02 | 2013/03 | 04
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

牛のスープの行く末は....

2013.03.28 08:00|肉料理
なんだかまた寒くなったりしてやりにくい季節がつづきますが、
みなさんお元気?

前回の記事主夫太郎の牛蜜時。(ポチリで飛びます)の続編です。読者のみなさん、なんで牛のスープなんて取ったんだろうと思ったかもしれませんね。時間をかけて汁を取ったってそのあとどうするのよ!ってのがあると思うんですよ。まぁ、気付いているけど、あえて何だろうって言って下さった方もいるとはおもいますけどね。あははははははは。まぁ、なんだろうって思う方もそうでない方も読んでね~。


ドミグラスバター2013227

1.バターを50グラムフライパンに入れて溶かす。

もうこれだけでわかっちゃうかな。バターって太るってイメージありますけど、きっとイメージどおりなんでしょうねだって美味しいもの!あはははは。いいのいいの今日は。だって頑張って牛のスープとったんだもの。

ドミグラス焦がし2013227

2.良く振った薄力粉を溶かしたバターに入れてゆっくりと炒める。
まぁ、ここまでくればもうお分かりだと思います。そう!自家製のドミグラスソースです。デミグラスソースっていうのかもしれないけど、なんとなく言葉の響きとして「ドミグラス」の方が好き。カレーじゃなくてカリーってくらいの軽いコダワリでしかないですけどね。でも、本当に手さぐりでした。バターを炒めるときすこし焦がさないといけないんだけど、この焦がし具合がよくわからない。小麦粉とバターを焦って焦がすとおいしくないって聞いたし。ほぼ焦がすって感覚はいらないみたいですね。ほんのちょっとだけ色がついた状態で....

3.牛のスープを少しづつ加えながらゆっくりまぜる。

ってやれば自然に色がついてくるみたいです。気に入らなければスープの水分を飛ばしながら色をつければいいみたいですな。


ドミグラス煮込み

どうどう!いい感じでしょう!!!自家製ドミグラスソースは流石に初めてだから緊張したな。そりゃもう少しバター落としてツヤだしてもいいと思うし、ワインとか入れればきっともう少し深い色になるけど、いいのよこれで、だってさぁ、ドミグラスソース売るわけじゃないんだから。ってことで、牛スープからとったコダワリのドミグラスソースのできあがり!めでたしめでたし!

それでは皆さんお元気で~!

ってそんなはずない!実はこのドミグラスソースでさえ前フリなのだ!

何につかうかというとね~♡

猪ワイン漬け2013227

4.一週間赤ワインとニンニク、塩に付けたイノシシ肉を用意する。


あははは、何と言ってもイノシシが5キロあったからねぇ(ポチリで飛びます棚からぼたもち、実家からイノシシ)。ワインに漬けて熟成するの待ってたってより、お料理を先送りしてました(笑)イノシシでスープとってもよかったのだろうけど、それは流石にもったいない。ってわけで安い牛つかったのよ、おほほほほほ。


猪野菜と炒め2013227

5.少しのニンニクとすりおろしショウガ、適当な大きさに切ったイノシシと玉ねぎ、人参を炒め最初はお砂糖だけで味を付けお酒で煮込む。
まぁ、煮込みをつくるってだけなんだけどさ。レシピ書きだしたからこの部分も書いておかないとねぇ。

6.少し柔らかくなったら塩をふり肉がそこそこ柔らかくなるまで煮る。
ん~お醤油入れたいのをじっと我慢!唐辛子も強烈なニンニクもタップリの生姜もガマンです。薄味の塩イノシシを作っておくってかんじかな。

猪塩煮込み2013227
どうどう!結構ワイルドだろう?ん~2年位たったらこの「ワイルドだろ~」ってなんのことか分からないんだろうなぁ。おい!未来の俺!俺らしくないが、時代の波、ちょっとおさまって来た波に乗ってみたぞ~!他人のギャグのパクリだぜ~↗あははははははははは。

7. 6を冷まして冷蔵庫で一日保存する。

まぁ、ゆっくりなじませないとね。ってより実はここまでで疲れちゃったのよ。あははははは。この日の夕飯はこんなこともあろうかと(宇宙戦艦ヤマトの真田さん並の先読み能力だ!)、別に簡単なものを作っておきました。

猪煮込み後炒め2013227

8. 6の肉と人参を新たにニンニク、玉ねぎシメジと軽くいため、6の煮汁を足す。

ここで新たにへなへなになった具だとた料理って気がしないから具をたしました。そんでもってついに感動の一瞬です!

猪煮込みドミグラス足し2013227

いえ~い、努力の結晶がフライパンで一緒になるよ~(涙)
9.赤ワインを加えて少し煮込んだあとドミグラスソースを足し馴染むまで煮込む(30分くらい)。
ドミグラスソースももちろんタッパにいれて冷蔵庫にいれてあったからこんな風に固まってますけどね。これがフライパンにいれるといい感じにとけてきて、トロミもでます。ここで少し色が濃くなりますよん!

猪のシチュウ2013227


どうどう!お料理真剣にやり出してから一年くらいの主夫が1からシチューつくっちゃったよん!しかもイノシシ!これ、久しぶりに凄く気に行ったお料理なんです。時間をとってもかけたし!恥ずかしがらずにはっきり言います! 
誰か褒めて~!

あははははははははは。
味は満足でした。最近うすっぺらいものに「深い」ってレッテル貼るのが流行っている気がするので、深い味とは言わないですよ!敢えていうと主夫太郎らしくないウマすぎるお料理でしたね。ん~たまにはいいのよ!旨みが強いお料理でも!今度イノシシのいいところが入ったらまた作ろうかな。ワインに漬けることから考えると一週間以上かかった。凄い満足感です。グラハム・カー(世界の料理ショー)だったらブロガーさんの手を引いて食卓にご招待したい!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。