05 | 2012/06 | 07
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ゴマフグとカブで3品

2012.06.19 08:00|魚・貝料理
普段の食卓全体をブログにしている方も多くいらっしゃいますよね。そのスタイルにちょっと憧れていますが、僕の場合、一日一品というのを基本的なスタイルにしてます(ネタが無くなっちゃうからっていうナイショの理由なんだけどね)。そうするとなんだか僕のレシピは生活感がゼロだという指摘があり、それならということで、今日は全く見栄を張らないで、同じ材料でいくつか作っているよ!っていう記事です。以前ご紹介した食材などを使い回しにしながらですからあまり面白くないとは思うのですが、普段の生活からしてそんなに面白けりゃ、旅行なんて行く気にはなりませんよ。あはははは。

僕は以前ゴマフグで記事を二つ書いています(参考、ポチリで飛びます!>庶民のフグ!ゴマフグ参上ゴマフグのつみれ汁)とっても安いフグなのに美味しくて、欲しいなぁと思っているのですが、なぜかある時期を過ぎるといなくなっちゃう。ああ、今年も終わりかぁ、なんて思っていたら....あった、あった、とても安くまた売ってました。早速購入して、カブと一緒にお料理です。なんとシンプルなお料理を3品です。ん?3日分のネタを一気に出しちゃうの?....まぁ、地味だし、大したお料理でもないのよ。あははははは。

ゴマフグダシ取(6/1)
ゴマフグダシ(6/1)

いつものように骨は取りますが、骨から(正確には骨の周りの身から)ちゃんとダシをとります。

1.塩を足し、アクを取りながら骨をくつくつと弱火で10分から15分くらい煮て、昆布をいれて放置する。

しばらくして、漉すと上の右の写真のようになります。色は殆ど昆布の色。ちゃんとダシ出てます。ホント!!昆布は煮ないことにしてます。

ゴマフグカブ(6/1)

2.カブの皮を剥き軽く塩をしたお湯で15分程火をいれたあと、塩と薄口醤油で味付けした1のダシに入れ一度温めたあとゆっくり冷ます。

さて、もう2品作っちゃいましょうかね。フグとカブの葉っぱが残ってますから。
カブの茎と百合花

A.カブの葉っぱとお湯で戻した百合花を炒め、塩と醤油で味付けをする。

百合の花は(ポチリで飛びます 仙台麩と山百合)でご紹介済ですね。

B.戻した切干大根を砂糖と醤油とお酒で炒め煮し、ぶつ切りにしたゴマフグを入れしばらく火を入れて冷ます。おこのみでゴマと一味を加える。
ゴマフグとカブで2品

案外簡単に作ったこんなお惣菜食べてます。もちろんブログに載せたものはいつも夕飯などで頂いてますが、ちょっとおしゃれさせてます。あはははは。こんなおしゃれしないおかずは初めてかなぁ。
ゴマフグとカブの澄

カブとゴマフグと昆布と塩と薄口醤油です。一度切ってみて、中まで火が通ってなかったらもう一度煮ますが、今回は丁度良かったみたいです。実にたいしたことないんですけどね、でもこういうお澄ましでご飯をゆっくり食べるのもかなり好きなんですよ。あ!写真撮り終わったあともう少しカブいれてます。はい。

p.s. 今日はカミさんが宿直なうえ、一日中雨の様です。こんな日は雨を見ながら静かにお酒を飲みたいですねぇ。「雨見酒」楽しいと思うのですがイマイチ広がらないし、あまり賛同もえられないので、ブログでごり押し主張です。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。