06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

香れ!小豆島

2012.07.10 08:00|小豆島
先日友人と会って話をしたとき僕のブログの話になって「ハンバーグシリーズ」が良かったとのご感想を頂き、調子にのってカテゴリーを作ってしまいました。ブログ左側の「内容別に分類」の中にハンバーグっての作っちゃってます。関西で青春してたなぁ、と今読むと思います。

さて、そんな関西での青春の思い出を更に心に刻むために、6月の末に小豆島に一泊ドライブ旅行に行って来ました。旅行記でもと思ったのですが、お料理についてのブログというスタイルは崩さず、小豆島で出会った食材、お料理レポです。出会った食材は醤油と素麺ですが、興味をお持ちになりましたら、以下のポチリで飛んでみて下さい。
ヤマロク醤油(今回紹介するお醤油屋さん)
なかぶ庵(今回登場する素麺の製造元)

小豆島はとても素敵な島でしたね。ご存じ「二十四の瞳」の舞台となった島です。大石先生が当時ハイカラだった自転車・洋服姿で通勤した分教所(フィクションですが、そんな気になってます)、綺麗な海、綺麗な渓谷、急斜面の千枚田と見所は何処も派手ではないのですが、優しい気持ちになれるものばかりです。さて、そんな島で...


鶴と菊(7/2)
蔵元には行かなかったのですが「二十四の瞳映画村」で購入しました。ヤマロク醤油菊醤(左)と鶴醤(右)です。ヤマロク醤油さんのお醤油はこの2種類だけです。菊醤の方は丹波黒豆で仕込まれたもの。鶴醤の方は再仕込醤油というもので通常の倍の材料と歳月(4年)をかけてつくられたものです。鶴醤の方が味が力強いですが、香りが立つのは菊醤のほうかなって印象です。美味しいお醤油ですね。原材料は大豆、小麦、塩で、昔ながらの木の樽で仕込んでいるそうです。どっちの料理ショーにも登場したそうです。


生ソーメン(7/2)


こちらは、なかぶ庵さんで購入した素麺、その名も「生素麺」です。素麺というのは引っ張って干してつくるのは皆さんご存知の通りです。だから素麺って乾麺ですよね。パスタだってうどんだって生麺があるのに、ソーメンは無いなぁって思ってたら、ありましたぞい。完全に干さずに軽く干してあります。干すというより表面がちょっと乾くという感じですね。「生」と言って差し支えないですよ。なかぶ庵さんで試食してから買ってきました。パッケージを素直に上からしたに読むと「なかぶ庵の小豆島」となっていますが、もちろん「なかぶ庵の生素麺」と読んで下さいね。小豆島という文字をどうしても入れないといけないって思ったんですよ、きっと。こういう地元に対する愛、僕は大好きです。

生ソーメン茹で(7/2)
ソーメン汁2種(7/2)


まぁ、醤油と素麺があればこうなりますよね。あははははは。なんでもないものですが一応説明です。
1.昆布と鰹節でダシをとり二つに分ける。
2.片方には酒と菊醤を入れ一度煮立たせ冷ます、もう一方にはゴマペーストと鶴醤を入れ温めながらよく溶かし、冷ます。

贅沢にも一遍に二つのお醤油を味わっちゃいました。本来なら僕はうどんの汁を作るとき、お酒と醤油を一度温め、3日ほど寝かしたものを使います。丸くなりますからねぇ。今回はお醤油の「角」立てまくりです。いいのいいの。お醤油も主役なんだから。

生素麺の良さですけどね、

1.コシがすごくある。固いのではなくコシです。
2.少しだけ太いので噛んでたべるのだけども、そのときの香りがすごくいい。
3.粉の味が全面に出る。のど越しだけではなく、素麺そのものの味が美味しい。

よかったら如何でしょうか?



お ま け

生醤油でソーメン(7/2)


実はお醤油も生素麺もとても力強く香りもよかったので、こんなの作って見ました。たまねぎの薄切りを素麺と一緒にゆでて、くっつかないように僅かなオリーブオイルと塩と醤油に和えて胡椒を振るだけ。旨みを醤油と生素麺だけに頼る一品です。玉ねぎはちょっとだけ甘味を加えるためのものです。もちろん出汁があったほうが「旨み」はありますが、小豆島特産の2品を真正面から楽しもうという意図。こんな逃げ道のないお料理でも十分食べられましたよ。素敵な食材ってことですよね。
スポンサーサイト


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

コメント:

No title

生ソーメン。
へぇぇぇぇです。
これはお土産にいいですね♪
茹で上がった麺がキラキラツヤツヤしてます。
見るからに美味い。ですよ
そして通常だし汁を3日寝かす・・・・
こだわってますね~
余っただし汁なら結構熟成させてますけど(笑)
おまけのソーメンもいいですね~
コシのある生麺だからこその1品って感じですね♪

No title

主夫太郎さん、こんにちは!
半生?の素麺がとても美味しそうです。
醤油も四国や小豆島には沢山ありますね。この醤油も使ってみたいです。
そして、おまけの「ソーメン」「パスタ」??
素麺の美味しさを味わうために、玉ねぎの甘みと醤油で!
シンプルゆえに、醤油の美味しさも味わえてしまいそうです♪

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
小豆島へ行かれたのですね。
なかぶ庵の生素麺、初めて知りました。
干し前の素麺を茹でていただくと、
小麦粉本来の風味がダイレクトに香るのですね。
こだわりの醤油2品を、醤油タレと胡麻タレの
2通りで…とても、おいしそう♪♪♪。
玉葱入りで、素麺チャンプル!!
こちらも、食べたくなりました。

美味しそう~

主夫太郎さん、こんにちは~
小豆島に行かれたんですね♪
まだ行った事がないので、とても興味持ちました~
お醤油、私は、長崎出身なので、九州独特の少し甘い醤油を使用してます...
味噌は、麦味噌が好みで、こちらもずっと変わりません...
ソーメン、とっても美味しそう~
麺類好きなので、とても食べてみたい!
ハンバーグのカテゴリー、良いですね♪
また、ぜひぜひ、レシピ、とても楽しみにしてま~す☆
いつもありがとうございます。応援~

No title

こんにちは^^
半生のソーメンですか!?
おもしろい!!
こういうのって見かけたらほしくなりますよね^^
醤油もどちらも魅力的です!!
おまけの一品も美味しそうです♪

No title

小豆島行ってみたいです~!

瀬戸内海、良いですよね!ほのぼのしていて長閑で。
神戸に住んでいた頃、高松に遊びに行ったことがあります。
瀬戸内海にぽこぽこ浮かぶ島々、穏やかな色彩。
淡路島も香川の直島も、瀬戸内海に浮かぶ小島って良いな~としみじみ。
小豆島、わたしも是非行っておくべきだったなぁ~と
懐かしくなりました。

生素麺美味しそうです♪
文章と写真から、想像が止まりません~。

そしてパッケージの文字レイアウトへのツッコミもくすりとしましたが、
今回、記事のタイトルに惹かれました。「香れ!小豆島」って(笑
シンプルで勢いがあって良いですね♪

No title

旅行の楽しみっていろいろあるけどその土地の調味料とか
美味しいものを探すというのも楽しのひとつですね~
丹波黒豆仕込みというのに惹かれます。
そして生素麺!!素麺に生があるんだあって初耳。
これは一度食べてみたいとすごく興味を惹かれました。
コシのある素麺、すごく魅力的♪
素麺と醤油のコラボいいですね~とっても美味しそうです。

No title

こんばんわ~♪

小豆島いいですね~♪
私も行ってみたいです!!
生素麺なんてあるのですね~!!
初めて知りました^^
コシのある素麺
一度食べてみたいです♪
ポチっ!!おうえーん*

こんばんは、こもれびです。

主夫太郎さんこんばんは。^^

小豆島はまだ行った事がありませんが
優しい気持ちになるって表現が素敵で
行ってみたいリストに入りました。

醤油、生素麺、これまた素敵なお土産を見つけましたね~。
生素麺めちゃくちゃつやつやで美味しそうです。
つゆ作りもこだわりがあって勉強になります。^^
ありがとうございます。

No title

主夫太郎さん、おはようございます。
いよいよ、お引越しなのですね。
天候に恵まれ、スムーズに引越しが運びますように。
気温がかなり高いですので、
おからだには、お気をつけてくださいませ。
新居地からのブログUP♪を、楽しみにしています。

Re: No title

あずもんさん コメントありがとうございます。

> 生ソーメン。
> へぇぇぇぇです。
> これはお土産にいいですね♪

僕も行ってみて初めて知りましたが素敵でしたよ。
冷蔵庫で一か月くらい持つそうなので、もっと売り出してもいいと思うのですがねぇ。
また、買いたいと思ってます。お取り寄せもできますしねぇ。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 醤油も四国や小豆島には沢山ありますね。この醤油も使ってみたいです。

そうですよね。素麺も醤油もところ変わればという感じで面白いです。
普段使っている調味料だけに、なかなか変わったものは受け入れにくいですが、
その土地への理解だと思って口にすると味わいも変わりますよね。

> そして、おまけの「ソーメン」「パスタ」??
> 素麺の美味しさを味わうために、玉ねぎの甘みと醤油で!
> シンプルゆえに、醤油の美味しさも味わえてしまいそうです♪

まぁ、「最低に作ってもここまでの味がする」というのを確かめてみるつもりで作りました。
それでも美味しかったですよ。

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

> 干し前の素麺を茹でていただくと、
> 小麦粉本来の風味がダイレクトに香るのですね。

完全に干してしまうより、いい香りがしていると思います。

> こだわりの醤油2品を、醤油タレと胡麻タレの
> 2通りで…とても、おいしそう♪♪♪。
> 玉葱入りで、素麺チャンプル!!
> こちらも、食べたくなりました。

恥ずかしながら、なんの工夫もしませんでした。
たんなる「買って食べましたレポート」ですが、
折角だからみなさんに知っていただこうとおもいましてね。
あははは。

Re: 美味しそう~

まひまひゆかりんさん コメントありがとうございます。

> 小豆島に行かれたんですね♪
> まだ行った事がないので、とても興味持ちました~

素敵なところでしたよ。慌てて回るのはもったいないと思えるような
のんびりしたところです。

> お醤油、私は、長崎出身なので、九州独特の少し甘い醤油を使用してます...
> 味噌は、麦味噌が好みで、こちらもずっと変わりません...

小豆島のなかでも甘いお醤油をつくるところもあり、地理的な理由なのでしょうか、
色々あるようですよ。

> ソーメン、とっても美味しそう~
> 麺類好きなので、とても食べてみたい!

お取り寄せできますから、是非是非。
冷蔵庫で一か月くらいもつそうです。

Re: No title

ゆんさん コメントありがとうございます。

> 半生のソーメンですか!?
> こういうのって見かけたらほしくなりますよね^^
> 醤油もどちらも魅力的です!!

どの食材も素敵でした。まだまだ知らない食材って全国にあるのですねぇ。
今後も色々探してみたいです。


Re: No title

葉っぱさん コメントありがとうございます。

> 瀬戸内海、良いですよね!ほのぼのしていて長閑で。
> 神戸に住んでいた頃、高松に遊びに行ったことがあります。
> 瀬戸内海にぽこぽこ浮かぶ島々、穏やかな色彩。
> 淡路島も香川の直島も、瀬戸内海に浮かぶ小島って良いな~としみじみ。
> 小豆島、わたしも是非行っておくべきだったなぁ~と
> 懐かしくなりました。

おお、素敵な旅行のお話ですねぇ。
小豆島は橋もなく、すごく行きづらいのですが機会があれば一度行ってみて下さい。
住みたくなるかもしれませんよ。

> 今回、記事のタイトルに惹かれました。「香れ!小豆島」って(笑
> シンプルで勢いがあって良いですね♪

ありがとうございます。でも本当に小豆島ってもっと力強くアピールしてもいいと思うんです。
気候も特産品も、もっともっとアピールして欲しいとおもいますねぇ。

Re: No title

suzuさん コメントありがとうございます。

> 旅行の楽しみっていろいろあるけどその土地の調味料とか
> 美味しいものを探すというのも楽しのひとつですね~

んーー、たまりませんよねぇ。文化を吸収するのも一つの楽しみ。
特に食べ物は帰ってきてからも目に見えて影響がありますからねぇ。

> 素麺と醤油のコラボいいですね~とっても美味しそうです。

ありがとうございます。香を楽しむことができたお料理になりましたよ。

Re: No title

マムチさん コメントありがとうございます。

> 生素麺なんてあるのですね~!!
> 初めて知りました^^
> コシのある素麺
> 一度食べてみたいです♪

是非是非、冷蔵庫でひと月持つのですが、なかなかデパートでは見ませんねぇ。
お取り寄せもできるので、よかったらチャレンジしてみて下さい。

Re: こんばんは、こもれびです。

こもれびさん コメント有難うございます。


> 小豆島はまだ行った事がありませんが
> 優しい気持ちになるって表現が素敵で
> 行ってみたいリストに入りました。

ありがとうございます。島の中をゆっくりドライブして下さい。
何もないようで何かある、そんな素敵な島でした。

素麺も醤油も島の人が真剣に作っていることに感動しましたよ。
是非是非チャンスがあったら行ってみてくださいね。

Re: No title

ぴよさん コメントありがとうございます。

今度は東京発のブログになりますが、
まず僕が都会的なセンスを持たないといけないと思ってます。
あははははは。元来の田舎者なので無理そうですね。あははははは。

No title

こんにちは☆
生そーめんも初めてみました!
生麺、生麩、生魚…生ってつくと必ず美味しいですよね!
生そーめんもめちゃ美味しいんでしょうね~o(≧▽≦)oいいな~☆彡
お醤油も美味しい物はほんと味が違いますもんね!
小豆島行った事ありませんが、
美味しい物たくさんありそうで行きたくなってきました(*´∀`*)

No title

醤油も生素麺も欲しい!と思いました。
材料の量も、寝かす年月もすごいですね。
何だか主夫太郎さんの文面は、目の前に光景が広がって
映画を見ているような気がします。
きっと本をたくさん読んでるんだろうなぁとと推察します。
文筆活動を目指せるんじゃない?

Re: No title

みやびさん コメントありがとうございます。

> 生そーめんも初めてみました!
> 生麺、生麩、生魚…生ってつくと必ず美味しいですよね!
> 生そーめんもめちゃ美味しいんでしょうね~o(≧▽≦)oいいな~☆彡

生ソーメンは独特でしたね。もちろんソーメンですけどねぇ。
でも香とコシが力強かったです。

> お醤油も美味しい物はほんと味が違いますもんね!
> 小豆島行った事ありませんが、
> 美味しい物たくさんありそうで行きたくなってきました(*´∀`*)

一度はいかがでしょうか。2日もあれば、結構まわれます。
でも急がずにゆっくりとまわって欲しいですけどね。
チャンスがあったら是非是非。

Re: No title

初老夫婦さん コメントありがとうございます。

> 醤油も生素麺も欲しい!と思いました。
> 材料の量も、寝かす年月もすごいですね。

醤油に関しては話聞いただけで感動して買ってしまいました。
素麺も素敵ですよ。

> 何だか主夫太郎さんの文面は、目の前に光景が広がって
> 映画を見ているような気がします。
> きっと本をたくさん読んでるんだろうなぁとと推察します。
> 文筆活動を目指せるんじゃない?

いやいや。照れちゃいます(笑)
文章書くの好きなんですが、いままで褒められたことなどないですねぇ。
そもそもあたまの悪い理系でしたから。
でも、何かの記録を残すって素敵なことだなぁって思うようになってきてます。

No title

素麺、ツヤツヤですね!
美味しそう。
小豆島産のオリーブの新漬けも美味しいし、オリーブオイル入りのパスタ、ラーメンも好きです。
とことんこだわったお醤油も食べてみたい。
食材の美味しさだけに頼ったおまけ、シンプルで贅沢な一品ですね。
非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【香れ!小豆島】

先日友人と会って話をしたとき僕のブログの話になって「ハンバーグシリーズ」が良かったとのご感想を頂き、調子にのってカテゴリーを作ってしまいました。ブログ左側の「内容別に分...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。