07 | 2013/08 | 09
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

さらば僕等のスカンジナビア。

2013.08.24 08:00|北欧旅行
長らくご愛読いただい北欧旅行記ですが今日で終わりです。
コメント下さった皆様、楽しみにして頂いた皆様、
大変力になりました。
ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はコペンハーゲンの最後の日と最後の晩餐をまとめてみようと思います。

コペンハーゲンというのは自転車専用の道路があり、そこを歩行者があるこうものなら罵声を浴びせられる。
まぁ、そんなに嫌な顔しなくてもいいのにとも思うが、そこは郷に入っては郷に従えですね。
デンマーク自転車

デンマークでよくみた自転車なんですが、これは前に赤ちゃん乗せてます。安全かどうかは別として、これはこれで転ばない点はいいと思います。

さて、まずはコペンハーゲン市内に二つある運河めぐりの乗り場ですけども、乗り込んでみると、

運がめぐり2013808

案外人がいない。時間がよかったのかな。運河の旅の始まり始まり!!!!


バナナを食べる女2013808

ガイドさんは3か国語で説明する真面目そうな人だったけど、ひと段落するとバナナ食べてます。まぁ、こんなのでいい気もしますね。仕事なんて。そんなに大した仕事でもないって本人も思っているのかなぁ。これに比べるとデパートのエレベーターガールなんて気の毒千万。今となっては誰でもエレベーターは動かせるし、何階に何が売ってるかなんて掲示板みりゃわかるのに、あんなに指の先、頭のてっぺんまで緊張して「上に~まいり~ます」なんてむしろ聞き取りにくいリズムで言わなくてもいいのになんて思います。まぁ、三越のエレベーターガールがバナナ食べてたらびっくりするけどさ、あはははははは。

よくわからないお祭り2013808

途中、なんだかのお祭りとかで砂の像がつくられてました。

侍らす女2013808

よくみると、「勝手に男は侍るのよ!の像」ん~日本にもこういう女性がいたようないないような...杉本彩っぽいって感じの、あはははははは。


2連装2013808


なんとデンマーク海軍はいまだに2連装の大砲使う海軍なの?っておもったら博物館だそうです。ん~びっくりした~。こんな旧式で国を守ってるのかと思った(笑)

人魚の像2013808


なんと、世界3大がっかり名所のひとつ「人魚の像」が、運河ツアーだと後ろから!よ~くみるとおけつの割れ目が見えなくもないが、そうなると....
え!人魚ってどっから魚なの?

っておもったら急に正面から見たくなったが、さすがにこんなものを2度みるのは馬鹿らしいのでやめました。んんんん~しかし人魚ってのは下半身がお魚だから卵産むんですよね、きっと。そんで母乳で育てるのかぁ。でもそうなるとヘソないよなぁ。風呂はいると下半身が茹で上がっちゃうから、風呂入らないだろうし。よく考えると全然綺麗な生き物じゃないねぇ。なにがいいんだか.....

おバカな学生203808

この日は大学の卒業式だったらしく、学生がトラックの荷台にのってビールのんで街を練り歩くことやってる。実にバカっぽい。多分伝統行事なんだろうけど、こんな北欧を教育の手本にするべきだなんて言ってた教育学者は切腹して欲しいもんだ。あははははは。まぁ、学生なんて馬鹿くらいがちょうどいいんだろうねぇ。あんまり落ち着いた学生ってのも社会に活気を与える気がしない。


さて、最後になりましたが、国立美術館にやってきました。なんだかここは現代美術も古典美術もおいてあって、年代別に展示してるみたい。

現代美術もあるだけあって、案内の文章も

さっぱりわからない表示2013184

さっぱりわからん!この原稿を書いてるときGoogleで「Danh Vo」を訳してもらったらベトナム語で「震える」らしい。その下の英語は動詞がない。ん~これさえも芸術なのか....

よくわからない芸術2013814

なんだこれは!役に立たなそうなパラシュートに新聞が....ん~これ凄い価値があるのかなぁ。「できるかな」でノッポさんがつくってそうなパラシュートだ。そういや、ノッポさんのボウシに見えなくもないな。まぁ、「ノッポさんのパラシュート」ってことで。


全然わからない芸術2013814

これなんか全くわからないなぁ。「犬の糞の墓」って感じだ。
念のためですが、無臭です。



ルーベンス2013814

中央の男:「王様ご覧ください!」

左の椅子の王様:「な、なんと!そなた、完璧な脇毛の処理だな!」

右の女:「まぁ、抜いたの?永久脱毛?」

中央の女:「王様!そんなことより、赤ちゃんがトンボ返りの途中で止められました!」


という物語をわざわざ絵にしたところです。

っておもったら、こっちは現代美術ではなく、ルーベンスの絵だそうです。んんん~紛らわしい。まぁ、別の部屋には展示されてるけどねぇ。やっぱり頭は混乱したままで、つい適当な視点でみてしまいました。

オスローではムンク(「叫び」)をみる時間がありませんでしたが、ここにもムンクがあるということでしたので探したのですがよくわかりませんでした。そこで警備のオジサンに聞くと「二つあるから案内するよ」とのこと。

ムンクB2013808

これが一つ目のムンクです。叫びのような絵ではないんですね。警備の人は「ゆっくり見てください、そのあともう一つの絵に案内します」とのこと。

ムンクA2013808

次のムンクがこれです。警備員さんに丁寧にお礼をいうと、「ようこそコペンハーゲンへ、美術館に来てくれてありがとう」って言ってました。とっても心がなごみましたね。こういう気持ちで美術品を見たいものです。

さて、長くなってるけど、最後の最後。コペンハーゲンで泊まったホテルは1787年建造の穀物倉庫を改装したホテル、コペンハーゲン・アドミラルです。
ホテルの廊下2013808

そういわれてみると、廊下はそんな気がしなくもないし、
ホテルの部屋2013808

お部屋には太い梁が!ん~かっこいいですね。

最後の晩餐2013808


この日の夕食(北欧最後の晩餐)は、百貨店で買ってきたワインとお惣菜です。

さつま揚げ2013808


流石、みなとの街ですね。こんなかまぼこみたいのも売ってました。ただ、洗練されてないねぇ。コペンハーゲンで一番大きい百貨店で買ったのだけど、日本って色々よくできてます。味はもちろん美味しい。

前菜2013808

オードブルもこんな感じでたのしかったですよ。
豚タンスモーク2103814

安いワインと豚タンのスモークでした。


このあと荷物をスーツケースにいれたのだけど、やっぱりその作業は寂しいねぇ。でも仕方ない。また来られるかどうかわからないけど、楽しかった北欧!さようなら北欧!スカンジナビアは永遠に!まぁ、僕が住んでる日本が永遠の方がいいけどさ。しまりがない終わり方だねぇ、あははははははは。

北欧旅行記完結の謝辞
この旅行記の最初にも書きましたが、やはりナウい夫妻には感謝しても感謝しきれません。御蔭で実に楽しく旅行記を完成させることができました。またコメントを残してくださる読者様には厚く御礼申し上げます。次回、旅行記を書くとすると来年の夏、カミさんがリフレッシュ休暇が無事とれて、無事旅行ができればその時なのかと思います。それまでブログが続くのかどうかは分かりませんが。まぁ、そんな先のことはともかく今は無事旅行記が完結したことを皆様に感謝したいと思ってます。引き続き主夫太郎のブログをよろしくお願いします。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。