10 | 2012/11 | 12
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

昭和からのおくりもの(洋食いしだの食べレポ)

2012.11.17 08:00|レストラン
*今日は「続きを読む」をポチリと押すと、雑文が出てくるのですが、長いので、こちらは読まなくてもいいんですよ。いつもコメントを残してくれてる方に本当に迷惑がかかります。コメント下さる方がいらしたら、本文の方だけで構いません、ぜひとも気にしないで下さい。ただ、僕の思い出をちょっとはどこかに書いておきたいなぁっておもったので書かせてもらいました。


昭和が終わって平成が始まった瞬間に世の中が変わったとは思えませんが、不思議と昭和と平成には劇的ではないのだけど、なにか不連続な変化というものを感じてしまうのは僕だけでしょうか。もちろん昭和の方が断然良かったなんて思いませんよ。ただ、僕の中にある色々なものが未だに昭和のままです。比較的理屈っぽい方なのですが、自分の「昭和」な部分は何故かどんなに理不尽であっても、非効率であっても、単なる感傷でしかなくても否定できないんですね。随分と不器用な人間だとは思うのですが、このいかんともし難い僕の性格は「昭和からの贈り物」なのだろうって思って最近はあきらめてます。
じつは自分のなかの昭和をまとめてみようと思い「昭和からの贈り物」という文章を書いていた時期がありました。あんまり評判がよくなかったこともあり辞めちゃいましたけどね。その一部が、以前記事にした今後の更新の予定の言い訳と雑文(ポチリで飛びます)のなかの雑文「渋川テアトル」です。

今回の記事は拙文「昭和からの贈り物」で取り上げようと思ったお店、「いしだ」です。
僕は大学一年生で上京して赤羽に住んだのですが、そこで通っていたお店なんです。僕が大学生になった時にはすでに昭和は終わってましたが、なんとなくこのお店に行っていたのは、消えかけている昭和を自分の手元に置いておきたいと思ったからでしょうか....それもあるんですけどん、実はこのお店とても美味しいんですよ。歳をとって色々な高級なお店に行くこともあったんですが、未だに美味しいと思ってたまにお邪魔してます。


先日久しぶりに伺ったのですがそのときのレポートです。


いしだ店構え

素敵なたたずまい!って思うのは僕だけかもしれませんが、これが泣けてきます。カラフルな看板はご主人の娘さんがボーナスで買ってくれたものだそうで、この看板みる度にここにきてよかったなぁって思います。

お安いメニュいしだ

メニュー上段の写真です。特上ロースかつ定食でも1300円ですかね。なんかあの当時と値段はあんまり変わっていないですねぇ。学生の僕としては手が届かないものではなかったですが、でもいつも食べられるものではなかったです。当時はトンカツが3000円なんてお店も結構あって、バブルはじけたものの、まだまだ強気な外食産業があるなか、こういう洋食屋さんは学生の味方でしたね。
ここのカツはフライパンにラードを入れて焼くようにして揚げます。カツが半分くらい浸るラードの量なので一度ひっくり返すんですよ。ひっくり返す姿がまたカッコいい!
いしだとインド

さて、もう少しメニューを見ると....スパゲッティの欄にお店と同じ名前の「いしだ」というメニューが!
まぁ、当時からあるんですけどね。メニューにも書いてあるとおり、ナポリタンの上にカツをのせて、さらにお店のデミグラスソースがかかってるものです。最初見たときは「なんじゃそりゃ!」って思いましたよ、はい。でもね、これ頼みだすと外せなくなっちゃうんです。今回気合を入れて写真とってきたのですが.....

いしだ2012

これが「いしだ」です!たまらん!!まずナポリタンに入っているのがソーセージってのがたまらんですね。そしてお決まりのピーマンと玉ねぎ!!!そんなナポリタンの上に「並カツ」が乗ってデミグラスが掛かってるんです。ここのお店はたしか並カツでも特上カツでもお肉の質は同じで厚さがちがったはず。いちど、「ちゃんとお金だすから、特上カツを載せて欲しいなぁ」ってお願いしたら、「いや、いしだは並カツのせるのが美味しいんですよ、特上カツじゃ美味しくないんです」って言われました。このカッコよさ!昭和のカッコよさですよねぇ。儲けるよりも、気に入ったものを出す!!!っていう姿勢が素敵です。レストランはお店に客が食事をしにきているのであって、お客の言うことを聞くためにお店があるのではないのです。
オムライススペシャル2012

カミさんが頼んだのは「オムライススペシャル」。スペシャルはナポリタンとサラダが付くんです。この昔ながらのオムライスがいいですね。最近は軟らかい厚みのある卵で巻いてあったり、フワトロってのがケチャップライスの上に乗ってるのもあって、あれはあれで美味しいですけど、やはりこのタイプは外せませんよ。やっと卵が高級品でなくなって庶民が気軽に卵を手にとれるようになった時代、でも卵に憧れを捨てていない、そんな昭和の人達を支えた香ばしいオムライス。我々はこの日本の高度成長期を支えたオムライスを、走り続けながらも決して有頂天にならなかった時代のオムライスを、そして豊になり過ぎてオムライスさえ過剰な進化を遂げたこの現代にひっそりと生きるこのオムライスを、忘れてはいけません。

ミックスグラタン2012

こちらはマカロニグラタンの上にソーセージとピーマンとマッシュルームが乗っているグラタンです。
めったに頼まなかったのですが、なにか食べたくなりました。
当時はBSEが流行るまえで牛タンシチューってのがあって本当にたまに食べました。カミさんとデートするときはよく頼んでましたね。学生だったから、2人で一皿の牛タンシチューを食べて、「牛タンって柔らかくておいしいね」って言いながら食べてました。あのときの贅沢、もう一度したいのですが、今は牛タンシチューを作らないそうです。ああ、残念です.....
インド2012

さて、上のスパゲッティのメニューをみたとき「インド」というメニューがあったのを気付いた方はいらっしゃいますでしょうか。僕が学生のころはあと50円くらい安くて、このお店で食べられる一番お安いものだったんです。だから何度も何度も食べました。お金がないのに、カップラーメンなら何食分かになるのですが、そんなものを食う口は持ち合わせていないと粋がっていて、このインドだけを食べに来たことが何度もありました。ああ、あんな時代、ジャージでふらっとお店に来てた時代、なつかしいけど恥ずかしい時代、そんなものをおもいだしながら注文しました。

僕がどうしてもうまく作れないスパゲッティが二つあります。一つは和風スパゲッティ。もう一つはカレー味のスパゲッティです。当たり前ですが、どうしてもここのカレー味のスパゲッティ、インドは超えられません。食べる価値ありです!!写真は少しお皿の手前が汚れてますが、それは僕が写真を撮る前に嬉しくてたべちゃったからなんです。

さて、昭和からの贈り物は皆さんに届きましたでしょうか。赤羽にあるこの洋食屋さん。もしお近くに行くことがございましたら、お立ち寄り下さい。お休みは2の付く日と3の付く日が基本だったと思います。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ情報
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。