08 | 2012/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鹿を簡単に2~ジビエの勧め~

2012.09.18 08:00|肉料理
つい最近ですが、鹿のお料理を紹介しました。自分としてはちょっとおしゃれしたつもり(ポチリで飛びます鹿を簡単に~ジビエの勧め~)このお料理は結構鹿の香を抑え込むようにスパイスをつかって牛乳で煮込みました。今回はその逆、荒々しい男の料理です!そう、僕は文章からはナヨナヨしてるイメージがあるでしょうが、たまには男らしい一面も見せるのです。あははははは。

半額ひよこ2012
さて、今回鹿料理と一緒にご紹介するのはこの食材!「あん?また半額の自慢?」これ、大阪で買った最後の半額素材です。引っ越しのときに持ってきたんですよ。あぁ、高槻という中途半端な都会にある、高級食材を扱うスーパーKOHYOならではの半額素材。懐かしい。

ひよこ味噌2012
ふんでもってこれは何かというと「ひよこ豆で作った味噌」です。白みそ仕立てでクリーミーです。凄く変わるかというとそれほどでもないのですが、確かに違いますね。普通の味噌と。これを使った料理あとでまたご紹介しますけど、カレーなんかのコクだしにもいい気がしますよ。見つけたら買ってみて下さい。


今日のお料理は全くもって普通のお料理「シカ肉の肉じゃが味噌仕立て」です。
凄く簡単!鹿の匂いもこの間の料理より強めですが、味噌とぶつけるので面白いですよ。男の料理、いや、漢字の漢をつかって、「漢(おとこ)の料理」です。

肉じゃが寸前2012
1.玉ねぎとジャガイモを炒める
まぁ、わざわざ手順を書く必要もないですが。そういえば以前、彼女に作って欲しい家庭料理の第一位に「肉じゃが」ってのがあったそうです。まぁ、もちろん文句はないんですが、日本の男ってのはどうしてそんなに欲がないのか、はたまた料理の名前をしらないのか。それとも男は世界中どこでも食べ物に欲がないのか...謎ですねぇ。


肉じゃが味噌2012
2.生姜、唐辛子と一緒にお酒、お水を足し、味噌で味付けする。

まぁ、唐辛子は最初に炒める方がいいかもねぇ、忘れていたのでこのタイミングになりました。あはははは。
いいんですよ、そんな微妙な味わいのものを作らないんだから。
シカ肉入って2012

3.シカ肉を入れて、少し煮た後、冷ましながら味を染みこませる。お好みで胡椒で風味をつける。

肉を炒めてとも思ったのですが、そもそも肉が薄切なので、いいやと思いました。余熱で火も通るし、放っておけば旨みも汁に染みだします。
シカ肉みそ煮込み2012

食べる時に温めて。なかなか豪快ですが、シカ肉の野性味が十分楽しめます。ビールでもワインでも何でもあいますよ!
そろそろ本当にジビエの季節がやってまいりました。10月1日から北海道で鴨猟が解禁になるはずですから、お店でジビエが食べられるようになるまでにおよそ一か月。んーー貯金しておかなけりゃ!ええ、そうです我家は貯金、つまり郵便局ですよ。それじゃ一千万円までしか預けられないだろう?って以前指摘されたことがありますが、そんな心配する人が世の中にいるんだぁ..と勉強になりましたねぇ。ペイオフ?林家ペイオフ?あはははははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。