11 | 2013/12 | 01
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鹿でハンバーグ

2013.12.05 08:00|獲物・収穫系
は~い!小鹿のような美脚の
元女子高生のみなさ~ん!!
鹿はもう飽きた?
でもねぇ、まだ続くよ!!
あはははははは。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


鹿の足をさばいているとわかるのですが、ステーキに適したところばかりではありません。
そりゃ切れ端みたいのもでてきます。そんなものは仕方がないので、薄くして焼いて食べたりしますが、なんといっても今回のお料理は主夫太郎のおすすめ!!!ハンバーグですよ!切れ端はミンチにしてしまえばみな同じですからね。ってことで

鹿のひき肉20131103


ミンチにしました。そうそう、ミンチってなんでカツになるとメンチになるんですかね。メンチと似た言葉でメッチェン(少女)ってことばもありますが、あれはカタイお肉よりも柔らかいミンチのお肉を少女が好んでたべたから、ではなくドイツ語のmädchenが語源です。あはははははは。


鹿ハン材料20131103


主夫太郎のハンバーグはパン粉をいれませんよ。主夫太郎のハンバーグといえば、ハンバーグの基礎研究!!ブログの左側のコラムのなかから「内容別に分類」でハンバーグを見てもらえばレシピがあります。小麦粉とイーストをつかってふくらまして焼き固めます。玉ねぎは甘くなるまで炒めますよん。

焼く前20131103


焼く前に膨らませますが、これもレシピにのってます。イーストの御蔭でふっくらです。もっともハンバーグが柔らかくなるのでひっくり返すときに注意しないといけません。まぁ、考えてみると大した工夫ではなかったけど一生懸命考えていたときは楽しかったなぁ。


オーブンへ20131103


焼き色が付いたらオーブンへ。片面5分から6分くらいですね。鹿のお肉は冷めるとあまり美味しくないので、すぐたべちゃいます。塩コショウだけでも、何かかけてもいいですよ。

鹿ハンバーグ20131103


この肉汁が一切外にでないハンバーグって美味しいとおもうんだけどなぁ。鹿はとくに脂もありませんしね。いい感じのロゼ(ハンバーグだからちょっとウェルダン気味)でこれは結構お気に入りの焼き具合になりました。

鹿肉ってマイナーですが、主夫太郎の広報活動によりメジャーになって欲しいものです。そういえば、僕は全然見ないのだけど、来年の大河ドラマはなんでも主人公が吉田松陰の妹という超マイナーキャラだそうです。こうやってマイナーなものに光を当てるのは僕はすきですねぇ。個人的には大河ドラマの主人公なんてもっとマイナーだっていいですよ。徳川家宣とか。何代将軍かしらないけどさ、あはははははは。

さぁ、そんな徳川家宣並にマイナーな鹿肉、前回のお料理より馴染みやすいかな?美を追求する元女子高生のみなさん!あの美貌で王妃までに登りつめたクレオパトラも鹿の肉を沢山食べていたかどうかは主夫太郎はしりません。相変わらず中身のない情報で悪いね、あははははははは。








こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。