09 | 2012/10 | 11
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

麗しの富士山へ

2012.10.04 08:00|雑文
9月22日に実は富士山に行ってきました。日本人で富士山を知らない人はいないとおもうのですが、その魅力を隅々まで知っているかというとそうではないでしょうね。行ったことなければそれは分からないですよ。実は僕、富士山のことなんてちっとも知りません!あはははは。今回、富士山に登山に行ったのではないです。え?山に登らないのに何が魅力だって?あるんですよ、ちゃんと魅力が。そ、れ、は、
き の こ 狩 り

あははははははは。僕のブログの読者さんは大抵がレシピブログからいらっしゃるので、富士山に登らなくても期待はずれなトピックってわけじゃないと思うんですが、如何でしょうね。


このきのこ狩りを誘ってくださったのは、主夫太郎が結婚式の2次会をさせて頂いたレストランのオーナーシェフです(ポチリでそのレストランのページに飛びますラ・シャッス)後日、このレストランのご紹介記事は書かせて頂こうと思ってます。素敵なレストランなんですがね、だから、たま~にしか行けないのですが、お料理のお話などをうかがううちに、お話をするようになり、常連客のフリをさせて頂いてます。案外その気になれば僕も世渡り上手なんですかねぇ(笑)ということで、人生それほどうまくは行ってませんが、キノコ狩りにはうまく行くことができました。人生初のキノコ狩りです!ちなみにタダでキノコをとることはできません。鑑札(2000円)が必要です。

ブルトンルネ

こちらは、シェフ自慢のワンちゃん、ルネ君です。一歳になるかならないかのまだヤンチャ盛り!ブルトンっていう犬種で、狩猟犬なんですって。血筋がいいんですね。トリュフの匂いなんかもかぎ分けるというお話も聞きました。シェフはルネ君にぞっこんで、お料理褒めるよりルネ君褒める方が喜びます(笑)

そんで今回主に取れたきのこというのは......

ハナイグチ2012

ハナイグチ

という茸だそうです。シェフのお話によると、今回はそれほど生えてなかったそうですが、僕等初心者には十分満足な量でした。上の写真では大きさがわからないと思うので手でつまんだ感じの写真も載せておきます。
ハナイグチ取った後2012

「きのこの山みた~い」というのがカミさんの意見でしたね。あははは。きのこの山のモデルはきのこだからねぇ。まぁ確かに茸らしい茸という意味では納得です。

ところで「きのこの山」ってお菓子、山がモチーフではなくきのこがモチーフですねぇ。「たけのこの里」もむしろ「里のたけのこ」っていうべき形ですねぇ。これ不思議ですが、まぁ、日本語ってのははよくひっくりかえしますからね。「へのカッパ」と「カッパのへ」は同じ意味ですからねぇ、逆でもいいかぁ。


収穫2012

というわけで収穫後はこんな感じ。10人ちょっとでこんなくらい取れました。本来はもっと取れるというのですから凄い。富士さんってカッコいいだけでなく恵みの山なんですねぇ。でもね、流石に山に生えてるだけあって、これをドボドボと鍋にいれて煮るわけにはいかないんですよ。待っているのが
そ、う、じ

僕等はホテルのチェックインのためにこのお掃除サボっちゃいました。すみません!皆様!!
ん?やっぱり案外僕は世渡りが上手なんですかねぇ、こんな大変な仕事回避したりして。
世渡りで思い出しましたが、「渡る世間は鬼ばかり」の「鬼」って誰のことなんですかねぇ。
えなり君ですかねぇ。あはははは。そういや、どうしてあのラーメン屋あんなに流行ってるんだろう....

茸の掃除2012

ふんで、掃除し終わったあと(一部)です。大変な理由は水でじゃぶじゃぶ洗うのではなく、刷毛で一本一本丁寧に拭くからなんですね。ジロールなんかもありますね。他にキノボリイグチやオニナラタケ、カベンダケ、アブラシメジなんてのもあって僕みたいな初心者にはわからんです。ちなみに、日本でとれないキノコは無いってききました。セップもジロールもトリュフもあるそうです。ああ、日本人でよかった(けど、いままで一回も取ったことないけどねぇ)
猪調理2012

で、お楽しみは、シェフ自ら作る猪と茸の鍋です。シェフの案内でキャンプ場に行き、そこで調理して下さいました。なんてったってシェフがつくるんですから、おいしいに決まってます。そういやシェフと主夫、似てるのになんでこんなに違うんでしょうね。まぁ、似てないってことですが、あはははは。

猪鍋鍋ごと2012

できあがり!地元の味噌で味付けしてます!迫力あるでしょう?
猪鍋頂きます2012
おすそ分け~~~~~。美味しいかって?美味しいよ!!シェフに感謝です!ちょっと自慢の今回の記事、折角増えてきた読者も減るような幸せ自慢記事になっちゃいましたが、主夫太郎は本当は謙虚で誠実で凛々しくてカッコよくて見た目よりもいい男なので全国の女性読者のみなさん、愛想つかしちゃいや~よ、あはははははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。