05 | 2012/06 | 07
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

おつまみではなく〆もウマすぎないスパイシーレシピ。

2012.06.29 08:00|おつまみ系
*今週の土曜日と日曜日のぶろぐの更新はありません。


【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】


一度お酒を飲み始めると、不思議とみんな「〆(しめ)」が欲しくなるようです。僕は家で飲んでいる限り、だらだら飲んでいても一向にかまわないのですが、外で飲んでいるとそうもいえない。そこで、おうちで飲むにあたっても「〆」を用意してみよう!というのが今度の企画!!おつまみと〆は違うぜ!という方もいますが、一応おつまみとして投稿します。

ただし、「美味しすぎない」っていうルールは守ります。「お酒を飲んだあとはラーメン」という方には多分ものたりないのではと思います。また、本記事で「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」への投稿も〆させて頂きます。そこそこ頑張ったつもりですが....ダメですかねぇ。精一杯です、はい。


ほうじ茶(6/13)
お酒で少しバカになってしまった鼻をおこしてあげましょう。鼻を刺激するとちょとだけ目も覚めますよね。歯を磨いてシャワーくらい浴びなきゃならないですからほんのちょっとの目覚ましも意識しました。普通の緑茶でもいいと思うのですが、ここは敢えてほうじ茶です。普段好んで飲むものではないのですが、やはり香りはいいものです。良い玉露をあぶるともっと美味しいものになるのかどうか知りませんが、料理に使うなら僕は市販の安いほうじ茶で十分満足してます。



絹ごし塩麹(6/13)

さて、塩麹です!!塩麹ブームに乗り遅れて悔しい思いをしていましたが、ついに自分でも塩麹にはまるようになっちゃいました。漬け込むのに非常に適してますねぇ。今日はちょっと贅沢に絹ごし豆腐をつかいます。木綿じゃ雰囲気が出ないと思うなぁ。

1.塩麹で絹ごし豆腐を2日ほどつけ込む。
2.つけ込んだ絹ごし豆腐をよく洗い、適量切ってアツアツのご飯に乗せ、ほうじ茶を注ぐ。お好みでブラックペッパーをかける。

塩麹豆腐茶漬け(6/13)


GABANブラックペッパーを隣において記念撮影。

塩麹豆腐茶漬けアップ(6/13)

アップの写真です。シンプルなお茶漬けよりも旨みと香りがありますが.....これだけで食事にするなら海苔を振ったり、ゴマを振ったり、昆布を入れたりと付け加えたいものはいくらでもあり、工夫は様々でしょうなぁ。ただ、「これを食べたら以後お酒は飲みません、飲みたくても諦めましょう、食べ物も終わりにしましょう」というのが〆の役割ですから「お代わり」しないものにしたつもりです。如何でしょうかね?そんなお料理になったでしょうか。

まとめ

材料(4人分)

塩麹(豆腐を覆う分)
豆腐(一丁)
ご飯(4膳)
ほうじ茶(4杯分)
ブラックペッパー(適量)


作り方
1.塩麹で絹ごし豆腐を2日ほどつけ込む。
2.つけ込んだ絹ごし豆腐をよく洗い、適量切ってアツアツのご飯に乗せ、ほうじ茶を注ぐ。お好みでブラックペッパーをかける。



スパイスおつまみの料理レシピ
スパイスおつまみの料理レシピ


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

イワシの花椒油漬け、軽く焼き入れて

2012.06.28 08:00|魚・貝料理
【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】で花椒の記事です。まだ、上手に使うとまで行ってないかなぁって思ってましたので、今日はその課題に挑戦です。

さてさて、レシピブログでコメントをやり取りさせて頂いている初老夫婦さんから、

「フグ・アワビ・羊のスペアリブにイチジク、毎日ご馳走で羨ましいです(#^.^#)たまには鰯食べてください(笑)」

というプリティなコメントを頂きました。あはははははは。まぁ、それなりのやりくりをしているのですが、なんといっても生まれつきの見栄っ張りなのでブログというのも見栄を張ってはいます。ただ、39歳にして主婦のアイドルを目指す主夫太郎(SFT39)としてはそんな声にもお応えすべく今日はイワシをお料理します!!

大羽イワシ(6/26)慌てて買ったんですけど.....案外イワシって4匹で400円...重さだけでいうとゴマフグの方が安い。ななななな、なにーーーーーーー!!イワシってこんなにするんですか?!これじゃぁ、主婦のアイドルがまた遠くなっちゃたぞい(笑) しかし、それにしても丸々していて美味しそうです。どうしようかなぁってことで買ったあとに考えるました。


さて、悩みが二つです。

1.「スパイスおつまみの料理レシピ」で花椒の使いかたを上手にしたい
2.丸々と太ったイワシを脂を落とさず美味しく頂きたい(開いて焼くことを避けたい)、

ということです。花椒は多分ですけど、かなり粒子が細かいと思うんです。なめてみると少し苦い気がします。これがお酒には合うのかもしれませんが、とってもいい香りがするのでなんとかこの匂いだけ頂きたいなぁとおもいました。実験してみると油ととても相性がいいんです。油で加熱してやると匂いも立つし、苦味も和らぐ気がしました。一方で2の要求から.......
コ  ン  フィ

でしょうかねぇ。油に花椒の香りをつけて低温で油に茹でることにしました。とにかくやってみました。

1.イワシに塩をしっかり目に振り塩をなじませる。
花椒油(6/26)
油に花山椒の香をうつします。実際はこの写真の倍ほど(大匙一杯)をつかいました。また見やすいように写真では油は殆どいれてませんが、このあとイワシを入れて油がかぶるようにするので、そんなくらいの量を使って下さい。
2.花山椒の匂いを出すために油に大匙一つの花山椒をオリーブ油で加熱する(100度弱)
花椒も粉ですから焦がすとまた苦味がでると思うので高温での加熱はしません。

イワシ油漬け(6/26)
3.火を止めたあとニンニクのスライスとイワシを入れ、油が足りなければイワシがかぶるまで油を入れる。

火を入れ過ぎると油が出てしまうので、この時点で75度から85度くらいになるように温度計ではかります。

イワシ保温(6/26)
4.油の温度を65度から75度くらいの状態を長く保つためにバスタオルで保温する。
僕は3時間程この状態を保ちましたが一度途中で再加熱しました。

イワシ焼き(6/26)
5.油漬けのイワシを多目の脂で軽く焼く。最後火を止めたらごく少量花椒を振りよく和える。
火を通しすぎるとコンフィにした意味がないので本当に表面に火を入れるだけでOKです。もともと60度弱には中身がなってるわけですから。ちょっと香ばしくするくらいのつもりでいいと思います。


油イワシ花椒(6/26)

できあがり~~~~。花椒の匂いはごくわずかです。スパイシーっていうと強烈にきかせたくなるのですが、折角の丸々太ったイワシなのでイワシも大事にと思います。多分チリペッパーでも全く同じレシピで違うものが出来ると思いますよ。もちろん、ビールです。ビールとイワシ。あはははははは。


イワシアップ(6/26)

一応アップで写してしておきます。ちょっとだけ皮が剥げちゃったなぁ。どうやったら剥げないように焼けるのだろう。知ってる方は是非コメント下さい!!


まとめ
材料(二人分):
イワシ(4尾)
油(適量)
塩(適量)
花椒(大匙1~2+焼くとき少々)
ニンニク(一片)

作り方
1.イワシに塩をしっかり目に振り塩をなじませる。
2.花山椒の匂いを出すために油に大匙一つの花山椒をオリーブ油で加熱する(100度弱)
3.火を止めたあとニンニクのスライスとイワシを入れ、油が足りなければイワシがかぶるまで油を入れる。
4.油の温度を65度から75度くらいの状態を長く保つためにバスタオルで保温する。
5.油漬けのイワシを多目の脂で軽く焼く。最後火を止めたらごく少量花椒を振りよく和える。



スパイスおつまみの料理レシピ
スパイスおつまみの料理レシピ


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

ズイキとゴマフグの炒めもの

2012.06.27 08:00|魚・貝料理
以前フランスを一人旅したことがあって(これ本当なんですよ!)、そこで食べたもののなかでビックリしたものの中に「ルバーブ」ってものがありました。どうも日本では手軽に入るものでもないらしいので、遠い空の下の思い出食材になってます。ただ、ルバーブの断面をみたりしたときに植物の茎のような気がして、サトイモの茎みたいなものかなぁなって思っていました。そしたらね....

ズイキ(6/14)こんなの見つけました。ありゃありゃ、ルバーブみたいに赤いよ、赤い。だって「紅」ずいきって名前なんだもん。芋の茎で赤い!!ただし、「ジャムに最適!!」なんて書いてないからきっと全然違うものなのだろうなとおもったけど、僕に微笑んでくれたパリジェンヌの笑顔(クレープ屋さんの営業スマイル)が脳裏によぎり買っちゃいました!!ボン・ジュール!!ベニズイキ~、ルーブルエッフェルマカロン。あはははははは。


ズイキあく抜き(6/14)
1.酢水の中で皮を剥き、茹でてアクを抜く。

んーー?煮る前から既に色が大分消えてる!!!こりゃ煮たら完全に消えるだろうなぁ。さようなら、僕のフランス!さようなら、僕の一人旅、さようなら、僕のパリジェンヌ。どうに料理しようか、この時点ではなにもきまりませんでした。でも、こんな時!!

あははは。僕には安くて美味しいゴマフグがいる!!!
全日本ゴマフグ消費者連合会・会長の主夫太郎としては分からない食材はゴマフグです!!
1.5.簡単にぶつ切りにして、骨でダシを取っておきましょう!

ズイキ炒め材料(6/14)

中華な炒め物に決定。左からヤングコーンニンニクの芽ズイキです。んーー、ジャン・ポール・ズイキ!!と叫んだところでフランス食材にはならない雰囲気がアリアリです。



ズイキ炒め調理1(6/14)

2.ヤングコーン、ニンニクの芽、ズイキを炒め、軽く火が通ったらカタクリ粉を振ったゴマフグのぶつ切りも炒め軽く塩をする。

ニンニクの芽が固い方が好きな人はゴマフグと一緒にいれてもいいと思います。


ズイキ炒め調理2(6/14)

3.ゴマフグから取ったダシを加え塩、胡椒で味をつけ、カタクリ粉でトロミを付ける。

まぁ、ほとんどゴマフグのダシで食べる料理です。ズイキ自身は味も殆どないですからなんにでも変わりますね。コンニャクよりも味を早く吸いますし。そういう意味ではかなり便利です。量もふえますしねぇ。

ズイキ炒めゴマフグ(6/14)

できあがりだよ~ん。やっつけ中華のお惣菜です。パリから上海まで旅行した気分です。あははははははは。
しかしまぁ、ゴマフグって便利です。お魚の優しさと鶏肉の歯ごたえに文句ない旨み!!さぁ、あなたも全日本ゴマフグ消費者連合会に入会しましょう!!今なら先着50名様はもれなく副会長です!!


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

我家の楽園サラダ

2012.06.26 08:00|ダイエット
僕は群馬の渋川市、当時人口4万人という小さな市で生まれ育ちました。現在は市町村合併で伊香保温泉などの観光地も有していますが、僕が住んでいたころは本当に何にもないところでした。学校に通うため東京に出てくると、やっぱり何もなかったなぁ、などと思ってましたが、それでは何も僕の性格、嗜好に影響を与えなかった土地かというとそうでもなかったようですね。特に「食べ物」という観点からみると、実家の周りが畑と田んぼだらけでお百姓さんがお仕事しているのは当たり前の様にみていましたし、当時まだ養蚕をやる農家も多かったので桑の木なんかが畑の淵に沢山生えてて、桑の実(ドドメと呼んでいましたが)のなる季節になると学校帰りに散々つまみ食いしたりしてました。そんな思い出は歳を取るごとに鮮明になっていって、いつか僕も何か農作物を作りたい、それを口にしたいなんて思ってました。まぁ、今はベランダで夢を語るに留まってますが....
我家の菜園(6/19)


我家のちいさなちいさな畑です。そろそろ引っ越しなので、食べてしまおうかと思ってます。育てているのはバジルハバネロです。スイートバジル一本、普通のバジルが2本、ハバネロが一本です。もう少し陽が当たってくれると植物も喜ぶのになぁ、と思いますが贅沢は言えないですよね。

バジルアップ(6/19)

元気なバジルが一本背が高くなってます。
昔、「我が家の楽園」ていうほのぼのとした白黒アメリカ映画がありました。たしかそのなかの登場人物が「葉緑素」の研究をして葉緑素でエネルギーをつくる、みたいな夢を語っていました(うる覚え)。今考えてみると、白黒映画の時代に凄い発想です。今僕はそんな大きなことはできませんが、葉緑素から精神的な元気とちょっと食料を貰ってます。

ハバネロのはず(6/19)

これは哲学をしている寡黙なハバネロです。下をじっとみて、何故自分が普通の唐辛子のように長くならず丸いのか悩んでいます。「若いうちはいくらでも悩めばいいじゃないか」と声をかけてやってますが、早く赤くならないかなぁって本当は思ってます。んーーー。僕じつは偽善者で悪いやつです。あははははは。


兵器(6/22)
そんなバジルとハバネロにはアブラムシが付きます。僕は無農薬を貫こうとおもい、見つける度にプチプチと潰してやっつけてましたが、調べてみると、アブラムシって細胞分裂でも増えるそうなんです!!なんだとーーー。一匹のこしても、分裂して増えるのか!!なんて野郎だ!そのうちコナダニなども登場したので、秘密兵器を購入しました。秘密だけど売ってました。あははははは。植物由来だから安心。ざまぁみろアブラムシ!!!!


トマトバジルサラダ(6/19)

というわけで「我家の楽園」ならぬ「我家の菜園サラダ」。黄色いのはハバネロではなく、黄色いトマトです。このなかに入ってる我家の作物はバジルだけです。トマトとオクラとバジルを塩と油で和えただけ。胡椒もしません。命を頂いて僕も生きていると実感できるサラダでした!!

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

カミさんの誕生日にタルト

2012.06.25 08:00|おつまみ系
今日の記事は6月15日のカミさんの誕生日の夕食のお話です。この日はカミさんが会社の送別会があってどうしても早く帰れないとのこと。それは、まぁ、仕方ないから、是非一次会で切り上げてそれ以降は家で飲もうという約束をしました。

お酒はシャンパンって決めてます。でも、カミさんは送別会である程度食べ物を口にしているわけだから....量が調整できて、華やかなおつまみってどうしよう。散々悩んだのですが、最近つくれるようになったタルト(参考:ポチリで飛びますシュドー・タルト・ド・イクミ(失敗日記))で何とかしようと思いました。キッシュみたいなものかな。キッシュのレシピ調べればよかったのだろうけど、またまた、新しいことしなきゃいけないとしたら失敗の可能性があったので、失敗の予感がしないレシピを考えて実行しました。

サーモン黄身(6/19)
1.スモークサーモンと卵黄をミキサーにかける。

塩はいりませんね。スモークサーモンはしょっぱいから。材料からいうとこのまま食べられますから、失敗の要素ありません(笑)





サーモンすり身(6/19)
ベシャメルにサーモン(6/19)

2.ベシャメルソースとスモークサーモンのすりみを合わせる。

良く合わせると綺麗なピンクになります。ベシャメルソースは丁寧につくれば僕でもつくれますから説明の必要なしですよね。

3.グリーンアスパラガスを柔らかく茹で、卵白と合わせてミキサーにかけ塩で味付けする。

4.3をベシャメルソースと合せる。

卵白と卵黄を両方使うエコクッキングです。あはははは


タルトサーモン(6/19)
アスパラタルト(6/19)

5.あらかじめ焼いたタルトに2を流しこみあらかじめ余熱した180度のオーブンで3分から5分加熱する。

6.5の上に4を流し込み、今度は180度のオーブンで20分ほど焼き、ゆっくり冷ます。
サーモンタルト切り(6/19)

焼き上がりです~~。大体思いのとおりです。緑とピンクが可愛く2層になってくれました。素人の思いつきの割にはお祝いのおつまみっぽくなりました。んーーーーーー。味は想像の域を出ませんよ。でも、食べる量が調整できて、シャンパンのおつまみになって、そこそこの華やか(ピンク色)さがあるって点はクリアしたかな。ちょっとは女子力UPできたかなぁ。

シャンパンタルト(6/19)

シャンパンと一緒に。僕のお給料で買った最後のシャンパン!!あははは。今年までは僕のお給料で彼女の誕生日をお祝いできるのだ、はっはっはっはっは。まぁ、本当はそんなことはどうでもよくて、二人で誕生日をお祝いできたことに感謝してます。

お ま け

誕生日おまけ2(6/19)

落ちが付きます。結局2と4が大量に余ったので、カルボナーラ風のパスタのソースに使いました。無駄にならなくてよかった!!あまったピーマンも使って。僕だけ食べるつもりだったけど、カミさん無理して食べてくれたのかもねぇ。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

女子力36房

2012.06.22 08:00|家庭料理
大分昔になりますが、「少林寺36房」という映画がありました。その映画によると(実際は違うと思いますが)、少林寺には35(後に36)の拳法を学ぶ「房」があって、第35房から始めて、最後まで登りつめるとカンフーの達人になれるって仕組みになっています。最初は小さな池に浮いた木を蹴って反対側の岸に着くというような簡単なものなんですが、だんだん大変になって槍やこん棒などの修行なども入ってきます。この仕組み憧れてましてね。そこで今回は「女子力36房(料理編)」という企画を立ててみました。目的は僕の女子力向上です。今回は第36房「同じモチーフで3種の料理」です。まぁ、今回は最初にやったことがあって、後から房のテーマを決めたのですが(笑)。今後どなたか35房目のお題を設定したり、もしくは「36房、私も挑戦しました」なんて方がいると嬉しいのですけどね。かなり緩い企画で、そもそも企画倒れかもしれません。っつかレシピブログさんやってくれ!!あははははは。まぁ、長く続かないだろうけど、いいや、あははははは。


白いんげん(6/5)シイタケ(6/5)


実家から送られてきた白いんげん豆とシイタケの水煮です。これを3種類のお料理にします。解凍したらボウルに一つづつ。これだけあると一日で食べられませんから、常備食(4日から5日くらい)としてつくることにしました。一種類だけでもいいのですが、あきるでしょ?同じ食材で表情を変えるというのは基礎的な「女子力」だと思うんですよ。

あらめとレンコン(6/5)はじめて「あらめ」というのを買いました。ひじきの子分みたいな食べ物ですね。これが登場するなら和食のおかずと思ってパートナーは蓮根です。
1.あらめを水で戻す。そのあいだに薄切りの蓮根とシイタケを煮て醤油と塩で味をつける。

2.綺麗に洗ったあらめと白いんげん豆を加え一煮立ちさせたら火を止めて冷ます。

和風豆シイタケ(6/5)

ってことで簡単に一品目です。あはははは。和風は味も薄くていいし、手間もかけずにちゃっちゃとつくって保存食。おほほほほほ。


玉ねぎと生ハム(6/5)さて、生ハムが残っているので積極的に使ってみようと思います。シイタケと白いんげんを洋風に!!とおもいましてね。材料は生ハムと玉ねぎとニンニクです。
1.ハムと玉ねぎを炒め塩胡椒で味付けをしたあと、少し水を足し、白いんげんとシイタケを足し水が飛ぶまで煮る。



洋風豆シイタケ(6/5)

まぁ、なんでもないんですが、塩や胡椒を強めにきかすと結構もちますし、いざとなれば水でのばしてトマトでもいれればスープになりますね。トマトを最初から入れなかったのは後々の使い勝手をよくするためです。

シラス(6/5)シラスがあるんですよ。これも実家から送られたものです。和・洋と来たので四川風(要するに麻婆)にしようと思いました。
1.ショウガとニンニクを炒めて豆板醤、甜麺醤を入れ焦がすように炒める。
2.塩、醤油で味をつけたら、水を少々足し、シラス、シイタケ白いんげんを足し水を飛ばすように炒める。
3.タップリの花椒をかけて混ぜ合わせる。

中華風豆シイタケ(6/5)

って3品です。まぁ、大した時間もかからず作り置きおかずが出来てよかった。このお料理を作った時点では、花椒というスパイスを説明しなきゃいけないかなって思ってました。もしかしたら馴染がないかなぁと。そうしたらハウスさんの企画でレシピブロガーさんにはすっかりおなじみになったのでよかったなぁ。


女子力36房、第36房の課題はまぁまぁの出来ですかね。もちろんこれで卒業ではなく、36房のお題に挑戦するかもしれません。あ、それから、普段コメントして下さる方「面倒くさい企画には関わりたくないから、もうコメントしない」なんて思わないで下さい。企画に触れて下さらなくて大丈夫ですから(笑)それでも、これこそ女子力よ!という方、ちょっとだけ36房より難しい35房のお題、コメント欄に下さると嬉しいです~~~~






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

3種のスパイシー生春巻き揚げ(ん?じゃぁ生じゃないだろ!!)

2012.06.21 08:00|おつまみ系
【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】
なるお知らせもこれで3度目ですが、前回は頂いた3つのスパイスを一気に使う適当なレシピでした(ポチリで飛びます湯葉2品(案外難しいスパイス))。ふんじゃぁ、逆に一つづつ使うレシピもつくらなきゃいけないってのと、前回つくった感じだと「卵と合うんじゃないか?」という感想をもったので、卵を使ったおつまみ作っちゃいました。


おつまみ春巻き材料(6/19)美味しすぎないおつまみのために材料は野菜にしてみました。奥がジャガイモの千切りを水にさらしたもの、左がシイタケの水煮をサイコロ状にし、右がピーマンの千切りですね。ピーマンは千切りにしたあと更に半分にしてあります。水にさらしたジャガイモは生に近い状態で食べられるそうなので、どれも火の入れ方は適当で大丈夫!!


おつまみ春巻き3種(6/19)
上の材料を二つづつ組み合わせました。A:ジャガイモとシイタケ、B:ジャガイモにピーマン、C:シイタケとピーマンの三種類。これを溶き卵でつなぎAにはブラックペッパーBにはチリペッパーCには花椒をたっぷりと入れます。いくらでも入れちゃいましょう!!


おつまみ春巻き揚げ(6/19)それぞれを生春巻きの皮で包んで油で揚げます。爆発しないようにたまには串でつっついたりしました。もちろん春巻きの皮でもいいのでしょうけど、春巻きの皮って余ると困る。その点生春巻きの皮は使う分だけ水にさらせばいいですよね。山ほどおつまみってつくるもんじゃないから、生春巻きの方がいいかなぁって。主夫の工夫です。



おつまみ春巻き揚げ終わり(6/19)

揚げた3兄弟。

おつまみ春巻き断面(6/19)

切られちゃった、揚げた3兄弟。


スパイスはケチると何でもなくなっちゃいます。卵がいい感じの役割をしていると、ここは自画自賛しておこうかなぁって思います。卵は半生でもいいなぁって思うくらいです。
おつまみ春巻きあまり(6/19)

これは一応次の日でも、まぁ、飲み会がしばらく進んでからでもいいと思いますが、全く同じ材料で作った炒め物です。今回はチリペッパーで炒めましたが、お好みのスパイスで如何でしょうか。冒頭にも書いたように、ジャガイモはしっかり水に漬けておけば火を通さなくても良いらしいので、さっと炒められます。これもおつまみになるんでしょうかね?ハムとかいれたらおかずになると思います。

まとめ

材料(一人分)

ジャガイモ(5分の1程度)
ピーマン(一つ)
シイタケ水煮(一個分程)
生春巻きの皮(3枚)
塩(適量)
ブラックペッパー(適量:タップリ)
チリペッパー(適量:タップリ)
花椒(適量:タップリ)

作り方

1.ジャガイモの千切りを水にさらし、シイタケの水煮をサイコロ状に、ピーマンの千切りにし更に半分にする。

2.A:ジャガイモとシイタケ、B:ジャガイモにピーマン、C:シイタケとピーマンの三種類をつくりそれぞれに溶き卵を入れつなぐ。

3.Aにはブラックペッパー、Bにはチリペッパー、Cには花椒をたっぷりと入れ生春巻きの皮で包み揚げる。

【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】

スパイスおつまみの料理レシピ
スパイスおつまみの料理レシピ



追記:ジャガイモを生で食べられるのを教えてくださったのは、レシピブロガーのまひまひゆかりんさんでした。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

湯葉2品(案外難しいスパイス)

2012.06.20 08:00|おつまみ系
【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】
なんですがねぇ、案外このスパイス達曲者ですねぇ。ブラックペッパーは問題ないですが、チリペッパーと花椒はそのまま使ってみるには少し「粉の感じ」があって、もちろん気になるほどではないので、そのままバリバリと何かにかけて食べようとも思いますが、取りあえず締切までには日があるので、ちょっと実験しようとおもい火を通すことを考えてみました。


湯葉半額(6/13)
あははははは。またまたKOHYO高槻店さん!!湯葉を半額で購入しちゃいました(参考、ポチリで飛びます半額大魔王)。湯葉というものはそこそこのお値段がするのに、おなかがいっぱいにはなりませんよね。だからなかなか買えない。半額だって勇気が必要ですが、モニターになったから頑張りました。となりに置いてあった「生麩」は三割引きだったのでかいませんでしたけどね。



さて、頂いたGABANのスパイス、ブラックペッパーチリペッパー花椒なんですが、生のままなめてみました。なるほどスパイシー。ただ、何かにそのままかけて...というのはブラックペッパーは良いにしても他の二つはイメージが湧きませんでした。少し火を通すなり、何かに溶かす方が「粉っぽさや苦味」が和らぎ、僕みたいな技術の無い人間はいいのではないかと思い、ちょっとだけ火を通してみようと思いました(慣れてきたら、パパって振ってお料理終わり!!ってのがいいなぁ)

今回は3つを全部混ぜて使ってみることにしました。花椒は麻婆に使われるようなものですから、きっとチリペッパーにも合うと思うし、もちろんブラックペッパーとも合うだろうということで、「美味しすぎないつまみ」ということで.........>ネギを丸ごと湯葉に巻いてあげることにしました。
ネギ巻(6/13)
1.湯葉にネギを巻き付け、巻きながらスパイスを好きなだけ振る。
ここはなんだっていいんでしょうけどね。でも3つ合わせてみたいだけ。マキマキする途中だってジャンジャン振っちゃいます。あははははははあは。



ネギ湯葉巻揚げ(6/13)
2.巻き終わりを下にして低い温度で揚げ、最後に高温にする。

最初から高温だとお箸で押さえつけてもはがれちゃうときもありますねぇ。最初は低温で入れて。しばらくお箸で抑えていてやるとはがれないと思います。


ネギ湯葉巻(6/13)

そんで切って出来上がり。ネギにどのくらい火を通すかもお好みですよね。ネギってそれだけで大分辛いですから、僕は少し長めに火を通しましたが、なかが空洞になっちゃった。まぁ、ビールにはいいと思います。

さて、もう一品!!共和えならぬ、共揚げ。あははは湯葉と一緒にお豆腐買ってきました。柔らかい絹ごし。これにスパイス合わせます!!

湯葉豆腐1(6/13)
豆腐湯葉2(6/13)

1.豆腐を適当な大きさに切り(写真は5分の1位)をきり湯葉に載せ味噌を塗りスパイスと一緒に巻く
豆腐湯葉(6/13)

2.低温油で揚げ、最後強火にしてキツネ色に仕上げる。

まぁ、これも特に美味しいものではないですが、いっぱいひっかけるのにちょうどいいでしょうねぇ。
こんな罪のない食べ物を食べながら雨を見てお酒を飲むのが僕は好きですが、なんでもなさ過ぎて、レシピブロガーさんにはもの足りないかなぁ。まぁ、こんなのが僕のおつまみのスタイルなんですが、今回感じたことですが
どのスパイスとも多分卵と相性がいいのではないだろうか?

ということで、今度は卵とスパイスを使ったおつまみに挑戦します。

まとめ

『ネギの湯葉巻』(一人分)

材料:
ネギ(半分)
湯葉(一枚)、
~GABANスパイス~
ブラックペッパー(好きなだけタップリ)
チリペッパー(好きなだけタップリ)
花椒(好きなだけタップリ)

作り方

1.湯葉にネギを巻き付け、巻きながらスパイスを好きなだけ振る。
2.巻き終わりを下にして低い温度で揚げ、最後に高温にする。

『豆腐の湯葉巻』

材料:
豆腐(5分の1)
湯葉(一枚)、
~GABANスパイス~
ブラックペッパー(好きなだけタップリ)
チリペッパー(好きなだけタップリ)
花椒(好きなだけタップリ)

作り方

1.豆腐を適当な大きさに切り(写真は5分の1位)をきり湯葉に載せ味噌を塗りスパイスと一緒に巻く
2.低温油で揚げ、最後強火にしてキツネ色に仕上げる。


【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】

スパイスおつまみの料理レシピ
スパイスおつまみの料理レシピ





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

ゴマフグとカブで3品

2012.06.19 08:00|魚・貝料理
普段の食卓全体をブログにしている方も多くいらっしゃいますよね。そのスタイルにちょっと憧れていますが、僕の場合、一日一品というのを基本的なスタイルにしてます(ネタが無くなっちゃうからっていうナイショの理由なんだけどね)。そうするとなんだか僕のレシピは生活感がゼロだという指摘があり、それならということで、今日は全く見栄を張らないで、同じ材料でいくつか作っているよ!っていう記事です。以前ご紹介した食材などを使い回しにしながらですからあまり面白くないとは思うのですが、普段の生活からしてそんなに面白けりゃ、旅行なんて行く気にはなりませんよ。あはははは。

僕は以前ゴマフグで記事を二つ書いています(参考、ポチリで飛びます!>庶民のフグ!ゴマフグ参上ゴマフグのつみれ汁)とっても安いフグなのに美味しくて、欲しいなぁと思っているのですが、なぜかある時期を過ぎるといなくなっちゃう。ああ、今年も終わりかぁ、なんて思っていたら....あった、あった、とても安くまた売ってました。早速購入して、カブと一緒にお料理です。なんとシンプルなお料理を3品です。ん?3日分のネタを一気に出しちゃうの?....まぁ、地味だし、大したお料理でもないのよ。あははははは。

ゴマフグダシ取(6/1)
ゴマフグダシ(6/1)

いつものように骨は取りますが、骨から(正確には骨の周りの身から)ちゃんとダシをとります。

1.塩を足し、アクを取りながら骨をくつくつと弱火で10分から15分くらい煮て、昆布をいれて放置する。

しばらくして、漉すと上の右の写真のようになります。色は殆ど昆布の色。ちゃんとダシ出てます。ホント!!昆布は煮ないことにしてます。

ゴマフグカブ(6/1)

2.カブの皮を剥き軽く塩をしたお湯で15分程火をいれたあと、塩と薄口醤油で味付けした1のダシに入れ一度温めたあとゆっくり冷ます。

さて、もう2品作っちゃいましょうかね。フグとカブの葉っぱが残ってますから。
カブの茎と百合花

A.カブの葉っぱとお湯で戻した百合花を炒め、塩と醤油で味付けをする。

百合の花は(ポチリで飛びます 仙台麩と山百合)でご紹介済ですね。

B.戻した切干大根を砂糖と醤油とお酒で炒め煮し、ぶつ切りにしたゴマフグを入れしばらく火を入れて冷ます。おこのみでゴマと一味を加える。
ゴマフグとカブで2品

案外簡単に作ったこんなお惣菜食べてます。もちろんブログに載せたものはいつも夕飯などで頂いてますが、ちょっとおしゃれさせてます。あはははは。こんなおしゃれしないおかずは初めてかなぁ。
ゴマフグとカブの澄

カブとゴマフグと昆布と塩と薄口醤油です。一度切ってみて、中まで火が通ってなかったらもう一度煮ますが、今回は丁度良かったみたいです。実にたいしたことないんですけどね、でもこういうお澄ましでご飯をゆっくり食べるのもかなり好きなんですよ。あ!写真撮り終わったあともう少しカブいれてます。はい。

p.s. 今日はカミさんが宿直なうえ、一日中雨の様です。こんな日は雨を見ながら静かにお酒を飲みたいですねぇ。「雨見酒」楽しいと思うのですがイマイチ広がらないし、あまり賛同もえられないので、ブログでごり押し主張です。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

イトヨリのトロピカルパン粉焼き

2012.06.18 08:00|魚・貝料理
このあいだカワハギを料理した記事(カワハギの2種のお造り)の評判が案外良かったもんだから、ここは更に好感度アップを狙うことにしました。ということで松坂屋(高槻店)をぶらぶらしていたら、こんなお魚に会いました。ちょっと小ぶりだったので980円でしたね。いやいや、贅沢品だけどいいのよ。
イトヨリ(5/20)

主役のイトヨリです。綺麗なお魚ですね。おなかが膨れてるのでもしや肝?と思ったのですが、浮き袋が膨れていただけでした。まぁ、それはしかたないですが、どうしてやろうかとおもいました。ウロコを取り三枚におろしたところで、んーーーフレンチにしよう!!っておもいました。

バナナ炒め(5/20)何にでも染まる純白な白身。僕の心のよう。そういや折角パラオに行ったのにそれを生かした料理をしてない。ちなみにパラオの様子はポチットこちら→(号外:パラオでパッパラパー(舌で楽しむ編))。
そこで今日は南国創作フレンチ(適当)!!


1.バナナを一口大に切り、低温のオリーブオイルでゆっくり火を通す。


イトヨリ調理(5/20)
2.バナナにある程度の火が通ったら、フライパンの脇でイトヨリの皮を30秒ほど焼く。

あんまり焦げ目もつけるつもりがなかったのでこんな程度。30秒必要かどうか。フライパンの温度次第です。なるべくオイルがまわるように焼きました。


イトヨリオーブン(5/20)
3.身の方を20秒焼いたら身の方を下にテンパンに置き、パン粉とパセリを混ぜたもので身を覆い、160度のオーブンで8分~10分程焼く(パン粉がパリパリするまで)。

4.火を通したバナナにバターを落としてソースにする。香が出たところで3を皿に盛りつけたあとかける。


イトヨリパン粉焼き(5/20)

バナナはフルーツというよりバターを吸ったお芋のようになります。パン粉は160度ですといい感じになるまでに10分くらい必要なので、お魚の大きさに合わせて最初の火入れを調整する必要があるとは思いますが、軽く焼いとけば大抵は大丈夫だと思います。ちょっとだけ、反省があるとしたら、すこしバナナの香りが弱かったことかな。そもそもバナナがそれほど熟してなくて、生で食べてもそれほど香りがしなかった。でもまたチャレンジしようと思います。やっつけ料理だけど、ブログの記事には耐えられると判断。

きょうはおまけでアップも!!シャリシャリというパン粉と一緒に軟らかいイトヨリの身を頂きました。
イトヨリ食べる(5/20)



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

オカキ豆腐(簡単おつまみ)

2012.06.15 08:00|おつまみ系
【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】なんですけどね、まぁ、家で飲むことの方が多いのだけど、スパイシーな物をあまりお酒のつまみにあまりしてないんです、実は。あはははは。応募した時は何とかなる気がしていたんだけど、結構苦戦しました。もちろん真剣に考えてます。

お酒のおつまみというのは「美味しすぎてはいけない」というのが、一応僕が硬く信じているところです。僕は「のん兵衛」なのですが、お酒をメインに頂くときと、お料理をメインに頂くときとは全く食べるものが変わります。別にすごく偉いことを言っているわけではなく、要するに頭が悪いんですよ。お酒とお料理を一遍に楽しむほど頭がよくないんです!!ということで、別に言い訳ではないのですが、「旨い」ものではなく、お酒(今日はビールか日本酒)を引き立てるように考えてみました。材料はお豆腐、もち粉、塩、胡椒です。おつまみは簡単ってのも重要ですよね。
もち粉(6/13)

多分白玉粉を細かくしたものだとおもうのですが、なんてことはない食材ですよね。ただ、これ今後積極的に使ってみる気になってます。
豆腐もち粉(6/13)

1.豆腐を枕木型(拍子木型)、に切りもち粉をまぶす。まぶしてからしばらくしてからもう一度まぶすとよい。

豆腐の水分をもち粉が吸ってくれて、表面の餅粉がしっとりしてきます。そこでもう一度もち粉をまぶすと粉が厚みを持って豆腐についてくれます。

豆腐もち粉揚げ(6/13)

2.油で揚げる。それほど高温であげるのではなく、徐々に温度をあげ、キツネ色になったら揚げる

3.ブラックペッパーと塩を振りかける。
オカキ豆腐(6/13)

外がさくっとお煎餅(おかき)みたいになっていて中はお豆腐です。お酒も邪魔しませんし、塩と胡椒とお豆腐の匂いが口のなかで油と一緒に広がると、それをビールで流したくなりますよ。お酒を飲むときにそれほど健康を考えないようにしてますが、まぁ、そこそこ多目に食べられそうなおつまみだと思います。

まとめ

材料:豆腐、もち粉(それぞれ人数に応じて適量)、塩、ブラックペッパー(ギャバン)

作り方:

1.豆腐を拍子木型に切り、もち粉をまぶす。
2.油で揚げた後、塩とブラックペッパーを振る。



【レシピブログの「今夜は家飲み!人気のスパイシーおつまみ」レシピモニター参加中】

スパイスおつまみの料理レシピ
スパイスおつまみの料理レシピ



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

予定変更アワビ(安物買って走れ俺!)

2012.06.14 08:00|家庭料理
人は走っても無駄と分かっていても走る時があります。突然の不安が上半身をふわっと浮かせ視界を狭め、そして気が付くと固いアスファルトを真下に蹴りながら走りだしています。僕は隠居して主夫になってから、そんなことはしないと誓いました。「徒労」という一言で表されるなんとも言えない後悔と疲労が残るだけですから。でもダメでした。今日はそんな徒労をかえりみず走りだしてしまったお話......あはは。まぁ、そんなに悲しい話ではないですよ、あははは。

アワビといえば高級な貝ですよね。ええ。磯のアワビの片思い、って僕も含めた庶民はアワビに片思いですよ。とはいえ、大きいのは物凄く高いのですが、小さいものは庶民が「お試し程度」に食べるなら決して手が届かないものではないです。もちろん扱っているお店にもよりますけどね。

割引アワビ(6/1)小さいものが3つで980円を580円に割引!!で、買ったんですけど。レジでお金払ってから気付いたのですが、つついてもこのアワビ動かない!!実はこれ活アワビではなかったんです。いつも水槽で売ってるから油断したんです。わっ!これ帰って中身確かめないとまともな料理ができるかわからないや。家でとにかく開けて確かめなきゃ!!走れメロスでなく俺!!

蒸しアワビ(6/1)
家に汗だくで帰り、早速、お酒で蒸してみました。まぁ、種明かしすると封を切った瞬間から「だめだなぁ」と思わせる匂いがしてたんですが、まぁ、蒸すまでわからないだろ!!といいきかせて蒸してみました。そうじゃないと走った僕がかわいそう!

アワビ(6/1)
で、やっぱりダメで肝は全て捨てました。本当は洋風の違う料理にしようと思ってたのですが、肝が使えないとなると、身の部分を美味しくする料理に変更しました。

蒸しアワビ具材(6/1)

左は薄く切ったアワビ、右は干しシイタケを戻したものをスライスしたものです。材料はこれだけで勝負。
って勝負もなにも!!580円もしたからメインになって欲しかったのにサブのおかずに格下げ。アワビが.....アワビがサブです。スーパーサブですねぇ。

蒸しアワビつけ込み(6/1)

干しシイタケの戻し汁に塩と薄口醤油で味付けして沸騰直前でとめ、アワビとシイタケを入れ3~4時間冷ます。
蒸しアワビとシイタケ(6/1)

ってんでこんな感じ。案外美味しいんですけどね。本当は肝も使ってもう少しコクのあるお食事にするつもりでした。教訓ですが、
アワビは生きたものを買う

ですね。あははははははは。こんどいつ買えるのかなぁ。カミさんと相談じゃ。またまた失敗のお話でした。今週は失敗多いですねぇ。あはははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

羊のスペアリブのイチジクソース

2012.06.13 08:00|肉料理
先日ご紹介した、子羊肉のハム(ボイルド)の記事に、子羊が手に入らないというコメント頂きましたが、例えばネットショップグルメミートショップなどで買えます。安いところなど色々あると思いますが。どこで買うにしろ、空気を抜いた袋に入れ氷水にしっかりつけて解凍するだけで上手に解凍できるので是非試していただけるとうれしいですねぇ。今日は子羊でもう一品の記事です!!

こんにちは!!「本格っぽく見えるお料理研究会」設立準備室室長の主夫太郎です。いや~、おうちにお友達を招くときに一番気を使うのが、おもてなしの心をどう表現するかですよね。

おもてなしの心を理解できる人の人選というのは実は大事です。料理に興味が無い人や、一方的に物を評価する人、レストランと平気で比べたりする人などを呼んでしまうと、本当に馬鹿らしくなります。それでもレストラン並みのお料理、しかも簡単、という料理を出してみたいのが料理を作る人間の気持ち。料理初心者の僕の後輩も簡単に見えるけどやっぱり簡単な料理を紹介ばかりしたおかげでどうも言うことを聞いてくれなさそう。ということで、「引き算会」の会長を辞任して(同時に引き算会は解散、僕一人しかいないから)、「本格っぽく見えるお料理研究会」を設立することを目標に設立準備室室長に就任しました。その一つ目がこれ。羊のスペアリブです。材料は凄く本格っぽく聞こえるでしょう。さらに本格的に見せるコツは簡単
   
 逆 立 ち さ せ て 交 差 さ せ る

です。あははははは。簡単でしょう。もうここでブログ読むのやめちゃう人もいると思いますが、一応レシピです。あはははは。


羊スペアリブ生(5/14)

さて、メインは子羊のスペアリブです。きょうは2人前なので4本ですね。ローズマリーは我家で取れたものです。

1.塩を手のひらに塗り肉に塗り込むように付け、30分ほど放置する。焼く前には常温に戻して置く。
塩を適当に塗り込んでおきますが、すごくタップリ塗る必要はないですね。手に付けてほんとうに塗る程度。肉を焼くいちばんのコツはお肉を常温に戻すことですね。別に冷蔵庫から出して2時間やそこらで肉はダメになりませんから。中まで常温にしておくことの方が大事。

羊焼き表(5/14)
2.表面を軽く焼く。へこんでる部分も少しは火を通す努力をする。
へこんでる部分はお肉がほとんどないですからあんまり気にしなくていいです。でも、フライパンのヘリなんか使って焼いてると、凄い努力と気遣いをしているようで、テンションが上がります。大体焼き時間は脂が付いてる面(焼きやすい面)で1分~1分30秒程度です。

羊焼き裏(5/14)
どうです、なんか努力してる感があるでしょう?おうちでパーティーなどやるときは、どうしても「見せる」ことが必要になるときもあります。会話が途切れないように気をつかって話題を考えることもしますが、お料理をする姿をカッコよく見せるのも大事ですよね。「なんかこだわってるっぽい」というのもスパイスの一部です!!

羊オーブン(5/14)
3.160度のオーブンで焼きやすい方を下にしてローズマリーを乗せ6分焼く。


4.ひっくり返して6分焼く。

オーブンの強さにもよりますね。多分15分いれたら、どんなオーブンでも長いかな。


5.焼き終わったらオーブンのフタを開けそのまま15分程肉を休ませる。

6.肉を休ませている間にクスクスをつくり、ジャム(今回はイチジク)と塩と胡椒と赤ワインを煮詰めソースを作る。

羊スペアリブ(5/14)

どうでしょうか?プロからみたら笑っちゃうでしょうが、家で出てくる分には問題ないでしょう。クスクスを土台にして2本のお肉を逆立ち・交差させます。あははははは。「本格っぽく見えるお料理研究会」設立準備室の第一作品です。まぁ、この企画、いつもの様に長く続かないと思いますけど。

追記
このお肉に合わせたワインはシャトー・コルメイユ・フィジャック(ポチリで僕の記事に飛びます)僕のブログの記事でも紹介したもので、ちょっと頑張ってみました。大阪にいるとこのワイン輸入直売のお店から買えるのでちょっとお得に買えますが大阪から引っ越すので先日出かけていって思い切って8本買ってきました。出費じゃ!!

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

シュドー・タルト・ド・イクミ(失敗日記)

2012.06.12 08:00|スイーツ系
7月20日で関西を離れることになりました。業務スーパーででっかい肉があって、トリュフオイルが半額で買えて、思い出せば結構楽しい大阪高槻生活だった気もする。今度は東京(引っ越し先は未定だけど)に住むぞい。引っ越しまでそれほど間がないから、精神的にパンに挑戦できなそうだな。そんななか、お菓子に挑戦!!


タイで活躍するレシピブロガー、いくみさんの記事フルーツヨーグルトカスタードタルト(ヘルシー生地)(ポチリとすると飛びます)のツクレポではなく、ちょっと(うんと)失敗日記。いくみさんのタルトもどきってことです。カスタードクリームを作る部分で少しだけ手順を変えてみましたが、その理由は本文で。なんにしろお菓子は初心者どころか初めてなので、ご笑覧下さい。

タルト生地は、いくみさんのレシピそのものです。いくみさんのブログに載っている材料を再掲しますね。

無塩バター・・・ 30g
植物オイル何でも・・・大さじ2
薄力粉・・・ 90g
強力粉・・・ 20g *薄力粉でも可
粉砂糖・・・大さじ2
塩・・・・一つまみ

という材料です。いくみさんの記事ですと、これを冷蔵庫で休ませながらこねて
丸く伸ばしています
タルト生地(5/29)

あははははははは。四角になっちゃったよ~。
丸くならないぞ!どうして丸く伸びるんだろうなぁ。んーーーーーーーー。今後の課題。
このために買ったタルト型に入れて焼きました。180度で20分。これが案外うまく焼けました。写真を撮り忘れた!!

そんでもってヨーグルトカスタードです。いくみさんの分量を再掲します

薄力粉/コーンスターチ・・・ 半量ずつ合わせて25g
グラニュー糖・・・30g
牛乳・・・ 50cc
卵黄・・・ M玉2個分
ヨーグルト・・・200g
レモン汁orライム汁・・・ 小さじ1
バター・・・小さじ1
バニラエクストラクト・・・ 2,3滴(あれば)

が、ウル覚えでお買いものに行ったお蔭で、コーンスターチがない、レモンもない、バニラエクストラクトもない......初心者のくせにウル覚えのお気楽で出かけたのがアホ過ぎた。

コーンスターチは薄力粉を25gに増量し、レモンはないから仕方ない!バニラなんて知らない!ってことで自分を納得させてスタート!!!

1.鍋にグラニュー糖と薄力粉を振るい入れ、泡だて器でよく混ぜて粉がグラニュー糖によく混ざり小さなダマもなくなったら、牛乳50ccを入れたらダマがなくなるまで混ぜる。 

そうしました、はいはい。満足してます。女子力上昇しました。


2. 1に卵黄を入れ、泡だて器でよく混ぜる。

あはははは。こんなくらいできます。


3. 2にヨーグルトを入れて泡だて器でよく混ぜて

はいはい????
あーーーーーーーーーーーー。違う人の違うお菓子のレシピと間違えてヨーグルトの水抜いちゃった!!!しょうがないから一生懸命混ぜました。混ぜたらきっと何とかなるはずと信じて。
ヨーグルトカスタード(5/29)

そうしたらダマが残ったので裏ごししました。どんどんレシピから外れて行く~~~~。どうしよう!!助けて~~~~

いくみさんのレシピによるとこの後鍋を火にかけて温めるそうです。そんで注意書きに、

特に鍋底と側面をこそぐように混ぜ続けないと、底からすぐ焦げますよ!

ですって!!ああ、ダメだ、テンションが下がってるから絶対焦げるな。

そうだ、オーブンに任せちゃおう!!もうオーブンに入れちゃえば俺のせいじゃない。あははは。ダメならオーブンが悪いんだよ。責任転嫁さ!!
タルト生地にクリ(5/29)

ということでタルト生地に流し込んでオーブンで焼くことにしました。温度?知らないよそんなの、だってさっき思いついたんだから....いいや、タルト焼く温度180度で10分。短いかなぁ、いいんだよ、卵なんて生でも食えるんだから。あはははは。
フルーツ乗せ(5/29)

わわわわわわ!焦り過ぎだ!!焼く前にフルーツのせちゃったよ。せっかく高いビワ買ったのに~~~~~~~アメリカンチェリーも久しぶりだったのに~~~~~~~~もうカスタードクリームごと焼くことになっちゃった。せめて甘くなれーー!!
焼き上がり(5/29)

じゃーーーん。ビワの鮮やかな色もさようなら。クリームの隙間もこんにちは。もう泣きました。

涙の乾いたあ~とに~は♪夢へのとびら~が♪あ~る~の~♪(斉藤由貴:「悲しみにこんにちは」)

って歌いながら.....
切ったところ(5/29)

切ってたべてみたら、

??????????????????????

クリームが案外美味しい。え、え、え、え、え、美味しいよ!!!
始めて作ったからだろうけどね。ちょっとだけ自信がつきました。いくみさんありがとうございました。
ん~~~~~~~~~~~でもちょっと違うものだ、というか全然違うような気がします。


失敗記録を発表するな!という方もいるかもしれませんがお菓子デビューだったんで記事にしました。
今日は読んで下さる方のためのブログではなかったとは思いますがご容赦下さい。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

子羊肉のハム(ボイルド)

2012.06.11 08:00|肉料理
最近レシピブログでお知り合いになった初老夫婦さんが、鶏肉のボイルドハムを作ってらっしゃったのですが、僕もちょうど最近ハムを作ってみたので、お返事みたいな感じで記事にします。

羊の肉が苦手な方も多いとおもいます。ジンギスカンなどはなるほど独特の香がしますね。一方でラム(子羊)というのはそれほど香りが強くなく、味わいも実にミルキーで、とても好きなお肉のうちの一つです。今回は思い切ってそれをハムにしてみました。もちろん豚肉でもできますよ。

ハムというのはなかなか高い食べ物ですね。ところがお肉と塩が基本的な材料ですから、おうちで作れば生肉とたいしてかわりません。燻製タイプはまだ敷居が高いので今回はボイルド(煮る)タイプのハムです。発色剤や保存剤を使っていないので、早めに食べたいものですが、まぁ、3日や4日くらいは持つと思いますよ。塩のなじみ方が変わってゆくので毎日食べても美味しい。毎日食べるとちょっと飽きるんじゃないの?って、まぁ、少しくらいは飽きますよ、そりゃ。 だからニコニコしながら「あ、昨日より味が馴染んでる」なんて言ってみて、私の座右の銘「口先も調理器具、笑顔も調味料」を実践しましょう。あははははは。


羊肉ハム塩漬け(6/7)

1.ラム肉(骨付き)を1600ccあたり200グラムの塩を入れた塩水に、月桂樹、ローズマリーと一緒に3週間ほど冷蔵庫で漬ける。

僕はこれに少しだけトルコのラクというお酒を加えました。腐敗防止とアニスの香りがするからですが別にいらないと思います。腐敗防止のため液を沸騰させて冷やす方もいますね。お砂糖を入れる人もいますが、僕は入れませんでした。また、香りのするものはお好きなものでいいと思います。ニンニクや胡椒など全くの自由ですよね。

塩漬け3週間(6/7)
3週間後の御姿です。タッパにギリギリまで液を入れフタをしたので、殆ど空気に触れなかったせいか問題なしに漬け込めました。赤いのはもちろん血ですが、まだ明るい色ですね。ヘモグロミンが頑張ってます!


ハム塩出し(6/7)

表面の塩分を落とすために少しだけ塩だし。5分程度です。このあとゆっくり茹でるのでこの作業は要らないかもしれません。


65度管理(6/7)
2.60~65度の温度で4時間程煮る

茹でる水の量が多すぎると塩が出過ぎてしまいます。最初は少なくてもいいので、茹で汁の味をみながらこまめに水を足すのも方法でしょうね。

ハム保温(6/7)

ずっと火をつけて温度計とにらめっこするのは大変なので、65~68度くらいになったら火を止めて、バスタオルで保温してやりました。最初の内は15分に一回くらい火を入れなおしていましたが、お肉が温まってくると40分に一回火を入れるくらいで十分。60度まではなかなか下がりませんね。冬だとちょくちょく火を入れる必要があるとは思います。

3.冷蔵庫で一日なじませる。


で、出来上がり!!今回は2種類の頂き方をしました。


ハムそのまま(6/7)

これは脂の部分をなるべく落として、ただ切っただけのお肉。
ピンク色でも火が通っていますよ。羊の脂は火を通さないと美味しくないので、切り取った方がいいです。

切り取った脂を使って、もう一つ。

ハム焼き(6/7)

切った脂を焼き油にして、ハムのステーキです。脂の部分を焼いて火を通してやるくらいが美味しいですね。内側にも少し脂がありますから、ジンワリと火が通せればいいですね。これでお酒飲むの楽しいですよ。

今日からおつまみに挑戦です。胡椒とチリと花椒と山椒がおうちに届きました。なんだかまたまたモニターに選んで頂いたみたいです。ハウス食品さん、レシピブログの編集室さん、ありがとうございました。レシピのアップは来週くらいからかなぁ。なんとか早めに仕上げたいのですが、アイデアがないよ~~~ん(泣)


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

ウルトラ簡単ゴボウ鶏

2012.06.08 08:00|家庭料理
今週の土曜・日曜はブログの更新はお休みです。また、土曜日は出かける予定でおり、コメントのお返事等は日曜の夜、または月曜日になると思います。


先日僕の自炊を始めたばかりの後輩にささげたお料理豚バラしゃぶしゃぶ山椒炒め(ポチリで飛びます)が多くのアクセスを頂き感謝感激でした。このお料理やたらと簡単、材料二つで炒めるだけというもの。最初は僕のブログが一日一品の記事なのにあそこまで簡単なのはもうやめにしなければ、と思っていたのですが、心の広いレシピブロガーさんのご声援、兄からも問い合わせもあり、うん、それなら僕も初心者の分際ではあるけれども初心者応援シリーズまたやってもいいかなと思いました。材料3つ、圧力鍋で圧力かけてから2分煮るだけというレシピのご紹介です。作って直ぐに食べる必要もないというおまけ付ですから、2品以上作りたい初心者さんにもと思います。

若鳥手羽元(5/29)

しかも材料が安い!業務スーパー高槻店で若鳥手羽元(100グラム59円)でした。しかし国産ハーブ鶏ってなんのハーブ食べてるのか謎です。ずっとクミン食べてるとカレー味がする鶏肉ができるのだろうなって思うんですが、実験しようがないですなぁ。まぁ、とにもかくにもこういう素材。

鍋にネギ(5/29)


1.ネギを切って鍋に入れ、軽く塩を振る
この時点でお酒とお水を半々にしてネギが被る量(浮いちゃいますけど)くらい入れといてもいいですが、
次のゴボウも浮いちゃうので、僕は入れるのは最後にしてます。

鍋にネギとゴボウ(5/29)
2.ネギの上にゴボウを入れ、軽く塩を振る

なるべくゴボウをめがけてね。ネギには塩が振ってあるはずだから。まぁ、そんなに気にする必要はないですけどね、男の料理ですから!あ、PCの前の乙女(含、心が乙女)の方々もよかったら作ってね!


鍋に鶏手羽とショウガ(5/29)
3.手羽元を入れ、すりおろしショウガをまぶし、軽く塩をふる。
4.お酒と水を、ネギの層くらいまで入れて圧力鍋がシュッシュと言い出してから2分立ってから火を消す。
5.圧力鍋のフタが減圧しなくて取れるようになったら出来上がり。

4の作業は折角まんべんなく振ったお塩が溶けて下層に行かないように鍋肌から入れてます。多分効果あるとおもうんだけどなぁ、多分。

鶏牛蒡塩(5/29)

ってわけで、マスタードなんぞ添えてみました。我家の圧力鍋で2分ですと、ゴボウがシャリシャリとするくらいの硬さになってます。ちょっと混ぜでスープと肉を絡ませてまた休ませるといい感じに味がつく。温めなおすときは圧力はかけないでいいです。また、温めるときは沸騰させる必要もないです。手で食べられないから。僕は薄味に仕上げてこれで白ワインを飲みました。


鶏牛蒡汁(5/29)

これはお皿に盛ったあとのあまり。綺麗なスープが出てます。これだけあると、次の日も豆板醤なぞいれて味を変えて楽しめますね。トマト缶いれればイタリアンさ!!!あはははは。うす塩で作るってそういう意味でも大事ですよね~




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

お菓子のご紹介(緑寿庵清水~金平糖~)

2012.06.07 08:00|スイーツ系
僕の好きなレシピブロガーさん、あやんさんが5/21の記事で、shoko♪さんが6/5の記事で京都のお菓子を紹介していたので、ここは僕も京都のお菓子をとおもいまして、干菓子のご紹介です。

僕はお菓子作りに憧れています。ちょっと太るのが怖いのでそんなに作れないのですが、一年に3つくらいはレパートリーを増やせたらいいと思ってます。ただ、絶対これはレパートリーには入らないだろうというお菓子がいくつかあってその一つ「金平糖」の専門店をご紹介しようと思います。緑寿庵清水さん、京都のお店です。最初、頂きもので知ったのですが、その後自分で買いに行くようになりました。
緑寿(4/23)

たたずまいもなかなかカッコいいです。休日は外で行列ができています。なかでカワイイおねいさん(とおじさんは思ってしまう)が季節の金平糖を試食させてくれます。3種類程くれるんですが、カワイさに似合わない説明の迫力にいつもお勧めを買ってしまいます。決して女の子の色香に負けたのではないですよ。本当です。んーー本当のことなのに自分で読んでも嘘っぽいのは何故だろう。

金平糖(4/23)

左から、レモン、肉桂、天然水サイダー、桃です。この小袋(バラ)は一人5個までの制限がありますが箱詰めされたものはいくら買ってもいいです。一袋500円ほどのなかなかのお値段のお菓子ですが、昔は大名や豪商くらいしか口にできなかったものですから、そんなこと思うとちょっと品よく少な目に食べたくなりますので丁度いいか...いやもっと食べたい、あはは。この他、色々な種類の金平糖があり、季節によってラインアップが変わってきたりして、また来たくなります。とにかく選ぶのが大変!!



天然水サイダー金平糖(4/23)

天然水サイダーのアップです。天然水かどうかわかは僕の舌の分析能力では分からないのですが、爽やかな甘みのある不思議な金平糖です。お土産に是非。

雑 文

このお菓子をご紹介下さりプレゼントして下さった方は、以前に僕が仕事をしていたところの方です。僕は見た目と裏腹の気難しさもあり、あまり上手に人間関係をつくれない人間なのですが、その方は数少ない理解者の一人で、仕事を辞める前にお食事をご一緒させて頂きました。とても嬉しかったので、もちろん年上の僕がごちそうはしたのですが、逆に気をつかわせてしまい、お食事のお礼ということで頂いたお菓子です。その後もお気に入りになったので購入してますが、袋を開けると、なんとなく懐かしいのと、苦しかったあのときの思い出の切なさと、もう職場の人達には会う機会もないだろうという寂しさと、そんな混沌がそれぞれの袋のほのかな香りと一緒に蘇ります。バリバリと噛んだり、歯にあててカシャカシャと音をさせたりしながら高まる鼓動を鎮めようと天井を見てたりすると、今でも仕事を辞めてよかったのか悪かったのかとグルグルと自分が回りだすけども、口の中で溶けてなくなるころには、まぁ、進むしかないのだろうと言い聞かせることにしてます。心が弱くなるとまた頬張ってみて、どうしようもない迷路に自ら迷い込むのですが、ほんの時々、少ない仕事上の楽しい思い出、たとえば上記のお食事会など、が一瞬浮かぶこともある、魔法のお菓子でもありますね。本当に自分の中で過去が消えたときにこの魔法も消えるのでしょうかね。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

山クラゲの煮物

2012.06.06 08:00|常備菜
今日はダイエットにも効果があると思われ、塩分の調整もしやすいお料理のご紹介です!!
塩分を自分でコントロールしながらも、御漬け物の「沢庵」をポリポリと食べている気分が味わえるのが一応の売り。減塩とまではいえませんが、御漬け物よりも塩分が自分で見えますよね。んーー他にイマイチ魅力をアピールしづらいのですが(もちろん美味しいのだけれども)、僕は気に入ってます。


以前乾物で山百合というのを紹介しました。その記事はこちらをポチリ(仙台麩と山百合)仙台で購入したものでしたが、そのときもう一つ僕の大好きな乾物を買いました。それがこれ!!


山クラゲ干物(5/24)
山クラゲです。皇帝菜ってあだ名もある、中国野菜です。山クラゲは多分日本人が付けたあだ名じゃないかなぁ。300円くらいだから、もっと買っておけばよかった!!2袋だけしか買いませんでした。水でもどして使いますが、戻すとビヨヨ~~~ンと大きくなっちゃいます。よく洗ってゴミを取りましょうね。別に中国産だからというわけではなく乾物は仕方ないですな。

セロリ(5/24)
中華料理っぽいかどうかわかりませんが、香をつけるためにセロリをえらびました。そんなにいらないです。
セロリが嫌いな方がいますが、その場合は豚肉と相性の良い香り野菜を使うといいと思います。野菜によっては味付けを変えた方がいいかもしれませんけどね。

山クラゲ調理1(5/24)1.山クラゲを半日ほど水で戻す。戻したら好きな長さにきる。
2.切ったセロリと山クラゲと唐辛子をゴマ油で炒め、酒をさす。
3.醤油と酢と塩で味付けする。
このあとお肉を入れますがお肉に火が通るころ汁気が無くなるようにするのがいいと思います。お酒をさして足りなかったらお水でもさせばいいと思います。

山クラゲ調理2(5/24)

4.豚ばら肉が絡まないように写真のように置いて、汁で蒸し、ある程度火が通ったら混ぜる。

実際はもう一度この工程をするくらいお肉を使いました。もちろん適当に入れて炒めてもいいと思いますよ。僕の場合、お肉のイメージはしゃぶしゃぶみたいに柔らかく火を通す程度。お肉に火が通ってある程度お肉の味が野菜に移ればそれで十分ですね。
山クラゲ煮物(5/24)

このお料理はしばらく冷ましても美味しいです。完全に冷めても案外美味しい。
コリコリと沢庵みたいな食感なんです。だから僕は醤油(少し塩にすると黒くならなくてすむけども)と酢だけの味付けが好きですね。甘くしてもいいのかもしれませんが、やったことがありません。沢庵は塩気があって食べられないという方でも自分で塩分がコントロールできるのでお勧め!!
美味しさ伝わればいいなぁ。



緊急追記:

僕の好きなレシピブロガーのぴよさん[ぴよの日記]の5月30日の記事に「丸干し大根の梅煮」という素敵な記事があって早速真似しちゃいました。ごちそうさまノートのお礼をしたところ、僕が圧縮しすぎたせいか写真がモザイクになってしまうとのこと。技術的なことはわからないので一応こちらに載せさせて頂きます。すみません。ぴよさん、ブログで取り上げてくださりありがとうございました。

梅大根2






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

葛・豆腐(豆腐百珍から~湯やっこ~)

2012.06.05 08:00|ダイエット
昨日の記事にコメントして下さった方(最後の方)でお名前のご記入をお忘れの方がいらっしゃいますが、もし意図的でなければ、お名前もしくはURLを頂くとこちらからも伺うことができますのでお知らせいただくと幸いでございます。

レシピブロガーさんならご存知の方も多いと思いますが、豆腐百珍という江戸時代に発行された豆腐の料理本があります。現代版もいくつかあり、僕も「とんぼの本」のを持ってます。易しいものから難しいものまであり、ランク付けされていますが、その中の最上級クラス「絶品」からのツクレポですね。湯豆腐だから簡単なんですがね、とても簡単です。料理にかける手間と美味しさは別であるというのは江戸時代から発見され認められていたことなのですね。いつもの料理始めたばかりの旧友に向けての記事です。最初の工程だけがオリジナルにはないです。
豆腐押し(5/20)

1.豆腐をタオルでくるみ、押しをして水を出す。

ほぼ半分になります。別にハウスさんに気を使ったわけではないですが、瓶を脇においてみました。こんな厚さに。当時(江戸時代)のお豆腐は今より濃かったかなぁと思い、ちょっと押してみました。市販の安いお豆腐を使ったのでね。美味しいお豆腐使ってる方はこの工程はいらないかと思います。

吉野葛(5/24)

今回のレシピの材料は豆腐と葛だけ。あとは薬味。片栗粉ではなく葛です。葛の方が美味しそうに感じるのはきっと本当に美味しいからだと、信じてます。高級だからというわけではないはず、きっと!!「片栗粉(ばれいしょデンプン)」でも同じく美味しいよ!って知ってる方、是非ナイショにしておいてください。あはははは。高級な粉を使っている!!という気分も大事な調味料!!あははははは。
葛豆腐(5/20)

2.鍋に葛とお水を入れよく溶かし、透明になってきたら1を一口大に切ったものを入れ、沸騰させないように茹でる。

ちょっと写真はブクブクいっちゃいました。ピント合わせてる間にちょっと油断!!
良い子は真似しないでね!

アップ葛豆腐(5/20)

3.浮いてきたらすくって好みの薬味で食べる。


「もしかして、二日間ハンバーグのこと考えていたせいで、手抜きの記事にしてないか?」って思ったあなた!!ブログにかける手間と記事の良し悪しは別です、あははははは。でも、いつもの湯豆腐がちょっと違った味わい、クズと豆腐というたった2つの食材の組み合わせだけで食べさせる、「静かに美味しさを楽しむ」素敵なお料理だと思います。暖かくなってきましたが、梅雨がくるともう一度肌寒くなりますよね。そんな時の一品にご検討下さい。


緊急追記:
先ほどコメントで「吉野葛は高いですね」というコメントを頂きましたが、その通り!!僕も高いと思います!!実は学生の時、お金が無いときにこのお料理を試したときは、くず粉を粉々にして直接豆腐にまぶし小さいお鍋で楽しんでました。あと余った葛湯ですが、お豆腐のお味噌汁に少し加えて延ばしてちょっとトロミがあるお味噌汁にしてみたり、ベッコウアンの材料にしてたりします。まぁ、みんなは使えませんけど。ほほほ。それから朝の段階では私がこのお料理の名前を間違えてました。湯やっこが正しい名前です。訂正してお詫びいたします。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

ハンバーグの基礎研究ふぁいなる(ヒカルちゃ~ん!出来たよん)

2012.06.04 08:00|ハンバーグ
ハンバーグの基礎研究4ではこのレシピにたどり着くまでのお話だったのですが、今日は出来あがったレシピのご紹介です。珍しくスパイス以外の分量が記されているのが、気合の入り具合のちがうところです。ちょっと長いのでご容赦下さい。レシピの後にこのレシピにたどり着いた経緯を書いて、回想を書き、謝辞をもってハンバーグの基礎研究を一旦終了とさせて頂きます。ヒカルちゃ~ん!長いけど読んでね!ヒカルちゃんのアイデアでオーブン使って焼きます。

ハンバーグスパイス(6/2)使うスパイスは4種類です。塩から時計まわりに胡椒、クローブ、ナツメグです。写真よりもう少し多くつかいました。塩以外のスパイスは寝せるので少し多くても問題ないです。クローブとナツメグでトマトのような雰囲気(コク?)がハンバーグにでると思います。

ハンバーグ肉(6/2)
1.牛肉のひき肉(赤身)450グラムを上記スパイスとよく練る。

今回は全くの牛肉の赤身です。業務用スーパーで100グラム89円だったと思います。良く練ったあとボールの壁に押し当てちゃいます。

ハンバーグ粉入れ(6/2)
2.良く練った肉に、炒めた玉ねぎ(一個分)、強力粉(30g)、薄力粉(30g)、15gのバターを溶かしたもの、砂糖(5g)、ドライイースト(3g)を入れて溶き卵(1個分)を入れながら再びよくこねる。

ボールの壁に肉を押し当てておくのは万遍なく素早く材料を混ぜるための工夫です。玉ねぎを始め、みんな壁にぬりつけました。大した工夫ではないかもしれません。あはははは。
よくもみ込む(6/2)
練っているところ!均等に均等に!って思いながら練りました。

ハンバーグ形成(6/2)
3.ハンバーグを成形し、パッドに置き濡れたタオルでフタをして冷蔵庫で6時間~7時間程寝かせる。

この工程はドライイースト先生のお休み時間と、スパイスを合わせてなじませる時間です。本当は形成する必要はないかもしれませんが、作る量が多く後々の保存のために形成してしまいました。一個あたり157グラム前後です(今回は実験なので重量を量りました)。

第一熟成後(6/2)
冷蔵庫からだしたばっかりのところです。気持ちだけ膨らんでますかね。でも表面もかたいですし、何の変哲もないハンバーグですよ。



第二熟成後(6/2)
4.30度くらいの暖かいところにフライパンにハンバーグを乗せて30分ほど寝かせる。
寝かせたあとの写真ですが、写真だとちょっとしか変化してませんかね。ところが触るとフワフワで持てないくらいです。なのでフライパンの上で熟成させました。このまま火がいれられるように。

多分器用な人や、あらかじめクッキングペーパーなどしいとけばフライパンでなくてもOK。真ん中を再び指でおしてへこませます。このとき空気が入っているのが指先でわかります。また、下の方が少し広がります。これはハンバーグの自重のためだと思われますので、ちょっとだけ成形しなおしました。ヘラで2,3ミリ押し込むだけです!

焼き(6/2)5.強火で焼きだし(強すぎたら中火に)、適当な焦げ目が付いたら裏返す。裏はそれほど焼かない。(我家だと1分、ひっくり返して20秒くらい)
ひっくり返すときに押し付けたりしてしまったら空気が抜けて全く無意味です。やさしくひっくり返して押さないようにして下さい。

6.裏返したら、あまり焼いてない方を下にしてテンパンに置き、あらかじめ余熱しておいたオーブン(160度)で10分焼く。

ハンバーグ最終(6/2)

出来上がりです。ある意味、基礎研究にふさわしい、特筆する点がないハンバーグですが.......

断面(6/2)

切ってみました。ハンバーグに空気がたくさん入っているのがわかりますかねぇ。そして、ピンボケになってますが、切られたハンバーグみて下さい。全く肉汁が出ていません。全て閉じ込めることができました。だから、これは熱いうちに食べてほしいな!ステーキの様に休ませる必要はないです。あとは塩加減とスパイスの配合ですが、全くそこはお好みですよね。やっぱり基礎研究の題材ではないと思います。小麦の量の調整でお好みのものになると思います。

ちょっとだけ感想(再実験ができる状況でないので感想ですみません)
小麦の量はもしかしたらもう少しだけ少なくてもいいかもしれません。量りやすいように30グラムづつにしてみました。また、僕の様に赤身だけよりも、もう少し脂身を加えるともう少ししっとりと脂を含んだものにまとまると思います。ジューシーさは脂で調整するのだと思います。ただ、そこは各ご家庭のお好みということで...分量は参考程度です。

以下雑文となります。レシピ以外に興味が無い方はここまでということで。お付き合いありがとうございました。


1. ハンバーグの基礎研究4からこのレシピに至った経緯

ハンバーグの基礎研究4で得られた結論は肉に「空気をふくませ」そのために「肉の中でパンを焼く」ということでした。実際は上のレシピでも、顕微鏡でみれば、パンが焼かれてるわけではないとは思います(焼成温度がパンに比べて大分低いですからね)。でも、自分では特性をコントロールできない市販のパン粉を使うよりは、実験がしやすいだろうとも思いました。ハンバーグのコンセプト(フワフワ)が決まったのでその方向にすすむことにしたのですが、実に安直にドライイーストを適当に入れるだけの実験を最初にしてしまいました。僕はパンを焼いたことがありません。したがってパンについては何も知らないということに改めて気づかされました。ただ、ハンバーグの基礎研究4で作った料理の一部の層に期待に近いものがあり、この方向で何とかならないかと思いました。そこで振り返ると......

パンはムリだけど、僕はブリオッシュを焼ける

僕は以前ブリオッシュを焼いていたんです(参考、ポチリで飛びます:ブリオッシュ(ベーコン入り))この手順をそのまま頂くことにしました。上にも書きましたが冷蔵庫で休ませるのはちょうどスパイスの熟成の工程とかさなり、工程の相性自体もハンバーグとブリオッシュでは良いなと思いました。基礎研究4でドライイーストが肉には悪い影響を与えないことが分かっていたので、小麦粉の割にはドライイーストを多くいれてます。これは市販の一袋が3gだからという理由であってそれ以上の意味はありません。また、強力粉と薄力粉が半々になってます。ブリオッシュでは強力粉のみでしたが、そもそもお肉に強力な粘り気があり、ドライイーストが肉に作用しないと考えると、あまり粉に粘り気があってはいけないと思い、半分薄力粉を混ぜました。バターは少し多目かもしれませんが、お肉が赤身だったのでいいと思いました。
というわけで、やたらと面倒くさい工程ですが、実は僕のオリジナリティーなんてほとんどないと言ってもいいですかね。そして、最後僕の耳でささやいてくれたのは200年以上の時代を超えてやってきたお姫様でした。

「パンがなければブリオッシュでいいのに」
(~マリー・アントワネット~)

ギョ ギョ 御意にございます、妃殿下!!

「焼き」に関してですが、ゆっくり火を通すとお肉が結局は縮みましたから、表面をさっと焼き固め、あとはフンワリと火をいれるためにオーブンを使用しました。ブリオッシュの焼成温度が210度でその点が唯一の気がかりでしたが、強火でなるべくハンバーグ内の温度を高めにあげてオーブンに入れられればと思いました。実際どういう効果があったかはオーブンに入れる直前に温度計でもさしてみないと分からないので、わかりません。型に入れないのはやはりハンバーグにこだわりたいのと、多分うまく行かないという直感です。

それからパン粉自体をちゃんと研究すれば同じ効果が多分あるのでしょうね。多分油を多目にしたりするとパン粉がその水分や脂分を吸い上げ膨らむと思います。するとお肉の脂分などからパン粉の量を判断したりする職人技になるかもしれませんねぇ、そこまでは僕にはできません。

2. 基礎研究を終えての回想
ハンバーグを考えるきっかけを下さったのはヒカルちゃんという22歳の女子学生さんでした。偶然にもこういう若い女性と知り合う「ご縁」がありまして、ひょんなことで始まったんです。実は最初は適当なレシピを書けばいいやと思ってました。干しブドウをいれたり、ナッツ入れたり、珍しいスパイスいれたりして「変わったこと」をすれば「主夫太郎さん素敵♡」とコメントでも貰って僕も満足できた気がします。ただ、彼女は工学系の4年生の才女。大学院進学をする予定の研究者の卵さんでした。それにも拘わらず彼女は僕のような仕事もなくなってしまう人間に対して、ごくごく普通に接してくださいました。だから僕は彼女のような素敵なレディに自分の薄っぺらさが見透かされるのがとてもとても怖くて、悲しくて、それで是非自分なりの本気を出さなければと思ったのです。僕は物を作り出す経験なんてしたことないし、工学などというものとは縁がない人間でしたが、ここは一生懸命勉学に励み厳しい学問の世界で生きる彼女に負けないように(そりゃ負けちゃうけどね)、なんとか自分なりに考えて実験し、真摯に取り組もうと思いました。ある意味世間から逃げ出し、主夫のカラに閉じこもっている僕ですが、このハンバーグから逃げたら本当に逃げ場所もなくなる気がしました。本当に右往左往して、それでも無い頭で何とか考えて、考えを文章にしてブログに載せ、また思考実験をくり返して.....と、とてもいい経験になりました。工学部というものが実際どんなことをしているかは知りませんし、僕が分かるはずもないのですが、僕なりに工学部に入学したつもりで頑張ってみて、まぁ、そこそこ満足した、というのが今の感想でしょうか(実際は工学行ってもダメでしょうけどねぇ、あははははは)。


3. 謝辞
まずはこの研究課題を与えて下さったヒカルちゃん、いやいや、レディ・ヒカルにお礼を申し上げます。もともと彼女が家でできるものをめざし、オーブンを使わないつもりでいたのですが、彼女の家にオーブンがあることが頂いたコメントからわかり、オーブンを使うものにかえました。これがブリオッシュと繋がった一つの原因かもしれませんね。なかなか出来上がらないレシピに辛抱強くコメントをくれた依頼主の彼女にまずは感謝させてください。

多くのレシピブロガーさんから励ましのコメントを頂きました。一人一人お名前あげてい行くと、大抵一人くらいは忘れてしまって失礼なことになるので、ご容赦頂きたく。大変感謝しております。

また、私の兄、学生時代のお友達、後輩も、始めたばかりのころは随分無理してブログを見てくれて励ましてくれて、ポチポチとしてくれました。この場を借りてお礼を申し上げます。

最後はカミさん。こんな馬鹿な夫を持って気の毒だとは思うのですが、もうそれは仕方ないことですから、一生懸命埋め合わせをしようと日々努力することを誓って謝辞の代わりということで。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

号外。ハンバーグの基礎研究4

2012.06.03 08:00|ハンバーグ
ハンバーグの基礎研究3(ポチリで飛びます)の続編です。ハンバーグの基礎研究3では色々な結論がでました。再掲してみます。

結果1.食感はお肉で!
結果2.パン粉はほどほどに。
結果3.お肉は塩をいれてよく練ろう!
結果4.材料はなじませるために寝かせること。
結果5.スパイスの研究からは逃げられない!

この結果1から5ですが1,3,4に関しては全くもって改良の余地はありません。この3つの結論どれかが間違っているとしたら僕のハンバーグのイメージは根本から作り直さなければならないと思います。
そこで、結果2と結果5について考察を加えましょう。

結果5なのですが、これは結果というより課題を明確にしたものです。結果4によりスパイスをなじませることは決まっていますから、あとはどのスパイスを選び配合をどうするかということで、これはもう「好み」の問題になりますね。より美味しくなる研究課題ではあっても、ハンバーグの基礎研究とは違う。なんだったら塩と胡椒だけと決めて基礎研究を進めてもいいはずです。

さて、結果2に関してですが、ハンバーグの基礎研究3に結果2を導いた理由として次のことが書いてあります。

「案外パン粉のにおいがしました。パン粉の役割は今後の研究課題ではあるのですが、研究対象として考慮するひつようがあり、案外バッサリと切り捨ててよいかもしれません。」

んーー。しかしですよ、パン粉を入れずに肉を練ればこれはもう、一度バラバラにしたお肉をもう一度固めなおして玉ねぎのうまみを加えただけの食べ物になります。ステーキをレアで焼いて玉ねぎのソースでもかければよっぽどそっちの方がいいかもしれません。となると、ハンバーグの本質はこの「パン粉」にあると言ってもいいのではないでしょうか。

じゃぁ、パン粉ってどうしていれるんだ?ネット上で色々な人がハンバーグを作って「味しい!」と言って食べています。僕はそれを見ていて一つのキーワードに出会いました。

「 ふ  わ  ふ  わ 」

んーーーー。そういえばパンってフワフワだよな。肉だけではでないフワフワ感をパンに頼ってできた食べ物、つまり、ハンバーグの本質は、

肉の組織の隙間にパンの組織が、パンの組織の間に肉の組織が入り込んでできた集合体を焼成したもの

ということなのでしょう。

じゃ、パン粉を思いっきり入れればいいかというとそれではパン臭くてだめだ。僕はそれほど入れてないけど結構パンの匂い、っていうかパン粉の匂いがした。まだ考察が足りなくて結論が安直過ぎる。僕が分かっていないのは「パンそのも」なんだな。僕は最近自分でもパンを焼きたくてパンの本を読んでいるのですが、パンは発酵の段階でイースト菌が二酸化炭素を作りだしそれで膨れ上がるらしいです。それで焼くからふわふわ......ん?あはははははははははは。

要するに空気だ!


ハンバーグってのはひき肉に思いっきり気体を含ませた状態のまま焼き上げる「空気入り肉」なんだ。パンってのは「空気入り小麦」だ。空気を含ませるのにパンが必要で中でパンになってもらうためにパン粉が必要だったんじゃないのかなぁ。

それならいっそのこと、ハンバーグと一緒にパンを作ろうか!タップリ二酸化炭素を含んだね!!

ということでパンとハンバーグを一遍に作る実験を開始しました。それが今日の記事。前置き長くてすみません!
ハンバーグスパイス(5/24)

スパイスは4種類使いました。塩、胡椒、クローブ、ナツメグです。配合は「タップリ」ですね。あははははは。

ハンバーグ種(5/24)

炒めた玉ねぎ、ひき肉、卵、小麦粉、ドライイーストをいれて良くこねる
これでパンができるはずさ!!


ハンバーグ型入れ(5/24)

パンを焼くつもりで型に入れてみました。それもしばらくすると......

ハンバーグ熟成(5/24)


わっ!ちょっと膨らんだ。しばらく待ったんですけど「もうこれが限界ですから許して下さいビーム」が食材から発射されたので160度のオーブンで焼き具合をみながら焼いてみました。40分ぐらい.....それで

ハンバーグ実験(5/24)

こんな感じです~~。縮んだ!!そりゃそうか。時間をかけ過ぎた!!出来損ないのチョコケーキか?食べてみた感じですが、直接熱が当たる上の部分は固いし美味しくないです。案外スパイスはいいねぇ。ふ~偉そうなこと言っても所詮理屈だけかなぁ~と思って、責任を持って食べようと更に食べてみたら.....

ん?? ん?? 何だこれは!!え!?マジ?ってことは.......

僕はなんて不用意に料理したんだ。パンを安直に考えすぎてたんだ、だって....僕はあんなに頑張ったじゃないか....だからやらなければならないことは一つだ!!
僕はこのあと。丸一日かけてもう一度ハンバーグを作り直したのですが、そ、れ、は



明日のレシピ記事に続く~~~~~~~~~~!!

長文すみませんでした。二日に分けます。





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

本当に知って欲しい食材(群馬のい~の~ち~♪)

2012.06.01 08:00|雑文
お知らせ:今週の定期更新は今日までです。土曜日は更新はお休みですが、次の日曜日はハンバーグの基礎研究4の号外を出します。いや~ついに基礎研究も4ですよん。


僕らの世代(僕は昭和47年生まれ)大量に工業的につくる食品というのはあまり良いイメージがないのではないかと思います。「実直に作る」のとかけ離れたような、化学薬品を沢山入れ、工場で大きな機械を使って作る食品というのはどうも肌に合わない、やはり手作りが一番いい!!

な ~ ~ ~ ん て 言 っ て 見 た く な り ま す。

絶対こういうことが言い切れる方がカッコいいんだけど、実際は、日本の消費者が厳しいのか、それとも生産者がすごく真面目なのか、スーパーに売っている大量生産されたものでも安心して美味しく食べられる時代だと、個人的には思ってます。例えばこだわりのお豆腐屋さんからお豆腐を買うのはおいしいですよね。でも一方で時間がなかったり、予算がなかったり、豆腐屋さんがお休みだったりしたとき「>スーパーで買うくらいならお豆腐を食べない」とまで言い切る人はそうそう多くないのではないかなぁと思います。もちろん豆腐にこだわる方もいてそれはとても素敵なことですよ。そういう方を批判するのではないんです。だって僕もそうやってこだわっている食材があるから(笑) あはははははは。そ、れ、は

コ ン ニャ ク

コンニャク(5/15)


もうこの時点からお店で売っているものとは違うでしょう?母の手作りです。なんとも不恰好なのは手作りの証し。なんでこんな栄養がない、味もあるんだか無いんだかの食材にこだわるかって?それは「売ってるものと断然違う」からなんですよ(もちろんメーカーによっては素晴らしいものもあるかもしれません)。何がといわれると困るくらい、全くの別物!!じゃぁ、作り方は?っていわれると、
すみません。勉強不足です!!

今年の秋に実家に帰ったら作り方を教えてもらおうとおもってますから、今日は食材のご紹介でご勘弁を。次の写真みて下さい。

コンニャク切り身(5/15)

これ、刺身コンニャクですが、包丁で切ってます。包丁で切ったのにこの断面。ほんとざらざらですコンニャクを煮物にするときは、断面積を増やすために手でちぎれと聞きますが。手作りコンニャクはそんな必要はありません。もともとザラザラ。ところで、コンニャク芋って綺麗なピンクしてますが、ミキサーにかけて加熱した段階では綺麗なピンク色なんです。コンニャク芋に含まれるシュウ酸を中和し固める段階でこの色になっちゃいます。母が作るのをみる度に、あの綺麗なピンク色が残ればなぁって思ってました。ゼラチンの親分みたいなものを想像する方々もいらっしゃると思いますが、無理もないですね。僕も大抵の市販品はそうに感じます。


コンニャク煮込み(5/15)

今回は筍、仙台麩、コンニャクの3つを昆布だし、酒、醤油、みりんで煮ました。コンニャク本来の美味しさというのが結構強烈なんだけど.....写真では無理なので残念。なんか違いを感じてくれれば嬉しいですが....だから手作りする機会があったら是非是非!!

コンニャクは僕の生まれ故郷、群馬の特産品です。






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:おすすめ情報
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。