07 | 2012/08 | 09
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

余りのも特集2(引っ越し関連で...)

2012.08.09 08:00|ボツネタ
以前余ったもので工夫してますアピール記事を書きました。目的は「僕、主夫してます!!」ってカワイク主張したかったからなんですけど...(ポチリで飛びます苦しくったって~♪・・・だけど余りがでちゃう!主夫なんだもん!)これが案外みなさんに好評だったので(自己評価)今回もあまって使われた食材たちの紹介です。引っ越しのために慌てて処分したものもありますね。レシピ記事というわけではないので分類は雑文です。関連する記事は以下青字で書いてあってポチリで飛べます。

常備菜として記事を書いた、レンズ豆エビアタマ煮込み
ですが、引っ越し近くなって家飲みも減り(缶や瓶がでますからねぇ)、おつまみとしては敬遠されがちになりました。エビのおいしさを少し生かそうと思って作ったのが、こちら..

エビアタマ余りセンレック(7/11)

センレック(タイのビーフン)も余ってたので、ナンプラー、ネギ、ピーマンを「レンズ豆エビアタマ煮込み」に入れてビーフンのソースにしましたよん。ねっとりとビーフンに絡んで僕好み。もちろんパスタでもよかったのですが、センレックが使い切れてよかったです。

お次は、トルコのお酒「ラク」が余っていたので使うことにしました。ラクはアニスの匂いが付けてあるお酒で、普段は透明なのですが、水で割ると突然白くなる不思議なお酒。この香りで、ステーキの付け合せをつくります。。以前ブログでお肉は一か月油に漬けて熟成するという記事をかきましたが(一か月ステーキ~我が家で一番時間がかかる料理~)今回もそういうお肉が登場です。

ラクあまり(7/11)
玉ねぎを油で炒めイチジクのジャムを入れる。イチジクのジャムと玉ねぎが少し馴染んだらラクを入れ、香りを立たせる。

アニスの匂いが大事!!


ってんで出来あがたのがこちら...
ラクあまりステーキ(7/11)

「引っ越し直前でつけ込んでいたお肉も食べざるを得なくなったステーキ」です。急に転勤決まると、お料理もスクランブルってわけです。まぁ、3週間くらいは漬けていたとおもいますけどね。そういやスクランブル(緊急発進)ってスクランブルエッグと関係あるんですかねぇ、調べりゃいいけどめんどくさいや。スクランブルエッグ(緊急発進たまご)って思ってるだけで楽しいしね、はははは。


さて、話は変わって、日常的にワインをお料理につかいます。500mlで400円くらいの安いやつ。もっと高ければ引っ越し先に持ってゆくけど、捨てるのも忍びない。赤ワインで煮込む料理もないし、そんな量も残ってない...どうしようってことで、ヤケッパチで冷蔵庫にあった材料、厚揚げとオクラを無理やり赤ワインと合体!!


ワイン余り厚揚げ調理(7/11)油を軽くしき、砂糖を直接振り、油揚げを焼く。いい感じで焦げてきたら赤ワインを投入し、塩で味を調え煮詰める。適当な時にオクラを入れる(オクラって半生でもいいからねぇ)。

焦がすくらいの勇気が必要。僕は焦がしたりするのがとても苦手。つい、いらないところで水をさしたり、余計なところでひっくり返したり、要するに短気。ここは我慢我慢我慢でした。


ワイン余り厚揚げ(7/11)

まぁ、こんな感じです。これが安いワインのおつまみには案外良かった。考えてみると甘くてしょっぱくてスッパイ。豆腐に合うよね~

話は変わって....大阪市の橋下市長のように7人もの子宝に恵まれている方に「作り過ぎ」なんて失礼なこと言う奴もいますが酷いことを言うとおもいます。奥様とご相談の上で計画をたてていたのでしょうから他人が口出せませんよね。本当に仲が良くて羨ましい。ところが料理は作り過ぎってことはよくあります。そんなお話。
(執筆者注:このブログの下書きが書かれたのは不倫報道以前の7月吉日です。カットすればいいとも思いましたが、本当にこう思っていたので。)

以前ご紹介した小豆島の生素麺。あの生素麺を紹介する記事(香れ!小豆島)のなかで、素麺のおつゆを2種類つくりました。醤油ベースの汁とゴマベースの汁。あの時の汁が結構余ってしまいました。折角カツオと昆布で取ったダシだから捨てるのはもったいないし、小豆島で購入したとっても美味しいお醤油が、時間を置くととってもまろやかになってきたので、これは再利用するしかないということになり....


畑のお肉(7/11)

こんなものが戸棚の奥から出てきたので利用することにしました。畑のお肉。山形に旅行に行ったとき道の駅で買ってきた、いわゆるグルテンミート。グルテンで作られていてお肉ではないのですが、水でもどして油で揚げると、鶏の唐揚げみたいになる(ちょっとだけ無理はあるにせよ)代物です。純植物性たんぱく質。


干しシイタケ、ワカメ、水で戻した畑のお肉、醤油ベースのダシでコトコト10分くらい煮て冷ましておくと...
畑のお肉煮物2(7/11)

こんな感じの優しいお惣菜に。わかめ、カツオ、シイタケの香が合わさってなかなかいい感じでした。
一方ゴマダシの汁の方は、豪快に水抜きしたお豆腐を長時間煮ました。

豆腐のゴマダシ煮

これが案外美味しかったのよ。豆腐って煮すぎると面白い。お豆腐と厚揚げの間のような感じになります。凄く美味しい豆腐に変わるわけでないけどちょっと変わった食感になって楽しかったですね。

ということで、本当はまだまだ余りものを利用してるのだけど、それはまた、いつか別の記事で....

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。