06 | 2012/07 | 08
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

贅沢焼きナス漬し

2012.07.12 08:00|おつまみ系
この投稿をもって、引っ越し先で落ち着くまでPCの前にいられません。予約投稿でしばらくは記事は更新されますが、コメント返しやこちらからの訪問が出来るというお約束ができません。すみません。荷ほどきなど全て終え、お気に入りのスーパーなど確定して、ネットをおうちから使えるようになり落ち着いたらまたブログ上でお知らせいたしますね。ブログの内容上女性読者が多いと思うのですが、んーーー女性をじらすなんて人生初めて!色男はつらいぜ。はははは。


贅沢って素敵ですよね。贅沢にも色々あります。お金をいっぱい使って優雅に過ごすのも贅沢ですし、時間をゆっくり使ってリラックスするのもかなりの贅沢です。今日の主役はトマトと茄子なんですけどね。無駄には使わないのですが、贅沢に使うってのがテーマです。贅沢なトマトを買うのではなく、「贅沢に使う」んです。

何年も前だったとおもうけど、以前、高級なフレンチのカフェでトマトのエキスのジュースが一杯1600円で売ってたんです。1600円ってランチでも高い。グラス一杯のトマトジュースが??そりゃ迷いましたよ。お店の前の看板みて。ちょっとオシャレなランチが食べれますし、何でもよければカミさんと二人でお昼ご飯が食べれます。カミさんは僕の顔を見てニヤニヤしてましたが、意を決して飲むことにしました。その時の感想ですが......んーーー。もちろん言ってもいいですよ、そりゃ。でも読者の皆さんにも、あのトマトジュース一杯1600円の看板を見たときの迷う楽しみ、お店のお姉さんと目が合った時のスリル、頼んでしまった後のちょっとした罪悪感と期待感、そんなもろもろを味わって欲しいですし、そんな素敵な経験を僕の一言で取り上げてしまうのは心が痛みますので感想は控えさせて頂きます。ほほほほほ。

でぇ~もぉ~

そんなトマトエキスを家で抽出したら300円くらいで取れるはず。そりゃ300円だって高いですが、1600円に比べりゃ安いしお小遣いの範囲ですから、やっちゃいましたよ!

トマト(7/2)
さ、いつもなら切って食べちゃうトマトですが、今日はそんな穏やかな食べ物にしません。
骨の髄までしゃぶりつくしてやるつもりでいます。覚悟しろ!!あははははははは。



トマトエキス絞りかす(7/2)
トマトエキス絞り(7/2)

上の写真はトマトをミキサーにかけて、目の粗いザルで漉したところです。この漉したものの中にはトマトの種などありますが、捨てずにつかいます。左の写真はザルで漉した後、裏ごしで漉そうと思ったところ。だけど裏ごしでは綺麗なエキスがでないのでダメでした。ザルの上にキッチンペーパーを置きトマトジュースを流したあと、そのうえにキッチンペーパーをまた置き、お皿で軽く押しをしました。

1.トマトを適当な大きさに切ってミキサーにかける。
2.ミキサーにかけた1のトマトをキッチンペーパーや晒しなどで、押しをしながら漉す。


トマトエキス(7/2)
焼きナス剥き(7/2)


ってんで、こんなきれいなトマトジュースが出来上がりです(写真左)。これをガブリと飲めば、そりゃ1600円とるわなぁ。これ、とてもきれいなトマトの味がします。フルーツトマトでつくれば、もちろん「果汁」のようになると思いますよ。右はこのトマトジュースと合せるナスです。


3.抽出したトマトのエキス2に塩を適当にして、焼いて皮を剥いた茄子を味がつくまで浸す(2時間くらい)

贅沢焼きナス漬し(7/2)

どうです、なかなか贅沢でしょう?本当にトマトとナスを塩だけで食べます。ほほほほ。何の旨みもないわけですが、なぜか満足しましたけど、どうしてですかねぇ。

まぁ、絞りカスも無駄にしないのはお約束。なんといっても主夫ですからねぇ。

絞りカス利用1(7/2)

これは最初にザルで漉したときの比較的粗いトマトの絞りカスを使いました。絞りかすに卵、塩、オリーブオイルを足しミキサーにかけドレッシングにしました。我家のバジルに絡めて見ましたよ。トマトとバジルだけのこれもシンプルなお料理です。


絞りカス利用2(7/2)

これは比較的細かい絞りかすを利用しました。お味噌汁をつくり、そこに絞りカスをいれ、しばらく寝かせたあと漉すとお味噌汁のお澄ましができます。漉すときにはキッチンベーパーを使うとまたまた時間がかかるので、鰹節をザルに敷きそこに流し込みます。あとは沈殿させれば写真のようなお澄ましに。味噌とトマトは相性がいいですから、ちょっと変わった美味しいお澄ましになると思います。如何でしょうか?



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。