08 | 2012/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

はずれしし唐炒め(しし唐の地獄炒め)

2012.09.29 07:42|ダイエット
こんにちは!!キムタクで~す。

嘘ですよ。あはははははは。こんなヤケクソになるくらい今日の記事は適当です。でも好きなお料理です!


しし唐ってのを焼き鳥屋さんとかで食べるとたまに物凄く辛いのがありますよね。あれ嫌いですか?
実は僕、あれ大好きなんです。不愉快な理由は「辛くないと思っていたのに辛かった」というだけで、僕はあの辛いしし唐がめちゃくちゃすきなんですよ。カミさんはあのしし唐を「はずれ」なんていうんですが、僕はむしろはずれていて欲しい、いや!はずれしし唐の方が僕には当たりなんです!外れたしし唐だけ売って欲しいのに、どんな農家もこの発想がないので僕には「はずれしし唐」が手元に届くことはあまりありません。

じゃぁ、みんなはずれにしちまえ!!!

ってのが今回の企画です。そりゃ簡単ですよ。それはね....

トンガラシだぞ!

これ使えばいいんですもの。あはははははは。ガッツリつかんでしし唐と炒めちゃうのが今日のお料理です。
なんだその手抜きのレシピは!!って思う人もいると思いますが、この僕の情熱を感じて下さいよ~お願い!!

しし唐とトンガラシ2012

1.油敷いてトンガラシ炒めて、そのあとしし唐を入れる

あははははは。そりゃそうだよねぇ。これ以外なにもしようがないもの。何の芸もないブログだ!!あははははは。
芸がありゃ今頃テレビ出演してるだろうから、当たり前ですけどねぇ、芸がないのは。

まぁいためてるとこ2012

だから、臨場感をプラスするためにこんな写真も載せておきますね!読者の皆様に、禁断のサービスカットです~!いや~ん。あははははは。
出汁を足します2012

2.ダシと塩をすこしだけ足し、水分を飛ばす。

一応、旨みを少しだけ足しておきましょう。もちろん旨みなんか足さないで、塩をキツメに振ってみるのも一つの手ですよね。

しし唐の地獄炒め2012

もちろんトンガラシは食べません。ラー油を使うと少し赤くなっちゃうし、粉のトンガラシだとはずれしし唐の雰囲気がでない。でもどうです、こんな簡単に全てしし唐が「はずれ」(だか当たりだか)に変わって、胃に染みます。んんんん~~~~~如何ですか?もう一度聞きます!!!辛いしし唐好きですか?僕は綺麗なおねえさんが好きですあははははは。

*今日は岐阜におでかけなので、おへんじ訪問がおくれます~。だから適当な記事なのかって?まぁ、そうですけどね、ボツにするには迫力のあるお料理かなって思いましたっていう言い訳を思いつきました、あははははは。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

さんまの季節の飲み料理

2012.09.27 08:00|魚・貝料理
ついに秋になったと認めざるを得ない気候になりましたね。秋といえばサンマを連想する人は多いと思います。

目黒のサンマっていう落語がありますね。殿さまが目黒の辺りで農民からもらって食べた焼いたサンマが美味しかったので、城に帰ってサンマを作るように命じます。厨房は大慌て。そんな下魚調理したことないから、しつこい脂を完全に落として骨を抜いてパサパサとしたミンチを作って出すと、マズイ。殿さまは「サンマは目黒に限る」って一言。ところが僕はこの落語を聞いてもそんなに殿さまの食べたサンマがマズそうに感じないんです。そこで自分なりに殿さまの食べたマズイ方のサンマ料理を作ってみようと思いました。

参考にしたのは、僕の好きなブロガー、タヌ子さんの記事です。タヌ子さんの記事(野菜たっぷりオーブン焼き-ブリアム)へはこちらをポチリすると飛びます(異邦人の食卓) タヌ子さんはフランス在住の女性で、旅行や素敵なお料理を記事にしておりヨーロッパに憧れる僕としては更新が楽しみなブログの一つです。おうちにテニスコートがあるというだけで、僕の中ではお蝶夫人のイメージがあり、「異邦人の食卓」というブログ名から、そこに久保田早紀のイメージが加わってます。
パプリカとカブ2012

さて野菜をオーブンで焼いて水を抜くのですが、軽く焼き目を付けておきましょうか。
なんにしろ初めての料理なので、材料は少な目につくります。やたらと材料が増えるとバランスやらなんやらが気になってしょうがない。

1.カブと黄色いパプリカをざっくりと切って少し焦げ目を付ける。


トマトも焼いて2012
2.プチトマトはヘタをとり、120度のオーブンで30分ほど焼いておく

3.バットに薄くオリーブオイルを塗り、カブとパプリカを並べ、2で焼いたトマトを乗せ、再び140度のオーブンで15分程焼く



まぁ、時間は目安ですね。天気やお野菜自身の状態、コゲ目を付けるときの火の入れ具合にもよるでしょうからなんとも言えませんが。トマトは低温ならいくら焼いても平気ですよね。それから写真を撮り忘れて、トマトを焼く写真が無かったのでこういう順番になりましたが、トマトを焼くのを1にするべきだったかなぁ。とにかく野菜に火がある程度とおれば平気。もともと生で食べられるものばかりだし、硬かったら.......

野菜が硬かったら、歯ごたえがいいでしょう?っていえばいいし、軟らかかったら、甘味が引き出せてるでしょう?っていえばいいし.....いつもの
「口 先 も 調 理 器 具」

ですよ。あははははははは。そういえば「口先も調理器具の会」会員を以前募集しました。案外興味持ってくれた方がいるので、ちょっと嬉しい!!会則は一つだけ、お料理と一緒に添えたい一言をブログに書くときに「口先も調理器具」のフレーズをどっかに入れるだけです。別に自虐的になる必要はないですよ!このフレーズ使うと同時に入会です!ちなみに退会はできません!!退会できないのは同窓会みたいですよね、あはははははは。大抵の同窓会の会則って一条が「本会は何々高等学校同窓会と称する」で第二条が「卒業生はみな本会員であり、同窓会費を収める義務がある」ですねぇ。すごい勝手ですよねぇ、あの強引さと、会費払わない奴にたいして何も要求しない潔さ!あれ。かっこよすぎる!!


さんまも乗せて20123.サンマは開きにしたものを適当な大きさに切って、バットの野菜の上にのせ、塩を振り180度のオーブンで10分から15分ほど焼く。
この作業も手際によりますかね。オーブンの温度を上げますが、温度を上昇させている間も放り込んでおきましたし、時間は結局オーブン見ながらがいいと思います。あんまり焼き過ぎると脂が落ちすぎると思うのですが、適当に脂がおちて野菜にかかるのはいいと思います。

オーブンでさんま焼いて2012

まぁ、こんな感じですね。ちょっと写真わるいけども。バットの下の方には野菜、サンマの脂などがたまっているのでソースにします。まぁ、食材に出たものを返してあげる感じ。

さんまと野菜のオーブン焼き2012

最後、パセリでおしゃれして出来上がりです。赤緑黄色と信号みたいですねぇ。バットに並んでいるときはダサかったけど、こう見ると白ワインを飲む一品料理に変わったでしょう?あはははは。サンマはフカフカで柔らかくて脂が乗っているのが美味しいのは間違いないけど、僕は案外引き締まったサンマも好きです。落ちた脂はそのまま、野菜に吸われたりソースの一部になってまたまたサンマに帰ってきたりと、無駄にはしませんしね。なんといっても優しく火を通したので、もうもうと油が出ません。もう一度くらい作ろうかなぁ。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

鮎御飯と味噌汁

2012.09.25 08:00|魚・貝料理
今日はちょっと硬派な記事です。作ったものが地味ってのもありますが、自分としてはちょっと思い切ったことをしたつもりなので、後々自分の記事を見たときふざけたわけではない、という形にしておかないとなぁっておもいましてね。

色々な鮎のお料理をご紹介してきました(過ぎゆく夏を惜しんで(振り返らず行こう!なんて無理!!)鮎をフレンチみたいに鮎屋の息子の料理(鮎の南蛮))。読者の方からは「もう飽きたよ!」なんて言われそうですが、今回は結構頑張って、他のお魚でも出来そうなお料理にして、合わせて汁(スープ)も作りました。

鮎の一夜干し炊飯2012

鮎の一夜干しを炊き込みご飯にします。鮎の一夜干しが無いよ!という方は白身魚の一夜干しでもいいと思うんです。鮎ごはんって鮎を焼いたものを肝ごと使いますよね。それだと、本来食べない尻尾や頭まで炊き込むし、焼いた香ばしさというより、コゲの香がご飯にいくらか移ると思うんです。それはそれで素敵なのですけども、鮎だろうと何だろうとお魚の脂の綺麗な脂のおいしさをご飯と一緒にいただきたいと思うと、僕自身は疑問が湧きます。一夜干しは香りも立ち、旨みが凝縮され、焼き魚とちがって脂を落としてないので炊き込みご飯にいいのではないかと思ってました。ただ、脂が乗っているとどうしてもくどさがあるので、今回炊き込む前に「白コショウ」を振っておきました。

鮎の一夜干しご飯炊きあがり2012

たきあがりです。ご飯のお水は少し少な目にしておきました。予想どおり鮎の香と胡椒がいい感じ!一夜干しは塩を振ってますから味付けはしていないです。気になる様でしたら大きな骨は取り除き、ほぐしながらご飯を混ぜ混ぜ。このとき水分が多いと、ホクホクした鮎の身にならないので、水分は少な目がいいですね。


さてさて、これに普通の味噌汁とも思ったのですが、前から試してみたいお料理をつくることにしました。

それは、

トウモロコシの味噌汁、まぁ、洋風に言うとコーンポタージュ(味噌味)です。


トウモロコシクラッシュ前1.茹でたトウモロコシをミキサーにかける

まぁ、こんなところ写真にしてもしかたないんですけど、ブログがマノビしちゃいますから、無理やり写真挿入です。単なるトウモロコシだけど。お袋が茹でてむいて送ってくれたのもです。ありがたいです。


トウモロコシクラッシュ後漉す2012
2.ミキサーにかけたトウモロコシを裏ごしで漉す。

3.2をお好きなダシでのばして味噌で味をつける。

まぁ、別に難しいころは一切しないんですけどね。あはははは。


僕は今回ちょっとやり過ぎた感があったのですが、イベリコ豚のスープとひよこ豆の味噌を使いました
(関連記事:ポチリで飛びますイベリコスープとり鹿を簡単に2~ジビエの勧め~)

以前、白みそで味噌汁を作ったとき、ポタージュみたいだなぁって思ったんですね。だから、コーンと合わせて見たかったのですが、これが結構うまくいきました。イベリコスープでなくてもひよこ豆の味噌でなくても美味しいスープになると思います(白みそが僕のイメージに合いますが、他の味噌ではどうなるかわからないですねぇ)。というわけで、並べてみましょうかね.......


鮎の一夜干しご飯2012
トウモロコシの味噌汁


鮎のホクホクした身の感じが伝わりますかねぇ。トウモロコシの味噌汁と一緒に静かな贅沢夕飯ということで。ゆっくり噛んで食べました。鮎も、もう冷凍物があるだけになっちゃいました。また、季節が過ぎちゃいましたね。んーーでもまた一つ大人になれたかも。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

余りもの以下のボツネタ特集(卑怯もの!! ん?そうだよ。)

2012.09.22 23:12|ボツネタ
ごめんなさい。手違いで公開が遅れました。

本日はちょっくら用事があって富士山に行ってきます。なのでまたまた皆さんのところに伺うのが遅れちゃいますねぇ。ゴメンなさいね。前回の「夢」の話が案外カミさんには好評でした。ただ、主にレシピブログの方が読者だろうから、長文でご迷惑をおかけしたかもしれないとの意見。コメントのお返しを下さる方に「長くて嫌なら読まないだろう」というスタンスで文章を書いてはいけない、ということで、本来は号外にしておくべきだったろうと。ということで重ね重ねお料理と関係ない長文ご容赦下さい。今後気をつけます。


以前、余った材料や、作り過ぎたものに少し手を加えたものをまとめて記事にしました(ポチリで飛びます苦しくったって~♪・・・だけど余りがでちゃう!主夫なんだもん!余りのも特集2(引っ越し関連で...))。

考えてみると、一つの記事を丁寧に作ってる皆さんからすれば随分卑怯な手法で記事を書いているわけで、それはそれは心が痛みました。が.........
今回はもっともっと卑怯な企画!あはははは!!

これはとても記事にならん!というお料理、写真を集めて記事にしちゃいました。名付けてボツネタ特集!!!んーーーーーー。スガスガシイ卑怯さ!まぁ、あまりにも卑怯なので、今回ボツにした理由もちゃんと書きます。

まずは、

トマトサラダ2012
マンゴーと黄色いトマトのサラダ

切ったトマトをまわりに飾り付け、中心はレタスとキュウリとマンゴーです。マズイわけではないのですが....

ボツ理由:
マンゴーとトマトが両方とも黄色かったので、マンゴーが目立たず単なるトマトサラダにしか見えない。

せめてトマトが赤かったらなんとか文章を付けて記事にしたかもしれませんが、それでも大した文章を書けなかったとは思います。まぁ、普段からそんなに立派な文章を書いているわけでもないですが、それにしてもネタがしょぼく、写真もいまいち。

続きまして.........


海老油通し2012海老炒め卵2012

海老をどれだけシンプルにお料理できるかというテーマをもとに作ったお料理。海老にカタクリ粉を振ってお湯通しした後炒めて、半熟卵を絡ませました。
海老炒め2012
じゃ~~~~~ん!!
海老の炒め物・卵羽衣

結構とろとろの卵をまとって、エビもプリプリしてたんです。

ボツ理由:
「海老をどれだけシンプルにお料理できるか」なら茹でて塩かけて食べるが正解だと思ったから。

そりゃそうですよねぇ(笑)もちろん適当な文章でも拵えて違うネタとして載せればよかったんですが、ブログ始めたばかりの時であまりにも融通が利かない頭でした。あの時の純な気持ちは何処へ?

ああ、そうさ、俺は汚れちまったんだ、もう昔の俺には戻れない.....

あはははは。そういう影を宿した人間じゃないんで、

もう今は今回の企画みたいに人間丸ごと卑怯です!!


醤油トマト2012
醤油チーズトマトの胡椒かけ


ボツ理由:
新しくもないし、旨いものだけ集めたんだからこんなの旨いに決まってる!
これはメニューが....あははははは。まぁ、でもつまみにいいですよ。胡椒をよいしょ!ってかけるといい。

さて、お次は....

肉飛龍頭2012
麻婆飛龍頭

豆腐を水抜きしたあと裏ごしして、マーポの味付けをしたお肉を包んで揚げます。花山椒を添えました。麻婆豆腐を豆腐の内側に閉じ込めた感じ。

ボツ理由:
手間の割にそれほどでもない。不味くはないけど、試食の段階で疲れすぎて正しい判断ができなかった。

素人なんだから、思いついたからといってそんなに頑張ることもないと悟りました。

イベリコ豚ラーメン2012
イベリコ豚ラーメン

イベリコ豚の骨とかでスープを取ったのですが.....

ボツ理由:
イベリコ豚で取ったダシでラーメンって....何も多分伝わらないから。

まぁ、ラーメンでは鶏のスープで記事書いてますからねぇ。まぁ、もういいかともおもいました。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

デスラーシフォンwith 夢の話

2012.09.20 08:00|スイーツ系
僕には夢がある。カミさんより早く天国に行くこと。僕には夢がある。世界中の美人とお友達になること。僕には夢がある、5兆円欲しい!そうさ、僕の夢は殆ど煩悩!こんな煩悩を抱えていたせいか、罰が当たったらしい。嫌~な夢を、しかもハッキリみた。おかしな夢なんだけども、実在の会社名が出てきたり、とにかく妙。半分寝ていて、半分起きている状態だったから記憶がはっきりしているのだろうけど、よく考えてみるとこんなこと、最近ないからしっかりと記録することにしました。お料理ブログなので、本文には書かず、「続きを読む」を押すと読める様にしておきました。前半はいつものようにお料理ブログです。また、夢の中の会社は実在する会社ですが、全く現実とは関係ありません。

==========================================================

さてさて、シフォンケーキを焼いているのは僕のブログを読んで下さっている方はもうご存じだと思います。それで、2つほど記事を書きました(ポチリで飛びますいよいよ女子力強化へ(でも失敗のお話)!, 第二シフォン) 最初の失敗ほどでないのですが、少し窪んだりすることもあり、安定しないこともあります。でもフワフワとした生地が楽しく焼けてお気に入り。体重と相談しながら、週に1回を目途に焼こうと思ってます。今年はシフォンを完璧にして、一種類パンが焼けるようになったらなぁって思ってます。

が、


こんな僕だって冒険がしたい!そう!人生は冒険です。というわけで冒険してしまいました。
んーーーーー、負けると分かっている戦いに出て行く男の頬には秋風が良くにあいますが、今年は残暑厳しく秋風まだですねぇ。で、なにを冒険しかたというと、こちら、

紫芋パウダー
沖縄の座間味島のスーパーで見つけました。生産者も沖縄の会社で、まぁ、東京でも見つかるのだろうけど、勢いで買っちゃいました。買ったはいいけど、使い道を決めてなくて.....そうだ、シフォンに入れようということに。でも配合をしらない。普段18cmのシフォン型に粉90グラムを使ってますが、今回は薄力粉70グラムに紫芋の粉20グラムをつかうことにしました。んーー紫芋の粉って多分デンプン....デンプンでケーキ焼くのかぁ。


それから、聞いて聞いて!(読んで読んでが正しいけど)


バニラオイル2012
じゃじゃ~~~~ん。バニラオイル。ず~と買い忘れてたけどついに買いました。これ持ってるだけで断然女子力アップした気になりますね。まぁ、僕をエリザベス女王にたとえるなら、パニラオイルは王冠みたいなものです。あはははは。ところでバニラエッセンスと何が違うのかなぁ。まぁ、いいやどっちでも。あははははは。


紫芋混合小麦2012
ダマにならないようにあらかじめ粉をふるい混ぜておきました。なにかあんまりピンとこない色。紫芋の粉が足りないのかなぁと思いましたが、これ以上入れるのも想像しづらく....水分が加わればまた変わるかも?と期待半分で。不安を押しつぶしました。


紫芋コネ2012

ふんでもってコネコネすると、明らかに違う。微妙に違うというのではなく。ゴムヘラから伝わるザラザラとした感覚が不安を煽ります。心が折れそうになりながら丁寧に混ぜて「えい!!」という掛け声と同時にオーブンへ!


なんかやせ気味2012
でも焼けた

焼きあがるといつもよりはちょっと小さ目。粉が少ないからなのか、紫芋の粉のせいなのかは分かりませんが。いつものように瞑想させたあと....焼き上がりは全く問題なく、いや、今までで一番いいかもしれない!切ってみました。すると...

デスラーシフォン

えええええええええええ!!!
思ったより紫でない!むしろ青いぞ!!写真よりもっと青いんですよ。あああ、どうして紫芋青いの?
ベーキングパウダーと科学反応を起こしたと考えるのが普通かなぁ.....
切ってみた瞬間、宇宙戦艦ヤマトの「デスラー総統」を思い出してしまったので、このシフォンは

デスラーシフォン

ということに。

このシフォン青いと君が言ったから9月10日はデスラー記念日(©俵万智)....にしねぇよ!!

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

続きを読む >>

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

鹿を簡単に2~ジビエの勧め~

2012.09.18 08:00|肉料理
つい最近ですが、鹿のお料理を紹介しました。自分としてはちょっとおしゃれしたつもり(ポチリで飛びます鹿を簡単に~ジビエの勧め~)このお料理は結構鹿の香を抑え込むようにスパイスをつかって牛乳で煮込みました。今回はその逆、荒々しい男の料理です!そう、僕は文章からはナヨナヨしてるイメージがあるでしょうが、たまには男らしい一面も見せるのです。あははははは。

半額ひよこ2012
さて、今回鹿料理と一緒にご紹介するのはこの食材!「あん?また半額の自慢?」これ、大阪で買った最後の半額素材です。引っ越しのときに持ってきたんですよ。あぁ、高槻という中途半端な都会にある、高級食材を扱うスーパーKOHYOならではの半額素材。懐かしい。

ひよこ味噌2012
ふんでもってこれは何かというと「ひよこ豆で作った味噌」です。白みそ仕立てでクリーミーです。凄く変わるかというとそれほどでもないのですが、確かに違いますね。普通の味噌と。これを使った料理あとでまたご紹介しますけど、カレーなんかのコクだしにもいい気がしますよ。見つけたら買ってみて下さい。


今日のお料理は全くもって普通のお料理「シカ肉の肉じゃが味噌仕立て」です。
凄く簡単!鹿の匂いもこの間の料理より強めですが、味噌とぶつけるので面白いですよ。男の料理、いや、漢字の漢をつかって、「漢(おとこ)の料理」です。

肉じゃが寸前2012
1.玉ねぎとジャガイモを炒める
まぁ、わざわざ手順を書く必要もないですが。そういえば以前、彼女に作って欲しい家庭料理の第一位に「肉じゃが」ってのがあったそうです。まぁ、もちろん文句はないんですが、日本の男ってのはどうしてそんなに欲がないのか、はたまた料理の名前をしらないのか。それとも男は世界中どこでも食べ物に欲がないのか...謎ですねぇ。


肉じゃが味噌2012
2.生姜、唐辛子と一緒にお酒、お水を足し、味噌で味付けする。

まぁ、唐辛子は最初に炒める方がいいかもねぇ、忘れていたのでこのタイミングになりました。あはははは。
いいんですよ、そんな微妙な味わいのものを作らないんだから。
シカ肉入って2012

3.シカ肉を入れて、少し煮た後、冷ましながら味を染みこませる。お好みで胡椒で風味をつける。

肉を炒めてとも思ったのですが、そもそも肉が薄切なので、いいやと思いました。余熱で火も通るし、放っておけば旨みも汁に染みだします。
シカ肉みそ煮込み2012

食べる時に温めて。なかなか豪快ですが、シカ肉の野性味が十分楽しめます。ビールでもワインでも何でもあいますよ!
そろそろ本当にジビエの季節がやってまいりました。10月1日から北海道で鴨猟が解禁になるはずですから、お店でジビエが食べられるようになるまでにおよそ一か月。んーー貯金しておかなけりゃ!ええ、そうです我家は貯金、つまり郵便局ですよ。それじゃ一千万円までしか預けられないだろう?って以前指摘されたことがありますが、そんな心配する人が世の中にいるんだぁ..と勉強になりましたねぇ。ペイオフ?林家ペイオフ?あはははははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

過ぎゆく夏を惜しんで(振り返らず行こう!なんて無理!!)

2012.09.15 08:00|魚・貝料理
*書き出しは暗いのですが、それはニュースのせいであって、お料理ははっちゃけてます。

昨日ニュースで見たのですが、自ら命を絶つ、自殺が年々増えているそうです。特に若い人の自殺者が増えているそうで、とても悲しいことだと心から思います。そんなニュースで思ったことから書き始めましょうかね。

こんな僕も悩み、思いつめたこともありました。何故、今の様に、世間様の役には立たず、しかもこれと言った未来も描けないまま「生きていて良し」なんて思えるようになったのか自分でも正確には分析しきれていません。もちろんまわりの人達、親兄弟、カミさんの力がありました。自分の所属する世界や仕事を切り捨てて、自分と家族のためだけに生きればいいやと思った瞬間が幸いにも訪れました。いままで自分のいた世界が大事でかけがえのないものだと思えば思うほど、潰れてすり減るまでじっとしていなければならない。そんな自分で自分に重しをしていたのに、それがふっと無くなる瞬間。今までいた世界は下らない世界だと、気付くのか、信じるのか、自分を騙すのか、全くわからないのだけどもそんな瞬間が訪れました。あの時何も決断しなければまた元のままだったのでしょうが、その瞬間を逃さず、再び自分で重しをかける前に逃げ出すこと、そんなことが可能であった自分の環境と幸運に今は感謝してます。

案外、大抵の場合、単なる思い込みなのかもしれませんね、大事だとか、かけがえがないとか。今は親兄弟とカミさん、少しの友人、これだけで十分で、逆に僕が想うことのできる限界ですね。きっと悩みには様々なパターンがあり、何かの参考になるとも思えませんが、経験談を書いておくのも誰かの参考になれば、いや、未来にもう一度迷ったときの僕のためになればと思います。

ただ、自分の人生を長く費やしたこと、更に続けるチャンスがありながら辞めるというのは、ある意味破壊行動とも思えました。破壊行動のあとには混沌が訪れ、それが精神を圧迫することもありますが、この癖なかなか治らないんです。破壊癖は僕独自の癖なのでしょうかね?


長くなりましたが、今日はそんな破壊癖が出たお料理です。

え~い!ぶっ壊れてしまえ!みんな混沌になれ!

って思ったおかずでした。

これが案外美味しかったんです(笑)

過ぎゆく夏野菜2012

登場人物は全て母からの仕送りです。野菜たち、ピーマン、オクラ、キュウリです。沢山送ってくれるので助かってますが、時折どうお料理していいかアイデアが浮かばなくなり悩むときもるのですがこちらの悩みは凄く楽しい!!でも、ふっと切れて、壊してしまえ~ってなったんです。

1.ピーマンは好みの大きさに切り、オクラはお湯通ししておき、キュウリは種を取って切っておく。

そんで炒めてしまえ!!って思ったんです。キュウリもオクラもピーマンも食べ物なんだから、食べ物混ぜれば食べ物しかできないはずだ!!って全く破壊的な発想です。

鮎一夜干し焼き2012

以前ご紹介しましたが、母が作った鮎の一夜干し(ポチリで飛びます鮎をフレンチみたいに)。コイツを炒め物の旨み成分としようとおもいました。これも随分な破壊的な行動ですねぇ。なんといっても一夜干し、あぶるだけで十分美味しいのですよ、ええ。何の工夫もいらないんです、本当は。それを焼いて野菜と混ぜ混ぜしちゃいます。

2.鮎の一夜干しを焼いて、骨などを切り離し、身をほぐしておく。


はいはいはい!!あとは宣言通り、塩と胡椒で炒めるだけですよ!!

ガッツリ炒める夏野菜2012


どうです、このお箸の使い方!混沌を呼び込む、魔法の杖をふるっているような乱暴さでしょう?でも、もちろん本人は少しでも美味しくしようと必死なんですよ。決してマズイものを作ろうなんておもってないんです、不思議と....分かるかなぁ....

3.材料を十分熱したフライパンに油と唐辛子を入れて炒め、塩胡椒で味付けをする。

一夜干しの鮎と夏野菜2012




上の写真は「混沌」をはっきりうつしたものです。はっきり写る混沌って何かへんですねぇ。でも、案外鮎の香がたって美味しかったんです。

そろそろ夏が過ぎて行きますね。夏の旬の野菜と旬のお魚の鮎も食べてしまうともう思い出せるのは後姿です。今年の夏の素敵な思い出も、暑さに苦しんだ嫌な思い出も、大抵の記憶を混沌に変え深い海のような脳の記憶部分に沈めて行き、殆どが二度と浮き上がってきません。そんな沈みゆく混沌としか言いようのない記憶に添える破壊の衝動が生み出した混沌なお料理。破壊癖が招く混沌も人生の選択と同様、たまには吉とでるようです。さぁ、今回の記事で「混沌」は何回出てきたでしょう?あはははは。沢山つかいましたよ。数えても粗品は進呈しません。あははははは。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

第二シフォン

2012.09.13 08:00|スイーツ系
小学校の時の国語の教科書で「茂吉のねこ」というのがありました。まぁ、途中の話はともかく、茂吉の飼っていた猫が、化け物に脅されて茂吉を殺すように言われます。目の前にいる化け物も怖いはずなのですが、ねこは勇気を振り絞って、「おらやんだ、おら茂吉すきだもの」というんですね。実際のネコがこれほど主人のことを思っていてくれるかどうかは別として、当時僕はなんとも言えない幸せな気持ちに浸れたのを今でも覚えています。

不思議とそんなことを思い出したので冒頭に持ってきましたが、お料理とはそんなに関係ありません。

さて、先日失敗したシフォンケーキをリベンジです。失敗した記事はこちらからどうぞいよいよ女子力強化へ(でも失敗のお話)!リベンジと言ってもそんなにリベンジに燃えているわけではないですがね。ただ、何の工夫もなく同じものを記事にするのはイマイチなので、ちょっとだけ工夫してみることにしました。

前回の失敗の原因ですが、僕の大好きなブロガーさんAliceさんのコメントにより水分の多さが原因ではとのこと。もしかしたら計量のミスがあったかもしれないと今回はかなり慎重にしました。

さてさて、工夫はというと.......

切られる南瓜(8/22)南瓜&ローズマリー(8/22)

南瓜いれることにしました(100g)。あとローズマリーを間引きしたんで、無理やりいれます。以前ローズマリー入りのパンを買って食べてとても美味しかったのだけども、焼成温度と時間が大分違うのでそこが不安。不安だけど見切り発進!いいのよ!どうせ僕なんか人生見切り発進だから。まぁ、どんな人間も「気が付いたら人間だった」てわけだから、人間万人見切り発進なんだけどねぇ。

シフォンネタに南瓜とローマリ(8/22)

前回との違いはここだけなんだけどさ。ここの写真がないと臨場感がないから必死に忘れないうちにとりました。南瓜から水分がでるとすると、少し水を引かなければならないのだけれども、その必要はない気がします。ローズマリーもそれほど水気タップリというわけでもないですしね。とにかく楽しく!をモットーに。

やはり瞑想(8/22)

理由は本当のところ分からないのですが、焼き終わったらシフォンケーキはひっくり返って瞑想。
そういえば昔、「あばれはっちゃく」っていう番組がありましたね。小学生が主人公の番組。何か困ると逆立ちして何か思いつくっていうパターンなんですが...まぁ、若い人はわかりませんね。おいらは華の落ちこぼれ....今の僕ははっちゃく以下の気も(笑)

第二シフォン(8/22)

ということで第二シフォンケーキです。生地が荒目に写っちゃったけど、そうでもない、写真のせいです。いや、案外南瓜が美味しかったです。はい。でもなんだか美味しいってだけでねぇ、売り物になるようなものにはなってないんですよ。僕の何がいけないのか...そりゃ経験ですよね。精進精進。ローズマリーはもう少し細かくした方がよさそうです。歯にあたりますねぇ。ただ、南瓜とローズマリーって案外合うと思います。パンはまだ遠いけど、少しは女子力アップしましたかね。今後も定期的に焼くつもりです。無精ひげの汚いおっさんの下手の横好きだからやめろという方もいらっしゃるかもしれませんが、おらやんだ、おらシフォンすきだもの。あははは。きっと僕は幸せです。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

沖縄帰りでお野菜を

2012.09.11 08:00|ダイエット
残暑が厳しいですね。9月になって関東の水がめ、我が故郷群馬のダムが干上がりつつあり、住んでいる東京の水供給に支障が出るとか出ないとか。なかなか大変なことになりました。「水と安全はタダだと思っている」なんてよく日本人を揶揄していいますが、こうなると水は大事だなぁって思います。

沖縄に行っていたのですが、滞在した沖縄の座間味島では毎年行くたびに節水の張り紙があります。もちろん水も大切なのですが、村のスーパーに行って思うのは野菜やフルーツで新鮮なものもなかなか大変な様子です。島というとなかなか物が入ってこないし、座間味島だと全てを自給できるほどの人口も産業としての農業もなく、お魚などは豊富なのでしょうが大変なご様子でしたね。もちろん宿泊客である僕も少々野菜不足。まぁ、普段食べてる野菜の量がかなりのものですから、どこに行っても野菜不足になりがちなんですがね。

今日の記事は沖縄から帰ってきて、お野菜欠乏症を解消すべくすぐに食べたお野菜料理なのですが、少しは沖縄の雰囲気を残しながらと意識しました。沖縄、ああ、沖縄!沖縄といえば....
光る海、光る大空、光る大地~♪(エイトマンのうた)

エイトマンって沖縄出身だったんですかねぇ~。弾丸(たま)よりも早く過ぎ去った沖縄滞在を思い出しながら...

干しゴーヤ2012

これお気に入りなブロガーさんAZUMONさんのブログでゴーヤの干物を作っていたので羨ましくて作ってみたんです。最初はただおもしろ半分で作って見ただけなんですが、沖縄から帰ってきたあと、沖縄が懐かしくなってこれ食べてみることにしたんです。

トマトカブ蜂蜜2012

1.乾燥ゴーヤをお湯で1時間弱戻す。

2.カブを塩もみして、切ったトマトと戻したゴーヤと合わせてなじませる。

3.ゴーヤの苦味を消す程度に蜂蜜を入れる。



沖縄帰りサラダ2012

ということで、ガンガン食べちゃいました。カブって本当に癖がないのでパクパク食べるのにいいです。なかなかサラダで食べないかもしれませんが、塩もみして僕はよくつかいます。ゴーヤを戻したものは少々ある苦味がなかなか良いアクセントでした。不足した野菜は体に染みます。んーー断酒したあとのお酒みたい。


沖縄オクラ2012

沖縄で宿泊した民宿では、ボートシュノーケリングの他にヤギを育てたり、野菜を育てたりしています。そんでもって、お土産に帰り間際に育てているオクラを頂きました。ちょっと涙が出そうになっちゃいましたねぇ。5年くらい続けて通ってるのですが、一年に一回くらいなのに名前も覚えてもらってお土産まで頂けるなんて!


ブタとオクラ2012

沖縄と言えば豚です。と一緒に茹でたオクラを入れて、トマトソースで煮込みました。

ブタトマト煮オクラと2012


ん~~~~沖縄のまばゆさの思い出も一緒に頂きました。

沖縄に行って思うことが色々ありました。主夫になって無収入になってから、本当に生きて行くことが大変なんだなぁって思います。沖縄の座間味島という小さな島で一生懸命に、成功しようとする若者たちがいました。ヤギのミルクからクッキーを作ったり農業をしたり。一方で一生懸命しても結果を出すってことは別のことなんだなぁとも思います。僕がいうのもなんだけど、是非成功してほしいなぁ。なかなか一歩踏み出す勇気のない僕には沖縄の海と同様にまぶしかったですね。まぁ、自分のリズムでそれほど焦らず、多くのことを見て学んで、方向を決めてから頑張り出そうかなぁ。でももう40歳ですからねぇ。そろそろ勉強もひと段落させないと...っていままでタップリ勉強してきたみたいですね。感傷に浸ってちょっと自分を美化しちゃいました、あはははははは、僕って卑怯ですねぇ。あははははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

写真のために(ロワゾ―ソース)

2012.09.08 06:57|家庭料理
今日は朝からお出かけです。皆様のところへお邪魔するのが遅れると思いますが、許して下さいねぇ~。

いいわけとお詫び

実は僕はニセモノというものが嫌いです。ニセモノと形式というものが紙一重な時もありますね。例えば年賀状なんてお世話になってない人にも「お世話になりました」と書きます。厳密に内容をみるとニセモノなのですが、一方で年賀状自体はニセモノだとは思いません。これは美しい形式であり、未来へつながる挨拶でもありますからニセモノだとは思いません。一方で、自分より上の人で、毎年年賀状を出しているのに、必ず僕の年賀状が届いてから返事を書く人がいます。これが2年や3年ならともかく10年も続くと、イヤイヤなニセモノ賀状と思ってしまいます。正直言うと書いてくれない方がいいです。理屈ではお返事いただくだけで有り難いと思うべきでしょうが、師匠であろうと上司であろうとあまり気分のいいものではありませんね。今年から僕は専業主夫になり人間関係を刷新しますから、このニセモノはやめようと思ってます。

少し譲って形式重視の年賀状はともかく、心を込めてつくるお料理はニセモノは嫌だとおもいます。僕のブログは必ず作ったお料理は食事として食べてます。(僕の)お料理というのはブログの為ではなく食べるためにつくりますからね。ただ、折角作ったお料理を綺麗に見せたいのも心情で、今回、一度だけ、写真撮影のためにお料理をつくりました。写真の練習のためです。冷めてから食事としてではなく、一人で食べましたが「これも勉強のため」と割り切ったものの、やはり見て頂いている方にもなんとなく誠実でない気がして、ここはちゃんと告白しようとおもいました。ご不快にさせたら大変申し訳ないと思います。


今日のお料理はベルナール・ロワゾ―のレシピを参考に作りやすいように作ってます。我家のホームパーティーではお友達からの評判もよく、リクエストがあれば必ずつくる一皿です。

ニンニク煮こぼし(8/13)ニンニククラッシュ(8/13)

1.ニンニクを5回程煮こぼし、皮をむきミキサーにかける。

こうするとニンニクの余計な辛みが大分抜け爽やかな香りが残ります。辛みが沢山残るようだとつらいのでニンニクによってはもう一回くらい煮こぼしてもいいですね。ミキサーにかけるときは水分が足りなかったら牛乳を少し加える方がいいと思います。煮汁を加えると辛くなっちゃう。
マッシュポテト(8/13)

2.ジャガイモを茹で、1のニンニク、温めた牛乳、バターを加えマッシュポテトにする。

マッシュポテトにするときは面倒でもミキサーにはかけません。粘りが出てしまいます。さらっとした仕上がりを目指します。でもあまり水っぽくするとソースにならないので、水分はゆっくり加えてゆきます。ここには胡椒はくわえないです。折角の白いソースですからね。胡椒は違うソースに加えればいいですよ。

イタリアンパセリ(8/13)パセリソース(8/13)

3.イタリアンパセリの茎を除き、一分程茹で、塩、オリーブオイル、胡椒と一緒にミキサーにかける。

ミキサーに丁寧にかける方がいいと思います。ミキサーにかかりにくい時はお湯を加えます。
ちょっとくらいしょっぱくても平気。盛り付けるときに量を調整できますからね。


4.鶏のもも肉を焼き、2種類のソースをお皿に敷き、乗せる


実際ロワゾ―はカエルを使ってスペシャリテにしてますが、鶏でいいでしょうねぇ。カエルって手間の割に美味しくないと思うのは僕だけかなぁ。まぁ、マズイのではなく割に合わないって感じです。
盛り付けはどういう風にしてもいいのですが、今回は丸く盛り付けました。


ロワーズソース(8/13)


写真を撮ってみるとこのソースは難しいですねぇ。ちょっとミキサーにかけそこなった部分があるらしく、パセリソースが滑らかではないですねぇ。にしても、もう少し美味しそうなんですけど。僕は写真うつりが悪いのですが、お料理まで写真うつりが悪い。そんなところまで似なくていいとおもいますよ。あははははは。まぁ、写真うつりが悪いと思っているのは僕だけですかね。実は現実を直視するのが辛いだけだったりして....んんんんーーーーー現実って残酷だぁ

*誤解なきよう、追記
こんかいお料理写真についての僕の意見ですが、僕のブログは「主夫ブログ」ということで、日常のお食事を切り取ることを明言しているつもりでおります。このことに読者の皆様にたいして嘘がないようにしたいという希望があり、冒頭の意見となりました。ブログ一般についての意見ではありません。追記にてお知らせいたしたく。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

カミさんと朝食を(なんとか食べてよ朝食を)

2012.09.06 08:00|雑文
昨日レシピブログさん主催だかなんだかの写真講座に行ってきたんですが、今日の最後の写真は良くないらしいです。んんんーーー、まぁ、そんなに見てて感心する写真を取ろうと思っていなかったので、ちょっと反省。とはいってもなかなか写真を撮るのは手間、というより撮影は時間がかかるから、なかなか美味しいうちに食べられなくなっちゃう。皆さんどうしてるのでしょうか?

カミさんは寝坊すけです。本当に朝が弱い。時間通りに起こしてもそれはそれは不機嫌です。以前は僕が時間通りに起こすとやつあたりしてました。最初はなだめていたのですが、最後は切れましたね、この優しい僕が。僕は僕が知っている中で一番優しい人間です。仕事をしていたころは「仕事で」怒るふりをしたりすることはよくありましたが、大抵の怒りは笑いに変える術で生きてきました。そんな僕を本気で怒らせたのは、ここ20年で3人。一人がカミさんでした。「時間通りに起こせっていうから、僕は30分も前に起きてるんだ!嫌なら会社に遅れていくらでも怒られればいいだろう!!」と僕は逆切れではなく順切れ。余りにも大きな声で凄い剣幕で怒ったので半べそだけど「だって眠いんだもの」とまたまた抗議。はぁ?前の日、俺が注意しても夜更かしして遊んでたろうが...しかも何度目だよ....これには自分の中の理性が壊れたのを覚えています。その後物凄く怒鳴り散らして....まぁ、どうやって仲直りをしたのか覚えていないのですが今でも苦手の様子。朝ごはんもなかなか食べてくれない。ですが先日、ホテルオークラに泊まったとき(ポチリで飛びますカローラでオークラ!!)フレンチトーストが気に入ったらしい。その前から、フルーツのヨーグルト漬けなんかを朝ごはんで食べてもらっていたのですが、一気にこれで朝ごはん食べる習慣を付けてもらおうとおもいました。

ちなみにレシピが公開されてるので、それを忠実に再現しようとおもいました。レシピを転載しておきますね。もしかして著作権法の違反かなぁ。このブログで一切儲けてませんよ。まぁ、怒られたら法律勉強しよう。あとオークラ好きです。とても好き。だから怒らないで......

卵...6個
牛乳...370cc
砂糖...62g
バニラエッセンス...少々
食パン(厚切り、約4cm)...4切れ(耳なし)
バター...少々
サラダオイル...少々

1.卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせたものに、食パンを両面丸一日ひたす。(片面約12時間)
2.熱しすぎないフライパンにバター少々、サラダオイル少々入れ、1.を両面、弱火で蓋をし、約15分じっくり焼く。
3.お好みでメープルシロップ、またはジャムを添えてできあがり。

が、

ホテルオークラのホームページにあるレシピ....当日朝食のときに聞いたのと若干違うんです(ポチリでオークラのHPのレシピへオークラのフレンチトースト)。

たしか聞いたのだと、フライパンで焼いたあとオーブンに入れるって言ってたような....20分くらいかかるっていっていたし......今回は聞いた方で試してみることにしました。

牛乳と卵

特別なことはしませんがパンに吸わせるので一生懸命混ぜます。でも泡が立つとパンも吸いにくくなるし、丁寧に丁寧にやります。

ブランデー

つくりだして気が付いたのですが、バニラエッセンスがない!!!!でも何か香をつけようと思って台所を見まわしたところ、ブランデーが目に!!まぁ、いいや。入れちゃえ!!ってことでブランデーまで投入。
卵液漉す

パンに付け液をするわけだから、レシピにはなかったのですが、漉してみました。ネバネバしているものは染みこみにくいとおもいましたのでね。
フレンチつけ込み

ということでつけ込みタイム。24時間つけるそうです。
ん?でも俺、フレンチトーストを申し込んだの前の日の夜だけどなぁ。まぁ、余計に作ってあるのかもしれない。
漬け込むぞ!!!って僕は頑張る必要はないけど。
フレンチトースト焼く

ふんでもってゆっくり焼きます。

オーブン中フレンチトースト

そんで小耳にはさんだのでオーブンにいれてみました。140度、これは適当な温度(笑)
オーブンに入ってる時はこんなにふくらんでいるのですよ。何故か。
フレンチトースト

ふんでもって出来上がり!!!
ちがう!違う!チガウ!!!!!

食感が全然違う。24時間つけこんだけど、まだ染みてないところがあったなぁ。これは液が少し少なかったんだとおもう。焼き方ももう一度考えないと。色々反省がでてきたので、も・ち・ろ・ん
リ ベ ン ジ 

決定です。バニラエッセンス買わないと!!頑張れ僕!




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

鹿を簡単に~ジビエの勧め~

2012.09.04 08:00|肉料理
散々沖縄で遊んだお蔭で体調を崩した僕に暖かい言葉をかけて下さった皆様、本当に有難うございました。さて、現在ちょっと何かの資格を取ろうと思って勉強するものを探し中です。何を勉強するか勉強するってんですから呑気なお話です。そういう意味では全然頭は良くなってませんねぇ(笑)いつかブログを平日毎日更新に戻そうと思っていたのですが、勉強に向けて、このまま週3回更新をもう少し続けようと思います。いつかの復帰を目指してますよ。


人間が山をちゃんと維持管理しなくなったせいで、鹿や猪といった動物が日本全国で沢山増えているそうです。加えて「猟師」という人達も減ってきましたからなおさらでしょう。実家は鉄砲を撃つ人とお友達らしく、そういった獣の肉を分けてもらうことがあるそうで、それを今回僕に回してもらいました。シカ肉です。今回は頂いた時点で薄切り肉になっていたので、長く煮込まないでサッとつくっちゃいます。以前、鶏肉を使ってこれより凝ったお料理をつくりました(ポチリで飛びます鳥の白煮込み(ホワイトデーの償い用))この記事と作り方はそれほど変わらず。ただちょっと焦がしている分ハヤシライス風だと思ってるんですよ、shoko♪さん。

この、「鳥の白煮込み」はホワイトデーのお料理のつもりだったので、かなりの気合が入ってます。記事も気合が入っていたのですが、このころは僕のブログを見てくれる人は一日5人くらいで、しかもお友達ばかりでコメントもゼロでした。きっと今日の力抜いたお料理の方が皆さん読んでくださるとは思いますが.....ああ、これが慣れというもので、僕は人生の要所要所でこうやって堕落してきたのだろうとおもっちゃいましたねぇ。ということで3回の下書きを経て、お料理はもう直せませんが、文章は気合を入れなおしました。


シカ肉2012
シカ肉の野菜2012

簡単な材料で鹿をガッツリ食べましょう。野菜は玉ねぎだけ、香は鹿のお肉の匂いとニンニクとローズマリーだけです。鹿は薄切りロースです。いい感じに脂もありますよ。鹿の匂いが嫌いだという人もいます。もちろん酷い匂いの鹿もありますが、ちゃんと処理してあれば、ハーブを適切に使うことでそれを良い香りとしてお料理に生かせます。随分エラそうなことをいいましたが、いっぱいハーブ入れればいいんですよ!あはははは。まぁ、それでも思った通りに行かないときもありますよね。そんなときは主夫太郎の座右の銘「口先も調理器具!」(案外これ評判悪いですが)

鹿の香がしなかったら
「ね!鹿って全然くさくないでしょう?」と言えばいいし、

鹿の香がちょうどよかったら
「鹿のいい香りがするでしょう?ほとんどの日本人はこの香りを知らないんだ」
と言えばいいし。

鹿の香が強くしたら
「この香が独特で慣れるとたまらないのよ、赤ワインとなんか最高に相性がいいし」


ってな感じです。あははははははははは。

ということで「口先も調理器具の会」会員募集です!いやー今までに何度かこういう企画を立てた覚えがあるのですが、全く人が集まらないです(笑)インチキっぽいからですかねぇ。あはははははは。さてさて

シカ肉炒め2012

1.鹿に小麦粉を振りニンニクと一緒に油で炒め、まだ少し赤いくらいで取り出す。

無理に焦がす必要はないのですが、いい感じのコゲができるとこれがソースの一部になります。固くて大きな塊になるほど焦がすのは良くないと思ってますが、僕はこのコゲのスープすきですね。考えてみるとブラウンソースも品のいいコゲの集まりですから。あれほど手間をかけないだけのことです。


焦げの後2012

取り出した後の鍋ですが、少し焦げ目とかニンニクの残骸とかが残っていてこれを捨てず洗わずとっておきます。
鹿と一緒に玉ねぎを炒めると、鹿に火が通り過ぎますし、玉ねぎを先に炒めてからお肉をいれると、コゲが出てきませんし。まぁ、専門家には笑われるかもしれませんが、僕はこの方法が好きです。


鹿の為玉葱炒め2012

2.焦げが残った鍋でシンナリするまで玉葱を炒める。このときなるべくコゲを落とすようにする。

もうこれ以上焦がしてもしょうがないのでコゲは早めに鍋肌からはがしてあげて玉ねぎの水分と合わせてやります。


シカ肉白煮込み2012

3.シカ肉を戻し、お酒をさし、コゲと脂と小麦粉が一体になるように混ぜる。

白ワインがよかったのですが、ちょうど切らしてました。確認ミスです。赤ワインだとまた違った風味になるとおもいます。

4.牛乳とローズマリーをいれ軽く煮込む。

ローズマリーはもっと早く入れても良かったのですが、今回シカ肉が本当に癖が少なかったので煮込むときにちょっとという感じにしました。また、クリームで濃厚に仕上げたり、バターを落として風味を増したりすることも僕はしますが、とにかく暑い!夏だから。さっぱり系にお料理を方針転換しました。

5.ご飯と一緒に盛る。
鹿の白煮込み2012

とまぁ、こんな感じです。何々?他にもっと色々入れればいいだろうって?
そりゃそうですよ。でも久々の鹿でしたから、シンプルに味わいました。牛乳のお蔭でかなりマイルドですね。もう少しシカ肉が余っているので、それはまた後程です。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

久々のダイエットメニュー

2012.09.01 07:27|ダイエット
は~い、沖縄から帰ってきましたが.....このコメント、昨日(金曜日)に書いてますが、船酔いがなおりません。ちょっとくらくらしてます。コメントのお返事さえままならず....お返事の順番間違えたりしちゃって、すみませんね。体調が治り次第、皆様のブログにもお邪魔します。沖縄では頑張っていたのですが、疲れがどっと。レシピブログでいつも訪問して下さる美女のみなさぁ~ん、訪問遅れてごめんなさい。いつもの事ですが、女性を待たせるなんて罪ですねぇ。女心を傷つけたお詫びとして、皆さんのブログに投げキッスしておきます。皆さんのブログがジメジメしてたら、それは僕のせいですよ、あははははは。



久々にダイエットメニューをと考えました。まぁ、これを食べたら2キロ痩せますなんてことは絶対ないわけだから、ダイエットと言っても健康的に体重をコントロールできるお食事くらいの気持ちで作ってます。炭水化物を少な目にと思いますし、でも食事の楽しみは減らしたくない。ってことで、主夫太郎の無い頭を使ったダイエット料理です。

糸南瓜(8/16)メインの食材はこちろ、糸南瓜。輪切りにして茹でると中の繊維がほぐれますね。素敵です。
1.糸南瓜を輪切りにして茹で、ほぐしておく。
ゆで時間はよく分からないですけど、ほぐれますよ~って顔しますよね。金糸瓜なんて名前でもあったとおもいました。小さいころは糸状にしたあとタップリのマヨネーズで食べるのがすきでしたが、今回はダイエットメニューということで違う形で食べます。



舞茸とエリンギ(8/16)
そこで、ダイエットと言えば茸ですね、マイタケとエリンギを油で炒めます。舞茸は美味しいですよね。天然ものは一株10kgもあるそうですが、そんな贅沢はできません。エリンギはいつから流行り出したのか知らないのですがあっという間に日本人の食べ物になりましたね。
2.舞茸、エリンギを油で炒める。


だし汁とトマト投入(8/16)
炒めた茸にトマトをと投入して、カツオと昆布で取ったダシを投入します。これだけだと満足感が無いかもしれないと思ったので、オイスターソースを大匙一くらい。何年ぶりかです、オイスターソース使うの。美味しすぎてついつい頼ってしまうオイスターソースから卒業して幾年月。ついに大人の使い方ができるようになりました。

3.トマトを炒めてかつおだしを加え塩、醤油で味付けしたあとオイスターソースで味を調える。カタクリ粉でとろみをつける

糸南瓜と春雨(8/16)
今日はダイエットメニューでおなかは不満かもしれませんから目で楽しんでもらおうとおもったんです。
4.糸南瓜と戻した春雨を少量の胡麻油で和えて、お皿に盛る。
さささっと糸南瓜と春雨を混ぜて、少しの胡麻油でくっつかないように和えておきます。そこに先ほどのアンをかけて、

5.3で作ったアンを4にかける。
糸南瓜と春雨の餡かけ(8/16)

じゃじゃ~~ん。ダイエットアンかけそばです。蕎麦といっても炭水化物ではないよ!春雨と糸南瓜。糸南瓜は少しだけシャキシャキ感を残しました。つるつる春雨との食感の違いも楽しい、自慢のダイエット料理です。(今日は強気!)下っ腹が出しゃばらないように、こんな料理で鋭意努力中です。





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。