12 | 2013/01 | 02
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

故宮博物院!

2013.01.26 08:00|台湾
*本日はちょっとドタバタするため、皆さんの所への訪問が遅れます。すみませんねぇ。

は~い、全国の元女子高生のみなさ~ん!お元気?


台湾旅行、2日目の始まり始まりです。今回の旅行で僕が一番ゆきたかった故宮博物院の記事。ん~~気合が入ります!!

純文学作品、乞金和歌集はたった一人の方しか反応してくれなかったところみると、皆さん文化に興味がないのかもしれませんが、故宮博物院は本当に凄いから是非是非台湾行ったら訪問してくださいね!

====================================================

何が気合が入るって、故宮博物院のオープンが8時半なので8時にはホテルを出た。食べ放題の朝食も抜きだ。食べないというより食べたくない。気持ちがそれくらい高揚している。もちろんタクシーで門に横付けをして颯爽とその門の足元に立つ。その颯爽さは個人により受け止め方がちがうと思うので敢えて写真は載せないけども、門の写真は載せようと思う。

故宮博物院門から

凄い!凄いぞ!と心の中で素直に思う。台湾の故宮博物院の成り立ちを考えると興奮せざるを得ない。実に簡単にいうと、蒋介石率いる中華民国が中国本土から台湾に逃げ去るときに中国の博物館から良い物だけを選んでカッパラッテカッサラッテきて作った博物館。まさに中国4000年の至宝の更なる選抜チーム!展示品の入れ替えが3か月に一度なので全てみるまでには200年かかるとのこと(ウィキペディアによると)。200年って数字はまた中国らしい数字ではあるが、とにかく凄いらしい。

収蔵品は例えばこんなもの。豚の角煮を模してつくった石の置物。

肉 形 石

肉石アップ

豚の皮の毛穴なども細かく細工されていて、いい感じで着色されている。なんで石でこんなもの作ろうとおもったかは別として凄い!まぁ、豚の角煮に見えたんだろうね、石を見たときに。

さて、入り口の続き.....
故宮博物院建物

門をくぐって博物館まで近寄るとやっぱり迫力に圧倒されるな!この日は天気もよく青空に建物が映える。

故宮博物院アプローチ

で、振り返ると、こんな長~いアプローチ。いいでしょう!あなたのお宅の門から玄関まではこのくらいあるでしょうか?向かいには不粋な住宅ビルがあるけど、まぁ、許してやろうか。僕は心が広いから。


おいおい!どうでもいいからもうそろそろ博物館の中のお宝を見せろよ!

と思うかた。実は......



撮 影 禁 止


なんです。なんてブログに合わない題材だ!カミさんが以前行ったころは撮影できたそうなのだけれども、全くもってダメ!ん~~どういう理由で禁止になったかはしらないけども本当に残念無念。

他に有名なのは緑の翡翠を使った白菜の彫り物などもありますね。キリギリスまで付いてて凄い。

一番びっくりしたのはオリーブの種を削って使った彫刻。オリーブの種を削って、扉が本当に開閉する船作ってる。中に人が居て凄い細かい。作ったことも凄いが作ろうと思ったことも凄い。

象牙の彫刻とかも凄いし、ん~~なんとも写真でもってお伝え出来ないのが残念で仕方がありません。興味ある方は是非是非ネットで検索してね!
え?じゃぁどうして肉形石の写真が撮れたかって?実はねぇ.....






肉石ペン

あはははははははは。肉形石のレプリカがついてるペン(300円)を買ってきて、デジカメの解像度を上げてアップで撮影!なんとかそれっぽく撮ってみました!!あはははははは。まぁ、気付いてる方多かったと思うのですが、きっと優しさで僕の洒落を許して下さったのだと思います。まぁ、ネットで検索すると写真のっているんで、色々見て下さい!本物は当然もっと綺麗です。

そういや、東京タワーにゆくと東京タワーがくっついたボールペンとか売っていてどんな奴が買うのかと思っていたけど、僕みたいな奴が買うんでしょうな。あはははは。


しかし、ここからが主夫太郎は違う!!!


どうにかして読者の皆さんに故宮博物院の内部の写真を違法でもいいからおみせしたい。逮捕覚悟で携帯で写真を撮ってきました。いいですか!ナイショですよ。国際指名手配されたらインターポールのとっつあんから世界の果てまで逃げなきゃいけないですからね!
ってことで、どうぞ!!





故宮博物院内

故宮博物院の中のトイレ。男子用の便器の前にこれが貼ってありました。

「私に近づきなさい」

って便器が言ってます......ん~~シュールだ。中国4000千年のシュールさ。ん~~このシュールな警告に写真を必死で撮ったので、チャックを閉め忘れるところだった。


~三希堂(サンシータン)レポート~

故宮博物院の最上階には三希堂という皇帝の書斎の名前が付いたカフェがあります。カフェと言っても本格的なお料理もあり、お食事がしっかりとれます。以前横浜中華街に同じ名前の台湾茶のお店があったのですが(今もあるのかなぁ)まさかその名前が皇帝の書斎の名前だとは...恥ずかしながら台湾のガイドブックで初めて知りました。

故宮博物院に8時半についてあまりにも気合を入れて見物しました。物凄く広いところをしっかり見てやろうと思うのですが、収蔵品が多いだけあって、同じ様なものが大きな部屋一つを占拠してたりします。鼎(かなえ)という青銅器がひたすら展示している部屋などでは、全く馴染のない青銅器を上から下から横からと見てみると流石に疲れる。全然面白くないし。だって鼎なんて使ったことないし、多分一生使わない。

気合が空回りして50分ほど、朝食も食べてこないし、力が出てこない。時計を見ると10時前。流石にこんな時間に三希堂は空いてないだろうけど、一応行ってみようということで行ってみたらなんと営業中!

三希堂内部

博物館は混んでいるのに、全くもって人がいない。実にガラ~んとしている。まぁ、そりゃそうだ!博物院は開館したばかりだしねぇ。ここに来る方がむしろおかしい。ってんでハリキッテ注文!!

三希堂で台湾茶

もちろん台湾茶も頂いちゃうよ!ん~お湯のポットがタイガーなのはちょっと複雑。せめて英語のロゴではなく「虎瓶」って書いて欲しかったが、まぁいいや。できれば鉄瓶が雰囲気でるけど、そりゃ贅沢だよな。


牛肉麺

お勧めは?って聞いたら牛肉の麺だっていうから頼んだらガッツリこんなのが来た。ちょっとお値段は高め、1000円くらいだったと思うけど、タップリのお肉と良い香りと美味しいスープだったから満足!日本のラーメンとは違うむしろうどんのような感じの麺。素朴で美味しい。

精進仏跳牆


こちらは「精進仏跳牆」

仏跳牆は仏様(僧侶や仏像)が跳んでやってくるくらい美味しい!といわれているスープ。本来は干したホタテやアワビなどの乾物を使ってつくる高級スープなんだけども、こちらは「精進」だからそれは入ってないはず。干しシイタケとかが入っているのだと思う。お肉ではなく里芋が入っており、薬膳スープな感じ。

しかし、国立博物館に宮廷料理を出すレストランを併設してるとは。故宮博物院の敷地内に別の建物ではもっと高級なお食事を出すレストランがあるのだけども、そこは予約が必要。でも全然ここで満足。今度行くときの楽しみにしようと思っている。






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。