12 | 2013/01 | 02
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

友人の結婚記念のホームパーティー

2013.01.15 08:00|パーティー
すみません 大変不義理をしてます。

実は3連休で実家に帰っており14日の大雪の夜9時間ほどかけて運転して帰ってきたら、凍っている寮の入り口の坂を車が登れず悪戦苦闘!15日9時過ぎにようやく落ち着けました。眠いよ~

台湾の記事を推敲する暇がなく、予め用意しておいたネタです。

訪問その他、もう少し待って。ヘロヘロなのよ。




============================================



またまた去年のネタですみません。とても楽しいパーティーだったので記事にしようしようと思い大分遅れてしまいました。

12月に入ってから2度目のパーティーは、学生時代のサークルの友人が結婚するということで、ご夫妻を我家に招いてのホームパーティー。パーティーの記録と学生時代の思い出の記録を兼ねての記事です。主夫太郎の学生時代は何処かノスタルジックな記事になりがちですが、彼との思い出は結構明るい思い出が多く、思い出すのも楽しかったですね。結婚式にも参加させて頂きましたが、素敵な結婚式でした。そんなお話も含めて。


お茶の時間から来てもらって早めに始めました。実はサークルの友人といっても、再会したのは彼の結婚式の日で、実に17年くらい経っていたはずです。しかし、まぁ、彼は全くもって真っ直ぐな人間でしたね。変わらない。



信次君前菜

前菜、一品目はフェンネルを入れたラタトゥーユ、金時人参のムース、乾燥イチジクの赤ワイン煮です。

大したもんではないですが、お酒のみながら昔話。「あのころはとんがっていたねぇ」なんてねぇ。そうそう、主夫太郎はとんがった野郎でした。触るものみな傷つけるような、全身カミソリのような男。獲物を狙う野獣のような目をして都会の夜にたたずむみ、気に入らない奴がいれば蹴りやパンチをくりだし「すみません、え~~ん」と泣きを入れて謝るまでたたきのめす、そんな妄想をする男でした。彼も同様にそんな男だったと、同類の僕は分かっていました。
信次君ハム

こちらはいつものパーティーアイテムです。イベリコ・ベジョーダに卵レタスサラダ(卵抜き)です。人気ないんですよねぇ、卵レタスサラダっていう名前が。おもしろいのになぁ。

そう、僕と彼には共通の嫌いな奴がいました。亀畑(仮名)としておきましょう。ちなみに、カミさんも同じサークルでしたが、亀畑君のことがとても嫌いでした。ああ、もし読者さんに亀畑さんがいても気にしないで下さい。ただ単に亀田のあられが目についてそれをアレンジしただけです。もちろん僕らが嫌いな奴とは関係ない名前です。

「しかし、亀畑って嫌な奴だったねぇ。」

「ああ、あれは亀畑ってみんな呼んでたけど、人の名前じゃなくて、亀畑っていう「生き物」なんだよ。生物学上「亀畑」っていう生き物。だから人間だと思ったら理解できない。馬、羊、サル、亀畑。ああいう生態をもった生き物じゃ仕方ない」

なんて会話で盛り上がりました。ありがとう亀畑!初めて君に感謝するよ!君とは一生会わないが、一生楽しませてもらうよ、あはははは。ちなみに「人の陰口はいけない」ことは知ってます。でも誰にも伝わらなければ言ってないのと同じことだって、大人になった今は割り切れます。あはははははは。全然悪いことしてる気がしませんでしたねぇ。


信次君ホアグラ

信次君ブリオッシュ

さて、こちらはホアグラと付け合せのブリオッシュです。蒸して焼いた大根をしいて、粉をはたいたホアグラを焼いてのせて、林檎ジュースと炒めたエシャロットに赤ワイン、塩胡椒をふりに詰めたソースを掛けました。
このブリオッシュは彼の奥様が気に入ってくれたようで、レシピを持って帰って、年末に彼に作ってあげたそうです。ん~~~~新婚っていいですねぇ~~。


彼の新婚旅行はタヒチだったそうです。素敵な新婚旅行だったようで、お土産も頂きました。タヒチのバニラを頂いたのでお菓子に使ってみようと思います。




信次君お魚

タイとマグロのオイルマリネに、糸瓜と蟹と自家製ブルサンマヨネーズで和えたものを添えました。

彼の結婚式はとても素敵なものでしたよ。僕の結婚式では、よくある「花嫁のお手紙」が無かったのですが、彼の結婚式にはこれがあって、感動でした。自分が結婚式する前は「よくある演出」ってどうかと思いましたが、いざやってみると、やはり定番はいいですね。やればよかったかなぁってちょっと後悔。

信次君鴨

こちらは鴨のロースト。下にしいてあるのは、見えませんが、ズッキーニと芽キャベツのリゾット。チーズはサンタンドレです。

話を聞いてみると、彼も失業などをして大変苦労して今に至っており、幸せな結婚をしました。
ん~僕もなにか頑張らなきゃいけないなぁって思いながらも彼ほどの努力ができる気がしない。もう少し休むことにして、彼をお手本にしようとおもったこの日。学生時代のあのパワーに届かなくてもガッツリと地面に足を付いてもう一度何かに踏ん張ろうと思ったパーティーの夜でした。

タヒチウクレレにご機嫌





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。