04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

豚バラトマトカレー(ちょっと時間がかかる)

2012.05.25 08:00|エスニック系
お知らせ:今週の土曜、日曜日はネットを見られる環境にございません。もともと土曜と日曜は更新はおやすみなのですが、レシピブログで足跡を残して下さってもこちらから伺えませんし、コメントを下さった場合でも、お返事が月曜日になりますのでご容赦下さい。

2日前に宣言したとおりカレーのレシピはこれでいったん休憩です。その分手間をかけたものをつくりましたが、かなりスタンダードなカレーです。また、トマトを少し多目に使い、カルダモンで爽やかさを加えた分、すこし酸味が強くなるので「蜂蜜」をつかいます。ここはチャツネを使うと美味しさにさらに深さが加わりますが、そこは是非お好みで。

また、トマトソースを別に作っておきました。もちろん下記2の工程で玉ねぎと一緒にセロリを炒め、スパイスを足したあとトマトを炒めてもいいのですが、トマトは皮があとで出てきてスパイスがいっぱい付いた皮を取り除くのはハウスさんに申し訳がないので(ハウスさん好きですよアピール)。トマト缶でもいいのでそのときは上記の手順で2からどうぞ。

1. セロリとトマトを炒めてトマトソースを作る(トマトの皮などは取り除く)

バラトマト1(5/22)2. 玉ねぎ一個をみじん切りにして油で炒め、すりおろしニンニク、すりおろしショウガ、クミン(5g)、ターメリック(4g)、ガラムマサラ(2g)、レッドペッパー(2g)、コリアンダー(1g)、カルダモン(0.5g)、胡椒(適量)を入れ弱火で炒める。

3.2に火が通ったら1を入れ、塩で味付けをして6時間ほど放置する(冷蔵庫ではなく常温でよい)



バラトマト2(5/22)
4.酸味を確認しながら蜂蜜を加え味を調えたら、ズッキーニ、玉ねぎを刻んだものを入れ炒める(火を入れ過ぎない)
ここで加えた玉ねぎとズッキーニは「具」として加えたものでシャリコリと歯ごたえを楽しむつもりでいれましたので火を多く通さず、野菜炒めのつもりでお料理しました。

バラトマト3(5/22)
5.豚バラの薄切りを入れ肉に火が通ったら火を止め盛り付ける。
豚ばら肉がこんがらがるのが僕はあまりすきでないので、この状態で蓋をして軽く蒸してから混ぜました。
また、肉が僅かにはいるだけで野菜のうまみがぐっと引き出されてきます。


バラトマトカレー(5/22)

本当はもう少しカッコよくズッキーニや玉ねぎを盛り付ければよかったんですけどねぇ。
がっついて盛り付けて、ガッツリ飲み込むように食べました。

謝辞
英国風の美味しいスープを取って絶妙なスパイスの配合をされたカレーはおいしいですよね。僕も大好きです。そういうカレーを目指したら僕はハウスさんだろうが他の会社だろうが決して商品である「カレー粉」より美味しいものを作る自信はありませんでした。だって僕より頭と鼻と舌が何十倍もいい研究者達が何十年もかけて、延べ何千人もかかわった「作品」ですからね。ふんじゃ何でこのモニターに挑戦したかといえば、楽しい学生時代のサークル「クラブスパイシー」を思い出したのと、カレーに挑戦することで得られるハウス(おうち)での会話でしょうね。もともと料理の話はよくしますが、スパイスの話となると盛り上がります。カミさんがカレーに色々意見を言ってくれるのは楽しかったですし、食べながら辛さを足したり、スパイスの割合の話をしたりというのは普通のカレールーを使ったカレーではない事ですからね。決して失敗しないようなスパイスのラインアップをそろえて下さったハウスさんが下さったのは家庭の会話に加えるスパイスでもあったと思ってます。すくなくても我家では。レシピブログさん、ハウスさん、モニターに当選させて頂きありがとうございました。以上でモニターは一息つかせて頂きます。



まとめ

材料(三人分)
玉ねぎ(ソース用:小1つ、具材用:小1つ)
ズッキーニ(小一つ)
トマト(大2個)
セロリ半分(90グラム)
豚ばら肉薄切り(200グラム)
すりおろしニンニク(30グラム~40グラム)
すりおろしショウガ(20グラム~30グラム)
蜂蜜(適量)

使用スパイス:クミン、レッドペッパー、ターメリック、(ハウス)、胡椒、コリアンダー、カルダモン。

所用時間:60分(熟成に6時間)

作り方

1. セロリとトマトを炒めてトマトソースを作る(トマトの皮などは取り除く)

2. 玉ねぎ一個をみじん切りにして油で炒め、すりおろしニンニク、すりおろしショウガ、クミン(5g)、ターメリック(4g)、ガラムマサラ(2g)、レッドペッパー(2g)、コリアンダー(1g)、カルダモン(0.5g)、胡椒(適量)を入れ弱火で炒める。

3.2に火が通ったら1を入れ、塩で味付けをして6時間ほど放置する(冷蔵庫ではなく常温でよい)

4.酸味を確認しながら蜂蜜を加え味を調えたら、ズッキーニ、玉ねぎを刻んだものを入れ炒める(火を入れ過ぎない)

5.豚バラの薄切りを入れ肉に火が通ったら火を止め盛り付ける。

【レシピブログの「手作りカレーパウダーで本格派!我が家で人気のカレーレシピ」モニター参加中】

手作りカレーパウダーの料理レシピ
手作りカレーパウダーの料理レシピ


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。