09 | 2012/10 | 11
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

舌平目に挑戦(習作)

2012.10.30 08:00|魚・貝料理
先日は堀江美都子と水木一郎のコンサートにカミさんと行ってきました。要するにアニメソングのコンサートです。僕はいわゆるオタクではないのですが、一時、テレビを見るのを禁止されていた時期もあるせいで、見られるときは真剣にテレビを集中してみていました。お蔭でかなり同級生の間でもアニメに関しては詳しい方だったと思います。キャンディキャンディを生できけるなんてすごく感動しました。

さて、今日はお転婆イタズラ大好きの主夫太郎が、かけっこスキップしたくなるような食材をゲットしたのでちょっと勇気をだして練習のために料理をしてみました。大したお料理じゃなくて、ベテラン主婦の方からみると怒りがこみ上げるくらいの内容だとちゃんと自覚してるんです。だから心のなかで歌ってます....

出来たお料理みると~♪ちょっぴりさびしい~♪そんなと~きこういうの!コメント見ながら~♪
わらって~わらって~わらって~読者さ~ん♪


ということで、無理にでもいいので楽しんでください。


買っちゃいました。なんといってもフランス料理のお魚といえば舌平目ですねぇ。なんでそう思うかというと、舌平目ってのが何かわからないし、シ・タ・ビ・ラ・メっていう語呂がいいですよね。なにかそれだけで高級感ありあり。今回はそんな舌平目を始めて購入したので、練習してみました。お料理の記事というよりは練習の記事ですね。

舌平目購入2012
と、買ってみると、すごく高いってほどではないですね。中に骨が入ってますから、お刺身とは単純に比べられませんが、まぁ、350円だと思うと挑戦するにはなかなか安いです。




中骨はずし挑戦2012
舌平目、どんなに偉くったってヒラメですから、中骨があります。これを取るのが今回の目的。あとはカンタンにお食事つくっちゃいます。なかなか大変でしたね。初めてのことですから。




中骨はずし2012
やはりキッチンばさみがないとダメですね。ヒラメの周りのヒレとか、縁側のところで骨を切ったりとハサミが大活躍。なんとか取り外せました。次回はもう少し上手にできると思います。




生姜とコブみかん舌平目2012

ふんでもって観音開きになったところに今回は簡単に生姜とコブみかんの葉っぱを挟み込みます。写真のためにコブみかんの葉っぱを切ってませんが、実際は少し小さくしました。



舌平目焼き2012小麦粉を振って、オリーブオイルでやきました。中骨も一緒に焼いて、シタビラメを取り出したあと、トマトソースを足して簡単なソースをつくりました。多分舌平目の骨からもダシが出てるはず。フレンチの食材なんていいながら、イタリアンになりましたねぇ。もっともイタリアンとフレンチの差なんて全くわかりませんがねぇ。あははははは。ちなみにラタトゥユはフランスの食べ物だそうです。あんなにイタリアの顔してるのに。



舌平目トマトソース2012


じゃーーん。まぁ、なんてことはないのですがね。切ると中からコブみかんが。コブみかんは食べられませんが、香りがタップリ。見た目イタリアン、香りエスニックっていう適当なお料理になりましたが、舌平目をさばく練習だからゆるしてね。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

カラフル地獄炒め

2012.10.27 08:40|肉料理
は~いみなさん。今日は僕はコンサートに行ってきます。もちろん僕がコンサートをするんじゃなくて、観客として行くんですよ!堀江美都子と水木一郎のコンサートです。こんなコンサートに行くの初めてですが、ものは試し!行ってくるゼーーーt。あはははは。キャンディ・キャンディ聞きたいなぁ。というわけで皆さんのところへのご訪問などが遅れちゃいますすみませんね。

実は主夫太郎はイタズラが大好きです。イタズラって言っても罪のないものですよ!ムフフって思っちゃうんですよね。今日はカミさんにイタズラを仕掛けようとおもってました。そんで材料はというとこちらのトンガラシ3兄弟(本当は他人、叶姉○みたいですが)またまたラゾーナ川崎で発見したので買ってきました!ちなみにすべて150円。三つ買ったから450円なわけで、結構高いかいものだけど、まぁ、いいです。楽しいですからね。

アヒチーノ2012
アヒチーノっていうトンガラシ!辛そう!!!



ベトナムオレンジ2012
こちらはベトナムオレンジっていうトンガラシ!!!

ハバネロ2012

ご存じハバネロ。ハバネロ・カラビアンレッドって書いてあるけど、多分ハバネロのことだろうと。我家のハバネロも赤くならないかなぁ.....

で、作ったのがこちら!

カラフル地獄炒め

豚のばら肉を使いました。作り方は以前の記事豚バラしゃぶしゃぶ山椒炒め(ポチリで飛びます)と殆ど同じです。ばら肉の薄切りに片栗粉をまぶして、お湯通ししてからトンガラシと炒めるだけです。綺麗な炒めものでしょう。きっとカミさんも「わぁ~綺麗」って言ってくれると思うんです。でも食べると見た目以上、予想以上に辛い、そんで楽しい!!!ってのがイタズラの筋書き。そう、それが筋書きでした......

ところが、僕がハバネロを触った手で、顔を触ってしまい、ちょっと目も触ってしまったから大変。お料理出来上がるまでは我慢したけど、カミさんに「トンガラシは食べちゃだめ!」って言ってお料理だしたあと、お風呂で顔にずっと冷たいシャワーかけてました。ん~~こんな罪のないイタズラも神様は許してくれないんですかねぇ。





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

我家のオクトバーフェスタ(魔法のスープでシャランラ~)

2012.10.25 08:00|肉料理
昨日はまひまひゆかりんさんが、「まひまひゆかりんサラダ」をご紹介して下さったので更新日でもないのに結構アクセスがあって、まひまひゆかりんさんと、まひまひゆかりんさんの読者さんに感謝感激です。ありがとうございました。

今日は料理って程のの記事ではないんですがね、豚肉のお話。豚って安いお肉のイメージが昔はありましたね。まぁ、お金持ちは牛を沢山食べるようになるんだろうなぁ、豚は庶民の食べもので、お金持ちはきっと死ぬまでに牛を何頭も食べるんだろうなぁって思ってたんです。そういえばビフテキって言葉が昔は普通にありました。今でもない言葉ではないんですけどねぇ。ビーフってのは特別に美味しいお肉で、そんなものを食べられないから仕方なく豚を食べるって感じがなくもない時代があったと思うんです。でも現在は色々な銘柄豚なんか出てきて、全くもって豚も牛も値段に差があったとしても対等な食べ物ですよね。

10年以上前にドイツを旅行したときに、豚って美味しいなって心から思ったんです。何の料理を食べてそう思ったかというと、豚の骨付きすね肉でつくる「ハクセ」「アイスバイン」です。日本に帰ってきて、ドイツ料理屋さんとかで食べるととにかく高い!家で食べられたらなぁって思っていたら、


買ったアイスバイン2012
あったんです!有難うラゾーナ川崎。2000円くらいかなぁ、1500円くらいかなぁ、いいやそんな微妙な差。僕の熱い思いからしたら微妙すぎます!こんな形で売っていれば買いますよそりゃ。買っておうちに帰ってから、このカタマリみながらヘラヘラしてました。だってね、僕には魔法のスープが、わずかだけど残っていたから。

魔法のスープ2012
じゃじゃ~~~~~ん。イベリコ豚から取ったスープです!(ポチリで飛びますイベリコスープとり)これでなんと、普通のアイスバインがイベリコ豚のアイスバインに変身するのだ。あははははははははは。すごいでしょ!イベリコ豚のアイスバイン(風)ですよ。あはははははは。しゃぶしゃぶのタレに使ってイベリコ豚のしゃぶしゃぶ風にしようと思ってたけど、取っておいてよかった!!



ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、お肉、イベリコ魔法のスープでコトコト、シャランラ~~~~♪


アイスバイン出来上がり2012

魔法使ったから途中の写真はないです。あははははは。ってんで玉ねぎと人参とジャガイモとアイスバインとイベリコスープでポトフ!あっという間に出来上がり!!!!!ビールをぷしゅっとして我家のオクトバーフェストの始まり始まり!!そりゃワインも飲みたいけどさ!ドイツ人に敬意を表してビールだよね!ん?ドイツのビールかって?違うよ!だって日本のビールも美味しいからねぇ。これか後の記事はアイスバインを食べましたっていう記事です。あははは

切って見ました!

切ったアイスバイン2012





取って見ました。

取ったアイスバイン2012




食べちゃいました!

秋の名残のアイスバイン2012


あははははははははははははは。軟骨まで美味しかったですよ。んーー嬉しいなぁ!!

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

「まひまひゆかりんサラダ」:彩で女子力アピール

2012.10.23 08:00|ダイエット
フルーツブランデーのレシピコンテストに参加してます。よかったら投票してくださいね。読者のみなさま~愛してます(フルブラ投票)って読者の皆さんも参加してますから、なんだか票が集まる気がしませんけどねぇ。

さて、宣伝はおわりにして、今日の記事です。

*今日の記事はいつも彩の綺麗なサラダをおつくりになる「まひまひゆかりんさん」に捧げる記事です。僕は大好きなブロガーさんが何人かいますがそのうちのお一人なんですけどね、今回、出来上がったサラダを見た瞬間にまひまひゆかりんさんを連想したので、その程度で実に勝手なんですが、「まひまひゆかりんサラダ」って命名します。でも本人が嫌がったらやめます、あははははは。

まひまひゆかりんさんがいつも紫の玉ねぎやキャベツをお使いになるんですよ。羨ましいです。もちろん僕も使えばいんですけどね、僕はひねくれ者ですから何を使うかというと.....

もっての他菊2012
菊ですね。菊って美味しいんですよ。まぁ、正確にいうと美味しいってほど味はないのですが(笑)、色と歯ごたえがいいですね。今日の女子力アップのテーマは色使いってことにしようと思います。全くの成り行きなんですけどね。あははははははは。



もって菊茹で上げ2012

菊はたっぷりのお湯を沸騰させて、お酢をいれて、一分程茹でます。お酢をいれるのは色落ちさせないためでしてね。それ以上の意味はないです。でもわずかな酸味があるとサラダにはいいかもしれません。ふんでもってゆであがるとこんな感じ。


カブともって菊2012

もちろん、創作料理なんてものはできないんで、素直にお野菜として頂くことにしました。カブを薄く切って塩もみします。今回は「彩」がテーマですので、軽く茹でた茎も使わせていただきましたよ。おほほほほ。そこによく水を絞った菊を入れます。味付けはカブを塩もみして、出た水を絞ったらちょうどよくなるようにしておきました。ここで必殺技をつかいますよん!


彩り菊サラダ

イクラです。あはははははは。普段こんな風にイクラ使わないですけど、ふふふふ。ということで、予算の都合上、この日はこのサラダが一番のご馳走だったんです。まぁ、たまにはそんな変な食卓でもいいのではないかと思いますよ。それに、まひまひゆかりんさんといえばハワイ。ハワイにはイクラ。ん?ハワイ、イクラ、ワイハー、イクラ。イクラ、ワイハー...あんまり関係ないかなぁ、あはははは。

まひまひゆかりんさんを知っている方は、いや!こんなイメージではない!って思うかもしれませんが、そんな大人気ない指摘しないで下さいね。たまにはいつもコメントして下さる方に、お名前を出して感謝したい気持ちもあるのよ。そのうち皆さんをイメージしてお料理をつくるかもしれませんよ、約束できないけどね~


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

タコセロリ(大阪の思い出とたこと僕)

2012.10.20 08:00|家庭料理
以前大阪に住んでいました。大阪の人に言わせるとたこ焼きってのはどうもソウルフードらしく、まぁ、それは僕も否定するつもりはありません。ただ、僕がたこ焼きをそんなに食べるのが好きではないです。おなか一杯になっちゃうんですよね。そんな話を大阪の人にしたときに、どう勘違いしたのか、「たこ焼きのおいしさが分からないなんて味覚がおかしい」(実際は関西弁)と言われたんです。僕もカッ!ってなったんですねぇ。まぁ、大抵は怒りを笑いに変えて処理するんですけどね、ついつい頑張っちゃったんです。

「別にタコを料理するならタコ焼きにしなくてもいいだろう!そんなに美味いかよ!」
「お前はウマいたこ焼きを食ったことがないからそんなこというんだよ」(実際は関西弁)
「そんなに、ムキになるほどうまいか?」
「だから、お前が味音痴かうまいたこ焼きを食ったことがないからそういうんだよ」(実際は関西弁)
「じゃぁ、俺が君にたこ焼きかタコシャブをおごってやるっていったら君はどっちを選ぶね?」
「それはタコしゃぶに決まってる」(実際は関西弁)
「????じゃぁ、たこ焼きはタコを使って手間をかけて焼いているのに、タコを切って湯通しするものに勝てない食べ物ってことだろうが!」
「・・・・・」(無言は関西弁も標準語も共通)

まぁ、僕も無茶な人間でしたよね。馬鹿にされたら放っておけばよかったのですが、どうも馬鹿にされ続けると歯止めがきかなくなるんでね。相手が納得するかどうかは別として、ペチャリと潰しちゃいました。

まぁ、そんな思い出をタコを見るといつも思い出します。ってことで今日は炒めものの材料として....

水たこ2012水たこです。別にすごく高い食べ物でもないですが、気軽に食べられるほど安くもありません。重さ当たりはまぁ、高いのですが、旨みがタップリでますからねぇ。



タコそぎ切り2012

タコシャブほど薄くはしませんが、そぎ切りにします。炒め物では歯ごたえも楽しいですからそこそこ厚く切ります。このあと粉を叩いてお湯通ししますからね。中は少し生っぽいのが美味しいですな。



セロリ切2012

今日、タコと合わせるのはセロリだけです。色々野菜を入れたいところですが、シンプルに頂こうと思いました。
スジを取って葉と分けちゃいます。何かすごく手を掛けている気がしますしね。



タコお湯通し2012

うす~く片栗粉を振って、タコをお湯通しし、お湯を捨てるときにセロリの茎にもお湯を掛けちゃいます。


タコセロリ炒め2012

両方の材料が十分あったまったところで、ニンニクひとかけらと炒めて、塩と少しのお醤油でサッと炒めちゃいました。お醤油は少しだけですけどね。

タコセロリ2012

これ見た目より美味しいんですよ、本当に。タコってついつい炒めると固くなっちゃうので、先に御湯通しして、あとは油と調味料を回すだけにしました。タコシャブみたいな仕上がりが目標でしたが、希望通りの仕上がりでしたよん!ビールですかねぇ。たこ焼きなら僕はこっちをおごって欲しいですけどねぇ。まぁ、タコの量がちがいますけどね。あははははは。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

頂いた茸を調理

2012.10.18 08:17|ダイエット
ちょっと前の出来事ですが、フルブラ関係で押してしまいました。季節外れになってしまいましたが、ごめんなさいね。

*注)コメント下さった皆さんの指摘で気付いたのですが、以下イグチダケと書いているのはハナイグチのことです。ごめんなさい。イグチダケってイグチの総称かなぁ。とにかくすみませんでした。

先日富士山にキノコ狩りにいった記事を書きました(ポチリで飛びます麗しの富士山へ)六本木のフレンチレストラン、ラシャスのシェフにお誘い頂きキノコ狩り!キャンプ場でキノコ鍋ということだったのですが、そのとき鍋で使わなかった茸(イグチダケ)を頂いてきました。おうちで宴会気分続行です!

そもそもイグチダケってものがどんな旨みを持っているのか、さっぱり分かりませんでした。先日のキャンプでは猪鍋で頂いたのですが、それはウマい!ウマいに決まってますが、うま過ぎる!!うま過ぎて、いったいどれがキノコの味なのか分からないと言えば分らないんですねぇ。え?そんな分析もできないのか?そんじゃ、お前は味音痴なの?という疑問が出てくると思います。そうです。いままで黙っていましたが、

 僕 は 味 音 痴 な ん で す。

味音痴だから強烈に美味しくないとわからないんです。だから美味しいレストランに連れて行って欲しいです。あははははははは。

以前、
「分不相応なレストランに行ったらすごく美味しかった」

って言ったら

「お前に味が分かるのか?もったいないだろ?味がどうせわからないんだから」

なんて言われたんです。それ以来味音痴を逆手に取って、分不相応なんて決して言わずに、美味しいレストランに堂々と行くことにしてます。まぁ、自炊してお金貯めてからですけどね。あははははははは。

さて、イグチダケの味だけを感じるにはどうしたらいいだろうって考えました。適当に切って炒めても良かったのですが、折角形のいいものをもらってきたので.....

茸と芋2012

紙つつみ焼きにしてみました!一緒にサツマイモをいれて、塩を振り、ちょっとだけお醤油もいれました。何にしろ前の日の茸とはいえ、我々にとっては取り立てホヤホヤ。瑞々しいですから、全部逃さず食べようと思ったんです。

紙包み茸2012

包んだところ。初めて包んだのでカミさんと四苦八苦しましたがなんとかふたができて180度のオーブンで20分くらいだったかな(ちょっと不確か!)。んーーーーーー。何でその温度に決めたかったって?そんなの適当ですよ。あははははは。まぁ、イモに火が通ればいいだろうとおもいましてね。

茸紙包み焼き準備2012

まぁ、一応おしゃれにテーブルセッティングしました。白ワインで頂きました。結構高い白ワインです(ドイツ産)。ムフフ。色が濃いでしょう?どんなくらい高いかって?あははは、全国の女子高生の反感を買うので止めておきますが、諭吉未満です。天然茸とラシャスのシェフに敬意を表しました。一年後くらいでないと、こんなの飲めないですねぇ......

ハナイグチと茸の紙包み焼き2012

まぁ、アップものせておきましょう。


お、ま、け

富士山から帰る途中で立ち寄った足柄サービスエリアで買った富士山の形のパンです。

富士山の形のパン2012

ん~~~、なんでも富士山で儲けてしまう、静岡と山梨はいいなぁ。群馬にも富士山が欲しいですねぇ。メロンクリームが入っているそうですから割ってみると.....

噴火とおし2012

あれれ、案外すくない。以前「富士山が爆発する」なんていう占いが流行ったことがありました。1999年くらいかなぁ。いよいよノストラダムスの大予言(今からすれば大したことのない予言)が当たる雰囲気もなくなったころ、なにか世紀末的なものが欲しかったんでしょうね。どうやら僕が買った富士山にはそれほどマグマがたまってなさそうですねぇ。噴火は未だのようです。こっちのパン占いの方が当たりそうですね。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

毛ガニ分解記録

2012.10.16 08:00|魚・貝料理
先日まで、フルブラの応募の為、号外を2連投でお疲れ気味ですが、なんとか全国の女子高生ファンのために予定通りの更新です。なんだか最近はお料理以外の雑念を吐き出すのも何かなぁって思ってたりするのですが.....まぁ、マイペースでいいですかねぇ。


母が突然毛ガニを送ってきてくれました。なんでも北海道の方と荷物のやり取りをしているらしいです。いいものをよくこちらに回してくれるのですが、これは流石にどうしようかとしばらく考えちゃいました。僕だって群馬育ちですから、カニなんてそんなに食べたことはありません。そういえばカニってのは小さいころは「カニカマ」しか知らなかったです。実家の近くには清水が湧いているのでそこにサワガニは棲んでいるのですが、まさか、あれがカニカマになるとも思えなかったし.....それがやはりいい時代になりましたねぇ。漁の技術の進歩とデフレでしょうか、無理すればカニなんてなんとか買える時代になりました。な~んてカニ貰っといて偉そうですがねぇ。


毛ガニ2012ある人は美味しそうっておもうかもしれませんし、大贅沢だ!!って思うかもしれませんが、僕はとにかく考えちゃいました。あたためなおして食べようかとも思ったんですが、何にしろカニは食べるのに時間がかかる。カミさんが遅く帰ってくれば、剥きながら食べさせるのは気の毒......ってことで、



キッチンハサミ2012やはりこれは僕の役目ってことで、キッチンハサミで解体し始めました。大変というより、単純作業すぎて嫌になりますねぇ。これが100も200もやらなきゃってなると工夫しながら考えながらしますが、今度いつ巡り合えるかわからないカニですからとにかく掻き出す!掻き出す!



分類カニ2012
やっとの思いでこんな感じに解体!まぁ、途中少しは食べながらだけど、大体こんなもんですね。手前はカニみそですけど。もちろん美味しいですから使おうとおもいました。しかしカニってのはクジラくら大きいやつがいてくれりゃ、我々こんなに困らず安く食べられるのにねぇ。なんでクジラがあんなに大きくてカニがこんなに小さいのか...まぁ、僕の勝手な言い分ですけどねぇ。

 


カニその他食材2012

まぁ、野菜にも登場してもらってカニの旨みを吸ってもらおうってことで、トマト、枝豆、ネギに登場してもらうことにしました。カニはスッパイタレで食べたりしますから、トマトも合うだろう、枝豆の甘味も合うだろう、ネギで香りをつけてもいいだろうというすごく安易な発想!
とにかく炒め2012
へへへ、考えずにさっさと炒めちゃいましょうか!
卵でカニ2012

美味しい汁はしっかり残さずってことで春雨を投入し、カニには卵ってことで入れちゃいました。あははは。もうこうなりゃあとは気分しだい!気まぐれ炒めになっちゃうぞい!そういや、レストランで「シェフの気まぐれ~」ってこんな感じで作ってるのかなぁってわかりました。「余っちゃった食材で一品作って売ってます企画のサラダ」っていうより「シェフの気まぐれサラダ」って言ってた方が何か美味しそうですし。ってことで、今日は「何かだるくてイマイチやる気が出ないからテレビの合間にちょっとだけお掃除」ではなく「主夫の気まぐれお掃除」しようと思います、あははははははは。

春雨毛ガニ炒め2012

何か美味しそうにできたんですが、カニの味がして美味しかったです、実際。こんな贅沢、頂きものでないとなかなかしようとはおもいませんねぇ。むんずと箸で掴んでご飯に乗せてがっぷりと食べちゃいました。殆ど春雨?いやいや気にしない気にしない、一休み一休み。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

フルブラでゼンザイ

2012.10.15 08:30|スイーツ系
今日も予告なしの号外です。ん~~~~号外続きで疲れたび~!でもせっかく作ったお料理ですから簡単だけど投稿用に記事にしちゃいました!主夫太郎にしては雑文少な目の記事です。明日からはいつもの調子の記事ですよん。



自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

【レシピブログの「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中】



夏の名残ももう目に見えてなくなってきましたね。小さい秋小さい秋小さい秋み~つけた~♪なんて感じで生活を楽しんでいる感じでしょうか。主夫太郎はちょっと鼻の調子がわるいので軽いカゼを引いたみたいですが、良くなってきてます。


ってことで、秋と言えば!

栗甘露2012


まぁ、これですねぇ。色々ありますけど、栗はどうしても外せません。母が栗の煮たのを送ってくれました。僕が強烈に甘いものがすきではないので、こちらも殆ど甘くありません。これはだたつまんで食べるだけでもおいしいですよねぇ。ついついお茶と一緒に食べちゃいます。
今日はオレンジのフルブラを使ってゼンザイ作っちゃいますよ。

アンコ2012

小豆の水煮にお砂糖をくわえてもいいですし、アンコを買ってきてもいいと思いますが、水で薄めて温めながら味をととのえてフルーツブランデー(オレンジ)で香をつけて、栗の甘露煮を入れます。


栗ぜんざい2012


まぁ、なんでもないんですが、これが幾分変わったぜんざいになります。おもちでもいいですけどね。フルーツとアンコというのはよく合います。イチゴ大福がはじめて出てきたときはみんなびっくりしましたね。えーーーー!って意見の人もいたでしょうがいまではみんなが受け入れられてます。まぁそこまで大きな話ではなく、フルブラと和のスイーツをシンプルに合わせようと思いました。

材料(一人分)

アンコ・・・60g
フルーツブランデー(オレンジ)・・・大匙2
栗の甘露煮・・・4~5個

作り方

1.アンコを水で溶き温め砂糖などで味を調える。
2.栗を入れて温めたあと、火を止めてフルブラ(オレンジ)をお好みで加え香りをつける。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

フルブラでブランデーをさらにブランデーに!

2012.10.14 08:00|スイーツ系
さてさて、今日は久しぶりの号外です。号外っていうとお食事以外のものなどを載せてたのですが、最近ゴミの日更新(火・木・土)のお蔭でレシピ投稿が間に合わず、緊急投稿というカッコ悪さなんです。すみません。今日はフルブラをストレートに作ってみました。

自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

【レシピブログの「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中】

↑という相変わらずの企画のために頑張ってます。まったく応募の都合だけの記事なのですが、ちょっとだけ熱い思いを込めながら....主夫太郎を愛する方々には是非ともご愛読いただきたく。

さてさて、ブランデーにフルーツの香りや味をつけて楽しむ「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」ですが、ひねくれた主夫太郎は敢えてフルーツブランデーだけど、ブランデーから遠く離れないものを作ろうとおもいました。ブランデーというものはそれだけでかなり美味しい飲み物です。ただ、日本人はそもそもアルコールに弱いのでブランデーの強さにすぐ飲まれてしまいます。そこで、比較的飲みやすく、しかもブランデーから遠くない、ブランデーの本質を楽しむフルブラ作りに挑戦してみました。もちろん何度も失敗してますが、やっとそこそこ落ち着いたのでご報告の記事です。

分量はまとめに書くとして、つかうものは......


バニラビーンズ

まずはバニラビーンズ。
え?何で!と思うかもしれませんが、美味しいウィスキーやブランデーはわずかにバニラの香りが後に残ります。そこで、ここは激しくブランデーに香りをつけてみようと買ってみました。初めて使ったんですよ、バニラビーンズ。プリンとかに使うのが最初だろうなぁって思ってたんですが、まさかブランデーで使うとは.....



アーモンドスライス
これはちょっと脂が出ちゃうのだけど、香ばしさを付けるのに使おうとおもいました。アーモンドスライスです。樽の木の匂い、樽の内側を焦がした匂い、それがお酒に移った、本来はわずかに感じるものを、今回は力強く付けてしまいましょう!もちろんブランデーやウィスキーを作っている職人さんに言わせれば全くナンセンスなんでしょうけど、強いアルコールだけを感じてブランデーやウィスキーを楽しめない方のためにある程度デフォルメしてしまいます!



アーモンド炒る

そんでもって、上に書いた効果を上げるためにアーモンドを炒ってしまいます。結構しっかり炒ってもいいかなぁ。コンガリきつね色!ナッツの匂いがするお酒もあるくらいだから全然問題ないと思います。ただ、ちょっとだけあぶらが出るだろうとはこのときから予想してました。




林檎フルブラ
そして林檎のブランデー、カルバドスってのありますよね(サントリーのブランデーは林檎からは作っていないですが)。実際カルバドスは林檎の匂いが強烈にはしませんが、「林檎から作ったブランデー」のイメージはこんなくらい林檎の香りや味がしていいと思います。ですから今回のフルブラは「林檎」が主役ですね。すこし複雑な香りを演出するために家に生えてるローズマリーを入れてみました。

フルブラ飲み物

さてさて、少しアーモンドの脂は上に浮いてしまいますが、思い通りのデフォルメができましたね。
アルコール度が少し下がり、バニラ、木の焦げた感じ、林檎の香りがして、「果実酒」のイメージを裏切らない出来でした。僕のお気に入りでお料理の合間にちょっとだけ飲んでます(笑)今回、最後の写真はカミさんに撮ってもらいました。真っ直ぐからしかとらない僕とはセンスが違うなぁ。あははははは。



フルーツブランデー、林檎とハーブの材料

ブランデー・・・200ml
ローズマリー・・・10cm程度
林檎・・・約3分の2
アーモンドスライス・・・50g~お好みで
バニラビーンズ・・・1本

作り方

1.ローズマリーは熱湯をかけて消毒する。
2.アーモンドスライスをフライパンで乾煎りしてきつね色にしておく
3.バニラビーンズは切れ目をいれておく。
4.材料全てを瓶にいれ、約200mlのブランデーを注いで1日から2日待つ



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

柿ブランデーで大人のクリームソーダ

2012.10.13 08:00|スイーツ系
そろそろ締切が近づいてきたので、フルーツブランデー3連投、しかも定期投稿だと間に合わないので明日は号外を出します。代わり映えがしない記事かもしれませんけど、すみません。まぁ、僕の場合お料理ブログという面と主夫太郎の雑念日記という側面もありますから、どちらか楽しんでいただければと思います。


自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

【レシピブログの「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中】

↑ということで、今日はフルーツブランデーを使った飲み物編です。そんなに複雑な物を作らずにすごく簡単につくりました。

僕は柿という果物がとても好きです。最近でこそ色々なお菓子に形を変えて我々の前に登場してくれますが、以前はとても不器用な果物だったと思います。柿の羊羹や干し柿といったもの以外ではあまり加工されたものを僕は目にしませんでした。今よりも甘くなかったし、香も弱く、固かったからではないかと思ってます。当時、一番甘い柿のお菓子といったら干し柿だったのかもしれませんけど、それと負けづ劣らず甘いのが、樽抜きされた渋柿でしたね。渋柿のヘタに焼酎を塗って一週間も置くと渋みが抜けてやたらと甘くなりました。

さて、今回は甘い柿をお酒に漬けるということで....

柿ブラ2012
これなかなか甘かったですよ。柿のブランデー漬けから取り上げた柿です。これをミキサーにかけると、中にかくれていたブランデーの香がさっと立ちます。2個いれてもいいかなぁって思いましたが、一個で十分かなぁって思います。



クリーム泡立て
これどうするかというと、アイスクリームにします。アイスクリームの作り方なんてあんまり知りませんが、クリーム凍らせればいいとおもうので、泡立てます。泡立ててミキサーにかけた柿をいれ、冷蔵庫でひやしますよ!

生クリーム200mlと砂糖15gを泡だて器であわだて、柿のブランデー漬けをまぜ、冷凍庫で冷やす。


柿ブラアイス

ふんで出来てみるとこんな感じです。食べてみると、ブランデーと柿の香がほのかに立ちます。

柿ブラコーラ

今回は柿のブランデーをコーラで割って、そのうえに柿ブラのアイスクリームを乗せました。
柿ブラとコーラを1対4でまぜ、氷をいれたグラスに注ぎ、柿ブラアイスクリームを乗せる
大人のクリームソーダです!ブランデーというのはカラメルとよく合うと思いますから、ここはカルメラの飲み物、コーラと合わせることにしました。イマイチ写真ではシュワシュワ感がつたわらないのですが。氷をたっぷり入れてゆっくり飲みました。このためにストロー買ったんですよ。どうしよう、あと99本のストロー!


レシピまとめ

フルブラ材料:

柿・・・一個
ブランデー・・・230ml

柿ブラアイスクリーム材料:

柿のブランデー漬け・・・柿一個分
生クリーム・・・200ml
砂糖・・・15g

柿ブラクリームソーダ材料:

柿ブラ:コーラ=1:4
柿ブラアイスクリーム・・・スプーン一つ


柿ブラアイスクリーム作り方

生クリーム200mlと砂糖15gを泡だて器であわだて、柿のブランデー漬けをまぜ、冷凍庫で冷やす。

柿ブラクリームソーダ作り方

柿ブラとコーラを1対4でまぜ、氷をいれたグラスに注ぎ、柿ブラアイスクリームを乗せる



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

秋の名月イモ(お芋シュゼット)

2012.10.11 07:00|スイーツ系
*今日はフルブラの記事ですが、その後にあまりにもヒマだったのでおまけのコーナーを設置しました。お子さんをお持ちのママさんは必見!頭が良くなる食材です!!ちなみに主夫太郎商会初めての商品!!騙されて買ってみて下さい!僕が刑務所にゆくことになると思います。


自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

【レシピブログの「自家製フルーツブランデーレシピコンテスト」参加中】

↑ってことなんです。これまたフルーツブランデーのキットが届くまでに随分と時間がかかりました。受け取り損ねて、宅配便業者が再配達のときに破損して、と、まぁ大変なことに。おくれてやってきたフルーツブランデーのお蔭でてんてこ舞いのレシピになりました。今回のお料理は届いてすぐ思いつきましたけどね。色々記事も立て込んでおりまして、今に至ります。

今回は見立てのお料理。僕のように教養のない人間というのは悲しいもので、レシピブロガーさんの記事をみてやっと気付くころには遅く、とっくにお月見なんて終わってます。そ、こ、で、
お 皿 の 上 で お 月 見 を

というのが今回の企画です。まぁ、先ずは、

オレブラ2012
凄くオーソドックスにフルーツブランデーを作ってみました。オレンジのフルーツブランデーです。オレンジってミカンとちがいますよね。当たり前ですけどブランデーにはよく合いますよね。ブランデーといえば石原裕次郎!まぁ「太陽にほえろ!」見てた世代はそうかもしれませんねぇ。そういえば太陽にほえたことないなぁ、僕。




さて、一方、オレンジで思い出すのはホテルオークラのクレープシュゼットです。ホテルオークラは僕が結婚式をあげたホテルで、先日結婚記念日ディナーの記事を書きました(ポチリで飛びますカローラでオークラ!!)やたらとオレンジの香がして美味しいクレープでしたが、あんなものを毎日おうちで食べていたら大変!ふとっちゃいます。そこで今回の企画はお芋の丸さをお月様にみたて、懐かしのクレープシュゼットに思いをはせるべく、
お い も シ ュ ゼ ッ ト(別名:名月芋)

つくることにしました。あはははははははははは。

芋茹で20分2012

さてさて、サツマイモっていうのは加熱時の酵素の働きで甘くなるそうです。その酵素が一番働くのは60度から70度くらいだそうです。ん?何それ!やたらと簡単な仕組みじゃん!ということで....

1.60度~70度のお湯で輪切りにしたサツマイモを30分程温める。


そもそもこのあとフライパンで加熱しようと思ってましたから、軟らかくなるまで加熱する必要はないので、30分たったら強火にして沸騰したらもうおしまいにしちゃいました。

芋やき1:20122.フライパンに砂糖と大匙1のオリーブオイルを入れ焦げないようにサツマイモを焼く。

3.フルブラを少量づつ足し、香りをつける。香を強烈につけたいときは漬けたオレンジも一緒に焼く。

写真のフライパンには栗もいれてます。これは別のお茶請けを作るために入れただけなので、気にしないでね。もちろん一緒にお皿に盛ってもいいですけどね。



芋やき2:2012

4.火が通ったらバターを落としなじませる。

写真では折角美味しそうなソースが出来そうだったので、栗にも匂いを漬けさせてもらいました。今回のお料理には登場しませんけどね。



名月芋2012
茹でるとき完全に火をいれてなかったので、結構お芋がぽくぽくでしたね。ミントで作ったソースは未だ残っている草のイメージ、ゴールデンキーウィで作ったソースは枯れた草のイメージ、お月様の代理はお芋にやってもらって、フルブラが入った生クリームは月にかかる雲の役目をしてもらいました。季節を逃してしまった不粋な男が月を愛でたいと思って作った一皿。ん~~芸術ですかねぇ(笑)まぁ、おまけコーナーの前にレシピ等のまとめをしておきますね。



レシピまとめ(一人分)

フルブラ材料:

オレンジ・・・一個
ブランデー・・・230ml

名月芋材料:

サツマイモ・・・1.5cmほどの輪切り
オリーブオイル・・・大匙1
砂糖・・・5g
バター・・・5g
フルブラ・・・適量(約50ml)

ソース材料:

ゴールデンキーウィ・・・半個
ミント・・・適量
砂糖・・・適量

生クリーム+砂糖・・・50ml+5g
フルブラ・・・5ml



作り方:

A.ゴールデンキーウィはミキサーでつぶし、砂糖で煮てソースを作る。
B. ミントをお湯で軽くゆで、オリーブオイルと砂糖をいれミキサーにかけてソースを作る
C. 生クリーム50mlに砂糖5gを足し泡立て、フルブラを混ぜる

1.サツマイモの輪切りを60度~70度のお湯で30分ほど煮る。
2.フライパンに砂糖と大匙1のオリーブオイルを入れ焦げないようにサツマイモを焼く。
3.フルブラを少量づつ足し、香りをつける。香を強烈につけたいときは漬けたオレンジも一緒に焼く。
4.火が通ったらバターを落としなじませる。
5.3種のソースと一緒にお皿に盛り付ける

 お ま け

日本人の研究者がまたまたノーベル賞をとったそうですね。まぁ、こんなビジネスチャンスを僕が逃すことも無いだろうとおもい、一晩かけて考えた商品がこちらになります。これなめて世界的発見をして学会に発表し多くの人々に認められると(数学以外の自然科学では特に)、ノーベル賞がもらいやすくなるかもしれない調味料、ノーベル塩(のーべるしお)です。
ノーベル塩

一本3000万円で販売中!!ノーベル賞の賞金が一億円くらいですから、およそ3倍の利益が見込める商品です!あはははははは。
税務署の人!在庫にも税金がかかるそうだけど、こんな記事に目くじらたてるなよ!それから警察署の人!よく考えて行動しろよ!捕まえなきゃいけない悪い奴はもっと他にいるはずだからな!!


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

初めてのスパイス

2012.10.09 08:00|エスニック系
*昨日はおうちの大掃除で皆さんのところへの訪問ができませんでした。おうちは綺麗になったのですが、申し訳ないです。

さて、先週の土曜日は、久しぶりに芸術というものを味わってきましたよん。仲良くして下さっているブロガーの葉っぱさんが出演のダンスの公演です。ダンスに関して何一つ知らないもんですから、手を回したり、足を上げたり、背中を反ったりして2時間の公演?なんて思うとどんなものなのか想像ができなかったです。ところが行ってみると楽しくてあっというまでしたねぇ。セリフなんかが少ない分、色々考えたり、凄い動きに何も考えるのを忘れて、口を開けてみていたりと、僕自身も踊りと共に忙しく変化(笑)また是非来年見てみたい!と思う舞台でした。新しいものに挑戦する!というと何か構えてしまいますが、いままで知らなかったものを見てみるっていうのでも世界が広がります。芸術鑑賞は案外気軽に世界が広がるので今後もジャンジャン見てやろう!なんて思いました。実は公演前に葉っぱさんとお会いしお食事したのですが、そのときお土産に頂いたものが、今日の食材なんです。


こぶみかん2012みなさん、こちらのスパイス見たことありますか?月桂樹じゃないですよ。一度匂いをかいだらわすれませんよ。コブみかんの葉っぱなんです!バイマックルーともいいますが、あのトムヤムクンスープの香にも大きく関わってます。冒頭で書いたように頂きものなのです。コブみかんの生の葉っぱみたの初めてでした。もうすごくいい香り!帰りの電車のなかで、周りの人達が鼻をヒクヒクさせていました。



ガランガー2012
折角いただいたので、翌日これに合わせるスパイスをダッシュで新大久保まで買いに行きました。タイのショウガ、ガランガーです!なにか仮面ライダーに出てくる怪人みたいですね。ちなみに、生のコブみかんの葉は新大久保では手にはいりませんでした。新大久保では色々なものが売ってますが、何にしろ怪しい街ですよね。僕はダッシュで逃げてきた感じでした。



作るものは凄くシンプルなものにしました。

コブみかん炒め20121.玉ねぎ、ナス、ガランガーを油で炒める。

ガランガーは生姜のようであって生姜でないですねぇ。独特の香があります。これで生姜焼きつくったら、また変わった味になるんではないだろうか?って思いました。今度作ってみようかなぁ。



コブみかん煮込んで2012
2.鶏のもも肉に片栗粉をまぶし、軽く炒めたものと、コブみかんの葉っぱを入れ、塩胡椒で味付けして煮込む。

3.ココナッツパウダーを振り軽く煮込む。
ココナッツパウダーとコブみかんの香はケンカしますが、そのケンカ具合が面白いですね。


鶏肉と茄子のココナッツ煮込みコブみかん風味2012

まぁ、見た目は大したことないんですけどね。香がいいのよ!ガランガーにコブみかんにココナッツパウダー。
これがなんでもない材料達をなんとなく東南アジアのお皿にしてくれます。
んーーーーー。家に庭があればコブみかんを育てたいです。ああ、ブログで匂いを届けたい!!

さて、段々涼しくなってきて我家のハバネロも熟れる前に落ちてしまうのか心配になってきました。我家のハバネロとコブみかんが出会ってお料理になる時がくるのかこないのか。んーーー微妙だけど楽しみにしている今日この頃。早く赤くなれハバネロ!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

コンニャクの季節

2012.10.06 08:00|ダイエット
今日は朝からお出かけです。僕の好きなブロガー葉っぱさんのダンスを見に行きます。主夫太郎は実は芸術が好きなんです。ただ、そういう風に見えないし、知識もないので、これから勉強です。と、いうわけで、皆さんの所への訪問遅れちゃいますが、すみませんねぇ。はい。

ついにこの季節がきましたね。コンニャク。母から送られてきたコンニャクです。今回は母の手作りではなく近所のおばさんの手作り出そうですが、やはり手作りのコンニャクは肌がいいですね。別嬪さんです。以前にも手作りコンニャクの記事は書きました(ポチリで飛びます本当に知って欲しい食材(群馬のい~の~ち~♪))

手作りコンニャク2012

まぁ、そりゃ真四角にはなりませんよ。手作りだもの。今回はこれを使ってすっごく当たり前なものつくりますよ!


コンニャク湯がく2012
1.適当な大きさに切って一度湯がく
手作りコンニャクは一度湯がいてエグミを取った方がいいです。以前の記事にも書きましたが、「手でちぎる」なんていうおばあちゃんの知恵袋的なことしなくても大丈夫ですよ。手作りコンニャクは自然と味が染みこむような肌になってます。


コンニャク炒め2012
2.青唐辛子、生姜を入れ、醤油、砂糖でコンニャクを少し焦がすように炒める。
コンニャクは少し焦がしてみるのも素敵なんですよ。醤油と砂糖で焦がしちゃいます。今回は青唐辛子を入れました。生姜もなかなかきかせてますし、少しだけ辛いのとコンニャクはよく合いますよね。

コンニャクに牛肉乗せて2012
3.少しお酒を足し、牛肉が丸まらないように広げて蒸す。火が通ったら混ぜ、次のお肉を広げる。
牛肉は縮まないように広げては温め混ぜます。この手間だけは厭いません。
ということで....
コンニャクの牛肉煮込み2012

じゃじゃ~~~~ん!!僕はこれが吉野家で出てきたら吉野家に通うんですけどね。これで牛丼つくったら美味しいですよ。ちょっと野菜不足ですけどね。この冬は実家に帰ったときにコンニャクづくりを教えてもらうつもりでいます。少しづつ生活のスキルをあげなければいけませんからねぇ。それと頭を動かそうと思いだしたのですが、ここは自分では無謀な挑戦をして「相対性理論」でも勉強しようと思いました。漫画ばかり読むのも退屈ですからねぇ。いつまで続くかわかりませんが、10年もあれば少しは読めるのではないかとおもいましてね。色々挑戦することにしました。アインシュタインってなんとなくカッコいいですよね、名前が。あははははは。10年経つと僕も50歳。50歳で相対性理論の勉強がひと段落したら、天国にゆくとき、少しくらい神様に自慢できますかねぇ、まぁ、地獄に行くなら、閻魔様にですけど。まぁ地獄に行くときは相対性理論どころじゃないですけどね。あはははは。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

麗しの富士山へ

2012.10.04 08:00|雑文
9月22日に実は富士山に行ってきました。日本人で富士山を知らない人はいないとおもうのですが、その魅力を隅々まで知っているかというとそうではないでしょうね。行ったことなければそれは分からないですよ。実は僕、富士山のことなんてちっとも知りません!あはははは。今回、富士山に登山に行ったのではないです。え?山に登らないのに何が魅力だって?あるんですよ、ちゃんと魅力が。そ、れ、は、
き の こ 狩 り

あははははははは。僕のブログの読者さんは大抵がレシピブログからいらっしゃるので、富士山に登らなくても期待はずれなトピックってわけじゃないと思うんですが、如何でしょうね。


このきのこ狩りを誘ってくださったのは、主夫太郎が結婚式の2次会をさせて頂いたレストランのオーナーシェフです(ポチリでそのレストランのページに飛びますラ・シャッス)後日、このレストランのご紹介記事は書かせて頂こうと思ってます。素敵なレストランなんですがね、だから、たま~にしか行けないのですが、お料理のお話などをうかがううちに、お話をするようになり、常連客のフリをさせて頂いてます。案外その気になれば僕も世渡り上手なんですかねぇ(笑)ということで、人生それほどうまくは行ってませんが、キノコ狩りにはうまく行くことができました。人生初のキノコ狩りです!ちなみにタダでキノコをとることはできません。鑑札(2000円)が必要です。

ブルトンルネ

こちらは、シェフ自慢のワンちゃん、ルネ君です。一歳になるかならないかのまだヤンチャ盛り!ブルトンっていう犬種で、狩猟犬なんですって。血筋がいいんですね。トリュフの匂いなんかもかぎ分けるというお話も聞きました。シェフはルネ君にぞっこんで、お料理褒めるよりルネ君褒める方が喜びます(笑)

そんで今回主に取れたきのこというのは......

ハナイグチ2012

ハナイグチ

という茸だそうです。シェフのお話によると、今回はそれほど生えてなかったそうですが、僕等初心者には十分満足な量でした。上の写真では大きさがわからないと思うので手でつまんだ感じの写真も載せておきます。
ハナイグチ取った後2012

「きのこの山みた~い」というのがカミさんの意見でしたね。あははは。きのこの山のモデルはきのこだからねぇ。まぁ確かに茸らしい茸という意味では納得です。

ところで「きのこの山」ってお菓子、山がモチーフではなくきのこがモチーフですねぇ。「たけのこの里」もむしろ「里のたけのこ」っていうべき形ですねぇ。これ不思議ですが、まぁ、日本語ってのははよくひっくりかえしますからね。「へのカッパ」と「カッパのへ」は同じ意味ですからねぇ、逆でもいいかぁ。


収穫2012

というわけで収穫後はこんな感じ。10人ちょっとでこんなくらい取れました。本来はもっと取れるというのですから凄い。富士さんってカッコいいだけでなく恵みの山なんですねぇ。でもね、流石に山に生えてるだけあって、これをドボドボと鍋にいれて煮るわけにはいかないんですよ。待っているのが
そ、う、じ

僕等はホテルのチェックインのためにこのお掃除サボっちゃいました。すみません!皆様!!
ん?やっぱり案外僕は世渡りが上手なんですかねぇ、こんな大変な仕事回避したりして。
世渡りで思い出しましたが、「渡る世間は鬼ばかり」の「鬼」って誰のことなんですかねぇ。
えなり君ですかねぇ。あはははは。そういや、どうしてあのラーメン屋あんなに流行ってるんだろう....

茸の掃除2012

ふんで、掃除し終わったあと(一部)です。大変な理由は水でじゃぶじゃぶ洗うのではなく、刷毛で一本一本丁寧に拭くからなんですね。ジロールなんかもありますね。他にキノボリイグチやオニナラタケ、カベンダケ、アブラシメジなんてのもあって僕みたいな初心者にはわからんです。ちなみに、日本でとれないキノコは無いってききました。セップもジロールもトリュフもあるそうです。ああ、日本人でよかった(けど、いままで一回も取ったことないけどねぇ)
猪調理2012

で、お楽しみは、シェフ自ら作る猪と茸の鍋です。シェフの案内でキャンプ場に行き、そこで調理して下さいました。なんてったってシェフがつくるんですから、おいしいに決まってます。そういやシェフと主夫、似てるのになんでこんなに違うんでしょうね。まぁ、似てないってことですが、あはははは。

猪鍋鍋ごと2012

できあがり!地元の味噌で味付けしてます!迫力あるでしょう?
猪鍋頂きます2012
おすそ分け~~~~~。美味しいかって?美味しいよ!!シェフに感謝です!ちょっと自慢の今回の記事、折角増えてきた読者も減るような幸せ自慢記事になっちゃいましたが、主夫太郎は本当は謙虚で誠実で凛々しくてカッコよくて見た目よりもいい男なので全国の女性読者のみなさん、愛想つかしちゃいや~よ、あはははははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

香のもの寿司と味噌汁

2012.10.02 08:00|魚・貝料理
江戸時代と今の時代はどちらが美味しいものを食べていたかといえば、それは今の時代の方が断然美味しいものを食べているのだと思います。では、江戸時代のお料理を全て踏まえたうえで現代人の食生活があるかというとそれは全くのウソです。僕は今年40歳になりますが、適当に料理をしている期間を含めても高々20年。当たり前ですが料理の歴史を全て吸収し、今オリジナルのレシピを作っているわけではないです。だから過去の書物なりから学ぶことは多くありますよ、もちろん。忘れられた食べ方、食材、技術なんていくらでもあるでしょうねぇ。

今回は

「鯛百珍料理秘密箱」

という本に乗っている、「鯛の香の物寿司」のアレンジです。オリジナルは鯛を使っていますし、山椒は使っていません。アレンジにしたのはちょっとした遊び心。そのうちオリジナルの「鯛の香の物寿司」も作りますね。それから、僕は「鯛百珍料理秘密箱」を持っているわけではなく、新潮社の「とんぼの本」シリーズの「大江戸料理帳」という本に載っているものをみました。


何かのお魚2012
使ったお魚はアイナメだったけな。白身のお魚です。鯛でもよかったけど、なんとなく買い物の時に気に入りませんでした。

いぶりかがっこ2012

そしてもう一つの主役が沢庵。沢庵といっても東北を愛する僕が選ぶのは「いぶりがっこ」。沢庵の燻製ですね。なかなか力強い香りがします。オリジナルは単なる沢庵ですね。黄色い沢庵は色が素敵で、そこは僕のお料理はちょっと地味。ん?なんパッケージしか写ってないかって?あははは。撮り忘れたからゴミ箱からパッケージだけ拾ってきたんです。あはははは。
山椒たいたもの2012

それともうひとつ、母が送ってくれた山椒を炊いたものです。お酒とお塩だけ。ピリリとアクセントです。
オリジナルのレシピは生姜を使ってますが、今回はちょっとしたこだわりで山椒に。季節はずれですが、いいものですよ。お魚と山椒って。

がっこと山椒まぜ2012

1.固く炊いたご飯に寿司酢を混ぜ、酢飯をつくりそこに適当に切ったいぶりがっこと山椒をくわえる。

今回すし酢をつくるときに僕は色のついたお砂糖をつかいました。ちょっとコクがでるし、ご飯にも少し色が付くし。サラリとさせたい方は白砂糖がいいと思います。

アイナメ入れ2012

2.御飯があらかた冷めて、魚に火が通らないようになってから刺身をいれ、よく混ぜる。

もう少し小さく切ってもよかったとは思いますね。でも豪快に口に放り込むのを意識してました。

香の物寿司と味噌汁

味噌汁に入っているのはなめこと沖縄で買ったアオサです。これだけで結構夕ご飯になりそうでしょう?
自分で言うのもなんですが、結構おいしくてお気に入りメニューになりそうです。まぁ、ちらし寿司なんですけど、漬物が一緒ってのがいいですね。柔らかいお魚にたまにパリパリと沢庵があり、山椒の香もします。

=======================================

しかし、今回は書物というものについて考えさせられましたね。江戸時代の食べ物が文字を通して、正確にかどうかは分からないけれども、平成の世に伝わっています。書物というのは本当に強力な記録方法ですね。過去の事、自然科学などの事実などを学ぶには未だに書物というものが強力なのだと思います。僕のような頭の悪い人間でも書物の大切さは分かるのですが、一方で書物から遠ざかる癖が出来てもいます。昔の小説などを読むと、「本が読みたい」、「中学校に行きたい」なんて言う小学生が出てきますが、もう僕としてはそんな人達を尊敬するレベルくらいに書物というものから遠ざかってしまいました。恥ずかしいことですが、ここで告白でもしておかないと、掃除をしたあとネットサーフィンしたら午後1時なんていう生活から抜け出せませんからねぇ。労働してないので僕の行動は全て消費行動ですが、自分に投資できるような、意味のある消費行動を探さないといけないと、最近思うようになりました。一応この場を借りて、生活改善宣言でもしておこうと思います。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。