12 | 2013/01 | 02
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

あずもんさんからアイデアを頂いた豆つまみ

2013.01.10 08:00|おつまみ系
ニ~ハオ~!全国の元女子高生の皆さん!主夫太郎あるよ!

ということで、8日の夜から帰ってきて、色々バタバタとしており、まだまだ台湾ネタを作れそうにありません。
すみません。

=======================================


前回のネタがあまりにも衝撃だったので、ちょっとお休みネタです!

去年僕の記事のなかで一番人気があったのがやきがき(大江戸料理帳から)でした。きゃりあおばさんmasakohimeさんが作ってくださって本当にうれしかったです。

僕も色々な方のツクレポをしたいのですが、これがなかなか美味しそうに再現できない。これだと申し訳ないって気がしてなかなかアップできないでいたのですが、今後はアレンジを加えたものも含めてツクレポとしてゆこうじゃないかということで、今回その初めてのこころみの記事です。

今回真似させていただくのは、軽妙な語り口がとてもたのしい、あずもんさん(給食の大豆)(ポチリで飛びます)の記事です。僕は「面白い文章で笑いを取る系」のブログにしようと思っていた時期があったのですが、あずもんさんの「かろみ」の面白さにはかなわないなと思い、面白系を諦め、重厚文章派のブロガーに転進しました。あずもんさんのブログは面白い文章の中にもキラリと光るお料理の数々がありとても魅かれます。その中の一つで大豆をカリカリにあげて甘くしたお料理が出ていたのですが、それからヒントをもらって作ったのが今回の記事です。

僕は大豆ではなく、白いんげん(水煮)が冷凍庫にあったので使ってみました。

白いんげん豆炒め

1.白いんげんにカタクリをしっかりまぶし、少し多目の油で揚げるように炒める。


白いんげんカレー2012

2.ある程度油が回ったらカレー粉と塩を振る

色付いたらクルミ

3.しっかりカレー粉がまわったらクルミを入れる

チャツネ投入2012

4.ミックスフルーツチャツネ(無ければ砂糖や蜂蜜など)をいれる


煽り2-2012

5.チャツネが大体とけてまわってきたら、鍋を強火にして鍋を煽る。

煽り1ー2012

そして、煽る

煽り3-2012

おらぁ~、ザマ見ろオートフォーカス!っていいながら、煽る

白いんげんカレークルミ2012

で、できあがりです。

お酒のつまみですね。凄く美味しいというものにはしてないつもりでしたが、カミさんが酒のつまみに結構よろこんで食べてました。もちろん、カリカリベーコンなど入れればそれなりのつまみになると思いますが、カレーの香と甘さと豆を頂く食べ物ということで。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。