系っていうほと教養もないのですが、大抵僕は何かやるときには卑怯な方法が好きでした。高校の体育祭の「クラス対抗綱引き大会」で、「せぇの」で「ぱっ」と綱を一斉に放すという「せぇのっぱっ」作戦を提言し、実際勝ったりしました。このときは褒められたのですが、それ以前は何かルールの抜け穴を考えると「スポーツマンらしくない」と言われて嫌われていましたが、なんとも納得がいかない。僕を批判している人はサッカーをやれば、ダメ元でマイボールを主張して手をあげたりしてるんです。スポーツマンシップってなんでしょうねぇ。あははははは。


さて、まだまだお料理が安定しきれないので簡単「家飲み」のメニューです。夏・夏・夏といった感じのメニューで安いシャルドネのお供にとおもって作りました。まだまだ夏だから鮎さえあれば作れるメニューですが、ご家庭でつくる場合は扇風機が必要だろうなぁ。

実家が鮎の養殖をしているのは、以前ブログでご紹介しました。実家から送られてくるのは生の鮎だけではなく、母が手を掛けて作ったものがあります。鮎の甘露煮鮎の一夜干しはとても大好きで、実家が鮎を養殖していてよかったなぁって思う瞬間でもありますね。今回は鮎の一夜干しをシンプルに焼いたものに、夏らしいリゾットを添えます。まぁ、工夫はないのですけどね。
夏リゾット1(7/11)

夏といえば色々ありますが、やはり緑と行きましょう。材料は左からアスパラガス、枝豆、玉ねぎです。今回は鮎の香をそれほど邪魔しないようにニンニクを入れませんでした。リゾットの作り方を今更と思うかもしれませんが、備忘録も兼ねて書いておきます。

夏リゾット2(7/11)

1.枝豆とアスパラを沸騰したお湯にいれ、1分弱茹でザルにとっておく。
2.オリーブオイルで玉ねぎのみじん切りを焦げないように炒め透明になってきたら、引き続き低温でお米を透明になるまで炒める。
3.水をひたひたになるまでさし、以後適宜加水しながら、少したべてみて芯が残るくらいまで煮る。


夏リゾット3(7/11)

4.あと一回加水して煮詰めたらちょうどいい、という風になったら枝豆とアスパラを入れ、チーズ(ブルサン)を溶かしいれ煮る。
5.塩で味を調え水を飛ばし、少し冷ましておく。
6.鮎の一夜欲しを油を敷かないフライパンで焼きもりつけ、5のリゾットを添える。

夏リゾット鮎添え(7/11)


これにキンキンに冷えた白ワインは本当に幸せでしたね。鮎の一夜干しは夏に作るなら扇風機みたいなもので風を送らないといけないと思います。母は鮎を冷凍しておき、冬に解凍して一夜干しをつくります。とっても味が深まってとても美味しいです。鮎は内臓の苦味のおいしさを強調されがちですが、身だけでも十分美味しいお魚で、リゾットと合わせて洋風にしてみましたが、合いますよ、すごく。川魚って海の魚よりちょっと敬遠され、ちょっと下に見られてるかもしれませんが、いやいや、そんなことないです。もっとみんな注目してくれればいいなぁって鮎屋の息子は思います。




スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

コメント:

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
旬の夏野菜、アスパラガスと枝豆を
ワインに合うリゾットに仕上げて、
ほろ苦い鮎とコンビを組んだプレート!!
白ワインの為の1皿♪…を、感じました。
ジャポンポワソンの鮎が、洋風リゾットと
出会うと思っていなかったので、プチ驚きです。
なでしこジャパンに、乾杯したくなりました。

No title

ふはー(驚)
今回も斬新ですね♪
鮎の進化が楽しみです。

リゾットもワインに合うように・・・
素敵です。
コレを食べながら
なでしこ観戦。いいですね~♪♪

No title

こんにちは~~

今日たまたま どなたかのブログで 鮎の玄米リゾットを拝見して
作ろうと思っていました。
そしたら こちらにもありました。
鮎を洋風にアレンジするなんて メッチャお洒落です。

リゾット大好きです。

No title

鮎を洋風にアレンジっていいですね~
緑のリゾットが夏らしい。鮎とあわせるところがまたいい!
鮎の甘露煮って美味しいですよね。
主夫太郎さんにとってはおふくろの味かしら?
生の鮎も甘露煮も一夜干しも楽しめるってうらやましい限りです。
さて、私は今夜卓球女子団体決勝戦をみたい...と思いつつ
子供を寝かしつけてそのまま寝てしまいそう~

No title

主夫太郎さん、こんにちは~
鮎の一夜干しをリゾット合わせて、冷えたシャルドネで頂く!
さすが鮎を良く知っているからこそ、出来るお料理です。
鮎がなくても涼しげな美味しそうなリゾットが、この猛暑には嬉しい一品です。

川魚は大好きです。鱒、フナ、鰌など、子供のころから良く食べていました。
なぜなら、父と兄が釣り馬鹿でしたから。海は遠いので近場の多摩川で二人が釣った魚をよく食べましたよ。
あ!多摩川では鮎は釣れなかたと思います…もっと上流かしら。

美味しそう~

主夫太郎さん、こんにちは~
鮎の一夜干しリゾット、とっても美味しそう~
鮎の一夜干し、まだ食べた事がありません~
食べてみたいのですが、売られてるのを見た事もないので、自分で作るしかないのですかね?
夏野菜とともに頂くリゾット、想像するだけで、美味しさ伝わってきま~す!

No title

こんばんは^^
鮎の一夜干しに、夏野菜のリゾットに
シャルドネ!?
とっても斬新な組み合わせのような気がするのは私だけ!?
なんだかワクワクしちゃいます^^

No title

こんばんわ~♪

このワンプレートごはん
すごーく私の好みです♪
大好きな野菜のリゾットに
鮎の一夜干しだなんて最高です^^v
これはワインを飲みたくなりますね♪

ポチっ!!おうえーん*

No title

こんばんは。

鮎をフレンチ風にいただくなんて
相変わらず素敵なアイデアですね。
私は焼き魚の中で鮎が一番好きなんですよ^^
子供の頃、叔父が川で釣り立てをその場で
焼いてくれ食べた美味しさが忘れられなくって!!
甘露煮は同じく母がたまに作ってくれるのですが
一夜干しは食べたことがないです。
こちらも美味しそうですね♪


Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> 白ワインの為の1皿♪…を、感じました。

いや~そういっていただけるとブログに載せた甲斐があります。
ただ焼いただけといえばただ焼いただけですから。

> なでしこジャパンに、乾杯したくなりました。

なでしこ良かったですよね~。週末乾杯するつもりでいます。

Re: No title

あずもんさん コメントありがとうございます。

> ふはー(驚)
> 今回も斬新ですね♪
> 鮎の進化が楽しみです。

いや~母のお蔭です。

> リゾットもワインに合うように・・・
> 素敵です。
> コレを食べながら
> なでしこ観戦。いいですね~♪♪

なでしこがあまりにも力強いので、おつまみも強力です(笑)
金メダル取ってほしいですねぇ。

Re: No title

manngoさん コメントありがとうございます。

> 今日たまたま どなたかのブログで 鮎の玄米リゾットを拝見して
> 作ろうと思っていました。
> そしたら こちらにもありました。
> 鮎を洋風にアレンジするなんて メッチャお洒落です。
> リゾット大好きです。

リゾットは固めにつくるのがすきです。玄米リゾットもやってみたいですね。

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> 鮎を洋風にアレンジっていいですね~
> 緑のリゾットが夏らしい。鮎とあわせるところがまたいい!

じゃんじゃん、鮎みたいな食材が色々な国のお料理に登場したらいいと思ってます。

> 鮎の甘露煮って美味しいですよね。
> 主夫太郎さんにとってはおふくろの味かしら?

山椒の香りと甘い味はお袋の味です。

> 生の鮎も甘露煮も一夜干しも楽しめるってうらやましい限りです。
> さて、私は今夜卓球女子団体決勝戦をみたい...と思いつつ
> 子供を寝かしつけてそのまま寝てしまいそう~

このお返事書いてる時は日本は苦戦してるようですが、頑張って欲しいです。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 鮎の一夜干しをリゾット合わせて、冷えたシャルドネで頂く!
> さすが鮎を良く知っているからこそ、出来るお料理です。

ありがとうございます。鮎は天然!塩焼き!というのでなく色々なアレンジが出てくると、
もっと川魚が見直されると思いますが。

> 鮎がなくても涼しげな美味しそうなリゾットが、この猛暑には嬉しい一品です。

夏のリゾットまだまだアップしたいと思います。

> 川魚は大好きです。鱒、フナ、鰌など、子供のころから良く食べていました。
> なぜなら、父と兄が釣り馬鹿でしたから。海は遠いので近場の多摩川で二人が釣った魚をよく食べましたよ。
> あ!多摩川では鮎は釣れなかたと思います…もっと上流かしら。

あゆはどうしても上流になりますね。釣りは釣る人は食べる量と関係なく釣ってしまうらしいですね。
子供のころから色々な川魚食べる人は少ないみたいですよ。
折角こんなに川のある国ですから、もっともっと見直されていいとおもいますね。

Re: 美味しそう~

まひまひゆかりんさん、コメントありがとうございます。

> 鮎の一夜干しリゾット、とっても美味しそう~
> 鮎の一夜干し、まだ食べた事がありません~

一匹300円くらいしたりしますから、なかなか一夜干しにする勇気ができませんよね。
でも価値ありますよ。一夜干しが売っているのを見たことはないのですが、骨ごと食べられるので作る価値があると思います。チャンスがあれば是非是非。

Re: No title

ゆんさん コメントありがとうございます。

> 鮎の一夜干しに、夏野菜のリゾットに
> シャルドネ!?
> とっても斬新な組み合わせのような気がするのは私だけ!?
> なんだかワクワクしちゃいます^^

川魚とワインって結構よくあいますよ。川魚の可能性ってもっとあると思います。
もっと流行らないかなって思ってます。

Re: No title

マムチさん コメントありがとうございます。

> このワンプレートごはん
> すごーく私の好みです♪
> 大好きな野菜のリゾットに
> 鮎の一夜干しだなんて最高です^^v
> これはワインを飲みたくなりますね♪

そういっていただけると嬉しいです。白ワインに鮎の優しい香りがよく合います~

Re: No title

shokoさんコメントありがとうございます。

> 私は焼き魚の中で鮎が一番好きなんですよ^^
> 子供の頃、叔父が川で釣り立てをその場で
> 焼いてくれ食べた美味しさが忘れられなくって!!

素敵な思い出ですね。そのうち僕も釣りを勉強しようと思ってます。
食事を取る、食材も取る、素敵なことだと思っています。

> 甘露煮は同じく母がたまに作ってくれるのですが

おお、素敵ですね。僕にとってもお袋の味です。

> 一夜干しは食べたことがないです。
> こちらも美味しそうですね♪

是非是非、お試し下さい。とても美味しいですが、毎日食べられる美味しさでもあります。

No title

女子バレーが激戦の末、中国を破って準決勝に進んでよかったですね。
グリーンピースとアスパラのリゾットはよく作るけれど、枝豆っていうところが日本らしくていいですね。
枝豆は冷凍物が比較的安く買えるので、今度試してみます。
鮎はフランスには生息していないようなので食べられないのが残念。
鯵の一夜干しなら作れるかな。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうごさいます。

> 女子バレーが激戦の末、中国を破って準決勝に進んでよかったですね。

一方で男子サッカーは残念でした。

> グリーンピースとアスパラのリゾットはよく作るけれど、枝豆っていうところが日本らしくていいですね。
> 枝豆は冷凍物が比較的安く買えるので、今度試してみます。

グリーンピースはこちらでは生で手に入りにくいし高価なんですよね。
お国柄で面白いですねぇ。

> 鮎はフランスには生息していないようなので食べられないのが残念。
> 鯵の一夜干しなら作れるかな。

ほー、鮎はフランスにいないんですか。入ればフランス人シェフも虜にすると思うのですがねぇ。
残念です。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。