10 | 2013/11 | 12
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鴨の始末(今日はそんなに怖くないよ!)

2013.11.23 08:00|獲物・収穫系
は~い!元女子高生のみなさ~ん!!
今日は全部写真みても大丈夫なものばかりですよ~~。

先日の記事は鴨の胸肉(一部ささ身も登場してましたが)のローストでしたが、足や手がでてきませんでしたね。もちろん命を無駄にするつもりが全くない主夫太郎は、ちゃんと食べてますよ。胸肉は比較的分厚く、焼いても柔らかいのですが、足や手はちょっと固く、素人の僕にはちょっと難しいもの。ということでゆっくり時間をかけて火を入れるコンフィにしました。

鴨のコンフィA20131111

1.オリーブ油に塩を振って一時間ほど置いた、鴨の手羽、モモを入れて65度から70度くらいで5時間ほど火を通す。

実は心臓も入ってます。まぁ、プロだともっと微妙な火加減で温度を低くして、もっと長い時間火を入れるのでしょうが、僕にはむりなので、これでおしまい。あとは冷蔵庫に入れて保存します。どっぷりと油に漬っていれば結構長い間もちますよ。僕もこれを食べたのは調理してから3週間後です。鶏の足でも同じようにできますが、あれはもともと柔らかいからねぇ。こんなことしなくても焼いて食べればいいと思います。


コンフィを出して20131111

2.鴨の肉を取り出し、フライパンで焼く。

3週間後に救出しても全く問題ない色してますよ。もともとコンフィというのはガチョウの脂の低温調理で、保存食としてたべられていたものです。ん~そこまでして、肉を長くもたせて食べたいとは!肉食人種の欧州人、恐るべしです。


コンフィを焼く20131111

油を敷かなくてもまわりにオリーブ油がくっついているから自然に油が供給されるという便利機能付きです!

コンフィだよ20131111

3.胡椒を振って手でがっつく(←レシピではないけどね)

で、こんな感じ。いい感じの柔らかさで、胡椒を振ってたべましたけど良かったですよ。もちろんワインを頂きながらです。幸せですね~。

鴨だし20131111

こちらは鴨のクビやら、胸の骨やらボンジリのあたりやらをつかって鴨だしをとってる写真です。鴨だしをとったら、

鴨だしそば20131111

鴨南蛮そばですよ!まぁ、ネギ入れてなかったけど。茹でた茄子と、シイタケで味をプラスしてズズッと頂きます。これがまたうまいのよ。本当に。素人の僕が作っても美味しいのだからきっとプロが作ればもっとうまい!あれ!鴨肉がない!!って思った方、たべちゃった後だからしかたないよね~。本当は胸肉の一枚も乗せたいけど、そりゃ仕方がないってものさ。


一応、北海道のカモ猟と鴨のお料理のお話はこれでおしまいです。ん~~真似するのは大変ですよね~。そもそもレシピブログに向いてない記事を書いているような気もしてます(笑)来週は一度「夢」の記事をはさんでちょっと獲物話を一服したあと、鹿のお話になりますが、鹿はお肉の状態でしか出てきませんから安心してね~。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。