01 | 2013/02 | 03
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

台湾で乾物のお買いもの

2013.02.28 08:00|台湾
こんにちは!剛力彩芽と蒼井優の区別がイマイチつかないでカミさんに笑われてる主夫太郎です。

ん~~いよいよ歳を取ってきた。鈴木保奈美と鈴木杏樹が姉妹に見えた学生時代と何も変わっていないような気もしなくもないですけどね。人も街も齢をとると少しづつどっかが劣化しますが、一方で味というのも出てくるのでしょうかね。僕もそういう風に味がでてくるといいんだけど、全くもって何の味もない。散々煮詰めたあともう一度干したスルメのような味気無さ。修行しないとね~。さて、今日は台湾の味のある街のお話。

==================================================



台湾の首都台北に「迪化街」(ゆうかがいって読んでました)と言われる場所があります。以前はとても繁盛したショッピング街だったのではないかなぁ。沢山のお店がならんでいます。ガイドブックなど読んでみると「カラスミ」が有名らしいので、主夫太郎夫婦も行ってみました。お目当てのカラスミを買ってみましたが、そんな話より、この街をそぞろ歩きすることがかなり面白かったのでそれを記事にしました。



乾物屋歩き2013226

そぞろ歩きの主夫太郎です。この乾物屋さんが並んでる雰囲気が伝わるでしょうか。カラスミを買ってあてもなくブラブラしてました。本当にごみごみしていて、見ての通りよく分からない乾物が店先にドンっておいてある。「量り売りします!」って感じ。道にも商品だしちゃていい感じです。実際観光客が買うのは袋詰めのものですけどね。




沢山の干しシイタケ2013226

そんで道に出ている物もちゃんと写真にとってみました。みて下さい!この干しシイタケの量!乾物の脇に立っているのはカミさんです。子供ではないですよ。これを一袋買って行く人は見ませんでしたが、まぁ、看板みたいなもんなんでしょうね。


乾物屋中II2013226

こちら店先です!迫力あるでしょう?山盛りになってるのはなんだかゴボウみたいな、そうでないような。木を削ったようなものです。袋に入っているものもなんだかわからないけど、ドライフルーツが結構ありました。台湾産のドライマンゴー、実際買ってきて食べたのですが凄く美味しい!台湾行ったら美味しいドライマンゴー探してみて下さい。

乾物屋中2013226

お店の中だって凄いんですよ!ほら!

ホタテ乾物2013226

綺麗にホタテが並んでいます。たまらん!手づかみでガッツリ口に放り込んでみたいなぁ。
よく見ると北海道産!つまり日本産なのよ。こんなに外国に輸出しないで、日本で安く売ろうぜ!僕は干したホタテが大好き!ん~読者の皆さんはご存じかもしれませんが、主夫太郎は干したホタテを「卑怯」って呼ぶくらいホタテの旨みを尊敬してます。
ナマコ2013226

ナマコもこんなに売ってます。ナマコをこんなに沢山売ってるところを日本ではしらないけど、ホタテもナマコも日本産が良いとされてます。ん~日本で買うより安いのか高いのか。まぁ、よく分からなかったのでちょっとホタテもナマコは買いませんでした。でも日本ってこう見ると干物大国なんだろうなぁ。


フカヒレ2013226

とうぜんフカヒレだって!凄い量でしょう?これはたまたま台湾産。ん~台湾産だったら安かったのだろうか。買って来ればよかったかなぁ。
おいおいおいおい!

なんだ主夫太郎!何も乾物買ってこなかったのか?

いやいや!今回は日本でいくらで売ってるか、ホタテもナマコもフカヒレも調べようがないので一応リスク回避!あまり日本で見たことないものを中心に買ってみました!まぁ、探せばあるのだろうけどね。


今回は
漢 誠 堂

ってお店でこんなの買ってみました!なんでこんなに大きくこのお店を宣伝するかというと、読んで行くと分かります。

燕の巣.

じゃじゃじゃ~~~~~ん

これは燕の巣です!ちゃんと巣の形になってるともちろん物凄く高いのだけど、欠けたりしたものはそんなに高くないです。もっともこれだけで、大体6000円(100g)くらい。もちろん大事に食べます!


網笠茸2013226


今回これが一番気に入ったお買いもの!網笠茸の干物です。ん~一度食べてみたかったんだな。その名の通り笠の部分が網状なんです。もう一袋買えばよかったのだけど、持って来たスーツケースが小さいやつだったので諦めました。


金針菜2013226


これは以前「山百合の花」と紹介したものです。実際はカンゾウという植物の蕾だとかなんとか(仙台麩と山百合ポチリで飛びます)。中国では金針菜っていうそうなんですが、どうしてそう呼ばれるのかわかりました。台湾産のってこんなに綺麗なんだ!以前記事で紹介したものと全然色が違う!使うの楽しみだなぁ。

ハスの実2013226


こちらは蓮の実です。どうやって使うか帰国してから調べるつもりで、えい!って勢いで買いました!
蓮の花ってすごく綺麗でいい匂いがするそうですが、実はどんななんだろうかな?

人参髭2013226


これは人参!髭人参って書いてありました。まぁ、朝鮮人参の髭なのか、それともべつのものなのか、まぁ、とにかく人参。これ欲しい!っていったらお店のご主人は、燕の巣を買ったからかもしれないけど、次の2品をおまけでくれたんです!人参と鶏肉と煮込みなさいっていいながら。


ナツメ2013226

干したナツメと....

クコの実2013226

クコの実です。

ちゃんと一回づつに分けて売ってくれたんです。今度台湾に行ったらまた漢誠堂で買おう!ん~素敵な買い物でした。これらでお料理するのが本当に楽しみです!!みなさんも台湾にでかけたらこの街、歩いてみてくださいね!


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

柚子入り切干大根~お日様と寒風の恵み1~

2013.02.26 08:00|常備菜
先日は栃木に出かけておりまして、ご訪問などが遅れておりすみません!

手のひらを太陽にすかしてみれば~♪って歌がありますね。お日様ってのはありがたいものです。
最近はなんだか急に原子力がけしからんということになって、自然再生エネルギーなんていう難しい名前を付けられてお日様が注目を浴びていますね。僕は謙遜でもなんでもなく、原子力がいいか火力がいいかその他がいいかなんてちっとも分かりません。手元にちゃんとした資料もないし、あっても分析能力がないですからねぇ。一方、政治家なんぞは微分も積分もロクに知りもしないでよくあんなに原子力がいい、いや、お日様がいいなどと声を枯らしてまで言い切れるもんだと感心します。政治家って本当に幸せですよね、大した根拠もなく自分を信じられて。そうでなきゃ、選挙運動もできないですけどね。電力のことは分からないですが、主夫の観点からすると、お日様を使うというのはありがたく、積極的につかいたいなぁと思いますね。


さてさて、東京都大田区の一般家庭でこれを持っているのは、恐らく1%にも満たないと思うのですが、
干し網2013129

干しかご、網です。この中に色々入れて干すことができます。干してるとき夢中になって写真を撮り忘れたのですが、これで今年は実家から沢山送られてきた柚子を干しました。

干した柚子2012120

10個くらい干したのだけど、干し終わってみるといくらでもないのが残念。でも柚子なんて生のまま10個も消費するのは大変だから干して保存するのは正解です。以前ゴーヤなんか干してみたのですが、やっぱり干したものがあると買い物もでかけなくていいし、野菜の高値が続く今日この頃はとても便利。野菜が安くなるまでじっとしている「賢い主夫感」に満足もできます。

今回はこの干した柚子を使って、切干大根を煮てみました。まぁ、レシピブログの方にご覧いただくには恥ずかしいくらいのお料理だけども、干した柚子を始めて使ってみたので記事にしようと思います。

人参シイタケ砂糖20131201.切干大根を少し固めに戻しておく。
煮ると柔らかくなりますからね。とくに出来上がったらすぐ食べる時は僕は少し固めに戻します。
2.干しシイタケをお湯でもどし、そこに煮干しのはらわたと頭を取ってダシを作っておく。
昆布は今回つかいませんでした。干しシイタケだけだったら全部山のものでつくれたのですが、ちょっと旨みを加えてしまいました。あはははははは。

3.人参を炒め、1で作ったダシ、酒、砂糖、乾燥柚子をいれ沸騰させる。
人参なんて生でもたべられますし、今後何回か温めるので本当に軽く火を入れるだけでいいと思います。
「人参なんてララーラーラララララー」っていう吉田拓郎の歌ありましたよね。


切干大根柚子2012120
4.沸騰したら1でもどした切干大根を加え大根に煮汁をすわせるように加熱し一旦火をとめ休ませる。

5. 再度加熱するとき醤油で味を調えつつ、汁気がなくなるまでかき混ぜながら加熱し、汁か大方なくなったら冷ます。

柚子ダイコン常備菜2012120

ということで柚子の香がする常備菜のできあがりです。本当は切干大根だって作れればいいのだけども今回はやめました。だって大根が高いんだもん。ん~難しいことはともかく、ひと手間自分でかけると心が豊かになりますね。5の工程は上手な人がやれば4と一緒にできると思うのですが、僕はしょっぱくなりすぎるのが苦手なので、汁気が無くなりつつある過程で少しづつ醤油を足してゆくことにしてます。下手は下手なりにその範疇で工夫してますよん!

もうそろそろ3月。ひな祭りやホワイトデーやらで楽しいことが多い3月でもありますが、お別れの時期でもあります。今年は仕事を辞めたので3月は楽しいだけの月。人生で初めてだなぁ。来る春をじっくり楽しみたいと思います。パーティーシーズンも完全に過ぎ、我が家では地味地味お料理の時期に入ります。それはそれで楽しみなんですよ。人間の体はそんなに贅沢ばかりできませんからねぇ。こういう時期も必要です。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

主夫太郎の漢字教室~台湾でお勉強~

2013.02.23 08:00|台湾
は~い!全国の元女子高生のみなさ~ん!今日は主夫太郎はお出かけで~す。

今日と明日はツインリンクもてきに行ってきます。ですので、みなさんの所に遊びにゆけません。最近不義理だらけで心苦しい。


実は漢字に詳しい(と思いたい)、主夫太郎博士です!あはははははは。博士って僕が言うとインチキっぽくていいでしょう?主夫太郎じゃなくて博士太郎!!ん?そんな人いたようないないような.....あははははは。

まぁ、実際漢字に詳しいかどうかは別にして、案外台湾の日本語表記や漢字について、皆さんが色々コメントして下さるので、お調子者の主夫太郎!今回は緊急企画!主夫太郎の漢字教室(ちょっと怪しい)です!

=============================================================

台北をプラプラしていると、漢字がよく目にはいるから、ついつい見ては解釈しようとしてしまいますが、なるほど!って思うことも、なんじゃこれはと思うこともあります。どっちも楽しいですけどもね。
ゲーム機2013215

電視遊楽器:ん~電視(テレビ)の遊び楽しむ機械。これゲーム機のことですね。ソフトも売ってるようですが。これは凄くなっとくする感じですねぇ。ゲームて外来語の音に合わせて漢字を充ててもいいとはおもいますけどね。でも、なかなかナイスです。
禁煙2013215

こちらはご覧の通り禁煙なんですけどね。ほお~喫煙では台湾の人には通じにくいのかもしれないって感心して写真。どうも調べてみますと、「草冠に於」は中国本土では公的には廃止された漢字らしいですが、煙の異体字だそうです。タバコを吸うとは言いますけどね、日本でも。台湾の人も禁煙でわかるかもしれませんがねぇ。そういえば友人が昔言ってましたが、「タバコ吸ってもいいけど吐くなよな!」ん~変わった友人でしたが凄く納得してます。台湾でも「禁止吐煙」とは書いてなかったですねぇ(笑)
春雨2013215

レストランでも見たのですがね、春雨ってどうも「冬粉」ともいうらしんですよ。どっちも使うのかなぁ。でもさぁ、季節ちがうじゃん!春と冬じゃ!雨と粉も大分違うけど、それは麺と材料の違いだと納得できなくもない。季節と旬の食べ物を大事にする日本人としては納得しずらい。まぁ、春雨の旬もないんだろうけどね、あはははは。

携帯を感じで2013215

こちらは携帯電話の充電サービス。駅は中国語では立つに占と書きます。ん~昔、駅には必ず占い師が立ってたんですかねぇ(笑)ところで「手機」で携帯電話だと思いますけど、手にもつ機械って携帯電話の出現までなかったのかなぁ?って考えちゃいました。すると案外ない!何か思いつきますか?日常で手に持つ機械!最初は手機?って思ってましたがなるほど「手機」でいいですよね。日本はもともと携帯電話という言葉が省略されて「携帯」って呼ばれてますが、考えてみれば携帯するものは電話以外にはいくらでもある!携帯っていうほうがむしろ変な気もしてきますなぁ。
カリフラワー2013215

さて、地元スーパーでも買い物をして感心しまくっている主夫太郎。色々なものを買ってみましたが、流石に生ものは買えない。ただ見てるだけです。台湾のスーパーは日本のスーパーとあんまり形態はかわらないので、安心して買い物ができますが、漢字見てると感心することしばしばです。この花、椰(やし)、菜ってなんだと思います。もしかして音に合わせているのかもしれないし、形状に合わせた名前かもしれませんが、

カリフラワー引き2013215

カリフラワーのことです!カリフラワーが一個130円くらいとは日本人の感覚では安い。台湾の人にとっては高い買い物かもしれませんけど。こんな価格で日本でも売ってたらいいのになぁって思います。しかしまぁ、よくみると原価65元って書いてありますねぇ。値引き感を前面に出して安さアピールは日本と全く同じです。こういうのについつい手がでるのは世界共通かな。

安全のしおり2013215

さて、この「安全のしおり」どう考えても日本語だけ浮いてる。中国語だと生きて逃げ延びる為の平面図だし、英語だと避難経路。しおりってなんだよ!しおりってのは。もちろんその実態は......

平面地図2013215

もちろん避難経路を書いたお店の平面図です!ん~火事にでもなって台湾人と英語圏の人は逃げ延びるけど、日本人だけこの字をみて
「しおり~しおり~しおりはどこだ~!」
「お父さんここよ!」
「違う!お前じゃない!安全のしおりだ!」
ってパニックになっているのを想像するとちょっと気の毒....まぁ、そりゃないだろうけどね。

タクシー乗り場2013215

これタクシー乗り場ですが、「道程を計る車」でタクシーってのはなかなかいいじゃない。タクシー乗り場って英語でRankなんですね。こんなのも勉強になっちゃう。この計程車(けいていしゃ)って音の響きもいいじゃないですか。作家の先生が純和風料亭かなんかでお食事をしている場面。

「女将、勘定を頼む」
「あら先生もうお帰りですか?いつも有難うございます。もっとゆっくりなさって行けばよろしいのに」
「いや、ちょっとこれから天空塔(スカイツリー)で秀紀君と待ち合わせていてね。どうもああいう流行りのところは好きにはなれないが、どうしてもって言うんでね」
「さようでございますか。ここから浅草ですと...計程(けいてい)でも呼びましょうか?」
「ああ、そうしてくれ、この間、大日本計程の運転手と口論になって面白くないから帝都計程にしてくれ」
「かしこまりました」

ってかっこよくありませんか?これがタクシーって外来語が入るだけでなんとなく雰囲気が悪い。
今後日本でも「けいてい」が流行ってほしい。

コカコーラ2013215

これは完全に音まねてます。「かくからく」ではなく「コカ・コーラ」楽しそうでいいですよね。曲線瓶ってのに惹かれます。まぁ、正確には曲面なんでしょうけども。ん?それとも複素一次元?あははははは。

キリン2013215

こちらはある語学学校の看板。キリン語学院って感じの学校なんですが、よく見ると「頸が長い鹿」でキリン。もちろん麒麟って字もあるんですが、あれは想像上の動物ですから、多分中国では通じないんでしょうね。キリンビールのあの麒麟とは似ても似つかない「首長(くびなが)ジカ」ん~こちらも日本で流行って欲しいですね。

「おとうさん!くびながじかだよ!」
「あぁ信次は首長鹿を初めてみるんだよな。本当にくびが長いよな」
「おとうさん、くびながじかって足もながいよね」
「あぁ、足も長いから水を飲むとき足を開いて水を飲むんだよ」
「へーくびながじかがお水のむとこ見たいなぁ。あ、くびながじかがこっちむいた!くびながじか~~!」

どうです。なんとなくキリンってよぶより家族の会話が暖かく感るでしょう?あははははは。
さて、そんな暖かい家族の会話と反対にちょっと身が引き締まる思いになるのは...
ラウンジ2013215

連 合 貴 賓 室!

共同のラウンジってだけなんですけど。ラウンジは貴賓室なんですねぇ。連合という字だけで、なんとなく連合艦隊指令長官を思い出してしまうのは僕だけでしょうか。山本五十六がこのラウンジの受付やってたら怖い。

(リーン、リーン)

「はい、もしもし、連合貴賓室の山本です」

「あの、連合貴賓室にはどうやって行けばよろしいでしょうか?今、〇〇にいるのですが」

「それなら三番昇降機でブリッジまでのぼり、駆け足で真っ直ぐ10分の1カイリのところで面舵一杯です」

「よ~そろ~」

なんて会話してそうです。行ってみませんでしたけど、もちろん中は軍艦のような作りになっているわけでなく、僕が羽田で体験したラウンジと大して差がないでしょうね。

さて、最後になりましたが、ホテルでの漢字観察!

柔和2013215

ん?ウォッシュレットって臀部(でんぶ)を洗うの?でんぶっていわゆる盛り上がってつプリッとした(年齢によるにせよ)ところでしょう?そこあらってどうすんのさ!それともここでも台湾と日本の漢字の違いがでているのかなぁ。助さんと格さんはあらってもしかたない。洗うのは真ん中にいる....(もともと落語のネタです。こんなネタ僕のオリジナルネタではないですよ!)

それから隣の「柔和」には驚いて笑ってしまった。たしかに物が優しいさまを言うのだけど、日本人の感覚だと柔和ってのは合わないですね、やわらか洗浄には。

「そのとき彼は片膝をつき、目をつぶって下を向いたままだった。いつもの眉間に皺をよせた厳しい顔ではなく、いつか一度だけ僕に見せた、温かいシャワーを気持ちよさそうに浴びているような、本当に柔和な顔つきになっていた。」

なんて文章みたら、台湾の柔和ウォッシュレットで顔洗ってる状況を想像しそうです。あははは。

長文ご容赦くださいね。









こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

アニョンハセオ、コチュジャン(コチュジャン使い始め)

2013.02.21 08:00|肉料理
は~い!あなたの心の居候、主夫太郎です!

先日の記事で、大阪にいる時からブログ上でお邪魔しているちーこさんがコメント下さいましたが、台湾に旅行する可能性もあるとのこと。台湾の輪が広がりますねぇ。まだ、マカオも候補になっているご様子。もちろんマカオに旅行先が決まってもそれはそれで主夫太郎の興味も広がりますので楽しみでもありますが、ちょっとウキウキです。ちーこさん嬉しいコメントありがとうございました!!

さて台湾と同じくらい身近なはずの隣国韓国というのは僕にとって近くて遠い国です。一度だけ行ったことがあり、食べ物に関してはとても満足した覚えがあります。だから本当はまた行ってみたい。でも、お土産を買うときの強烈な売り込みにとても困ってしまった思い出がトラウマで旅行先としてはどうしても選択肢に入りにくいんです。こんなんじゃいけないとは思うのですがねぇ。

でも、韓国の料理というのは本当に美味しかったので興味があって憧れて一歩一歩近づきたい!.....というのが今日の記事です。

==================================================================

実は僕はコチュジャンを使ったことがなかったんです。豆板醤に砂糖でもいれりゃいいだろうって気がしてたのですが、やっぱり舐めてもいないものをどうこう言うのも男らしくないので、ついに買うことにしました。買ったのはいいけども、全く何にしようか思いつかない。なめてはみたものの辛くて甘くて以外はなかなか表現しにくい旨みのある味。ネットでレシピでも見つけてスンドゥブでも作ればいいだろうが、それじゃどうも失敗の余地がない。失敗したいわけではないが、コチュジャンがどこでどんな風に効くのかもわからないのなら、勇気を出して買った意味もない気がしました。

どうにかコチュジャン食べました!って感じのお料理でもつくれないかなぁって思いながらスーパーを歩いていると.......
ホルモン20131110

あった!これにしよう!!ホルモン!しかも我家の近所のピー(擬音語)コックで一番安い肉。これに野菜をたっぷり使ってコチュジャンの味をなじませたお料理をつくることにしました。

コチ人参玉ねぎ2013110

こちらはホルモンと一緒につけ込む人参と玉ねぎ!これは韓国出身のコチュジャンと合わないってことはないだろう!ということで

1.コチュジャン、ホルモン、生姜、ニンニク、人参、玉ねぎ、胡麻油、胡麻、酒、醤油、塩をよくもんで漬け込む。

実は僕の好きなレシピブロガーさんのmasakohimeさんきりまりママさんが人参のすりおろしを使っていたお料理を紹介していて凄く羨ましかったので、コチュジャンに人参のすりおろしを入れようと思っていたのに、何故か千切りにして入れてしまいました。まぁ、仕方ないねぇ。

あとはこいつらの味がやんわりとうつる野菜を用意してやろうと思いました。

コチホル鍋2013110

2.キャベツとえのきを油を薄く塗った鍋に入れる

まぁ、別にレシピ書くほどでないんだけど、一応レシピブログの一員だからね。



コチホル鍋B2013110

3.チンゲンサイも乗せる。

もちろんチンゲン菜でなくてもいいとはおもいますし、シンプルにのせなくてもいいな。



コチホル鍋C2013110

4.蓋をするように1を上に被せ、加熱する

野菜から出る蒸気でホルモンがむされて、同時に漬けだれが野菜に染みてくるイメージです。野菜の水分だけでなんとかしたら、コチュジャンのあの甘さが生きてくるかなっておもいました。加熱時間はまぁ、肉と野菜の量によりますよね~。焦げるのが不安だったら大匙1か2位のお酒をいれるといいでしょうねぇ。

初めてのコチュジャン使い2013110

ん~何種類かのお料理は知っているんだけど、実は韓国料理に全く詳しくないので、きっとこれ名前ついてるような料理じゃないかな。ってかホルモン鍋でいいのか(笑)とにかく「使い始め」なのでこんな感じでした。

コチュジャンとホルモンと人参の相性がとてもよかったですねぇ。ニラを入れてもよかったとおもうし、汁気が多くなったら春雨加えてかき混ぜてもいいかな。これを足掛かりにコチュジャンをうまく使ってみたいものです。今度はお魚かなぁ。

*さてさて、今度の土曜日・日曜日は「ツインリンクもてき」に遊びに行ってきますので、記事は自動更新しますが、コメント等は月曜日以降になっちゃいます。ごめんなさいね~。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

レストランのはしご(若さ故の過ちをもう一度)

2013.02.19 08:00|台湾
色々とありまして、レシピブログの方々には不義理が続いておりますがご容赦下さい。(気のせいか昨日はレシピブログ調子悪かったような...)
*本日19日ただいま9時くらい、僕だけ?なぜか新着記事にゆけず、足跡ボタンが押せないのよ。どうしてかな。不義理がさらに続きそうです。


台湾シリーズは、今後はお食事と小ネタくらいです。色々なところに見学に行くという記事はなく、まぁ、教養派の方々にはたいへん申し訳がないと言う記事になると思いますが、それはご容赦。もともとそんなに教養もなければ頭もよくないのですがね。あはははは。

しかし最近頭をそれほど使ってません。感じるままに生きてますが、やはり感じるだけでは色々限界がありますねぇ。矛盾しているようですが、頭の悪い僕には、やはり学び考えることも必要なんでしょうか。学べば挫折し、考えても大抵はろくでもないことばかりなのですが、考えないと自分の吐き出す言葉と同化してしまいますね。まぁ、簡単にいうと自分に騙される。これがよくないなぁって最近思うんです。

さて、今日はその考えるってことを全くしないまま、感じるままに行動してしまったというお話です。

====================================

さて客家料理をお昼に食べた日の夕飯です。客家料理の記事はこちらからね(歴史のお勉強と客家料理のレストラン)

夜市とか、コンビニとかでジャンクに済ましてきたのだけども、あの客家料理のお店でスイッチが入ってしまい、夕飯もどこかのお店に行こうってことに。カミさんが永康街で茶器を見たいということだったので買い物に出かけたんだけど気に入ったものがなく、ふんじゃちょっと早いけど永康街で探そうってことでガイドブックを開くと餃子専門店があるとのこと!行ってみることにしました。

1.東門餃子館

餃子屋看板2013217

こんにちは!私たちの夕食は5:00事業を開始している。

ん~相変わらずイマイチな日本語だからギリギリ意味が通じる。故宮博物院の「私に近づきなさい」よりはいいけど、ネタとしては弱い!ん~頼む!ブログネタとしてもう少しはっちゃけてくれ!と思いつつパチリ。まぁ、こんな看板に行く手を遮られながらも10分弱だから待つことにしました。

餃子メニュー2013217

台湾といえば小龍包の名店が多くあるらしいけど、日本にも支店があるので僕としてはどうでもいい。やっぱ地元の人の食べる餃子が食べたいって思って入ったら、安いのなんの!豚肉の水餃子は10個で60元、つまり180円だ。王将よりずっと安い!ん~餃子好きにはたまらんだろうな。

もちろんビール2013217

もちろん、とりあえずビールで。あははははは。
しかし台湾ビールっていう銘柄なんだけど、だれがどう考えてもかっこいいなまえだ。だってさぁ、

「ニッポンビール」

っていうビールがあったらカッコイイじゃん。日本を代表してます!って感じで。ん~こういう日本を代表しちゃう、ストレートな名前のビール出す会社出てこないかなぁ。僕、絶対ファンになっちゃう。


さてさて、注文だけど、日本語ができるという店員に聞いてみると、豚、牛、野菜の3種類の餃子が水餃子、焼き餃子、蒸し餃子で食べられるとのこと。

「豚、牛、日本人すきね~。野菜だけの日本人きらい、でも台湾人大好きね~」

なんて言われると是非野菜だけの餃子も食べてみたい。豚は水餃子、焼きは牛餃子、野菜は蒸し餃子でチャレンジ!10個づつだから全部で30個だ!
焼き餃子2013217

焼き餃子の混沌んを見よ!ん~いいんだよ!並んでなくてもちゃんと10個あれば!



水餃子2013217

水餃子の盛り付けもかっこいい!ちょっとおちそうなのもある。いいんだよ!10個出したいんだよ!皿に合わせて8個の販売なんてケチなことしない!いいじゃないか他の餃子に乗っかっている餃子がいても!



蒸し餃子2013217

流石に蒸し餃子はちゃんと並んでる。まぁ、そりゃそうか!!

餃子断面2013217

野菜餃子の断面ですが、春雨も結構入っていてさっぱりしていて美味しいよ。

餃子の他にも色々メニューがあって、色々みてましたが、こんなのが気になりました。

ばら肉中国語2013217

豚のばら肉って「白肉」っていうんでしょうか。まぁ、訳はたまに怪しいからなんとも言えないけど。でも本当だとすると台湾の人にとっても、やっぱり脂身が主役なのかなぁ、ばら肉って。とても素直なネーミングだと思いませんか?


2.老郭川菜(認めたくないものだな、アホゆえの過ちというものを...)
餃子を30個平らげた時点で、まだお腹に余裕がありました。もうちょっと食べれば丁度良い状態。でも...実はガイドブックでこの永康街の近辺で評判のよい四川料理のお店を見つけていました。しかし、主夫太郎夫婦は40歳と39歳(ふたりとも40歳って書いてもいいけど、カミさんの強い主張でちゃんと書きました)。もう一軒入れるはずはないと分かっていましたが。ん~~~~

今度いつくるか分からないんだから、行っちゃえ!!

ってことで思い切ってそのお店の門をたたくことに。なんでしょうねこの「いつくるか分からないんだから言い訳」。アホって感じたままに無意味な行動取るときって自分の行動に正当な理由を付けたがりますよね、僕のことだけど。単なる「アホ」が理由なのにもっともらしいことを言いたい。本当のアホって理屈くさいですよね、あははははははは。

まぁ、そんなことはともかく、入ってみると、地元のお店だけあって日本語が全く通じない!お勧めを聞いたつもりで推薦の「推」の字書いたらオバサンが僕の肩を押し始めるというまさかの展開でした。確かに押すって意味の漢字だ!ん~漢字の使い方が違うらしい!良とか最高とか四川とかテキトーな漢字を書いて散々筆談した結果、

知らない野菜の名前2013217

こんな名前の野菜の料理があって、自慢料理らしい。もうわかんないから、頼んじゃえ!!いいんだよなんだって!このさい!どうせわかりゃしない!そんでもって出てきたのが、こちら!


知らない漢字野菜の炒め物2013217

典型的な炒め物。ひき肉はお店でたたいてあるのかな。ちょうどよいツブツブ感!ネギもてんこ盛り!これの他にたのんだのは、四川料理なので麻婆豆腐です!!


四川料理2013217

じゃ~~~ん


ごちそうさま四川2013217

じゃじゃ~~ん。


あはははははは。ん~~もう食べられない。完食だがキツイ。けど美味しかったぞい。そのツケが今の体重さ!さぁ、痩せよう!全国の元女子高生のみなさんと共に!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

治れ!!舶来コンプレックス!

2013.02.16 08:00|おつまみ系
は~い、全国の元女子高生のみなさ~ん!愛の安売りやってま~す!

と全国のマダムに好かれることを目指してやってきた当ブログ。その甲斐あっていつも誠実なコメントを残して下さる方々に支えられています。

ブログを始めた頃は、素敵にお料理作って、なるべく人気が出て、あわよくばアイドルみたいに歌だして!な~んて欲だらけでしたが、最近全然思わない!だってめんどうくさい!今コメント下さる方々に感謝して、それだけで満足。そんなに一生懸命ブログしても疲れちゃうし人生楽しむためにはブログ以外のことしなきゃね~。座右の銘、「人生夏休み」を実行すべく今はひたすら適当な日々です。今日は、ブログも適当になってきたなぁって思う適当な記事!

ただし、愛するブロガーさんの中に舶来コンプレックスがある方いたら必見!今日、アジアと欧米があなたのなかで対等になります!海外在住、海外帰りのブロガーさんもいますから、大きなお世話な記事ですけどね、あはははははは。

レバニラ用ホアグラ2012

じゃ~~ん。年末年始にかけて色々パーティーやってきたなかでホアグラのホールを2個買ったんです。
一個目はパテに(ホアグラと結婚は勢いで!(パーティー準備1))二個目目はソテーにしました(友人の結婚記念のホームパーティー)。が、端っこが余っちゃった。

ここで奇跡のアイデアで余ったホアグラがオシャレなお料理に!!ってなりゃいいんだけど、この時、すでにパーティーを沢山していて、フレンチなどに大分飽きてた。思いつかないよ、そんなに。そもそもホアグラって時点でビビってオシャレになにかしようと思っちゃう。それはヨーロッパのお城で出されているイメージだからですね、きっと。ところがここは極東石川町!てやんでぇ、いつまでもそんなに洒落こんでられるかぁ!って江戸っ子志望の群馬県民の主夫太郎は意気込みます!


レバニラ用ホアグラ加熱


先ずはホアグラを炒めてみようか。油をひく必要はないですね。何にしろ脂をたっぷりだから自然に脂が出てきます。この脂をどう使おうかってことですよ。ええ。


ホアグラとモヤシとニラ2012

こら!舶来食材!モヤシとニラ攻撃くらえ!!

日本人は黒船に開国を迫られ、ちょんまげを落とされてから多くの方が舶来コンプレックスに悩まされてます。
実際僕もそうでした。ハリウッド映画に頭が染まっていた中学生のときは「アメリカにはブスがいなくていいなぁ、なんで日本人ってあんな顔ばかりなんだ!俺の顔だってトム・クルーズでいいのに!」なんて思ってましたしね。そりゃヘップバーンもバーグマンも綺麗ですからねぇ(二人ともアメリカ人でないけど)。そこから転じて外国のものは最高!ってことに。ん~中学生って馬鹿ですね~、さらにあの頃ひょうきん族見てマンガ読んでたんだから利口になるはずないよな、あははははは。

まぁ、とにかくすました顔したヨーロッパホアグラ野郎にニラとモヤシのオリエンタルハリケーンアタックです!

嫌われレバニラ2012

要するにホアグラ使ったレバニラ炒めです!どうです!ホアグラのお貴族な雰囲気がモヤシとニラで吹っ飛んでるでしょう?対等ってよりアジアな雰囲気の勝ですよ、あははははははは。何のアイデアもないのに引っ張りすぎました。すみませ~ん!レバーの匂いがダメな方はどうぞ。豚のレバーほど匂いはきつくないですよ!


*取って付けたように最後に書くのもなんですが、日本人の女性ってみんな美人ですよね~。特に僕の読者さん!


ではではあらためてみると、結構嫌味なレシピをまとめておきます。

1.ホアグラを脂がでるまで炒める

2.すりおろしニンニクにニラとモヤシをいれ、塩・胡椒で味をつける。

3.お好みで最後お醤油をたらす。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

まひまひゆかりんさんへの感謝

2013.02.15 14:09|雑文
明日の記事の原稿を書き上げたあたりで、まひまひゆかりんさんのブログにお邪魔したら、閉鎖することにしたとのこと。これはかなり僕としても驚きで寂しかったです。毎日の生活を切り取るというのはとても大変ですよね。彼女のブログのお食事は、もちろん、沢山工夫されていて勉強になるのだけども、もう一方で、普段の生活のなかで、普通の食事を普通に食べることの幸せを教えて頂いておりました。また、子育てや旦那様のお仕事に合わせたお食事の用意といった、主婦らしい主婦の生活は僕にとって憧れの一形態でした。

旅行中でお返事できなくてもコメントを下さりとても感謝して、何のお礼もできないままなのですが、当ブログに多大な影響を与えて下さったので、まひまひゆかりんさんへの感謝をひとつの記事、というよりつぶやきにしておくことにしました。

もちろん、またブログを書いて下されば嬉しいなと思いますし、やっぱり続けますって言っていただければとても嬉しいですが、とにかくひとまず休んで頂くのが良いのだと思っています。

まひまひゆかりんサラダっていうのが、我が家の定番メニューであるのですが、彼女をイメージしてつくりました。定番メニューを下さるほどの影響を頂いたということでこの点も、深く感謝してます。

本当につぶやきになってしまいましたが、支えて頂いた方のお名前を記録にいたしたく、
全くもって読んで頂く形にしておりませんが、その点、ご訪問頂いた方、ご容赦頂きたく。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

台湾旅行記小ネタでポン!

2013.02.14 08:00|台湾
さて、先日の記事大草原の小さな家に憧れてで読者様感謝企画のアンケートをとりました。アンケートにお答えいただいたブロガーさん、ご協力ありがとうございました。その結果、圧倒的多数で、

カミさんのブログジャック「隠居な男の妻ブログ」

ということになりました。ん~~予想以上にカミさんの人気が!良い勝負になると思ってたのですが...
てか、僕もしくは僕のブログの素材ってそんなに人気がないんですかねぇ(涙)、あはははははは。

ワインの好きな人にはワインとか、納豆かきまぜ棒とか、山クラゲとか、いぶりがっことか、干ホタテなどなど色々と計画を立ててみてたのですが、これはちょっと残念。ん~今度は3周年記念企画の時ですかねぇ。まぁ、僕の秘密は永遠に闇のなかですねぇ。

とにかく、カミさんも今から何を書こうか考えているみたいですし、僕もどうなるのかちょっと楽しみです。ちなみにカミさんの仕事は比較的カタい仕事でして、僕のような文章を書くのかどうかよくわかりません。温かい目で見て下さいね~

==================================================================================

さてさて、今日は台湾旅行記の中で1つの記事になりにくいネタを集めて一つの記事にしました。


1.スマホのば~か!

僕はスマートフォンを持ってから気付いたんだけど、スマートフォンが嫌いだ。そもそも電話以外の機能が多すぎる。タッチパネルは最初は、すごいなぁって思ったけど誤作動などが無いわけではなく面倒だ。みんなケースに入れてるらしいがご苦労なこった。電池もあまり長持ちしない。一応海外でも電話できるのでそれは嬉しい!インターネットやGPSのナビが使えるかどうか、それほど期待できなかったものの、ダメならダメでいいやと思っていた。で、台湾に到着してからそんな低姿勢な気持ちでスマートフォンを使ってメイルでも見られるかなぁって思ったとき出てきたメッセージが

うるへー2013213

「データローミングをオフにしてホームネットワークを離れたため、データ接続が切断されました」

うるせーよ!

この「IT関係者や一生懸命使ってるお客様は当然知ってる用語で説明するけど、分らなかったら君が勉強不足だからね」って態度はなんだよ!!別に「お客様の操作は契約上現在無効です」でもいいし、「もしサービスをご利用される場合はメニューから何々を選び手動で設定をオンにしてください」とか具体的な指示でもいい!俺の電話がなんで俺に親身にならず、今の状況を他人事みたいに扱うんだ!
あははははははは。

まぁ、そんなに真剣に怒っているわけではないけどね。無知は無知なりに使えばいいやって思っただけなんだけどさ。電話ではできたしね。



2.部屋飲み

一日目は夜市を訪れて凄く楽しんだのだけど、ワイルドさに圧倒されて沢山量を食べなかったのだと思う。
ちょっと夜市から離れると、おなかがなんとなく減ってきて、今からレストランもなんだから、食べ物とお酒を買いこんでお部屋でゆっくり飲もうってことになった。

釈迦頭2013213

これは釈迦頭(シャカトウ)っていう果物。お釈迦様の頭の形をしてる。食べると悟りを開けます。僕も悟り開けました。カミさんが以前台湾旅行したとき気に入ったので、是非僕にも食べさせたいとのこと。これ美味しかったです。なかなか甘いし洋ナシのような雰囲気もある。手でちぎって食べられる手軽さもあり、日本で安く売ってたら買いたいなぁって思うけど、あんまり見ないなぁ。台湾でもそこそこの値段がしたと思う(200円かもうすこししたかなぁ。)


果物はこれで十分だということで、今度はコンビニに行ってビールでも買おうか!ってことになりコンビニに行くと、日本とあんまり変わらないものが沢山売っていた。もちろん全く同じものでもないんだけど、ちょっとホットする感じになる。あ~日本と同じだねぇ~なんて言っていたら、おでんのあるべきところにこんなものが.....


コンビニゆで卵販売
コンビニ卵

お!味付けゆで卵だ!


中華料理の匂いがプンプンしてるぞ!カミさんは既に買うつもりでオタマに手をかけている!
まぁ、もちろん買ってもいいけど、よくみるとこのゆで卵「殻つき」だ!日本の過剰サービスをあざ笑っているのか、殻つきの方がいい感じの味がしみるのかそれは謎だった。とにかくおでんのゆで卵とは全く違う。

鍋の脇にあるこの商品の説明をアップしてみると.....

コンビニ卵アップ用

なになに......一個25円って安いな。人参や八角が入っているらしいぞ。よくわからないけど紅茶も入ってるな。まぁ、気になるのが「等多種配方」・・・など、多種なものを配合ってことか。ん~まだまだイッパイ入ってるぞ!ってのがいいね。お蔭で情報の殆どが隠されている気も(笑)。最後の4文字は香が濃くて味が染みてるってことかな。

さらに次をみると、伝承百年亀甲萬純醸醤油....でんしょう百年!凄い!!ふんでもって、かめこうよろず...ん?ん?キッコーマンか!!なんとキッコーマン醤油が入っているってのが宣伝文句らしい!これは日本人としてほこらしいぞ。しかも百年もあの醤油は続いているのか!勉強になるなぁ。最後の風味鮮やかってのもいいな。

しかしこの文章の左横チェックボックスなんだろう。チェックされてるけどさ。ん~謎だ!

コンビニ宴会

ってことでホテルに帰って宴会開始。台湾のビールは500mlで150円くらいだったと思うけどとにかく安いぞ安い!日本のビール(プレモルも売ってます)は高く売ってますが、日本とそれほど値段が変わらない。ん?日本で売るのと台湾で売るのが同じ値段なら輸送コストは0?ならビールと一緒に俺を運んできてくれ!なんて思ったけど、まぁ、ビール飲んで酔っ払ったらどうでも良くなっちゃいました。あははははははは。



3.お香たくさん!

これ実は最終日のお買いものの一つです。台湾の方々というのは多分ご先祖様、仏様を本当に大事にしてるのだと思います。ぶらっとある通りを歩いていると、沢山の「お香」屋さんがあって、山のようにお線香やお香たちが売ってました。実に無造作に売ってます。こんな感じで。

お香や2013213

どど~んと量り売り!これみんな違う香りがするんです。ぢっとみているとあるおばさんが話かけてきた。

「この香いいよ!とっても安いよ!」

あら、お店の人日本語話せる!なんて思ってしゃべっていると別の人がお店の奥から出てきて、そのおばさんと中国語で話をしだした。ああ、いつもの様に日本語が喋れる高齢な台湾の人か!と納得して、散々通訳をしてもらった。「ありがとうございます。日本語が出来る方がいて助かりました。このあたりにお住まいですか?」って聞いたら「私日本から来たのよー」わわわ!日本の人だった。ん~なんてややこしい国なんだ!まぁ、よく聞いてみると台湾出身で日本に住んでいるらしいとのことで納得。千葉の木更津に住んでるっていってた。出会いというのは有り難いものだなぁって思った。

さて、何種類か買ったのだけども.....

燃えるお香2013213

帰国後早速お香をたいてみました。このお香は中国の建物の形してますね。素敵ですけど、びっくりしたのは...


灰になったお香2013213


燃えて灰になっても形を保ってるんです!しかもたったまま。あしたのジョーだって燃え尽きて灰になったら座っていたのに、台湾のお香は立ったまま灰になります。ん~立ち往生した弁慶もビックリだ!

台湾にいったら如何でしょうか。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

大草原の小さな家に憧れて

2013.02.12 08:00|家庭料理
前回の記事ではmasakohimeさんと葉っぱさんしかわからないウチワネタを披露してしまい、皆さんが何やら気になさっていて、読者を大切にする主夫太郎としてはちょっと心が痛みます。実はけっこう皆さん勝手な予想をして下さるかなぁって期待してました。「瑞穂鮮乳」のパックを見て、じつは僕は以前お坊さんをやっていて法名が「仙柔」だったとか、瑞穂が初恋の女性の名前だろうとか。大喜利みたいになるかなぁって思ったら、みなさん気になるって不満そうなコメント。普段お世話になっている読者さんにこれは悪いことをしたなぁと、このもやもやを吹き飛ばすために一つ良い案が浮かんだのでそれを先ずはご披露です!

来月3月、「隠居な男の主夫ブログ」一周年を迎えるにあたり、読者様感謝企画を是非やろうということになりました。色々な企画をたてたのですが、主夫太郎としてもそんなにブログの事ばかりやっていると主夫業がおろそかになりますから、二つ企画案があるうち1つを読者さんに選んでもらおうということになりました。
企画は以下二つあります。

A. コメントを過去10回以上残して下さったブロガーさんに「主夫太郎グッズ」プレゼント

B. カミさんのブログジャック!!「隠居な男の妻ブログ」臨時発行

です。みなさんどちらがよろしいでしょうかね?ご意見お待ちしてます。ただし、僕のブログに過去10回以上コメントして下さった方(ご自分のご判断、印象で結構です)のみ有効投票権があり、その他の方の意見は参考程度になります。基本は多数決。

以下企画の説明です。

Aは皆さんに住所等を教えて頂かなくてはなりませんが(鍵付コメントで)、僕からプレゼントが届きます。ブログに関係する粗品をお送りいたします。もちろんですが、高価なものは無理です。もしかしたら、「納豆をかき回す棒」かもしれませんし、もっと良い物かもしれません。ただし、今回のおまけの謎かけに関しては、お手紙を同封させて頂き秘密をお知らせします。もっとも大した秘密でもないのですが。

Bはカミさんが僕のブログを乗っ取る企画です。カミさんも一年間、コメントも含めてブログを読んできました。カミさんがお気に入りの記事を選出し、ちょっとしたエピソードなどを加えます。タイプセット、レイアウトは僕がやりますが、アドバイスを求められない限り、内容はカミさん任せで、基本的には僕は手を加えません。まだ一月ほどありますから、ブログのコメント欄でカミさんに呼びかけると、なにやら書いてくれるかもしれません。まぁ、二人の馴れ初めなどは書くつもりはないでしょうが、あの記事にコメントして欲しいなどの要望に応えたり、主夫太郎の秘密が少しは分かるかもしれません(秘密らしい秘密はないですし、そんなに知りたくもないでしょうが)。

また、「どっちでもいい」「どっちもやれ!」「今まで通りでいい!」という意見が多くなる場合は企画が流れます。一日30件程度のアクセスしかないブログで随分と傲慢な企画ですが、いつもみなさん、本当に僕の長文を読んで丁寧なコメントを下さるのでなにかしら変わった企画をと思って計画してみましたが如何でしょうかね。

今回のブログのコメント欄は一体どうなるでしょうかねぇ。僕は本文の方も読んで欲しいと思ってますが....結構力入れたし....

ということで本文をどうぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと懐かしいネタをはさみながらなのですがね。お楽しみいただけたらと思います。

====================================================

以前パーティーをしたときの次の日のブランチです。どのパーティーかというと、坊主も煩悩の塊だ!!!(パーティー準備2)(ポチリで飛びます) このときメインだったときのもの、そう、ウサギです。ウサギの背肉を買ったら骨まで付いてきて、どうに捌いていいか分からなかったけど、頑張ったあの記事。当然、骨付きってことは....

ウサギガラ
ウサギガラが出ますよね。
そう、今回のお料理記事、レシピを書いても大抵の人には役にたたないお料理です。
1、ウサギの骨などで、スープを取る。
どうすんだよ!このレシピ!最初からだめじゃん!って思った方、鶏ガラでいいと思います(笑)。


ウサギの腎臓
そんでこれはウサギの腎臓。豚の腎臓も食べますから、きっと食べられる!ってことで、美味しいかどうかは知らないけど、勿体ないから食べることにしました。もったいない以外に実は理由があるのですが、それは後程。4つあるからウサギ2羽分ですね。別に臭くもありません。


ウサギ肉切れ端2012

ウサギのヒレ肉の周りについていた、ヒラヒラしたお肉。ん~脇腹のお肉な気もするし、どこのお肉か考えたくないって気もしますが、とにかくはパーティーに使わなかったのでこれが具になって....



ウサギシチュー炒め2012

野菜といためます。
2.茄子、玉ねぎ、ウサギの肉、腎臓、を生姜とニンニク、胡椒、塩で炒める。
クドイですが、全然鶏でいいです。


ウサギガラ汁投入2012

3.ウサギのガラから取ったスープを足す。
ウサギガラを入れれば美味しさアップですよね。


ウサギにトマトソース投入
3.トマトソースを足して煮込む。
今回はどうしようかと思いましたがトマト味にすることにしました。ブラウンかホワイトソースでもいいと思ったのですが、パーティーではちょっと脂っこいものを食べていたので。お袋が安いトマトでソース(玉ねぎやセロリと煮込んだもの)を作って冷凍して送ってくれます。そのトマトソースを入れて、煮込んで、

ウサギシチュー2012F

4.お皿に盛りつけてクリームをお好みでかける。
クリームの模様が僕は好きですねぇ。

本来ならこのネタ、ボツにしてしまいそうな適当なお料理ですよね。でも、じつはこれ、ある思い出があったので記事にさせて頂きました。

「大草原の小さな家」っていうアメリカのドラマがありました。マイケルランドン演じるお父さんとカレングラッスル(カントリー・マアムのCMに出てましたねぇ)演じるお母さん、メアリー、ローラといったアメリカンな家族のお話です。かなりの長寿番組で色々なお話があったのですが、一話だけ強烈に覚えている話があるんです。

マイケルランドン演じるお父さんが、子供たちがする大冒険を遠くから見守りながら追いかけるというお話。子供たちは色々な困難を乗り越え、野イチゴを食べたりしておなかを満たしながら冒険します。でもやっぱりおなかをすかしてしまい、ウサギを捕まえるのですが、かわいそうで食べられない。一方で、マイケルランドンは子供がウサギを捕まえるのをみて、ウサギのシチュー食べたいな~って言ってるシーンがあります、というよりあると思います。たった一回みただけなんです。だから「思う」という程度で勘弁してください。

とにかくウサギのシチューに憧れるマイケルランドンがなんとなくこの歳になるまで印象に残っていて、僕もウサギのシチューを食べたいってずっとずっと思っていました。今回はそんな思いで作ったお料理。もちろん、外で捕まえたウサギにトマトソースもミルクも使えるはずはないのだけども、30年以上、どんな料理か知りもしないの闇雲に憧れてました。捕まえたウサギだから内臓も使うだろうということで、このお料理に腎臓を入れたかったのもこの「大草原のちいさな家」が理由です。ウサギのシチューという響きに憧れていたのか、それともあんな家族に憧れていたのか、その両方が渾然一体となって心に残っていたのか、ウサギのシチューを食べるまではハッキリしていた気もするのですが、食べてしまった今はなんともハッキリしないです。

憧れは消えてしまったけれども、変わりにウサギの味というものがはっきりしました。原作者、プロデューサーが残したかったものとは違うものが僕には残ったわけだけれども、まぁ、これも物語、テレビの持つ力だと思います。こういう力をもつお話がこれからの一年、一度でもかけたらいいなぁって思ってます。理系の僕にはちょっと目標が大きすぎますかね(笑)。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

歴史のお勉強と客家料理のレストラン

2013.02.09 08:02|台湾
本日土曜日はちょっと岐阜に出かけています。ってことでいつものように不義理が続きますが、許して下さいよ。

今日は主夫太郎、歴史を勉強に向かったお話と客家料理という中国料理のお話。
歴史といっても台湾の歴史です。どこで勉強するかといえば、ここ!
台湾総督府正面2013025

台湾総督府!

この建物は日本の統治時代に、日本側の行政府として建てられた建物でなかなかカッコいいレンガ作りの建物。
総督って多分一番台湾でエライ人のことだと思うので、日本で言えば首相官邸って感じかな。皇居というとちょっと言い過ぎ。政治的に一番偉い人がお仕事するところって感じだからね。実はここは午前中に見学を申し込むと中が一部見られる。ただ、動画も写真も禁止なのよ。中国人とか結構平気で撮ってるんだけど、それは言葉が通じるからなのか、厚かましいのかはちょっとわからない。
総督府裏手車待機2013025

外から写真は撮ってもいいので、総督府の裏手に回ると....ん!黒塗りの車が。公用車がずらりとならんでいてなかなか壮観。しかし、なんで政府、知事とかそのあたりの車はこうやって黒塗りなんだろうねぇ。それともあんな黒塗りの車を公用車で使うから、あんな腹黒い奴等が政治家になるのか?公用車をピンクにすると林家ペーが総理大臣になったりするのだろうか。まぁ、それはそれで避けたい気もする....

さて、ボディーチェックを終わりにすると、日本語を喋れるガイドが日本人だけを集めて、歴史のお話をしながら総督府の展示室をまわるという段取りに。

オランダの統治に始まり清国(中国)、日本という風に統治され云々という話を、最初はホーと聞いている。
だが何だか気分が悪い。日本が来るまではダムが無かったけど作ってくれたとか、日本は他の国に比べて良い政策をしてくれただのという、レラティブリーポジティブなところがやたらと沢山聞こえてくる気がする。隣の中国人グループと案内される展示パネルや展示物がちがったりするから、あっちはあっちで中国を持ち上げているのかもしれないけど、僕はこんなに日本統治時代を持ち上げなくてもいいのではと思った。そりゃいいこともするし悪いこともする。親日のアピールをするならそれは有り難いが、過去の歴史を理由にすることも、そろそろないのではないかと正直に思ってしまった。

が、一方で歴史というのは、こういうものかとも思う。韓国、中国が全く反対の論調で日本を論じることが報道などで取り上げられるが、それもこの台湾の主張と表裏一体なのだろう。歴史は全て取捨選択されその国の人間の考えかたを作り上げてゆくのだろう。親日を維持してゆこうと思えばもちろん台湾は過去の良い政策を日本人にも自国民にも伝えることを継続していかなければならないだろうし、反日に転換しようとすれば、今回聞かされた台湾の歴史の話は完全に抹殺されるのだろう。歴史を正確に残すことが仮に出来たとしても、伝えようと思うところでいくら頑張っても客観性は失われるのだろうな、なんて思いながら時間を過ごしていた。


歴史の話のあとは産業の紹介がされる。こちらは実に前向きな話だった。お魚の養殖がうまくいっており、沢山輸出しているとか、台湾の企業が優秀な自転車や車いすを作っているとか、ほ~って素直に聞ける話。隠居な僕が言うのもなんだが、日本企業もがんばれ!!なんて思いながら聞いたりしてこれは楽しい話だったな。

総督府の一階の半分を一周してきて見学コースは終わりだけれども、そこで中庭の撮影許可がでる。
総督府油松

中庭に植えられている油松をパチリ。綺麗な中庭だった。遠い昔は馬車などが乗り込んでいたらしいが今は観賞用の庭になっている。

どちらかというと今回の見学は僕を明るい心にはさせなかったな。不勉強も悔やまれた。次に訪れるときはもう少し過去の事件などを勉強をしておこうかとは思う。ただ、歴史の解説をされながらも、ガイドの人の人柄なのか、案内の台本のせいなのか、台湾という国は過去ではなく未来を向いているのかなぁという印象を受けた。

===========客家料理のお店(逸郷園)============

この日のランチは、ちゃんとしたレストランで食べようってことになってこのお店を選んだ。

客家と書いて「ハッカ」と読むようだ。ローマ字表記で確かめたので間違いないとは思う。
客家民族という漢民族の一支流があり、どうも南の方、広東省・福建省・江西省あたりに大陸では住んでいるらしい。山間の民族らしいが、北京、広東、四川とも違う特徴のあるお料理をつくるというのがガイドブックのふれこみ。台湾料理というジャンルもあり、台湾に行ったからには台湾料理!とも思ったのだけども、一方で台湾はいつでも来られるうえに日本でも結構ポピュラーだ。中国の南の方に行くことの方が絶対少ないと思うので、それならちょっと本場の料理を本場でというのではなくなるけれども、ガイドブックに大きく取り上げられているので是非行ってみようということになった。

ガイドブックによると、客家料理は漬物などを料理に積極的に使うらしくこれは全く想像もつかなかった。

客家料理前菜2013025

これは高菜みたいなスッパイ系の漬物と筍を炒めたものなのだけど、やたらと美味しい。ん~日本人の好みとしてはもう少し油が少ない方がいいかもしれないけど。これと白いご飯だけでいくらで食べれてしまう錯覚におちいるが、そこは自制してブレーキを踏んだ。


客家料理スープ大皿2013025
客家料理スープ盛2013025


このスープも驚いたのだけど、具は漬物とお肉(中華ハム)だけ。ラーメンの汁なんて旨みを追及したものだけども、こちらはシンプルなお吸い物の形を追求してる感じで全く正反対。食事のなかにある汁物はこうあるべきだろうというのが僕の感想だった。もちろんだけど、これはいつか和風にアレンジして作ってみたい。「漬物とお肉のスープ。油はそれほど浮いてない」ん~感心しちゃった。
客家料理塩漬け卵炒め2013025

こちらは卵の塩漬けと野菜の炒め物。卵の塩漬けはすこし癖があったな。やっぱり発酵食品な感じはするのだけど...とこの時は全く卵を漬け込むなぞ想像できなかったが、帰国して調べてみるとみんな結構つくっている。塩漬け卵で検索すると色々でてきて、なんで今まで僕は知らなかったのだろうとちょっと反省。是非是非試してみたいな。

客家料理お祝いスープ2013025

こちらは紅白もメデタイお団子入りのスープ。客家のお祝いのスープらしく、こちらは贅沢な深い味。でも豚骨ラーメンのような濃さではなく、あくまでもサラリとしたスープ。ん~スープって幸せだ!

切干大根入り卵焼き2013025

これは日本でも作れるのだろうけど、敢えて頼んだ一品。切干大根入り卵焼き。これはいい!凄くいい!全く気付かなかったけども、とってもいい歯ごたえで。なんであんなに切干大根を食べていたのにこの組み合わせに気付かなかったのだろうか。ん~~~~~~~。やはり旅にでれば新しいものを学ぶし、足元の発見もありますね。

台湾料理ではないのだけども、でも台湾に来てよかったと思うお食事でした。

~~~~~お ま け~~~~~

瑞穂鮮乳

コンビニでぱちり。みずほせんにゅう。牛乳って鮮乳っていうんですね。こういう細かいところが日本と違うところ。
(レシピブロガーの方でこの写真の本当の意図が分かるひとは葉っぱさんとmasakohimeさんの2人かなぁ。わかってもナイショだよ!)



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

うどんかラーメンか~主夫になって初めての大手抜き~

2013.02.07 08:00|麺類
は~い!全国の元女子高生のみなさ~ん!人生思い通りですか?

この世をば我が世とぞおもう餅好きの、牡蠣たら子など梨と和えれば

ちびっ子の諸君!ちゃんと有名な短歌は覚えようね~
さて、今日は久しぶりにレシピの記事でも書かなきゃって思って書きました。ちょっと前の出来事です。

============================================

この日は珍しくご飯をつくるのがとても億劫だった。ってなると麺類が簡単。簡単なのはいいけど、やる気がないので、麺類って決まっても自分で何を作るのか決めるのは面倒だ!じゃぁカミさんに聞いちゃえ!ってのが今回のお料理。

もちろん

「今日は何つくるか面倒で決められないから、君が決めてよ」

なんて言ったらもちろんカミさんは機嫌を悪くするだろう。ってことで、
「うどん」と「ラーメン」どっちでも作れるようにしておいて、

今日は君のお好みで決めようと思ってどっちでもいいように用意してあるんだ。どっちか決めてくれれば君がお風呂に入っている間に作っておくからどうする?和?中華?

なんて言ってみると、なるほど帰宅早々ご機嫌になって考え出して、「和」と結論。

まぁ、そんなんで作りだしました。何が食べたいって言ってくれるだけでやる気もアップしますからね。
もちろんどっちか選ばせるためには下ごしらえが必要だけども、ここは主夫太郎のウルトラ手抜き戦術だけあって下ごしらえも簡単!

うどんラーメン汁の素2012

1.昆布、煮干し、干しシイタケでダシを取る

あはははははははは。これならうどんの汁にもラーメンのスープにもなるでしょう?

下ごしらえはこれだけで、この日はカミさんが「和」を選んだので....

稲庭うどん袋2012

稲庭うどんを茹でて肉うどんにします。肉うどんといえば和に聞こえますよね~、カツオ入ってなくても。

肉投入後汁2012

2.豚のバラ肉を入れアクをとり、醤油で味をつけ生姜で香りをつける
これ中華と言われたら中華麺をつかい、
2(中). 豚のバラ肉をいれアクをとり、黒酢、醤油で味を付け胡麻油とニンニクで香を付ける。


付け合せ小松菜オクラ揚げ2012

付け合せは小松菜と油揚げの炒め物と茹でたオクラです。中華が希望だったらオクラも一緒に豆板醤で炒めるつもりでした。
熱盛肉うどん2012

ということで、薬味もいれてうどんを頂きました。薬味はネギ。中華を希望されたら玉ねぎのみじん切りをいれましたね。炭水化物は太っちゃうけどね。まぁ、仕方ないか。でもねぇ、本当はスープ半分にして和も中華も一緒に作れたんだけどねぇ。流石にめんどくさかった。

しかし、記事にしてみて改めて思うけどピリッとしない間抜けな記事だねぇ。ここまで手抜きな夕飯を作ったのは本当に最初で、できれば最後にしたい。どうしても作れないときは外食にしてたんだけど、外食さえ億劫だった。全国の元女子高生のみなさんはこんなときどうしてるんでしょうかね~。反省を込めて記事にしておいてもいいかな。あはははははははは。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

士林市場地下美食街

2013.02.05 08:00|台湾
は~い!元女子高生のみなさ~ん。今日も恋してますか~?あはははははは。

先日のバラのタルトに、沢山の丁寧なコメントありがとうございました。
でもちょっと、いろいろ忙しかったせいで、皆さんのところに訪問ができてないんですが、少しづつ伺うつもりですから、ゆるしてね。

さて、幾分飽きてきたかもしれない台湾シリーズ!
でもはじめちゃったから、なんとか頑張って終わりにしようと思いますが、結構まだ続きそう....

==================================

士林の続きです。明るいうちに士林についたのですが、なんやかんやしてるうちに夜になりまして....
中心にある市場に着いたのはちょっと暗くなってからです。

市場看板2013121

市場は玩具やマッサージ、刃物まで含めて色々なものを売ってます。フルーツ屋さんなんかがあってドリアンなんか食べたんですが、写真を撮り忘れまして.....すみません。ドリアンはそんなに臭くはなかったですね。以前も食べたのですが。とにかく売り子がこれはどうだあれはどうだと言って、買わないとあからさまにがっかりするってのは、以前韓国に言ったときと同じ感じ。ん~営業的には損をすると思うのだが、まぁ、これもアジアかな。

美食街入口

ってことで美食街入り口っていうネオンに誘われて地下に潜ってゆきます。渋すぎる看板ですよね~

大腸胞小腸

カミさんはガイドブックでみた「大腸胞小腸」(だいちょうほうしょうほう、ってカミさんは言ってました)を食べたいといってました。まぁ、ほとんどホットドッグと変わらないのですが、どうもかみさんはダイチョウホウショウホウという音の響きが気に入ったらしく食べたかったらしいんです。
でもねぇ、大腸胞小腸の看板がぶら下がっているところにゆくと、こんな物が売ってるんですよ。おおきさ分らないとしたら次のお写真でどうぞ。
多分大腸の方

これいったい誰がたべるんだよ。これがパンにくるまれたらエライことだ。これを包むパンも見当たらないんだけどね。これだけ来てもこまるし。やっぱり言語は少しは勉強しないとね。

ニーハオ、ダイチョウホウショウチョウ、シェーシェー

で通じりゃいいけどなぁ。というわけで、リスク回避ということで、大腸胞小腸は次の機会に持越しです。

そのかわり!!!!!!!

主夫太郎がずっと前から気になっていた
「臭豆腐」

を食べる事にしました。この臭豆腐の存在を知ったのはもう10年以上前だな。豆腐百珍っていう本の解説に世界の豆腐ってことで紹介されてたんだけど、それからずっと憧れ!Wikipediaにとると「納豆菌と酪酸菌によって発酵させた漬け汁に豆腐を一晩程度つけ込んだ物」とのことで、どうやら豆腐自身はそれほど発酵してない様子。

麻辣臭豆腐2013121

こちら酸辣臭豆腐です。まぁ、屋台みたいなところでたべるから、笑っちゃうくらい安いんだけど(ウル覚えだけどやっぱり50元、150円かな)美味しいのよ。臭いかって?あははははは!!臭いよ!我慢して食べるもんではないけども、まぁ、美味しいとおもうし、悪くない。納豆が食べられれば全然平気です。

臭豆腐揚げ2013121

こちらは揚げた臭豆腐。これはおいしかったなぁ。本当は紹興酒と一緒に飲みたい感じだったけども。豆腐ってついつい素揚げしますが、何かタレを吸わせてからお豆腐揚げるってなかなかいい手かもしれないです。もっとも油にも匂いがついてしまうのかもしれないけど。簡単に麻婆のタレにつけたり、塩麹に漬けたりとする案外簡単に新しい揚げ豆腐ができるかもねぇ。あとでアンカケにするのと変わらないかもしれないけど。

饅頭を買う男2013129

せっかく汁物があるので、隣りのブースから中華まんじゅうを蒸してから焼いたものを購入してみました。中はニラと春雨だけのものと、肉のもの。これがなんてことないんだけど、そこそこ美味しい!雰囲気もあるけどね。こちらも安い。

そんなこんなで夜を過ごし、じゃぁ、宿に向かうかなぁなんて思って外をあるいていると、台湾の信号が案外カワイイことを思い出してパチリとしました。

台湾の信号

あと何秒で信号が赤になるかわかるしくみ。のこり僅かになると青いおじさんがアニメーションになって走り出します!おいおい!これじゃ「早くしろ~」って事故を誘発しかねないじゃないか!って思えなくもないけど、「黄色は赤と同じ意味です」なんて実際と全く違うことを教えている日本の自動車教習所よりは危なくないかなぁって気もしなくもない。
ちょこちょこした動きが本当にカワイイので台湾に行ってみたら是非見てみてね。

~~~~おまけ~~~~

ぱちそこ2013121

ぱ ち そ こ

あははははははは。こんな典型的な間違いするんだねぇ。NをИ(これロシア文字)って書く中学生みたいな間違いですよね。ん~~~~頑張れ台湾!


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

コマンタレブ~? タヌ子さんへのラブレター

2013.02.02 08:00|家庭料理
*今日はちょっとでかけてお返事等が遅れます。いつもの不義理を許して下さい。

軽妙な文章で奔放な食生活を紹介してくださり、いつも僕の心を盗んでゆくフランス在住のブロガー、アルセーヌ・タヌ子さん、が前回の僕の記事プレゼントにラクレット(ポチリで飛びます)のコメント欄に何やら物騒なコメントを...彼女のブログに行くと僕への挑戦状があるとのこと。

なんでもタヌ子さんは自画自賛のバラの花束りんごタルト(ポチリで飛びます)を作ったそうで、主夫太郎さんも如何?ということでした。
まぁ、挑戦状といっても穏やかな、言ってみればラブレターみたいなものでしょう、きっと、あははははははは。

まぁ、普段から僕の心ばかり盗まれているので、今日はちょっと盗んでみようかなと、成熟した大人のカッコよさをみせるべく、挑戦状にラブレターで応えることにしました。

緊急企画!タヌ子さんへのラブレター、バラのタルトに愛を込めて!

はじまりはじまり~~~あはははははははは。

タヌ子さんのページに行ってみると分かりますが、僕のコメントに対して「タルト生地もつくるんでしょう」という兆発?のお返事が。すみません~ん。ちょっと風邪ひいてたもんで、それは勘弁してくださ~い。ってことで買ってきました。一口サイズのタルト生地。

ちなみに主夫太郎はちゃんとタルトは作ったことがあります(ポチリで飛びますシュドー・タルト・ド・イクミ(失敗日記)、 カミさんの誕生日にタルト)
タルトの型2013131

今は便利なものがあるんですねぇ。ん~自分で作るより高いけども、フランスまでラブレターとプレゼントを贈るより全然安い。あはははははは。


タヒチバニラ2013021
今回はタヒチに新婚旅行で行った友人のお土産、タヒチのバニラも使います!ん~バニラの甘い香りと新婚の甘い香り!幸せのエッセンスでタルトに入れるカスタードクリームをつくります。本当にカスタードクリームをつくると大変なので、上でリンクはったシュドー・タルト・ド・イクミの記事でも紹介した、タイ在住の人気ブロガーいくみさん(アジアンハーブごはん by Ikumi)(ポチリで飛びます)のレシピをつかいました。



さて、ということで、タヌ子さんのブログを参考にバラっぽくなるようにリンゴのスライスを巻いてみました。

リンゴを巻く前2013131こんな風に花びらっぽくスライスした皮つきリンゴを並べて巻いてみました。

焼く前タルト
焼く前の感じ。ヨーグルトを主成分とするカスタードクリームをタルト型に少し流しいれて、そこにバラを作って行きます。色々試して焼いてみたのですが、真ん中を押し上げる方がバラっぽく見えますね。買い物ついでに花屋さんでバラを観察してきたのですが、一番外側の花びらはかなり大きく、このお菓子をつくるにしても外側だけは別付けです。



リンゴのバラ2013131

そんでもって焼いた感じです。タヌ子さんのところは赤くて本当にバラっぽいのだけど、僕のところはドライフラワーって感じですかね。初めてにしてはまぁまぁだと思います。どうでしょうかね、タヌ子さん。



P.S.
なんといってもラブレターには追伸がつきものです。追伸というのは本来付けると失礼なわけですがね。「書き忘れたけど」って意味ですものねぇ。おいおい、時間ちゃんと取って書き直せよ!ってことになるわけですから。でもラブレターの追伸は楽しみの一つ。って言ったってラブレターなんて主夫太郎は貰ったことなぞないですけどね。あははははは。想像ですよ想像!!!まぁ、タヌ子さんの心をフランスから日本まで頂くためにちょっと長めの追伸です。ちなみにI Love Youは追伸に書くものですよね?マムチさん!(cf. P.S. I love you~PINK SAPPHIRE~)


主夫太郎さんのタルトは色が褪せてるわ!私への愛はこの程度(怒)って言われるといけないので、こんな食材使ってみました。

パイナップル2013131

そう、パイナップルです。本当に食材の切り方を工夫してやっと一個だけ成功したんですよ。


ということで......


黄色いバラ2013131


二つ並べてみると..
バラ二つ2013131


まぁ、黄色いバラ、そこそこかな。

ちなみにカミさんが大分気に入ってバレンタインデーに会社に持ってゆくから作るようにという発注を受けました。仕事が増えたものの(笑)カミさんが気に入ったお菓子が出来たということで、僕の愛は届かなくてもタヌ子さんに感謝の気持ちが届けばいいなぁって思います。

*ちょっと急いで書いた記事なので乱文ご容赦


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。