09 | 2013/10 | 11
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

さよならなんて岩魚いで!でも川魚は最終回。

2013.10.29 08:00|魚・貝料理
*お知らせ:先日のアマゴとカジカの記事ですが、アマゴと紹介したの、yuriさんの指摘でよくみると何となくヤマメに見える。たしかに写真から赤い斑点が確認できない...川でわけてもらったときはアマゴだと思っていたのだけど(赤い斑点があった気もしたけど写真ではねぇ)....ということで、今度ははっきりわかるように写真とっておきますね。ちゃんとした記事つくらないと!!

は~い!主夫太郎ですよ!
元女子高生のみなさんお元気?
チョコ食べ過ぎて鼻血出しちゃだめよ~
あはははははは。

さて、今回で川魚のお話は終わりですよん。随分主夫太郎にしては硬派の記事が続いたもんだから、元女子高生のみなさんはお疲れかな?でも仕方ないわん、だって主夫太郎は硬派なのよ!へ~いそこの彼女ォ~硬派な主夫太郎とお茶しな~い?あはははははは。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕が神通川に行ったときのおとり屋さん(友釣りには最初のおとりが必要だからねぇ、最初は買うのよ)のご厚意で一匹の岩魚(イワナ)を頂きました。網で捕られた凄く立派な岩魚です。これは本当に正真正銘岩魚です!

岩魚全体2013924

これが全体像!!おおきいでしょう?主夫太郎の指と比べて見て下さいな。まぁ、主夫太郎の指の大きさを知らないとおもうけどさ。鮎は河の中で石に付いた藻を食べますが、岩魚は何を食べてるか分からない雑食魚。ということで獲ったらさっさとお腹をさいて内臓を出してしまうそうです。


岩魚顔アップ2013924

ご尊顔のアップ!ん~迫力があります。流石何でも食べちゃう獰猛なお魚の顔ですね。怒りが頂点に達して口が半開きになってます。体のぽつぽつの模様もわかりますね。先日北海道に行ってお話を聞いたのですが、アメマスというお魚がいまして、これは岩魚が孵化してから2,3年たってから河を下って海に出たものだそうです。アメマス自身は関東でも放流がされており、おもにゲーム用のお魚だそうですな。このお写真のお魚は正真正銘の河で過ごした渓流のお魚です。

岩魚3枚おろし2013924

一匹だけもらってきたので、カミさんと半分にするために3枚におろしました。家のグリルで焼ける大きさでもなかったしね。ちょっとカミさんの方が小さくなっちゃった。まぁ、この手の失敗は多々あります。


実を焼く2013924


粉をはたいて油で焼きました。付け合わせは台所で行き場を失っていたサトイモ!写真には出てませんが、この前にちょっと多めの油で半分に割った頭の部分をじっくり焼いています。

骨煎餅2013924

こちらは中骨を油で揚げてますよ。所謂骨煎餅ですな。じっくり揚げて身も香ばしく、骨も食べられるようにします。

岩魚丸ごと2013924

ってわけで一人分のお皿です。頭もたべられますよん。もちろん美味しいお魚ですが、鮎に比べたらすこし大味です。アメマスなど、海に下るとさらに身が柔らかくなってムニエルで食べるのがいいそうですが、岩魚は上手にやけるなら焼いて食べても美味しいです。塩をふるだけで香ばしさを楽しみながら食べました。骨煎餅も美味しいよ!!!

それから頭は実は半分。向こう側はありません。京都の映画村の日本橋みたいですよ。後ろがないの(笑)
本当はもう少し骨煎餅がありますが上品に盛るためにちょっとだけしか盛ってません(卑怯な演出です)。

さて、4回にわたる釣り、川魚のお話いかがでしたでしょうか。海のお魚はやっぱり美味しいし種類も豊富だし、お刺身でも食べられますから、川魚はそれに比べたらかなり不器用。でもなかなか奥がふかそうですよ。もっともきゃりあさんや、yuriさん、masakohimeさんなどにはなかなか身近だったようですから、最近関わり始めた主夫太郎より詳しい気もします。僕も少しづつ知識を増やし、経験を重ねて、美味しいものを美味しく頂く知恵をつけたいと思ってます。来年の主夫太郎に期待してね~~、来年のことをいうと鬼と主夫太郎が笑うけどさ、あはははははははは。






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。