05 | 2013/06 | 07
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

カミさんの反乱~ヌルヌルな食卓~(旅行前はこれが最後の更新)

2013.06.20 08:00|家庭料理
~お 知 ら せ~

主夫太郎は6月22日から30日まで、ノルウェーに行ってきます。
お友達がある用事でノルウェーに行くことになり僕も同行。カミさんも一緒です。
トランジットでデンマークにも行きますが、なんといってもノルウェーのフィヨルドが楽しみです。

ってそんなわけで、6月22日からお返事ができなくなるので、旅行前の更新は今日で終わり。今までも旅行中更新もしてたのですが、お返事できないのにコメント残してくださる方にわるいですからね。再開は7月2日の予定ですよん。夫婦で出かけるのにちなんでカミさんネタです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



僕がだす料理自体には全く不満のないカミさんだけども、ある日こんなことを言いだした。

私はネバネバとかヌルヌルのものが沢山あれば幸せ!

カミさんは納豆が大好きで僕も承知はしてるのだけども、カミさんは納豆を出すと納豆だけ食べる。前菜に納豆を食べて、ご飯と一緒に納豆をたべて、〆に納豆を食べられるくらいだから、こんな楽なことはないが、栄養管理(含、アルコール量の管理)が僕の仕事でもあるのでそうそう納豆は出さないでいた。けれども、どうもカミさんの不満が爆発したらしい。要するに
納豆よこせ!こら!!

ってことらしいが、それならってんでヌルヌル、ネバネバしたもので食卓を埋めてやるかって気分になった。

「今日はヌルヌルだらけだ!」

って宣言したら単純に大喜び!ということで今日は

カミさんのヌルネバ食卓

です。特に変わったものはつくりませんよ。その日のうちに作ったもので品数を増やそうとしたら一つ一つは簡単なものばかりです。御笑覧くださいませませ~♪

オクラとネギ2013606

ネバネバといえばオクラですね。これとネギをつかって簡単お惣菜。

オクラ太郎2013606

1.オクラを沸騰したお湯で10秒ほどゆで刻み、刻み青葱と醤油と鰹節と合わせてよくかき混ぜる。

我が家ではこれをオクラ太郎と呼んでいます。


山芋おかひじき2013606

2.さっとゆでたおかひじきととろろ芋を合わせてよくまぜ、醤油で味付けする。

アラゲきくらげ2013606

流石に混ぜるだけのものばかりもなんなので、こんなヌルヌルしてそうなもの買いました。茨木産だそうです、アラゲきくらげ

きくらげいため2013606

3.アラゲきくらげ、ズッキーニ、油揚げと炒めて醤油と胡椒で味付けする

生青のり2013606

こんなもの見つけてきたんですよ。生の青のりだそうです。洗ってたべるんですって。浜名湖さんだそうです。

青のりキュウリ2013606

4.塩もみしたキュウリに洗った青のりをまぜてよくかき混ぜる

まぁ、こんなものでもおいしそうに感じるわけですけどね。ちょっと涼しそうでしょう?

山芋海苔2013606

5.とろろ芋の輪切りを海苔で巻、青紫蘇と一緒に油揚げにいれ、最初少し水を振ってから焼く

海苔シソ山芋2013606

本当は梅をいれたかったのだけどわすれていたのでお醤油で。今回本当にお醤油が多い(笑)

山芋海苔揚げ焼き2013607

やきあがったところ。ぱりぱりして触感がたのしめます。なかはお芋がぽくぽくして、のりがすこしヌルってしてる。

ネバネバな食卓2013607


納豆も加えて、ヌルネバな食卓です。なめこ汁でとどめをさすつもりだったけど、ちょっと間に合わなかった。あははははははは。こんなのでカミさんは凄く満足して、「食べ過ぎた!」って言ってました。しかしまぁ、そんなにネバネバしたものを食べたかったのかねぇ。まるで、笹を久しぶりに食べたパンダみたいに喜んでました。やっぱり食べたいものをたらふく食べると幸せみたいです。またなにかヌルネバした食卓にでもしてやろうかな。今回和食だったけど、中華か洋食でなにかね。ところでこれだけ食べてもそれほど太らないって僕の努力ですよね~。よくみるとそんなに太らないものばかりだもの!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

ラー油な生活はじめ

2013.06.18 08:00|おつまみ系
ニーハオ!元女子高生的美女!
好好!美的女子読者!!

いや~前回のラー油づくりからすっかり中国人が乗り移っちゃいました!!
主夫太郎大人あるよ!アイヤ~!!
あはははははは。

今日はそんな主夫太郎がおくる簡単自家製ラー油料理です。味見してみたら強烈には辛くないラー油なんです。僕としてはちょうどよかったですね。香りと辛みで十分おいしいです(ポチリでラー油の記事に国会議員の先生の御蔭でラー油作るの巻き)。


エビ刻み2013606

旨みはこれだけ。エビ刻んでおきます。なんといっても今日はラー油を楽しむ日ですからねぇ。そんなにうまいと困るのよ。
エビといや、以前モデルのエビちゃんをしらなくて、カミさんに笑われたことがありましたがエビを切るとたまにそんな思い出が蘇ります。でも全然エビちゃん覚えられない。最近はトリンドルって人をカミさんが教えてくれたんですがまだ覚えられません。

ネギエビ炒め2013606

1.エビとネギを油で炒める

ここでラー油で炒めてもいいけどちょっともったいないからね。どうせ少しの油だし。ネギはラー油の中にも入ってるけどね。余ってたからいれちゃった。あはははははは。

豆腐入れ2013606

2.水を切った豆腐をいれ軽く炒めたあと水をさし、塩、わずかな醤油で味付けして煮込む

ラー油差し2013606

3.煮込んで豆腐に味が染みてきたらラー油をお好きな量さす

これ、なかなか沢山ラー油さしましたよ。ネギ以外の薬味を使ってませんから、ここで香り全部付けちゃう感じです。化粧油って感じですね。なかなかいい色なんだけど伝わりにくいかな?

ラー油エビ豆腐2013606

じゃじゃ~~~~ん!!

全く頭使わないお料理!!

そういや最近頭を使わないって素敵だっておもうんですねぇ。仕事辞めてから自分が強烈に頭が悪いってことに気づいた。最初は頭がよくなりたいって思ってたけど、悪いものは使わない方がいいってことに気づきました。
写真がちょっと白とびしちゃったかなぁ。モニターを下からのぞくように見ると少しはっきりするかも。

大したことがないお料理だから、今日は好評?の主夫太郎の食卓をまたまた公開!

ラー油の食卓2013606

こんな感じの中華な日でした。白いごはんがおいしいよ!

もう一個のメインはホンビノスガイと小松菜の蒸し物です。ホンビノスガイは名前の通り外来種なんだけど、タンカーかなんかの底についてきて日本で繁殖したとの噂らしいです。ん~貝ってなかなか根性ありますねぇ。今では東京の名産だそうです。クラムチャウダーのクラムってこの貝だそうですよ。ちょっと貝殻が大きいのだけどね。美味しい貝でした。キュウリの蛇腹切りをコチュジャンに漬けたやつと常備菜2種類です。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

初めての花ズッキーニ

2013.06.15 08:00|魚・貝料理
[謝辞・お詫び] 初稿ではおとしてしまいましたが、今回のメニューはローマのおいしい生活のyukoさんの記事が頭の隅にあったと思います。強烈な印象をのこしてくださったyukoさんに感謝しての記事です。ちゃんと復習していれば蒸し物にして、ソースも真似してツクレポにしたのに...次回こそちゃんとしたツクレポにしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は先日記事にしたラー油を使ったメニューをご紹介しようと
思ってたのですが、気に入ったネタが入ったので
こちらを緊急投稿します。
ラー油を使ったメニューはまた来週早々にと思います。


母の話によると実家では今年は緑と黄色のズッキーニを2本づつ植えたらしい。実家でも埼玉に住む兄もあまり食べないらしいので僕専用に栽培してくれることになる。まぁ、これは本当に有難いとしか言いようがないのだが、そんな話を聞いたときに、バンバンできて困るというくらいの話があったので

「花ズッキーニってのがあるんだけど、とれそうかい?」

と聞いてみたら、

「なんだね、それは。うちのズッキーニは緑と黄色のだよ」

というから

「いやいや、緑でも黄色でもいいんだけどね。ズッキーニは花が咲くだろう?それはヨーロッパではよく食べるんだよ。花ズッキーニってのはズッキーニの花さ。日本ではかなりの高級食材だし、ちゃんとしたレストランだってそうそうあるとは限らない。デパートとかでたま~にみるけど、やたらと高いよ。」

「へ~、花食べるんかい。そりゃ花だけ摘めばいいのかね」


「黄色い花の下に小さなズッキーニが付いてるからそれごと食べるんだよ。花の中に詰め物をしたりするんだ」

などと話したら、それは面白いねぇということで、早速送ってくれた。これ以上の説明はしなかったけども

父母ズッキーニ2013613

花がつぶれないようにキッチンペーパーなどを詰めてくれて実に良い状態で花ズッキーニが届きました。
収穫から24時間はたっていない花ズッキーニ5本!!実に贅沢としかいいようがない。

エビホタテ2013613

さすがにこれだけいい食材だと、食費も奢らなければならないだろうということで、エビとホタテを買ってきました。あははははは。それはもちろんお祝い感覚!

1.エビとホタテをミンチにして、小麦粉をわずか加え、塩を混ぜてよくこねる



絞り2013613

2.ズッキーニの花の中に1のミンチを絞りいれる。

絞り金が我が家にはないのでビニール袋にいれ角によせて、角をはさみで切り落としました。ケーキのデコレーションに使うわけではないので、丸くなくてもよく、細く出てくれれば十分です。



ズッキーニ2013613
3.花に軽く粉をはたき軽く全面焼いたら、わずかな水を入れ蒸、詰め物に火が通ったらふたをあけ再び焦げ目をつける。

ミンチに火が通らないと嫌だけど、花が沢山焦げても嫌だなぁっておもいましたから、途中に「蒸」の工程をいれてみました。一度花シュナってしますがふたをあけてゆっくり焼けばまたパリパリします。




黄色いズッキーニはちょっと実の方をきってフライパンで扱いやすくしましたが、緑の方はまるで串焼きみたいに食べられるので残したまま、丁寧に焼いたんですよ。やっぱり実を残して料理したいから今度はもう少し考えてオーブンでできる料理でも考えようかな。


ズッキーニのファルス2013613

どうですかね?おいしそうにみえるでしょうか?初めて作ったお料理なので断面がきになりました。ということで、断面もどうぞ!!
ファルス横断面2013613

断 面 1


ファルス縦断面2013613

断 面 2

めしべもちゃんと見えます。本当は取ったほうがいいのかもしれないけど、覗いたら綺麗だったのでそのまま使っちゃいました。

最近は母親も父親も僕に送る野菜を作ってくれていて、この花ズッキーニも前述のとおり、ありがたい限りです。40歳になった今年、初めて父の日と母の日それぞれにプレゼントを贈ることができました。まぁ、大したものではないですし、毎週に近く野菜やら鮎やらを送ってくれますから、お礼というには少ないんですがねぇ。これでもいくらかは精神的に成長しているのかもしれないと思いつつ。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

国会議員の先生の御蔭でラー油作るの巻き

2013.06.13 08:00|家庭料理
なにかよくわからんですが、消費税が上がるにあたり、「消費税還元セール」のような宣伝文句でセールをしてはいけないという法律が成立したそうです。消費税って言葉がダメなんだって。僕は大抵政治というものを笑ってみてますが、今回も笑わせてもらいましたよ。だってさ、

消費の贅沢、消費贅を甘い言葉に乗って
もっと味わおう!
消費贅上昇だ!!!生活応援5%甘言セール!!


ってのならいいわけだ。年間何千万円ももらってる議員が決めることかね、あんなもの。ごちゃごちゃと理屈を述べてるが、なにか不都合があるならもっと根本的にしなきゃだめなのに、せっかくの国家公認特級悪党の国会議員先生小さいのなんの。こんなつまらないことチョコマカと決めないで、5億どっかから賄賂もらって10兆円分の利益を国に引っ張ってこい!!って思うのは僕だけですかね。

そんな小さなバカが国のトップにいるものだから、いつも迷惑するのは我々平民。
例えばラー油だってドボドボ使いたいけど、そうはいかない。じゃ!自分で作ろうってのが今回の企画です!

主役は実はねぇ、

食べちゃった黄金2013606

これこれ、黄金柑!食べたことないけどおいしそうだから買ってきちゃったのよ。いいでしょう。ふんで食べちゃった。で、余ったのがこれ!

干した黄金柑2013606

黄金柑の皮を干しまして、陳皮(干したミカンの皮)の代わりにしてラー油をつくりました。


ラー油材料2013606

材料です。奥が長ネギ、左奥から黄金柑から作った陳皮の粉末、唐辛子、生姜、山椒ホール、手前左にきてニンニク、エシャロット、写真にないけど八角。生のは全部みじん切りにします。

ラー油作り始め2013606

1.生のものを最初に油でゆっくり熱してゆく。

黄金柑投入2013606

2.生の物に火が通ったら陳皮以外をいれ、少し煮て最後に陳皮をいれてかき混ぜながらゆっくり温める。

初めてのラー油2013606

3.だいたいこんな感じになるまで油で薬味を揚げる

次の記事ではこのラー油を使ってみます。まぁ、これで消費税上昇分も節約です!これいい香りですよ。ラー油手作りって楽しいです。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

手作りコンニャクを流行らせる会の話

2013.06.11 08:00|ダイエット
は~い!元女子高生のみなさ~ん!
今日は今シーズン最後のコンニャクネタと
告知ですよ~ん


梅雨の中休みが終わってからつゆの中休みでしょうか。晴れても雨でもなんだかおもしろくない天気が続きますね。
ひと月以上も前のネタです。手作りコンニャクのねたばかりだされても仕方ないぞ!って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、まぁ、そこは仕方がない。主夫太郎だってブログのネタで使いたいのよ!それに手作りコンニャクはもう終わり。シーズンものだからね。コンニャクって手間がかかるけど大量にできるし、ヘルシーで美味しいと良いことだらけだけど、食べ方にこまると思います。ここは、手作りコンニャクならではの一品をご紹介し、これをもって

手作りコンニャクを流行らせる会(TKHK)

を発足させようと思います。まぁ、主夫太郎のつくる会で成功した会はまったくありませんけどね。口先も調理器具の会は流行らず、口先も調理器具道を立ち上げましたがほとんど機能しない!!!!(ポチリで口先も調理器具道の神髄が味わえます極意上段技披露!!)


まぁ、ふざけていたのもあるけど、今回かなり真面目です。活動内容は冬になったらオフ会でコンニャクを作るってことです。ん~オフ会が楽しかったからって随分ズに乗ってますが、作る人、食べる人両方の人がいてもいいのだけど、コンニャク芋を手に入れたら具体的にお話を進めようかとおもいます。

さて、まずはコンニャクに使うソースからです。

玉葱とエリンギ炒め2013401


1.玉ねぎとエリンギを炒める


玉葱とエリンギにジャム2013401


2.1にイチジクのジャムを加える


コンニャクステーキソース2013401


3.水か白ワインをさし軽く煮込み塩コショウで味付けをして、ソースの濃度にする。



ちょっと地味だけど、そこそこ美味しいんだな。本当はもっと玉ねぎを小さくしてもよかったのだけども今回はおかずもかねてのソースなんです。

そんで肝心のコンニャクなんだけども......

なんと
ステーキにします!!!

ステーキ用カット2013401
4.コンニャクをフォークとナイフを入れてもいいなぁっという大きさにきり塩で焼く。

コンニャクステーキ2013401


こんな感じよ。手作りコンニャクは焦げ目つけるのが美味しいのよね~。まぁこれならカロリーはあまりないわな。でもワインにあうのよ!

ん~おいしさが伝わらないよね~~~~~

今年最後のコンニャク料理がコンニャクのステーキとはちょっと悲しいが来年に向けて宣伝でした。
さぁ、これで貴女もコンニャク美女、いやコンニャク美少女風!!!





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

第2回あはははオフ会

2013.06.08 08:00|雑文
*今日はパーティーの日なので皆さんのところへ伺うのが遅くなるかもしれません。許してね。

は~い!全国の元女子高生のみなさ~ん
今日は主夫太郎家でのパーティーのお話です!

僕のブログを読んで下さる方は、コメント欄みると、同時に多くの方がmasakohimeさんときりまりママさんの読者さんだと思うんです。素敵なお二人と我が家でオフ会をしたのは以前報告しましたし、彼女達のブログでもオフ会は紹介されました(ポチリで飛びますmasakohimeさんの記事きりまりママさんの記事)。二人の記事とすこしかぶるけど許してね。

さて、このメンバーでのオフ会は2回目です(最初はお店でした)。毎日会うとちょっと濃い主夫太郎の顔も、たまになら大丈夫と思ったのか、第二回目のオフ会がすんなりと開催されて、言いだしっぺの僕はちょっとほっとしてます(笑)

今だから言えるけど、オフ会お誘いするにあたり、同時に二人の美人に声かけるなんて経験がないもんだからすごく緊張しました。
ん~渋谷とかで片っ端からナンパしてる奴って馬鹿にしてたけど、ちょっと尊敬しちゃうね~。
彼らくらい勇気のある人間は、もはや選挙権いらないんじゃないかな?っ最近思うよ、あははははははは。


オフ会始まり2013603

まずはお二人のお料理で始まりました。
きりまりさんがオレンジのサラダトマトのマリネチーズと蜂蜜(ナッツ漬け)をお持ち頂き、masakohimeさんがディップ(エビタラモクリチ)とクラッカーにパンをもってきて下さいました。一応主夫太郎提案で「白ワインの会」ということになり、お二人とも白ワインに会うお料理を用意してくださったんですね。凄く美味しかったです。
一方主夫太郎としてはキッチンがありますから、楽しむイベントとしてお二人にフォアグラ焼いてもらおうかと思ったのですが、きら~んと眼光鋭くこちらを見たかと思ったら

「ホアグラは焼くものでなく焼いてもらうものよ!」
(注. 僅かですが主夫太郎の主観が入っているかもしれません(笑))
流石!!!お姉さま凛々しい!!!次回はお気に召す企画を考えますね。



飲んだワインたち2013603

用意したワインはこの3種類です。高価なワインではないけれども、一応すべて話題のネタになるように選んだつもりです。右からピノ・シャルドネ(サンテロ)、シャブリ(ウィリアム・フェーブル)、コート・デュ・ローヌ(E.ギガル)です。4人で3本のんだからそこそこ飲みましたね。

さて、ズッキーニのファルスとホアグラを出したのだけど、そっちは以前も紹介したお料理なので割愛です。
今回は主夫太郎には珍しくパスタ!お二人に褒めて頂いたのでズに乗ってレシピのせちゃいます!以前紹介した郡上八幡の宿、雀の庵(ポチリで僕の記事に)でいただいたパスタを再現してみようとチャレンジ。レシピは聞いてないんだけども、舌の感覚を頼りに、もちろんプロにはかないませんが、そこそこの雰囲気は再現できたかな。
キュウリすりすり2013603

1.キュウリをすりおろし、多めにでた水分はキッチンペーパーで吸いとる。

流石に初めてつくるお料理は出せないから前日に実験してみました(笑)。ミキサーでガーってやってみたんだけど水が出過ぎてだめでしたね。これはやっぱり手で下すほうがいい。

キュウリとカニ缶2013603

2.カニ缶とわずかな細切りめかぶを1に入れ、バルサミコ酢、塩で味付けをする。

写真のキュウリはもう少し水を吸い取りました。カニ缶の方にも汁があるしね。

3. カッペリーニを茹で、冷やしたあと2とあえて、味を調える。少しだけオリーブオイルをたらす。

めかぶから出るわずかなとろみでうまくパスタに絡んでくれます。やっぱり冷製パスタはカッペリーニが便利ですね。ちなみにこれ素麺でやっても同じようなものになりますが、そこは、ほら、一応白ワインの会だから洋風に(笑)

カッペリーニ2013603

めかぶとキュウリとカニ(缶)のカッペリーニ、カラスミのせ

トッピングは台湾旅行のお土産、カラスミです!ん~カラスミ楽しいよ!!器はノリタケのアウトレットで買ったものです。アウトレットですからちょっと安めの器ですがお気に入り。金縁だけど、実は銀縁のも持ってます。


食後はお土産に買ってきて頂いたケーキです!
ケーキ12013603

チョコケーキ

ケーキ22013603

イチゴのケーキ

美味しいけどお店の名前聞き忘れちゃった。でも、

「ケーキは買うものではなく買ってもらうものよ!」

なんて思ってませんよ(笑)。

ほんのちょっとだけ主夫太郎よりお姉さまのお二人は、とても軽妙なトークで場を盛り上げてくださり、調理する方としてはとても助かりました。やはり、ひよっこ主夫太郎とはエレガントさが違います。楽しい昼下がりでした。っていってもお開きが6時過ぎてたから、丸一日遊んだ感じでしたかね。

きりまりさんに歌舞伎の話を聞こう!とかmasakohimeさんに焼酎の話聞こう!なんて思ってたんだけど、すっかりわすれて、あはははと大笑い。だって

あ は は は オ フ 会

という名前の会だから!本当は、あははオフ会と「は」を一個すくなくしたかったんだけど、はずみで一個おおく「は」をつけてしまいました。言いにくいけど仕方ない、その分沢山笑えばいいですね。秋には「赤ワインの会」を企画してます。どんな形になるか分かりませんがこれからオフ会は楽しみです。しかし我が家ではあと一人が限界。レンタルキッチンスペースなんかあればいいのだけどね~。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

新生姜で減塩常備菜

2013.06.06 08:00|常備菜
*先日のインドのお弁当ばこ、ダッパーでなくダッバーだというご指摘ありまして、ネットでしらべたら、ダッバーみたい。訂正とお詫びです。


今週末はカミさんのお友達をお迎えして
ホームパーティーです~。
全然アイデアが浮かんでこない!!
これから色々考えなきゃ!!


前回の記事でお弁当の中でちょっとだけ顔をだした新生姜と人参の常備菜のご紹介ですよん。去年は新生姜の出るときに新生姜のお料理をつくれませんでした。

皆さんのお料理みて
羨ましいばかりだったのだけれども
今年はつくりましたよ!!

どどどん!って新生姜!!おおきいですから常備菜にしようって思ってました。

新生姜常備菜2013520

材料はこちらです。新生姜、人参、豚バラ肉の薄切りです。まぁ、これ見ただけでどうに作るかってわかっちゃうかもしれないけどね。

新生姜2013520


今回は生姜を千切りにしました。ん~ちょっと大変だったけど頑張って千切り。
主夫感ありありですよね~。


新生姜煮出汁2013520

1.刻んだ新生姜を2度茹でこぼす。

これだけの手間で生姜が優しくなりますからね。この作業してあとは当たり前の優しいお料理にするだけです。沸騰してきたらすぐ水に取り替えます。え?せっかくの生姜の風味を飛ばしちゃうの?って思う方いるかもしれませんが、優しくするのね優しく。


新生姜蜂蜜2013520
2.茹でた生姜に蜂蜜を加えお酒で煮る。

そもそもお寿司屋さんのガリがおいしいですよね。ですからガリのイメージで作ってゆきます。ガリはお塩の味いらないし、しっかり火を通して常備菜をつくりますよ。




生姜人参酢タス2013520
3.お酒が沸騰して蜂蜜がとけて生姜になじんだら細切りの人参を加え、酢を加えて煮る。

まぁ、人参と一緒に火を通して、味付けは「ガリ」ってわけ。やっぱり甘酢漬けがおいしいってところですかね(笑)



生姜常備菜肉足し2013520


4.人参に8割程火が通ったら、バラ肉の薄切りを固まらないように広げ、肉に塩を振りふたをして蒸す。

5.蒸しあがったらよく生姜人参と混ぜなじませ冷ます。

お肉は蒸過ぎるということはまずないので、お肉を追加して蒸して大丈夫。お好きなだけ蒸しちゃいましょう!お肉で旨みを加えますが塩は抑えていいと思います。3日くらいなら冷蔵庫で余裕で持つし、僕は実際一週間ほど食べてました。これからの季節はどうかなぁとはおもうけどそんなにお塩いらない。お醤油加えてもいいし、豆板醤加えてもいいですね。その他ゴマ加えても美味しいと思います。

生姜常備菜だ2013520

写真1

豚生姜人参

写真2


我が家の他の常備菜達も友情出演。今回のお料理に加え、セリのお浸しに、山クラゲです。
こんなのをつまみながらごはん頂きます。お酒でもいいけどね、ご飯が好きです。太るけどね~。


*次の更新は先日行ったオフ会のネタです~

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

初めてのお弁当!

2013.06.04 08:00|常備菜
最近レシピブロガーさんともFacebookで
お友達になって活動中!

人生で一番お友達が多くなってま~す。

Facebookの方には個人的なこともあり、あまり面白くないかもしれないですが、実に勝手なことをしてます。ん~独りよがりなのでブログより僕らしくていいな。っとブログは続けるつもりでいますよ。



この日は平日だったけども、僕が友人と外食をする約束をして、カミさんと別に食事をとることにしました。ただ、「じゃ、適当に外食してね」っていうのもなんとなく悪いので、「お弁当作っておこうか?」ってきいたら、「それがいい!」ということで、前々から作ってみたいと思っていたお弁当をつくることになりました。僕とよくおしゃべりして下さるブロガーさんではよーこっぺさんsuzuさんきりまりさんといった方々がお弁当を得意としていて、その方々に比べるとちょっとお弁当というにはふさわしくないのだけどもね。頑張ってみました。

作り出したのは彼女が帰宅前の3時間くらい前からだからあんまり衛生的なことは気にしなくていいので、ここが本物のお弁当と違うとろこ。そこのところの甘さは勘弁してね~。


我が家には普通のお弁当箱はないのだけども、先日新宿伊勢丹に行ったときこんなものが!

べんとう箱2013528

じゃじゃ~~~~ん

イ~ン~ド~~!!


インドで修行したブッチャーもインドの山奥で修行したレインボーマンも愛用していたと推測される、インドのお弁当箱、ダッパーです。

なんでもインドではお弁当をこの容器にいれて奥様が配達屋さんに渡すと職場まで届けてくれるんですって。インドくらい暑いと朝作っても衛生面で問題がある等の理由で(勤務先で給されるイギリス式の食事に嫌気が差してというのが起源の理由でもあるそうです)なるべく作りたて弁当を届けてくれるサービスがあるそうです(9時くらいに集荷だそうです)。便利ですよね。ウィキのリンクはっておきますね(ダッパーワーラー)注目は誤配率が600万個に1個という脅威の正確さ!ん~これは凄いですねぇ。

カレー屋さんの前を通ったらこれにカレーが入っていて売ってました!!確かカレーが入って4000円ちょっとだったとおもう。高いなぁって思ったけど、惚れちゃったから仕方ない!!欲しい欲しい欲しい!!ってことでカミさんにお願いして買うことにしました。カミさん笑っていたけども、カミさんに作るお弁当が第一号ってんで僕もちょっとだけ良い買い物をしたと納得できてよかった。

色々と入れようと思ったのだけども、まずはお野菜をいれないといけないってことで....
オクラとソラマメ2013528

オクラとソラマメの胡麻よごしを!久しぶりのゴマすり!ん~仕事しているときはそれほどしなかったゴマすり。案外いいものですな!今更擦っても全然出世できない、あははははは。

茄子揚げ2013528

まぁ、その他にも野菜が必要だから茄子を揚げて

茄子煮びたし2013528

煮びたしに!!これなら後でも食べられるしね。

2段目べんとう2013528

お弁当の醍醐味!!手でも食べられるように生春巻き、生姜と人参の常備菜(次回の記事)も加えて2段目はお野菜です。



お赤飯2013528

一番上は実家から送られたお赤飯!お赤飯好きだからね~。

3段目べんとう202013528

一番したはピーマンの肉詰めに鶏のから揚げとお弁当のおかずらしいおかず。
流石に揚げ物などしてちょっとつかれたび~~
お弁当全容2013530

お弁当全容です。


~ ま と め ~

お赤飯
鶏のから揚げ
ピーマンの肉詰め
人参と生姜の常備菜
生春巻き
オクラとソラマメの胡麻よごし
茄子の煮浸し

まぁ、いいかな。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

海老の炒め物

2013.06.01 08:00|魚・貝料理
は~いみなさ~ん
もう今日から6月ですよ~!

海老というのは僕が子どものころはもう少し高いものでしたが流通や養殖技術のためか随分と手に届きやすい食べ物になりました。車エビの他、芝エビ、ボタンエビ、生の桜海老、白エビ、ぶどう海老、なんてのは日本産のエビで手を出しづらいですがブラックタイガー、バナメイエビなんてのは庶民の味方です。ブラックタイガーなんてのは、だいたい強そうですよね。タイガーマスクと熱戦を繰り広げた素晴らしいレスラー、ブラックタイガーの御蔭でそうおもうのかもしれません。

まぁ、そんな昭和な話はともかく、
アルゼンチン赤海老2013527

これはアルゼンチン赤海老。頭も付いてます。お頭つきですねぇ~。
僕はエビの頭が好きですが、好きでない人もいますね。今日は頭もつかっちゃいます。

海老頭油2013527 海老油2013527

1.軽く片栗粉をまぶして油でじっくり揚げる

もちろん揚げたあたまはカリカリになっていて僅かに残ったエビの身と味噌で美味しいですよね。揚げた油はいわゆる「海老油」ちゃんと使いますよ!!

ハナニラ2013527

今日はラゾーナ川崎にいったら花ニラが売っていたので買ってきました。実はねぇ、わが社宅の片隅にニラが生えてるのよ。自生してるニラなんだけども、ちょっと周りを綺麗にしてやれば結構沢山取れる。でもニラって臭いからねぇ。そんなことしないでニラの花を楽しんでます。ただ、周りの人には内緒なのよ。僕が植えたと勘違いされるから。

ピーマンと海老頭2013527

2.ニンニク、カラカラになったエビの頭、ピーマン、ニラの茎をいれて1で摂った海老油で軽く炒める。

海老とりゃ!2013527

3.背ワタをとったエビの身、ハナニラの花の部分を2にいれて紹興酒で香りを付けながら塩で味つけて炒める。

海老とりゃ!!2013527


あははははははって乾いた笑いで、気持ちよく炒めると炒め物もカラッとします。
海老頭ハナニラ炒め2013527


ってことで主夫太郎としては久しぶりの中華かな。これは胡椒でもいいし、花山椒でもおいしいとおもいますね。エビの油もつかってすごくいい匂いのお惣菜でした。ちょっとエビの油に焦げた粉が入っていたから見栄えが少しだけ悪いのは仕方ないかな。今度注意しよう!片栗粉でとじてません。忘れていたわけではなく、用意していたのだけど、使わない方がいいと思ってやめました。

さて、ヘルシーな中華を!って研究中。でも肉と油が飛び交うのも中華の醍醐味。難しいですよね~。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。