07 | 2012/08 | 09
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

金両醤油(小豆島のお醤油やさん)で牛肉!

2012.08.28 08:00|小豆島
ちょっと遅くなりましたが、沖縄、座間味島に着きました。火曜日の14時半です。
どうやら、ダイヤルアップのスピードも悪く、なるべくお返事したいのですがすみません。
また、沖縄では多分海で泳げませんね。台風が来ていて船がでないかも。31日には帰れればいいなぁと思います。


小豆島の話は前回で打ち切ったつもりだったのですが、現在「醤油麹」というのが流行っていて、僕も使うつもりでいますが、その前にちょっとご紹介したいものがあって記事にすることにしました。小豆島に行ったときにぶらっと入ったお醤油屋さん「金両」のご紹介です。この記事を書き始めたころ、速水もこみちが小豆島を紹介したそうで、大分盛り上がっていたのですが、主夫太郎が紹介したときには流石に「もこみち効果」ほどの効果はなく、自分の非力さを感じますねぇ。そりゃそうか、あはははははははは。

カミさんが車の助手席からいきなり「あの醤油屋さんに行こう!」ってことで蔵元さんに訪問。なんだか売店には先客がいて、コテコテの関西弁でなにか喋ってました。しばらくしたら、そのお客がお会計をしながら「儲かってますやろ」なんてレジの女の子に言ってる。レジの女の子はちょっと困り気味で「そんなこと無いですよ」なんて対応。下品な客のお蔭で不機嫌になりました。そんで、そこで終わればいいのに再び「儲かってますやろ」なんてイヤラシイ口調で言ってレジの女の子を困らせるもんだから...僕はそいつの胸ぐらをつかんで、

「いい加減にしろ!困ってるじゃないか」と怒鳴って

そいつに平手打ち!!

というシュミレーションをしているうちに先客も帰り、お姉さんが我々のところで商品の説明をしてくれました。もちろん気持ちよく購入して(買った商品は後程ご紹介)、「お世話になりました。素敵なところですね」、なんて言うと、

「今、お客さんもいないので、蔵を見て行きますか?」

っていうお話!!!是非是非ということで見せて頂きました。
醤油絞り機(6/26)

これは醤油を絞る機械です。別に展示用ではなく、現役バリバリの絞り機です。潰されているのは麻の袋です。お酒も同様に絞りますね。絞った後が「酒粕」ですが、醤油を絞ったあとの「醤油粕」はとっても貴重!!と思いきや全然役立たずなんですって!皆さん見学にきては絞りかすをなめてみるのですが「マズイ」という感想だそうです。業者に頼んで処理してもらっているそうです。もちろん僕らはその話を聞いたのでなめませんでした。
醤油の蔵の麹(6/26)

これは醤油の蔵の柱なんですが、柱に着いたしろいものは、この蔵独特の酵母です。びっしりと壁、柱に住みついて、この蔵のお醤油を育ててくれているのですね。人は命を頂き自分の命にしたり、他の命に助けてもらったりして生きているんですね。もちろん人間が知恵を付けた結果と言えばそれまでですが、全てのことに感謝せざるをえません。神様がいるかどうかの議論はおいておいて、最近は神様を信じることがおかしいとは思えなくなってきました。まぁ、とにかく神秘的です。

もろみ吸い上げ(6/26)

こちらは樽のなかのもろみです。丁度仕込みが完了して吸い出すところでしたね。ホースが入ってます。以前は樽のへりまで行けたそうですが、なんと樽に落ちた見学者がいたらしく!窓からの見学となりました。しかし、落ちたからと言って「樽を全部買います!」ってわけに行きませんねぇ。凄い大きさですから。


金両醤油(6/26)
もろみ(6/26)


それで購入したのはこの二つです。左はこの蔵で一番安いお醤油です。刺身用とか何とか色々あったのですが、この普通のお醤油が一番使いやすそうでした。お姉さんも普段はこれを使いますということだったので、購入しました。色々紹介してくれた、すこしお高めのお醤油は買いませんでしたが、ちょっと悪い気もしました。右の写真は今回のメインの食材である「もろみ」です。このもろみを麻袋にいれてプレスしてお醤油を絞るわけですが、その絞る前のものです。つまり「全部入ったお醤油」ということになりますね。麹もなにもまだ中にある状態!!流石にこれは珍しいだろうということで買ってきました。まぁ、お醤油味の味噌という感じですね。

牛肉もろみ漬け(8/9)

1.牛肉を3ミリ程の暑さに切り、もろみに漬け込む

ネギナスしし唐(8/9)

今日はネギとナスとしし唐を野菜としてつかいます。まぁ単なる肉野菜いためということなんですけどね。油を吸って美味しいナス、香のネギ、ほろ苦いしし唐ってことです。

ナスしし唐炒め(8/9)

2.しし唐と茄子を炒める
肉加え(8/9)

3.つけ込んだ1のお肉を2にサッといれて炒め、火が通ったらネギを入れ混ぜる

もろみ醤油で牛肉炒め(8/9)

「強烈な旨み」というよりは「優しいお醤油」という感じです。多分醤油麹よりは旨みは弱いと思いますが、この蔵のお醤油の特徴がすこしわかる気がしました。旨み強烈の一方でこんな食材も如何でしょうか?ネットで買えると思います。御漬け物なんかにも良いかもしれません。






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ情報
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。