11 | 2012/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

写真で見る主夫太郎の9か月(Facebook&ブログのネタで)

2012.12.29 08:00|雑文
本日で今年のブログの更新は終わりです。1月8日に再開いたします。

あらためまして、皆々様、主夫太郎が完全に主夫になってから9か月、本当にお世話になりました。
ブログを始めたのは3月からです。今年は仕事をやめて、ゆっくり充電でもしようと思っていたのですが何かブログを書き始めたら吐き出すことばかりでちっとも成長した気がしません。まぁ、振り返ってみて反省しようってのが今回の企画です。Facebookやブログでかいたことをまとめて、ギュッとして一つの記事にしてみました。

来年も主夫太郎をよろしくお願いいたします。
ん~来年も続けられればいいなぁ。



1.主夫太郎大阪を後にする


主夫太郎は3月いっぱいまで滋賀に勤めてました。カミさんが前の年から大阪に転勤することになり、
そこで同居。大阪から滋賀に車で通う生活がはじまりました。

滋賀も大阪も僕達関東の人間にとったら「関西」というくくりであって何もかわらないです。
本当によくわからない、外国みたいなところでした。

だって、

太陽の塔

太陽の塔ですが、なんでこんなものがあるのか分からない(笑)

もっともこれは芸術ですからねぇ。別に僕が分からないのは仕方ないのですが、今度の写真は現代建築!

これは本当にわからない!謎です!

大阪空港のトイレ


これ、大阪伊丹空港の男子トイレなんですけどね。便器が右側にあります。正面に飛行機がありますよねぇ。まぁ、空港らしいトイレだなぁって思うかもしれませんが、よく見て下さい!こんなにオープンなトイレ!落ち着いて用が足せません!飛行機から見えそうだし。やっぱりトイレに大きい窓って無理がある。

あはははは!

こんなトイレを許容する大阪の人ってすごいなぁって思いました。まぁ、これはネタですがね。

ブログやツイッターを始めたのも大阪での出来事。最初は普通の生活を写真に収めてました。例えば、

ハタハタ干したり

大阪ではハタハタが沢山手に入ったのでハタハタの干物を作ったりしてました。

頑張ったハンバーグ記事

ハンバーグの研究してたのも大阪にいたときかな。僕の一番すきなシリーズで、ブログのカテゴリーにハンバーグってのを作ってまとめてます。ヒカルちゃんという女子大生とたまたま知り合っていて、彼女のリクエストでハンバーグの基礎研究をはじめたんですがね。懐かしい!未だに一番主夫太郎らしいシリーズです。よかったら読んでね!

ハバネロのはず


ハバネロを植えたのも大阪でしたね。ん~~カワイイ!このあと紆余曲折あったのは先日の記事です。


2.主夫太郎東京に行く!

カミさんの転勤に伴い、7月末に東京に引っ越してきて、新しい地で主夫を始めました。
久々の東京が楽しくて、どっかの博物館に行ったときにこんなものを見て思わずパチリ。

うちわ置き


うちわを置く専用ホルダーです。ん~~江戸って素敵だ!風流ですよ!

一方でぶらりと遊び過ぎてちょっとお金を使い過ぎたことも。そんなとき、実家でもらったセンスが

こんな物に目が

ああ、これが現金だったらなぁ。あはははは。実家って本当にいいですねぇ。

大阪でもお世話になった業務スーパーも見つけて、大量に安い物も購入したりして、ご機嫌ですが、

コーラ飴012

こんな無駄使いも。あははははははははは。ご愛嬌ですよ!ご愛嬌!

一方、権力の中枢が集う東京でこんな悲しいものも見つけました。

何だこれは!

ん~~税務署主催の書道展みたいのが近くのスーパーでやってました。
なんだこれは!小学6年生にこんな字を書かせるんじゃねぇよ!!


田園調布を散歩して見つけたのは....

納豆まぜまぜ

な、な、なんとセレブは納豆を混ぜる専用の棒をもってるですか!

ん~~~~~~~~~~~~~~~~田園調布を歩くと主夫太郎も棒にあたりました。


東京だって変なところですよ。

3.主夫太郎、社宅で吠えてケンカする

初めての一階暮らし!食料が部屋に全くない引っ越し2日目くらいで、ゴキブリ登場!その後クモは沢山いるは、変な虫が入ってくるわ!それもそのはず!!

社宅の周りの写真をどうぞ!
我が寮管理地1

酷い草の管理!

周辺住民の方の管理

こちらは周辺住民の管理状況!


虫がいる理由はこれだよこれ!ってんで雑草だらけの部屋の前の除草をしました。両隣の住民は了承
当たり前だけど、自分の部屋の前以外の土地には手をつけず。

部屋の前



草刈ではなく、根っこから抜いてやって綺麗になった。砂が減ったから土を足し、パリパリの土になってたから苦土石灰をいれて中和してやった。流石に土がむき出しではわるいので、芝でも植えて綺麗にしようかな?と思ったとき、寮の大当番から待ったがかかった。

何を植えるつもりだと聞くから、「目的は虫が沢山いるので除草をしている。なんだったら芝でも植えて綺麗にしようと思う。雑草だらけよりいいでしょう。」っていった。そしたら、

「芝を植えることを認めると、野菜を植えることも認めなければならず、野菜を植えるとポールを立てる人がでてくるが、そのポールに子供がぶつかって怪我をしたら大変」

風が吹けば桶屋が儲かるどころか主夫太郎が儲かる勢いな理論!笑うしかなかった。

その後色々な話しになる。因みに僕は除草をしたいのであって芝を植えたいわけではないと何度もいった。
ただ、芝を植えるのがベストな選択だと思うって色々説明してやったせいで、向こうはいくら言っても僕が芝を植えたい人間だと思い込んでいるらしい。

僕の思うようにはさせまいとばかりに

「草生えないようにコンクリートで埋めちゃってもいいですよね~」

って願ってもないことを言うから

「いいですよ!それは最高です」

って言ったら向こうは何故か少し困ったような顔をした直感したね。

引っ越してきたばかりの人間が勝手なことをやっているのが気に入らないんだよ、これ(予想)。
雑草抜いて困る奴なんているはずがない!これは少し僕も頭にきたね。まぁ、でも冷静にとおもった。とにかく、虫だらけなのが気持ち悪いから除草をしたい、って言ったら。

「雑草を根こそぎとるのは、一戸建てならともかく集合住宅でやるのは常識から考えておかしい。どうしても我慢できないときは雑草の上の部分を鎌できり、根っこはそのままにするべき」

という主張までする。この人はどんな常識をもってるんだろう?雑草だよ?そもそも花壇か芝を植えてあった土の部分が放置されるという悪管理によって雑草だらけになったのに、雑草を保護するべきだという主張にしか聞こえない。

以前は草刈りは年2回だが、今は3回にふやしている(だから我慢したらどうだ?)っていう主張までしてくるが、なんで3回にしなきゃいけなくなったかは明らかだ。根っこを大事にしてるからだよ!


とにかく綺麗に掃除するだけということを強調してその日はおしまい。

翌日電話で「やりたいことを会社に許可をとるように」などと言ってきた(当番のお前がやれ!)。

会社に聞いてもいいが、寮の自治に投げられるんにきまってる。ほっとけば僕が庭を綺麗にするんだし、わざわざそんなメンドクサイ手続きをとった実績をつくることもないだろうよ。10年以上も年に2,3回しか草刈りしかしてない汚い庭が一部でも綺麗になるんだらいいだろうよ。会社なんかに持って行かないでここは任せてくれよ、悪いことでないと思ってるでしょう?

といっても全く聞く耳をもたない。「根っこ抜かないで伸びてくるたびに鎌でかってればいい」とまで言い切りやがった。業者の草刈から2週間でもとに戻る雑草相手にその度に切るのか?

へんな理屈をつけて草むしりの禁止をされては困るから一応聞いてみた。

「実際、自治に任せるって言われたらどうするつもりだね?」

「臨機応変に対応します」

長い議論で丁寧に説明した後だから、

さすがにこれは切れた!バチバチに切れた!


「臨機応変?それは、アイデアが無いってことですね?会社には大当番は自治に投げられてもアイデアがないと伝えていいですか?アイデアはないですよね?そういいますよ」

「いえ、臨機応変に対応するとお伝え下さい」

「だから、具体的なアイデアはあるんですか?ないなら無いとつたえますよ。」

「臨機応変にいたします、それがアイデアです。臨機応変に対応するとお伝えください」

臨機応変のどこが具体的なんだよ!(笑)
会社にはそんな馬鹿らしい四文字熟語を伝えられるはずがない。

ワザワザ許可をとってまで芝なんか植えてやる気もない。そもそもどう軽く見積もっても8万円ちかくかかる作業だ。ひとりでもイチャモンつける奴がいるならやらん!他人の土地を綺麗にして、見た目も気にしてやるのに、費用を負担して這いつくばって頼み込んでやってやる理由なんて一つもない。

ということで、カミさんと相談し、カミさんのアイデアで会社には最低限の要求、許可をとることにした。
だって、俺はもともと芝なんか植えたくないんだから。

「草刈が年3回では間に合わないので、自分の部屋の前だけでも綺麗にしようと思うのですが、
雑草を根っこから抜いていいですか?減った土も足しますし、両隣の人にも了承をとります」

ってきいたら会社のほうはきょとんとして

「綺麗に使って頂いてありがとうございます。もちろん結構です」

だってさ。そりゃそうだ。聞いたこっちが恥ずかしい。

雑草は根こそぎ取っていいって会社は言った。そのあとどうするって?
結論は放っておく、黒い土のまま。つまり上の写真のように、部屋の前は土、それ以外は雑草のツートンカラー。

「土のままの方がいいです。芝を認めるとどこまで認めていいか線引きができなくなりますから」(大当番談)

おいおい!そこ臨機応変でいいんじゃねぇか?臨機応変はどこいったんだ?
思い通りにならなかったから臨機応変止めたんだぁ、あはははははははははは。

まぁ、我々の完全勝利ってわけだ。芝のお蔭で散財もしない。庭みる度におもっちゃうね。芝植えるくらいなら土をむき出しの方がいいって言い切れる奴がいるんだって。その後はそんな「綺麗」な庭を見ながら

雨見酒

雨見酒.........

あはははははははは。


4.主夫太郎趣味を考える

働いているときは、自分のお金も結構あったので、こんな趣味してました。
こんな趣味も

レンタルカートです。今でもしてますが、少しだけ回数が減ったかな。というわけで、新しい趣味を考えたのですが、例えば.....
よく見るとストロー

これなんだか分かります?

これだとお金かからないし。

よく見るとストローがでてます。

実は、

これねぇ。

家のお風呂で

水遁の術
水遁の術


あはははははは。何か新し趣味と思って忍術でもと思ったんだけど、流石にカミさんは納得しなかった。
これじゃまったく役にたたない!主夫太郎だけが面白がって、カミさんは写真を取らされるだけだ。


ってことで趣味と実益も兼ねて、


狩猟免許2012





狩猟免許とりました。石原慎太郎から許可もらいました。東京都庁になんども通いましたねぇ。これは銃をつかって狩猟をしていいっていう免許。

でも

銃を使って猟をしても良い免許はあるけど、まだ、銃を所持していいっていう許可がない

あははははは。ってことで今年は猟ができず、銃の所持許可の手続き中。

先日、
銃を打つ瞬間

銃の教習を受けてきました。ば~~んって音がしてお皿が割れます。
動画もFBの方にはあるんですが、ブログでは動画載せられないから写真で....


5.主夫太郎雪をみる
郡上八幡2012

今年の初雪は郡上八幡でみました。冬ですねぇ。そして今年もおしまい。

あかふじ

もう一つ雪の写真!クリスマスに富士山のふもとでキャンプして、次の朝!

ことしもおわっちゃいますね。みなさん、良いお年を!!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

ハバネロで調味料!

2012.12.27 08:00|雑文
年末のご挨拶と今後の更新の予定について。

今年は3月からブログを始め、それからず~~~~と多くの方にお世話になりました。
本当に感謝と感激で一杯です。なんといっても文章が長かったり、かと思ったら軽かったり、写真がいい加減だったり、などと、ブログというものを何にも分かっていなかったのに、本当に励まして下さった方々に深く感謝いたします。

今年のブログの更新は次回、12月29日(土曜日)で終了、あけましておめでとうございますの挨拶を元旦にしたら、1月7日までお休みいたします。8日以降、火・木・土の通常更新といたします。

12月29日の記事はいまのところ、お料理と関係ない、「主夫太郎の9か月」を楽しくお送りしようと思ってます。

===========================================
前回の記事は長くてすみませんでした。ということで今日はさっぱりとした記事にします!
今日はあのハバネロを使って作った調味料のご紹介です。
なんといっても心を込めて作ったハバネロですから、立派になって欲しいですよね。
ハバネロにお湯かけて2012

本当は干した方がいいとは思うのですが、あんまり良い天気が続かなかったので、熱湯をかけて処理しました。
これでも十分ですね。

初めてのこーれーぐーすー2012

さて、こちらは何をしたかというと、コーレーグースーです、泡盛に島唐辛子を漬け込む沖縄調味料ですが、これをハバネロですることにしました。最初の収穫のときはちょっとハバネロがすくないけど....


増えて行くこーれー2012

収穫が進むたびに瓶に足して行って、増えて行きます。ホンノリ泡盛が黄色くなってゆきますね。


大きい瓶にハバネロ2012


そんで最後はこんなに大きな瓶に!
泡盛もタップリ追加して、いくら沖縄そばを食べても余るくらいのコーレーグースーを作成!
美味しく出来上がるといいなぁ。


油にもハバネロ2012

こちらは、油に漬けます。麻婆豆腐とかカレーとかのときに風味付け、辛み付けに使おうかと思います。写真では三つしかいれてませんが、このあと収穫してどんどんハバネロを足してゆきました。



いつかはタバスコ2012

これはハバネロの塩漬け。このあとどうするかというと、適当なところで酢を足し、熟成させて、特性タバスコをつくります。タバスコってタバスコという唐辛子を使っているからあの名前がついているのですが、ハバネロを使ってもタバスコって呼ぶことに我家では決定!美味しいピザ作らなきゃな!ん~窯が欲しい。

来年はこのハバネロの調味料たちが活躍してくれるブログが書けたらなぁっていまから思ってます。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

ハバネロ物語

2012.12.25 08:00|雑文
昨日はイブでしたね。皆さんとても素敵な夜をすごしたのではないでしょうか?
遅くなりましたが、

メリー・サンノヒツジ!!


あははははは。こういうのは思いっきりやると恥ずかしくないです。
さてさて、僕は随分面白いクリスマスをすごしたのですが、それはまた来年になってからの記事のアップになります。季節外れになってしまいますが、すみません。実は3連休出かけておりまして、ブロガーさんには不義理をしておりますうえ、今日のはクリスマスやお料理に少し関係ない、しかも、かなりの長文です。重ねてお詫び申し上げます。

====================

7月の頭くらいまで大阪に住んでいて東京に引っ越すことになったとき、一番困ったのは鉢植えの植物たちだった。ハバネロとバジルが同じプランターに植わっていたが、引っ越しのときにわずらわしくなるのと、アブラムシで大分弱っていたので、できるだけバジルは食べてしまい根こそぎ抜いてしまった。穴があいたところに土をいれ、ハバネロだけ東京に持ってくることにした。ハバネロには沢山のアブラ虫がついていたのだけれども、どういうわけか引っ越し屋に3日ほど預けたら、太陽がないせいか、それとも輸送中熱かったからなのか、付いていたアブラムシは全滅。その後は東京の社宅のベランダに出して育てていたのだが、アブラムシはつくことはなかった。そんでもって日当たりがそんなによくない我家にあってもすくすくと育ってベランダの手すりを越えて伸び、我が家のハバネロは下の写真のように身をつけてくれる様になった。
外のハバネロ2012

濃いオレンジになってきてそろそろ赤くなるだろうと楽しみにしたたのだが、一向に赤くならない。このままでは赤くなる前に冬になって全部枯れてしまうのではないかと焦りばかりでてきた。カミさんは枝ばかり大きくなってベランダを占拠しやっと実が大きくなったかと思ったら一向に赤くならないハバネロがとても気に入らないらしくて、ハバネロの悪口ばかり言っていた。大阪から持ってきたのに全く収穫0だときっと来年カミさんは僕がべランダで何かをつくるのを承諾しないだろうから、ちょっと焦って青かったり薄い黄色のうちから料理にちょこちょこと使うことにするようにしてみた。
緑のも混ぜてハバネロ

これがその時の写真。炒め物なんかにいれるとちょっと上品な辛さになって楽しかった。粘り強くカミさんにハバネロの良さを説得し、ちょこちょことお料理に使うようになると、カミさんも黄色くてもいいから積極的に使おう、美味しいよと言ってくれるようになって僕は来年のことなども切り出せて安心したし、大分得意になってきた。

ただ、どうしても赤くならない。大分大事にとっておいたのだけれども黄色を通り越して濃いオレンジまでにはなる。しびれを切らしてそのあたりで使うととてつもなく辛くて良い風味がする。ってことはこのハバネロ、もともと実がオレンジなんじゃないか?と思って調べてみるとハバネロ(オレンジ)というのがあって、どうやら赤くならないけれども熟れてきているらしいことがわかった。今まで赤くなるものだとばかり思っていたのにいざ目の前の実がもう熟れているのだと思うと自分たちの間抜けさが面白くて面白くて笑うしかなかった。

ということで、11月の10日から本格的に収穫を始めることに。

11月10日の収穫2012

ベランダの外にはみ出ているものや黄色くなっているものを、カミさんと交代でハサミを入れて収穫した。カミさんはとても楽しそうだ。実がなるというのは人の心も変えてくれるようだ。ニコニコしてハサミをにぎり、是非私にも切らせてくれというカミさんをみると、僕は自分のハバネロがとても誇らしかった。
カミさんハバネロの収穫2012

一度収穫しだすと、カミさんはオレンジに熟れた実を僕よりも上手に探すようになった。上の写真はカミさんが葉の陰に隠れた実をどうにかして他の実を傷つけないように収穫しているときのものだ。
収穫の成果2012

最初はこんな感じの収穫量だったけどもとても嬉しかった。

ただ、心配ごとがあった。どうもこのハバネロは実がなるのが遅れたらしい。正確にいうと、今年の夏は暑すぎて、花盛りのときに受粉してくれる虫がベランダに来てくれなかった。秋になって涼しくなってからようやく受粉が順調に行くようになって実をつけたのだけれども、熟れる前に本格的な冬が来る時期になり、葉っぱが黄色くなってはハラハラと落ちて行く日が続いた。ハバネロはみるみる弱ってゆく。家の中にいれればいいが、実はカミさんは大の虫きらいでプランターを家にいれることはとても嫌がることを僕は知っていた。去年もそんなことでお互いイライラした覚えがあり、あの状態は避けたい。僕としては言いだしてみたいのだけど、カミさんの嫌がる顔をみるのは本当に辛い。虫がいて嫌だと言われるたびに僕が心を痛めていることを多分彼女は知っているんだろうがやはり言わずにはいられないだろう。沢山実がなっているのだけれども「虫が湧くからね~」と僕も虫が嫌なことにして、冬が来て自然に枯れたら収穫は諦めようということでカミさんと話をつけた。
ハバネロ生け花2012

それからはハバネロに少しでも有意義に生きてもらいたいと思い、大きな実を持つ枝を花瓶に植えたりすることにした。家の中は温かいし枝だけなら虫もいない。おまけに花瓶に生けてから気付いたのだが、なんとハバネロは花瓶に生けても実が熟してゆく。僕は一つでも多くの実を収穫できたらいいと思って多くの枝を切って花瓶に挿してみた。カミさんも綺麗な黄色が可愛かったらしく随分とにわかではあるけれども生け花を楽しんで、食卓は明るくなった。

11月も後半になるとどんどん寒くなって、毎日の天気予報にがっかりする日が続いた。そんながっかりの度に葉っぱが一つまた一つと落ちてゆく。たまに暖かい日があるとちょっと気持ちよく散歩にでかけて、ハバネロもどんどん熟して欲しいなって思った。昨日よりも落ちる葉っぱがすくないだけでもうれしかった。

でも、とうとうある日、最低気温が10度を切る予報が出たとき、僕はもう諦めることにした。きっと明日のうち、いや、今日の夜のうちには、ほとんどの葉っぱがおちて青いままのハバネロとサヨナラすることになるんだろう。僕が仕事を辞めて、新しい人生をどう始めるか考えているときに、このハバネロは僕と一緒に生きてきた。もちろんハバネロの寿命の方が短いに決まっているけれども、なにかここで諦めるのは僕の人生を諦めるのと変わらない気がしてきた。そうだ、やっぱり家に入れよう。カミさんと交渉して説得して、だめなら怒鳴りちらして、もちろんできるだけ虫をカミさんがいない日中に退治する約束もして、どうにかしよう。そんな日に限ってカミさんの帰宅は遅い。どんどん寒くなってハバネロは凍えて行く。

もしどんなことを言ってもカミさんがダメだといったら、僕はハバネロを根っこから切って離婚でもしてやろうと思った。離婚なんて仕事のない僕には一つもいいことなんかない自殺行為だ。ハバネロで離婚?いや、ハバネロで離婚するのではない。これだけ僕を慰め、食卓を明るくして、お料理に一味も二味も貢献してくれたハバネロが、まだ青い実を沢山抱え意地らしく頑張っている。散々収穫をしても、そんなことも分からないカミさんなら、きっと長続きしない。そうだ離婚覚悟で、僕はハバネロと心中するつもりで、カミさんと最初は落ち着いて、丁寧に気持ちを説明して、とにかく話をしてみよう。そう思ってカミさんの帰りを待った。

そんな夫婦の最大の危機を掛けてした決心などはつゆ知らず、カミさんは「ただいま、寒かった~」と帰宅した。僕はお帰りも言わずに早速切りだした。「ハバネロを家に入れたいんだけども」思い切って言った。


「いいよ」と一言。

え?反対しないの?しめた!!驚いたのなんの。虫の話をするともしかしたら気分を変えるかもしれないから、とっととカミさんに手伝わせてプランターを部屋に入れてしまった。カミさん一人では重たいプランターを外にだせないからハバネロは天寿を全うしてくれることになった。

だが隠し事は嫌だった。虫のことではなく、離婚のこと。
僕はカミさんがなかなか帰ってこない間、ずっと離婚のことを考えていたことを正直に告白した。
するとカミさんは目に涙をいっぱい浮かべて、大きな声で笑いだした。

「なんでハバネロで離婚するん?」
「だって、君は虫がきらいだろう。僕は虫が部屋にいようとハバネロを入れたかったんだよ」
「こんなに実がなっていて楽しいもの、いいじゃない、いれてやれば、あっはっはっははははは」
「去年植木鉢を部屋にいれていたら、虫がでてきて、君凄く嫌がっていたじゃないか」
「だってあれ、実がならないじゃない、はははははは。ハバネロは実がなるもの」

実...実だったのか!僕がハバネロを一生懸命宣伝したのがついに文字通り実をつけた。
やった!やった!ついにハバネロが部屋にはいった。しかも円満に部屋に入った!
オウチのハバネロ2012

僕はさっそく、蛍光灯とエアコンを一晩中つけて、スポットライトもつけてやることにした。これがそんな状態の写真だ。凄くカワイイ。
凛々しいハバネロ2012

なんて凛々しいのだろうか。こころなしかハバネロも楽しそうだ。
これ以降、僕とカミさんはハバネロのプランターの前に座って、ハバネロをみながら話をする時間が増えた。ハバネロの、しかも同じ話しかしないのに本当に楽しかった。この実はいつごろとれるだろうとか、ハバネロは可愛いねとか。カミさんがあまりにも無神経に実をツンツンとするもんだから、僕が厳しく注意すると彼女は幾分不満のようだったが、僕がハバネロをどれだけ可愛がっていたか知っているせいかおとなしく僕に従った。

ただ、僕も彼女の言うことを聞くことにした。もう新しい芽がでて花が咲いても虫がいないから実がならない。だから実が無くなった枝から落としていって、部屋を綺麗に保ち、ハバネロの負担もへらしてやりながらの栽培になった。そして12月中ごろのある日....
サヨナラのハバネロ



本当のお別れがきた。でもなぜか、寒い夜カミさんを待っていた時のような不安、寂しさなんてものは不思議と全くなくなっていた。

若い読者の方は知らないかもしれないが「バラが咲いた」って歌があった。大抵の歌は一番が一番良い歌詞だけれども僕はあの歌の二番の歌詞がとてもすきだ。

バラが散ったバラが散ったいつの間にか....


とっても寂しい歌に聞こえるけども、


僕の庭のバラは散ってしまったけれど、寂しかった僕の心にバラが咲いた

とつづき聞いていても歌っていてもとても救われる。4月から僕と一緒に生きてくれたハバネロは本当にこの歌にでてくるようなバラのようだった。暑い夏を越し、実るべき時期に実がならず、遅れて付いた実は僕の料理にも、食卓の上の花瓶にも、もちろん僕の心にも温かみをくれたと思う。

バラが咲いたバラが咲いた真っ赤なバラが、いつまでも散らない真っ赤なバラが

この心にバラを咲かせた少年の、庭に咲いたバラは本当に「いつの間にか」散ったのだろうか。
違うと思う!心にバラを咲かせたあとに振りかえれば、いつの間にか散ったように感じたのかもしれない。
少年は待ちに待ったバラが咲いたときは愛おしくてずっと見ていたんだろうと思う。それで花びら一枚一枚が変色してゆくのをみる度、バラに多目にお水を上げたり、虫を退治したり、草むしりを丁寧にやったり、葉に隠れた蕾を探したりしながらいつまでも咲いていて欲しいと心から願い、目いっぱいの努力をしたのだろうと思う。だからこそ、巡る命を理解して心にバラが宿ったにちがいない。この歌に何が歌われていたか、40歳になってから初めて分かったのは遅かったかもしれないけど、歌の中の少年とおなじように、僕の心にはいつまでもオレンジ色に輝くハバネロが辛い香りをさせてたわわに実っている。それは一生懸命悔いない様に面倒をみることにより得られた満足感と、最後まで頑張って実を付けて生き抜いてくれたハバネロの命への感謝の気持ちと敬意が、心のなかで形になってくれたのだろうと今のところは解釈している。






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

上海蟹とその思い出

2012.12.22 08:00|魚・貝料理
今日は僕の好きなブロガー、suzuさんに教えてもらったと思う、上野のお店で買ったもののお話です。

上野の不忍口から出てアメ横を御徒町に向かって歩くと途中で道が二股に分かれます。その道を二股に分けているビル(かその一つ奥かもしれない、適当ですみません)の地下には怪しいものが一杯売っています。青パパイヤ、干した夏目、コブみかんの葉、そして上海ガ二。
上海ガ二ってのは季節が決まっていて11月一杯くらいまでが美味しいといわれています。11月のある日たまたま上野に行ったので上野で買ってきちゃいました。
生きた上海カニ2012

じゃ~~~~ん!生きた上海蟹!



蒸した上海カニ2012

じゃ~~~~ん!亡くなった上海蟹


調理法は凄く簡単!

1.蒸し器にひっくり返していれて、15分程蒸す。

です。

上海蟹のカニみそは物凄く濃厚です。口のなかにまとわりついて、キャラメルのような粘度、卵の黄身を10個くらい凝縮したような旨み。ん~~~なんとも言えない素敵さ!この蟹は「雨だから一杯1200円」だったが晴れていても多分1200円。札にはもっと高い値段がついてましたが、そこは大人はツッコまない、アメ横の醍醐味ですね。

まぁ、そんでもって

割った上海カニ2012


2.割って好きなように食べる。

というのでいいのではないでしょうか。

上海蟹っていうと僕は特別の想い出があります。

僕が結婚もせず貧乏で何も手になかったころ。ん~~なんて説明したらいいかな、そう、わかりやすく言うと丁稚だったころです。いつかは丁稚を卒業してなんとか独り立ちしたいと思っていたころ、上海蟹の季節になると、年に一回のお祭りだからと言って中華料理屋さんで上海蟹を食べてました。僕の後輩の丁稚もこの季節が楽しみでしたし、兄貴分の方も年に一度のこの上海蟹の会には来てくれて、初冬を楽しみ、鋭気を養っていましたね。お祭りだけに、カーニバル(カニ頬張る)なんて言ってたこともありました。後輩丁稚は有り難いことに僕の悪影響を受けずに番頭に昇格してます。兄貴分も元気でやっていると思いますが、どうも僕はあの世界が嫌になって辞めてしまった。一生懸命走り続けて季節がどう巡っているか全く訳がわからなくなっていても、上海蟹が一年の節目を刻んでいたあのころ、思い出すと寂しいかもしれないと思ってましたが、懐かしいけど寂しくないという不思議な感覚が今回上海蟹を食べて生まれてきました。

もうあのころ関わった人の名前も顔も結構思い出せなくなってきてます(道で会ったりすれば思い出すでしょうけど)。あのころの思い出をまぶしく鮮明にしてしまうかもしれないので敬遠してきた上海蟹でしたが、実際食べてみると僕の中にはあの頃のことは鮮明に蘇らず、でも、あの頃と同じく一年という節目を確実に刻んで僕を前進させてくれる食べ物なような気がしました。もう僕は新しい人生に一歩踏み出しているのでしょうね。また振り返るでしょうが、歩きながら振り返る分には何の害もなさそうです。外食では超高級でしたが、1200円くらいならまた来年食べようかなと思います。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

カミさんのいない日は.....主夫太郎の休日

2012.12.20 08:00|家庭料理
韓国では女性大統領が誕生したそうですね。我家の大統領は大分前からカミさんですが、今日はそんなカミさん不在の時のお話。副大統領(まぁ、僕のことだけど)の休日って感じの記事ですよん。

ネットでも実際のお友達でも、主夫太郎はちゃんと頑張っている!と思って下さっているようで、とても嬉しいです。まぁ、本来、努力の過程などは評価されべきものではないのですが、それでもちょっとうれしい。努力は本来良し悪しに関わらず結果が出る前に評価されるべきものではない、というのが僕のポリシー。でもそんなポリシーやめました。やる気だしてるところどんどん褒めてね~、あはははははは。

と書いてみたんですがね、大抵はやる気で満ちている僕でもやる気がないときがあります。それはカミさんが出張や飲み会で夕飯を食べないとき。実際カミさんが家でご飯を食べないときは、あるいみ実験的なお食事をつくるチャンスなんだけれども、それをやる気になるかどうかは体調によります。この日は全くやる気のない日。ご飯もパンもいらない、つまみでも作ってワインをがぶって飲んで寝ちまえ!って思った時の夕飯です。

カミさんいない日のコンニャク2012

これは母の手作りコンニャクを中途半端に残ってるクルミと、もらって嬉しいけど、そんなにふりかけ食べないから封を開けにくい錦松梅をたっぷり一袋いれて酒を振りかけて軽く煮ました。あははははは。こんなの絶対カミさんがいるときはしない!錦松梅がダメになる前にと思って、まぁ、冷蔵庫の掃除お料理って感じかな。もともと食材を捨てるのは僕はあまり好きではないのですが、錦松梅ってのは捨てにくい度では5本の指にはいりますな。


へしこ2012
母と永平寺や東尋坊に旅行したときに買った「へしこ」です。「へしこ」ってのはサバの糠漬けのことで、真空パックになっているので大分もちますが、大丈夫かよく分からない色してました。ん~いいや!僕が食べるんだから!ってんで使ってみることに。へしこ自体はすごくお酒にあいますよ。




カミさんいない日の山百合2012僕の好きなブロガーのsuzuさんが教えてくれた上野の変わったものが売っているマーケットで生の山百合が売っていたので衝動買。ミニトマトと一緒に炒めて、へしこを混ぜて冷蔵庫に味が馴染むまで放っておきました。ん~~こんな適当なお料理をいままでカミさんに出したことはないと思う。へしことトマトに旨みを任せて、山百合に食感を担当してもらいました。


カミさんいない日のブルザン2012

ネギとブルザンチーズ(ペッパー入り)とエリンギを耐熱容器にいれて塩とオリーブオイルを軽く振って、180度のオーブンで20分くらいかな。まぁ、温度も時間も結構適当でいいのよ!赤ワインにあうものでいいなと思ってあまりものをよせあつめました。なんで炒め物にしなかったかって?あははは。一人で食べてると温かい出来たてを何種類もってわけに行かないから、時間差つけるために、コンニャク作ったあと、オーブンに放り込んでおきました。放っておいても保温もできますしね。

普段はそんなに旨みのあるものを食べたいとは思ってないので、本当にこんなので大満足しちゃいます。
よく、主夫太郎さんは普通のものを食べないのですか?なんて聞かれるのですが、そりゃ食べてますよ!っていうレポートも込めて今回の記事でした。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

卑怯漬け&政見放送の感想

2012.12.18 08:00|常備菜
今日のお料理は何でもないので、雑文を引っ付けてみました。「続きを読む」を押すと僕には珍しく選挙のお話。っていっても政治そのものではなく政見放送の感想文です。難しい政治のことは分からないので政治的なことは一切書いてありません。あははははははは。

さてさて。今日は冬のお野菜、白菜をお料理します!


白菜一個だ2012
実家に帰ったときに大きな白菜を貰ってきました。貰う瞬間、ちょっと大きいなぁって思ったんだけども、なんとかしてみようって思って丸丸貰ってきました。いやいやアイデアをはそんなにないですがね。ん~~って考えてたら....


タッパ2012
漬物!漬物樽も漬物石もない!まぁ、漬物石だけあっても仕方ないから樽がない段階で石もないんだけどさ。何とかしなきゃ!ということでこの蓋付タッパで漬物をつけます。


きりいか2012
旨みの添加にはこの「きりいか」白菜から沢山水がでてもある程度吸ってくれますしね。なんて言ってみたのだけど、以前使ってそのままになってて忘れてたのよ。引き出しの奥からひょいと顔をだしたので使うことにしました。なかなか良い味がでます。松前漬けの旨みもイカからでますしね。


きりいか白菜漬け2012
まぁ、塩を葉に塗って、「昆布」「きりいか」「唐辛子」を重ねて行きます。難しいことはないですよね。塩の量なんて適当適当!しょっぱすぎたら漬け汁を絞りましょう!これで一種類完成!



卑怯白菜2012

そしてもう一つ!そうそう、干し貝柱です!あははははは。表題の「卑怯」はこれが由縁です。まぁ、これから旨みが出ないはずがない。強烈にでるからねぇ。あはははははは。干し貝柱は我家ではすっかり卑怯な食材。卑怯とかいて干し貝柱と読んでもいいくらいです。まぁ、おいしいですね。


山盛り白菜2012

そんでもってこんなくらい山盛りにして、ちょっと山盛りな気もするけど.....


押してマス2012

体重かけてヨイショと押して、タッパのフタのストッパーを掛けます。一日したらカサが減るので、上部につけ汁が回るようにひっくり返します。結構な時間持ちます。まぁ、浅漬けですがね。これ二つ作ってますが、少し食べたあと適当なところで二つを合体させてもう一度押しますと、そこそこ美味しい漬物になりますなぁ。

卑怯漬け断面2012


そんで、これは浅い段階での写真。手前についてる干し貝柱は特別出演!主夫太郎監督の演出で無理にくっ付いてもらいました。あははははは。白菜美味しい時期ですからね。なるべく無駄にしないように使いたいですね。
この白菜でシラスとご飯を巻いてさらに海苔で巻いたりしたらいくらでもたべられちゃいますよん。いくらでもたべられちゃうのはよくないですけどねぇ、太っちゃうから(笑)



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

続きを読む >>

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

カミさんのお料理!

2012.12.15 08:00|雑文
結婚して何回目だろう。この日はカミさんが夕飯のお支度なんです。もちろん凄くうれしいですよん。まぁ、カミさんのご飯が嬉しいのもあるんですけどね、何人かのブロガーの方が僕のカミさんのことちょっと気になるらしいんです。まぁ、パンダのように珍しいわけでもないですからご披露するのもなんですが、だからと言って京都のお寺の秘仏のように隠さなきゃならない程有り難いものでもないです。そういや、京都のお寺の秘仏って本当にあるんですかね。あははははは。とにかく、そんじゃってんで、僕のブログなんだけどカミさんを登場させることにしたんですよ。

普段一生懸命お仕事をしてくれているカミさんにお料理をさせるのはどうもいくらかの罪悪感があるんだけれども、僕には彼女のつくるおかずで大好きなものがあります。鶏もも肉の照り焼きです。変わった食べ物ではないですが、普通のもので美味しいものというのはとても大事。この日は僕が群馬の実家から帰ってきてお料理する時間がなく、彼女が休みで家にいたので、鶏もも肉の照り焼きで夕食を作ってもらうことにしました。

カミさん照り焼き漬け2012

照り焼きはこの漬けだれに鶏もも肉を漬けることから始まります。醤油、みりん、お酒、砂糖、生姜で漬けるんですが、どんな割合か僕は知りません。というか毎回教えてくれるのですが、覚える気は全然ないです。だって僕が作らなきゃならなくなるから。それに僕の方が先に天国に行くつもりなので、全く困らないですしね。あはははははは。この写真まではカミさんがとりました。

カミさん照り焼き取り出し2012

カミさんが料理をしているところです。鶏肉を付けた袋に箸をいれて、

カミさん照り焼き準備2012

取り出しました。よ!日本一の嫁!鶏肉取り出させたら日本一!なんて褒めたらきっと猛烈に怒られます。どうも、ほめ過ぎるとダメらしいです。だけど無関心も気に入らないらしくて、ちょうどいいのがイイらしいですが、ちょうどいいってのが難しい!ん~男にとって女は永遠の謎です。しかし男の馬鹿はすぐ女にバレル。人生って不公平だ!

照り焼き焼き2012

そんで皮から焼いて、余計にでた脂をキッチンペーパーで吸い取ります。これがコツらしいですが、もちろんブログを書き終わったら忘れます。

照り焼きお酒入れ2012

お酒をいれて、蓋をして加熱して水分を飛ばします。かなりお酒が多いですねぇ。お店ではこんな使い方できません。このあと漬けだれを入れさらに過熱。不思議とお肉は固くならないです。


カミさんの照り焼き仕上がり

そんでもって出来上がり。いつもこんな感じな黒さですが、これ大好きで、流石にこれだけは僕は真似しない。真似しないどころか近づきもしません。僕のお料理で鶏肉にお醤油を使うものがほとんどないのもこれが理由ですね。僕は大抵のお料理をやって見るつもりでいますが、これだけは多分一生やらないだろうと思います。ビールで美味しく頂きます。ん~~白いご飯も沢山食べて、このメニューの日だけは僕は体重を気にしないことにしてます。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

宴の後の朝食(力抜くとこんなものです...)

2012.12.13 08:00|家庭料理
最近NHKの朝の番組が潰れて政見放送が流れてばかりですが、最初はつまらなかったのに、これが最近面白い。政治は分からないのですが、候補者の必死さが伝わっていいです。ん~~~何で今まで見なかったのだろうって思うんです。無理に爽やかに笑ってる候補者が不気味に見えたり、ポスターと顔が全然違ってむくんじゃってる女性候補者なんてまだまだ面白くない方で、やたらと見応えがあります。選挙がおわったら政見放送の感想文でも書こうと思ってます。ただし、あんまり言ってること聞いてません。だって難しいんだもの。あははははは。こんなアホにも選挙権をくれる日本国って本当に素敵ですね、大丈夫かなぁ、日本の未来。あははははは。

さて、以前書いた11月3日のパーティーの記事はかなり力を入れてました(ポチリで飛びます文化の日のホームパーティー(今年も来ました!寒い日々))。なんといってもお友達をお迎えしたのですから、パーティーにはかなり力をいれましたし、そんなら記事だって!!って思いますよね。まぁ、お友達は有り難いですからね~。

神様ありがと~♪僕に友達をくれ~て~♪(あらいぐまラスカル)

とにかく全てに力が入りました。そうなると次の日(日曜日)は自然と力が抜けるものです。本当に適当でいいですよね~。「明日のジョー」も最後は燃え尽きたらしいですが、僕も燃えつきて手抜き料理です!!でも朝ごはんを食べるのは本当に久しぶり。そういう意味では凄く充実しましたねぇ。


野菜前菜2012 鳩2012

今回ご紹介するのはパーティーで作ったお料理の3品、左はズッキーニのファルスとトマトとズッキーニをカツオ出汁のゼリーと合わせたサラダ、右は鳩のロースト、この後写真で出てくるラタトゥーユの3品の余りものを使ってのリメイク朝ごはんです。


文化の日のハトガラ
11月3日のパーティーで鳩をさばいて焼いたのですが、当たり前ですが、ガラが出ます。もちろん無駄にするなんて馬鹿なことはしませんよ。ちゃんと今回もハトガラスープをとりました。ニンニク、玉ねぎなどの切れ端をいれて、沸騰させないようにゆっくりとスープをとると、鶏よりも香の強いスープが取れます。このスープを取る技術を大田区石川町付近にあるつつましやかでいながら品のあるご家庭ではハットトリックって言います。あははははは。



余ったラタトゥーユ2012

こちらは余ったラタトゥーユです。旨み成分はトマトだけ。いつもラタトゥーユは多目に作っちゃいますね。なかなか少しだけつくれないものですからねぇ。作り過ぎても使い勝手がいいですから全然気にしない。ちょっと今回は色が悪かったですねぇ。




鳩汁

ということで、旨み成分の少ないラタトゥーユに鳩ガラスープを足してスープを作っちゃいました。「あん?水でのばして胡椒でも多くふればいいんじゃない?」という大人気ないツッコミをするお姉さま!!い・い・の!ハトガラスープまで無駄なく使っている自分に酔いたいんです...酔わせて下さい~♪もう少し~♪そういえばそろそろ氷雨を見てもおかしくない季節。




チコリーサラダの上2012こちらはチコリーのサラダの上に乗っていたサラダです。「宝石箱仕立て」なんて言ってたんですが、宝石箱ってちゃんと綺麗に並べてていて、雑多に宝石入ってないよねぇ。まぁ、宝石箱なんて見たことないけど。トマト、ズッキーニ、カツオ昆布出汁のゼリー。折角のゼリーですが、今回はこれ溶かして旨みを使います。コラーゲンは目に見えなくなってしまいますぞ。大事なものは目には見えないんだよ、って王子様も言ってました。



シイタケ雑炊2012

ラタトゥーユに入れそこなった半端なシイタケをみじん切りにして、鹿のフリカッセに添えたジャスミンライスのあまりをお湯で煮て温めます。ジャスミンライスはやはり香りは弱くなってしまいますし、それほどトロミもでません。雑炊なんだけども、お茶漬けに近い感じかなぁ。




サラダ足しちゃった雑炊
ふんでもってサラダを足しちゃった雑炊です。ということで命名!「ジャスミンライスにシイタケ刻んでサラダを足しちゃった雑炊」なんだか口先斎主夫太郎左衛門時宗と同様、評判が悪そうな名前です。だれか一人くらい宛名としてコメント欄であの名前使ってくれると思ったのに...とにかく、カツオ昆布出汁だから味が悪いはずがありません。ズッキーニとトマトが入ればもう旨みは十分すぎます。


11月3日の次の日の朝食2012


ズッキーニのファルスも残っていたので、それと合わせて朝食です。まぁ、お昼と合わせてのご飯ですけどね。どこの国のお料理か分かりませんでしたが、まぁ、いいでしょうなぁ。十分力がでるお料理でしたよん。

段々寒くなってきましたねぇ。なんとかこの冬を楽しく乗り越えるべく、色々考えてます。ん~~~~そろそろ色々仕込まないとなぁ...



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

ホウレンソウカレー、ああ懐かしきクラブスパイシー

2012.12.11 08:00|エスニック系
前回のパンを焼いた記事に関して、「いきなりフランスパン?」っていうご意見が結構ありましたが、それは僕が何も知らなかったからです。あはははははは。知らないって凄いですねぇ。でもアドバイスも頂けて、このまま頑張ることにしました。今後もご支援よろしくお願いします。

それからブログのアクセス数が1万を超えました!ああ、まさかこんな日がくるとは!!!ブログを始めたのが今年の3月。結構早いような遅いような。でもメデタイ!!!


さて、大学時代、クラブスパイシーというサークルを作ってました。単なる仲良しが集まって変わった料理を食べるだけのあつまりだったのですがね。まぁ、一回だけ集まってカレーを作ったことがあります。あれあんまりおいしくなかったけど、いい思い出ですねぇ。あの時は沢山スパイスを使うと美味しくなると思ってました。そもそも方向が悪かったのだけどもあれから沢山の失敗をしましたが、いまではそこそこカミさんも食べてくれるカレーを作れるようになりました。

今日のカレーはとってもシンプルです。何を使うかというと....

ホウレンソウペースト20121.茹でたホウレンソウをフードプロセッサーでペーストにする。

ご存じ「サーグ」です。上京したての頃、カレー屋さんで緑のカレーが出てきたときはビビりましたねぇ。どうしようかと思ったくらいです。ところが今では自分でつくるようになる....人間は歳をとり、幾分の進化をするんですねぇ。


カレー玉ねぎ炒め

2.玉ねぎを柔らかくなるまで炒め、唐辛子、すりおろしニンニク、すりおろしショウガを加え炒める。

ニンニクとショウガはたっぷり目にいれますね。この写真は大き目の玉ねぎ一個を炒めてますがスプーンで大盛りのおろしニンニクとおろしショウガを加えてます。

3.火が通ったら、塩、胡椒、クミン、コリアンダー、クローブ、カルダモンを加え優しく火を通す。

え?スパイスってこれだけ?って思うかもしれませんが、まぁ、こんなものでいいですよん。
クミンとコリアンダーが同量。クローブとカルダモンはその3割くらいかな。結構適当にしても、クミンやコリアンダーがしっかりしてれば、不味くはならないとおもいますよ。カレーの味がしないからスパイスをジャンジャンいれてたりしてた時期もありましたが、これが大きな間違いでした。ただ、苦くなるだけ。実は一番大事なスパイスは塩です。まぁ、大抵のものは考えてみれば塩だけで美味しく食べられるんだからねぇ、あとは胡椒くらいのつもりで入れてればいいんですよ!これに気付くまでに3年かかりました!あはははははは。
ホウレンソウカレーペーストだ!

4.3に1のホウレンソウのペーストを加え唐辛子を取り出し、一晩寝かせる。

実は2日寝かせてもいいんです。冷蔵庫なら結構持ちますね。レンジでチンすればまた3日くらいもちます。スパイスを多くいれてしまったときは長く寝かせる方が馴染んでおいしいです。さて、このカレーペースト、旨みがないですよね。いいのいいの!旨みなんて後で加えれば!!僕だけが思っているのかもしれませんが、肉や魚の旨みなんて最後でいいと思うんですよ。確かにコトコト煮込んで抽出するお料理は美味しいですよ。でも、大抵の家庭料理ではお魚もお肉もその日食べたいものを買ってきて、や~~って料理して、バクってたべるんだから!だからカレーペーストなんてお野菜の旨みだけ引き出しておけばいいと思ってます。


そんで今日は何で旨みをつけるかというと....
タラにホウレンソウカレーを2012

タラだよ~~ん

5.タラに薄く粉をはたいてコブみかんの葉(バイマックルー)と炒めて4のホウレンソウペーストを入れ軽く煮る。

コブみかんの葉っぱは最近よく使います。
トマトソース投入2012

6.トマトソースを加え、全体的になじませる。

母の作ってくれたトマトソースを加えましたが、さらにシンプルに食べる時はいれなくてもいいかもしれません。旨みの補給って感じですね。お魚を煮すぎても美味しくないので、お魚に火がとおったら十分。ご飯にかけておしまい。甘味を加えたければチャツネをいれてもいいですね。

ホウレンソウカレー2012

まぁ、こんな簡単なお料理です。クラブスパイシーのときにしていた手間を考えると4分の1くらいですね。
いや~学生って馬鹿ですよ。でも人間って真剣に馬鹿をやる瞬間て必要ですよね。僕は真剣に馬鹿なことしてる学生だったらいくらでも応援したいですね。僕がそうだったから。

ん?お前今でも真剣に馬鹿やってないか?

ですって?いやいや、今は片手間で馬鹿やってます。もう少し思い切った馬鹿をしたいですが、主夫はそういうわけいきませんよね~。もうすこし立派に馬鹿ができるくらい賢ければいいなぁって思ってます。昔は今よりもすこしだけ賢かったんですよ。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

パンって難しいなぁ。

2012.12.08 08:00|雑文
*今日はちょっと遠出をしておりまして、どうも本日中には皆さんのところにお邪魔できそうにないです。ふざけているわけではないのですが、すみませんねぇ。またまた、不義理になってしまいます。

さて、前回の記事では田園調布に散歩にいって、経済的強者のお宅に圧倒されて帰ってきました。まぁ、田園調布のお金持ちの方がこのブログをみていたら是非ご一報頂きたいところですが、まぁ、それ以外に富沢商店に行きパンの材料なんかを買ってきました。パンにスジを入れるカミソリとかスケッパーとか。

フランスパンを作ろうと思ったのだけど、一体なんの粉を使っていいか分からない。お店にはよくわからない粉が一杯!!!最強力粉なんて書いてあって、すごく強そうだったり....ん~~店員に聞いてみるのもかっこわるい。

「フランスパン作ろうとおもうんですけど粉はどれがいいですか?」

ってだけなんですが、どうも下準備の悪さが露呈するのも嫌で、ん~~小さな男!と、そんなところに僕の目に飛び込んで来たのが....

フランスパン粉2012
おお、その名もフランス!これでフランスパン以外のものが出来たらむしろ凄いな。ってんでかごに入れました。家に帰ってよく見ると日本で最も早く開発されたフランスパン専用粉って書いてある。ん~よかったよかった!しかしまぁ、そのまんまの名前だねぇ。ブラジルって名前のコーヒーみたいなもんか。



パンだね材料2012どうもフランスパンってのは一日じゃ出来ないみたいだ。発酵種っていうパン生地を作っておいて、それを元に作るらしい。一応材料と一緒に記念撮影。作り出したら写真どころではなくなるからねぇ。
1.フランスパン粉100g、水65g、インスタントドライイースト0.5g、塩2gをよく混ぜ、油脂類を塗ったボウルで一時間発酵させる(28~30度)
2.パンチ(空気を抜いて)冷蔵庫で1~2日おく。


パンだね
一日目はこれだけ。ん~~~~ちょっと拍子抜けだ。発酵種ってものがどんな状態がいいのかさえ分からないからねぇ。まあ、発酵された発酵種を写真とっておきました。なんてことないね。毎日作る人はパンだねをそのまま発酵種につかうんじゃないかなぁ。良く寝かせたカレーを混ぜるかんじだろうか?むむむ。


さて、翌日
3.パン粉250g、塩5g、インスタントドライイースト1.5g、ビタミンC溶液少々、モルトシロップ0.5g、発酵種65gをよくこねる(約7分)。

って本には書いてあるけど、まぁ、7分後にはテキストのような生地が出来たと思う。

4.一時間発酵(28~30度)

パンだね発酵2012
写真の様に結構見た目はハンサムなパンの種になった!
5.分量に切り分けてベンチタイム20分(ビニールかけて放っておく)をとる
6.形成し布の上にパン生地を置き霧吹きで水をふりかけ、32度で一時間寝かせる(ホイロをする)
また寝かせるのか!!!寝てばっかりだなぁ。

ホイロ1-2012

これはホイロしているところ。ん~~~なんか嫌な予感。このあとは.....

7.クープを入れ、230度のオーブンで20~25分焼く

不味そうパン2012

って出来上がったのがこのまずそうなパンたち。長いのとか短いのを作って見たんだけど、こりゃどれもまずそうだ!!実際食べてみるとすごくマズイ。
もちろん責任とって食べましたよ。はい。
不味そうパン断面2012

断面がこれ。ん~~~なんじゃこりゃ。ここで反省点を整理しなければならないな。


反 省

1.布の上にパン生地を置いてホイロさせるけど、その布はタオルではないな。けばけばしたのがパン生地にくっ付いて動かせなくなっちゃう。

2.とっても柔らかい生地なのでホイロしたあと動かすときに形が崩れてしまった。クープを入れたあとオーブンの温度がなかなか上がらず時間が経ったので生地がしょんぼりして形も悪くなった。

3.断面をみるとパンの耳が厚い。


分 析

反省点の1だけど、論外。分かりそうなもんだけど、人間なんてこんなもんかな。
反省点2は色々考えられるけど、過発酵で生地が膨らみ過ぎたせいかもしれない。ただ、そんな気分もしないんだけど、可能性として考慮しておこう。それと僕の技術が低くて上手に生地を扱えないことも考慮に入れるべきだ。こればかりは数をこなさないとダメだしねぇ。最初は仕方ないだろう。
反省点3に関しては外側が焦げているとすると内側の生地から比べると水分が足りないんだろうな。もっとこまめに霧吹きをして十分な水分を表面にも蓄えてもらえば少しは変わると思う。


ということで、即刻リベンジ。発酵種がまだあるからねぇ。次の日にまわしたら悪い原因が分からなくなっちゃうし。

ホイロ―22012

反省を生かして、ホイロは霧吹きしたオーブンシートの上でやりあまり動かさないように。パン生地一つ一つに対してオーブンシートを切ってあって、動かすときは手を触れずオーブンシートを持ってやります。技術不足は工夫するしかないからねぇ。



2回目パン2012
ふんでももって焼きあがったのがこいつら。クープはどうも角度と深さをもう少し動画なんかでみる必要がありそうだ。多分深さより角度が悪いのだと思う。折角切り込みを入れても角度が浅いとまたくっ付いちゃうからね。角度を持たせてちゃんと切り裂いてあげないとだめそう。



2回目パン断面

断面もこんな感じ。よくみるとちょっとダマになっているところがあるから、もしかしたら、発酵だねが良く混ざってないのかもしれない。それなら大した問題ではないな。クープが下手なのも関係しているかもしれないな。ふくらみたくてもスペースが無くなっちゃうから。



2回目パンおしゃれに2012

まぁ、一応おしゃれに盛り付けてみました。奥にあるのはホアグラのパテ、自家製です(ポチリで飛びますホアグラと結婚は勢いで!)。
ん~~~~~写真教室のお蔭でそこそこに見えますが、これはもうだめ!!
修行の始まり始まり!!!!!

ひ~~~~~~

ご意見ございましたら何なりとコメント欄にお願いいたします。パン職人になるには何年もかかるんだから諦めろ!ってのは無しですよ、だって僕がかわいそう!あははははは。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

ああ、あこがれの田園調布

2012.12.06 08:00|雑文
今日はお料理ブログというより、お散歩日記です。次回のお料理日記のための前ふりなんですが、ひとりでお散歩なんてものも主夫になって初めてといえば初めて。日記にでもしておこうとおもいました。


僕の住んでいるところは大田区石川町。大きな道路が通っていて道路添いには立派なマンションが建っているものの、ちょっと街道から外れると狭い所に2階建ての一軒家とか小さなアパートが立ち並んでいる。よく考えてみると東京23区に家があるなんてなかなかのブルジョアなんだろうけども、それでも凄いお金持ちの集団って雰囲気が全くみえない。もしかしたらお金持ちっぽいことをひたすら隠し、来る経済危機、食料危機に備えている堅実で気弱なアリ族なのかもしれない。ん~最後に勝つのはこの人達だろうか....一方僕は気弱なアリ族のおうちに埋もれているカミさんの社宅に暮らしていてショボイ暮らしではあるけども、全くもってキリギリスな生活。でも幸せではあるな。

住みはじめたころはまぁ、そんな幸せに満足していたんだけども、ある日車を走らせてみると、何分もしないうちに「田園調布警察署前」の交差点にたどり着いた。ん?田園調布って、あの、プロ野球選手とか芸能人とかお金持ちが住んでるところ?それじゃ、歩いて行けるじゃないか。あの田園調布に歩いて行けるんなら、おれ、ちょっと歩いてみようかな。ということで11月上旬の晴れたある日の午後、僕は田園調布の駅に向けて散歩に出かけた。

我家の前にある小さな道を駅と反対側に歩きだすと環状八号線という大きな道路にぶつかる。
環状八号線のこちら側は、堅実で気弱なアリ族の住む地域で、あちら側はおそらくアリよりも堅実で強固な蓄えのあるキリギリス族の住む地域。道路沿いにフェラーリなんてものも売っていて、さすが、田園調布だなぁなんて思いながら環状八号線を横断した。

と、途端に家の雰囲気が変わる。まぁ、流石に他人のお宅を写真にとれないのでちょっと説明しづらいが...堅実で気弱なアリ族の家は道路と玄関が接している感じだけども、田園調布のお宅は道路から玄関までが遠い!門があって、よくわからない遊んでいる空間があり、その向こうに高貴な雰囲気のドアがあって僕を拒む。まぁ、訪問するつもりはないんだけど、積極的に拒まれてる感じだ。どう考えても外車が3台は入るシャッター付きのガレージがあったりして驚いてばかりだ。きっと外車が入ってる。が、このあたりに住んでいる人はきっと外車を外車なんて思わないんだろうなとも思った。「日本で作っていようがどこで作っていようが、ベンツはベンツ、BMWはBMW(もちろん発音はベー・エン・ヴェーと本場風)」なんて思っているに違いない。なんか、だんだん腹が立ってきた。「おい!そんなに外車を外車と意識しないんだったら、国産の野菜にこだわるなよな!」なんてバーチャルな田園調布の住人とバーチャルケンカを始めてみたけど「国産にはこだわりませんが、無農薬有機栽培にはこだわっているので自然と国産になるのよね~おほほほほ」という一言で僕が敗北した。

その敗北に我に返り、前を向くと、高貴な女子高生が歩いてくる。多分高貴なお住まいのご息女だ。ちらっとこっちをみてから目をそらしたので「おじさん悪い人じゃないよ~君を誘拐なんかしないし身代金もいらないよ~、田園調布ってすごいから歩いて見てるだけなんだよ~」って言い訳をしたくなったが、むしろ言い訳する方が怪しいと冷静な判断をして、何もなかったかのようにすれ違った。
表札をみて「中山」なんて表札をみると中山っていう有名人を一生懸命思い出したり、丸山なんて表札をみるとプロゴルファーかなと想像してみたり、「英」なんてのは読めないなぁとおもっているとHANABUSAとローマ字で表記があり、随分と高貴なお名前だと感心したりして、敗北感のあとの散歩はなかなか楽しかった。

すると、幼稚園生が歩いてくる。どうも幼稚園で英語をやってるらしい。お母さんとお友達と歩きながら英語の話をしているが、Fの、下唇を上の歯に当てる発音をちゃんとしてるぞ!なんてことだ!幼稚園児のうちからフェラーリって正しく発音できるようになってるんだ!なんという帝王学。バッタの足を引っ張って喜んでいた僕の幼稚園生のころと全くちがう生活を彼らはしてるんだなぁ、とこれも感心。

そんなこんなで少し迷ったけれども豪邸の外側を見物しながら、田園調布の駅に向かって散歩していると.....

豪邸?2012
じゃじゃ~ん!今日一番の豪邸!!
富沢商店看板2012

ではなく、富沢商店っていう看板!なんて奥ゆかしい小さな看板なのだろうか。
折角田園調布にゆくなら、なにか買い物をと思っていて、誰かから富沢商店の名前を聞いていたから、実はここを目的地の一つにしていた。

ここはパンやお菓子の食材なんかが売っていて楽しい。
お店の中にはいると田園調布在住のマダム(推定年俸1億3千万円)がお買い物中!
「じゃ、これさえあればいいの?...うん、じゃぁこれにする」
と店員にため口。流石に田園調布にある富沢商店様においても余裕のある買い物だ。
僕はちょっと緊張してしまって.....
こんなもの買っちゃった2012
こんなのかごにいれちゃった。多分お菓子を作るまな板。ケーキかなんかつくるときに大きさが分かるようになんか書いてあるんだろうな。あははははは。お菓子なんてつくる予定ないのに。あはははははは。まぁ、折角だから田園調布から生活を変えてみようかなと。
カッター2012

そんでこんなものも買いました。カミソリの刃と怪しい棒ですが...


カッター組立2012

こんな風にくっ付けます。ん~~~~~これで僕が何に挑戦するか皆さんお分かりになったと思いますが、ついにパンに挑戦することにしました。挑戦日記は次回の更新のときに。



富沢商店でお買いものを終えてちょっと散歩をしてみることに。
田園調布の駅にむかって歩いてみると.....
田園調布の広場2012

こ~~~んなに無駄なスペースが!駅改札前の広場です。品がありますね~多分。そして、なにやら怪しい建物が階段を上ったところに見えます。あの向こうは駅ではないんですよ。


田園調布階段2012

ということで階段を駆け上り、後ろを振り返ると....豪華で無駄なスペース!ん~ブルジョア!僕が歩いてきた真っ直ぐな道が見えます!僕の人生もこういう真っ直ぐな道を歩みたかった!!!

階段の上にある建物は単なる門でした。そう、これをくぐって振り返ると....
田園調布駅門

ほら!田園調布駅の門が!あの暗い門をくぐってくるシルエットの僕、かっこよかったろうなぁ。門の向こうには僕の歩いた道がある。そう僕はとうとう、田園調布を通りぬけこの地にたったのだ。門の看板には、東京急行田園調布駅。へ~~~東急って東京急行の略だったのか。なんで高知東急(たかちのぼる)なんてタレントの名前の事でケンカしてたのか意味不明だ。

あれ......なんでこの門のこちら側にしか看板ないんだろうという疑問。ん?これが入り口ってことはこの後ろ側が田園調布の人達の居住区?って思って振り返ると同時に、僕の頭の中にテレビでみた映像がフラッシュバック。駅から放射状に広がる大きな邸宅街の画像が視界を超えて、大きな波のように押し寄せてくる。

わわわわ~~~~僕が歩いていたのは田園調布の下町だったのか~~~~~~~!!!

いままで小さなことに感心しすぎだぞ!俺!!流石にここから先、邸宅見物をする気はなくなってしまった。
ここで出直すべく帰宅することに。


そして駅前で見たおかしな建物。
田園調布の郵便局2012

郵貯銀行のATM。一千万円までしか貯金できない郵便局にお金持ちの田園調布の人達は口座をワザワザ作るのだろうか。もしかして、「○○ちゃん、使い過ぎちゃだめよ。まぁ、全部つかっても一千万円までだけどね~」なんて言って有閑マダムが子供に渡すのかなぁって思ってしばらく見ていたけど、子供がATMを使うのはとうとう見る事ができなかった。案外田園調布も普通の人が住む街なのかもしれないと思った暖かい日の午後だった。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

治れ!!人見知りと引っ込み思案!(写真教室同窓会)

2012.12.04 08:00|雑文
僕の好きなブロガーのお一人にきゃりあおばさん様がいらっしゃいます。きゃりあおばさん様といえば、そうですね~印象は、イングリッド・バーグマンとオードリー・ヘップバーンを足して原節子をかけた感じの素敵な淑女。その憧れの淑女から昨夜コメント欄にて連絡が...主夫太郎さんとどこまでも逃げたい!っていう連絡ではなかったのですが.....

ぱんぱかぱ~~ん♪

先日ご紹介したやきがき(大江戸料理帳から)を素敵なお姉さまきゃりあおばさん様(ポチリで飛びます)がツクレポして下さいました。単なるツクレポではなく、さらに工夫をされていてとっても美味しそうです。お写真もきれいですし、是非是非彼女の記事もご覧になって下さいね~。

ということで焼き柿、僕以外の方も美味しいって言ってますから安心してお試しくださいね!!


さてさて、実はとっても人見知りだった主夫太郎。もう40前ですからそこそこのテクニックをもって色々コナしてはいるのですが、人が多くなると僕の弱い頭では処理できなくなってきます。そう人見知りの原因は情報処理能力の低さです(カッコつけてますが、要はお馬鹿)。ですから、一人、二人、ん~三人くらいと会うと最近は楽しいんですけどね。でも、これは直さなければいけない僕の性格ですので、今回、ビクビクしながらレシピブログ写真教室の同窓会に行ってきました。

前半はその様子、後半はその日の夕飯で2本立て!名画座みたいに2本だてですが、一応続いてます。田舎の名画座みたいに「寅さんとナウシカ」っていう組み合わせではないので、一応ながれがありますよん。

1.同窓会のお話
写真教室の同窓会はお料理持ち寄りの会。お酒や食器はレシピブログの方で用意されていました。
先日も書きましたが、一人当たり2~3人分のお料理を用意するとのことなのでいくらかの疑問を感じながらもお酒のおつまみ系を作ってゆきました。女性はきっと甘いものを用意する方が多いでしょうからねぇ。

同窓会のお料理2012シャッター食べました


まぁ、大分これでも無くなった後なんですが、写真左のように沢山のお食事。もう一つテーブルがありました。出席者は30人くらいですから絶対食べ切れない。これはあとでみんなでお持ち帰りタイムになって綺麗にはけてゆきましたけどね。

写真右の方はカメラの形をしたケーキ。
僕はここで自分の引っ込み思案を克服できるチャンスを見出しました。

誰がどう考えてもここまで造形の良い他人の作ったケーキに初めてスプーンを入れることは気が引ける!!
ということで、ここにスプーンを僕が最初に入れよう!!って決心したんです。そうすれば今後思い切りの良さを発揮して新しい人生が開けるはず!ああ、なんてケナゲな僕!

いざスプーンを取ってみると、一体カメラのどこを食べようか?レンズの部分?え?そんな大きいところあつかましくて!無理無理僕にはレンズは食べられません!ってことでちょっとヒトマワリしてたら誰かほかの方が食べてました。あはははははははは。

というわけで勇気を出してシャッター(大きなチョコ)を食べちゃいました!!ん~~ちょっと引っ込み思案を克服!


ケーキ食べただけだけど、偉いぞ俺!!!


色々なお料理があってどれもこれも美味しそうですが、とにかく量が多い!
色々な方が同窓会のレポートしてますが、槙かおるさん(ポチリで飛びます)が綺麗に沢山お写真をとってます。次回(があるかどうかはともかく)の参加の参考までにご覧くださいませ。


僕の持っていったもの2012

これは僕の持っていったものです。盛り付けに自信がなかったので、当日知り合ったブロガーのワカナさんにお手伝いして頂きました。ワカナさんありがとうございました!!

ラインナップはコブみかんボイルドハム卵レタスサラダ(卵抜き)まひまひゆかりんサラダ、手作りコンニャクのお刺身、山クラゲと豚ばら肉の炒め物です。

まぁ、もちろん売れ残ったのですが、実は一番人気がなかったのが卵レタスサラダ(卵抜き)。やっぱり地味すぎたかなぁ。ん~~~~ブログでは結構人気あったのに。やはり「口先も調理器具道」はなかなか浸透しなさそうです。


2.その日の夕食

同窓会夜のお料理2012出品まひまひ2012


欲かいて、お昼を沢山食べすぎました。ので、この日は野菜中心のお料理が夕食。
しかも余りものを持ち帰って手抜きのお食事です。
左のお料理は、白いんげん豆、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリー、をいためてトマトソースで煮たものです。流石にこれくらいはちゃっちゃと作りました。右は「まひまひゆかりんサラダ」。実はまひまひゆかりんサラダは出した分は全部無くなっちゃったのですが、タッパに残っていたもので。

さてさて、この日のメインは、当日お会いした槙かおるさんからタッパごと頂いた宝石箱サラダ秋~冬バージョンです。彼女のページに行って確かめると、マヨネーズ、ヨーグルトをベースとしたソース!!(こちらをポチリで飛びますデパ地下風☆宝石箱サラダ)
槙さんサラダ2012

あんまり上手にお写真が撮れなかったなぁ。レタスは売れ行きの悪かった卵レタスサラダ(卵抜き)をリユース。
柿が入っていて、とっても綺麗で、エビの香りが素敵でした!しかもマカロニも入ってます!

ここで本当に久しぶりに気付いたのですがね、

僕、実はマヨネーズ好きです!

しかもマカロニをマヨネーズで食べるのも大好き!!でも暫く食べてなかったなぁ。
実は、僕はもう10年以上もマヨネーズ買ってないと思います。僕のブログでも一度もマヨネーズが出てきたことはないです。マヨネーズのようなソースは作っているのですがね。

マヨネーズに頼っちゃうんですよ、僕。あるとすぐマヨネーズ使っちゃう。マヨラーってほどじゃなかったのですが、なんでもマヨネーズかけて食べちゃうんですよね~特に野菜は。それじゃいけないってことで買うのを思い切ってやめたんです。ん~~そろそろ素直になって買ってみるかなぁ~。いやいや、もう少しストイックに生きてみようか。ん~~マヨネーズを材料にするお料理を考えるべきか...いずれにしろ、

買うべきか買わざるべきかそれが問題だ
To buy or not to buy. that is the question.


あ~僕ってハムレットのような影がある男だなぁ、あはははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

コブみかんボイルドハム

2012.12.01 08:00|肉料理
今日は自動更新です。ちょっと出かけてますから皆さんのところにうかがえるのは明日以降になっちゃいます。すみませんねぇ。

今週の木曜日にレシピブログ主催の写真教室の同窓会なるものがありました。そのときのことはまた記事にできたらと思います。さてさてその時に参加条件として、2~3人分の食事orスイーツを用意せよとのこと。おいおい本当かよ!みんないうとおりにしたら凄い量が余るぞ!って思ったんだけどまぁ、なにか持って行こうかって思ってチャレンジしてみたのが今日のお料理.......

僕の好きなブロガーさん葉っぱさんにお会いしたとき、コブみかんの葉ってのを頂きました。これがドンっと僕にはまってしまって色々考えてます。スパイシーなものをつくるときはこれ使ってますねぇ。本当にはまっちゃってます。

ふんでもって今日使うのは豚のヒレです。なんだか大阪ではヘレって言ってました。
「ヘレってなんですか?」ってきいたら「ヒレのことです」って返事だったんでビックリしましたねぇ。ヒレを敢てヘレっていってるのかなぁ。ん~~。まぁ、とにかく

豚ヒレだ2012


1.ヒレ肉にお砂糖と塩を振り8時間程冷蔵庫で寝かすと水がでるので水をすて、軽く塩をしたあと、表面に油を塗り2日ほど冷蔵庫で寝かせる。

まぁ、塩が奥までなるべく届くのと水がぬけるのとで肉がしまります。

コブみかんハム2012

2.お好きなスパイス(クローブ、ジンジャーなど)をふりコブみかんの葉でお肉を包むようにしてラップできつく締め上げる。

コブみかんハムマキマキ2012

いっちょ締め上げてやったところです。ん~~、助けて下さい!お願いです。何でもしますから~とお肉が泣きをいれるまで締め上げてあげます。「何でもします?じゃぁ食料になれ!」ってことでハムに。


コブみかんハム茹で2012

3.65度から75度くらいのお湯に3時間から4時間ほどいれ熱を通す。

コブみかんハム断面2012


まぁ、なんてことはないボイルドハムなんですけどね。ソミュール液につけてない分そんなにしょっぱくないですし。味が薄かったら塩ふればいいわけだし、お肉とコブみかんに匂いってだけですね。
写真教室の同窓会に持ってゆきました。ん~~皆の感想はどうだったのかなぁ。実は見切り発車、初めて作ったもの持ってっちゃったんだけどね。旅の恥はかき捨て!あはははははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。