06 | 2012/07 | 08
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

レンズ豆エビアタマ煮込み

2012.07.14 08:00|常備菜
全国の主夫太郎のファン、特に女性ファンのみなさ~~~ん。このブログは僕のあずかり知らないところで自動的に更新される仕組みになってます。尚、このブログは読み終わると同時に爆発はしませんから何度もよんでねぇ~~~。コメント返しやこちらからの訪問ができない、もしくは少なくなるのはちょっとの間だけ許して下さい。いい男は相手がいい女性であればあるほど長く待たせるもんです。あははははははは。


今回は洋風の常備菜をつくります。常備菜って言っても3日にいっぺんくらいは加熱しますよねぇ。海老はブラックタイガーのようなエビだと、尻尾だけが売っていることがありますが、小さいエビだと頭も一緒に売ってますよね。今回購入したのは「ほっこくあかえび」というもので身は食べてしまいましたが(写真撮り忘れた)、頭をどうしようかと思ったんです。まぁ、揚げ物かビスクくらいしか思いつかないのだけど、今回は後者です。ビスクで豆を煮ました。


海老の頭炒め(7/2)1.エビの頭をオリーブオイル、ニンニク、生姜と炒めて、ある程度火が通ったら、水を入れて10分程煮込む。

海老の頭の中にある味噌は脳みそではなく肝だと思いますがここから美味しい味がでますね。油を通すと良い香りがでますけどもこれを捨ててしまうのは勿体ない。そういや、エビの脳味噌ってきっと少ないんでしょうねぇ。アタマ悪いんだろうなぁ、きっと。あははははは。


ビスク(7/2)2.ミキサーに1を入れよく砕く。
3.ザルや裏ごしのような目が細かいもので2を漉す。
キッチンペーパーなどで漉してしまうとクリーミーさが無くなってしまいます。
4. 少し水を足し口当たりの悪いものは沈殿させ、上澄みをとっておく。


漉すという作業の途中で色々なめてみたのですが、結構細かい殻でも舌に当たると面白くないですねぇ。キッチンペーパーで漉すとスープが澄み過ぎて濃厚な旨みがでませんし、かといってザルくらいではだめです。結局カラを沈殿させるのがいいですかね。残ったものは勿体ないとは思いましたがワインの澱を捨てるつもりでやーーとすてました。その分水を足して後で煮込むという方法で無駄を省いたつもりでいます。

レンズマメ+ビスク(7/2)

5.一晩かけて戻したレンズマメと玉ねぎのみじん切りとシイタケを弱火で炒め、4で取ったエビの頭のスープを足し、塩で味付けをして水分が飛ぶまで煮込む。

レンズ豆エビアタマ煮込み(7/2)

海老の味が付いた油をレンズマメがまとってお酒を飲むときなんかすごくいいですよ。冷たくしても、暖かくても白いワインにも赤いワインにも合います。少し香が強いので、白ワインだったらガブガブ系がいいとはおもいますけどね。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。