11 | 2012/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ああ、あこがれの田園調布

2012.12.06 08:00|雑文
今日はお料理ブログというより、お散歩日記です。次回のお料理日記のための前ふりなんですが、ひとりでお散歩なんてものも主夫になって初めてといえば初めて。日記にでもしておこうとおもいました。


僕の住んでいるところは大田区石川町。大きな道路が通っていて道路添いには立派なマンションが建っているものの、ちょっと街道から外れると狭い所に2階建ての一軒家とか小さなアパートが立ち並んでいる。よく考えてみると東京23区に家があるなんてなかなかのブルジョアなんだろうけども、それでも凄いお金持ちの集団って雰囲気が全くみえない。もしかしたらお金持ちっぽいことをひたすら隠し、来る経済危機、食料危機に備えている堅実で気弱なアリ族なのかもしれない。ん~最後に勝つのはこの人達だろうか....一方僕は気弱なアリ族のおうちに埋もれているカミさんの社宅に暮らしていてショボイ暮らしではあるけども、全くもってキリギリスな生活。でも幸せではあるな。

住みはじめたころはまぁ、そんな幸せに満足していたんだけども、ある日車を走らせてみると、何分もしないうちに「田園調布警察署前」の交差点にたどり着いた。ん?田園調布って、あの、プロ野球選手とか芸能人とかお金持ちが住んでるところ?それじゃ、歩いて行けるじゃないか。あの田園調布に歩いて行けるんなら、おれ、ちょっと歩いてみようかな。ということで11月上旬の晴れたある日の午後、僕は田園調布の駅に向けて散歩に出かけた。

我家の前にある小さな道を駅と反対側に歩きだすと環状八号線という大きな道路にぶつかる。
環状八号線のこちら側は、堅実で気弱なアリ族の住む地域で、あちら側はおそらくアリよりも堅実で強固な蓄えのあるキリギリス族の住む地域。道路沿いにフェラーリなんてものも売っていて、さすが、田園調布だなぁなんて思いながら環状八号線を横断した。

と、途端に家の雰囲気が変わる。まぁ、流石に他人のお宅を写真にとれないのでちょっと説明しづらいが...堅実で気弱なアリ族の家は道路と玄関が接している感じだけども、田園調布のお宅は道路から玄関までが遠い!門があって、よくわからない遊んでいる空間があり、その向こうに高貴な雰囲気のドアがあって僕を拒む。まぁ、訪問するつもりはないんだけど、積極的に拒まれてる感じだ。どう考えても外車が3台は入るシャッター付きのガレージがあったりして驚いてばかりだ。きっと外車が入ってる。が、このあたりに住んでいる人はきっと外車を外車なんて思わないんだろうなとも思った。「日本で作っていようがどこで作っていようが、ベンツはベンツ、BMWはBMW(もちろん発音はベー・エン・ヴェーと本場風)」なんて思っているに違いない。なんか、だんだん腹が立ってきた。「おい!そんなに外車を外車と意識しないんだったら、国産の野菜にこだわるなよな!」なんてバーチャルな田園調布の住人とバーチャルケンカを始めてみたけど「国産にはこだわりませんが、無農薬有機栽培にはこだわっているので自然と国産になるのよね~おほほほほ」という一言で僕が敗北した。

その敗北に我に返り、前を向くと、高貴な女子高生が歩いてくる。多分高貴なお住まいのご息女だ。ちらっとこっちをみてから目をそらしたので「おじさん悪い人じゃないよ~君を誘拐なんかしないし身代金もいらないよ~、田園調布ってすごいから歩いて見てるだけなんだよ~」って言い訳をしたくなったが、むしろ言い訳する方が怪しいと冷静な判断をして、何もなかったかのようにすれ違った。
表札をみて「中山」なんて表札をみると中山っていう有名人を一生懸命思い出したり、丸山なんて表札をみるとプロゴルファーかなと想像してみたり、「英」なんてのは読めないなぁとおもっているとHANABUSAとローマ字で表記があり、随分と高貴なお名前だと感心したりして、敗北感のあとの散歩はなかなか楽しかった。

すると、幼稚園生が歩いてくる。どうも幼稚園で英語をやってるらしい。お母さんとお友達と歩きながら英語の話をしているが、Fの、下唇を上の歯に当てる発音をちゃんとしてるぞ!なんてことだ!幼稚園児のうちからフェラーリって正しく発音できるようになってるんだ!なんという帝王学。バッタの足を引っ張って喜んでいた僕の幼稚園生のころと全くちがう生活を彼らはしてるんだなぁ、とこれも感心。

そんなこんなで少し迷ったけれども豪邸の外側を見物しながら、田園調布の駅に向かって散歩していると.....

豪邸?2012
じゃじゃ~ん!今日一番の豪邸!!
富沢商店看板2012

ではなく、富沢商店っていう看板!なんて奥ゆかしい小さな看板なのだろうか。
折角田園調布にゆくなら、なにか買い物をと思っていて、誰かから富沢商店の名前を聞いていたから、実はここを目的地の一つにしていた。

ここはパンやお菓子の食材なんかが売っていて楽しい。
お店の中にはいると田園調布在住のマダム(推定年俸1億3千万円)がお買い物中!
「じゃ、これさえあればいいの?...うん、じゃぁこれにする」
と店員にため口。流石に田園調布にある富沢商店様においても余裕のある買い物だ。
僕はちょっと緊張してしまって.....
こんなもの買っちゃった2012
こんなのかごにいれちゃった。多分お菓子を作るまな板。ケーキかなんかつくるときに大きさが分かるようになんか書いてあるんだろうな。あははははは。お菓子なんてつくる予定ないのに。あはははははは。まぁ、折角だから田園調布から生活を変えてみようかなと。
カッター2012

そんでこんなものも買いました。カミソリの刃と怪しい棒ですが...


カッター組立2012

こんな風にくっ付けます。ん~~~~~これで僕が何に挑戦するか皆さんお分かりになったと思いますが、ついにパンに挑戦することにしました。挑戦日記は次回の更新のときに。



富沢商店でお買いものを終えてちょっと散歩をしてみることに。
田園調布の駅にむかって歩いてみると.....
田園調布の広場2012

こ~~~んなに無駄なスペースが!駅改札前の広場です。品がありますね~多分。そして、なにやら怪しい建物が階段を上ったところに見えます。あの向こうは駅ではないんですよ。


田園調布階段2012

ということで階段を駆け上り、後ろを振り返ると....豪華で無駄なスペース!ん~ブルジョア!僕が歩いてきた真っ直ぐな道が見えます!僕の人生もこういう真っ直ぐな道を歩みたかった!!!

階段の上にある建物は単なる門でした。そう、これをくぐって振り返ると....
田園調布駅門

ほら!田園調布駅の門が!あの暗い門をくぐってくるシルエットの僕、かっこよかったろうなぁ。門の向こうには僕の歩いた道がある。そう僕はとうとう、田園調布を通りぬけこの地にたったのだ。門の看板には、東京急行田園調布駅。へ~~~東急って東京急行の略だったのか。なんで高知東急(たかちのぼる)なんてタレントの名前の事でケンカしてたのか意味不明だ。

あれ......なんでこの門のこちら側にしか看板ないんだろうという疑問。ん?これが入り口ってことはこの後ろ側が田園調布の人達の居住区?って思って振り返ると同時に、僕の頭の中にテレビでみた映像がフラッシュバック。駅から放射状に広がる大きな邸宅街の画像が視界を超えて、大きな波のように押し寄せてくる。

わわわわ~~~~僕が歩いていたのは田園調布の下町だったのか~~~~~~~!!!

いままで小さなことに感心しすぎだぞ!俺!!流石にここから先、邸宅見物をする気はなくなってしまった。
ここで出直すべく帰宅することに。


そして駅前で見たおかしな建物。
田園調布の郵便局2012

郵貯銀行のATM。一千万円までしか貯金できない郵便局にお金持ちの田園調布の人達は口座をワザワザ作るのだろうか。もしかして、「○○ちゃん、使い過ぎちゃだめよ。まぁ、全部つかっても一千万円までだけどね~」なんて言って有閑マダムが子供に渡すのかなぁって思ってしばらく見ていたけど、子供がATMを使うのはとうとう見る事ができなかった。案外田園調布も普通の人が住む街なのかもしれないと思った暖かい日の午後だった。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。