06 | 2012/07 | 08
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

シラスで常備菜

2012.07.26 08:00|常備菜
やっとこネット環境が整いご機嫌で作業できるようになったんです。いえーーい。でもまだまだ引っ越しの後始末は残っていますし、気に入ったスーパーが見つからない!!いや、最寄のスーパーも良いスーパーですが、ちょっと相性が悪い。実名が分からない様にテレビの効果音の様に「ピー」を入れると、最寄のピーコックはドカッとしたかたまり肉がなく、お魚もお肉もちょっと庶民にはお値段が高め。まだお料理のリズムに乗れないので、週3回のペースは守り、大阪でのお料理も載せたりします。ちょくちょく東京でのお食事も載せて行こうと思います。


主夫にとっては、昼間の自由な時間を確保するためにも、毎日のおかずの品数を増やすためにも、タッパに入れて2、3日とっておけるおかずってかなり大事ですね。2種類くらいいっぺんに作って、温めと腐敗を防ぎつつ交互にだすと一週間のおかずになりますから、これは素敵!!そんな常備采の開発は僕は大好きです。今回はシラスなどなんてことない材料を使ったなんてことないお料理ですが、なんてこと無いってのが常備采のひとつの魅力ですよね。
枝豆舞茸(7/8)

夏らしく枝豆君登場です。旨味のひとつに舞茸をつかいました。もちろんシイタケだってシメジだって何だっていいのですけど、舞茸な気分でしたなぁ。

舞茸枝豆炒め(7/8)

1.舞茸と枝豆を軽く塩を振り炒める
しんなりするくらいでいいと思います。まぁ、炒めすぎてこまることはないんですけどねぇ。
軽く塩をするのはその方がなぜか油の周りがいい気がするからですが、科学的根拠はないです。
ほほほ。
レッドペッパー振り振り(7/8)

2.1に水、酒を入れレッドペッパーを振りしばらく煮込む。
今回は唐辛子でしたけど、まぁ、何だっていいとおもいますよ、お好みのスパイスで。コショウでもいいと思います。美味しさを引き出しましょう。

春雨入れたん(7/8)

3.薄めの塩味に調整したら、戻した春雨を入れ、だし汁を春雨に吸わせる。
今回は緑豆春雨ですが、今度は韓国料理ででてくる、あの太い春雨使ってみたいなぁって思ってます。
だし汁は大目に春雨をいれればほとんど春雨が吸ってくれると思います。
シラス入れ(7/8)

4.火を止め、あら熱が取れたらシラスをいれ、良くかき混ぜる。
シラスはやわらかいやつが僕はすきですね。たっぷり入れちゃうのがいいですよ。春雨というのはあんまり他の材料とからまなかったりしますが、シラスがたっぷりだととてもシラスとは絡みますから。シラスの塩味が全体になじんだら仕上がりです。完全に冷える前に味見をして、すこし薄いようなら軽く塩をすればいいと思います。そもそもシラスが少ししょっぱいですからねぇ。まぁ、味はお好みで。

シラスと春雨の枝豆炒め(7/8)

ということで、出来上がりの図です。常備采の主夫としてのもくろみは冒頭に書いたとおりですが、そんなこととお構いなくカミさんはタッパにまだあると分かると遠慮なくおかわり!もちろん嬉しいから食べたいだけ出してあげますけどね。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。