01 | 2013/02 | 03
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

大草原の小さな家に憧れて

2013.02.12 08:00|家庭料理
前回の記事ではmasakohimeさんと葉っぱさんしかわからないウチワネタを披露してしまい、皆さんが何やら気になさっていて、読者を大切にする主夫太郎としてはちょっと心が痛みます。実はけっこう皆さん勝手な予想をして下さるかなぁって期待してました。「瑞穂鮮乳」のパックを見て、じつは僕は以前お坊さんをやっていて法名が「仙柔」だったとか、瑞穂が初恋の女性の名前だろうとか。大喜利みたいになるかなぁって思ったら、みなさん気になるって不満そうなコメント。普段お世話になっている読者さんにこれは悪いことをしたなぁと、このもやもやを吹き飛ばすために一つ良い案が浮かんだのでそれを先ずはご披露です!

来月3月、「隠居な男の主夫ブログ」一周年を迎えるにあたり、読者様感謝企画を是非やろうということになりました。色々な企画をたてたのですが、主夫太郎としてもそんなにブログの事ばかりやっていると主夫業がおろそかになりますから、二つ企画案があるうち1つを読者さんに選んでもらおうということになりました。
企画は以下二つあります。

A. コメントを過去10回以上残して下さったブロガーさんに「主夫太郎グッズ」プレゼント

B. カミさんのブログジャック!!「隠居な男の妻ブログ」臨時発行

です。みなさんどちらがよろしいでしょうかね?ご意見お待ちしてます。ただし、僕のブログに過去10回以上コメントして下さった方(ご自分のご判断、印象で結構です)のみ有効投票権があり、その他の方の意見は参考程度になります。基本は多数決。

以下企画の説明です。

Aは皆さんに住所等を教えて頂かなくてはなりませんが(鍵付コメントで)、僕からプレゼントが届きます。ブログに関係する粗品をお送りいたします。もちろんですが、高価なものは無理です。もしかしたら、「納豆をかき回す棒」かもしれませんし、もっと良い物かもしれません。ただし、今回のおまけの謎かけに関しては、お手紙を同封させて頂き秘密をお知らせします。もっとも大した秘密でもないのですが。

Bはカミさんが僕のブログを乗っ取る企画です。カミさんも一年間、コメントも含めてブログを読んできました。カミさんがお気に入りの記事を選出し、ちょっとしたエピソードなどを加えます。タイプセット、レイアウトは僕がやりますが、アドバイスを求められない限り、内容はカミさん任せで、基本的には僕は手を加えません。まだ一月ほどありますから、ブログのコメント欄でカミさんに呼びかけると、なにやら書いてくれるかもしれません。まぁ、二人の馴れ初めなどは書くつもりはないでしょうが、あの記事にコメントして欲しいなどの要望に応えたり、主夫太郎の秘密が少しは分かるかもしれません(秘密らしい秘密はないですし、そんなに知りたくもないでしょうが)。

また、「どっちでもいい」「どっちもやれ!」「今まで通りでいい!」という意見が多くなる場合は企画が流れます。一日30件程度のアクセスしかないブログで随分と傲慢な企画ですが、いつもみなさん、本当に僕の長文を読んで丁寧なコメントを下さるのでなにかしら変わった企画をと思って計画してみましたが如何でしょうかね。

今回のブログのコメント欄は一体どうなるでしょうかねぇ。僕は本文の方も読んで欲しいと思ってますが....結構力入れたし....

ということで本文をどうぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと懐かしいネタをはさみながらなのですがね。お楽しみいただけたらと思います。

====================================================

以前パーティーをしたときの次の日のブランチです。どのパーティーかというと、坊主も煩悩の塊だ!!!(パーティー準備2)(ポチリで飛びます) このときメインだったときのもの、そう、ウサギです。ウサギの背肉を買ったら骨まで付いてきて、どうに捌いていいか分からなかったけど、頑張ったあの記事。当然、骨付きってことは....

ウサギガラ
ウサギガラが出ますよね。
そう、今回のお料理記事、レシピを書いても大抵の人には役にたたないお料理です。
1、ウサギの骨などで、スープを取る。
どうすんだよ!このレシピ!最初からだめじゃん!って思った方、鶏ガラでいいと思います(笑)。


ウサギの腎臓
そんでこれはウサギの腎臓。豚の腎臓も食べますから、きっと食べられる!ってことで、美味しいかどうかは知らないけど、勿体ないから食べることにしました。もったいない以外に実は理由があるのですが、それは後程。4つあるからウサギ2羽分ですね。別に臭くもありません。


ウサギ肉切れ端2012

ウサギのヒレ肉の周りについていた、ヒラヒラしたお肉。ん~脇腹のお肉な気もするし、どこのお肉か考えたくないって気もしますが、とにかくはパーティーに使わなかったのでこれが具になって....



ウサギシチュー炒め2012

野菜といためます。
2.茄子、玉ねぎ、ウサギの肉、腎臓、を生姜とニンニク、胡椒、塩で炒める。
クドイですが、全然鶏でいいです。


ウサギガラ汁投入2012

3.ウサギのガラから取ったスープを足す。
ウサギガラを入れれば美味しさアップですよね。


ウサギにトマトソース投入
3.トマトソースを足して煮込む。
今回はどうしようかと思いましたがトマト味にすることにしました。ブラウンかホワイトソースでもいいと思ったのですが、パーティーではちょっと脂っこいものを食べていたので。お袋が安いトマトでソース(玉ねぎやセロリと煮込んだもの)を作って冷凍して送ってくれます。そのトマトソースを入れて、煮込んで、

ウサギシチュー2012F

4.お皿に盛りつけてクリームをお好みでかける。
クリームの模様が僕は好きですねぇ。

本来ならこのネタ、ボツにしてしまいそうな適当なお料理ですよね。でも、じつはこれ、ある思い出があったので記事にさせて頂きました。

「大草原の小さな家」っていうアメリカのドラマがありました。マイケルランドン演じるお父さんとカレングラッスル(カントリー・マアムのCMに出てましたねぇ)演じるお母さん、メアリー、ローラといったアメリカンな家族のお話です。かなりの長寿番組で色々なお話があったのですが、一話だけ強烈に覚えている話があるんです。

マイケルランドン演じるお父さんが、子供たちがする大冒険を遠くから見守りながら追いかけるというお話。子供たちは色々な困難を乗り越え、野イチゴを食べたりしておなかを満たしながら冒険します。でもやっぱりおなかをすかしてしまい、ウサギを捕まえるのですが、かわいそうで食べられない。一方で、マイケルランドンは子供がウサギを捕まえるのをみて、ウサギのシチュー食べたいな~って言ってるシーンがあります、というよりあると思います。たった一回みただけなんです。だから「思う」という程度で勘弁してください。

とにかくウサギのシチューに憧れるマイケルランドンがなんとなくこの歳になるまで印象に残っていて、僕もウサギのシチューを食べたいってずっとずっと思っていました。今回はそんな思いで作ったお料理。もちろん、外で捕まえたウサギにトマトソースもミルクも使えるはずはないのだけども、30年以上、どんな料理か知りもしないの闇雲に憧れてました。捕まえたウサギだから内臓も使うだろうということで、このお料理に腎臓を入れたかったのもこの「大草原のちいさな家」が理由です。ウサギのシチューという響きに憧れていたのか、それともあんな家族に憧れていたのか、その両方が渾然一体となって心に残っていたのか、ウサギのシチューを食べるまではハッキリしていた気もするのですが、食べてしまった今はなんともハッキリしないです。

憧れは消えてしまったけれども、変わりにウサギの味というものがはっきりしました。原作者、プロデューサーが残したかったものとは違うものが僕には残ったわけだけれども、まぁ、これも物語、テレビの持つ力だと思います。こういう力をもつお話がこれからの一年、一度でもかけたらいいなぁって思ってます。理系の僕にはちょっと目標が大きすぎますかね(笑)。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。