04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

牛筋と仙台麩のおつまみ

2012.05.28 07:36|おつまみ系
土曜日・日曜日は更新もせず、皆様のところに伺うことも出来なかったのに、あしあと、おいしそう、ナイスフォト等残して下さった方々、また、本ブログをご訪問下さった方々に深く感謝いたします。ありがとうございました。


いつもたいへん素敵なレシピを見せてくださるレシピブロガーのyukoさんに感謝しながらの記事です。

以前仙台麩のご紹介をしたとき、「知りませんでした」というコメントを頂きましたが、それも無理もないことだろうと思います。そもそも「麩」をほとんど食べず、何とも思ってない人(僕もそうでした)が多数をしめ、更にその中から麩にこだわり、更に仙台麩を選ぶ。んーー、こう考えると仙台以外では難しそうです。

というわけで、よく聞く「東北応援企画!」と関係なく「仙台麩応援企画!」ということで、自炊に興味がある自炊初心者の友人もついでに応援する企画ということで、牛筋の煮込みの利用です。

牛筋(5/14)どん!と牛筋!!案外牛筋って安くないんですね。100gで100円を切ったのをなかなか見ません。今回も100gあたり100円ちょっとのお買いもの。1Kg程です。
1.牛筋を小さく切って沸騰したお湯に入れ再度沸騰してから1分程煮る
こ、こ、で......



どーーんと、秘密兵器!圧力鍋先生です!!

しかし、秘密兵器とか必殺技ってなんだかレトロな雰囲気ですよね。疑問を挟ませないこの圧倒感....何でそんなに開発費がかかるものを秘密に出来るんだよ!とか必ず殺しちゃう技って、練習相手に誰がなるんだよ、必ずって誇大広告じゃないの?ってツッコミができるようになったのは35歳を過ぎてからでした。

牛筋煮込み1(5/14)2.茹でた1の牛筋を圧力鍋に入れお酒、生姜、ニンニク、砂糖(蜂蜜も好き!)を入れ火にかける。シューシューしてから5分ほどして火を止める。
いやいや、いつもここで一緒に醤油をいれないんですよ。怖くて。
3.冷めた2に醤油を足し、味見をして、必要なら砂糖も足し、シューシューしてから5分程して火を止め冷やす。

牛筋の煮込みは以上です。下ごしらえが終わっただけですけどね。ここで料理の自信がない初心者の友人に秘密のアドバイスをしようと思います。上記料理方でいつもながら調味料の分量がないですが。

『少ししょっぱいときは量を少し出す、味が薄かったら、「健康を考えました」と言いながら食卓に出しなさい!』


あはははは。口先も調理器具です。
さてさて、今日のお料理のメインは牛筋ではなく仙台麩です。

牛筋仙台麩焼前(5/14)

仙台麩を1cm~1.5cmに切り、牛筋とプチトマト(半分に切ったもの)を乗せ140度のオーブンで20分、120度に下げて更に10分焼く。

牛筋仙台麩(5/14)

どうですかね?牛とトマトって合うと思ってます。口の中で出会うって演出なんですが、実は、レシピブログでいつも拝見しているyukoさんのお料理たっぷり丸ごとプチトマトとプロヴォローネチーズのスフォリアータをインスピレーションの素にさせて頂きました。それからしたらニセモノですよ!カッコ悪い別物なのでごちそうさまノートも書けないんですが、プチトマトがオーブンに入って弾けて、それが美味しそうで....不器用な男として許してください。写真とりわすれたのですが、これにチーズ乗せたバージョンもあります。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。